SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
Apple Watch、一強へ~2017年通年で1,500万本を出荷する見通し

applewatch2nd

Apple Watchの出荷本数が、2017年の1年間で1,500万本に上る見通しとなることが分かりました。Apple Watchの出荷本数は正式に公表されていないものの、年末商戦に関係する2017年第4四半期(10~12月)での売り上げが後押しし、2016年よりも出荷が増加すると考えられています。

スマートウォッチ市場で一強?

決して安くはない価格に、駆動時間の短いバッテリー、スマートフォンと重複した機能、しかも毎日装着しなければいけない――Jawboneの倒産を筆頭に、これまでウェアラブル市場を牽引してきたXiaomiやFitbitの失速が指摘されるなか、例外的に発売から一貫して好調なペースで出荷を続けているのがApple Watchです。

台湾メディアDigiTimesによれば、サプライチェーンの関係者は、2017年通年におけるApple Watchの出荷台数は、2017年第4四半期の450万本を含めて1,500万本と予測しています。これは、2016年の1,160万本、2015年の1,360万本をも上回る数字です。さらに同関係者は、2018年には2,000万本に達すると予測しています。

次世代Apple Watchでさらに加速か

最新モデルとなる、Apple Watch Series 3についても近々リリースされるのではないか、との観測が出ています。

初代から続くデザインに変更が加えられるとの観測もあれば、駆動時間の延長やTouch ID、LTE通信機能搭載などのマイナーアップデートにとどまるとの見方もあり、詳細は不明のままですが、2018年よりQuanta ComputerとCompal Electronicsによって量産が行われる見通しです。


Source:DigiTimes
























スポンサーサイト
【2017/08/21 06:02】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クロフォードがインドンゴをKO、12年ぶり4団体統一
米ネバダ州リンカーンのピンナックル・バンク・アリーナで行われたS・ライト級世界王座4冠統一戦は、地元のWBO&WBC王者テレンス・クロフォード(米)がIBF&WBA王者ジュリアス・インドンゴ(ナミビア)に3回1分38秒KO勝ち。05年のバーナード・ホプキンスvsジャーメイン・テイラーのミドル級戦(テイラーの判定勝ち)以来、12年ぶりに主要4団体統一戦で勝利を飾った。


4団体統一王者となったクロフォード

 発表で1万2121人の観衆を集めた注目の一戦。スイッチヒッター、クロフォードは左構えでスタートし、試合はサウスポー対決となった。両者とも痩躯のボクサー型。身長で勝るインドンゴが初回、右フックを決めてヒヤリとさせられたクロフォードだが、カウンターをリターンして実力の片鱗を見せる。

 2回、昨年ロシアでエドワード・トロヤノフスキーを秒殺KOしたインドンゴの左強打は迫力があるが、クロフォードは難なくかわす。そして右ショートから左をフォローすると、ナミビア人はマットに這う。インドンゴは打たれ脆い印象がする。

 3回、インドンゴのやや大振りの左右をかわしたクロフォードが絵に描いたような左ボディーをカウンター。続いて右を見舞うとインドンゴは横転。苦痛の表情を浮かべカウントアウトされた。無敗対決を制したクロフォードは32勝23KO無敗。プロ初黒星のインドンゴは22勝12KO1敗。


インドンゴをキャンバスに沈めるクロフォード

 セミ格で行われたNABO&NABF・L・ヘビー級戦は、WBC同級2位オレクサンドル・ボズディク(ウクライナ)がクレイグ・ベーカー(米)に6回2分4秒TKO勝ちで防衛。戦績を14勝12KO無敗とした。またリオ五輪銀メダリスト、シャクール・スティーブンソン(米)がフェザー級6回戦で、ダビ・パス(アルゼンチン)に3-0判定勝ち。プロ3戦目を飾った。

BoxingNews























【2017/08/21 06:02】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ウオッチ型端末、ニッチでヒット連発 米ガーミン
世界のウエアラブル端末市場がにわかに脚光を集めている。長くスマートフォン(スマホ)に続く大型商品と期待されながらマイナーなイメージが定着していたが、米大手のガーミンがマラソンやゴルフなどスポーツ向けを中心に独創的な商品でヒットを連発しているからだ。ガーミンの快進撃に刺激を受けて国内外の家電大手も新商品の投入に動き出しており、ウエアラブル端末を巡る競争が過熱しそうだ。

 「主要なトライアスロン大会には常にスタッフを派遣している。走行ペースや心拍数など重要なデータを正確に測定できるよう参加者をサポートするためだ」――。自ら大会のサポート役も務めるガーミン日本法人の責任者である岩田元樹ディレクターは語る。


 ▼ガーミン ゲイリー・バレル氏とミン・カオ氏が1989年に創業した。業務用では航空機や船舶向けの機器、民生用では車載機器やウエアラブル端末などを手掛ける。全地球測位システム(GPS)を利用した位置情報の取得技術を得意とする。2000年にナスダックに上場。16年12月期の売上高は30億ドルを超える。ウエアラブル端末の販売が好調で、時価総額は1兆円を上回る。世界で1万1500人を超える社員が働く。

■練習法も「指導」

 多くのランナーが腕につけるのが全地球測位システム(GPS)に対応する看板商品「フォーアスリート」だ。2003年に発売してから進化を続けてきた。

 日本で最近発売された最新モデル(販売価格は税別5万7800円)は足の接地時間、スライド幅、身体の上下動などを解析、走行フォームの改善や疲労回復時間も表示する。端末の重量はたったの49グラムだ。岩田ディレクターは「(登録されたメニューをこなせば)3カ月でフルマラソンに挑める」というほどの完成度の高さだ。

 ガーミンはこれまで日本事業は販売代理店に任せていたが、16年にはGPS搭載型端末で国内販売シェアが首位となった。今年春には日本法人を設立し、すでに約80人の社員が働く。多くはスポーツ愛好家であり、ガーミン製品のファンだ。岩田ディレクターのように様々な大会やイベントに駆けつけて他の参加者と交流し草の根でファンを増やしてきた。これは世界各地で働くガーミンの社員たちも同じだ。



 米ガーミンの創業者の1人であるミン・カオ会長は「ガーミンという会社を愛する社員たちの強い情熱が結果的に顧客の心をつかんでいる」と強調する。

 カンザス州に本社を置くガーミンは01年、自動車に搭載する簡易型カーナビ(PND)を発売して急成長した。だが、07年発売の米アップルのスマートフォン(スマホ)「iPhone」などをPND代わりに使うユーザーが増えて売り上げが大幅に減少した。そこでスポーツ向けウエアラブル端末に軸足を移して累計2000万個を超える販売を達成。同社の16年12月期の売上高は30億ドル強で、売上高営業利益率は20%を超える。

 米IDCによると、16年のウエアラブル端末の世界市場(金額ベース)でガーミンはアップルなどに次ぐ3位だ。世界で600万個を販売し、1割程度のシェアだ。創業者の一人であるミン・カオ会長は「アップルにない独自性を追求している」と語る。ユーザー目線で独創的な商品を作り続けた結果、ファンから強く支持され、シェア以上の存在感がある。

 例えば、ゴルフ用端末「アプローチ」は日本でも好調な販売が続く。岩田ディレクターは「海外のゴルフ場に行くようなゴルファーにも愛用されている」と語る。

■キャディー不要

 同端末の最新機種では日本の約5000カ所を含めて世界全体で約4万のゴルフコースが登録。ユーザーがプレーするゴルフコースはGPS機能で自動検索され、ピンまでの距離や方向を瞬時に計算して表示。スイングをアドバイスする機能も搭載され、「現地のキャディーと言葉が通じなくても最適なプレーができる」(岩田氏)という。

 フィットネス向け「ヴィヴォスマート3」もガーミンらしい商品だ。各種センサーで腹筋やベンチプレスといったトレーニングの種類を自動で判別して回数を記録する。ジム以外で使えるようにストレスの度合いや眠りの深さまで判定できる。

 ガーミンは「ニッチ市場を深掘りする」戦略をスポーツ以外の領域でも展開している。日本で4月に発売した子供向け端末「ヴィヴォフィットジュニア」は1日に60分間の運動をするとゲームで遊べたり親子で一日の歩数を競ったりして楽しみながら運動できる。

 さらに人間以外もユーザーになる。近く発売されるのが愛犬などのペットに装着する端末だ。しつけに役立つ機能などが搭載されるという。

 カオ会長はニッチ戦略について「多額の投資を必要とするが、(競合他社にとって)参入障壁が高いため結果的に高い利益率を享受できる」と強調する。それが可能なのも創業以来、こだわってきた経営モデルがあるからだ。

■多彩1000種 効率生産 米ガーミン 開発からサポート一貫

 ガーミンが競合他社のまねできないニッチ戦略を貫けるのは垂直統合型経営を徹底してきたことがある。開発・設計、製造、販売、製品サポートという5つの部門すべてを自ら手掛けている。ニッチで勝負するには多品種少量となるだけに、効率を高めるには開発や生産など自社ですべてのオペレーションを担うことが重要になるからだ。


カオ会長

 ガーミンのミン・カオ会長は「アウトソースするより最も優秀な社員を自社で採用することがベストな選択肢だ」と強調する。ガーミンらしいニッチな商品やサービスを全社で展開するには会社を愛する社員が最も重要な財産との考えからだ。

 新商品の開発では各部門の社員が密接に連携する。多くは自社製品の厳しいユーザーであり、妥協なく取り組む。ガーミンの端末で重要な小型ディスプレーは各種の部材を独自設計して省電力化と視認性の高さを両立した。GPSを使っても1回の充電で21時間の駆動が可能。100キロメートルも走るウルトラマラソンのようなニッチな競技でも使いたいという声に対応して現場が一体となり実用化することができた。

 台湾台北市郊外の自社工場も強みだ。製造部門トップの黄宝蔵・総経理は「色や言語の違いも含めると1000種類ほどの製品を効率的に生産できる」と語る。多品種少量品を手掛けるだけに需要に機動的に対応しないと売り時を逸すからだ。

 ガーミンがこれから挑むのがビッグデータを活用したサービスの強化だ。「ガーミンコネクト」と呼ぶクラウドを運営し、1500万人以上のユーザーの利用データを蓄積しており、今後の事業展開では「宝の山」だ。

 ユーザーに対してよりきめ細かくアドバイスできる。高齢者向けの端末もこれから商品化していく考えだが、健康管理や見守りといった新たなサービスも展開できるようになる。カオ会長も「ガーミンが世の中にない事業を創造する可能性は無限大だ」と胸を張る。

 ガーミンの快進撃は業界で「奇跡的な復活」と見られている。アップルのスマホにより日本の携帯電話機メーカーなどが大打撃を受けて一部は撤退にも追い込まれたのとは対照的だからだ。アップルが「アップルウオッチ」を投入したが、ガーミンはニッチなヒット商品を連発して対抗、圧倒的に強いブランドを築き上げた。その戦略から日本の家電大手も学ぶことも多いといえそうだ。

■ウエアラブル進化 世界市場21年に2.3倍

 ウエアラブル端末は「身につけられるコンピューター」として注目されてきた。2012年以降、ソニーや韓国サムスン電子などが「スマートウオッチ」として製品を投入したが、ヒット商品にはならなかった。米アップルの「アップルウオッチ」(15年発売)も同じだ。米IDCの調査ではアップルの出荷額が16年に約50億ドル(5500億円)で首位だが、業界関係者が当初予想したほどの勢いはなかった。


 ウエアラブル端末の多くはスマホとの連携機能でメールなどが見られたりする周辺機器か、歩数計のような簡単な健康器具だった。中国企業の低価格品などが売れたこともあり、IDCの調査で16年の世界出荷は1億430万台と、14年と比べて3.6倍になった。

 それでもスマホの16年の世界出荷(14億7350万台)の14分の1に過ぎない。スマホと比べて嗜好性の高いだけにガーミンのようなユーザーに強くアピールしなければ高級機はなかなか売れない。

 だが、IDCのリサーチマネージャーのレイモン・リャマス氏は「(ウエアラブル端末は)新たな段階に入りつつある」と指摘。21年の出荷台数は現在の2.3倍の2億4010万台になると予想する。市場をけん引するのが高機能な腕時計型腕端末だ。16年は全体の5割弱だが、21年には7割近くに増えるという。

 IDCのリャマス氏は「(ウエアラブル端末は)有効なデータをいかに収集・分析してユーザーに提示するかが問われている」とも指摘する。人の健康状態などを測定できるセンサーなどの技術革新によりウエアラブル端末が一段と進化し用途が広がりそうだ。

■内外の各社追撃 カシオは高耐久で勝負

 国内外の有力企業も米ガーミンの快進撃に刺激を受けてスポーツ向けなどのウエアラブル端末で新商品の投入に動いている。ただ、ブランド力に優れたガーミンにない魅力を打ち出せるのか。それがウエアラブル市場で勝ち抜くためのカギになる。

 カシオ計算機で時計事業を率いる増田裕一取締役はウエアラブル端末について「ガーミンを意識している」と語る。


カシオはガーミン追撃でスポーツ機能を高めた「プロトレック」シリーズを強化(本社の商品展示施設)

 主力時計ブランドの1つの「プロトレック」シリーズで商品を展開。今年春に発売した最新機種「WSD―F20」では全地球測位システム(GPS)機能と地図を内蔵して、スマホが通信圏外になる山岳地帯でも現在地を表示できるようにした。発売後1カ月間の売れ行きは前モデルの2.5倍と好調だ。

 ただ、増田氏は「ガーミンと同じ土俵に上がれば消えてしまう」と率直に語る。腕時計「Gショック」で培った高耐久のイメージを前面に打ち出す。同社には省電力化や視認性の高いディスプレーなど技術的な強みもある。時計の販路なども使い、Gショック愛好家のような一般ユーザーの掘り起こしを狙う。

 ウエアラブル端末市場で世界2位の米フィットビットは日本で法人需要の開拓に動いている。フィットビットの製品は歩行などの運動量を測定する機能が中心で、健康志向のユーザーが多い。米国では肥満対策として急速に普及したが、日本では伸び悩んでいた。

 ただ、最近では従業員の健康を管理する「健康経営」に取り組む企業からの引き合いが増えてきた。フィットビット日本法人の千川原智康マネージャーは「法人需要の開拓によって(フィットビットの知名度を高めて)一般ユーザーの需要を喚起する」戦略を探る。


 今後のウエアラブル市場の勢力図を左右しそうなのがスマホの世界大手の動きだ。米アップルは主力の「アップルウオッチ」を軸にスマホとの連携機能を最大の強みとして拡販に動く。

 ただ、スマホで世界首位の韓国サムスン電子や同3位の中国・華為技術(ファーウェイ)はアップルとの違いを打ち出すこともあり、ウエアラブル端末の最新機種で「脱スマホ」と「スポーツ機能の強化」を打ち出した。サムスン電子はGPS機能を内蔵してスマホとの連動なしでもスポーツ時の活動状況を記録できる。ファーウェイもGPS機能を内蔵しスポーツ時に心拍を細かく測定する機能などを搭載した。

 一方、独自路線を歩むのがソニーだ。主力製品は時計のバンド部分に電子部品を搭載したウエアラブル端末「ウェナリスト」だ。電子マネーに対応し手首をかざすと決済できる。このほかにスマホとの連動機能や活動量計などの機能を備える。

 時計部分は既存のアナログ時計をベースにしているため、ウエアラブル端末の機能はすべてバンド部分に搭載している。7月にはユーザーの裾野を広げるためにバンド部分のみでの販売を開始し、既存の時計と組み合わせて自分だけのウエアラブル端末を作れるようにした。ソニーとしてもウエアラブル端末は今後の成長を見込めるだけに積極的に商品を投入していく考えだ。

 ガーミンの快進撃により、ウエアラブル端末というニッチ製品が存在感を増しつつある。スマホが成熟商品となるなか、世界の家電・スマホ大手がウエアラブル端末へのシフトを急いでいる。これから市場争奪戦が本格的に幕開けすることになりそうだ。


[日経産業新聞2017年8月14日付]
























【2017/08/20 07:00】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
SNSじわり世代交代 若者はインスタ支持
日米の交流サイト(SNS)で世代交代がじわりと進んでいる。利用者が20億人を超える世界最大のSNS「フェイスブック(FB)」の利用者が高齢化し、若者は写真共有アプリ「インスタグラム」などに流れている。欧州発の短文投稿サイト「マストドン」など新しいサービスも登場し、フェイスブックの「1強」の構図に変化の兆しが出ている。


 「昔の友達の投稿が延々と出てくるし、広告が多い」。都内在住の20代女性はFBを使わなくなった理由をこう話す。

 10~20代に人気なのはインスタグラムと短文投稿サイト「ツイッター」だ。

 FB傘下のインスタグラムはお気に入りの写真を友人らと見せ合えるのが魅力で、若い女性の支持率が高い。なぜ使うのかを尋ねると声をそろえて「(同年代の)みんなが使ってるから」。丸の内で働く20代女性は「SNSにははやり廃りがある。今一番はやっているのがインスタ」と話す。

 赤字続きで世界では苦戦するツイッターだが、日本は世界の利用者の10分の1を抱える。ツイッターの「つぶやき」は不特定多数が見られ、自分の活動や発言を広く共感してもらう使い方が一般的だ。

 最近は承認した仲間しか見られないようにアカウントの設定を変える「鍵アカ」という使い方が広がり、親などの干渉を避けたい若者の間で見直されている。中には「コミュニティーごとに複数のアカウントを持ち、コミュニティーの雰囲気に合わせた内容をつぶやいている」(別の20代女性)という猛者もいた。

 総務省が7月に公表した情報通信メディアの利用に関する調査によると、20代でFBを使う人の割合は54.8%と前回調査より6.8ポイント低下。10代では4.4ポイント低下の18.6%と2割を切った。

 一方、30~60代で利用率は上がっている。関係者によると、同窓会などの連絡用に使われるケースが多いという。

 20代のインスタグラムの利用率は45.2%と世代別で群を抜いて高い。ツイッターは20代で59.9%と5.1ポイント伸び、初めてFBを逆転。10代では1.9ポイント減ったものの、61.4%とFBの3倍超となった。

 総務省の調査で各年代とも最も使われているのは対話アプリ「LINE」だった。「トーク」と呼ぶチャット機能は短文で簡単にやりとりができるのが受けている。

 米国でもFBは依然、最も人気のあるソーシャルメディアだ。米ピュー・リサーチ・センターの調査によると2016年4月時点で、18歳以上の68%がFBを使っているという。2位はインスタグラムで28%。ツイッターは21%と5位だった。

 ただ、FB利用者の高齢化は米国でも着実に進んでいる。18~29歳の層で最低でも1つのソーシャルメディアを使うという人は86%と15年の調査より4ポイント減った。30~49歳は80%と3ポイント増。50~64歳は64%で13ポイント増えた。ソーシャルメディア市場の大半を占めるFBにとって、若者のつなぎ留めは大きな課題だ。

 ライバルは米スナップ社が手掛ける動画を使ったメッセージサービスの「スナップチャット」だ。受け取った動画が直後に消え、記録が残らず気軽だとしてミレニアルと呼ばれる若者世代の支持を急速に集めている。利用者は世界で1億6千万人を超え、特に10代でFBの市場を切り崩しているもようだ。

 米カリフォルニア州に住む大学生のエイアン・ベラスケスさん(19)は2年ほど前にスナップチャットを始め、2時間に一度は使うほどのはまりようだ。同世代の友人のほとんどが使っており、「代えの利かない唯一無二のサービス」と話す。

 企業も若者をにらんだソーシャルメディアの活用に動き出している。

 米スターバックスは昨夏、メニューにないイチゴ風味の飲料をインスタグラムに掲載した。タグに「ピンクドリンク」とのみ記載。店頭でピンクドリンクと注文すれば商品が出てくる仕掛けで、利用客が「秘密のメニュー」と自ら撮ったドリンクをインスタグラムに掲載した。

 短期間に掲載が10万件近くにのぼるなど一気に拡散。スターバックスは同ドリンクを今春からメニューに加えた。

 日本ではドイツ発祥の短文投稿サイト「マストドン」の人気に火が付くなど新興勢力も出てきている。数億~20億人の利用者を抱えるFBやツイッター、LINEも今の若者の支持を獲得できなければ、数年後、「オワコン(終わったコンテンツ)」になりかねない。

日経新聞























【2017/08/19 06:19】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
iPhone8の発表は9月6日か13日?他に何が発表される?米メディアが予測


「iPhone8」や「iPhone Pro」、あるいは「iPhone X」などと噂される、新型iPhoneの発表イベントについて、開催日や開催場所、発表内容を米メディアiMoreが予測しています。

iPhone8の発表日は?

過去5年間の傾向から、新型iPhoneの発表イベントは、9月の第1または第2の火曜日または水曜日に開催されています。

2012年:9月12日(水)
2013年:9月10日(火)
2014年:9月9日(火)
2015年:9月9日(水)
2016年:9月7日(水)

この傾向から、2017年のiPhone8の発表イベントは、早ければ9月6日(水)、遅ければ13日(水)ではないか、とiMoreは予測しています。

iPhone8発表イベントの会場は?

2015年、2016年と2年続いて、サンフランシスコのビル・グラハム シビックオーディトリウムが会場に選ばれています。


サンフランシスコ ビル・グラハム シビックオーディトリウム

この会場は、約7,000人を収容できる大規模施設であり、新製品をメディア関係者に手に取って試してもらうハンズオンエリアも確保できる利点がありました。


スティーブ・ジョブズ・シアター

今年は、新本社Apple Park敷地内の地下講堂、スティーブ・ジョブズ・シアターが会場になる可能性があります。最近撮影された空撮映像で、スティーブ・ジョブズ・シアターに続く道が舗装され、周囲に緑が増えていることから、その可能性はありそうです。

昨年は8月末にメディア関係者に招待状が送られたことを考えると、今年もあと10日ほどで開催日や会場が明らかになります。

発表イベントの様子は生配信される?

最近の発表イベントがライブストリーミング配信されていることを考えると、9月のイベントもライブ配信されると考えてよいでしょう。

ちなみに、イベントの開始時刻は通常、現地時間午前10時なので、日本時間では深夜2時スタート、終了は午前4時近くとなります。iPhone Maniaでは、今年もイベントの内容を分かりやすくまとめてお届けする予定です。

iPhone8の他に発表されるのは?

今年のiPhoneは、有機EL(OLED)ディスプレイが本体前面をカバーするフルスクリーンデザインの「iPhone8」のほか、現行モデルの性能が向上し、ワイヤレス充電に対応する「iPhone7s」「iPhone7s Plus」が発表されると見込まれています。


watchOS3 Apple Watch

このほか、単体でLTE通信が可能となるApple Watch Series 3も同時に発表されるのではないか、と予測されています。

また、HDR/4Kに対応する第5世代のApple TVが発表される可能性もあります。


homepod-white-shelf

6月のWWDC 17では12月にアメリカ、イギリス、オーストラリアで発売することが発表されただけで、本体の動作デモがなかったスマートスピーカーのHomePodについて、日本など他の地域での発売予定など、追加情報の発表があるかもしれません。


imac pro

同じくWWDC 17で12月発売と予告のあったiMac Proについては、上位モデルの価格など詳細は未発表のままです。ただし、iMoreは9月のイベントはiOSデバイスに特化するため、Mac関係の発表はないだろう、と予測しています。


Source:iMore
Photo:Quinton Theron
























【2017/08/19 06:19】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ