FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
民泊、静かな船出届け出初日は貸し手8件止まり
一般住宅に旅行者らを有料で泊める「民泊」を条件付きで全国解禁する住宅宿泊事業法(民泊法)に関する登録・届け出が15日、始まった。6月15日の施行まで3カ月あるとはいえ、初日は仲介業者で6件、貸し手によるネット申請は8件だった。民泊は訪日観光客を呼び込む原動力と期待される一方、自治体は独自規制を強めている。今後の盛衰は世界に比べて普及が遅れるシェアリングエコノミー全体の先行きをも左右しそうだ。

「日本の健全な観光業を推進する大きな第一歩だ」。民泊仲介の世界最大手、米エアビーアンドビーの公共政策責任者であるクリストファー・レヘイン氏は同日、観光庁に登録書類を提出した。田村明比古・観光庁長官は「健全な民泊だけを普及させるために協力してほしい」と応じた。

受付は15日だけではなく、施行日から始めるためには施行までに登録・届け出すればよい。米ホームアウェイや中国大手の途家(トゥージア)は近く登録する予定だ。

部屋の貸し手もネットや自治体の窓口で民泊物件を届け出られるようになった。観光庁のまとめによると、15日夕時点で貸し手がネットを通じて届け出た物件は8件。ネットでの届け出以外に自治体の窓口でも届け出ることができるが、同時点で観光庁は件数を把握できていない。

多くの観光客が訪れる京都市では届け出ゼロだったが、問い合わせは74件に上り、関心の高さをうかがわせた。「条例に関する基本的な質問が中心」(同市医療衛生推進室)だったという。

現在、民泊を合法的に営むためには旅館業法の許可か国家戦略特区の認定が必要だ。だが、許可を得ていない物件が多く存在する。民泊法は届け出制で旅館業法などに比べてハードルが低い。年間180日の営業日数の範囲内で、貸し手が民泊を始めやすくなる。

もっとも自治体の規制強化が普及を阻む懸念もある。全国で3割超の自治体が民泊法に上乗せする独自規制を設ける方針。新宿区は2017年12月、営業できる日を金土日に限定する条例を成立させた。

日本経済新聞が貸し手約100人にアンケート調査したところ、自治体の上乗せ条例について62.7%が「民泊法が骨抜きになる」と指摘する。「特に許可をとっていない」のは72.5%で、このうち27.5%が「民泊自体をやめる」と答えた。エアビーは国内で約6万2千件を掲載するが、一時的に物件が大幅に減る可能性がある。

みずほ総合研究所は20年の全国のホテル客室は不足しないとの調査をまとめている。だが経済調査部の主任エコノミスト、宮嶋貴之氏は「仮に民泊物件が減ると不足に転じる可能性もある」と懸念する。民泊は訪日客の受け入れ体制にも影響を及ぼす。

日本のシェアリングエコノミーは規制が壁になり、世界より出遅れている。自家用車に客を乗せるライドシェア(相乗り)は「白タク」として原則禁止される。海外でライドシェアを手がける米ウーバーテクノロジーズや中国の滴滴出行は日本ではタクシー配車に特化する方針だ。

矢野経済研究所は国内シェアリングエコノミーの市場が21年度に1000億円超と16年度の2倍に成長すると推計する。一方、PwCの調査では世界で13年に150億ドル(約1兆6000億円)で、25年には3350億ドルと20倍超に増える見通し。代表格の民泊も規制が普及を妨げれば、シェアリングエコノミーの世界的な潮流からさらに後れをとりかねない。

日経新聞



























WBAメンドサ会長「1階級1チャンピオン」を約束
WBAのヒルベルト・メンドサJr会長が父のヒルベルト・メンドサ・シニア氏(名誉会長)の二周忌にあたり所信を表明。最大の懸案で周囲から批判を浴びているチャンピオン乱立を防ぎ、減少に努める方針を明かした。

 メンドサ会長はまず、スーパー、レギュラー、暫定を合わせ一時40人にまで達したWBAチャンピオンの数が現在26人まで減少したと報告。それを通常の17人、1階級1チャンピオンに戻すことを目標に挙げた。

 現在3人の王者が君臨するのはフェザー級。レオ・サンタクルス(スーパー)、アブネル・マレス(レギュラー)、ヘスス・ロハス(暫定)。これはサンタクルスvsマレスが6月行われ、王者が1人減ることになる。

 ちなみに現在、暫定王者がいるのはフェザー級とS・バンタム級のみ。問題はスーパー王者とレギュラー王者が存在するクラスで、ヘビー級、S・ミドル級、ミドル級、S・ウェルター級、バンタム級が相当する(クルーザー級のデニス・レベデフは休養王者にシフト)。メンドサ氏は「(王座統一は)簡単な作業ではないが、一度約束したことは実行したい」と意欲を見せた。

 また本部が移転したコロンビアで今月2日発生したリング禍で脳手術を受け昏睡状態のフェザー級選手ジェイソン・コーエン(ベネズエラ)の家族に経済的な支援を公約した。試合で8回KO負けしたコーエン(ボックスレクでは2勝1KO8敗1分)は重大な貧困のため、リングに上がったと報道される。

BoxingNews




“”

“”

“”

“”


“”
“”

“”

“”

“”

“”


“”

“”




ウッズは239ランクアップの世界149位 日本勢4人にマッチプレー出場権

タイガー・ウッズは2015年以来のトップ150入り

11日付の男子ゴルフ世界ランキングが更新され、米国男子ツアーの「バルスパー選手権」を2位で終えたタイガー・ウッズが239ランクアップの149位に浮上した。ウッズが150位以内に入ったのは2015年の5月以来となる。

次週の「アーノルド・パーマー招待」で約1カ月ぶりにツアー復帰する松山英樹は6位から変動なし。1位のダスティン・ジョンソン、ジャスティン・トーマス、ジョン・ラーム(スペイン)のトップ3にも変動はなかった。

「バルスパー選手権」を制したポール・ケーシー(イングランド)は5ランクアップの12位に浮上した。

小平智が1ランクダウンの44位。池田勇太が49位、宮里優作が57位とともに変動なし。松山を含めた以上の4人は、11日時点の世界ランク上位64人が出場できる世界ゴルフ選手権「WGCデルテクノロジーズ マッチプレー」(3月21日~)の出場権を獲得した。

前週出場の欧州ツアー「ヒーローインディアン・オープン」を12位で終えた谷原秀人は、2ランクアップの77位だった。

GDO




“”

“”

“”

“”


“”
“”

“”

“”

“”

“”


“”

“”




13.3インチのRetina搭載「MacBook」が6月のWWDCで登場するかも
180312_wwdc_13_retina_macbook_rumor-w960.jpg

ここ最近、私たちAppleファンを賑わしている、「低価格なMacBook Air」が夏前に登場するという噂。一方、アジアのサプライヤー筋からDigiTimesが報じるところでは、6月開催のWWDCあたりに13.3インチのRetinaディスプレイを搭載した「エントリーレベルのMacBook」が登場するとの情報が伝わっています。以前より、13インチMacBookの噂はありましたが、今回「2018年前半」と報じられたことで、情報が2つに分かれた形となります。

DigiTimesが報じた今回の情報で気をつけたいのは、これが「MacBook」なのか「MacBook Air」なのか触れられていないことです。DigiTimesはよく、このように両製品を「MacBook」と呼ぶことがあります。

なお報道によれば、13.3インチのMacBookの画面解像度は2,560×1,600ドット。LGがディスプレイパネルを4月から供給し、量産は5月末から6月初頭に始まるそうです。そして販売価格は999ドル(約11万円)からと、現在現行モデルのMacBook Air(999ドル、日本価格9万8800円)と同等か少し高めになるとのこと。低価格でディスプレイが美しい、売れ筋モデルになりそうですね。

一方、KGIのアナリストのミンチー・クオ氏や台湾紙の経済日報は廉価版MacBook Airが4月〜6月に799ドル〜899ドル(約8万5000円〜9万5000円)で発売されると伝えています。廉価版MacBook AirにRetinaディスプレイが搭載されるかどうかは微妙なところで、13インチの廉価版MacBook Airと、ある程度廉価な13インチの新型MacBookが同時投入されるのかもしれません。

MacBookは近年、コストパフォーマンスがあまり高くないと指摘されることも増えてきました(現行は14万2800円から)。しかし、ここで価格を11万円程度にぐっと下げれば、今後も人気モデルとして広く受け入れられそうです。


Image: Apple
Source: DigiTimes via MacRumors




























ウッズは1打届かず2位 ポール・ケーシーが優勝

優勝スコアに1打届かずの2位で終えたタイガー・ウッズ

◇米国男子◇バルスパー選手権 最終日(11日)◇イニスブルックリゾート&GC(フロリダ州)◇7340yd(パー71)

首位を1打差で追うタイガー・ウッズは2バーディ、1ボギーの「70」と伸ばしきれず、優勝スコアに1打届かない通算9アンダーの2位タイでフィニッシュ。2013年8月「WGCブリヂストン招待」以来となる復活優勝は叶わず、節目のツアー通算80勝目はお預けとなった。

ウッズは前半アウトを1バーディ、1ボギーのイーブンパーとし、首位と2打差でサンデーバックナインへ。17番(パー3)でピン奥14mのバーディパットをねじ込み1打差に迫ったが、それまでの停滞が響く結果になった。

優勝したのは11位から「65」をマークしたポール・ケーシー(イングランド)。通算10アンダーで5打差を逆転し、2009年「シェルヒューストンオープン」以来となるツアー通算2勝目を手にした。

パトリック・リードがウッズと並んで2位タイ。通算8アンダーの4位にセルヒオ・ガルシア(スペイン)が続いた。

ウッズは次週の「アーノルド・パーマー招待」にエントリー。左手の親指痛で戦列を離れていた松山英樹も出場予定で、約1カ月半ぶりにツアー復帰する。

GDO




“”

“”

“”

“”


“”
“”

“”

“”

“”

“”


“”

“”




| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。