SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
ソフトバンクの「Tポイント」切替はソンかトクか ―携帯ポイント
ソフトバンクモバイルとTポイント・ジャパンは28日、携帯電話の利用金額に応じて付与されるポイントについて、現行の「ソフトバンクポイント」から「Tポイント」に切り替えると発表しました。
切り替えの実施日は7月1日ですが、4月1日以降の新規契約者は先行してTポイントが利用できるとのこと。なお、既存の利用者が所有するソフトバンクポイントをTポイントに交換することはできませんが、既存のTポイントをソフトバンク携帯電話の料金支払いに使用することは可能です。




Tポイントは、全国110社・6万8734店舗が参加し、4811万人(アクティブ・ユニーク数)が利用する日本最大の共通ポイントサービス(2014年2月末現在)。

TSUTAYAやファミリーマートを始めとする各種店舗で利用できるほか、毎日新聞の購読やキリン自動販売機での購入などでもポイントを貯めることができます。

Tポイントの運営を手掛けるTポイント・ジャパンは、TSUTAYAなどを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)とソフトバンク子会社のヤフーの合同出資(それぞれ85%・15%)によって12年10月に設立された新会社。ヤフーが提供してきた「Yahoo! ポイント」は既にTポイントに統合されており(昨年7月より・過去記事)、Yahoo! ショッピングなどでポイントを貯めたり使ったりすることが可能になっています。

注目の付与割合は、これまでよりも低め(利用者にとって損)に

従来のソフトバンクポイントは、1000円(税抜)に対して10ポイント が付与され、1ポイント当たり1円(税抜)として支払いに利用することができました(消費税が加算されていない状態でポイント分を割り引き、その後税金を加算するというもの)。

それに対して、今後Tポイントで提供される割合は 1000円(税抜)に対して5ポイント。「1ポイント当たり1円」での利用は変わらないため、結果的にポイント還元率が半分になってしまったことになります。

なお、既存のソフトバンクポイントは7月以降も変わらず支払いに利用ができるため、6月までに慌てて使用する必要はありません。

ポイントを使いやすくなったのがGOOD

個人的な事情ですが、ソフトバンクポイントは機種変更の時に1度使ったきりで、使用先が狭く使いにくいと感じていました。それに対してTポイントは提携先が非常に多く、今回の変更における最大のメリットとなっています。やはり(従来のような)使いにくいポイントよりも使えるポイントの方が利用者にとってはありがたいものです。

還元率も他の提携店舗に比べて特に低いというわけでもなく、実際のところは大きなデメリットにならないと思われます。それどころか高還元率の店舗を多く利用するユーザーにとっては、Tポイントへの移行はむしろメリットになります。

関連会社のヤフーが出資するTポイントの導入を決めたソフトバンク。うまく制度の切り替えに踏み切れた背景には、CCCとヤフーが業務提携をした2012年当初から時期を伺っていた可能性もあると考えられます。















スポンサーサイト
【2014/03/31 05:47】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Mac Fanが公開した図面をもとに作られた「iPhone 6」の3Dレンダリング画像
これまでに数々の未発表のApple製品を想像したコンセプト画像を公開してきたデザイナーのMartin Hajek氏が、日本のMac Fanが2014年5月号に掲載していた「iPhone 6」の図面をもとに作成した3Dレンダリング画像を公開しています。
大きさから5.7インチモデルと予想され、バックカメラの形状などMac Fanの情報とは少し違う部分もありますが、図面を形にするとこんな感じになるようです。





なお、Mac Fanの情報によると、「iPhone 6」は4.7インチと5.7インチの2モデルで、「iPod nano (第7世代)」のように側面部分がR形状となっており、5.7インチモデルのバックカメラは「iPod touch (第5世代)」のように少し飛び出た形状になるとのこと。



(Macお宝鑑定団)















【2014/03/30 06:43】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「Office for iPad」の各アプリ、米App Storeのランキング上位を独占
本日、Microsoftが「Office for iPad」をリリースしましたが、「Office for iPad」の3アプリ(Word/Excel/PowerPoint)と「OneNote for iPad」が米App Storeの無料アプリランキングの上位4位までを独占した事が分かりました。



記事投稿時現在のランキングは、1位が「Word for iPad」、2位が「Excel for iPad」、3位が「PowerPoint for iPad」、4位が「OneNote for iPad」となっています。



[via MicrosoftNews]
















【2014/03/29 06:54】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
病院再編へ「持ち株」型 高度医療や介護を分担 新法人制度、政府が成長戦略に盛る
 政府は地域で複数の病院が連携して役割を分担しやすくする仕組みを2015年にも導入する。グループを束ねる持ち株会社のような法人を新設し、大学病院や公立、民間の各病院、介護施設などが傘下に入る。地域内で高度医療から介護まで提供できるようにする。資金調達や仕入れをグループでまとめて運営を効率化し、医療費の伸びを抑える狙いもある。




 新たな法人制度は、政府が6月の閣議決定を目指す成長戦略に盛り込む。年内に具体的な制度案をまとめ、医療法改正案を15年の通常国会に提出したい考えだ。

 厚生労働省によると、病院は全国に8565(12年10月時点)あり、人口あたりの数は米国の約3倍、ドイツの約2倍だ。日本は病院の約7割が200ベッド未満と中小病院が多い。

 これまでは高報酬を請求できる症状の重い急性期の患者を受け入れようと病院間で看護師を奪い合ってきた。めったに使わない高額な医療機器を近接する病院がそろって購入するなど非効率が目立った。都道府県単位でグループ化すれば病院は薬や医療機器などをまとめて仕入れることができ、コストが下がる。

 このため、持ち株会社の役割を果たす「非営利ホールディングカンパニー(仮称)」を新設。グループの経営方針を決め、経営企画や財務、人事などの組織・人員を集約する。医療法人や、特養ホームを持つ社会福祉法人を傘下に置き、医療・介護関連の企業へ出資もできるようにする。

 複数の病院が同グループに入り、急性期の病院、症状の安定した回復期の病院などと機能を分ければ、個々の病院が提供する医療サービスの質は高まる。急性期病院に入院した患者が安定すれば、グループ内の回復期病院を紹介できる。患者は必要な医療や介護を手がける病院や施設を地域内で選びやすくなる。

 新たな法人制度を活用した病院連携は、地域に医師を供給する大学病院を核としたグループ化がモデルになりそうだ。例えば中国地方で国立大学付属の広島大学病院が同じ地域の県立病院などと統合を目指したり、岡山大学が病院連携に力を入れたりしている。大学中心の病院のグループ化は米国が先行している。新たな治療や薬の臨床試験といった医療産業の発展に役立つ可能性もある。

 現在、医療法人が合併するにはそれぞれの医療法人が株主総会にあたる「社員総会」で原則、議決権を持つ全ての社員の同意を得なければならない。一人ひとりの医師などが議決権を平等に持っており、同意を得るのは難しい。新型法人では個人ではなくグループ内の病院が規模に応じて議決権を持つ見通し。大規模病院が主導権を握ることができ、民間、公立を問わず病院再編の機運が高まる可能性がある。

 現在、一般の医療法人では剰余金配当が禁じられている。新型法人ではグループ内で資金融通するための剰余金配当を認める。一般の病院や介護事業での稼ぎを高度医療などに回すことが可能になる。



日経新聞















【2014/03/28 06:57】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
速報:iPhone 6は9月発売 5.5インチ画面など2モデル展開へ
日本経済新聞は28日、米アップルの新型iPhone(通称:iPhone 6)が今年9月に発売されると報じている。また、今回からは画面サイズが2種類に増えるとしており、大・小違った展開になるとのこと。液晶ディスプレイはシャープ、ジャパンディスプレイ、LGディスプレイの3供給体勢。



日経新聞の見方によると、画面サイズは5.5インチと4.7インチの2種類。現行モデルのiPhone 5sは4.0インチであることを考慮すると、小型モデルであっても約0.7インチ大きくなることになる。

弊サイトでもお伝えしたように、ジャパンディスプレイは昨日27日に、5.5インチで2560×1440ドット表示に対応する液晶パネルを発表したばかり。アップルはiOS 7から、画面サイズ(ピクセル数)に応じて柔軟なボタン配置を実現する仕組みを取り入れており、昨年の段階からiPhoneの大画面化に向けて準備していたものとみられる。

日経新聞の情報では、液晶パネルの製造時期はいずれも4~6月期。現行のiPhone 5sよりも大幅に解像度が高まるとしており、先述の2560×1440ドット表示に対応した5.5インチ液晶パネルが採用される可能性もある。

iPhone 5sと同時発売したiPhone 5cは「発売する目的がわからない」「なぜ価格が安くないのか」といった声が挙がっていた一方で、iPhone 6シリーズにおける大画面化に備えたブランド戦略の一環なのではないかとする見方も存在した。

従来通りであれば、iPhone 6と同時に新OSである「iOS 8」がリリースされ、先行する形で6月頃に開催される開発者向けイベント「WWDC 2014」にてiOS 8のベータ版が開発者に披露される見込みだ。



[日本経済新聞]

















【2014/03/28 05:59】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
河野がデンカオセーンを8回KO! WBA王座返り咲き
WBA世界S・フライ級王座決定戦が26日、後楽園ホールで行われ、同級2位の河野公平(ワタナベ)が同級1位デンカオセーン・カオウィチット(タイ)に8回50秒KO勝ち。昨年5月に失ったベルトを取り戻した。王座は前王者リボリオ・ソリス(ベネズエラ)が体重超過によるタイトルはく奪で空位となっていた。



4回にダウンを奪い喜ぶ河野

 2階級制覇を目指す37歳のデンカオセーンと、王座返り咲きを目指す33歳の河野。序盤は河野が足を使い、デンカオセーンが追う展開。スピードで上回る河野はジャブと右ストレートをヒットさせ、パワーで勝るデンカオセーンはボディ攻撃とラフな右で河野に迫った。

 試合は動いたのは4回。デンカオセーンが右を出そうとした瞬間、河野が「高橋トレーナーとずっと練習していた」というカウンターの右を合わせると、タイ人は尻からキャンバスへ。ゆっくりと立ち上がったデンカオセーンを河野は攻めたが、フィニッシュできないと見るや再びアウトボクシングを徹底した。5回も足を使い、盛んに右を狙ってくるタイ人をいなし続けた。

 河野は後半に入っても足を使いながら、単発の右ストレート、ジャブをヒットさせるボクシングを続行。追いかけるデンカオセーンは7回に疲れが見え始めた。迎えた8回、デンカオセーンが一息ついた瞬間、河野のワンツーが炸裂。キャンバスにうつぶせに倒れたデンカオセーンは立ち上がれなかった。またしても世界タイトルのKO奪取に成功した河野は30勝13KO8敗。敗れたデンカオセーンは62勝26KO4敗1分。
















【2014/03/27 05:58】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
iPhone6は更に薄く?カメラモジュール大幅見直しで ―柔軟なセキュリティも
AppleInsiderは25日(現地時間)、米国特許庁が公開した情報として、米アップルが更に薄いiPhoneを実現する「2センサー式カメラ」の特許を取得したと伝えています。

同特許では、1つのカメラに2つのセンサーを使用。それぞれに役割を与え、片方では「輝度」を中心とした情報、もう一方では「彩度」や「カラー」の情報を撮影。これらの情報を組み合わせて1つの写真を完成させる仕組みです。

この仕組みを導入することにより、カメラモジュールの厚みが縮小。より薄いiPhoneの実現が可能になるとのこと。
さらに、センサーに役割分担をさせたことで写真のノイズを減らすことも可能になるほか、コストも小さく抑えることができるとしています。


Credit:AppleInsider

アップルは、セキュリティに関する特許も出願。地域情報に基づいた柔軟なシステムが実現できるとしており、自分の居場所によって、自動的に制限をコントロールすることが可能になります。

例えば、自宅にいるときはロック解除が簡単にできるよう、4桁の暗証番号のみに。外にいるときには指紋認証を必須とする、といったような設定が可能です。



また、アプリ別の制限も細かく設定できるとしており、メッセージアプリの起動はパスを必須にする一方、遊び用のアプリは制限なしに起動するなどといった使い方ができるとのこと。



[AppleInsider]















【2014/03/27 05:56】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
病院の「再入院乱用」防止 厚労省、ルール厳格化
 厚生労働省は4月から入院医療のルールを見直す。割高な入院費を得ようと、病院が患者に入院・退院を短期間に繰り返させる事例が多発しているためだ。再入院までの期間を長くしたり、受け入れ可能な症状を絞り込んだりして再入院を認める基準を厳しくする。患者負担を抑えながら、膨らみ続ける医療費に歯止めをかけ、病院から在宅医療への移行を進める。



 医療費は年40兆円近くあり、高齢化の進展に伴って1兆円規模で毎年膨らんでいる。入院費は全体の4割の15兆円。定額払いだけで4兆円程度に上っており、今回の見直しで数百億円の費用が抑制できるとみている。

 新ルールは診療報酬改定にあわせて実施。入院費の定額払い制度を利用する医療機関が対象だ。定額払いは2003年の導入後、全国に7500ある一般病院のうち1600近くに広がった。

 定額払いは手術料など出来高払いの部分を除き、入院直後の料金が高く、期間が長くなると安くなる。例えば肺炎で入院した場合、7日までは1日あたり2万7800円、14日までは2万円強、30日までは1万7千円台と下がっていく。

 ところが今のルールでは、退院から3日を超えると、入院直後の料金からやり直すことになる。

 厚労省調査によると、一時退院後1~3日以内に再入院したケースは年3万件。4日後の再入院は2万件、5日後は3万5千件と大幅に増える。入院初期の高い料金を目当てに患者を一時的に帰宅させ、再入院させる傾向が否めない。ルール見直しは、知らず知らずのうちに高い入院費を払っていた患者にとって費用負担が減る利点がある。

 新ルールでは再入院を認める基準を厳格化し、まず再入院までの期間を最低7日間空ける。7日に満たない場合、それ以前の入院が続いているとみなし、料金請求の仕切り直しを認めない。

 症状も絞り込む。現行ルールを使い、最初に患者を受け入れた症状と異なる症状にして再入院を繰り返す医療機関があるためだ。これまでは500超の症状で再入院を認めてきたが、18分野に絞り、病院による意図的な病名の書き換えを防ぐ。

 再入院が難しくなることで長期入院が本当に必要な患者までが排除される懸念も残る。厚労省は病院から在宅への医療体制のシフトを進めているが、在宅医療サービスを充実させる政策のバランスが問われている。

















【2014/03/26 07:09】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Amazon製スマートフォンは6つのカメラを持ち、触れずに操作ができるらしい…ってどういうこと?


アマゾンが出すからにはただのスマホじゃない!?

アップル製品に関して正確な予測を発表し続けているKGI証券のミンチー・クオ(Ming Chi Kuo)さんが、「アマゾン製スマートフォンには6つのカメラが搭載され、3~6ヶ月以内に登場するだろう」と報告しています。

6つのカメラって一体何に使うんでしょう? どうやら6つのカメラのうち、2つは背面と前面のメインカメラで、残りの4つはジェスチャーコントロール機能に利用されるんだそうです。この機能によって、なんと画面に触れずとも操作ができるようになるんだとか! まるでSF映画みたいですね!

クオさんによると、この一風変わったジェスチャーコントロール機能はユーザーにユニークな体験をさせ、他のスマートフォンと差別化するために搭載されるんだそうです。新機構によるユニークな体験、ぜひ味わってみたいです!

このアマゾン製スマートフォンは「Project Aria」と呼ばれており、HTCが製造を担当するとも噂されています。アマゾンがスマホ業界の新たな台風の目となれるのか注目です!


[BGR]















【2014/03/26 06:16】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヤフー、遺伝子解析とスマホの連携で生活改善を助言する新サービス
日本経済新聞は22日、ヤフーが遺伝子解析とスマートフォンを連携し、生活の改善を促す新サービスを4月から試験的に開始すると報じている。株式会社ジーンクエストと連携し、個人の遺伝子情報を解析する。

スマートフォンは日常生活の記録に使用され、遺伝子解析のデータと組み合わせて “運動量” や “食生活” に関するアドバイスが行われる。

本格的なサービス開始予定は今夏。料金は未定だが、利用者増を狙って安価に抑える可能性もあるという。なお、連携先のジーンクエストが独自で行っている遺伝子解析の価格は、4万9800円。


Credit:Genequest

今回の遺伝子解析サービスでは、薬の副作用の出やすさといった体質も判明する。日常の健康管理のみならず、病気にかかった際の治療プロセスでも情報を利用できるようになる見通しだ。



なお、ヤフーはそれぞれから得た遺伝子情報を匿名化した状態で保存、再利用する。目的は新薬や新たな治療法の開発で、いわゆる “ビッグデータ” の提供ビジネスも視野に入れている。

ここ数年で個人向けにも徐々に広がっている遺伝子解析サービス。手頃とはいえないものの、比較的現実的な価格で解析を行うことができるようになっている。
ただ、今回のサービスに限らず、遺伝子解析を利用する際にはいくつか注意する必要がある。基本的に遺伝子は一生変わらないものであるため、その情報の意味合いは大きい。匿名とはいえ外部に自分の遺伝子が渡るという点もそうだが、解析結果には “寿命” や “ガンのリスク” といったセンシティブになりやすい情報も含まれるため、思った以上のショックを受ける可能性も考えられる。



[日本経済新聞] [ジーンクエスト]
















【2014/03/24 06:16】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「MacBook Air」のモデルチェンジはまもなくで、「MacBook Pro」のモデルチェンジは9月?! 12インチ版「MacBook」の情報も
過去に未発表のMacBook Proの部品写真などを公開した事がある人物が、Weiphone.comに「MacBook Pro」と「MacBook Air」のアップデートなどに関する情報を投稿している事が分かりました。



まず、「MacBook Air」はアップデートはまもなく行われるようで、「MacBook Pro」シリーズのアップデートは9月まで実施されないとのこと。

だた、次期MacBook Airに搭載されるものとみられている次期CPU「Haswell refresh」のUシリーズは今年第3四半期(7~9月)に投入される予定で、個人的にはこの情報については少し懐疑的ですが…。

次に、予てから噂のある12インチ版「MacBook」については、冷却ファンを搭載せず、物理的なボタンが搭載されていない新しい設計のトラックパッドが搭載されるそうです。

この12インチ版「MacBook」については、過去にApple関連の情報には定評があるKGI証券のアナリストのMing-Chi Kuo氏が2014年に12インチのRetinaディスプレイを搭載した「MacBook Air」が発売されるだろうと報告していましたが、上記のまもなく発表されるという新型MacBook Airとこの12インチ版「MacBook」の情報が同じモデル事を指しているのかは不明です。

そして、「iWatch」については、計画は存在しているものの、まだ試作段階ですぐに発表されるような事はないとのこと。

[via MacRumors]















【2014/03/23 07:07】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スマホの情報盗む無人機、パスワードも傍受

上空に無人機を見かけたら注意が必要?=CNNMoney提供


ニューヨーク(CNNMoney) スマートフォンの位置情報や入力したパスワードやなどのデータを盗み出す機能を持った無人機が開発され、英ロンドンで実験が行われている。来週シンガポールで開かれるサイバーセキュリティ―会議「ブラックハット・アジア」で発表される予定だ。

この無人機は「スヌーピー」(英語でsnoopは<せん索>の意味)と名付けられ、無線LAN機能が有効になっているモバイル端末を探し出す機能を持つ。ITセキュリティー研究機関センスポスト・リサーチの研究者グレン・ウィルキンソン氏らが開発した。

スマートフォンやタブレット端末には過去に使ったことのあるネットワークに接続を試みる機能がある。ウィルキンソン氏は「こうしたスマートフォンは、接続したことのあるネットワークの名を大声で叫んでいるようなもの」「スターバックスはどこだ? マクドナルドの無料Wi-Fiはあるか? と叫んでいる」と解説する。

スヌーピーはこの機能に付け込んで、相手が過去に接続したことのあるWi-Fiネットワークを装って信号を送信。信頼できるWi-Fiだと判断したスマートフォンが接続してくると、そのスマートフォンから送受信される内容をすべて傍受する。



開発者のウィルキンソン氏はスマート端末の弱点について認識を高めたかったと語る=CNNMoney提供

この内容にはユーザーが閲覧したウェブサイトの情報や、入力したクレジットカード情報、ユーザー名やパスワードなどが含まれる。

CNNはロンドンで実験に立ち会い、無人機が1時間足らずでモバイル端末150台あまりのネットワーク名とGPSの位置情報を収集する様子を取材した。ウィルキンソン氏は、CNNが実験用に作成した米インターネット通販大手アマゾン・ドット・コムや米ヤフーなどのユーザー名とパスワードも入手して見せた。

この研究の目的は、スマート端末の弱点についての認識を高めてもらうことにあるとウィルキンソン氏は説明している。
















【2014/03/22 06:33】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
次期OS Xこと「OS X 10.10」を想像したコンセプト画像
本日、デザイナーのDanny Giebe氏が、「Syrah」というコードネームで呼ばれている次期OS Xこと「OS X 10.10」を想像したコンセプト画像を公開しています。

その一部が下記画像で、「iOS」と同じくフラットデザインを採用し、よりシンプルなデザインが特徴となっています。




「OS X 10.10」の詳細はまだ明らかになっておらず、ユーザーインターフェイスがこのように変更されるのかも不明ですが、既に開発は進められており、恐らく6月に開催されるWWDCで何らかの情報が公開されるものと予想されます。




[Photo Credit:Danny Giebe]














【2014/03/21 10:30】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
基礎年金の保険料納付65歳まで 厚労省検討 持続性高める
 厚生労働省は公的年金制度を見直す検討に入った。全国民に共通する基礎年金(国民年金)保険料の納付期間を5年延ばし原則65歳までとする。厚生年金に入るパート労働者も増やす。人口減などの社会情勢の変化に年金制度が追いついていないためだ。改革案は制度の持続性を高める狙いだが、負担増や給付減への反発は強く実現には曲折がありそうだ。



 厚労省は公的年金の財政状況を点検する5年に1度の作業を始めた。年内に改革案をまとめ、来年の通常国会への改正法案の提出を目指す。

 政府は消費増税で社会保障財源の確保に一定の道筋をつけたが、公的年金の収支はなお厳しい。20日まとめた2012年度の財政状況によると、収入総額は43兆円、支出総額は50兆円で、約7兆円の赤字だった。株高で積立金の運用益は増えているが、積立金を取り崩して赤字分を埋める構造は続いている。

 日本の年金は現役世代の保険料をそのまま高齢者の給付に充てる仕組みで、現状を放置すれば受け取る額がいずれ減ってしまう。改革案では年金の支え手を増やす方策として、保険料の納付期間を5年延ばす方向で検討を始める。

 現在は保険料を20歳から40年納めると、65歳から月額6万5千円を受け取れる。保険料の納付期間を45年に延長すると、受取額は8千円程度増える計算だ。

 納付期間の延長は、65歳まで働く高齢者が増えているためだ。延長期間は原則5年とするが、いつまで納め続けるかはそれぞれの加入者が選べるようにする。厚生年金の受給開始年齢は引き上げている最中で、男性は25年、女性は30年に65歳への上げが完了する。このスケジュールと合わせて、納付期間も65歳まで延ばす案が軸となる。

 支え手を増やすもう一つの改革として、パート労働者が厚生年金に入れるように条件を緩める。現在の仕組みでは週20時間以上働く月収8.8万円以上の人で、従業員が501人以上の大企業に勤める25万人が16年10月から厚生年金に入れる。

 今回の改革案では、中小企業の従業員も加入対象に加え、月収基準も5万~6万円以上とすることで、300万人の加入を目指す。労働者の4割を占める非正規労働者が受け取れる年金を増やす。女性の就労を促すことも狙う。

 ただ、厚労省が11年に行った試算では、企業の保険料負担は4000億円規模で増える。このため、パート労働者の多い流通業を中心に反発が出そうだ。

 給付の膨張を抑える策として、人口や物価の変化に応じ給付額を調整する仕組みを手直しする。同制度は04年に導入したが、これまで一度も実施されず、当初の年金財政の想定よりも実際の財政状況が悪化する要因になっていた。改革案では、人口動態の変化にあわせて自動的に年金給付を減らせるようにする。

 世界最速の高齢化が進む日本だが、年金改革の決断は遅れている。今回の改革では、年金保険料を67~68歳まで納め、受給開始年齢も67~68歳とする案を検討する。受給開始年齢を67~68歳に引き上げると決めた国が欧米で増えているためだが、実現に向けた機運は乏しい。小手先の改革にとどまれば、年金制度への信頼が揺らぎ、増税などの負担増が大きくなる副作用もありそうだ。



日経新聞















【2014/03/21 08:47】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大幅変更点その1? iPhone 6に光学手ブレ補正が搭載されるとの見方
米アップルが今秋にも発売するとみられる新型スマートフォン「iPhone 6」について、カメラに大幅な変更が加えられる可能性が指摘されています。光学手ブレ補正モジュールの販売も手がけるInvenSense社とアップルが、iPhone 6用のセンサー供給について契約を結んだという情報が先週頃に伝えられていました。

一方で、これらの契約に関する一切の情報は “高機密情報” 扱いとされており、一般的に契約が行われた事実や何に関する契約であるのか定かではありません。同社は光学手ブレ補正モジュールの他にも、ジャイロセンサーや加速度センサーの製造も手がけているだけに、そちらの方面で契約を結んだ可能性もゼロとは言えません。iPhone 5sでは上記センサーの供給元変更によって、何もしていない状態でも勝手にセンサーが反応する(※語弊がある)といった症状がありました。


左が光学手ブレ補正アリ


とはいえ、基本的には、投資家筋でも光学手ブレ補正の搭載が濃厚であるとみられており、スマートフォンスペック競争が過渡期であることを考慮すると、メジャーアップデートとも称されるiPhone 6に光学手ブレ補正付きカメラが搭載されても不思議ではありません。

ちなみに光学手ブレ補正とは、カメラの手ブレを抑えるためにカメラ本体の揺れや傾きをリアルタイムに計測して活用する技術のことです。デジタル補正ではブレ補正に限界があったほか、極度に補正し過ぎるとノイズが目立つといった難点があります。



[BGR / MacRumors]














【2014/03/20 06:10】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
これが「Healthbook」アプリのスクリーンショットか
昨日、9 to 5 Macが「iOS 8」に搭載されると言われている「Healthbook」と呼ばれる健康管理アプリの詳細な情報と共に、実際のスクリーンショットや情報をもとに作成した「Healthbook」アプリのレンダリング画像を公開していましたが、その後、そのもとになったとされる「Healthbook」アプリのスクリーンショットがWeiboにて公開されている事が分かりました。





(上が9 to 5 Macが作成したレンダリング画像、下がWeiboで公開されたスクリーンショット)


このスクリーンショット自体が本物かどうかは不明なものの、本物であってもまだ開発途中のものと予想され、正式リリース時にはUIも変更されている可能性があります。




















【2014/03/20 06:08】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「Office for iPad」を撮影した写真が流出
現地時間の3月27日に発表されるとの情報がある「Office for iPad」ですが、MacRumorsによると、「Office for iPad」を撮影した写真がTwitterで公開されている事が分かりました。




なお、この写真はMicrosoftの従業員がリークしたものだそうで、画像を見る限り、Word、Excel、PowerPoint、OneNoteが利用可能な模様。


[via リンゲルブルーメン]
















【2014/03/19 06:34】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ジョブズ氏、テレビの発売に「ノー」--WSJ元記者が著書で記す
 Appleがテレビセットを生産する可能性について長年うわさや憶測が絶えないにもかかわらず、Steve Jobs氏自身はこれを支持していなかったようだ。

 Appleがインターネットに接続するテレビセットを開発中だとするうわさは、2009年以降に出回り始めた。こうしたうわさには、Appleが2012年末か2013年初めまでにテレビセットを作るだろうとする、あるアナリストによる予測も含まれていた。ところが、Jobs氏が最高経営責任者(CEO)を辞任するわずか数カ月前に召集された、2010年の社内会議において、Jobs氏は上層部の社員らに向けて、テレビセットの利益率と買い替え需要の低さからいって、Appleが今後テレビセットをリリースすることはないだろうと語っていたという。米国時間3月18日に発売予定の新著にそのことが記されている。

 The Wall Street Journal元記者のケイン・岩谷ゆかり氏が執筆した新刊書「Haunted Empire: Apple After Steve Jobs」の中では、Appleが本当にテレビセットを作るのかどうかについての質問が同社のある会議の場で投げかけられた様子が綴られている。この会議は、Appleが同社幹部、マネージャー、従業員を含む上層部100人を集めて毎年行っている「Top 100」会議と呼ばれるもの。Business Insiderが16日に公開した、岩谷氏の著書からの抜粋によると、Jobs氏は会議の出席者に対し、「どんなに馬鹿げた質問や、失礼な質問」でも構わないので、Appleについて何でも質問してほしいと呼び掛けたという。

 どうやらある従業員が、Jobs氏のこの勧めに応じて、Appleがまもなくテレビセットをリリースするつもりかどうかを質問したようだ。

 岩谷氏によると、「Jobs氏は迷わず『ノー』と答えた」という。

 岩谷氏の説明によると、Jobs氏は「TVはひどいビジネスだ」と述べ、「買い替えは進まず、利益率も最悪だ」と語ったという。

 このエピソードは、2011年に発表された伝記「Steve Jobs」に書かれているいくつかの内容と矛盾しているようだ。同書の執筆者Walter Isaacson氏は、Jobs氏がコンピューティング、音楽、電気通信業界を変革したのとほぼ同じやり方で、テレビ業界を変えたいと望んでいたことを示唆している。

 岩谷氏は、この会議に出席した従業員の中にはJobs氏の発言を信じる人もいたが、同席していた「ベテラン社員」の中には、Jobs氏がまったくの真意を語ったとは思わない人もいたとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。














【2014/03/18 06:53】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
LTE契約が急増2・8倍、固定高速回線上回る
 スマートフォンやタブレット型端末などで高速インターネット接続ができるLTE※(次世代高速通信)の契約数が、2013年末時点で3876万件となり、光回線など固定の高速回線の契約数(3579万件)を初めて上回ったことが総務省の調査でわかった。



 LTEの契約数は前年同期の約2・8倍に急増したのに対し、光回線やケーブルテレビなど固定の高速回線の契約数は同1・4%の微増。携帯電話の契約数1億4105万件のうち、LTE契約は27・5%を占める。調査は3か月ごとに行っている。

 LTEは光回線並みの高速通信ができるサービス。NTTドコモが10年12月に始め、KDDIとソフトバンクモバイルが12年9月に続いた。


(2014年3月16日18時48分 読売新聞)














【2014/03/17 06:44】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Microsoft、「Office for iOS」のリリース準備を完了か?!
Reuterが、情報筋によると、Microsoftは「Office for iPhone/iPad」を完成させており、既にリリースする準備が出来ているようだと報じています。



ただ、いつリリースするかは2月に就任した新CEOのSatya Nadella氏に委ねられているようで、同社が実際にいつリリースするのかは分かっていません。

また、なかなかリリースされない理由の1つとして、過去にWindowsグループとOfficeグループとの共同作業が上手くいかなかった経緯があるなど、Microsoft内部に問題があるとみられています。















【2014/03/16 06:49】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
宙に浮く映像 手で操作 東大と徳島大が新ディスプレー

空間に浮き上がった映像を手で操作。東大と徳島大が「空中ディスプレー」を開発

 東京大学の石川正俊教授と徳島大学の山本裕紹講師は、何もない空間に浮かび上がった映像を手で操れる「空中ディスプレー」を開発した。スマートフォン(スマホ)でなじみのタッチパネルと同じように手で操作でき、指で空中をなぞると絵も描ける。ゲームや街中の案内表示に活用できる。今後1年で製品化を目指す。

 これまでも空中に映像を表示する研究はあったが、手の動きに素早く反応して簡単に操作できる技術はなかったという。

 発光ダイオード(LED)を使うディスプレーやハーフミラーなどを組み合わせた投映装置を作った。表示した映像が空中に浮き上がって見える。手の動きをとらえる高速カメラと連動し、違和感なく映像を操れるようにした。



何もない空中を指でなぞると線が描ける「空中ディスプレー」

 両手で画面を広げるような動作をすれば、映像が大きくなる。手を振るしぐさでマークやキャラクターが動き、ゲームに使える。

 車の運転席のすぐ横などに道案内の映像を浮かべる使い方も有望だ。

 また画面を手で直接触れずに済む利点は大きい。手術中に医師が患者の検査データを再確認したり、キッチンでの料理中にレシピを見返したりする用途なども期待できる。今後、より画質の高い映像を投映できるようにする。



日経新聞














【2014/03/15 16:49】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「iPhone 6」は2.6GHzのA8プロセッサや389ppiのウルトラRetinaディスプレイを搭載か?!
本日、過去に様々な情報をリークした実績があるSonny Dickson氏が、「iPhone 6」に関する情報をツイートしています。
それらをまとめると下記の通り。



 ・画素密度389ppiのウルトラRetinaディスプレイを搭載
 ・A8プロセッサの動作周波数は2.6GHz
 ・厚みは0.22インチ(約5.5㎜)

参考までに、「iPhone 5s」のスペックは、A7プロセッサの動作周波数は最大1.3GHz、画素密度は326ppi、厚みは7.6㎜となっており、流石に1.3GHzから一気に2.6GHzまでのスペックアップはないと思いますが…。

また、同氏の情報は必ずしも正しい訳ではなく、他のユーザーが公開した動画を無断でパクッてあたかも自分がネタ元のように公開した経緯もあり、あくまで噂と考えておいた方が良いと思います。

[via Twitter 1,2,3]















【2014/03/15 16:38】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
NatureやScienceなどの科学誌による論文の”取り下げ”とは?
論文には正しい実験に基づいた科学的事実が掲載されるべきですが、誤った内容が掲載されてしまうこともあります。発表された論文に誤りが見受けられた場合は、論文の修正などの措置が取られますが、誤りが大きい場合には、科学の正確性を保つためにも、論文の「取り下げ(withdraw, retractionとも)」という措置が取られることもあります。

論文の取り下げはそれほど頻繁に起きているものではありませんが、ひとたび起こると関連した研究にも大きなダメージを与えることになりえます。そのため、そうした論文撤回や科学の正確性の現状に関する調査は広く行われています。
今回は、こうした論文の取り下げのシステムに関して簡単にまとめてみました。

取り下げの原因


論文取り下げの主な原因は “Misconduct” によるものと “Honest Error” によるもの2つに大別されます。Misconductは、Fabrication(捏造)、Falsification(改ざん)、Plagiarism(盗用)の3つからなり、意図的なデータの捏造、改変、解釈の歪曲、またはスタンダードな方法を意図的に無視してデータを得ることなどを含みます。

一方、Honest Errorは「研究者の意図しない失敗」によるもので、データの入力ミスや計算間違いなどを指します。論文を発表する際には内容について細心の注意が要求されますが、それでもそういった間違いを100%無くすことはできず、間違った論文が発表されてしまうこともあるようです。

これら2つとは別の原因として、発表した研究結果の再現性が取れなかったためや、すでに発表されている結果を重複して発表してしまったため、といったケースも挙げられます。

2011年に科学誌Natureに発表された報告によると、取り下げられた論文の約40%はMisconductに起因するもので、約30%はHonest Errorによるもの、残りの約30%は再現性が取れなかったことや曖昧な理由によるものです。


R. V. Noorden, Nature, 2011

また、取り下げは著者によるものが63%、編集者によるものが21%、雑誌によるものが6%、発行元によるものが2%、研究機関によるものが1%となっております。著者による取り下げでは、すべての著者の同意によるものが77%と大多数で、1人の著者によるものが13%、数人の著者によるものが10%となっています。

論文取り下げの傾向

R. G. Steen, J Med Ethics, 2010

2010年に “Journal of Medical Ethics” に発表された研究によると、2000年から2009年の10年間に論文の取り下げ数は劇的に増加しており、2000年には20報未満だったものが2009年には200報もの論文が取り下げられています。この間に発表された論文数の増加率は62%ほどなので、投稿論文数に対して取り下げ数が顕著に増加していることが分かります。
とはいえ、2009年時点での取り下げ率は0.02%となっており、数値自体をみるとかなり低いように見えます。また、論文の発表から取り下げまでにかかる時間も増加している傾向が伺え、2009年時点では発表から2年以上たってから取り下げられることも多いようです。

この取り下げ数の増加の原因が、科学界で実際に捏造やエラーが増加しているためなのか、科学誌や多くの科学者の尽力により、誤った論文がより高い確率で見つかるようになったためなのかは、はっきりとは分かっていません。ポジションや資金を得るために結果が強く要求されることや、論文の審査制度の改善を鑑みれば、どちらの要因も寄与しているように思われます。

問題点と今後


1つ目の問題点は、取り下げられた論文の通知方法です。

多くの場合、「At the request of the authors, the following manuscript has been retracted(作者らの要望により、以下の論文は取り下げられました)」のようにのみ通知され、具体的になぜ取り下げられたのか、どこが誤っていたのかなどが詳細に示されてはいないようです。また、取り下げられた論文をはっきりと明示しない科学誌もあり、すでに取り下げられた論文が引用として使われてしまうなどの混乱を招いています。

2つ目は、「正確な」取り下げ率です。科学誌PLOS ONEに掲載された調査によると、1~2%ほどの科学者が過去にデータの捏造や改変を行ったことがあると認めており、先ほど紹介した0.02%という取り下げ率は氷山の一角であることが伺えます。

3つ目は取り下げの原因の扱いです。Misconductによる取り下げが悪質であることは間違いないのですが、現状ではHonest Errorによる取り下げもそれらと同等に扱われています。

これは、科学者たちがHonest Errorによる誤りであっても論文を取り下げたがらない風潮を作っていると指摘されており、MisconductによるものとHonest Errorによるものは明確に区別するべきだという向きもあります。一方で、取り下げの原因にかかわらず、再現性の取れない論文はすべて取り下げられるべきとする強い意見もあり、取り下げの扱いが定まっていないのが現状です。

科学の正確性を保つためにも誤った論文を取り下げることは必要なことですが、現状ではまだ取り下げに関連する問題も散見さているようです。

科学界では、論文の取り下げに関するこうした調査やRetraction Watch等の取り下げ論文を追うサイト、大学での教育の徹底などにより現状のさらなる改善を目指しており、今後も科学の正確性が向上することが期待されます。



[Nature, Jornal of Medical Ethics 1 & 2, PLOS ONE, Retraction Watch]























【2014/03/15 14:28】 | Muscle Blog | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
タッチスクリーンを搭載した「Apple Remote」が付属する次期「Apple TV」のコンセプト画像
次期「Apple TV」は4月発売で、App Storeをサポートしてゲームなどが出来るようになるとも言われていますが、Cult of Macによると、タッチスクリーンを搭載した「Apple Remote」が付属する「Apple TV」のコンセプト画像が公開されました。

その一部が下記画像で、タッチスクリーンを搭載した「Apple Remote」は従来の「Apple Remote」と同じく前面と背面がラウンド形状となっており、「iPhone」のようにホームボタンが用意されています。



また、タッチスクリーンにはリモコン以外に「Apple TV」のコンテンツの一部も表示出来るようになっています。





そして、「Apple TV」の方は現行と同じサイズであるものの、厚みだけは薄くなり、カラーもブラックとゴールドが用意されていて、HMDI2.0や802.11acをサポートするだろうと予想されています。

(注)上記コンセプトデザインはあくまで想像であり、実際の製品とは異なります。

[Photo Credit:Curve]















【2014/03/15 09:30】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「iOS 8」のスクリーンショットが流出 ー 「Healthbook」「プレビュー」「テキストエディット」のアイコンが明らかに
9 to 5 Macによると、Weiboにて、「iOS 8」のホーム画面のスクリーンショットとされる画像が投稿されている事が分かりました。



9 to 5 Macはこれらスクリーンショットが本物である事を複数のソースから確認しており、今後数週間のうちに「Healthbook」に関する更なる情報を明らかにする予定とのこと。



なお、”ヒント”のマークを象ったアイコンが何であるかは分かっていないようですが、”Tips”との名称が付けられている事からユーザーガイド的なものと予想されます。

また、これら画像は開発中のビルドのスクリーンショットの為、アイコンのデザインなどは変更される可能性があります。
















【2014/03/14 06:05】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
労働力人口、2060年に1170万人減 女性活用でも…
 内閣府は12日、2060年に向けた長期の労働力人口予測をまとめた。出生率が大幅に回復し、北欧並みに女性や高齢者の労働参加が進んでも約50年で1170万人、労働力人口が減るとの結果になった。女性活用などが進まない場合、減少幅は2782万人に拡大するという。




 中長期の日本経済の課題を議論する有識者委員会「選択する未来」に試算結果を出した。

 働く人と失業者を合計した労働力人口は、13年に6577万人と前年比22万人増えた。景気回復や共働き環境の整備で、女性などの労働参加が増えたのが要因だ。だが、中長期的には高齢化や人口減で働き手の減少は避けられない。

 女性や高齢者の労働参加が全く進まない最も悲観シナリオの場合、労働力人口は60年に3795万人と今より42%減少。30~49歳の女性労働力率を先進国最高のスウェーデン並みに引き上げ、60歳以上の労働者の引退年齢を5年遅らせた場合でも4792万人と13年比27%減る。12年に1.41だった合計特殊出生率が2.07に回復した場合でも5407万人と18%減少するという。

 女性・高齢者の労働参加も出生率改善も進まない場合、働き手の不足は潜在成長率を年間0.9%押し下げるという。

 この結果を踏まえ、内閣府の有識者会議は、生産性の向上による成長力強化や、コンパクトシティーの推進による地方都市の集約化など、人口減社会に対応した経済政策のあり方を検討する。


日経新聞















【2014/03/13 06:57】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
国民年金保険料の納付期間延長 厚労省検討、最長65歳まで
 厚生労働省は全国民を対象とする国民年金(基礎年金)の保険料の納付期間を現在の40年から延ばすことを検討する。現在、加入者は原則20歳から60歳まで保険料を納めているが、最長65歳までにする。保険料を納める期間を延ばすことで、受給時の年金額を増やす狙いがある。

 国民年金を受け取るための保険料は自営業者らは月1万5040円。会社員は給料から天引きで納める厚生年金保険料に含まれている。国民年金を受け取るのは65歳からだ。年金額は保険料の納付期間に連動しており、最長の40年間納めると65歳から月額約6万5千円を受け取れる。

 厚労省は5年に1度行う今春の財政検証で、納付期間を延長した場合の年金財政への影響を試算する。その結果を踏まえ社会保障審議会で議論し、年内に改正案をとりまとめる。

 保険料を納める期間は段階的に65歳まで延長することを義務化したり、任意で61~65歳まで納めることができるようにしたりする案がある。納付期間を長くすれば、年金の受給額も増やせる。公的年金は少子高齢化で加入者が減るのに対応して、今後は年金水準が下がる見通し。保険料を納める期間を長くして将来の受給額を増やす。

 財政検証では、現在、物価上昇時にしか発動しない年金水準の引き下げの仕組みをデフレ下でも実施した場合の年金財政への影響も試算する。パート労働者の厚生年金適用対象者を拡大した場合の影響も試算する。これらの施策も財政検証後に、制度改正を検討する。
























【2014/03/13 06:00】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
次期iPhoneのディスプレイサイズは4.7インチと5.7インチになる可能性大?! 本体デザインに関する情報も
本日、Macお宝鑑定団Blogが、信頼出来る情報筋の話として、次期iPhoneのディスプレイサイズは4.7インチと5.7インチが最終候補となっている可能性が高いようだと報じています。


(注:画像はコンセプトです)

また、これら大型液晶モデルは「iPhone 5s」の後継モデルではなく、「iPhone 5c」のバリエーションモデルとして計画されている可能性が高く、これは大型液晶モデルのiSightカメラ周りや音量調節ボタン、底面のマイク及びスピーカー部分の穴などが「iPhone 5c」に酷似している事からの予想とのこと。

両モデルの本体の大きさは、4.7インチモデルが約140×約70×7㎜、5.7インチモデルが約160×約80×7㎜とみられており、5.7インチモデルは理由は不明なものの「iSightカメラ」が「iPod touch (第5世代)」のように本体より少し飛び出しているそうです。

そして、本体の形状は表面にもR形状が採用され、「iPod nano (第7世代)」のように側面全体がR形状になる可能性が高いとのこと。

ただ、これらデザインは最終的なものではない可能性があり、正式発表までに変更される可能性もあるそうです。





























【2014/03/12 06:05】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
米アップル、iOS7.1を正式リリース ーCarPlayの追加、指紋認証やSiriの機能が向上
米アップルは11日未明、モバイル向けOS最新版「iOS 7.1」を正式にリリースしました。

先日正式発表された自動車向けサービス「CarPlay」の対応のほか、音声アシスタント「Siri」に男声が追加され自然なトーンになるなど、様々な変更が行われています。

詳しい内容は以下の通り。





CarPlayの対応
Siriに男声が追加、トーンが自然に
iTunes Radioの使い勝手の向上
カレンダーの機能向上
アクセシビリティの改善・機能追加
HDRを自動的にオンにする機能(iPhone 5s)
iCloudキーチェーンを利用できる国の追加
FaceTimeの改善
ホーム画面のクラッシュ問題の修正
Touch IDの指紋認証機能が向上
iPhone 4のパフォーマンスが向上
メールの未読が1万件を超えた場合に生じる問題の修正
UIの向上


iOSに限らず、OSのアップデートでは新たなバグが生じる可能性もあるため、アップデートの実行には注意が必要です。また、時間がかかる場合もあるため、余裕のある時の実行をオススメします。





























【2014/03/11 06:12】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
iPhone 6、前倒しで今年7月に発売か ーA8プロセッサ等がすでに量産開始
EMSOneは5日、台湾サプライチェーン筋の話として、米アップルの次期フラグシップ・スマートフォン「iPhone6」は例年より早い “第3四半期(7~9月)初頭” に発売される可能性があると伝えています。これは、台湾の経済紙工商時報が5日付で報じたもの。



発売が前倒しされる理由として、iPhone6に搭載される次期プロセッサ「Apple A8」や「LCDドライバIC」の生産が例年より早く、2月時点ですでに生産を開始していることが挙げられています。

AFP通信(フランス通信社)の報道によれば、台湾TSMCが上記に挙げたApple A8の量産を開始したとしており、確かにiPhone6のパーツはすでに製造が始まっている模様です。

毎度お騒がせのiPhone登場時期ですが、今年もその流れはどうやら変わらないようです。

いつも6月あるいは7月発売の可能性が登場しながらも、結局9月に落ち着くというのがここ数年のパターンになっています。しかし今年は7月発売の報道が比較的多く、例年とは少しばかり状況が違うように見受けられます。

iPhone 6は4.7インチ級と5.6インチ級モデルの2種類が存在するという噂があることに加え、iWatch等の新カテゴリー製品も控えていることから、これまでの製品発表スケジュールからずれることは十分に考えられます。

いずれにせよ、いよいよもってiPhone6の主要パーツの製造が開始されたことは確からしく、今後ますます情報が飛び出してくる可能性が高そうです。iPhone 5の時以上の大画面化で、大幅に変化することが予想されるiPhone。それに伴うボディや機能が非常に気になるところですが、一体どのような端末になるのでしょうか。


[EMSOne] [AFP通信 via Geeky Gadgets]





























【2014/03/10 06:36】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ