SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
12.9インチ版iPadは「OS X」と「iOS」を統合したOSを搭載??

本日、DigiTimesが、2015年に発売予定の12.9インチ版iPadは「OS X」と「iOS」を統合したOSを搭載した最初のデバイスになるかもしれないとの噂があると報じています。



12.9インチiPadには2台の試作機が存在しており、1つはノートPCとタブレットの両方として利用可能な2 in 1デバイスで、もう1つは通常のタブレットとのこと。

Appleがどちらのタイプの製品を発表するかは不明ですが、2015年初頭に量産が開始される事になっているそうです。















スポンサーサイト
【2014/09/27 06:14】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
次期iPadはどうなる? アップルイベントのウワサまとめ
iPhone 6/6 Plusの発売から早2週間が経ちました。10月に突入し、次に気になるのは今月開催がウワサされているアップルのスペシャルイベントでしょう。


 10月の開催が期待されているアップルのスペシャルイベントでは、新型iPad Air/iPad miniや「OS X Yosemite」が発表される見通しですが、iPhone発売の波に押され、リーク情報はイマイチ存在感が薄め。そこで今回は、これまで国内外で報じられたウワサをまとめてみました。



 まずは第6世代となる新型iPad「iPad Air 2」から。米Bloombergは1日、iPad Air 2の本体カラーに「ゴールド」が加わる可能性を報じました。現在は「スペースグレイ」「シルバー」の2色なので、ゴールドが加わればiPhoneと同じ3色展開となります。

 また、アップル系情報サイト、MacRumorsによると、開発者のHamza Sood氏が、iOS 8.1のβ版にあるApple Payの設定内で、iPad Air 2がTouch IDを搭載し、Apple Payに対応する旨の記述を見つけたとのこと。iPad Air 2だけなのか、新型iPad miniにも搭載されるかは不明ですが、ついにiPadにも指紋認証センサーのTouch IDが実装されるかもしれません。

 このようにiPad Air 2に関しては大きなリークがなく、A8プロセッサ、Touch ID、ゴールドカラーなどのマイナーアップデートに落ち着きそうです。

 それよりも気になるのは、『新型「iPhone」に続いて、iPadも大型化する?』でもお伝えした大型iPadに関する情報です。アップルは法人向けに、12.9型の「iPad Pro」(仮称)を新たに製品ラインアップに加えるのではないかと各所でささやかれています。あ、そこ「iPad Plus」じゃないんだ。

 米Bloombergが伝えた関係者の話によると、iPad Proが今年中に発売される予定はなく、生産は2015年以降になりそうとのこと。iPhoneやiMacが好調である一方、iPadの売上は2四半期連続で前年割れしているため、iPad Proの投入で法人市場拡大を図りたいところでしょう。

 そのほかにも、新型iMacはRetinaディスプレイになるとか、待望のHaswell Refresh搭載のMac miniが出るとか、iPad以外のウワサもちらほら。iPadに興味がないユーザーでも、スペシャルイベントは要チェックです。

 肝心のイベント開催日時は、現段階で未定。米Daily Dotは10月21日の見通しだと伝えていますが、アップルの情報に詳しいThe LoopのJim Dalrymple氏は、これを否定しています。

 去年は10月16日にスペシャルイベントの招待状が配られ、10月22日に「iPad Air」「iPad mini Retinaディスプレイモデル」の発表イベントが開かれました。今年も同じようなスケジュールであれば、来週あたり招待状が届くかも?
















【2014/09/27 06:14】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
専業主婦優遇「103万円の壁」は幻? 真は「130万円」 配偶者控除、社会保険料が発生
 女性が多様な働き方を選択しやすいように、税や社会保障の仕組みはどうあるべきか。夫の税負担が軽くなる配偶者控除の基準となる「年収103万円の壁」が取り沙汰されるが、真の壁は別にある。

 配偶者控除が「男性は仕事、女性は家庭」という価値観を生み、女性の社会進出を阻む壁になっていると、しばしば話題になる。

 たしかに、配偶者控除は、専業主婦世帯の所得税を軽くする優遇税制だ。主婦がパートをしている場合でも年収が103万円以下ならば、夫は38万円の所得控除が受けられる。夫の年収が600万円なら税負担が7万円ほど減る。全国で1400万人が適用を受け、減税額の合計は6000億円におよぶという。

 だが、主婦の年収が103万円を超えると、「手取りが減る」というイメージは誤解だ。

 政府は働いた人が不利にならないように何年も前に、税制を変えている。主婦の年収が103万円を超えても、夫の配偶者控除を一気にゼロにするのではなく、妻の収入が110万円なら31万円、120万円なら21万円、130万円なら11万円といったように、妻の収入が141万円に達するまで、緩やかに控除額を減らしていく仕組みだ。

 この結果、稼ぎの多い人の手取り額が稼ぎの低い人を下回る逆転現象は起きないように、少なくとも税制上は手当てされている。




 それでも、年収103万円で就労を抑える人が多いのも確か。厚生労働省の調査では、就業を抑える理由として「103万円の壁」を挙げた人は5割にのぼる。

 その理由は税制ではなく「民間企業の給与体系が問題」(三菱総合研究所の武田洋子チーフエコノミスト)と多くの有識者は指摘する。厚労省によれば、企業の3分の2は結婚している社員に上乗せ手当を支給している。内閣府の調査では8割の企業でこうした手当の支給基準が「妻の年収103万円以下」だ。

 国の制度としての問題は社会保険料を巡る「130万円の壁」にある。専業主婦はパート労働などの収入が130万円未満なら保険料を納めなくても年金や医療給付を受けられる。この金額を超すと、年金や健康保険の保険料が突然発生する。

 第一生命経済研究所の試算では、年収129万円のパート主婦がいる世帯は手取り収入が121万円増える。年収が130万円に増えたとたん、手取り増分は105万円となり16万円減る。元の121万円に戻るには、年154万円稼ぐ必要がある。

 長時間の「ただ働き」を強いられているとの実感を持ちがちだ。同研究所の星野卓也エコノミストは「働き手を増やすために改革すべきなのはむしろ年収130万円の壁」と指摘する。

 社会保障財政の悪化をふまえ、厚労省は専業主婦の保険料免除を廃止する制度改革を検討してきた。だが、年金保険料を納めずにすむ年収130万円未満の主婦は900万人以上。「いきなり大きな負担を負わせることは政治的に難しい」(厚労省幹部)

 政府は手始めとして2016年10月から免除基準を「年収130万」から「大企業に勤める年収106万円」に引き下げる。新たな「壁」ができる形だが、政府はこれを徐々に引き下げ、最終的には年収基準をなくし、全員に保険料を負担してもらいたい考え。税や社会保障制度から年収の壁がなくなり、働き方に中立的な制度になるには10年以上かかりそうだ。


日経新聞

















【2014/09/27 06:14】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
凱旋門賞コメント、ハープスター松田博師「馬はよく走った」


 5日、フランス・ロンシャン競馬場で行われた凱旋門賞に出走した日本馬3頭はハープスター(牝3、松田博厩舎)が6着、ジャスタウェイ(牡5、須貝厩舎)が8着、ゴールドシップ(牡5、須貝厩舎)が14着に終った。各陣営のコメントは以下のとおり。

■ハープスターを管理する松田博資調教師
「(海外遠征は)初めてのことだから。いつものパターンで負けたのだから、仕方ない。もう少し(前へ)行けてたらどうかとは思うけど。馬はよく走ったと思う。また(日本に)帰ってからどんな競馬をするか、だ」

■ゴールドシップ、ジャスタウェイを管理する須貝尚介調教師
「期待にこたえられず申し訳ない。展開もあるが、そう簡単に勝てるレースではないと改めて感じた。今後については、しばらく(調教メニューは)運動だけだと思う。帰国後は体調と相談して決めたい」



















【2014/09/24 16:31】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
LINEで口座残高・出入金照会 NTTデータと組む
 LINE(東京・渋谷、森川亮社長)はNTTデータと組み、2015年春をめどに無料通話・チャットアプリ「LINE」の画面で金融機関の口座残高を照会できるようにする。入金や出金の情報も通知する。情報セキュリティーの動向も慎重に見定めながらニーズの分析を重ね、将来は振り込みや株の購入といった金融取引を提供することも視野に入れる。



 利用者は、銀行などがLINE上に開いたアカウントと「友だち」になり、NTTデータが運営する専用サイトに口座情報などを登録すれば使える。入出金があると「スタンプ」と呼ぶ感情表現用のイラストや「ATMから1万円引き出されました」といったメッセージを金融機関のアカウントが自動通知する。

 金融機関のアカウントに残高照会用のスタンプを送信すると数秒で「残高は10万円です」といったメッセージが返信される。住所変更など、各種手続きの受け付け番号を入力すると処理状況もすぐにわかる。インターネットバンキングから不正送金するウイルスの被害などに素早く気づける利点もあるという。

 金融機関とLINEのやり取りをつなぐシステムはNTTデータが提供する。横浜銀行などが採用しているインターネットバンキングの共同利用型システム「アンサーパラソル」を使う。当面、チャットで使うのは残高照会など資金移動を伴わないサービスに限る。LINEアプリの利用者は若者が多く、アルバイトの入金を確認する用途などを想定している。

 金融機関がLINEアカウントを開設するには月額数十万円の基本料金が必要なほか、メッセージごとに課金される。LINEアプリの利用者は世界で5億人に迫り、日本では約5200万人が使っている。



















【2014/09/24 16:31】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Apple、新型iPadなどの発表イベントを10月16日に開催か


Re/Codeが、関係者の話として、Appleは現地時間の10月16日(日本時間10月17日)にスペシャルイベントを開催するようだと報じています。

イベントでは新型iPadに加え、新型iMacやOS X Yosemiteのリリース日が発表されるものとみられています。

また、同イベントの会場はAppleのクパチーノ本社キャンパスにあるTown Hallで行われる模様。














【2014/09/21 15:25】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Apple Watch「初年度売り上げは1,000万個」投資会社


AppleWatch

アメリカの投資会社Piper Jaffrayが、来年初めに発売見込みのApple Watchについて、本格的に市場が形成されるには時間がかかるだろうとの見通しを立てています。

初年度売り上げ予測は1,000万個

同社のアナリストであるGene Munster氏が投資家らに配布したメモには、Apple Watchの平均価格を500ドル(約5万4500円)とした場合、発売初年度となる2015年の売り上げ個数は1,000万個程度という、比較的控えめな予測が書かれていました。AppleInsiderが明らかにしています。

またMunster氏は「全体的にみて、Apple Watchは市場においてほかのスマートウォッチのはるか先を進んでいるが、デベロッパーがApple Watch向けの有益なアプリを開発するまでは、消費者の受け入れは限定されるだろう」と記しています。

同氏の予測が正しければ、Apple Watchの売り上げは、Appleの2015年度の収益に約3%貢献することになります。

Apple Watchは市場に大きな影響を与える

Munster氏は、現時点までに販売されたスマートウォッチは300万個以下であり、Apple Watchはこの市場を大きく変えるといいます。

Piper JaffrayはiPhone6発売初日に、購入のため店頭の行列に並んでいた386人を対象に調査を実施しました。回答者の34%がApple Watchを購入したいと答えたのに対し、66%は購入予定はないと答えました。

Munster氏によれば、世界のファッション腕時計市場は620億ドル(約6兆7,612億円)規模であり、年間売り上げ個数は12億個にのぼります。同氏はApple Watchは特に300ドル~1,000ドル(約3万2,700円~10万9,000円)の価格帯に大きな影響を与えると見ています。

AppleはApple Watchを、2015年初めから349ドル(約3万8,000円)~で発売するとしています。価格はモデルによってさまざまで、特に18KゴールドケースのApple Watch Editionは高額になる見通しです。

参照元 : AppleInsider
















【2014/09/21 15:24】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アップル次期iPad Airでゴールドも用意、今月リリースーBloomberg報道



iPad
アップルは今月リリース予定の次期iPad Air2でゴールドモデルを投入するとBloombergが伝えています。iPadの製品ラインナップにゴールドモデルが登場するとの噂は以前からありましたが、実際に投入されれば、現在売上が低迷しているiPadシリーズの売上拡大に寄与すると思われます。

現行のiPhone6/6 Plusと同じカラーオプションに

iPad Air2は現在スペースグレイとシルバーのカラーオプションとなっており、ゴールドを追加すれば、iPhone6/6 Plusのカラーオプションと同じになります。なお、同時にリリース予定の次期iPad miniについては言及がありませんでした。Bloombergがこの件についてアップルの広報担当のTeresa Brewer氏にコメントを求めたものの断られたようです。

iPadの成長率に陰り

iPadの売上は直近の2四半期で低迷しています。初代iPadがリリースされた2010年に50億ドル(約5,493億円)だった売上は、2012年には300億ドル(約3兆2,956億円)まで跳ね上がったものの、昨年は320億ドル(約3兆5,154億円)に留まっています。アップルは昨年の10月から新しいiPadを発表しておらず、このためユーザーは5.5インチに大画面化したiPhone6 Plusに流れたのではないかとの憶測もあり、RBC Capital Networkが行ったiPhone6/6 Plusの発売直後の調査では、購入を検討しているユーザーの約半数はiPhone6 Plusを購入すると答えています。

売上拡大にカラー戦略を


iMac
Colorful iMac


アップルはこれまでにも、売上拡大のために製品のカラーを何度か利用してきました。たとえば1999年発表のキャンディーのようなカラー展開のiMacは有名です。ただしこの戦略が必ずしも成功するわけではありません。昨年発表されたiPhone5cはさまざまなカラーのオプションがあったものの、売上は予想したほどにはなりませんでした。


参照元 : 9to5Mac
















【2014/09/21 15:24】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Retinaディスプレイ搭載の新型iMac 27インチは早ければ来月にも発売か


9 to 5 Macが、情報筋によると、Retinaディスプレイを搭載した新型iMacはApple内部の後期テスト段階にあり、デザインは現行とほぼ同じデザインが採用されるものの、より高速なプロセッサや改良された無線LAN(802.11ac)の搭載など、内部ハードウェアは刷新されるようだと報じています。

imac2014lowMacRumorsも似たような事を報じており、Appleの計画に精通した情報筋によると、Retinaディスプレイを搭載するのは27インチモデルのみで、次のスペシャルイベントで発表する事が計画されているそうです。

Retinaディスプレイを搭載した新型iMac 27インチは5120×2880のパネルを採用しており、プロセッサはHaswell Refreshを搭載し、GPUはAMDに変更されるとの情報もあるとのこと。

また他にも、4K映像を編集する為に改善されたツールを搭載した「iMovie」と「Final Cut Pro」の最新版を準備しているとの情報もあるそうです。
















【2014/09/21 15:24】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アップル、「iOS 8.0.2」を公開--「iOS 8.0.1」の問題に対応


アップルは「iOS 8.0.2」アップデートを公開した。同社は米国時間9月24日、問題のある「iOS 8.0.1」を公開することで、「iPhone」で携帯電話の電波が受信できなくなったり、「Touch ID」機能が利用できなくなったりするという事態を世界各国で発生させていた。

 Appleは新しいアップデートについて、「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」の携帯電話ネットワーク接続とTouch ID機能に影響を与えていたiOS 8.0.1アップデートの問題を修正すると述べている。

 同アップデートは「バグが修正されて、HealthKitアプリのApp Storeからの提供が可能になる」とAppleはアップデート情報で述べるとともに、新しいアップデートがパスコード入力時にサードパーティー製キーボードが非選択になる問題についても対応していることを付け加えた。

 Appleは、同アップデートが新しいiPhoneで「Reachability」機能の信頼性を向上し、「SMS/MMSメッセージ受信時に予期しないセルラーデータ使用を発生させる」可能性がある問題も修正すると述べた。

 iOS 8.0.1のバグが影響を与えたユーザーの数は4万人未満だったとAppleは述べた。

 新しいアップデートは、「In-App Purchase」における「Ask to Buy」に対するサポートの向上とともに、「iCloud」バックアップから着信音がリストアされない場合がある問題や「Safari」から写真や動画がアップロードできない問題なども修正する。


















【2014/09/21 15:21】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
イチロー日米で21年連続、メジャー移籍から14年連続のシーズン100安打を達成!


 ヤンキースのイチロー外野手(40)が27日(日本時間28日)、敵地でのレッドソックス戦に「1番・右翼」でスタメン出場。5回の第3打席で三塁強襲安打を放ち、日米で21年連続、メジャー移籍から14年連続のシーズン100安打を達成した。

 今季も残り2試合。今季初めて1番に入ったイチローが2打数無安打で迎えた5回の第3打席だった。1死走者なしでケリーから三塁線に強烈な当たりを放つと、三塁手のグラブをはじく安打となった。

 大リーグで100安打以上の連続記録は、歴代最多の通算4256安打を誇るピート・ローズの23年連続が最多。日本では王貞治の21年連続に並んだ。

 さらに9回にも左前へこの日2本目の安打を放ちシーズン101安打とした。


















【2014/09/21 15:21】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
モレノ落城 パヤノ負傷判定で新王者

敗れたモレノ


モレノ落城、パヤノが新王者に(ボクシングニュース)

 モレノV13ならず――。26日(日本時間27日)米テキサス州メスキテで挙行されたWBA世界バンタム級“スーパー”王座タイトルマッチは挑戦者1位フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)が王者アンセルモ“チャミート”モレノ(パナマ)に6ラウンド終了負傷判定勝ち。世界初挑戦でベルトを手にした。モレノは正規チャンピオン時代から合わせて13度目の防衛に失敗した。

 試合はスタートからパヤノが仕掛けてヒートアップ。2回、偶然のヘッドバットでドミニカ人は左目上を深くカット。その後もパヤノが強引にプレスをかける展開となり、挑戦者はパボン主審から注意を受ける場面も。傷が悪化したパヤノに7回開始前ドクターストップがかかり、それまで59-55に58-56が2者の3-0でリードしていた挑戦者の手が上がった。モレノは2年前、WBC・S・バンタム級王者アブネル・マレスに敗れて以来の敗北。


















【2014/09/21 15:20】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
世界戦6連続KO狙う王者・山中のV7戦 10月のボクシング興行見どころ
絶対の自信を持つ左で「KOは意識」


WBC世界バンタム級王者・山中は得意の左で世界戦6連続KOなるか!? WBC世界バンタム級王者・山中は得意の左で世界戦6連続KOなるか!?

「記録の意識はまったくありません。でも、KOは意識しています。ボディでも顔面でもどちらでもいい」
 WBC世界バンタム級王者の山中慎介(帝拳)が10月22日、東京・代々木第二体育館で7度目の防衛戦に臨む。山中は現在5連続KO防衛中。今回もKOで終わらせれば、元WBA世界ライトフライ級王者の具志堅用高が1970年代に記録した世界戦6連続KO防衛の日本記録と並ぶことになる。だが、「数字より内容」と自らのパフォーマンスに集中する姿勢を強調するのは、自然体というより自信の裏返しに聞こえる。

 山中は王座決定戦を含む7度の世界戦で、実に15ものダウンを奪ってきた。防衛を重ねるごとに、そのすべてを演出してきた左ストレートは凄味を増している。

「左ストレートは直すところがない。その左につなげる右の使い方、足の使い方を意識して、高めています」

 左に絶対の自信を持つ王者の前に立ちはだかるのは、元WBC世界スーパーフライ級王者で1位のスリヤン・ソールンビサイ(タイ)。山中が迎える4人目の元世界王者は、43戦(37勝16KO5敗1分)のキャリアで一度もKO負けがない。世界王座を手放した2012年3月の佐藤洋太戦では3回に2度のダウンを奪われたが、持ち前の好戦的ファイトで判定まで持ち込んだ。驚くのはその後の足跡だ。佐藤戦以降、今年7月までの約2年半に17戦して全勝(9KO)。心身ともどものタフネスをそんな形でも証明している。

「相手の出方次第では序盤に終わる」

 ファイタースタイルの印象が強いスリヤンだが、「(山中と同じ)サウスポーとの試合の映像を見たら、上体は柔らかいし、右をジャブのように使ったり、非常にうまい戦い方をしていた」と山中。それでも「相手の出方次第だが、中盤でKOできれば。(前に)来てくれれば序盤で終わる可能性もある。それくらいのパンチは持ってますんで」と、その自信にはいささかの揺らぎもない。

 昨年は国内の年間表彰でMVPとKO賞を受賞したばかりか、WBCの年間最優秀選手賞にフロイド・メイウェザー(アメリカ)、ダニー・ガルシア(アメリカ)ら、そうそうたるビッグネームと並んでノミネートされた(メイウェザーが受賞)。内外で評価が高まる中、目指す海外でのビッグマッチ実現はそう簡単ではないが、「今のバンタム級では自分が最強とアピールしたい」と、階級ベストの矜持を胸にリングに上がる。

















【2014/09/21 15:20】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
次期iPad Airは2GBのRAMを搭載し、12.9インチ版「iPad」は「A8X」プロセッサを搭載か



本日、台湾のTech Newsが、次期iPad Airや予てから噂されている12.9インチ版「iPad」に関する情報を報じています。

まず次期iPad Airは、2GBのRAMやTouch IDを搭載し、プロセッサは「iPhone 6/6 Plus」と同じ「A8」プロセッサが採用され、より薄くなり、ストレージ容量は16GB/32GB/64GB/128GBが用意されるだろうとのこと。

次に12.9インチ版「iPad」については、「A8X」プロセッサや2GBのRAMを搭載するようだと報じています。

これら情報が本当かどうかは不明ですが、次期iPad Airと次期iPad miniについては来月にも発表されるとみられており、12.9インチ版「iPad」は来年になるとみられています。















【2014/09/21 15:20】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Apple Watch」は来年のバレンタインデーまでに出荷出来れば良い方


Appleは「Apple Watch」の発売時期を2015年初頭としか発表しておらず、一体いつになるのかが気になるところですが、9 to 5 Macによると、The Informationが、「Apple Watch」の出荷に関係している人物から『Appleは「Apple Watch」を2015年のバレンタインデーまでに出荷できれば良い方だ』との話を聞いたと報じている事が分かりました。
watch1 これについては9 to 5 Macも同様の噂を聞いているそうですが、バレンタインデーに間に合うのかは不明です。

ただ、バレンタイン商戦に間に合えばAppleにとっても好材料ですし、過去にはバレンタインに合わせて「iPod nano」のピンクモデルを追加した経緯もあり、1月末~2月初旬辺りの発売を目標としているのかもしれません。















【2014/09/16 06:00】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アップル、iOS8のアップデート版を準備中、一般公開は今月末か


iOS8
アップルは今月一般公開したiOS8のアップデート版を早くも準備しており、電話機能やキーボードに関連する不具合、Safariで動画を再生する際の問題などさまざまなバグを修正する模様です。MacRumorsが関係者から入手したiOS8のアップデート版iOS8.0.1の詳細について報じています。

電話、キーボード、Safari、共有などの不具合に対応

今回のアップデートでは電話機能、キーボード、Safariの不具合の修正だけでなく、PassbookへのAirDrop対応に関する不具合とVPN設定のインストールに関する問題も修正する模様です。

・電話:転送設定の際の不具合とビジュアルボイスメールにアクセスする時にフリーズする不具合の修正
・キーボード:iCloudキーチェーンの認証コードを入力する際にキーボードが表示されない不具合の修正
・Safari:時々動画が再生されない問題を修正
・共有:PassbookのパスのAirDrop対応に関する不具合の修正
・VPN:VPNプロファイルのインストールに関する不具合の修正

アップルはiOS8を初めて自社のCDNを利用し配布

iOS8はiPhone6/6 Plusが発売される2日前の9月17日に一般向けに公開されましたが、アップルは今回初めて自社のCDN(Content Delivery Network)を利用してアップデートファイルを配布したといわれています。

iOS8のアップデート版iOS8.0.1の一般向けの公開がいつになるのかは明らかにされていませんが、アップルはHealthKitのバグの修正も進めており、今月末までには公開されるものと予想されています。


参照元 : 9to5Mac

















【2014/09/16 06:00】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アップル、新型12インチMacBook Airの仕様詳細情報が流出

MacBook Air


アップルが12インチサイズのMacBook Airを開発していると長らく噂されています。今月初めにはiPhoneと同じカラーオプションであるスペースグレイとゴールドモデルが追加され2015年半ばにリリースされると伝えられましたが、今回、更にデザインと仕様の詳細についての情報が明らかになりました。

リバーシブル対応USB Type-C、薄いMagSafe採用、本体はかなり薄い

新しいMacBook Airについての一連の情報はJack March氏によるものですが、9to5Macは同氏の情報についてはかなり信頼できると考えています。March氏によりますとアップルは現行機種のUSBポートから、先月USB 3.0プロモーター・グループによって策定が完了した、リバーシブルに対応したUSB Type-Cを採用し、ポート部分を更に薄くする予定のようです。また、現状の電源アダプタに採用されているMagSafeを「ひときわ薄くなったデザイン」に変更するとも伝えています。

Retinaディスプレイ採用、ファンレスデザイン

さらに、新たな12インチサイズのMacBook Airはこれまでに予想されているとおり、Retinaディスプレイを搭載し、空冷ファンを搭載しない設計となるため更に薄くなると予想されています。なお、リリースは2015年の後半になるといわれています。

CPUにはインテル製Broadwell、発熱を抑え高速処理が可能

ファンレスデザインが可能になるのは、新しく搭載されるCPUがインテル製のBroadwellプロセッサーに変更され発熱が抑えられ、低温のままの高速処理が可能でヒートシンクを必要としないことで実現したようです。

スピーカーはキーボードの上に配置

また、ディスプレイ周りは、現行のRetinaディスプレイを搭載したMacBook Proに似たデザインとなり、ベゼル部分はかなり薄くなるようです。また、キーボードはキートップ側面部分がほとんどなくなるようです。スピーカーの位置は現行のMacBook Airではキーボードの下に配置されています。また、RetinaディスプレイMacBook Proでは、キーボードの側面に配置されていますが、新しいMacBook Airではキーボードの上に配置され、見えるようになる模様です。

DisplyaPortは廃止、USB Type-Cのみで対応か

なお、今回新しいMacBook Airに採用される予定とされるUSB Type-Cは、現在のMacに採用されているDisplayPortの機能を提供できる「DisplayPort Alternate Mode」を搭載しており、この機能により高品質なオーディオ・ビデオの入出力にも対応しています。このため12インチのMacBook AirにはUSBポートのみとなり、現行のDisplayPortは搭載されない可能性もあります。


参照元 : 9to5Mac















【2014/09/16 06:00】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「Apple Watch」のRAM(メモリ容量)は512MBで、ストレージ容量は4GBと8GBが用意される??
Apple Insiderによると、米投資会社Cowen & Co.のアナリストであるティモシー・アルクリ氏が、Appleのサプライチェーンを調査した結果、「Apple Watch」のRAM(メモリ容量)は512MBで、恐らくSamsungとSK Hynix、Micronが供給するようだと報告している事が分かりました。



また、内部ストレージに関しては標準の4GBモデルに加え、オプションで8GBモデルが提供される可能性もあるとのこと。

ただ、Apple Insiderはあくまで”噂”として報じており、話半分で捉えておいた方が良さそうです。















【2014/09/16 06:00】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
iPhone6は6 Plusの8倍は出荷-Webアクセス調査、売上比は?

iPhone6

モバイルのWeb分析調査を行っているMixPanelが、新しく発売されたiPhone6/6 Plusの発売日当日のネットへのアクセス状況を分析した結果、iPhone6からのアクセスはかなり多いのに対してiPhone6 Plusからのアクセスはほんのわずかであることがわかりました。

iPhone6/6 Plusのネットへのアクセス比率は8倍違う

グラフを見てもらえば分かりますが、発売日当日の深夜の測定結果ではiPhone6ではアクセス比率が2.46%あるのに対し、iPhone6 Plusではたった0.3%しかないことが分かり、両モデルでは約8倍の差があることになります。

iPhone6はiPhone6 Plusの何倍売れているのか?

ただし、この数字は4.7インチのiPhone6が5.5インチのiPhone6 Plusの8倍も売れているという意味ではありません。iPhone6 Plusは多分もっと多く販売されていると思われるのですが、発売日当日には入荷していない店舗が多く、ユーザーの手元に届かなかっただけだと考えられます。

iPhone6 Plusはやはり出荷に大幅な遅れ

多くの報道でもiPhone6 Plusは出荷数が限定的で、店舗でもオンラインストアでも予約注文の段階から納期に時間がかかるといわれており、調査結果はこれを裏付けていることになります。

アップルはこれまでも複数モデルを販売した場合、各モデルごとの販売数の内訳を公開しておらず、今回のiPhone6/6 Plusでも24時間で400万台販売したとだけ発表しており、各モデルの内訳は分からないままです。今後、数週間のうちには出荷数も増え、多くのユーザーがiPhone6 Plusを入手することになると思いますが、今回の調査データはどのように変化していくのでしょうか。


参照元 : 9to5Mac
















【2014/09/16 06:00】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「iOS 8」で報告されているバグの一覧

既に「iOS 8」にアップデートした方も多いと思いますが、iPhoneHacksが、「iOS 8」で報告されているバグをまとめています。



ios-8-logo 細かいものを含めるとまだまだありそうですが、現在までに報告されているバグは下記の通り。


・HealthKitフレームワークのバグ
(これが影響して対応アプリのリリースが延期中)
・BSOD(Blue Screen of Death)を引き起こす
(主にiPadで報告されている模様)
・Safariからファイルのアップロードが出来ない
・OTAアップデート時の不具合
(アップデートの最後にエラーが発生し、リカバリーモードになり復元が必要になる)
・設定.appが頻繁にクラッシュ
・設定.appがSpotlight検索の優先順位を記憶してくれない
・ステータスバーのバグ

・VPNの自動接続
・キーボード切り替え時にキーボードが消える
・拡張機能のバグ
・Wi-Fiの接続速度低下

これらが全て「iOS 8.0.1」で修正されるかは不明ですが、HealthKitのバグは9月末までに対応すると公式に発表されている事から、「iOS 8.0.1」が今月中にリリースされる可能性が高そうです。













【2014/09/16 05:59】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
Appleはなぜ「i」ブランドを封印したのか?
先日のアップルのメディア向けイベントにおいて我々を驚かせたのは、2つの新しい製品のネーミングについて、そのどちらにも製品名の頭に「i」という文字が付されていなかったことでした。


AppleWatchDigitalCrown

iWatchではなく、Apple Watchに

メディア向けイベントの前から、アップルが初のウェアラブルコンピュータを発表するのはないかとの憶測が出ていましたが、その名称は、iWatch、iBandといったように頭に「i」の冠をかぶせたものではないかと考えられていました。

そのためメディア向けイベントの当日、「Apple Watch」という新製品の名称を聞いて少し驚いた方も多かったのではないでしょうか。

同様に、アップルのモバイル決済プラットフォームも、iPayではなく、「Apple Pay」であり、Appleのブランドが様々な方向に展開されていくことがうかがえます。

商標巡る紛争回避か?!

以前Appleの広報を担当していたKen Segall氏は、Appleは今後も新製品に、「i」という文字を使わないであろうと予測しています。

実際のところ、スティーブ・ジョブズも「i」という冠をiPhone、iPadを発売する際に利用するのに難色を示していたと伝えられています。そして今回、新製品のブランドに「i」という文字を使用しなかったことで、これが潮時であるとAppleは判断したと考えられます。

過去17年間に渡って、iPhoneをはじめ「i」ブランドの製品は様々な革命をもたらしてきましたが、Appleにとって不都合な点としては、「i」というブランドは必ずしもAppleの所有する商標ではないということです。

世界中の企業が頭に「i」を付けた商品を販売しており、今後もその流れは止まらないでしょう。今後、Appleが「i」と付けた商品を発売すると、様々な紛争を招く可能性があります。

その点Appleブランドは、もっとも価値の高いブランドの一つで世界中で愛されています。新製品にAppleブランドを付すことで、iブランドの製品を出すよりも法的な問題に巻き込まれずに済むといえそうです。

今後の新製品では「Apple」と冠するネーミングの商品がまた出てくるかもしれません。

参照元:BGR
















【2014/09/16 05:59】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アップル、次の新製品発表は10月中盤~後半!!


アップルはiPhone6、Apple Watchに引き続き、次世代iPad Air、iPad miniなどの新たな主要製品を、10月中盤~後半に発表する見通しです。AppleInsiderが伝えています。

次の新製品発表は10月か

アップルの発売前製品の物流に詳しい関係者によると、同社は10月後半に新製品発表の計画を立てており、それに先立ち社内プロジェクトおよびマーケティングの締め切りを10月中旬に定めているとのことです。これは以前流れた、10月中にメディアイベントが開かれるという噂とも一致しています。またこの関係者は、以前にも新製品発表のタイミングについて、正確な情報を提供しているそうです。

アップルは過去にも、10月後半に新製品を発表しています。iPad AirとiPad mini with Retinaディスプレイは、昨年10月22日のメディアイベントで発表され、11月初旬に発売されました。
次のメディアイベントの主役はiPad

今年10月に同様にイベントが開かれるとすれば、Touch IDを搭載した次世代iPad AirとiPad miniが発表されると予想されています。またこれら新iPadは、iPhone6とiPhone6 Plus同様、A8プロセッサを搭載する確率が高いです。

また年内には、OS Xの最新版Yosemiteがリリースされます。YosemiteはiOS8と緊密に連動している点で、これまでのOS Xと一線を画しています。

ただし高解像度のRetinaディスプレイを搭載した超薄型のMacBook Airについては、同じタイミングで発表されるかどうかは不明です。Retinaディスプレイを搭載していない11インチ、13インチのMacBook Airについては、4月に若干のアップグレードと値下げが行われています。

ほかにもRetinaディスプレイ搭載のiMac、超高精細ディスプレイ、最新Apple TVセットトップボックスなど、さまざまな新製品が噂にのぼっていますが、iPadに比べると10月発表の可能性は低いと考えられています。

参照元 : AppleInsider















【2014/09/16 05:59】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「iOS 8」にOTAでアップデートする場合、「iPhone」で4.7GB以上、「iPad」で6.1GB以上の空き容量が必要に
本日、「iOS 8」が正式にリリースされましたが、「iOS 8」へOTA(Over the Air)でアップデートする際に「iPhone」の場合は4.7GB以上、「iPad」の場合は6.1GB以上の空き容量が必要になります。



OTAでアップデートする方は注意が必要で、空き容量を増やすことが出来ないという方はiTunes経由でのアップデートをオススメします。

なお、OTAでのアップデートは「設定.app>一般>ソフトウェアアップデート」で可能です。

UPDATE:この必要空き容量はモデルによって違うようで、現在までに4.5GB~6.1GBが報告されています。

[via iPhoneHacks]














【2014/09/16 05:59】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アップル、27インチの5Kディスプレイを発売か?!
LCD市場調査会社のWitsView社によると、アップルは今年後半にも新たな超高精細27インチのモニターを発売する予定であると言われています。



発売予定のディスプレイは、現在アップルが発売しているThunderboltディスプレイの解像度である2560のx 1440のよりも大幅に高くなり、5120のx 2880の解像度となると言われています。



どのような電力供給技術を活用するか?

しかしながら、現行のThunderboltで採用されているDisplayPort1.2の規格を駆使し、このような高解像度のディスプレイにアップルがどのような手段で電力を供給するか定かではありません。

Mac Pro(2013年後半モデル)、27インチiMac(2013年後半モデル)、およびRetinaディスプレイ搭載のMacBook Pro(2013年後半モデル、2014中期モデル)などの数多くのアップルのコンピュータは、Thunderboltポートを使用して4Kディスプレイに電力を供給しています。

また、アップルは、DisplayPort1.2規格で4096×2160解像度の「Cinema 4K」で新しいモニターを発売する可能性が高いと言われています。Thunderboltポートを活用することで、20Gbpsの転送速度で高解像度の画像を安定的に表示することができると言われています。

Dellに遅れて5Kを発売

アップルの27インチの5Kの超高精細モニターは、先月発表されたDellの5Kディスプレイに遅れて発売されると言われています。

このDellの5Kディスプレイは、5120のx 2880の解像度で1インチあたり218ピクセルとなっています。

Dellがどのような技術を使って、モニターに電力を供給するかわかっていませんがマルチストリームトランスポート(MST)を使用するのではないかと推測されています。

世の中iPhone6の発売に関する話題でもちきりですが、アップルの新ディスプレイの発売も要注目です。

参照元:MacRumors

















【2014/09/14 06:48】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
関学大2戦連続完封!5連覇へ視界良好
 「関西学生アメフット、関学58-0近大」(15日、王子スタジアム)



 リーグ5連覇を狙う関学大が58‐0で近大に大勝した。主将のRB鷺野聡(4年=関学)が82ヤード独走TDを含む3TDと大暴れ。DF陣もDB小池直崇(2年=箕面自由学園)のインターセプトなどで、1984年以来30年ぶりの開幕2戦連続完封勝利を飾った。

 創部73年の伝統を誇る名門の主将が意地を見せた。関学大の鷺野主将は一人で208ヤードを爆走し3TDと、チームをけん引した。


















【2014/09/14 06:48】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新型iPhone、24時間で予約400万台超 過去最大
 【ニューヨーク】米アップルは15日、最新型スマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)6」と「iPhone6プラス」の予約数が、受け付け開始後24時間で400万台を超えたと発表した。これまでのiPhoneモデルで過去最大の予約数だという。




 予約数があらかじめ準備した出荷台数を超えたため、予約した顧客の多くは19日の発売日には入手できず、手元に届くのは10月になると発表した。「iPhone6」と「6プラス」は19日に北米や日本、フランス、ドイツ、英国などで発売し、1週間後の26日にさらに二十数カ国に販売を広げる。

 最新型のiPhoneは画面サイズを現行モデルから拡大。「6」が4.7インチ、「6プラス」が5.5インチとなっている。


日経新聞
















【2014/09/14 06:47】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12インチ「MacBook Air」、新色ラインナップで2015年中期に登場か —これはもしかすると・・・
A Tech Websiteは11日(現地時間)、独占情報として米アップルが2015年中頃に12インチの新型「MacBook Air」を発売させる予定であると伝えています。



A Tech Websiteによると、この情報を伝えたのはアップルの製品計画に詳しい人物であるとのこと。12インチMacBook Airについての噂はかねてから度々伝えられており、どうやらアップルはMacBookシリーズに新たな製品の投入を目論んでいるようです。

今回新たに伝えられた情報によると、アップルは既存製品も含めたすべてのMacBookシリーズにiPhone同様、スペースグレーとゴールドをラインナップに加える予定であるといいます。なお、A Tech Websiteはゴールド色に対して懐疑的な見方を示していますが、アップルならあえて一風変わったカラーリングを追加するかもしれないともしています。

また、現在は2015年中頃のリリースを予定していますが、これまでにもリリース時期が先延ばしにされてきたため、今後も予定が変わる可能性があるといいます。さらに、この時期でのリリースともなれば、インテルの新型プロセッサ「Broadwell」が搭載されるだろうとも伝えています。

ここで気になるのが12インチというサイズについてです。アップルのMacBook Airシリーズは、すでに11インチと13インチ2つのモデルが用意されています。この両デバイスの間をとった12インチモデルを果たしてアップルが新色を加えた程度で素直にリリースしてくるでしょうか。

ここからは予測(妄想)ですが、もしかするとアップルは、MacBook AirでもMacBook Proでもない新たなカテゴリのデバイスを開発しているのかもしれません。

ご存知の方もいるかと思いますが、実は昨年からアップルが12インチの「大型iPad」の開発を進めているとの情報が伝えられていました。最近ではこの大型iPadに関する情報はピタリと止んでいましたが、ここにきて今度は12インチのMacBookの噂が浮上。これは、昨年は12インチの大型タッチパネル(=大型iPadの真実)の開発を進め、今年は12インチのMacBookの開発をしていると考えることはできないでしょうか。つまり、今回伝えられたMacBook Air12インチモデルの正体は、タッチパネルを搭載した新型MacBookなのではないだろうかというのが考えです。

ちなみに、アップルが今年1月に取得した特許の中には、iPadとMacBookを合体させた表裏2画面搭載のMacBookというユニークなものがあります(過去記事)。過去記事を見てもらえばどのような端末の特許なのかはお分かりいただけると思いますが、簡単に言うと、MacBookの画面側がいくつかの層となっており、通常のディスプレイとその裏面(外側)にタッチパネル、さらにその間に太陽光電池モジュールが内蔵されたものです。



特許があるからと言ってこの通りの端末が出てくるとは限りませんが、アップルはiPadとMacBookを融合した新たなデバイスを開発しているのではないでしょうか。

タブレット+パソコンのアイディアと言えば、人気が高まっている米マイクロソフトの「Surfaceシリーズ」が思い浮かぶかと思います。周知の通り、このSurfaceシリーズも12インチ。これはもしかすると来年、Surfaceシリーズの独擅場となっている現在の市場に米アップルが切り込んでくるかもしれません。















【2014/09/14 06:47】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「iPhone 6 / 6 Plus」の64GB/128GBモデルには「iWork」などの一部アプリがプリインストールされている事が明らかに
発売まで残り3日となった「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」ですが、9 to 5 Macによると、「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」には「iLife」及び「iWork」の各種アプリがプリインストールされている事が分かりました。



これはAppleの直営店向けの内部資料(下記画像参照)から明らかになったもので、プリインストールされるアプリは「iMovie」、「GarageBand」、「Keynote」、「Pages」、「Numbers」、「iTunes U」となっており、16GBモデルにも無料で提供されるものの、後ほど個別にダウンロードする必要があります。















【2014/09/14 06:47】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アップル新決済サービス参入 侮れないその爆発力 
 米アップルの新製品発表イベントが現地時間の9日に開かれ、より画面サイズが大きい「iPhone(アイフォーン)6」や、噂の腕時計型ウエアラブル端末「アップルウオッチ」がお披露目された。華々しい新製品の陰で目立たないが、同時発表された「アップルペイ」という決済サービスが極めて重要な役割を果たしそうなので、ここで注目してみたい。


新製品発表でNFCを使った「アップルペイ」機能を説明する米アップルの幹部(9日、米クパチーノで)=AP

 このサービスはクレジットカードの写真を撮影するとカード情報を端末内で暗号化し、アイフォーンにある指紋読み取り機能「タッチID」で個人を認証する。これを小売店の店頭の端末にかざすと簡単に支払いができる仕組みだ。米国ではマクドナルドやメーシーズなど22万店舗で10月から利用が可能になる。

 日本人の感覚ではあまり新しさを感じないかもしれない。「おサイフケータイ」が普及していた日本ではクレジットカードで自動的に充填される電子マネーを携帯電話で利用できていたからだ。

 ただ、残念ながら日本の携帯電話で使われていた「フェリカ」と呼ばれる規格は、日本以外ではあまり普及していない。いわゆる「ガラケー」と呼ばれる携帯電話が廃れてスマートフォン(スマホ)へとシフトしていく中、フェリカ対応の端末も減っていった。

 世界で大きなシェアを持つアイフォーンが「NFC」と呼ばれるこの近距離無線通信規格を搭載するインパクトは非常に大きい。現在はモノや場所などを認証するにはQRコードを使うことが多いが、NFC搭載のアイフォーンなら機器に接触するだけで「ピッ」と情報をやり取りできる。お財布ケータイのようなサービスがアイフォーンでも実現可能になるのか。

 アンドロイド端末では既にフェリカに対応したNFCを搭載する端末も多く出ている。アイフォーンのNFC採用により今後、全てのスマホの標準になると予想される。

 また、アイフォーンがタッチIDという指紋認証機能とNFCを組み合わせることで「特定個人を認識した通信」ができるメリットが生じる。自分以外の人間が端末を使っても本人確認ができない。このため、ある程度のリスクを許容できれば免許証やパスポートをアプリ化してスマホの中に収納できる可能性も出てくるのだ。自宅の鍵や各種チケット、会員証など応用範囲はとても広い。

 さらにNFCは端末間での通信が可能なため、他の端末とピッと接触するだけで互いを認証できるようになる。ビジネスマンなら互いのアイフォーンをくっつけるだけでデジタル名刺を交換することも簡単になる。様々な家電や端末にNFCが搭載されたら利用範囲はさらに広がる。カラオケボックスの部屋にある端末にタッチして自分のスマホをカラオケのリモコンにする。友達の家でテレビにタッチして自宅のハードディスク内にある映画を一緒に見る――。そんな世界が実現するかもしれない。

 一番期待したいのはパソコンにもNFCが搭載され、自分のスマホで認証すれば様々なサイトのIDやパスワードが不要になる世界だ。

 もちろんスマホをそこまで個人特定端末にしてしまうと、スマホ依存性はさらに高まる。バッテリー切れで生活できなくなるリスクも起こる。セキュリティーが破られたら社会システムが大混乱する事態も想定される。あらゆる行動情報をスマホが握ることに抵抗を感じる人も多いだろう。

 アップルは今回、決済情報についてはアップル側では保存しないと発表したが、今後は行動情報を積極活用したいとプラットフォーマーも出てくるだろう。あらゆる端末やセンサーが通信可能になる時代、中心となるのは間違いなくスマホだろう。アップルの新製品発表は、その意味でも歴史的な転換点となる可能性があると考えている。

〔日経MJ2014年9月12日付〕


















【2014/09/14 06:47】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
メイウェザーがマイダナに3-0完勝

メイウェザー


 パウンド・フォー・パウンド最強フロイド・メイウェザー(米)とマルコス・マイダナのリマッチが13日(日本時間14日)、米ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで行われ、WBA・WBC世界ウェルター級、WBC世界S・ウェルター級王者メイウェザーが挑戦者マイダナに3-0判定で勝利した。スコアは116-111×2、115-112。
 前回5月の対戦は2-0のマジョリティー・ディシジョンでメイウェザーの勝利。2-0判定の是非は別にして「マイダナの健闘を許した」という評価もあっただけに、37歳メイウェザーのパフォーマンスが注目された。

 そのメイウェザーの立ち上がりは前回と違って意識的にフットワークを使い、マイダナに的を絞らせない作戦。前回はクリーンヒットこそ許さなかったものの、ロープを背負ってマイダナの連打を許し、ポイントを失うことになったが、今回はそれをさせなかった。

 距離が詰められず、手数が伸びないマイダナは3回に初めてメイウェザーをコーナーに詰めてワイルドなパンチで迫る。4回にはメイウェザーを何度かロープに押し込み、いよいよ得意の猛牛ファイトを炸裂させ始めるかに思われた。

 しかしメイウェザーは5回からジャブと打ち終わりの右カウンター、さらにはフットワークも織り交ぜて、再びマイダナをうまくいなし始めた。距離を詰めさせず、ボディへも有効にパンチを送るメイウェザーが完全に試合をコントロール始めた。

 ペースをつかめないマイダナは8回、メイウェザーに頭を抱えられた際、メイウェザーのグローブを噛んだのか、メイウェザーが顔をしかめてアピールし、試合が一時中断する場面も。10回にはマイダナがメイウェザーを押し倒し、レスリング行為で減点1。マイダナは何とか状況を変えようと、終盤に攻勢を強めたが、最後までクリーンヒットを奪うことはできなかった。

 最終ラウンド足を使って逃げ切ったメイウェザーは「(8回に)指をかまれてそれ以降はしびれがあった。(試合の自己評価は)Cマイナス。もっとできたはずだった。パッキャオ? 私は逃げない。彼が望むのであればやりましょう」とコメント。マイダナは「メイウェザーは逃げ回っていただけで、私が勝っていたと思う。(8回は)グローブなんて噛んでいない。彼がグローブで私の目をこすったんだ」と話した。















【2014/09/09 10:11】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ