SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
14年度の年金支給、0.7%の減額決定 物価上昇で減額幅縮小
 厚生労働省は31日、2014年度の公的年金支給額を0.7%引き下げると発表した。国民年金と厚生年金を受給する全ての人が対象で4月分から変更する。国民年金を満額で受け取っている人は13年度と比べ月額で475円減の6万4400円となる。厚生年金を受け取る標準世帯では同1666円減の22万6925円だ。

 4月分の年金は6月に支払われる。公的年金の支給額は毎年、前年の物価や賃金の変動を反映する。00~02年度に、物価が下落しているにもかかわらず特例で年金額を据え置いたことで、もらいすぎの「特例水準」が生じた。政府は段階的に解消することにし、今年4月分から1%減額する予定だった。ただ、物価や賃金が上昇したため、減額幅を0.3%縮める。

 国民年金も厚生年金も04年度の制度改正で保険料を17年度まで毎年上げることが決まっている。14年度の国民年金の保険料は現在の月額1万5040円が4月分から210円上がり、1万5250円になると発表した。

 厚労省は4月に、2年間の年金保険料を前払いできる制度を導入するため、15年度の保険料も公表した。15年度は14年度から、さらに月340円引き上げ、1万5590円になる。

 会社員が加入する厚生年金の保険料率は毎年0.354%引き上げられており、今年9月分から17.474%(労使折半)になる。

 保険料の引き上げは年金財政が少子高齢化の影響で厳しくなっているためだ。年金を受給する世代が増えて支給額が増大する一方、保険料を支払う制度の支え手は減る傾向にある。保険料の支払いが増え続ければ、現役世代の個人消費に影響がでる。支給額が減る年金生活者、現役世代ともに痛みの分かち合いが続くことになる。

日経新聞



労務管理における労働法上のグレーゾーンとその対応労務管理における労働法上のグレーゾーンとその対応
(2011/05)
野口 大

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル:ライフ

【2014/01/31 14:32】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
万能細胞、簡単な手法で作製に成功 理研など

幹細胞の研究は日進月歩


(CNN) 理化学研究所など日米の研究チームは、成熟した細胞にストレスを与えて、あらゆる細胞に分化できる万能細胞を作製する画期的な方法を発見したとして、30日付の科学誌ネイチャーに研究結果を発表した。

この研究は、理研発生・再生科学総合研究センターの小保方晴子氏や米ボストンにあるブリガム&ウィミンズ病院のチャールズ・バカンティ氏らの研究チームが発表した。

新手法はSTAP(刺激惹起性多能性獲得)と呼ばれ、これまでの手法のように胚を破壊したり細胞に遺伝物質を挿入したりする必要がなく、自分の細胞を使うことから拒絶反応も問題にならないという。

専門家はこの手法について、「最も簡単で安上がりで手早く細胞をプログラミングできる方法」と評価している。

研究チームはマウスを使ってSTAP細胞の現象を調べた。遺伝子操作を行ったマウスの血液細胞を酸性の環境に置いたところ、数日後にこの細胞が、初期化された状態に変化した。この細胞を、遺伝子操作を行っていないマウスの胚に移植すると、あらゆる臓器の組織が形成可能なことが分かった。



幹細胞を取り扱う研究者


酸のほかにも低酸素の環境に置いたり細胞膜に穴を開けるなどの方法で細胞にストレスを与える実験を行ったが、マウスの血液細胞をSTAP細胞に変えるには、酸を使う方法が効果が高かった方法だという。

理研の小保方氏は記者会見で、細胞の外から刺激を与えるという単純な方法で、これほど著しい変化が誘発できることに驚いたと語った。

バカンティ氏は、3年以内に人への臨床実験が実施できるかもしれないとの期待を示している。















【2014/01/31 06:34】 | Muscle Blog | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Evernote、データ同期速度を4倍高速化
本日、Evernoteが、データ同期速度が4倍速くなった新しい同期エンジンを導入した事を明らかにしました。



なお、全てのサードパーティ製アプリはアップデートせずに新しい同期エンジンを利用する事が可能とのこと。

また、次の段階では、新しい同期アーキテクチャの優れた性能を有効利用するために Evernote のすべてのアプリをアップグレードする予定で、これにより同期がさらに高速化され、EvernoteのAPIおよび開発者向けガイドラインも更新し、サードパーティ製アプリでも高速な同期が利用可能になる予定とのこと。













【2014/01/30 06:59】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ティム・クックCEO「モバイル決済はTouch IDの一つの可能性」 ―iPhone 6に搭載も
米アップルによるモバイル決済の登場は意外と近いのかもしれません。

THE VERGEは27日(現地時間)、米アップルのCEOを務めるティム・クック氏が2014年第1四半期の収益に関するカンファレンスの中で、「我々はモバイル決済に興味を持っている。その興味が、Touch IDをつくった一つの理由だ」と話したと伝えています。

アップルは、音楽や映画、書籍をiPhoneのTouch IDで購入するユーザーから、素晴らしいレスポンスを受けているとのこと。この機能により購入機会が増加したのは明らかであると同氏は述べています。

また、その顧客はとても多いため、アップルのモバイル決済は “市場規模” という大きなポテンシャルを秘めているとしています。



アップルの独自モバイル決済といえば、数日前WSJが準備中であると報じたばかり。さらに、アップルは「NFC」や「Bluetooth(iBeacon)」、「Wi-Fi」を利用した特許を申請していたことが明らかになっています(過去記事)。今回、クック氏自らが言及したことで、少なくとも開発中であることが判明しました。

同社は “将来の技術” について言及することを極端に嫌っており、正式に発表するまでは何も言わないのが普通です。それでも今回決済システムに示唆したのには、いくつが理由が考えられます。

一つ目は、「技術はすでにある」ということです。この決済システムを導入するのに、新しいハードウェアはもう必要ありません。既存のiPhoneで利用できる上、誰もが予想し得る機能です。

二つ目は、「メインは他にある」ということです。上記の通り、今回の機能は誰もが予想し得るもの。収益の面では大きなメリットになったとしても、アップルの掲げる「イノベーション」としては大したものではないのかもしれません。逆にいえば、今年登場するのはそれ以上にインパクトのある、面白い製品やサービスだという可能性もありそうです。



[THE VERGE]













【2014/01/29 06:34】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
iPhone 6に太陽光発電が搭載されるという情報 ―アナリスト分析
少々怪しくも気になる情報が舞い込んできました。

GadGetsNDTVは27日(現地時間)、株式市場分析会社Seeking Alphaのアナリストを務めるMatt Margolis氏の分析として、米アップルの次期フラグシップ・スマートフォン「iPhone 6」には太陽光パネルが組み込まれたサファイアガラスのカバーガラスが搭載されると伝えています。




同氏によれば、アリゾナ州に設置された新工場で、その新しい技術を利用した部品が製造されるとのこと。

開発を行っている根拠として、同社が昨年モバイル機器にソーラー充電を搭載する特許を申請していることや、太陽電池関連企業に投資を行っていることを挙げています。

スマートフォンは一般に、従来型携帯電話と比べてバッテリーのもちが悪いといわれています。数年前よりは相当性能も上がったものの、使い方によっては未だ不十分であるといえます。

その対応策として今回の「ソーラー充電」が採用されれば、大きく状況は改善することになります。ただ、個人的に気になるのはバッテリーへの影響で、細かい充電を繰り返す(電圧の変化が激しい)と、劣化が早くなる恐れがあります。

ちなみに “たまたま” ではありますが、ディスプレイでソーラー充電を行う技術が、先日フランスのベンチャー企業SunPartner社から発表されました。つまり、なんだかイメージがわきにくいものではありますが、現実として「ありえない」というほどの技術ではないようです。

なお冒頭でも少し触れましたが、今回の情報はアナリストの分析であるため、信頼性はなんともいえないところに注意が必要です。



[GadGetNDTV via Geeky Gadgets] [Digital Trends via iPhone Mania]













【2014/01/29 06:32】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
iOS 7の次回アップデートでは強制再起動バグが修正されるみたい



iOS 7になって、強制再起動が起こるっていう人居ませんか? 言われてみると意図しないタイミングで再起動されていたような気がします。最初はアプリ側のバグで落ちてるのかなぁ?とか思ってたのですが、どうやらiOS自体のバグであったようです。

Touch Labによりますと、この問題に対し米アップルの広報担当が、「次回アップデートでこの問題を修正する」と公式にコメントを発表したとのこと。次回アップデートというと、現在ベータテストを行っているiOS 7.1で、と読んで良さそうですね。

現在iOS 7.1はβ4まで開発が進んでいるようなので、これまでのペースだとリリースまであと1ヶ月くらい…でしょうか? う~ん、1ヶ月かぁ…。この再起動とはもう少し付き合う必要がありそうですね。


[Mashable via Touch Lab]














【2014/01/28 06:59】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Retinaディスプレイ搭載「MacBook Air」は11.88インチのディスプレイを採用か?!
去年10月、DisplaySearchのバイスプレジデントであるDavid Hsieh氏やApple関連の情報には定評があるKGI証券のアナリストのMing-Chi Kuo氏が2014年に12インチのRetinaディスプレイを搭載した「MacBook Air」が発売されるだろうと予想していましたが、MacRumorsによると、アナリストDaniel Matte氏が、Retinaディスプレイを搭載した「MacBook Air」のディスプレイサイズは11.88インチになると予想している事が分かりました。



同氏は、現行の「MacBook Air」の11インチモデルは1366×768ピクセルのディスプレイを採用しており、AppleのこれまでのRetina化の定義からすると「MacBook Air with Retina」は4倍の2732×1536ピクセルのディスプレイを採用し、そのサイズは11.88インチ(264ppi)になると予想しています。

また、「iPad Air」の9.7インチ(264 ppi)と同じパネルを利用する事でコストを抑え、更にベゼルが少し細くなり、僅かに厚みも増し、プロセッサはIntelのBroadwellプロセッサを搭載するだろうと予想しています。














【2014/01/27 06:11】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
パッキャオ×ブラッドリーⅡ正式決定

パッキャオ

 4月12日にリング登場が内定していたマニー・パッキャオ(比)の対戦相手が決まった。WBO世界ウェルター級王者ティモシー・ブラッドリー(米)に挑むもので、予定どおりラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで行われる。



ブラッドリー

 締結にあたっては主催のトップランク社CEOボブ・アラムの子息で、社長のトッド・ドゥドーフ、パッキャオの代理人マイケル・コンシュの3者が会談。12年6月、両者の初戦でスコアカードが議論を巻き起こす結末に終わったことを踏まえてブラッドリーが選ばれた。

 再戦決定のニュースと同時にトップランク社から今後のイベントも通知され、来月4日にロサンゼルス、6日にニューヨークで試合のプレゼンテーションが予定される。















【2014/01/26 14:47】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
米アップル、独自モバイル決済サービスを準備中 ―WSJ報道
ウォール・ストリート・ジャーナル日本語版は26日、関係者筋の情報として、米アップルが独自モバイル決済サービスを準備中であると報じています。情報によれば、米アップルCEOティム・クック氏の補佐を務めるエディ・キュー氏が業界の幹部と会談を行った際、同社が独自決済サービスに向ける関心について、説明したとのこと。



先日、米アップルが「NFC」や「Bluetooth(iBeacon)」、「Wi-Fi」を利用した決済システムの特許を申請していたことが明らかになりました(過去記事)。今回WSJが報じたことで、実用化の可能性が高くなったといえます。
振り返れば、ここ最近のiPhone・iOSの新機能は決済システムに活かせそうなものばかり。クーポンやチケットの管理ができる「Passbook」を初め、Bluetoothを利用した近距離無線通信「iBeacon」。そして、セキュリティと便利さを同居させる指紋認証機能「Touch ID」。ここにNFCが加わることで、iOS搭載端末による決済システムが完成するということなのかもしれません。

ともすれば、実用化まであと一歩。ユーザーとしては今年「iOS 8」での登場を期待したいところです。ただ、今年は「iPhone 6」によるハードウェア変更がメインになる可能性が高いため、実際のサービス開始は「iPhone 6s」「iOS 9」で来年に、ということになるかもしれません。


[WSJ日本語版]














【2014/01/26 14:42】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Foxconn、サファイヤガラスをカバーガラスに採用した「iPhone」を試作か?!
Appleは「iPhone」のディスプレイのカバーガラスにサファイアガラスを採用すると噂されていますが、Apple Dailyによると、Appleの製造パートナーであるFoxconnが、サファイアガラスをカバーガラスに採用した「iPhone」の試作を行った事が分かりました。



そして、その試作台数は少なくとも100台と言われてす。

サファイヤを使用する事で製造プロセスがより複雑になると言われており、実際に次期iPhoneにサファイア製のカバーガラスが採用されるのかは不明ですが、MacRumorsによると、Appleは新しいサファイア切断機を入手する為にスイスのMeyer Burger Technologies社に接触していたとの未確認情報もあるそうで、先日には同社がサファイアガラスに関する特許を取得していた事も明らかになっています。

なお、既存の「iPhone」にはカメラレンズ部分とTouch IDにサファイアガラスが採用されています。















【2014/01/26 05:46】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ソフトバンクが新料金プラン 通話と通信の定額パック
 ソフトバンクは、通話とデータ通信のセットが定額で利用できるスマートフォン向け料金プランを、4月21日から始める。いまは通話と通信を別々に契約するが、新しいプランは業界で初めて一つにまとめたという。通話と通信ができる量に応じて月額5980円、6980円、9980円の3種類。主力の6980円(税抜き)のプランでは、通話は月1千回(1回5分以内)まで定額の範囲内でできるほか、通信は7ギガバイトまで高速通信が使える。別に基本料金980円などがかかる。

 いまの主力プランでは、同社のスマホや携帯電話どうしなら午前1時~午後9時は通話が無料で、その他は時間に応じて30秒20円かかる。このプランも残す。


朝日新聞














【2014/01/25 07:57】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2014年のiPhone 6は、4.5インチ以上と5インチ以上の2モデル ―WSJ報道
米ウォール・ストリート・ジャーナルは23日(現地時間)、計画をよく知る人の話として、米アップルが今年発表する次期iPhone(通称:iPhone 6)は、4.5インチを超えたモデルと、5インチを超えたより大きいモデルの2種類が存在すると報じています。5インチ以上のモデルは準備中であるとしているものの、両モデルとも2014年内には発売する見通しであるとのこと。

なお、その中にはiPhone 5cのようなプラスチック筐体の端末は含まれていないとしています。


画像はiPhone 5s

これまで報じられてきた噂を考えると、この2モデルは4.7インチあるいは4.8インチ、そして5.5インチあるいは5.7インチのものであると予想されます。最も近い情報では、iPhone 6は4.8インチで決定し発売は9月ごろになると伝えられています。

いよいよWSJが報じたことで、iPhoneの大画面化はますます確定的なものとなりました。ただし、発表までは半年以上も先である可能性が高く、今後アップルの計画に変更が行われる可能性に注意が必要です。

大型化したiPhoneが二つも登場するとなると、気になるのは端末の立ち位置です。今までの4インチ級は廃棄されるのか。また、5インチ弱のiPhoneと6インチ弱のiPhoneは併売されるのか。小さい端末として人気を誇っていた面もあるだけに、今後の販売形態には注目が集まります。


[WSJ via Cnet]















【2014/01/25 07:19】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
山びこ打線・池田、22年ぶり甲子園 四国地区
 故・蔦(つた)文也元監督が率い、高校野球ファンを魅了した池田(徳島)が22年ぶりに甲子園に戻ってくる。「さわやかイレブン」が春に旋風を起こしてちょうど40年。豪快な「やまびこ打線」から衣替えした守りの野球で第86回選抜高校野球大会への出場を決めた。


池田、待望の春

 午後3時半すぎ、三宅駿主将(2年)が「甲子園決まったぞ」とグラウンドで声を上げると、選手は「よっしゃー」と拳を突き上げた。岡田康志監督(52)は「長かった。この日を待ちわびていた」と話した。

 1971~92年に春夏合わせて16回甲子園に出場。岡田監督は79年夏に準優勝したチームの主将だ。大学卒業後、池田に赴任。蔦元監督の後任として91、92両年夏の選手権大会で指揮を執った。

 その後は甲子園から遠ざかり、岡田監督は98年に転任。2010年に池田に戻ってきたが、その夏は徳島大会で1回戦敗退するほどチームは低迷していた。

 そこで目指したのは、他校で実践した「強豪校に勝つ野球」だ。選手は長打ではなく鋭い単打を放つ練習を重ね、守備固めにも励んだ。レギュラー中心ではなく部員全員が同じ練習メニューに取り組み、チーム全体の力を底上げした。昨秋の四国地区大会ではエース名西宥人(ゆうと)君(2年)が4試合で防御率1・80と好投。準優勝を果たした。

 県内外から選手が集まったころと違い、部員38人のうち33人は同校がある三好市や隣接市町の出身だ。地元の人々は、部員11人で74年春の甲子園で準優勝した「さわやかイレブン」を重ね合わせる。

 外野手の細田航南(こなん)君(2年)は、「IKEDA」と書かれた野球部のバッグを持って通学する途中、町の人から「頑張れ」とよく声をかけられる。「地元の人たちの期待をずっと感じていた。今度は自分たちが甲子園で活躍して、地元を盛り上げたい」と話した。


朝日新聞

 













【2014/01/25 06:43】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
もうすぐ登場? アップルのカーナビ「iOS in the Car」のスクリーンショットと思われる画像


その信憑性やいかに?

アプリ開発者であるスティーブン・スロウトンスミスさんがツイッター上で、アップルのiOS 7の次期バージョンである「iOS 7.1」に実装予定のカーナビモード「iOS in the Car」のリーク画像を公開しました。

「iOS in the Car」は主にSiriのアイズフリー機能を使って、電話や音楽、メッセージ、道順を調べたりできる機能です。現在AudiやBMW、フェラーリなどの自動車メーカーが2014年モデルへの搭載を検討しているみたいですよ。







カーナビモードらしく、運転中は道路標識に注意するように促す表示も。

この「iOS in the Car」はまだ正式にリリースされておらず、画像は先日開発者向けにリリースされた「iOS 7.1 beta 4」の内部ファイルに含まれていたものを、スロートンスミスさんが何らかの形で見つけ出したものと予想されます。ネタ元のMac Rumorsによれば、彼に詳細な説明を求めたところ、断られてしまったんだとか。

ちなみにアップルの公式サイトには、WWDC 2013で発表された際のスクリーンショットが公開されており、「まもなく登場」と表示されています。

これまでのアップルのマップに関してはあまり良い情報を聞きませんでしたが、今後どうなるか楽しみですね!


[MacRumors via iPhone Mania]













【2014/01/24 06:10】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アナリスト、「iPhone 6」は4.8インチディスプレイを搭載し、802.11ac Wi-Fiをサポートと予想
Apple Insiderによると、Cowen and Company社のアナリストであるTimothy Arcuri氏が、サプライチェーンを調査した結果、Appleの次期iPhoneのデザインはほぼ確定しており、ディスプレイサイズは4.8インチになると報告している事が分かりました。



【image source:iPhone Soft】

また、802.11ac Wi-Fiをサポートし、iOSは次期バージョンでキー・ソフトウェアの革新が計画されており、モバイル決済への対応強化の為にiBeacon、Touch ID、Passbookにてこ入れするものとみられています。

なお、先日に4.7インチ版「iPhone 6」が6月に発売されるとの情報がありましたが、Arcuri氏はこのスケジュールを否定し、同氏は例年通り9月に発売されるものと予想しており、噂のある13インチ版「iPad」については、恐らく2014年後半に発表されるだろうと予想しています。














【2014/01/23 20:10】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
米アップル、iPhone 6のデザインを4.8インチで決定か ―発売は9月
Apple Insiderは22日(現地時間)、金融サービス会社COWENグループのアナリストを務めるTimothy Arcuri氏の話として、米アップルの次期スマートフォン「iPhone 6」のデザインが決定したと伝えています。同氏がサプライチェーン筋から得た情報によれば、同端末は4.8インチの大型ディスプレイを搭載するとのこと。

また、アップルは “革新的なソフトウェア” も計画しているとのこと。同氏の予測では、Touch IDやPassbook、そしてiBeaconを活かした新しいモバイル決済システムを、次期iOS「iOS 8」に向けて準備中であるとしています。

さらに、発売日に関しては例年通り9月ごろになるとのこと。

なお、噂されている13インチのiPadについて同氏は、PCとタブレットの間のような端末になり、今年後半に登場するだろうと予測しています。



非公式コンセプト


これまでに伝えられてきた情報では、iPhone 6は4.7インチになるとされてきました。今回は、それよりも微妙に大きい4.8インチになるとされており、デザインの確定とともに詳細な変更が行われたのかもしれません。
また、5インチ級のほかに、5.7インチあるいは5.5インチのいわゆる “ファブレット” に属するiPhoneも登場するという噂がありますが、今回それについては言及されていません。

筆者の個人的な見解としては、より大型化した6インチ級の端末が出るにせよ出ないにせよ、初めに登場するのは5インチ級の端末であると考えています。

もし、今回の情報が正確であるとすれば、決定したデザインのiPhone 6のパーツが流出する可能性があります。端末の大きさも注目点の一つですが、iPhone 6は2年ぶりにデザインの変更が行われる可能性が高く、ユーザーにとっては重要なポイントであると言えます。個人的にも大きく気になるところですが、はたしてどんな外観になるのでしょうか。















【2014/01/23 20:06】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
マー君、ヤ軍と7年160億円超で合意 メジャー史上アジア人最大契約
 ポスティングシステムの新制度を使って大リーグ移籍を目指す楽天の田中将大投手(25)がヤンキースと7年1億5500万ドル(約161億5千万円)で合意した、と米スポーツ専門局FOXスポーツのケン・ローゼンタール記者が自身のツイッターで伝えた。



 日本人大リーガーではヤンキースのイチローがマリナーズ時代に結んだ5年9千万ドル(約93億8千万円)を大きく上回っただけでなく、今オフにレンジャーズと7年1億3千万ドル(約135億5千万円)合意した韓国人外野手の秋信守を抜いてアジア人最大の契約となった。

 またメジャー投手では、ドジャースのカーショーの7年2億1500万ドル(約217億5800万円)、タイガースのバーランダーの7年1億8千万ドル(約187億6千万円)、マリナーズのヘルナンデスの7年1億7500万ドル(約182億4千万円)、ヤンキースのCCサバシアの7年1億6700万ドル(約174億円)に続く、史上5番目の規模。他球団へ移籍した右投手では史上最大の契約となり、メジャーで1球も投げていない投手に対して超破格の条件となった。

 田中争奪戦にはヤ軍のほか、ダイヤモンドバックス、カブス、ドジャース、ホワイトソックスなどが参戦。ローゼンタール記者によると、田中側が4年目終了後に契約を見直すために残り3年を破棄できる条項が盛り込まれているという。

 24勝無敗と大活躍だった昨年の田中の登板日には、ビジター、ホーム問わず、ほとんどの試合にヤンキースのスカウトが視察に訪れていた。















【2014/01/23 07:08】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新型Mac mini、来月中に発売見込み Haswell搭載
MacRumorsは22日(米国時間)、ベルギーの小売店ComputerStore.beのオンラインショップ上に、新型Mac miniが掲載されていると伝えています。

このページは新型に備えたプレースホルダ(とりあえずの確保ページ)であるとみられていますが、ユーザーが同店に問い合わせた限りでは、信頼できる情報筋から得られた情報として掲載しているとのことです。なお、正確な発売日については不明であったものの、2月終わりまでには販売されるとの見方を示しています。



新型Mac miniには、インテルの第4世代プロセッサ(Haswell)が搭載されるとみられており、内臓グラフィック機能の強化が期待されます。Mac miniはコンパクトさと低価格を両立させるために内臓グラフィック専用となっているだけに、今回の変更はMac miniユーザーにとっては待望といってもよいものです。

他には、正式規格となった無線LAN「802.11ac」やThunderbolt 2、ギガビットイーサーへの対応が見込まれています。

Mac Proは大幅なデザイン変更を遂げましたが、Mac miniは2010年モデルでデザインを刷新しており、今回のアップデートでは大きな変化はないとみられます。


[MacRumors]














【2014/01/23 06:44】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
iPhone 6、今年3月には量産開始か ―iPhone 5sと同じ解像度に
PocketNowは20日(現地時間)、中国語サイトdigi.tech経由の情報として、iPhone 6は4.7インチを有し、まもなく量産が開始されると伝えています。この情報は、Motorola製「Moto X」についての情報を予測した実績のある中国のアナリスト、Sun Chyang Xu氏によるもの。

情報によれば、米アップルは来月早々にも試験生産を、問題がなければ3月にも量産を開始するとのこと。iPhone 6の解像度はiPhone 5と同じ1136×640になるとしており、解像度の上がった5.7インチモデルは今年後半に登場するとしています。


非公式コンセプト

この情報が正しければ、ドット数が変化していないにもかかわらず画面サイズが大きくなっているため、iPhone 6はRetinaディスプレイでは “なくなる” 可能性があります。
また、3月に量産を開始するとなると、6月ごろに開催されるアップルの開発者向けイベント「WWDC」でお披露目される可能性が高そうです。

筆者個人の見解としては、今回伝えられた端末はさらなる大画面化、あるいは端末のマルチ展開に備えた “緩衝材” にあたるものと思われます。iPhone 5sからほとんどスペックの変わらない、大きくなっただけの端末が6月に登場し、完全に刷新された端末が9月ごろ、5.7インチで登場すると予想します。その意味では、iPhone 6の名を関する製品が登場するのは今年後半かもしれません。

これまで報じられた事実が本当であれば、アップルの戦略は大きく変化していることがわかります。それが功を奏すのか、注目が集まります。


[digi.tech via PocketNow]












【2014/01/22 06:20】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「iWatch」はLG Display製の1.52インチプラスチックOLEDパネルを採用し、今年末に発売か?!
9 to 5 Macによると、Digital Daily(Googleキャッシュ)が、業界筋によると、LG Displayは2014年第3四半期(7~9月)から1.52インチのOLEDパネルの量産を開始し、そのパネルはAppleの「iWatch」に搭載される予定だと報じていたものの、その記事を削除していた事が分かりました。



また、「iWatch」は今年末に発売され、OLEDはプラスチックOLEDになり、LG Displayが独占的に供給するとのこと。

プラスチックOLEDは基板にプラスチック素材を採用しており、「iWatch」が同ディスプレイを採用する理由は、バックライトユニットを使う液晶ディスプレイよりも薄く、軽い為だそうです。

なお、記事が削除された理由は不明です。


















【2014/01/21 06:45】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ついに来た!Chromebookが日本上陸へ Acer C720近日発売
米グーグルが運営する公式オンラインストア「Google Play」において、Acer製のChromebook「Acer C720 Chromebook」が近日発売されることが明らかになった。この端末は、CES 2014でホワイト色モデルが発表されたばかりである「Acer C720P」の兄弟機種とみられており、米国などで販売されているモデルと違って内蔵ストレージ容量が32GBから16GBに抑えられている。



主な仕様としては、11.6インチで1366×768ドット表示に対応した液晶ディスプレイ、Intel Celeronプロセッサ、2GB RAM、16GB内蔵ストレージ、USB3.0×1基、USB2.0×1基、HDMI×1基。ネットワークはWi-Fiのみであり、802.11 a/b/g/n、Bluetooth 4.0に対応している。重さは1.25kg。

Chromebookは、グーグルが開発する独自OS「Chrome OS」を搭載したノートPCの名称であり、グーグルが提供するクラウドサービスと連携することで持ち味を活かすことが出来る端末。特にクラウドストレージである「Google Drive」と連携することで、実質無限大ともいえる膨大なストレージ空間を入手できるのも特徴だ。

他にも、グールはOffice系アプリとして「Docs」「Spreadsheet」「Presentation」を提供しており、文書作成・表計算であれば概ね利用可能。
日本では公官庁や一部企業のみに提供されていたChromebookであるが、今回の販売が実現されれば、ついにChromebookが日本上陸を果たすことになる。


[Google Play]














【2014/01/21 06:39】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
働く女性、20~30代で7割に 過去最高を更新
 総務省が12日に発表した2012年の就業構造基本調査によると、25~39歳の女性のうち働く人の割合が69.8%と過去最高を更新した。企業による女性の活用拡大や、家計を支える収入面の事情から子育て世代も離職せずに働き続ける傾向が強まっている。日本経済の持続的な成長には女性の活用が重要。女性にとってより働ける環境の整備が必要といえそうだ。



 調査は5年ごとに実施。全国約47万世帯の15歳以上の約100万人を対象に昨年10月1日現在の就業形態などを調べ、全体の状況を推計した。

 働き盛りにあたる25~39歳の女性の有業率(仕事をしている人の割合)は66.8%だった07年の前回調査から3ポイント高まった。この年代の女性は結婚や子育てを機に仕事を離れることが多く、前後の20代前半や40代以降よりも有業率が低くなる傾向があった。15~64歳の生産年齢人口でみても、女性の有業率は07年より1.4ポイント高い63.1%と過去最高だった。

 日本の女性の有業率はグラフにするとアルファベットの「M」の形に近く、「M字カーブ」といわれる。12年の調査ではくぼみが小さくなり、M字カーブの印象が薄まった。従来は30~34歳で有業率が最も低くなっていたが、晩婚化が進んだことにより12年は35~39歳が最低になった。

 「日本は女性が働く文化をつくれば経済に大きなプラスになる」(国際通貨基金のラガルド専務理事)との指摘は多い。日本のM字カーブを解消すれば女性の労働力人口は342万人増え、7兆円程度の雇用者報酬総額が創出されるとの試算もある。女性の働く意欲の向上や企業による女性の活用拡大は日本経済を再生する有力な手立てだ。

 働く女性の増加には別の要因もある。夫の年収別に妻の有業率を見ると、夫が250万~299万円の世帯で妻の有業率が65.8%と最も高い。夫の収入だけでは家計を賄いにくい実態も浮かぶ。こうした世帯では妻の雇用が正規ではないパートが多く、女性の非正規比率を押し上げた。

 正規でも非正規でも働く女性が増えれば、家計の所得が増えて消費を喚起する。ただ、女性が希望に沿う働き方を選択したり、企業が女性の能力を生かしたりする環境整備は道半ばだ。三菱総合研究所の武田洋子チーフエコノミストは「社会全体で女性の能力を生かすには、専業主婦を優遇するような配偶者控除など、就業の意欲をそぐ税制や社会保障制度を見直すべきだ」と指摘する。

 15歳以上の有業者数は6442万700人で、男性が3674万4500人、女性が2767万6200人だった。それぞれ07年から3.7%、0.5%減った。

 業種別にみると、医療・福祉が711万9400人と、19.5%増加した。有業者に占める比率も9%から11.1%に拡大した。大半の業種の有業者数が減るなか、高齢化社会に伴い雇用の裾野が広がっている。

 有業者のうち企業などに雇われている人の割合は83.1%と、07年から2.4ポイント高まった。雇う側の企業などの役員の割合は5.4%となり、0.7ポイント縮小した。


日経新聞













【2014/01/20 06:23】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
米アマゾン、注文前に商品出荷するサービス検討中
米ウォール・ストリート・ジャーナル系「Digits」は17日(現地時間)、米アマゾンが取得した特許からの情報を元に、同社が「顧客が商品を購入する前に、商品を出荷するサービス」を検討していることが明らかになりました。もはや何を言っているのかサッパリ分からない…といった状況ですが、配送速度にこだわるアマゾンはかなり本気のようです。


米国特許庁

具体的には、ユーザーが商品を閲覧していた時間やマウスカーソルの滞在時間(例えば、購入ボタンなどの上で押すか・押さないかで迷っていたなど)、過去の購入履歴を元に「購入する可能性が高いか否か」を判断。まさにビッグデータの有効活用ともいえる仕組みを通じて、先読みで商品を出荷してしまおうというものです。なお出荷については、ユーザーが居住する最寄りのハブ(拠点)かトラックとなっています。

日本でもアマゾンの倉庫が増えるに伴い、大型商品やニッチ商品において「お急ぎ便」の効果が薄れつつあります。例えば、首都圏在住者が西日本に在庫がある商品を注文する場合、お急ぎ便であっても翌日配達といった状況が多発しており、ユーザーからは不満の声が挙がっていました。

仮に上記のシステムが採用されれば、在庫を流動的に動かしてお急ぎ便の効果を高める事が可能です。もちろん、推測の精度が極めて高いことが前提条件となり、精度が低ければ低いほど輸送コストがかさむだけに諸刃の剣そのもの。しかし、国土の広い米国ではハブ間輸送が日本以上に課題になっていると思われるだけに、今回のシステムがもたらす効果は大きいのではないでしょうか。

近い将来、注文してから30分で届く未来が訪れるかもしれません。


[WSJ]
















【2014/01/19 05:39】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
米グーグル、スマートコンタクトレンズ計画を発表 ―まずは医療用から
米グーグルは16日(現地時間)、スマートコンタクトレンズを開発していることを明らかにしました。


Credit : Google Official Blog


コンタクトレンズは2層構造のソフトコンタクトにセンサーとチップ、そして無線通信用のアンテナを挟んだ構造となっています。

このコンタクトの目標は、糖尿病患者の負担軽減です。センサーが涙に含まれるグルコースを測定し、使用者(患者)の血糖値を監視してくれる機能を持っています。これまでの血液検査と比べると、その簡便さは言うまでもありません。また、コンタクトレンズにLEDを仕込むことで、使用者に直接視覚的に危険を報せることができるよう開発を続けているとのこと。

技術としてはまだ初期段階で、今回発表したものもあくまでプロトタイプですが、すでに複数の臨床試験を実施しており、近い将来の製品化に期待できます。またグーグルはすでにFDA(米国食品医薬品局)と認可に向けた話し合いを開いており、実用化に向けて着々と準備を進めているようです。

さて、今回新たなスマートコンタクトレンズを開発したのは、「Google X」と呼ばれる、グーグルの中でも最先端の技術を研究する部門です。そのメンバーの中には、スマートグラス計画の代表・Google Glass の発表当初からプロジェクトに関わってきたBabak Parviz 氏の名もあります。同氏はかつて、ワシントン大学で多機能コンタクトレンズの研究をしており、6年前にはLEDを敷き詰めたコンタクトレンズ型ディスプレイを試作しています。

そんな頼もしいメンバーが名を連ねるグーグルのスマートコンタクトレンズ計画、まずは医療用としてのスタートを切ることになります。しかし、そのうち多くの機能を搭載できるほどに技術が進歩すれば、「着けているのが気にならない」ウェアラブルデバイスが誕生するかもしれません。













【2014/01/18 06:38】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ロマゴンがL・フライ級王座を返上

ゴンサレス

 WBA世界L・フライ級“スーパー”チャンピオン、ローマン“チョコラティート”ゴンサレス(ニカラグア)が14日(日本時間15日)タイトルを返上。今後3階級制覇を目ざし、フライ級王座をターゲットすることを明かした。ゴンサレス(37勝31KO無敗)は2010年日本でフランシスコ・ロサス(メキシコ)を2回KOで下し、WBA世界L・フライ級王者に君臨。その後スーパー王者に昇格した。

 ゴンサレスは昨年11月、日本でノンタイトル戦を行い、オスカル・ゴンサレス(メキシコ)に2回TKO勝利。現地ニュースではゴンサレスは3月にリング復帰を希望しており、フライ王者の標的トップに八重樫東(WBC)、第2候補にフアン・カルロス・レベコ(WBA)を挙げている。















【2014/01/17 06:13】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
5.5インチiPhone 6は、フルHDディスプレイを搭載か ―DisplaySearch調査
Apple Insiderは14日(現地時間)、DisplaySearchの調査予測として、米アップルの次期フラグシップスマートフォン「iPhone 6」には5.5インチのフルHD(1920×1080ドット)ディスプレイが搭載されるかもしれないと伝えています。

また、腕時計型デバイス「iWatch」には320×320ドットのフレキシブルAMOLEDディスプレイが搭載されるとのこと。大きさは、1.3インチと1.6インチの二種類で、それぞれの画素密度は348ppi、278ppiになるとしています。

さらに、未発表の12.9インチiPadには2732×2048ドットディスプレイが搭載される可能性があるとのこと。



なお、次期iPhoneは、5.5インチに比べて少し小さな4.7インチのものも登場すると噂されており、同端末の解像度は1600×900ドットになると以前伝えられています。

これらの情報が正しいとすると、今までのアップルの方針とはうってかわって、解像度の種類が大幅に増すことになります。一方、アスペクト比はほとんど変化はなさそうです。iOS 8で仕様変更が行われるのかもしれません。

そもそもiPhoneを2モデル発売する、ということ自体が異例と言えば異例ですが、昨年iPhone 5sとともにiPhone 5cが併売されたことを考えると、あながちないとも言えません。アップルの方針転換は唐突に…ということです。

気になるのは端末の内容ですが、2モデルのスペックや機能に差異はあるのか注目されます。また、実質的に廉価版として扱われたiPhone 5cの後継機種が、伝えられている4.7インチのものなのか、それともほかに存在するのかも気になるところです。

iPhoneは例年通り9月頃発表されると予想されています。スマートフォンの機能やスペックが横並びになるなか、アップルはどの点を訴求点として打ち出すのでしょうか。


[Apple Insider]













【2014/01/16 06:26】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
協会けんぽ、0.17ポイント上げ 介護保険分
中小企業の社員約2000万人が加入する全国健康保険協会(協会けんぽ)は14日、2014年度の介護保険料率を前年度比0.17ポイント引き上げ1.72%にすると発表した。医療の保険料率は10.0%に据え置くが、国費による支援策がなければ引き上げを迫られていた計算だ。介護・医療ともに企業や従業員が負担すべき保険料は上昇傾向が続いている。

 労使が折半する保険料は、加入者の収入の標準額に保険料率をかけて算出する。介護では今回の保険料率上げで、保険料の年額は加入者1人当たり6万9636円となり、前年度比6882円増える。

 医療保険では、国は協会けんぽの保険給付費などへの国庫補助率を本来の13.0%から16.4%に引き上げている。10年度からの措置で、補助総額は年間収入の約14%にあたる1兆2000億円になる。

 協会けんぽは、引退した高齢者の医療への拠出金が支出の4割を占め、赤字構造の主因となっている。同けんぽは、国や大企業健保の支援策を拡充するよう要望しているが、財政難の国は慎重姿勢だ。大企業健保も支援拡大に伴う負担増を警戒し、反発姿勢を強めている。

日経新聞














【2014/01/15 06:25】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
健保、料率上げ相次ぐ 富士フイルムや三菱電機 高齢者医療負担に
 大企業の会社員が加入する健康保険組合が相次ぎ医療の保険料率引き上げに動く見通しだ。2014年度は富士フイルムホールディングスや三菱電機などの健保が引き上げる見込み。高齢化を背景に高齢者医療制度に対する支援金の負担が膨らむ。健保全体の平均保険料率は13年度に過去最高の8.6%となったが、14年度はさらに上昇する見通し。企業収益や家計を圧迫する要因となりそうだ。

 健保組合は企業が単独または同業などと設立する。保険料は加入者の収入の標準額に保険料率をかけて算出し、原則、従業員と企業が保険料を折半する。従業員やその家族の医療費を給付する。

保険料率引き上げを検討する主な健保
単位%。カッコ内は2013年度の保険料率

企業 14年度の保険料率
富士フイルムHD 約8.6(7.1)
フジクラ 約9.5(8.5)
三菱電機 8.3(7.8)
スズキ 引き上げを検討(8.2)
キリンHD引き上げを検討(8.0)

 健保組合全体では13年度、保険料収入から支出を差し引いた経常収支が6年連続で赤字(健康保険組合連合会調べ)となり、赤字額も4500億円を超える見込み。約1400ある健保組合の8割超が赤字の状態だ。特に08年度から後期高齢者医療制度で、75歳以上への医療給付費の約4割を現役世代が支援することになり、財政が厳しくなった。各健保は経常赤字になると積立金を取り崩したり、料率引き上げで対応する。
 富士フイルムの健保は14年度に保険料率を7.1%から8.6%に引き上げる計画。これまで準備金の取り崩しなどで支出増に対応してきたが、それも底をつき、14年度は料率引き上げに動く。

 フジクラは8.5%から9.5%程度への引き上げを検討中だ。三菱電機は8.3%へと0.5ポイント上げる見通し。キリンホールディングス傘下のキリンビールやスズキも、それぞれ引き上げの検討に入っているようだ。

 例えば年収500万円の加入者では、折半負担で保険料率が8%から9%に上がると単純計算で年間の負担は2.5万円増の22.5万円となる。企業も従業員1人あたり同額の負担が増える計算となる。

 13年度は全体の約4割にあたる557組合が料率引き上げに動いた。「14年度も料率を引き上げる動きがさらに広がりそうだ」(健康保険組合連合会の霜鳥一彦理事)という。

 料率引き上げ以外にも、赤字額抑制のため、各健保は資産の売却などでコスト削減に力を入れている。東芝は14年3月末に、5施設ある保養所のうち3施設を閉鎖する予定。三菱電機も、現在2カ所ある保養所を維持するかどうかについて検討に入る。


 他にも多くの健保組合が保養所の売却や給付の適正化、福利厚生メニューの見直しなど支出削減策に着手している。ただ「自助努力による支出の節減余地はなくなりつつある。給付や高齢者への納付金増を賄うのは難しい」(大和総研の佐井吾光氏)のが実情だ。

 高齢者医療費を賄うための支援金については、中小企業の社員などが加入する全国健康保険協会(協会けんぽ)の負担を軽減。一方、大企業の健保ほど負担を重くする制度を全面的に導入することも議論されている。だが、これ以上、負担増が続けば、財政悪化で解散を迫られる組合が出てくる恐れもある。

 企業が給与以外に負担する従業員関連の費用として年金もある。だが株高を追い風に13年4~9月の運用利回りは5%弱のプラス(格付投資情報センター)と負担増に歯止めがかかりつつある。増加が続く健保負担への対応が企業の課題として浮上している。



日経新聞











【2014/01/15 06:23】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Dropbox、先日の大規模障害の原因はメンテナンス時のトラブルであった事を発表 ー ユーザーのファイルには問題なし
昨日、オンラインストレージサービスの「Dropbox」で長時間に渡り障害が発生し、一時的にアクセス出来ない状況となっていましたが、本日、同社が今回の障害の原因は、サーバのOSのバージョンアップ時に実行したメンテナンス用スクリプトにバグがあった為だった事を発表しました。



メンテナンスは米国時間の1月10日午後5時半に行われ、その約1時間後である午後6時40分頃に障害が発生し、完全に復旧するまでに約2日かかりました。

なお、障害の原因がハッキングなどではないかとの憶測も一部で流れましたが、ユーザーのファイルについては特に問題はないとのことで、今後の対策としてチェックの厳密化や復旧の迅速化を行う事も発表しています。














【2014/01/14 06:31】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
谷原8位、今田は20位 米男子ゴルフ最終日

最終ラウンド、ホールアウトしギャラリーの声援に応える谷原秀人。通算10アンダーで8位(13日、ワイアラエCC)=共同

 【ホノルル(米ハワイ州)=共同】米男子ゴルフのソニー・オープンは12日、ハワイ州ホノルルのワイアラエCC(パー70)で最終ラウンドが行われ、首位と3打差の6位で出た谷原秀人は4バーディー、3ボギーの69で回り、通算10アンダー、270の8位だった。

 今田竜二は5バーディー、1ダブルボギーの67とスコアを伸ばし、通算9アンダーで20位。63をマークした前日4位のジミー・ウォーカー(米国)が今季2勝目を挙げ、優勝賞金100万8千ドル(約1億400万円)を獲得した。1打差の2位はクリス・カーク(米国)だった。













【2014/01/13 16:39】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ