SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
耳にコンピューター、「イヤホン+α」で5兆円市場へ 急成長「ヒアラブル端末」
かつて人々のライフスタイルを変えたソニーの「Walkman」。それに勝るとも劣らない衝撃をもたらし得る「ヒアラブル端末」(hearableはheadphoneとwearableを組み合わせた造語)と呼ばれるイヤホン型コンピューターが続々と製品化されている。同時通訳機能や音声インターフェースを用いた"秘書"機能などが実装され始めており、伸び悩むウエアラブル端末の閉塞感を破る製品群になりそうだ。
 耳に装着する超小型コンピューター「ヒアラブル端末」の市場が急速に立ち上がりつつある。先陣を切るのは、スマートフォン(スマホ)や音楽プレーヤーとのコードがないワイヤレスヘッドホンやワイヤレスイヤホン、スマホなどとの連携機能を高めた補聴器など。中でも特に脚光を浴びているのが、左右のスピーカーをつなぐコードさえもなくした「完全ワイヤレスステレオ(TWS:Truly Wireless Stereo)イヤホン」と呼ばれる製品群である(図1)。



図1 主な完全ワイヤレスステレオ(TWS:Truly Wireless Stereo)イヤホン製品と、それらのおおよその出荷時期と価格帯(a)。これまで日本からは、「W800BT」などを製品化したオンキヨー&パイオニア イノベーションズだけが参戦していたが、今後は日本メーカーの製品も急増する見通しである(b)(写真:AMPS Air、Dot、Here One、IQbuds、Pilot、Ripplebuds、W800BT、NECは各社)
■歴史は事実上1年半

 TWSイヤホンは登場して間もない。片耳だけに対応したBluetoothヘッドセットは以前からあったが、両耳に対応したTWSイヤホンは、2008年にドイツのオーディオ機器メーカーSENNHEISERが発売した「MX W1」が初だった。ただ、当時は利用者の幅広い支持を得られず、単発の製品で終わった。

 今回の潮流が、事実上スタートしたのはわずか約1年半前。2015年12月にスウェーデンEpickalが開発し、同EARINが販売する「EARIN M-1」が皮切りだ。続く2016年1月にドイツBragiの「THE DASH」が登場してから、製品が爆発的に増え始めた。現在は米国などで出荷されている製品だけで40超。開発中のものを含めると60を超える。

 急増した背景の1つは、米Apple(アップル)が、スマホ「iPhone 7」からイヤホン用のミニジャックを除去したことにある。実際、多数のベンダーが、世界で2億台超の販売が見込めるiPhone 7での特需を見込んで、2016年秋に一斉にワイヤレスイヤホン、特にTWSイヤホンを発売した。

■3年後には世界で5兆円市場に

 ヒアラブル端末への関心は高まるばかりだ。例えば、米国のクラウドファンディングに出展されたヒアラブル端末約40種類に対する"投資額"は約3000万ドル(1米ドル=112円で約34億円)を超えた。

 投資額の筆頭は米Waverly Labsの「Pilot」に対する450万米ドル(約5億円)だ。日本のCFであるMakuakeに出展された、中国Crazybabyの「Air」にも、Makuakeとしての最高額である9447万4700円が集まった。

 既に発売済みのAppleの「AirPods」を含む幾つかの製品も、非常に人気が高く、品薄状態の製品が多い。ワイヤレスヘッドホンなどを含むヒアラブル端末製品市場全体は、2020年には2016年の4倍の約5兆円弱になるという予測もある(図2)。


図2 調査会社の英WiFore Wireless Consultingによる、ヘッドホンや補聴器なども含めたヒアラブル端末の市場規模予測。2020年には市場全体で約5兆円弱、補聴器を含むイヤホン型端末だけでも約2兆円の市場になるとする

 「当初予想の3倍売れている」とするのは、オンキヨー&パイオニア イノベーションズ 代表取締役の宮城謙二氏だ。同社は2016年10月に日本のメーカーとして初めてTWSイヤホン「W800BT」を発売した。

■日本メーカーは付加機能で勝負へ

 今後は、他の日本のメーカーも独自の特徴を出しながら、ヒアラブル市場に続々と参入してきそうだ(図1(b))。JVCケンウッドは、アマチュアのミュージシャン向けに、プロの演奏をイヤホンで聞きながら、自ら楽器を演奏することで、プロとの仮想セッションを楽しむといった使い方ができるワイヤレスイヤホンを開発した。

 ソニーは2017年1月に開かれた米国での展示会「CES 2017」で、アクティブノイズキャンセリング(NC)機能を実装したTWSイヤホンのコンセプトモデルを出展。同年内に発売することを明らかにした。ソニーは、こうしたTWSイヤホンを、代表取締役社長兼CEO(最高経営責任者)の平井一夫氏が2016年に発表した「ラスト1インチ」戦略の重要な一手と位置付ける。同戦略は、ウエラブル端末とAR(拡張現実)やVR(仮想現実)を融合させていく戦略である。

 NECは、TWSではない片耳向けだが、指紋の代わりに耳の内部の形状などで本人を認証できる無線イヤホン製品の実証実験を2017年6月に始め、2018年に実用化する計画だ。

■音楽再生機能がない製品も

 各社はTWSイヤホンを単なる音楽再生用のワイヤレスイヤホンではなく、発展性が高い「イヤホン型コンピューター」だと考えている。そう位置付けるのは日本のメーカーだけではない。既に、音楽再生機能が主目的でなかったり、そもそもその機能がなかったりする製品も登場している(図3)。


図3 音楽鑑賞以外の機能をアピールする製品や開発品の例を示した。Waverly Labsが開発したTWSイヤホン「Pilot」は、多言語間の通訳機能を備える(a)。2017年秋に英語圏の国で出荷予定。QuietOnは、アクティブNC機能で、外部の騒音を遮断することに特化した"電子耳栓"を製品化した(b)。広島市立大学の谷口和弘氏は、同氏が提唱する「イヤラブル」の例として、耳飾り型のデバイスにさまざまなセンサーを実装した「Halo」を試作した。装飾を兼ねた太陽電池も実装。音声などは骨伝導で伝える(写真:(a)はWaverly Labs)

 例えば、クラウドファンディングで約5億円を集めたWaverly Labsは、2017年9月に英語圏で出荷予定のPilotの主な機能として、多言語間の同時通訳機能を掲げる。Pilotを装着した人同士であれば、互いに異なる言語で話していても、耳には翻訳された言葉が聞こえてくるという。当初は英語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語の5カ国語間での音声による同時通訳機能を実装予定。翻訳の機能はスマホ経由でつながったクラウド上で実現する。

 同時通訳機能は、TWSイヤホンの草分けであるBragiも近く製品に実装予定だ。Bragiは米IBMと提携している。IBMの人工知能(AI)システム「Watson」を利用して同時通訳を含むさまざまな新機能を実現する計画である。

 フィンランドQuietOnは、外部の騒音を遮断する機能に特化した"電子耳栓"を2016年に出荷した。音楽再生機能がない上、一切の操作ボタンもなく、充電器を兼ねた収納ケースから出すだけで動作する。

 広島市立大学 情報科学研究科 医用ロボット研究室 講師の谷口和弘氏は、音楽再生以外の多くの機能を実装可能な耳飾り型コンピューター「Halo」を試作した(図3(c))。谷口氏は2008年の時点で、イヤホン型コンピューターが社会に与える影響を予測し、「イヤラブル(earable)」という独自の名前で呼んでいる。

[日経エレクトロニクス2017年6月号の記事を再構成]

























スポンサーサイト
【2017/06/29 06:47】 | sportours新着情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
声のトーンで感情理解 AIスピーカーに付加機能
音声による感情分析を手がけるイスラエルのスタートアップが、米アップルの「Siri(シリ)」や米アマゾン・ドット・コムの「アレクサ」などの人工知能(AI)スピーカーに話し声から人の感情を読み取らせる技術を公開した。


米アマゾン・ドット・コムの「アレクサ」

 ビヨンドバーバルは2012年にテルアビブで設立。数十年にわたる感情分析の知見を土台に、米メイヨー・クリニックや米シカゴ大学、米スクリプス研究所、イスラエルのハダサー医療センターなどの著名機関と共同で独自の研究を進めている。ビヨンドバーバルのデータベースでは、40カ国語、250万件以上の「感情がタグ付けされた音声」を照合できる。話の中身や文脈を考慮せず、イントネーションを分析して不安や興奮、怒りなどの感情のサインを見つけ出す。

この技術はまだ実用化されていないが、コールセンターで顧客と話しながら相手の感情を分析して関係を良くしたり、医療従事者が人の精神状態を評価したりするなどの用途が考えられる。心疾患など健康状態を見抜くのに実用できるかどうかを立証する研究も進められている。

■Siriがスマートに?

 ビヨンドバーバルは21日、開発者用の新たなAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を通じて、仮想パーソナルアシスタント(VPA)に同社の感情分析機能を導入する考えを明らかにした。

 「ヘイ、アレクサ。ビートルズの曲をかけて」――。Siriやアレクサが会話を理解する能力は常に進歩しているが、機嫌を把握するのはあまり得意ではない。これこそが、ビヨンドバーバルが新たなAPIで目指す究極の目標だ。AIアシスタントが感情を読み取れるようにしたいと考えているのだ。

 「今日のデジタル社会では、テクノロジーや他人との交流手段が急速に変化しつつある」。ビヨンドバーバルのユバル・モール最高経営責任者(CEO)はこう指摘する。「VPAではパーソナライズされた体験が可能になり始めている。AIという画期的技術と当社の感情分析を融合することで、パーソナライズされた技術や遠隔監視に独自の知見をもたらせる次の段階を楽しみにしている」と意気込みを示した。

 では、これはどんな形で実用化できるのだろうか。「アマゾンエコー」などのスマートスピーカーに、利用者の機嫌を知る必要が果たしてあるのだろうか。

 アレクサのエコシステムではサードパーティーによる多数の音声サービスが提供されていることを踏まえ、ビヨンドバーバルは多くの用途を提案している。声のトーンが沈んでいたら、アレクサが明るい曲を流してくれたり、友人が思い悩んでいるようだと伝えた上で、元気が出る映画を勧めてくれたりする。

 その大半は未来向けであり、まだ誰にも考えつかない重要な用途がさらに多く存在することを覚えておいてほしい。その一つは医療だ。将来、Siriが何週間にもわたって気分の落ち込みを観察してくれるかもしれない。現在進められている研究が実を結べば、重大な病気を発見できる可能性もある。

 モール氏は「当社の機能に音声病態分析を加え、VPAが声から具体的な健康状態を分析できるようにするのが当社の近い将来の目標だ」とも述べた。

■人の声を一日中受動的に集めることが不可欠

 もっとも、この技術は基本レベルでいくつかの改善が必要だ。現状では、ビヨンドバーバルのAPIが搭載されたVPAと話す場合、感情分析を開始するには13秒間話さなければならず、その後は4秒おきに全ての会話を対象に分析される。だが、アマゾンエコーやアップルの「ホームポッド」とそれほど長く話す状況は考えにくい。このため、VPAが成果を出すには、人の声を一日中受動的に集めることが不可欠になる。

 ある企業の広報担当者は、「今の命令形式の会話では、感情分析を実施できるほど音声を提供できない」と認める。「当社は分析に必要な音声の時間をさらに短くする機能の開発に取り組んでいる。ただし、これはまだ実用化には至っていない」と話す。

 感情読み取り機能を改善するもう一つの方法は、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」を活用し、ウエアラブルやモバイル端末、スマートカーなど様々な機器を通じて音声を分析することだ。だが、IoTの普及はしばらく先のようだ。

 一方、ビヨンドバーバルは16年9月に300万ドルを集めるなど、これまでに約1080万ドルの資金をベンチャーキャピタルから調達している。AIに感情読み取り機能を普及させるというビジョンを実現するには、資金集めに全力を尽くさなくてはならない。

By Paul Sawers

(最新テクノロジーを扱う米国のオンラインメディア「ベンチャービート」から転載)























【2017/06/29 06:31】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
錦織は第9シード ウィンブルドンテニス
【ロンドン=共同】テニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権の主催者は28日、シード選手を発表し、日本勢は男子シングルスで世界ランキング9位の錦織圭(日清食品)が第9シード、女子ダブルスで全豪オープン4強の穂積絵莉(橋本総業)加藤未唯(佐川印刷)組が第16シードに入った。30日に組み合わせが決まり、7月3日に開幕する。

 錦織が四大大会で準々決勝まで格上選手と当たらない上位8シードから外れたのは第10シードで準優勝した2014年全米オープン以来。2連覇を狙う世界1位のアンディ・マリー(英国)が第1シード、3度優勝のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第2シード、最多7度制覇のロジャー・フェデラー(スイス)が第3シード、全仏オープン王者のラファエル・ナダル(スペイン)が第4シードに決まった。

 女子シングルスでは世界1位のアンゲリク・ケルバー(ドイツ)が第1シード、全仏で四大大会を初制覇したエレナ・オスタペンコ(ラトビア)が第13シードとなった。
























【2017/06/29 06:31】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
初代iPhone発売から10年、2020年のiPhoneを考える

iPhone2020 Mashable

初代iPhoneが発売された2007年6月29日から、10年が経ちました。10周年記念モデル「iPhone8」あるいは「iPhone X」に関する噂が飛び交っていますが、2020年、iPhoneはどうなっているでしょうか?米メディアMashableの予測をご紹介します。

2020年、iPhoneの姿は?

iPhoneと聞くと、角が丸い長方形の本体、アイコンが並んだディスプレイ、その下に丸いホームボタン、側面のボタンといった特徴を思い浮かべることと思います。

2007年の初代iPhone以降、iPhoneシリーズは10年間で15のモデルが発売されていますが、変化の激しいテクノロジー業界にあって、iPhoneシリーズは全モデルが上記の特徴に当てはまるデザインを採用しています。

今年の「iPhone8」あるいは「iPhone X」では、ホームボタンがディスプレイに埋め込まれると噂されており、実現すれば初代以降のデザイン上の特徴が変化することとなります。

Mashableが予測する、2020年のiPhoneは以下のようなものです。

本体デザイン


iPhone2020 Mashable

ボディは、前後そして側面もガラス製となり、強度アップのためにカーボンファイバーが用いられる

Lightningポートは廃止され、充電はワイヤレス方式、アクセサリの接続にはSmart Connectorが採用される

ボリュームボタンが物理ボタンからiPhone7/7 Plusのような触感フィードバック式に変更

ホームボタンはディスプレイに埋め込まれる

ディスプレイは有機EL(OLED)、縦横比は18:9

ディスプレイサイズはiPhone7/7 Plusと同じ4.7インチと5.5インチだが、ベゼルが細くなるぶん本体の幅が狭くなり、持ちやすくなる


システム


iPhone2020 Mashable

A14プロセッサとM14モーションコプロセッサを搭載

5nmプロセス採用でロジックボードが現在より50%小さくなる

ロジックボード縮小ぶん、バッテリーが容量拡大。標準モデルで2,260mAh、Plusモデルで3,000mAh程度に

Taptic Engineが改良され、ボリュームボタンが物理ボタンでなくなる

本体下部のスピーカーが大型化する

デュアルカメラ


iPhone2020 Mashable

現在、Plusシリーズに採用されているデュアルカメラのレンズは縦に並び、通常モデルにも採用

リアカメラの画素数は1,600万画素

残念ながら、カメラの出っ張りは継続

iOS14


iPhone2020 Mashable

基本的な構成は現在のiOSを踏襲

人工知能、機械学習の効果でSiriの能力が向上

アクセサリ


iPhone2020 Mashable

iPhoneが完全ワイヤレス化、AirPodsが本体に同梱される

ワイヤレス充電器は別売品として販売される

Smart Connectorを使ってUSBケーブル経由で充電が可能

2020年のiPhoneも「iPhone8」を踏襲?

2020年のiPhoneは、噂されている「iPhone8」から大きく変わらない、OLEDディスプレイに埋め込まれたホームボタンや縦に並んだデュアルカメラが特徴と予測されています。

もしかすると、10周年記念モデル「iPhone8」は、iPhoneシリーズの次の10年を予言するモデルとなるかもしれません。

Source:Mashable























【2017/06/29 06:31】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「iPhone 8」はUSB Power Delivery対応の「10W USB-C電源アダプタ」を同梱か
今年3月、Apple関連情報ではお馴染みのKGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、「iPhone 8」は高速充電に対応する為にUSB Power Delivery(USB PD)に対応したLightningコネクタが採用されると報告していましたが、「iPhone 8」にはUSB PDに対応した「10W USB-C電源アダプタ」が同梱されるとの情報が出てきました。


これはBarclaysのアナリストであるBlayne Curtis氏が顧客に公開した調査報告書の中で明らかにしたもので、「iPhone 8」にはUSB PDチップが搭載され、同チップとUSB-Cコネクタを採用した「10W USB-C電源アダプタ」が同梱されるものとみられています。

また、「iPhone 8」と「10W USB-C電源アダプタ」の両方に搭載されるUSB-C PDチップはCypress Semiconductor社が供給する予定で、そのチップは「iPad Pro 10.5インチ」に搭載されている「CYPD2104」という型番のチップになるとみられており、「iPhone 8」は「10W USB-C電源アダプタ」もしくは「29W USB-C電源アダプタ」を用いることで高速充電が可能になるとのこと。

なお、この情報が正しければ「iPhone 8」には「Lightning to USB-Cケーブル」が同梱されるものと予想されます。


[via MacRumors]























【2017/06/29 06:31】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ