SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
NASA、715個の新惑星を太陽系外に発見 

宇宙望遠鏡「ケプラー」=NASA提供



生命存在の可能性がある惑星


(CNN) 米航空宇宙局(NASA)は26日、宇宙望遠鏡「ケプラー」の探査で新たに715個の太陽系外惑星が見つかったと発表した。一度にこれだけ多くの惑星発見が発表されたのは初めて。銀河系内でこの発表以前に確認されていた惑星は約1000個だった。

今回見つかった715個の惑星は、305個の恒星の周りを公転しており、95%は海王星よりも小型の惑星だった。海王星の大きさは地球の約4倍。

生命存在の可能性がある「ハビタブルゾーン」圏内の惑星も4個あった。大きさはいずれも地球の約2倍で、うち1つは太陽の半分ほどの恒星の周りを30日の周期で公転していた。

ハビタブルゾーンは、恒星との適度な距離があり、生命を支える液体の水が存在し得る圏内を指す。ケプラーはこの圏内と周辺にある地球型惑星の発見を目的として、2009年に打ち上げられた。今回の惑星はすべて、打ち上げから2年の間にケプラーが収集したデータを使って確認された。

探査には手当り次第に探すのではなく、惑星を持つ確率が高い恒星に的を絞って調べる新技術を利用。この技術によって、今後さらに惑星発見のペースが加速する見通しだという。

























スポンサーサイト
【2014/02/28 06:10】 | Muscle Blog | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「iPhone 6」は早ければ7月に発売される可能性も?!
StreetInsiderによると、みずほ証券のアナリストであるAbhey Lamba氏が、アジアや日本で調査した結果、次期「iPhone」は早ければ7月にも発売される可能性があると報告している事が分かりました。


【コンセプト画像 / image source:Martin Hajek氏】

また、同氏の調査では、Appleは複数のモデルを導入するとみられており、指紋センサー(Touch ID
)はより多くのアプリケーションをサポートし、次期iPadにも「Touch ID」が搭載されるだろう述べています。

更に、今年後半には「iWatch」(仮称)と次期「Apple TV」を発売する為に準備しているようだとも報告しています。


[via redmondpie]



























【2014/02/28 06:08】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヤフー、ECに続き宿泊予約「Yahoo!トラベル」でも手数料を無料に
 ヤフーは2月26日、宿泊予約サイト「Yahoo!トラベル」において、ヤフーと宿泊施設の間で直接契約するビジネスモデルを開始し、宿泊施設からのシステム利用料(成約手数料)を無料にすることを発表した。同日より、宿泊施設向け掲載プランの申し込み受付を開始し、夏をめどに新生「Yahoo!トラベル」としてサービスを開始する予定。



宿泊施設向け掲載プランの申し込み受付を開始

 これまでYahoo!トラベルでは、宿泊予約事業者から提供を受けた宿泊施設情報を掲載し、予約成立ごとに事業者などから手数料を受け取る、アフィリエイト型のサービスを展開してきたが、宿泊施設がかかえる負担を軽減すべくシステム利用料の無料化を決めたとしている。

 新たに開始する直販ビジネスでは、宿泊事業者のサイトへの集客を目的に、Yahoo!トラベルからの外部リンクを開放する。なお、リンク設置に対して料金は発生しない。またユーザーは今後、Yahoo!トラベルを利用すると5%以上の「Tポイント」が付与されるようになるという。

 ヤフーは2013年10月に“eコマース革命”と題して通販サイト「Yahoo!ショッピング」とオークションサイト「ヤフオク!」のストア出店料の無料化を発表。また、ネット予約の領域でも、同年10月に新サービス「Yahoo!予約」を開始し、第1弾としてサービス利用料を無料にした飲食店予約サービスを開始している。同社では「国内宿泊領域にも“予約革命”を起こすべく、本発表にいたった」と説明している。
























【2014/02/27 06:16】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ソフトバンク、LINEの買収を検討中か ―ブルームバーグ報道
ブルームバーグは25日、ソフトバンクがLINE株式会社の株式取得を目指していると、複数の関係者からの情報として報じた。LINE株式会社は、企業名にもなっているメッセージサービス「LINE」のほか、ポータルサイト「livedoor」や「NAVERまとめ」を運営している。



現在LINEは韓国NAVERの完全子会社であり、株式公開がされていない。関係者のうち2人によると、LINEはソフトバンク以外の1社からも完全または部分買収の提案を受けており、これに伴って新規株式公開(IPO)の準備を遅らせているとのこと。パリに本拠を置く世界的金融グループBNPパリバによると、LINEの企業価値は最大149億ドル(約1兆5300億円)に上る。

ある関係者によると、ソフトバンクのCEOである孫正義氏は、株価取得についてLINE側と話し合ったとのことで、裏では既に駆け引きが行われているようだ。また別の関係者によると、LINEは年内の株式公開を目指していると話しており、適切な株価を設定するためにこれらの提案を吟味する時間が必要となるとのこと。ソフトバンクのような大企業からの買収公算が高まると、企業価値が一気に跳ね上がる可能性があるからだ。

今回の報道に関して、ソフトバンク広報室は「憶測についてはコメントしない」、LINEの親会社NAVERの担当者は「報道には根拠がない。われわれはソフトバンクとの協議を一切行っていない」とそれぞれ話している。

最近は、インターネットの大企業によるメッセージサービスの買収が相次いでいる。先週、Facebookがアクティブユーザー数4億を超えるメッセージングサービスの「WhatsApp」を買収したのは記憶に新しい。今月初めには、楽天がこれまた世界的なメッセージング・通話サービスの「Viber」を買収している。

VoLTEの開始が日本でも間近に迫っているなど、従来の電話からIP電話への本格的な転換が近付いている中、孫氏が動きだしている。この一件によって国内企業の動きが加速する可能性も大いにある。今後の動向に注目したい。
























【2014/02/26 06:13】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
次期iOSデバイスに採用か?! Broadcomが802.11ac/2×2 MIMO対応の新しいモバイル向けWi-Fiチップ「BCM4354」を発表
本日、Broadcomが、802.11acと2×2 MIMOに対応したモバイルデバイス向けの新しいWi-Fiチップ「BCM4354」を正式に発表しました。





「BCM4354」はデータスループットを倍増し、古い1×1 MIMOソリューションに比べシステム電源効率を約25%向上させ、Wi-Fiのカバレッジも最大30%向上させるとのこと。

なお、AppleのiOSデバイスやMacはBroadcomのWi-Fiチップを採用しており、次期iPhoneや次期iPadには同チップが搭載される可能性が高そうです。























【2014/02/26 06:10】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Apple、iOS 6と7のアップデート公開 SSL/TLS通信傍受の恐れ
 米Appleは2月21日、iPhoneやiPad向けのOSアップデートとなる「iOS 7.0.6」「iOS 6.1.6」を公開し、1件の脆弱性を修正した。また、「Apple TV 6.0.2」でも同じ脆弱性を修正している。



 同社のセキュリティ情報によると、今回のアップデートではデータセキュリティ関連の脆弱性を修正した。Secure Transportで接続の認証がチェックされず、SSL/TLSで保護されているはずのセッションのデータが傍受されたり、改ざんされたりする恐れがあった。

 この問題は、欠けていた認証チェックの手順を修復することによって修正したとしている。


アップデート概要
 iOS 7.0.6はiPhone 4以降とiPad 2以降、および第5世代のiPod touchが対象。iOS 6.1.6はiPhone 3GSと第4世代のiPod touchに対応する。Apple TV 6.0.2は第2世代以降のApple TVが対象となる。






















【2014/02/25 06:52】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10~17歳の子ども、スマホ割合急増…内閣府
内閣府が10~17歳の子どもを対象に行ったインターネット利用に関する2013年度の調査で、スマートフォン(スマホ)を含む携帯電話の所有率は前年度より4・7ポイント増の59・5%となったことがわかった。


 所有者のうち、スマホの割合が56・8%と前年度より20・8ポイントも増加した。

 保有する機種がスマホの子どもは、小学生で13・6%(前年度比6・0ポイント増)、中学生で47・4%(同22・1ポイント増)、高校生では82・8%(同26・9ポイント増)だった。スマホ所有者の51・1%は、スマホを使ってインターネットを1日2時間以上利用していた。

 有害サイトの閲覧を制限する「フィルタリング」機能の利用率はスマホと他の携帯電話合わせて55・2%(同8・3ポイント減)で、09年度の調査開始以降、初めて減少に転じた。フィルタリングの利用は、携帯電話所有者の66・7%に比べ、スマホは47・5%と低く、スマホを使う子どもたちの増加が影響した。

(2014年2月22日23時43分 読売新聞)





















【2014/02/24 06:27】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
村田、4回TKO勝ちで海外デビュー
村田、4回TKO勝ちで海外デビュー

 五輪金メダリストの村田諒太(28=三迫)が22日、中国マカオで開催されたトップランク社の「リング・オブ・ゴールド」に登場。73.4キロ契約8回戦でカルロス・ナシメント(36=ブラジル)と対戦し、4回43秒TKOでデビュー3連勝を飾った。

 この日の村田は上体の柔らかさを意識。体をふりながらジャブ、ボディブローをテンポよく繰り出していった。初回、ボディブローを決めたあとに右ストレートもヒット。スタートから実力の差を見せつけた。

 体格とパワーで上回る村田はジャブから右ストレート、ボディブローにパンチを散らし、次々とナシメントにダメージを与える。圧力を受けるナシメントは手数こそ出しているものの、効果的な攻撃につなげることができない。

 3回、村田の右アッパーがナシメントのアゴをとらえた。フラリと後退したブラジル人にラッシュを仕掛けると、ナシメントがロープにもたれかかるようにダウン。このラウンドでフィニッシュはならなかったが、4回早々、村田が強烈なワンツーの連打を見せたところで、主審が割って入った。村田はデビュー3連勝3KO。ナシメントは28勝23KO4敗。


金メダルの威力 ゾウ、メコンツェフともKO勝ち

 「リング・オブ・ゴールド」のキャッチフレーズがついたマカオの試合、村田以外にも2人のロンドン五輪金メダリストが登場し、それぞれ規定ラウンド内で試合を終わらせ白星を飾っている。

 この日の実質メイン・カードとして最後に行われたフライ級8回戦では、五輪2大会連続金メダルを獲得した中国の英雄、鄒市明(ゾウ・シミン)がタイのヨックトン・ゴーキアットジムを7回に3度倒してこの回2分9秒KO勝ち。コタイ・アリーナで声援を送った同胞フアンを喜ばせた。ゾウはプロ4戦目にして初のKO勝ちだった。

 またL・ヘビー級8回戦では、プロ2戦目のイゴール・メコンツェフ(ロシア)がアッパトン・ジャリトラム(タイ)を2回TKOで一蹴。スタートからタイ選手を圧倒したクールなサウスポーは2回、左ストレートであっさりダウンを奪うと、すかさず連打してレフェリー・ストップに持ち込んだ。



















【2014/02/23 06:57】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
NTTドコモ、次は食品宅配へ ―スマホからデリバリー注文
日本経済新聞は21日、NTTドコモがスマートフォンからデリバリー注文ができる「dデリバリー」を今春にも開始すると報じています。全国1万1200件以上の出前・宅配・デリバリーサービスに注文できる「出前館」と提携。スマートフォンの通信料と合わせて料金を支払うことが可能で、より気軽に宅配サービスが使えるようになります。



有機野菜の宅配、そして料理教室…。その次はデリバリーでした。NTTドコモの「総合サービス企業」への構想は、着実に進んでいるようです。

つい先日発表された「au Wallet」もそうですが、携帯電話の通信料金が決済サービスにどんどん結びついています。決済システムは、通信と同じくインフラに近い分野です。その意味では、通信キャリアが進出する分野としては親和性が高いのかもしれません。

端末のSIMフリー化も徐々に浸透していく中で、通信とは別の収益をどう確保していくのか、各社の大きな課題となっています。ソフトバンクのように「海外進出」といった別の方向を打ち出しているところもありますが、ドコモの方向性は一つの答え。ポイントは消費者・顧客にとって如何に良いサービスを “実行” するかというところにあると個人的には思いますが、果たしてどうなるのでしょうか。


[日本経済新聞]



















【2014/02/22 10:21】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スマートリングの登場も?米アップル、iPad周辺機器の可能性を広げる特許を取得
Apple Insiderは20日(現地時間)、米国特許庁が新たに公開した情報として、米アップルが磁石を使ったiPad周辺機器に関する特許を取得したと伝えています。
今回の特許は、iPadと「スマートカバー」の接続に使われている磁石の使い道を拡張し、様々な周辺機器を接続できるようにするもの。その種類は多様で、非常に汎用性の高いものになるとしています。

スタンドといったごく単純なものや、ペンタブレットやタッチパッドといった本格的なものまで。さらに、iPad同士の接続や、指輪型デバイス(スマートリング)を示唆する内容も公開されています。







仕組み自体はごく単純な今回の技術ですが、その汎用性には目を見張るものがあります。現在のスマートカバーを見ても、接続に関わる磁力はなかなかに強力。気軽にとりつけられ、かつ簡単には離れないアクセサリーは便利に使うことができそうです。

個人的に気になったのは、スマートリングらしき端末の存在。iPad上でスライドすることで、なんらかの操作ができるものとみられます。ただ、これも構造としてはごく単純なもので、スマートカバーの開閉と同じく本体の磁気センサーによって動作するもの。指輪は磁気に影響を及ぼすのみで、それ自体には特殊な機能は搭載されていないものと思われます。
しかし一方で、この指輪は単純で価格も安くなることが予想させるため、”慣れ” の意味でウェアラブルデバイスの普及を助ける一歩にはなるかもしれません。また、アップルはスマートウォッチ以外の着用端末も検討に入れている可能性があると考えられる事例とも言えるでしょう。

実用的で、すぐにでも実現できそうな特許ではありますが、今年中の登場はあるのでしょうか。


[米国特許庁 via AppleInsider]

















【2014/02/22 07:19】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
米アップルの腕時計端末iWatchは、今年後半に登場か ―フレキシブル有機EL搭載
9TO5Macは19日(現地時間)、中国紙China Times経由の情報として、米アップルが開発中の腕時計型端末「iWatch」にはフレキシブル有機ELディスプレイが搭載されると伝えています。また、DigiTimesによれば、台湾のタッチパネルメーカー「TPK」がiWatch用の部品を2014年後半に量産するとしています。


iWatch非公式コンセプト Credit:DESIGNERei

今年中には発売するだろうと予想されているiWatchですが、やはりフレキシブル・AMOLEDを搭載するのでしょうか。保護ガラスには3Dゴリラガラス、あるいはサファイアガラスが採用されるという噂がありますが、果たして真相は如何に。また、太陽光発電やワイヤレス充電は搭載されるのでしょうか。

使い道としては、医療向け・健康指向の機能がウリになるとこれまでに伝えられています。アップルがその道の専門家を続々起用しているとの情報もあり、ウェアラブルデバイスはまず、”健康” で開拓を始めるのかもしれません。

腕時計型端末としては最も注目を集めるiWatch。個人的にもその動向には注目していますが、アップルにとっては久々の新カテゴリー製品であるだけに、実際の訴求力がどこまで発揮されるのかは気になるところ。カッコいい、便利な製品が望まれます。




[DigiTimes] [China Times via 9TO5Mac]

















【2014/02/21 06:13】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
国際電話も30秒10円…スマホ向け楽天でんわ
楽天グループのフュージョン・コミュニケーションズは19日、スマートフォン向けの通話サービス「楽天でんわ」で国際電話サービスを始めた。


 日本から米国や中国、英国など32か国・地域に電話をかけることができる。通話料金は、距離にかかわらず30秒あたり10円と、国内通話と同じ水準に設定した。ただ、オーストラリア、フランス、スペイン、ロシアの一部の電話番号とは通話ができないほか、外国から日本に電話をかけることはできない。

 楽天でんわは、専用のアプリ(ソフト)をダウンロードすれば、スマホの電話番号を変えずに利用できる。

(2014年2月19日23時13分 読売新聞)

















【2014/02/20 05:44】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
米アップルの5.6インチ端末は、iPhoneではない新製品 ―サファイアガラス採用
EMSOneは19日、台湾サプライチェーン筋の話として、米アップルが今年2014年に発表を予定している5.6インチの新型スマートフォンは「iPhone」の名前を使わない可能性があると伝えています。これは、台湾紙「経済日報」が18日付けで報じたもの。


iPhone 6 非公式コンセプト

情報によれば、「iPhone 6」は既報通り、4.7インチに大型化するとしています。なお、ディスプレイ用のサファイアガラスについては、iPhone 6には搭載されず、5.6インチ端末に採用されるとのこと。

今回の情報が正しければ、5.6インチ端末はある意味で “新カテゴリー” の製品になるのかもしれません。斜め上の予想で「iPad nano」といった名前も考えられないわけではありませんが、ファブレットとして、なんらかの新名称がつく可能性が高そうです。

製品の名称が異なるとなると、気になるのはその製品の位置づけ。ただiPhoneが大きくなっただけでは、「新名称の説得力はない」と言われかねません。以前特許も登場しましたが、独自のスタイラスペンの採用など、ファブレットであるからこそ活かせる機能の搭載が期待されます。

なお、サファイアガラスは4.7インチのiPhone 6には採用されず、今回伝えられたファブレット端末には搭載されるとしています。この情報が意味するところは、発売順か、それともパーツの供給量の問題か。技術的にはそれほど差がないものと見られるため、どちらかである可能性が高そうです。



[EMSOne]















【2014/02/20 03:55】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「iMac」に続き、「MacBook Pro/Air」シリーズも早ければ5~6月にアップデートか?!
先日、Intelの次期デスクトップ向けCPU「Haswell Refresh」が4月に投入されることから、次期iMacは早ければ5~6月にも発売されるかもしれないとの予測をお伝えしましたが、「Haswell Refresh」はデスクトップ向けだけでなく、モバイル向けも同じ4月に投入される予定である事が分かりました。




「Haswell Refresh」のモバイル向けがどのようなラインナップになるのかは不明ですが、「Haswell Refresh」の次の世代のCPUである「Broadwell」の投入時期は2014年第3四半期から第4四半期に遅れるとの情報もあり、「iMac」及び「MacBook Pro/Air」シリーズとも「Broadwell」の投入を待つと約1年間、場合によっては1年以上もモデルチェンジが行われない事になる為、「iMac」及び「MacBook Pro/Air」シリーズとも今夏までにマイナーアップデートが行われる可能性が高そうです。



【image source:VR-Zone】



















【2014/02/19 06:07】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大型iPadの投入は来年、今年はiPad Airのみアップデートされると著名アナリストが報告


やっぱり大型iPadの登場の有無が気になります。

昨年はiPad AirやiPad mini Retinaモデルなど、新型iPadが大豊作でした。しかし、これまで数々のアップル製品の噂を的中させてきたKGI証券のミンチー・クオ(Ming Chi Kuo)さんによると、「今年はiPad Airのみアップデートされ、大型iPadや新型iPad miniの投入は来年になるかもしれない」と報告しています。

彼の報告は大型iPadからiPad 2まで多岐にわたっているので、下にまとめてみたいと思います。

・新型iPad Air
新型iPad Airは2014年Q3(7月~9月)の終わりにアップデートされ、次世代のA8プロセッサや指紋認証機能を搭載。

・新型iPad mini
新型iPad miniが今年に投入される可能性は低い。理由はiPad Airが人気なことやアップルがその他のデバイスの開発で忙しいこと、さらに現行モデルのiPad mini Retinaモデルが十分なスペックを備えているため、今年に新モデルを投入する必要がないため。

・大型iPad
12.9インチディスプレイを搭載した大型iPadは今年は投入されず、もし今年投入されたとしても出荷量は限定的なものになる。理由は、アップルのソフトウェア開発チームが大型iPadの開発よりもiWatchの開発に力を入れているため。

・第4世代iPad
第4世代iPadは2014年のQ1(1月~3月)に生産が再開。

・第2世代iPad
iPad 2は2014年のQ1(1月~3月)に生産が終了。

今回の報告が事実なら、今年のiPadのアップデートは少なめなのかな? 確かに昨年登場したiPad AirやiPad mini Retinaモデルはめちゃ力の入った製品でしたので、 今年は一休みしたくなる気持ちもなんとなくわかる気がします。それに、今年はiWatchかもしれない新カテゴリーの製品を投入すると宣言してますしね…。 うーん、果たしてどうなるんでしょう?


[9To5Mac]














【2014/02/18 06:11】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ロマゴン6回TKO勝ち、次戦は4.6日本

ゴンサレス

 3階級制覇を目指すWBC世界フライ級1位ローマン“チョコラティート”ゴンサレス(ニカラグア)が15日(日本時間16日)メキシコ・チアパス州タパチュラでノンタイトル10回戦を行い、フアン・カントゥン(メキシコ)を6回TKOで下した。タイムは1分1秒。

 戦績を38勝32KO無敗としたゴンサレスは、早くも4月6日東京・大田区総合体育館のイベントに出場が決まっている。WBCフライ級王者の八重樫東(大橋)が挑戦者オディロン・サレタ(メキシコ)に勝てば、ゴンサレスとの対戦が実現する見込み。

 ゴンサレスと同じリングでは、日本で亀田大毅(亀田)とIBF世界S・フライ級王座を争い敗れたロドリゴ“ガト”ゲレロ(メキシコ=IBF・S・フライ級6位)が無敗だったWBOバンタム級2位ダニエル“バッドボーイ”ロサス(メキシコ)に7回TKO勝ち。初回にゲレロが激しい打撃戦を制した。タイムは2分26秒。















【2014/02/17 06:47】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
次期iMacは早ければ今年5ー6月にも登場か
「iMac」の現行モデルである「iMac (Late 2013)」はIntelの第4世代Coreプロセッサ(Haswell)を搭載し去年9月にリリースされましたが、次期iMacは早ければ今春にもリリースされる可能性が出てきました。



Intelは、次期デスクトップ向けCPU「Haswell Refresh」の発表を当初の5月予定から4月へ1ヶ月前倒しする予定で、「Core i7-4790」や「Core i5-4690」など約20種類がリリースされ、大きな変更はないものの、クロック数がそれぞれ100MHzアップされます。

「iMac (Late 2013)」には「Core i5-4430S/4570S/4570/4670」や「Core i7-4770S/4771」が採用されており、「Haswell Refresh」はそれらCPUの後継モデルになる事から、プロセッサのアップデートのみのマイナーチェンジになる可能性が高いものの、次期iMacは早ければ今春(5~6月)にも登場する可能性があります。



[via wccftech / PINUPS]















【2014/02/17 06:08】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「iOS 8」で搭載と噂の健康&フィットネストラッキングアプリ「Healthbook」のアイコン画像??
「iOS 8」には「Healthbook」と呼ばれる健康&フィットネストラッキングアプリが搭載されると噂されていますが、その「Healthbook」のアイコンかもしれない未確認画像が明らかになりました。

その画像が下記画像で、「Healthbook」の他に「Watch Utility」と呼ばれるアプリのアイコンも見えます。



ただ、9 to 5 Macは自身の情報筋から聞いている情報とは違うと述べており、このような画像はいくらでも作成出来てしまう事や、出所であるSonny Dickson氏の過去の実績からしても偽物である可能性が高いと思われますが…。


















【2014/02/16 07:05】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「iWatch」は光学センサーを用いて心拍数や血中酸素濃度などを測定可能に?!
MacRumorsによると、アナリストであるSun Chang Xu氏が、問題に精通したサプライチェーンの情報筋によると、「iWatch」は心拍数や血中酸素濃度などを測定可能な光学センサーを搭載するかもしれないと報告している事が分かりました。


(光学センサーを採用した心拍計付き腕時計「Mio Alpha」)

一部で「iWatch」で測定が可能になると言われているブドウ糖濃度ついては、測定の精度が非常に不正確である事から製品版には搭載されない可能性があり、心拍数と血中酸素濃度の測定機能が「iWatch」の特徴になるそうです。

光学センサーでの測定の仕組みは、皮膚に2つの光の波長を当てて測定する方法で、光の吸収率の違いから血中の酸素濃度を測定でき、酸素濃度は普通は指先や耳たぶでの測定になる事から手首での測定は難しいものとみられていますが、開発は不可能ではないとみられています。

また、心拍計付きスポーツ腕時計を販売するmioのCEOであるLiz Dickinson氏も、「iWatch」が同様の生体センサーを搭載するとしたら絶対に光学センサーを使用するだろうと考えているようですが、正確に測定するにはセンサーを皮膚に密着させる必要があり、同社の「Mio Alpha」は正確な測定を行う為に加速度センサーとノイズフィルターのソフトウェアが内蔵されており、Appleも同様の技術の一部を採用する可能性があるとのこと。















【2014/02/16 07:01】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
厚労省、非正規の有期雇用を最長10年に延長
 厚生労働省は14日、非正規労働者など働く期間が区切られた「有期雇用」の労働者の契約期間を5年から最長10年に延ばす方針を決めた。弁護士や公認会計士など収入の高い専門職に限って適用する見通しだ。関連法案を今国会に出し、成立を目指す。定年後の高齢者について5年の有期雇用の後に、有期の契約を更新して雇えるようにする規定も盛り込んだ。

 2015年4月の施行を目指す。現行法では企業が有期雇用の労働者を5年間同じ職場で雇用した場合、本人が希望すれば無期雇用に変えなければいけない。新しい法律には企業が一部の人材に関して有期雇用の労働者を雇いやすくする措置を入れる。例えば今の制度に基づく有期雇用なら5年後の19年までしか働けないが、新法の成立後は今から6年後の20年の東京五輪に向けたプロジェクトでも有期雇用で働けるようになる。

 最長10年まで有期雇用を認める対象の職種は、法成立後に決める。年収で1千万円以上などと制限をかける案もある。

 定年退職後の高齢者について有期雇用で5年すぎた後に、1年単位などの有期契約で改めて雇えるようにする仕組みは、企業が求めていた。高齢者が5年の期間後に無期雇用に変わると、企業はずっと雇い続けなければいけなくなる。企業側の事情で、5年たつ前に雇用をいっせいに止めるといった行為を防ぐ効果も見込む。

 5年の有期契約の見直しは、昨年、政府が進める「国家戦略特区」での規制緩和の一環として浮上した。ただ「全国一律でなければ、企業間で不公平になる」(厚労省)と反発が出て、特区ではなく全国で実施することになった。


日経新聞














【2014/02/15 06:15】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
米アップル、医学専門家ら続々起用で「iWatch」開発を本格化 ―「iPhone」6月発売説に疑問も
長らくその存在が噂されてきた米アップルの「iWatch(仮名)」ですが、どうやらその開発が本格化しているようです。Network Worldは13日(現地時間)、アップルがiWatchの開発に向けて生体医学やセンサー技術の専門家らを次々に雇用したと伝えています。


iWatchの非公式コンセプト画像

先日、アップルが次世代モバイルOSの「iOS8」に、新たに「Healthbook」という健康モニタリングアプリを搭載するだろうとお伝えしましたが、外部から起用された専門家らを中心にこのアプリの開発が着々と進められているようです。

Healthbookは、身体の健康測定などをウェアラブルデバイス側で行い、「iPhone」などの端末を用いて健康を管理するアプリであると予想されており、このウェアラブルデバイスが噂されているiWatchのことであると伝えられています。

Healthbookの開発には、医療テクノロジー分野で有名な “米マシモ社” の元CMO(最高医務責任者)兼医務部門上級副社長のマイケル・オライリー氏を中心に進められているとされています。
アップルは、オライリー氏に加えて同じくマシモ社で研究員を勤めた後に、医療用測定装置などを開発している米CercadorでCTO(最高技術責任者)を8年間勤めたマルセロ・マリ二・ラメゴ氏を今年1月に、生体医学アルゴリズムやデータ分析、バイオセンサー、システム生物学の専門家として、ニマ・ファードシ氏とラヴィ・ナラシマン氏を昨年11月と12月にそれぞれ雇用していたことが分かりました。

この他にも複数の医療関係の専門家や医療測定装置などの開発者らをアップルが続々と雇用していると伝えられており、今まさに開発が本格化している真っ最中であると言えます。

これら専門家らを起用することでiWatchに搭載が予想される身体測定機能としては、体温計や心拍数計など基本的な機能の他に、身体の詳細な動きの計測、皮膚の上から血液検査をすることができる機能など、既存の健康家電を超えたかなり専門性の高いものとなりそうです。




ここで、気になるのがiOS8の開発期間とiPhoneのリリース時期についてです。

噂されている次世代の「iPhone 6」は、今年6月にも発表されると伝えられていますが、iOS8の開発状況から見る限り、今年6月のリリースにiOS8は間に合わないものと予想されます。例年その年のiPhoneには、その年に更新される新しいiOSが搭載されて出荷されるため、アップルがこれまでの流れを無視して無理矢理新しいiPhoneを6月に投入するとは少々考え難いものがあります。

しかしながら、今年のiPhoneは大画面化された2機種が登場するとの情報があり、6月と9月にそれぞれリリースするとの見方もあるため、もしこれが本当であるとするならば、6月リリースの端末には異例ながら後からアップデートでの対応となる可能性があります。

もしくは、指紋認証を搭載しなかった「iPhone 5c」のように、アップルはHealthbookを必要としないユーザー向けにこれら新機能を排除したiPhoneの計画をしているのでしょうか。どちらにしても、新しいiPhoneは、新しいiOSに最適化されていて欲しいものです。

個人的にはこれまでの噂を踏まえた上で、例年通り今年9月に大型・薄型化されたiPhone 6が、さらに健康管理機能をプッシュした端末としてiWatchが共に発表されるのではないかと予想しています。

スマートウォッチは、ソニーや韓国サムスンなどがすでに発売していますが、その機能面から存在意義について問われることも多くあります。アップルには、これまでのスマートウォッチとはひと味違う存在感を期待したいところです。















【2014/02/15 06:05】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
バックライトが進化 ―iPhone6、6月に4.7インチサイズで登場か
LED技術を中心に扱う台湾メディア、LEDinsideは11日(現地時間)、業界筋の情報として、米アップルの次期フラグシップ・スマートフォン「iPhone 6」は4.7インチになり、バックライトの改善で軽量・薄型化されると伝えています。また、発売は例年よりも3ヶ月早い、6月になる可能性があるとしています。
情報によれば、現行のiPhone 5sのバックライトが0.6mmサイズであるのに対し、iPhone 6では0.4mmサイズになるとのこと。

なお、次期iPad(iPad 6)についても言及されており、これまでに挙がっている噂の通り、12インチ級の端末が登場するとしています。なお、これについてもLEDバックライトは改善され、現行の0.8mmタイプのものから0.6mmタイプのものに、サイズダウンされる可能性があるとしています。


iPhone 6非公式コンセプト

今回は少し意外な方面からの情報ではありますが、具体的な数値が出ています。iPhone 6が薄型化するとの噂は以前から伝えられていることもあり、一定の信憑性はありそうです。

「軽量化」についてもある程度の期待はもてますが、大画面化にともなって端末の重さ自体はiPhone 5sと比べて増加することが予想されます。ただし、端末の大きさに比べて軽くなる可能性は高そうです。

発売時期は6月であるとしていますが、これについては正直なんとも言い難いところ。毎年のように “6月 or 9月” のように情報が混在しているため、必ずしもそうであるとは言えなさそうです。

仮に6月であるとしても、発表までまだ残り4ヶ月。相も変わらず様々な情報がとびだしてきますが、果たして真実は如何に。


[LEDinside via BGR]















【2014/02/15 06:02】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
井上がWBC王者エルナンデスに挑戦、史上最短6戦目
東洋太平洋L・フライ級王者の井上尚弥(大橋)が4月6日の大田区総合体育館でWBC同級王者アドリアン・エルナンデス(メキシコ)に挑戦することが決まった。大橋ジムが13日、都内で記者会見を開いて発表した。



左から父真吾トレーナー、井上、八重樫、大橋会長

 日本、東洋を最短タイ記録で獲得した20歳のスーパールーキー井上がプロ6戦目で世界にアタックする。もし世界獲りに成功すれば、WBA世界L・フライ級王者の井岡一翔(井岡)が打ちたてた7戦目を上回る国内世界奪取最短記録だ。

 記者会見した井上は「記録となる6戦目で挑戦できることに感謝したい。必ず勝って恩返しをしたい」と決意表明。「12ラウンドをフルに動けるスタミナをつけて、スパーで調整して仕上げたい」と試合までのプランも口にした。

 王者エルナンデスは8日メキシコで4度目の防衛を成功させたばかり。わずか2ヵ月弱の試合間隔で日本に乗り込むあたり、井上戦への自信を感じさせる。エルナンデスについて井上は「長身でパワーもあって、けっこうファイターだと思う」と分析。試合間隔が短いことについて「僕のことをなめていると思う」とした上で「(エルナンデスは)決して打たれ強くはない。ヒットアンドアウェイをして、チャンスがきたときにしっかり仕留めたい」と試合イメージを語った。28歳エルナンデスの戦績は29勝18KO2敗1分。



4月6日に出場する左から拓真、尚弥、八重樫、細野、松本

 4月6日は八重樫と井上のダブル世界タイトルマッチ、ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)のフライ級10回戦のほかにも豪華カードが用意された。3度目の世界挑戦を目論む細野悟(大橋)は緒方勇希(角海老宝石)との日本フェザー級王座決定戦に出場。9勝8KO無敗のホープ松本亮(大橋)は元世界ランカーの久高寛之(仲里)とS・フライ級8回戦。井上の弟の拓真(大橋)はデビュー2戦目で世界ランカーと対戦する予定だ。試合の模様はフジテレビ系列で放送される。














【2014/02/14 06:25】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ついに登場!iPhone6の背面パーツらしき画像がリーク ―画面は大型に
Sonny Dickson氏は13日(現地時間)、大画面化するといわれている「iPhone 6」の背面パネルとされる画像を公開しました。同氏は、過去にiOS 7の画面デザインやiPhone 5sで登場した新色「スペースグレー」、そしてiPad Airのデザインを正確に・いち早く・大量にリークしたことで有名です。





これらの画像がプロトタイプなのか実際に採用される見通しの筐体なのかは不明ですが、画像を見る限り、iPhone 5/5sで採用されていた「ガラスと金属の組み合わせ構造」が廃止されていることがわかります。従来のiPhoneよりもさらにユニボディ化が進んでおり、よりMacやiPadなどに近いデザインにも見えます。また、穴の形状からデュアルフラッシュは継続して採用されるものと見られます。





また、Dickson氏は、「次期iPhoneは4.7インチと5.5インチの2種類が併売。フロント画面にはサファイアガラスが採用され、画面解像度が441ppiになる。」と伝えた9TO5Macのニュース(リンク)を支持しました。同記事では、従来サイズのiPhoneに対する需要は「5s」が引き受け、「5c」は製造を終了するとも伝えており、アップルの戦略は早くも元に戻るものと見られています。

これまでのリーク情報によると、iPhone 6は大型化するという見方が優勢となっています。今の大きさが片手で持つのにしっくり来るというのをアップル自身も売りにしていますが、それを覆してまで大型ディスプレイを採用するからには、画面の見やすさだけでなく、それ以上の価値や使い勝手にこだわって欲しいと思います。


これらの画像はレンダリングされたものであり、本物ではないことが明らかになりました(Dickson氏も認めている)ので、ここにお知らせいたします。


[@SonnyDickson(Twitter)][SonnyDickson.com]













【2014/02/14 05:47】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
iPhone6、指紋センサー内蔵ディスプレイを搭載か ―GalaxyS5も
韓国メディアThe Korea Heraldは11日(現地時間)、業界筋の情報として、米アップルと韓国サムスンはそれぞれ自社の次期フラグシップスマートフォンに「指紋センサー内蔵ディスプレイ」を搭載する可能性があると報じています。両端末ともに超狭額ベゼルのものになるとしており、技術的にはほぼ同等であるとのこと。

指紋はディスプレイの底面の右端、あるいは左端で認識することができるとしています。

なお、今年後半には技術的ハードルを超え、画面のどこでも認証ができるようになる技術が開発される見通しであるとのこと。


iPhone6 非公式コンセプト


Galaxy Sシリーズと GalaxyS6 非公式コンセプト

アップルのiPhone6は、例年通り9月ごろ発表されるという見方が大勢です。ディスプレイの大型化がほぼ確実視されているほか、サファイアガラスや太陽光発電、交換可能カメラレンズの搭載が噂されています。また、ソフトウェアとしてはアップル独自の決済システムや、ウェアラブルデバイス「iWatch」と連携して健康状態をモニタリングするアプリが登場する可能性があります。

サムスンのGalaxyS5は、今月スペイン・バルセロナで開催されるMWCに合わせたプレスイベントの中で発表される見通しで、WQHD(2560×1440ドット)の高解像度ディスプレイや約1600万画素カメラ、3GBあるいは4GBのRAMの搭載が噂されています。また、GalaxyS5からは同社独自UIである「TouchWiz」が刷新される可能性が有力視されています。

世界でも特に有力な2つのスマートフォンですが、偶然かはたまた世の流れか、向いている方向はほとんど一緒であるようです。ただ、先に登場するのはほぼ間違いなくGalaxyS5であるため、アップルはより完成度の高い端末を求められそうです。



個人的に気になるのは、指紋認証ディスプレイの耐久性。iPhone 5sではサファイアガラスの採用によってその耐久性を確保しましたが、今回報じられたディスプレイでは果たしてどうなるのでしょうか。

また、今回の新機能を利用するのであれば、保護フィルムを使うことはできなくなる可能性が高そうです。フッ素コーティングすることくらいは “もしかしたら” 可能かもしれませんが、「貼る派」は鞍替えする必要性がでてくるかもしれません。



[THE Korea Herald via MacRumors]

















【2014/02/13 06:32】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「iPhone 6」は4.7インチと5.5インチの2モデル構成で9月発表か?! 曲面ディスプレイは採用せず?!
本日、South China Morning Postが、次期iPhoneこと「iPhone 6」の試作機を見たという業界関係者によると、Appleは9月に4.7インチと5.5インチの「iPhone 6」を発表すると報じています。



「iPhone 6」のディスプレイはサファイアクリスタルガラスが採用され、ピクセル密度は「iPhone 5s」の326ppiより高い441ppiになり、「iPhone 6」の発売後も「iPhone 5s」は販売が継続されるものの、「iPhone 5c」は販売終了となるそうです。

また、一部で「iPhone 6」のディスプレイは曲面ガラスを採用すると言われていましたが、業界関係者は「iPhone 6」はフラットなディスプレイを搭載していると述べており、最終的なデザインの確定は4月になるとのこと。

これまでの情報をまとめるとディスプレイサイズが4.7インチと5.5インチになる事はほぼ同じ内容で報じられていますが、ディスプレイに曲面ガラスやサファイアガラスを採用する事については情報が二転三転しており、様々な試作機をテストしている事が予想出来ます。



[via 9 to 5 Mac]
















【2014/02/12 18:03】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
山中&長谷川、ダブル世界戦発表 4.23大阪城ホール
WBC世界バンタム級王者の山中慎介(帝拳)と元2階級制覇王者の長谷川穂積(真正)のダブル世界タイトルマッチが4月23日、大阪城ホールにセットされた。両選手が11日都内で記者会見して発表した。



健闘を誓い合う山中(右)と長谷川


 山中は6度目の防衛戦。挑戦者は同級3位のシュテファーヌ・ジャモエ(ベルキー)が選ばれた。元ヨーロッパ王者のジャモアは25勝15KO4敗の24歳。00年8月メキシコでWBCユースタイトルを亀田和毅(亀田)と争い1-2判定で惜しくも敗れている。

 山中はジャモエについて「好戦的で前に出てくる選手。最近は下がる相手だったけど、今度は前に出てくる相手なのでタイミングが合えばいいKOができると思う。もちろんKOを狙う」と早くも気合十分。ダブル世界戦については「自分がデビューしたころに既にチャンピオンだった長谷川さんと競演できることがうれしい」と喜びを口にした。

 その長谷川はバンタム級、フェザー級に続く3階級制覇をかけ、IBF世界S・バンタム級王者キコ・マルチネス(スペイン)に挑戦する。長谷川の世界戦はジョニー・ゴンサレス(メキシコ)にWBCフェザー級タイトルを明け渡した11年4月以来実に3年ぶり。ノンタイトル戦を4試合こなしてようやくチャンスをつかんだ。

 キャリア16年目を迎えた33歳は「とても長い3年だった。この3年をただの3年にするのか、意味のある3年にするのか。僕にとってはひとつの集大成となる」と決意表明。3度目の世界タイトル獲得を目指すことについては「ひとつ目は若さと勢い、2つ目は(亡くなった)母親のためだったので、3つ目は素直に自分がどこまで強いのか。マルチネス選手に挑戦して知りたいと思っていた」と語った。マルチネス(30勝22KO4敗)は2度目の防衛戦となる。

 興行にはこちらも3階級制覇を狙っている粟生隆寛(帝拳)も出場。日本の誇るサウスポー3選手がそろい踏みする。















【2014/02/12 05:24】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
火星に今でも水が存在? 米研究

今でも火星に水が存在する可能性があるという=NASA/JPL提供


(CNN) 米ジョージア工科大学の研究チームは11日までに、現在の火星に水の流れがあることをうかがわせる痕跡が見つかったとして、地球物理学の専門誌に研究結果を発表した。

太古の火星に水が存在していた可能性は以前から指摘されていたが、研究チームは季節によって火星の斜面に現れたり消えたりする黒っぽい筋のような跡を詳しく調べた。
火星の地表に塩水の流れと思われる筋のような跡があることは、NASA(米航空宇宙局)の探査機のデータを調べたアリゾナ大学の研究チームが2011年に発見し、科学誌サイエンスに発表していた。
当時アリゾナ大学の学生だったルジェンドラ・オジャ氏はジョージア工科大学の大学院に入学して研究を続け、この筋が繰り返し現れることが確認された13カ所について詳しく調べた。
その結果、火星の地表で季節ごとに水の流れが形成されているという説を裏付ける化学的根拠が見つかったとしている。水の流れと思われる筋は、暖かい季節になると形成され、地球時間で約2カ月間出現しているという。
火星に水が存在するとすれば、地表近くにあって塩分を含んでいると思われる。ただしこの説を裏付けるには、さらに研究を進める必要がある。
専門家によれば、たとえ火星に水があったとしても、硫酸鉄と呼ばれる物質を含んでいることから飲用には向かず、生命を支えることはできないという。




















【2014/02/12 05:22】 | Muscle Blog | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Apple、指紋センサー内蔵のベゼルレスディスプレイを搭載した「iPhone 6」の試作機をテストか?!
The Korea Heraldが、業界筋の話として、Appleは指紋センサー内蔵のベゼルレスディスプレイを搭載した「iPhone」の試作機をテストしているようだと報じています。




また、Samsungの次期フラッグシップモデルである「Galaxy S5」も同様のディスプレイを採用していると言われており、「Galaxy S5」は独自のパネル技術を用いる事から更に薄くなり、手袋をしたままでも操作可能な模様。

なお、ディスプレイに内蔵された指紋センサーは、現在のところディスプレイのどこをタッチしても指紋スキャンが出来る訳ではなく、ディスプレイの左右の端でのみスキャンが可能となっており、ディスプレイ全体で指紋スキャンが出来るようになるにはまだ技術的な問題があり、ディスプレイ全体での指紋スキャンに対応したディスプレイは今年後半まで利用可能になる予定とのこと。












【2014/02/12 04:58】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Apple、サファイアガラスを「iPhone 6」ではなく「iWatch」に採用か?!
AppleはGT Advanced Technologiesと提携し、米アリゾナ州でサファイア部品の製造を開始する予定で、そのサファイア部品は次期iPhoneこと「iPhone 6」のディスプレイに使用されるものとみられてきましたが、「iPhone 6」ではサファイアガラスは採用されず、サファイアガラスは「iWatch」で採用されるとの情報が出てきました。





台湾のサプライチェーンの関係筋によると、Appleは「iPhone 6」にサファイアガラスを採用する事に取り組んでいたものの、サファイアガラスを採用する事で(iPhoneの)価格が高くなってしまう事から断念し、代わりに「iWatch」にサファイアガラスを採用するとみられています。

なお、「iWatch」は2インチのディスプレイが特徴になるとのこと。



[via MyDriver / Apple Insider]













【2014/02/12 04:58】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ