SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
5年ぶり青木功とジャンボ尾崎のAO対決!20歳・星野陸也も同組

5年ぶりに青木功と尾崎将が同組に。俊英・星野陸也が加わる

◇国内男子◇中日クラウンズ 事前情報◇名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(愛知県)6545yd(パー70)

2017年の国内ツアー第5戦(国内開催3戦目)。愛知県の名古屋ゴルフ倶楽部 和合コースを舞台にした伝統のトーナメントが27日(木)に開幕する。

予選ラウンドの組み合わせが発表され、選手として1年ぶりにプレーする日本ゴルフツアー機構(JGTO)会長で74歳の青木功、70歳の尾崎将司が同組となった。往年の名選手”AO“の同組対決は2012年の「日本オープン」以来で、5年ぶりとなる。昨年末のツアー最終予選会をトップで通過した20歳の星野陸也が主催者推薦で出場し、2人に加わる。初日は午前11時40分に1番からティオフする。

前年はキム・キョンテ(韓国)が優勝。最終日に単独首位を走っていた片岡大育が、17番(パー3)でダブルボギーをたたいてリードを失い、プレーオフで涙をのんだ。

6545yd、パー70のコンパクトな18ホールの舞台に立つ105人のフィールドには、キム、片岡、昨年度賞金王の池田勇太をはじめ、トップ選手の名前がズラリ。片山晋呉、小平智、宮里優作らに今季初勝利の期待がかかる。谷原秀人は米ツアー「チューリッヒクラシック」に出場のため欠場する。

<主な出場予定選手>
キム・キョンテ、青木功、池田勇太、伊澤利光、今平周吾、岩田寛、尾崎直道、尾崎将司、小田孔明、片岡大育、片山晋呉、久保谷健一、小平智、近藤共弘、藤田寛之、宮里優作、星野陸也


GDO


















スポンサーサイト
【2017/04/26 06:06】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「iPhone8」の発売は9月、ただし入荷は来年!?有力アナリストが予測!


有機EL(OLED)ディスプレイ搭載の「iPhone8」は、今年9月に発売されるものの、製造の遅れから多くのユーザーが入手できるのは来年にずれ込む、との予測をApple関連の情報の精度で定評のある、KGI証券のミンチー・クオ氏が現地時間4月24日に発表しました。
「iPhone8」の本格製造開始は10月以降か

クオ氏は、投資家向けに公開したメモで、「iPhone8」は、部品の深刻な供給不足のために従来なら8月から9月に始まる本格的な製造開始が2ヶ月ほどずれ込み、10月から11月になる、と予測しています。

製造の遅れの原因は、OLEDディスプレイや精度の高い顔認識が可能となる3Dセンサー、3D Touchモジュール、10nmプロセスで製造されるA11プロセッサといった新技術の導入で製造プロセスが複雑化しているため、と分析されています。

「iPhone8」の発売時期遅れについては、Barclaysのアナリストらが「9月に発売、入荷は年末」と予測していましたが、クオ氏の予測は、入荷がさらに先になることを示唆しています。
Appleが抱える2つのリスク

Appleが今秋のiPhoneに関して抱えるリスクとして、本格製造開始の遅れに加えて、Samsung、Huawei、OPPO、VivoやXiaomiといった主要スマートフォンブランドが、「iPhone8」と同様、フルディスプレイデザインを導入することも挙げています。

現行モデルの性能アップ版となる「iPhone7s」「iPhone7s Plus」は、従来通りの液晶ディスプレイで、外観デザインにも変化がないことから、ハイエンドモデルを求めるユーザーの関心を引くことができずに販売が伸び悩むリスクを指摘しています。
2017年のiPhoneの予測出荷台数を2割引き下げ

「iPhone8」は、ユーザーからの需要に大きな影響は出ないものの、発売後しばらく極度の品不足となることで販売のピークとなる発売直後の時期を逃すことになるだろう、とクオ氏は見ています。

クオ氏は、「iPhone8」の品不足による影響として、2017年通年でのiPhoneシリーズの出荷台数予測を、1億~1億1,000万台としていた当初の予測から、「最も慎重な見通し」として、8,000万~9,000万台程度へと15%~20%ほど引き下げています。予測について同氏は「最も慎重な見通しが現実に起こりそうだ」と述べています。


Source:MacRumors



















【2017/04/26 06:06】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Apple、来月より新型「iMac」の生産を開始か ー 年末にはハイエンドモデルを投入との情報も
本日、DigiTimesが、台湾のサプライチェーンメーカーの情報筋の話として、Appleは2017年5月より2つの新型「iMac」の生産を開始するようだと報じています。



その新型「iMac」は2つのモデルが用意され、従来モデルのアップデート版が2017年後半に、新しいハイエンドモデルが2017年末に投入される予定で、ハイエンドモデルはサーバーグレードとされており、Microsoftの「Surface Studio」に対抗するモデルになるとみられています。

また、サーバーグレードの新型「iMac」には、Intelの「Xeon E3-1285 v6」プロセッサ、16GB~64GBのECC RAM、最大2TBのNVMe SSD、最新のディスクリートGPUが搭載されるとのことで、これら2つの新型「iMac」シリーズは台湾のQuanta Computerが生産する予定。

Appleは年内に新型「iMac」を発売することを明言していますが、Xeonを搭載したハイエンドモデルが本当に登場するのでしょうか。



















【2017/04/26 06:06】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「iPhone 8」の量産開始時期は10~11月にずれ込む見込み
9To5Macによると、KGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、有機ELディスプレイを採用した「iPhone 8」の量産開始時期は10~11月に遅れる可能性があると報告している事が分かりました。



例年、新型「iPhone」の量産は8~9月に開始されるものの、「iPhone 8」の量産開始時期は10~11月にずれ込む見込みで、Appleが注文したいくつかの最先端の部品の生産が難しいことが遅れの理由として挙げられています。

その最先端の部品とは、有機ELディスプレイや10nmプロセスを採用した「A11」チップ、新しい3D Touchモジュール、3Dセンシングカメラなどが含まれているそうです。

なお、従来の液晶ディスプレイを採用すると言われている「iPhone 7s/7s Plus」については、従来通りのスケジュール(9月発売)になると予測されています。


[Photo by @VenyaGeskin1]



















【2017/04/25 06:16】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
iPhone8はこんなデザインになる?模型の写真がリーク


ここのところiPhone8とみられる設計図の流出やレンダリング画像などが話題にあがっていますが、Twitterで23日、iPhone8のダミー(模型)とみられる端末を撮影した写真が多数公開されました。

前面は全面ディスプレイ、背面デュアルカメラは縦配置

Twitterで複数投稿されたiPhone8の写真は、3月下旬に発売された、iPhone7/7 Plusの(PRODUCT)REDスペシャルエディションのベゼルを黒色にしたコンセプトデザインなどを手がけたBenjamin Geskin氏(@VenyaGeskin1)が公開したものです。

同氏は日本時間23日、Twitterに複数のiPhone8とみられる写真を投稿しました。端末についてiPhone8のダミー(模型)で、背面は2.5Dガラスだとしています。



iPhone8 Benjamin Geskin iPhone8 Benjamin Geskin

写真の端末は、側面部分に光沢があり、噂されているように金属製のフレームであるように見えます。また背面のAppleロゴの下にTouch ID(指紋認証)はなく、前面のホームボタン部分はiPhone6s以前のような物理的なボタンでも、iPhone7のような感圧式でもないように見えるため、ディスプレイに埋め込まれるデザインとなるのでしょうか。

また、17日に公開されたiPhone8とみられる図面は前面のみだったのですが、同氏が今回投稿した図面では背面も確認できます。図面では噂されている通り、デュアルカメラが縦配置となっており、2基のレンズの間にLEDフラッシュが配置されています。


iPhone8 Benjamin Geskin

同氏は19日に、iPhone8について全画面ディスプレイでベゼル幅は4mm、フロントカメラもデュアルとなり、背面カメラは縦配置に、前面および背面は曲面した2.5Dガラス、そして金属フレームになると予想していました。iPhone8のダミーの写真を投稿した後、長くなった電源ボタンも含め、以前までに出ていた情報にすべてマッチしている、とコメントしています。


Source:Twitter(@VenyaGeskin1)



















【2017/04/24 06:06】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ