SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
松山英樹、再び世界ランク2位に トーマスは6位浮上/男子世界ランク

松山英樹が世界ランク2位に再浮上した

13日付の男子ゴルフ世界ランキングが発表され、今季メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」を5位で終えた松山英樹は、前週のランク3位から2位に上がった。

22.00ポイント(pt)を獲得し、平均9.2988ptに。ジョーダン・スピース(9.0117pt)を0.2871pt差でかわし、1位をキープするダスティン・ジョンソン(11.2232pt)とは1.9244pt差となった。松山が自己最高タイの世界2位に復帰するのは、3週間ぶり。

「全米プロ」でメジャー初制覇を遂げたジャスティン・トーマスは14位から自己最高の6位に浮上した。

日本勢2番手の谷原秀人は1ランクアップの51位、3番手の池田勇太は70位で変わらず。4番手の小平智は3つ順位を上げ、116位となった。

GDO























スポンサーサイト
【2017/08/15 06:03】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
【速報】松山英樹、1打差追って後半へ


◇海外メジャー◇全米プロゴルフ選手権 3日目(12日)◇クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)◇7600yd(パー71)

首位で出た松山英樹は1バーディ、1ボギーで前半を折り返した。首位のケビン・キスナーと1打差の通算8アンダーで後半に入った。

日本人初のメジャー制覇を狙う松山は出だし1番でグリーン左バンカーに入れてボギーを喫した。7番(パー5)で2打目を5mのイーグルチャンスにつけて、2パットで初バーディを奪った。

1打目が曲がり苦戦したが、9番では4mのパーパットを入れてしのいだ。

小平智は「67」で回って通算1オーバー、谷原秀人は「74」で通算7オーバーとした。

GDO























【2017/08/13 06:13】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
【速報】松山英樹、難コンディションで2つ伸ばして後半へ

前半にスコアを伸ばした松山英樹

◇海外メジャー◇全米プロゴルフ選手権 2日目(11日)◇クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)◇7600yd(パー71)

15位から出た松山英樹は2バーディを重ねて通算3アンダーで後半に入った。風向きがコロコロと変わる難しいコンディションの中でボギーなしとした。

松山は5番でピンに絡めてバーディを先行させると、7番で伸ばした。首位発進のケビン・キスナーが連日の「67」を出して通算8アンダーで首位でホールアウトした。

GDO
























【2017/08/12 06:30】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
【速報】松山、3連続バーディ締めの巻き返しで1アンダー発進

松山英樹は出入りの激しいゴルフながらも、1アンダーで発進した

◇海外メジャー◇全米プロゴルフ選手権 初日(10日)◇クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)◇7600yd(パー71)

メジャー初制覇を目指す松山英樹は6バーディ、5ボギーの「70」とし、1アンダーで発進した。

スタートホールの10番から連続バーディで発進。16番からの難関3ホール“グリーンマイル”を1ボギーで切り抜け、1アンダーで折り返した。

後半に入り、ティショットがバンカーにつかまった3番でボギーを喫すると、4番は3パットボギー。5番もボギーとし、一気に3ストローク後退した。

この後、7番(パー5)、8番、9番の上がり3ホールを連続バーディで締めた。

15ホールを終えたジム・ハーマンらが4アンダーで首位に立っている。

GDO
























【2017/08/11 06:46】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
松山英樹が世界選手権2勝目 圧巻「61」の逆転で米5勝

松山英樹
圧巻の「61」で米5勝目

◇世界選手権シリーズ◇WGCブリヂストン招待 最終日(6日)◇ファイヤーストーンCC(オハイオ州)◇7400yd(パー70)

2打差4位から出た世界ランキング3位の松山英樹が1イーグル7バーディ、ボギーなしの「61」をマークし、通算16アンダーとして逆転優勝した。昨年10月「WGC HSBCチャンピオンズ」に続く世界ゴルフ選手権(WGC)シリーズ2勝目を挙げた。

2月「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」以来の今季3勝目で、自身の保持する米ツアー日本人最多勝を更新する通算5勝目とした。次週「全米プロゴルフ選手権」での日本人メジャー初制覇へ弾みをつけた。

松山は「1番をしのいで、波に乗ってやれた。大きなミスもなくやれた」と笑顔で語った。

序盤2番(パー5)でグリーン奥からチップインイーグルを奪って首位に並ぶと、前半を「30」(パー35)として単独トップで折り返した。

“モンスター”の異名を持つ667yd(パー5)の16番でバーディを奪って優勝を決定づけると、17番、18番もバーディとして後続を遥か遠くへ突き放して圧倒した。

通算11アンダーの2位にザック・ジョンソン。

小平智は通算5オーバーの47位、谷原秀人は通算6オーバーの50位で終えた。

GDO























【2017/08/07 06:51】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
宮里藍、イーブン発進 全英リコー女子オープン

第1ラウンド、2番でティーショットを放つ宮里藍(3日、キングズバーンズ・リンクス)=共同

 【セントアンドルーズ(英国)=共同】女子ゴルフのメジャー第4戦、全英リコー女子オープンは3日、英国北東部セントアンドルーズのキングズバーンズ・リンクス(パー72)で開幕し、今季限りで引退する宮里藍は2バーディー、2ボギーの72と伸ばせなかった。

 西山ゆかりと上原彩子はともに3バーディー、1ボギーで70、堀琴音は74だった。川岸史果、野村敏京、鈴木愛も出場。

 ミシェル・ウィー(米国)が64の好スコアをマークした。
























【2017/08/04 06:09】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
宮里藍・野村敏京らが最終調整 全英女子OP、3日開幕

練習場で調整する宮里藍(2日、キングズバーンズ・リンクス)=共同

 【セントアンドルーズ(英国)=共同】ゴルフの全英リコー女子オープンは3日(日本時間同日午後)から英国北東部セントアンドルーズのキングズバーンズ・リンクス(パー72)で行われる。開幕前日の2日は、今季限りで引退する宮里藍や世界ランキング22位の野村敏京がコースを回るなどして最終調整した。

 北海に面した会場は快晴微風の好コンディション。ともに初出場の堀琴音、川岸史果は同組で1番から回った。最終予選会を突破して出場権を得た上原彩子もラウンドし、コースの感触を確かめた。
























【2017/08/03 06:34】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
宮里藍はクリーマー、田仁智と同組 全英女子ゴルフ
【セントアンドルーズ(英国)=共同】ゴルフの全英リコー女子オープンの予選ラウンド組み合わせが1日発表され、宮里藍はポーラ・クリーマー(米国)、田仁智(韓国)と3日午前7時58分(日本時間午後3時58分)に第1ラウンドを開始する。1組前で堀琴音がスサン・ペテルセン(ノルウェー)らと回る。

 野村敏京は2015年大会覇者の朴仁妃(韓国)ら、鈴木愛はミンジ・リー(オーストラリア)らと同組で第1日は午後スタート。川岸史果、西山ゆかり、上原彩子も出場する。

























【2017/08/02 06:01】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
藤本、I・H・ホと並び首位 ダンロップ福島ゴルフ第3日

第3日、18番でパットを放つ藤本佳則。通算14アンダーで首位(29日、グランディ那須白河GC)=共同

 ダンロップ・スリクソン福島オープン第3日(29日・福島県グランディ那須白河GC=6961ヤード、パー72)2位から出た藤本佳則が4バーディー、1ボギーの69をマークし、通算14アンダーの202でI・H・ホ(韓国)と並んで首位に立った。

 1打差の3位には貞方章男、宮本勝昌、63で回った任成宰(韓国)がつけた。さらに1打差の6位には正岡竜二、秋吉翔太ら6人が続いた。(出場62選手=アマ2、曇り時々雨、気温23.6度、北北東の風1.1メートル、観衆1781人)〔共同〕
























【2017/07/30 06:22】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
短パン着用でゴルフをイメチェン 男子ツアー新施策の評判は

練習日は短パンOK!キム・ヒョンソンも男子ツアーの施策を歓迎した

◇国内男子◇ダンロップ・スリクソン福島オープン 事前情報(26日)◇グランディ那須白河ゴルフクラブ(福島県)◇6961yd(パー72)

男子ツアーを統括する日本ゴルフツアー機構(JGTO)はこの夏、7月と8月に開催するレギュラーツアーの練習日に、選手がゴルフ用の半ズボンを着用することを認めた。例年酷暑となる「福島オープン」では、複数のプレーヤーがさっそく短パン姿で練習を行った。

短パンOKルール施行1試合目、北海道で行われた7月の「長嶋茂雄招待セガサミーカップ」は事前練習日が大雨に見舞われ、多くの選手の短パン着用が“おあずけ”となった。イケメンプロのキム・ヒョンソン(韓国)もそのひとりで、施行2試合目のここ福島で新スタイルにチャレンジ。「アメリカで合宿をするときなんかにははきますけど、試合の会場では初めて。最初はおかしい感じもしたんですけど…本当に最高ですよ!」と新規定を歓迎した。

契約を結ぶパーリーゲイツから取り急ぎ送ってもらったのは4着。26日(水)は「まだシャツと合わせてコーディネートしてないんですよ」と苦笑いしながら「この合わせ方で大丈夫?」と周囲に尋ねて回った。

クラブハウスのレストラン入室の際には通常のロングパンツ着用が義務付けられているが、欧州ツアーでは昨年から同様の試みを実施。「ゴルフって厳しいイメージがありますけど、半ズボンならそれが和らぐ気がします」とキム。「まだまだ少ないですね!」と他選手にもショートパンツ着用を促していた。

GDO























【2017/07/27 05:41】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
元メジャー投手の長谷川滋利氏が「全米アマ」地区予選を突破

「全米アマ」地区予選を突破したMLB長谷川滋利

氏の現役時代 (Eliot J. Schechter/Getty Images)
「全米アマ」地区予選を突破したMLB長谷川滋利氏の現役時代 (Eliot J. Schechter/Getty Images)
米メジャーリーグ(MLB)で投手として活躍した元プロ野球選手の長谷川滋利氏が24日、ゴルフの「全米アマチュア選手権」地区予選会に出場し、本戦への切符を手にした。カリフォルニア州ミッションビエホ会場(パー71)にエントリーし、1日2ラウンドを「69」「71」でプレーして、通算2アンダーの2位タイで上位3人までの本戦進出枠に滑り込んだ。

現在48歳の長谷川氏は、1990年のドラフト1位で立命館大からオリックスに入団。97年に日本人史上初の金銭トレードで、MLBのアナハイム・エンゼルスに移籍した。2002年からはシアトル・マリナーズに移り、当時所属していたイチローと4年間チームメイトとしてプレー。06年に引退し、16年には日本のオリックス・バファローズでシニアアドバイザーに就任した。

「全米アマ」本戦は8月14日~20日の日程で、リビエラCCとベルエアCC(いずれもカリフォルニア州)の2コースで開催される。フィル・ミケルソン(1990年)やタイガー・ウッズ(94~96年)らが優勝者に名を刻む大会。近年ではカーティス・ラック(2016年)、ブライソン・デシャンボー(15年)がタイトルを獲得している。

GDO























【2017/07/26 05:52】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スピース、驚異のパット連発 メジャー3冠 全英オープン初制覇
優勝カップの「クラレットジャグ」を抱いたスピースの分水嶺は13番(パー4)。大きく右に曲げたティーショットは、深いラフに埋まった。ライを確かめ、小高い丘の上からグリーンを見やった末の決断はアンプレヤブル。たっぷり時間をかけて冷静に、はるか後方線上の練習場から第3打を打つ道を選択した。


トロフィーにキスをするスピース=AP

 「コースで頼りになるメンタルコーチ」のキャディーが横にいる。「3番ウッドはNO。3番アイアンで打て」という相棒の言葉に従い、グリーン手前までボールを運ぶスーパーショット。アプローチを2メートル余りに寄せ、ボギーパットを沈めた。クーチャーに首位を譲りはしたものの、1打差で踏みとどまった。「あれは大きかった」

 序盤で3打落とす苦しい一日。だが難関ホールでの大トラブルを浅い傷で切り抜けた瞬間「リーダーから、挑戦者の気持ちになった」という。14番で第1打を1.5メートルにつけバーディー。首位に並ぶと15番で15メートルをねじ込みイーグルだ。16番は10メートルのバーディーパットを決め、追っ手を突き放す。雄たけびをあげながら"アンビリーバブル"なパットを連発、17番までの4ホールで5打伸ばし、勝利をもぎとった。

 27日が24歳の誕生日。ニクラウスに次ぐ若さで3冠を達成した。「信じられない。こんなに早く」。来月の全米プロで勝てば、ウッズの記録を塗り替え史上最年少で、ゴルフ人生の目標に掲げる「グランドスラム」達成となる。偉業への挑戦について「自分に期待をかけすぎると難しくなる。まだまだ道のりは長いよ」。若き俊才は、あくまでクールだ。

日経新聞
























【2017/07/25 06:00】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
松山英樹がスピースに抜かれて世界3位に 1位D.Jは23週連続

松山英樹は全英優勝のスピースに抜かれて世界3位となった

23日付の男子ゴルフ世界ランキングが発表され、「全英オープン」を制したジョーダン・スピースが、松山英樹を抜いて3位から2位にランクアップした。松山は同大会14位で、スピースと平均ポイントで1.5934差の3位に下がった。

全英54位に終わったダスティン・ジョンソンは23週連続となる世界1位をキープ。全米優勝に続いて全英でも6位に入ったブルックス・ケプカが、リッキー・ファウラーと入れ替わりで世界10位に入った。全英2位のマット・クーチャーは18位から12位へと浮上した。

全英の裏開催だった「バーバゾル選手権でツアー初優勝を飾ったグレイソン・マレーは156位から87位に上昇。「全英オープン」で予選落ちした谷原秀人は50位、池田勇太は65位。宮里優作は128位となった。

GDO























【2017/07/25 05:59】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スピースが完全優勝でメジャー3勝目 松山英樹は14位

スピースが激戦を制して全英オープン初制覇

◇海外メジャー◇全英オープン 最終日(23日)◇ロイヤルバークデールGC(イングランド)◇7156yd(パー70)

3打差の首位から出たジョーダン・スピースが1イーグル4バーディ、5ボギーの「69」で通算12アンダーとし、2015年の「マスターズ」と「全米オープン」に続くメジャー3勝目を挙げた。初日からの首位を守りきる完全優勝。同じ最終組のマット・クーチャーとデッドヒートを繰り広げたが、上がり5ホールで5ストローク伸ばし、振り切った。

史上6人目のキャリアグランドスラムに王手をかけ、8月の「全米プロゴルフ選手権」に臨む。

前半は「37」(パー34)と3ストローク落とし、一時はクーチャーに逆転を許した。後半13番では、ティショットをマウンドとなった右のラフに打ち込みアンプレヤブルとしたが、練習場から放ったドラマチックなリカバリーショットでボギーにとどめた。14番でバーディ、15番で20m近いイーグルパットをねじ込んで再浮上。16番で約8mのバーディパットを決め、17番でも伸ばして、逃しかけた勝利を得意のパットで引き寄せた。

クーチャーは通算9アンダー2位。「63」をマークした李昊桐(中国)が通算6アンダーの3位、ロリー・マキロイ(北アイルランド)とラファ・カブレラベロー(スペイン)が通算5アンダーの4位だった。

7打差5位から日本人初のメジャー制覇を狙った松山英樹は「72」とスコアを落として、通算2アンダーの14位で終えた。

GDO























【2017/07/24 05:56】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スピースがメジャー3勝目へ3打差首位 松山は7打差5位

キャリアグランドスラムに王手となるメジャー3勝目を視界にとらえたジョーダン・スピース (Stuart Franklin/Getty Images)

◇海外メジャー◇全英オープン 3日目(22日)◇ロイヤルバークデールGC(イングランド)◇7156yd(パー70)

2日目の荒れた天候から一転、爽やかな青空に風も穏やかとなった1日は、歴史的な記録を生み出した。この日、最終組がティオフする4時間半前にスタートしたブランデン・グレース(南アフリカ)が、8バーディ、ノーボギーの「62」で、メジャー最少ストロークの新記録を更新した。

首位はこの日「65」で回って通算11アンダーとしたジョーダン・スピース。通算8アンダーの2位にはマット・クーチャーが付け、通算5アンダーの3位にオースティン・コネリー(カナダ)とブルックス・ケプカの2人が続く。松山英樹は通算4アンダーで首位と7打差5位とした。

「マスターズ」「全米オープン」を制している23歳のスピースが、最終18番でも長いバーディパットを沈めてガッツポーズ。2位と3打差の単独首位で最終日に駒を進め、初のクラレットジャグを視界に入れた。

2位のクーチャーはメジャー未勝利(最高位は3位)。上位5位タイまでの6選手中、メジャー大会での優勝経験があるのはスピースと、今年の「全米オープン」を制したケプカの2人だ。

10位から出た松山は「66」とスコアを伸ばして通算4アンダーの7位に浮上。だが、首位との差は6打から7打へと広がった。

GDO























【2017/07/23 06:23】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ