FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
次期「Apple Watch」の発表は2016年3月か


過去に様々な未発表ガジェットに関する情報を投稿している手机晶片达人氏が、中国版TwitterことWeiboにて、次期「Apple Watch」の発表は2016年3月になるだろうと報告している事が分かりました。

本当かどうかは不明なものの、WeiPhoneでも業界関係者の話として同様の事を報じており、こちらは2016年3月発表で確定したと報じています。

なお、次期「Apple Watch」のスペックなどは不明ですが、「iPhone」や「iPad」と同じように、より強力なプロセッサを搭載し、薄型軽量化されるものと予測されています。

[via 小龍茶館, Weibo]








【2015/06/16 05:56】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
成田美寿々が完全優勝で今季2勝目 2位のイ・ボミは“5度目” 


◇国内女子◇サントリーレディスオープン 最終日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(兵庫県)◇6511yd(パー72)

4日間大会の最終日、首位から出た成田美寿々が3バーディ、1ボギーの「70」で回り、通算16アンダーとして優勝した。4月の「スタジオアリス女子オープン」に続く今季2勝目、ツアー通算7勝目を初日から首位の座を譲らない完全優勝で遂げた。

2位は通算14アンダーで2打差まで追い上げた賞金トップのイ・ボミ(韓国)。今季は13試合に出場して1勝を挙げているが、5度目の2位フィニッシュとなった。

笠りつ子が通算13アンダーの3位、飯島茜が11アンダーで4位に入った。上田桃子とカン・スーヨン(韓国)が、通算9アンダーの5位で続いた。

韓国の17歳アマチュア、イ・ソヨンが通算7アンダーとして11位に入り、ベストアマチュア賞を獲得した。イは翌15日に18歳の誕生日を迎える。

3日目を終えて4位につけていた沖縄・興南高2年の新垣比菜はこの日、3ボギー2ダブルボギーの「79」と大崩れし、通算2アンダーの22位に沈んだ。

藤田光里は通算6アンダー、13位で戦いを終えた。

順位 選手名 通算 合計
1 成田美寿々 -16 272
2 イ・ボミ -14 274
3 笠りつ子 -13 275
4 飯島茜 -11 277
5 姜秀衍 -9 279


GDO








【2015/06/15 05:42】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ウィンドウズ10、7月29日から無償アップグレード
 【シリコンバレー=日経新聞】

米マイクロソフト(MS)は1日、次期基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」の無償アップグレードを7月29日から日本を含む世界190カ国で始めると発表した。パソコン(PC)とタブレットで「ウィンドウズ7」もしくは「8.1」を利用しているユーザーが対象となる。PCメーカー向けや「7」より古いウィンドウズを使っているユーザー向けの提供時期は未定。

 無償アップグレードは1年間の期間限定措置となる。7月29日以降、OSの更新プログラム「ウィンドウズ・アップデート」を通じて配布する。

 「10」は評判の悪かった「8」の操作性を見直し、いったん廃止したスタートメニューを復活させた。パスワードの代わりに指紋や瞳の虹彩などでログインできる生体認証機能や、音声で操作する秘書機能「コルタナ」を盛り込む。新開発のブラウザー(閲覧ソフト)「エッジ」も標準搭載する。

 今年3月に中国で検討を表明していた海賊版ウィンドウズのユーザーに「10」を無償提供する救済措置は見送った。








【2015/06/14 06:11】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ディクティブタッチ」はiPad Proスタイラスペンへの布石?


iOS9の新技術「プレディクティブタッチ(predictive touch)」は、今秋のリリースが噂される12.9インチディスプレイ搭載の通称「iPad Pro」に、スタイラスペンを付属させるための布石かも知れません。米AppleInsiderが報じています。

プレディクティブタッチで文字認識がより迅速かつ正確に

新技術「プレディクティブタッチ」は、WWDC2015の”What’s New in Cocoa Touch“セッションで発表されました。説明にあたったAppleのシニアiOSエンジニアリングマネージャーであるJason Beaver氏によれば、iOS9では指で触れてから反応するまでの時間が短縮されるだけでなく、描く曲線や描く速度、加速具合などによって、次にどこに触れるかが予測可能になっているとのことです。Cocoa TouchはiOSのコアとなるインタフェース・フレームワークです。

業界関係者は、次にどこに触れるかを予測するプレディクティブタッチは、スタイラスペンにおいて重要な技術になると考えています。手書き入力の認識がより速く、正確になるためです。

Appleの製品情報に詳しいKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏は4月、iPad ProにはBluetoothを利用したスタイラスペンが標準装備されるとの予測を明らかにしています。

iPad Proの発表はiOS9リリースと同時?

iOS9が秋に一般向けにリリースされることを考えると、iPad Proも同じ時期に発表される可能性があります。ちなみに昨年は9月にiPhone6/6 Plusが発表、iPad Air2とiPad mini3が発表されたのは10月でした。

このほかiPad Proへの搭載が見込まれているものとしては、Force Touch、USB-Cポート、NFCなどがあります。NFCについてはiPhone6/6 PlusやApple WatchのようにApple Payでの決済時に利用するのではなく、付属のスタイラスペンとの自動的な同期や、Apple Payでの決済の「受付」側の端末として機能するためとの報道があります。


Source : AppleInsider








【2015/06/13 06:42】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
徳島県 子育て支援企業認定マーク、取得率7・72% 2年連続全国一 
子育て支援企業認定マーク、取得率7・72% 2年連続全国一 

子育て支援で成果を挙げた企業に厚生労働省が交付する次世代認定マーク「くるみん」の徳島県内での取得率(3月末時点)が、7・72%と2年連続で全国1位だったことが分かった。認定を受けた企業は名刺やホームページなどに表示でき、イメージアップにもなる。徳島労働局は「マーク一つで育児支援への取り組みがアピールできる」と企業に取得を促している。
 
 くるみんは、従業員の仕事と子育てを両立するための行動計画を作って実行に移した企業が、九つの認定基準を満たせば交付される。基準は、対象となる女性従業員の育児休業取得率が75%以上、男性従業員の育児休業取得者が1人以上など。
 
 行動計画は従業員101人以上の企業に策定が義務付けられており、2~5年実施する必要がある。行動計画の期間が終われば、新たな行動計画を作る。
 
 県内ではこれまでに行動計画を提出した505企業のうち39企業が認められ、提出企業数に占める認定率(くるみん取得率)が、全国1位だった前年同期より1・91ポイント上回った。2位は東京で6・85%、3位は奈良で5・07%。四国の他県は香川が3・61%で7位、愛媛が2・89%で16位、高知が2・67%で20位だった。
 
 従業員が100人以下の企業は行動計画の提出義務はないが、県内では提出数が増加傾向にあり、育児支援への取り組みが広がっている。
 
 徳島労働局で5月21日にあった交付式では、新たに認定を受けた港産業と2回目の認定となる阿波銀行(いずれも徳島市)にくるみんが交付された。県内での認定は港産業で40企業となった。
 
 阿波銀行の大西康生代表取締役専務は「支援制度の利用には職場全体の理解が欠かせない。長く安心して働けるよう、行員の意識改革や支援制度の充実に取り組みたい」と話した。


徳新聞








【2015/06/12 06:12】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
敗因を「敵地判定」に求める韓国 円陣、雄たけび、審判へのアピール…「打って反省」の心はどこへ?


敗因を「敵地判定」に求める韓国 円陣、雄たけび、審判へのアピール…「打って反省」の心はどこへ?

韓国との男子団体戦決勝で中堅の正代(警視庁)が2本勝ちして、再び形勢が日本有利になった=5月31日、日本武道館

 「韓国剣士たちよ、それは剣道とは言いません」-。18年ぶりに日本で開催された剣道の世界選手権は、個人・団体の全種目を日本が完全制覇して5月31日に閉幕した。4種目中3種目で決勝に進出しながら「栄冠」を1つも奪取できなかった韓国にとっては悔やまれるのと同時に、剣道家らしからぬ態度が世界の嘲笑をさそった。2012年の前回大会(イタリア)の男子決勝で韓国剣士があらわにした「非礼ぶり」が記憶に残る中で、今回も“打倒日本”への思いが強過ぎるあまり、派手なパフォーマンスでひんしゅくを買い、日本戦の敗因を「敵地判定」に求めてきた。

圧倒する「因縁対決」

 3年に一度、1970年から続く半世紀に及ぶ長い歴史の中で、男子団体決勝での日韓対決は8度あった。対戦成績は日本の全勝無敗。過去に1度だけ優勝経験のある韓国だが、決勝で日本に勝利しての優勝ではなかった。

 大会最終日。3日間のメーンイベントの男子団体戦は愛好家にとって「垂涎の的」となった。指定席の前売りチケットは早々に完売となり、最上階の席まで熱心なファンで埋め尽くされた。下馬評通り、ライバル韓国は順当に勝ち上がり、日本の後を追うように決勝へコマを進めた。

 韓国選手のボルテージは日本との決勝で1段階上がった。審判に自らが放った打突が1本であると執拗にアピールする態度を見せる選手、ジャンプしながら面を打つ“飛び技”まで披露する選手もいた。観客のひんしゅくを買うのは当然だった。

 試合は日本が2-1で韓国にかろうじて勝利して3連覇を果たした。しかし、諸手をあげて快挙を喜べない、どこか後味の悪さが残った。

 中でも、日本の剣道界を長く引っ張ってきた35歳の内村良一(警視庁)と、36歳のイ・ガンホの両ベテランによる大将戦に「がっかりした」ともらす声があった。副将戦を終えて2-1で日本が僅差でリードする中、韓国の大将が2本勝ちすれば「奇跡の逆転」もありうる一進一退の状況だった。

日韓レジェンドによる大将戦

 日本の意地と韓国の復讐に燃える気持ちが交錯。あの日、日本武道館を埋めただれもが固唾をのんで見守った。しかし、5分の試合時間の半分以上が「ツバぜり合い」に費やされ、正々堂々の大将戦と呼ぶに値しなかった。

 ツバぜり合いの攻防も観戦の楽しみではあるが、通常、両者は数秒もすると「暗黙の了解」で相手から離れて距離をとろうとする。しかし、不用意に下がれば打たれるため、ボクシングのクリンチのように防御する。韓国のガンホにとっては、何としても1本を取りたかったはずだが、内村と離れて戦うことをかなり警戒したようだった。

 内村も自国開催の重圧と韓国選手に対するやりづらさを感じていた。「勝利につなげることが自分の仕事」。試合後、価値ある引き分けをそう説明した。韓国の選手は最後の整列と礼をまっとうしたが、決勝での日本戦9連敗という屈辱は受け入れがたく、場外で号泣する選手や関係者までいた。

 一部の韓国メディアは男子団体決勝戦での「不公平な判定」を報じる論調もあり、両国の因縁は3年後に持ち越されることになった。2018年の次回大会は韓国・仁川で開催される。地国開催での雪辱を期して、韓国チームは「今度こそ」相当の覚悟で日本戦に備えてくるだろう。

勝ち負けを超える精神

 女子団体の日本-韓国の決勝戦では目を疑う光景があった。試合前、韓国選手が「円陣」を組んで気合を入れたのである。国内で行われる試合で、選手が円陣を組みながら雄たけびを上げることは、まずありえない。剣道のルールにこれらのことが明文化されているわけではないが、簡単にいえば「相手を思いやる」剣道の精神に反するのである。

 欧州や北中米の代表選手にとって、日本の剣道は「あこがれ」といっていい。今回の世界大会で、剣道発祥の日本選手を見習い、剣道に付随するあらゆる「礼」をほぼ完璧に実践する選手が多かった。試合に負けた後、観客と一緒に日本戦に釘付けになり、切れ味鋭い技が繰り出されるたびに「ラブリー」「ワンダフル」と感嘆の声をあげた。日本選手の妙技をジェスチャーでまねる光景もあった。日本古来の剣道スピリットが言葉を越えて浸透していることを喜んだ関係者も多かったに違いない。

 「打って反省、打たれて感謝」-。剣道人ならだれもが一度は聞いたことのある美しい教えを世界中の剣道家たちが共有できる日が訪れることを期待したい。

産経新聞







【2015/06/12 06:09】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アップル、地図サービスに歩行者目線の画像追加

アップルは地図サービスの大幅な刷新に乗りだした。出口までの距離も考慮した都市交通の乗り換え案内を提供する予定。

 【シリコンバレー=日経新聞】

米アップルは10日、地図サービスに実際の街路画像を加えることを明らかにした。カメラを搭載した自動車を世界各地で走らせて撮影する。個人情報の保護に配慮し、地図上の街路画像では顔や自動車のナンバープレートなどを特定できないようにする。地図サービスで大きく先行するグーグルとの差を縮める狙いだ。

 今月15日から30日までの間にロンドン、ロサンゼルス、ダブリンなど、米、英、アイルランドの多くの都市で車載カメラを使って撮影し、情報を蓄積していく。その後は世界各国に撮影範囲を広げていくとみられる。

 競合のグーグルは2007年から自社の自動車を走らせて撮影した街路画像を地図に表示するサービス「ストリートビュー」を先行して始めている。室内の画像などまでサービスの範囲を広げている。

 ただ、サービス開始後、欧州を中心にプライバシー侵害で訴えられる事例が相次いだ。アップルはこうした問題が起きないよう、事前に撮影地域を開示し、問い合わせ窓口もつくった。

 アップルは12年に地図サービスを始めたが、情報の間違いが多く、すぐにティム・クック最高経営責任者(CEO)が謝罪に追い込まれた。一方のグーグルは13年には道案内アプリで急成長しているイスラエルのベンチャー、ウェイズを買収。交通渋滞の更新頻度を上げるなど情報の質を高め、アップルとの差はさらに広がった。

 アップルもその後、地図ベンチャーを相次ぎ買収。情報の精度は徐々に改善され、ようやくサービスの大幅な刷新に打って出る段階になってきた。今秋からは階段の数やホームから出口までの距離などまでも考慮した詳細な都市交通の乗り継ぎ情報を提供する。

 5月には拡張現実(AR)ソフト開発ベンチャー、独メタイオを買収した。同社は立体認識に優れた技術を持っており、スマートフォン(スマホ)などのカメラで周囲の物体に照準を合わせることで道案内などにも応用できる。将来には地図サービスにこうした機能も加わりそうだ。

 アップルは自動運転技術や電気自動車(EV)などの研究も進めており、関連性の高い地図サービスのてこ入れは長期的な課題となっている。









【2015/06/12 05:57】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
メイウェザー368億円、スポーツ長者番付ダントツ1位
メイウェザー368億円、スポーツ選手長者番付ダントツ1位(ボクシングニュース)


メイウェザー

 米経済誌フォーブスが2015年版スポーツ選手長者番付を発表。5月2日にマニー・パッキャオ(フィリピン)との「世紀の対決」に勝利したフロイド・メイウェザー(米)がぶっちぎりの1位に輝いた。その額なんと3億ドル(約368億円)。ゴルフのスター選手タイガー・ウッズが2008年にマークした過去最高額1億1500万ドルを大幅に塗り替えた。

 フォーブスによると、2位はパッキャオで1億6000ドル(約196億円)。サッカーのクリスティアーノ・ロナウドが3位で7960万ドル(約97億円)。4位が同じくサッカーのリオネル・メッシで7380万ドル(約90億5000万円)、テニスのロジャー・フェデラーが6700万ドル(約82億2000万円)、バスケットボールのレブロン・ジェームスが6480万ドル(約79億5000万円)と続く。

 メイウェザーは同じくフォーブスの調査で2012年と14年もトップに君臨。12年の収入は8500万ドルで、14年は1億500万ドル。パッキャオは12年が6200万ドルで全体の2位。14年は4180万ドルで11位だった。

 これらの金額は年俸など競技活動によって得られるものと、スポンサー収入など競技活動以外の収入の合計額。2015年版は2014年6月1日から2015年6月1日までの収入。










【2015/06/12 05:55】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「セサミストリート」で小学校の成績向上 米研究


ニューヨーク(CNNMoney) 人気テレビ番組「セサミストリート」を見ている子どもは小学校の成績が伸びる傾向がある――。そんな研究論文を2人の経済学者が発表した。

論文は米ウェルズリー大学と米メリーランド大学の経済学者が共同で執筆した。それによると、セサミストリートを見ている子どもの中でも、特に男の子とアフリカ系米国人および低所得層の子どもは、成績の伸びる率が最も高かったという。

ウェルズリー大学のフィリップ・レバイン教授は、「セサミストリートは年間わずか数ドルのコストで幼少期の子どもに影響を与えられる最大かつ最も手頃な手段かもしれない」と指摘する。

セサミストリートは1969年11月10日から放送が始まった米国でも有数の長寿番組。放送開始当時から大ヒットを記録し、71年までに就学前の子どもの約40%が視聴したという推計もある。

初期のセサミストリートはVHFとUHFの両チャンネルで放送された。ただ、UHFしか視聴できなかった世帯は受信状態が悪く、番組を見ていなかった可能性が大きい。

論文では受信状態が良かった地域と悪かった地域の子どもの成績も比較。その結果、受信状態がいい地域の子どもの方が、小学校の成績も良かったことが分かった。

別の要因を考慮しても、毎日1時間セサミストリートを見るかどうかで60年代後半~70年代初めにかけての子どもの成績に差が出ていたことが判明。現代でもインターネットの教育番組には同じような効果があるかもしれないと解説している。









【2015/06/12 05:52】 | Muscle Blog | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2015年6月11日 19時26分 iPhone7はデュアルレンズ・カメラ搭載か―サプライヤーからも新たに観測


サムスンとアップルが、デュアルレンズ・カメラを新たなスマートフォンに導入しようとしていることは以前から噂となっていましたが、サプライヤー側としても、かなり導入される可能性が高いと考えていることが分かりました。韓国メディアのEtnewsが報じています。

サプライヤーは色めき立つ

Etnewsがカメラのモジュールを製造するサプライヤーに取材を行ったところ、サムスンとアップルから近いうちにデュアルレンズ・カメラのオーダーが来るという観測は、ほぼ間違いない程度にまで高まっているそうです。

デュアルレンズ・カメラはシングルレンズ・カメラが持っている限界を突破するとの評判が高く、薄くて軽いスマートフォンでも、光学手ブレ補正(OIS)機能を備えた1,600万-2,000万画素での撮影が可能です。

これまでのシングルレンズ・カメラでは、高性能のセンサーを積もうとすると、どうしてもカメラのモジュールが幅を取ってしまうため、薄さや軽さを追求するベンダーとの方向性とは合わないことがネックでした。

iPhone7に搭載か



iphone7 画素数 デュアルレンズカメラ

デュアルレンズ・カメラでは、2つのレンズと複数のセンサーシステムが、奥行き、明るさ、色彩を鮮やかに表現するうえ、上述した容積の問題も解決出来ることから、既に搭載済のHTCやHuaweiに続く形で、各社がこぞって搭載に向けて乗り出しています。そのため、2016年はデュアルレンズ元年となるのでは、とも言われています。

またアップルは、複数の写真を同時撮影出来る高性能センサーや、奥行きを測るアルゴリズム、3Dマップなどの開発を手掛けるLinXをすでに買収済であることからも、デュアルレンズ・カメラがiPhone7以降の機種に搭載されるという見方は、かなり正鵠を射たものになりそうですね。


Source:Etnews,Phone Arena










【2015/06/12 05:48】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
この秋、Apple Watchはこう変わる

WWDC 15でAppleが発表したApple Watch向けOSの次期バージョン、「watchOS 2」で提供される機能で、Apple Watchはどう変わるのか、考えてみました。



 Appleが開催した開発者向けの年次会議「WWDC 15」で、Apple Watch向けのOS、「watchOS 2」が発表されました。2015年秋には無償のアップデートとして配布予定なので、すでにApple Watchを持っている人は、もれなくこの新OSの恩恵にあずかれることになります。

 現在のApple Watchの姿は、基本的にはiPhoneがないとほとんどの機能は利用できず、言ってみればサブディスプレイや周辺機器のような存在です。もちろん、周辺機器としての良さはあり、iPhoneを見る回数が減ったり、米国に限られますがApple Payの決済が手軽にできたりしますが、Apple Watchを使うことで何かが劇的に変わる、ということはまだあまり感じられません。

 ですが、watchOS 2がリリースされると、このApple WatchとiPhoneの関係は大きく変わります。Apple Watch単体でも動作する、ネイティブアプリの開発ができるようになるからです。Apple Watch用アプリは、おそらくiOS向けのアプリとセットで提供されるという形は踏襲すると思われますが、iPhoneが近くにない環境でもさまざまな機能が利用できるようになるのには大きなメリットがあります。

 ネイティブアプリが登場すると使い勝手どう変わるのか、具体的なシーンも想定しながら考えてみたいと思います。

単体で利用できる機能が少ないApple Watch

 今Apple Watchを使っている人の多くが感じているであろう不満、それは、Apple Watch単体で利用できる機能が少ないことではないでしょうか。


iPhoneが通信圏内にないと、ほとんどのアプリはこの画面が表示され、何もできません

 Apple Watchを機内モードにしてみればすぐに体験できますが、iPhoneと通信できなくなると、Apple Watchは時刻の表示とスケジュールの確認、アクティビティの計測、心拍数の計測、ワークアウトの計測、タイマー、ストップウォッチ、アラーム、世界時計、受信済みメッセージやメールの確認、転送済み音楽の再生以外の機能が利用できなくなります。

 これでもデジタル時計程度の機能は利用できるわけですが、普段できることと比べてしまうと不自由に感じます。特に、アプリは一切の情報更新が止まってしまいます。

 またiPhoneと通信できる状態でも、Apple WatchからiPhoneに戻る連係が不十分で、満足のいく操作感が得られなかったり、情報の更新に案外時間がかかったりする部分も、少なからず不満を感じる部分です。

ネイティブアプリ対応で利便性が大きく向上

 こうした状態が、ネイティブアプリの登場によって大きく改善されます。


watchOS 2では、ここに挙げられているようにApple Watchが持つ多くの機能を利用したネイティブアプリが作成できるようになります

 理由は簡単です。Apple Watchのアプリは、現在その処理をほぼすべてiPhoneで行っています。つまり、Apple Watchはリモコンとディスプレイだけの状態なのです。これが、watchOS 2になると、Apple Watch内で処理が行えるようになります。また、既知の(設定済みの)Wi-Fi環境があれば、そこでインターネットにアクセスして情報を得ることも可能になります。つまり、iPhoneがなくてもできることが飛躍的に増えるわけです。

 例えばグランスに設定している情報は、必要に応じて更新されるようになります。マップやナビゲーション機能は、位置情報のキャリブレーションができていれば、都市部ではiPhoneなしでもある程度利用できるようになるでしょう。

 現在はiPhoneと一緒に持ち出さなくてはいけない、サードパーティーベンダー製のアプリでも、スポーツアクティビティの計測ができるようになるのもポイントです。お気に入りのアプリを使って、なおかつiPhoneを持たずに、身軽に運動ができるようになります。特にApple Watchのワークアウトに登録されていないスポーツ、テニスやボルダリングなどの運動が、iPhoneなしでも正しく計測されアクティビティに反映されるようになるのは、モチベーションの向上にもつながると思います。

 スポーツアプリなど、ヘルスケア系ネイティブアプリは、Apple Watchとの相性が非常にいいと考えられます。心拍計や加速度センサーの情報が直接取得できるようになるので、運動量の把握も専用器具を別途購入することなく可能になります。睡眠の計測など、現在活動量計が必要なシーンも、watchOS 2登場以降は、アプリとApple Watchだけで実現できるようになるでしょう。

 ニュースアプリの更新も、iPhoneがなくても利用できるようになります。watchOS 2では、Apple Watchで受信した情報をiPhone側に送ることもできるようになるので、通信が途切れている間にApple Watchで受信した情報を元に、iPhone側で最新情報を表示するといったことも可能になります。なるべくリアルタイムに正確な情報が欲しい、天気の情報も、watchOS 2登場以降は多くの気象情報会社がサービスを提供してくれることは間違いないと思います。

Apple Watchの使い方にも変化が現れる可能性

 このように多くのことがApple Watch単体でできるようになると、Apple Watchの使い方自体も変わる可能性があります。

 現在のApple Watch用アプリは、iPhoneアプリのサブセットのような位置付けのため、だいぶ簡略化されているとはいえ、画面が小さい割に機能が多く、タッチ操作やDigital Crownでのスクロール操作が非常に多く残っています。

Apple Watch側で処理できることが増えれば、機能が増えることは当然考えられますが、一方で、この小さなデバイスに最適化した使い方、例えば複数のアクションを1アクションにまとめて実行するような、操作を簡略化する方向も出てくるでしょう。

 現在はメニューをたどって実行する必要がある機能が、グランスのボタンから簡単に呼び出せるようになったり、通知から実行できるアクションが増えたりすることは容易に想像できます。いかに少ないアクションでユーザーが目的を果たせるようにするかは、今後Apple Watchアプリの大きなテーマになるはずです。

 Apple Design Award 2015を受賞した「Workflow」というiOSアプリは、ドラッグ&ドロップで複数のアクションを組み合わせて実行できる命令が作成できることで人気です。例えば直前に撮ったスクリーンショットを添付したメールを作成する、あるいは現在地近くのコーヒーショップを探す、といったよく使う一連の操作が自動化できるのですが、Apple Watchのネイティブアプリでは、これに近い世界が目指されるのではないでしょうか。

 watchOS 2では、Siriも強化され、音声でアプリを実行することは可能になるので、決して絵空事ではないと考えます。

 例年、秋というと新しいiPhoneやiPadが発表される時期でもあります。そのタイミングでApple Watchの新しいモデルが出るかどうかは分かりませんが、少なくとも現行のApple Watchに新OSがもたらされ、機能が向上することは間違いありません。しばらくApple Watchを使ってみたけど、なんだか飽きてしまったな、という人もいるかもしれませんが、新OSが出るまでは、手放すのを待った方がいいかもしれません。

 思い起こせば、「iPhone」が初めて登場したときも、ネイティブアプリの開発環境は提供されておらず、多くの機能はWebブラウザのSafariで実行するような製品でした。それが「iPhone 3G」に合わせて登場したiPhone OS 2で大きく変わり、ネイティブアプリの開発が解禁されたことで、さまざまな用途が広がり、今のiPhoneがあることは多くの人が知るところです。

 Apple Watchも、ネイティブアプリの開発解禁によって、今は想像もできないような進化が約束されたと言っても過言ではないでしょう。

ITmedia








【2015/06/11 06:32】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アップルWWDC現地リポート
 アップルは毎年6月に、開発者会議「WWDC」を米サンフランシスコで開催します。今年もその季節がやってきました(写真1)。昨年まではマック用OSの「OS X」とiPhone・iPad向けOS「iOS」の2本が軸でしたが、今年はさらに、Apple Watch向けの「watchOS」が加わり、3本の矢でイベントが進んでいきます。しかし、テーマはそれだけにとどまりません。新しい音楽サービス「Apple Music」も発表されました。
 今回は、WWDCで分かったアップルのこれからのビジネスプランについて考えてみましょう。

(ライター・西田宗千佳)

■新OS「エル・カピタン」登場、iOSとの類似点拡大

 WWDCは開発者会議ですから、本来は新製品の発表の場ではありません。「開発者に新しい技術の方向性と開発情報を示す」のが狙いです。アップルはこのところ、iPhoneを中心とした主要製品の発表時期を「秋」に定めており、その時期に、各種OSもアップデートします。新ハードウェアの内容はひとことも明かされることはないのですが、新OSの詳細を開示することで、開発者は秋に向けて開発の準備ができるわけです。

 まず発表されたのは、マック用OS「OS X」の新バージョンです。現在、OS Xの愛称はアメリカの地名にするルールになっているのですが、今回の愛称は「エル・カピタン」。アメリカのヨセミテ国立公園内にある、巨大な一枚岩のことです。

 あれ、「ヨセミテ」? 勘がいい方はすぐに気付いたかもしれません。現在最新のOS Xの愛称はヨセミテです。その中にあるものが使われたわけですね。その辺、筆者には「OSの変化の規模は大きくありません」という暗喩にも見えます。

 ヨセミテでは画面デザインの変更を含む大きな改変が行われたのですが、エル・カピタンは、それに比べると、テクノロジーとしては小規模な変更が中心です。しかし、操作性の面では見逃せない変化が生まれています。

 一つ目の変化は「自然文検索」です。OS XにはSpotlightという、ネットとマックの中を串刺しにして検索する機能があります。なかなかに便利なのですが、これまでは、一般的なネット検索と同様に「キーワード」がベースでした。それが、エル・カピタンでは、文章ベースもOKになります。「明日の天気」とか「先週末に作った文書」とか「去年サンフランシスコで撮影した写真」とかいう指定でOKになるのです。実際に基調講演でデモされたのは英語なのですが、アップルがウェブで公開している情報によると、日本語でも同じように働くようです。どこまで快適になるかは試してみないとわかりませんが、精度が高ければ便利だろうな、と感じます。

 二つ目の変化は、全画面モードの改善です。OS Xには、動いているアプリを画面いっぱいに広げる「全画面モード」があり、多くのアプリがそれを使います。しかし、1アプリで1画面になると、「スケジュールを参照しながら作業をする」とか、「仕事しながらSNSを見る」といったことがしにくいもの。そこで、全画面モードのアプリをうまく二つ並べて表示する機能が用意されました。これが「Split View」です。実はウィンドウズでは似た機能が8以降に搭載されており、アップルの発明、とはいえません。皆、考えていることはそんなに遠く離れてはいない、ということなのでしょう。

 もう一つは「動作の快適化」です。GPUをさらに効率的に使える「Metal」という技術を導入することで、OSからゲーム、プロ向けグラフィックソフトまで、色々なシーンでのレスポンスを向上しよう、という狙いがあります。アップルは、アプリの起動が1.4倍、アプリ切り替えが2倍に高速化し、グラフィックレンダリングの速度は50%以上アップする、としています。

 実はこうした機能、アップルとしてはOS Xに限ったものではないのです。iOSとの共通項がさらに増えてきているのです。

 エル・カピタンで導入される「Metal」は、昨年秋公開された現在の最新バージョンである「iOS8」向けに開発されていたもので、その発想をOS Xでも実現した、という意味合いを持ちます。

 iOSでは元々、音声入力「Siri」を使い、自然文的な検索や指示が使われています。次期iOSである「iOS9」では、写真の検索などにも対応、先ほどエル・カピタンの例で挙げた「去年サンフランシスコで撮影した写真」といった写真検索もできるようになっています。

 ひときわ注目を集めたのが、iPadに画面分割表示「Split View」が導入されたことです。これまでiPadは「1画面1アプリ」で、まさにOS Xでいう「全画面モードのみ」の状態でした。そうした部分で、PCに比べて使い勝手が悪く、文書作成などには向かない、と言われてきました。しかし「Split View」導入により、その辺は改善に向かいます。PCやマックとまったく同じ使い方をするものではない、と思いますが、便利なシーンがさらに増えるのは間違いありません。

■先回りして「気の利いた」動作を目指すiOS

 iOS9では、音声入力や行動分析の機能を強化して、人の操作を待つのではなく「積極的に補助」する「Proactive Assistant」という機能が追加されます。音声検索などは、あいまいな言葉でもより適切な情報・機能を見つけやすくなります。「ヘッドホンをiPhoneにつなぐ」という動作から、その時間帯によく使っているアプリを掛け合わせ、「普段この時間帯は、スポーツしながら音楽を聴いている」とか「この時間帯は車で移動しつつオーディオブックを聞いている」という判断をし、アプリの起動に活用します。

 さらには、メールでやってきたお誘いの内容を分析、自動的にアドレス帳への転記をすすめたり、スケジュール内の予定と交通状況を勘案、「何時に出ないと渋滞もあるので遅れる」と指示したりもします。電話帳に登録していない人から電話がかかってきた場合、過去のメールの履歴から「きっとこの人ではないか」という候補を探し出して表示する機能も用意されました。

 こうした要素、グーグルが「Google Now」として進めているものに近い部分があります。スマートフォンが人間のアシスタントであるとしたら、「より気が利くアシスタント」として、積極的に先回りして動こう、ということなのでしょう。そうした機能をネットサービスとして実装するグーグルに対して、アップルは「自社製品」にひも付いたOSの機能として実装するところが大きな違いでしょうか。ネットサービスにすると機器を問わず使いやすくなる一方、操作性向上にはマイナス。逆にOSや機器にひも付けて実装すると、操作性は向上させやすい、という特性があります。この辺、アップルという会社の方向性が見えてくる感じです。

■Apple Watchアプリが単独でも動作可能に

 アップル第三のOS「watchOS」は、読んで字のごとく時計向け、すなわちApple Watch用OSです。watchOSのベースはiOSであり、昨年秋にApple Watchが発表されたばかりの時には、特にOS名は設定されていませんでしたが、アップデートは「watchOS 2」と予告されました。

 実はこのアップデート、予想通りのものでもあります。現在のApple Watchでは、アプリは「連携するiPhoneの側」で動いており、Apple Watch側は表示に専念していたような部分があります。開発は容易であるものの、Apple Watchのハードの機能を生かしづらいこと、情報の更新に時間がかかることなどの難点もありました。アップルは「2015年後半には、Apple Watch内で直接アプリが動くようにする」との方向性を打ち出しており、そのためのアップデートが必要、とされてきました。

 アップルは毎年WWDCで「アプリの市場がどこまで広がったか」という情報を開示します。例年は会の冒頭に行われていたのですが、今回は中盤に移動しています。アップルのティム・クックCEOは、アプリダウンロード数の累計が1000億本を超えたことと、その際の開発者への売り上げ還元額が300億ドルを超えたことを発表しました。その情報を中盤、すなわちwatchOS 2発表の前に持ってきたのですが、理由はもちろん、「次のゴールドラッシュがApple Watchアプリにある」と主張したいからです。

 Apple Watchの中でアプリが動くようになり、ハードの特性をフルに活用できるものになるという変化は、iPhoneが登場した翌年、App Storeが出来た時に匹敵する……というのが、アップルの主張です。この点がどう変化に結びつくかは、WWDCを経て、アプリ開発者がどう奮起するかを見て判断したいところです。

■「One more thing…」はApple Music

 watchOSまで、OS関係の説明が一段落したところで、ティム・クックCEOは「One more thing…」(あともう一つ……)と口火を切りました。発表会の最後に「もうひとつ、より重要なこと」を発表する際のお約束のようなフレーズで、アップルファンにはスティーブ・ジョブズの時代からおなじみのものです。もはやサプライズではないことをアップルも分かっていますが、「開発者やファンにはおなじみ」の言葉を切り出すのは、ある意味で水戸黄門の印籠(いんろう)のようなもの。「お約束の展開」を皆が楽しんでいる雰囲気すらありました。

 今年の「あともうひとつ」は、OSでもハードウェアでもありません。新音楽サービス「Apple Music」の発表です。

 Apple Musicは、「定額制音楽配信」と呼ばれるサービスの一種です。6月30日から「世界100カ国以上でスタート」とされていますが、日本で開始日から展開されるかどうか、公式の回答はありません。しかし、周辺を取材した状況から判断すると、「6月30日に日本でもサービスが始まる」可能性はきわめて高い、と筆者は考えています。

 現在世界の音楽シーンでは定額制音楽配信のビジネスが拡大しています。月額10ドル程度を支払うと、数百万・数千万という数のラインアップから、いくら聴いても追加料金がかからないのが特徴。Apple Musicもそんなサービスの一つです。

 アップルは音楽のダウンロード販売「iTunes Store」を展開中で、日本にも数多くの利用者がいます。Apple Musicでは、ダウンロード販売に使われる楽曲データとそのカタログ・ラインアップがほぼそのまま流用されるようです。音質も、ダウンロード販売と同じくAAC形式・256kbpsです。

 音質や配信スピード以外にポイントとなるのが「レコメンド」です。数万以上の数になると、もはや1曲ずつ探して再生するのは面倒臭すぎます。そこで、楽曲を「似た曲」「一緒に再生すると興味深い曲」などで分類した上でプレーリストを作り、それを再生すれば自分の好きな曲ばかりが集まる……というやり方が定着しつつあります。Apple Musicの場合には、音楽関連の雑誌出版社などと提携し、さらに利用者の行動から「面白いプレーリスト」「説得力のあるプレーリスト」の開拓をするのにも熱心です。

 Apple Music関連の責任者のジミー・アイオビン氏はこう話しています。

 「ストリーミングからSNSまで、音楽が様々なところに分断されている。ばらばらに操作しなくてはいけないから残念。ひとつの場所が必要」

 その「ひとつの場所」こそApple Musicである、と宣言したかったのかも知れません。

 日本ではストリーミングビジネスは定着していません。今後、Apple Musicが勝つのか、それとも別のサービスが勝つかは断言できませんが、改めて、「本格的な普及競争の時期」になりそうな印象です。









【2015/06/10 06:16】 | sportours新着情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
JAXA、火星衛星に探査機…月面には19年度

火星の衛星探査機のイメージ図(JAXA提供)

 宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)は9日、新たに火星の衛星に無人探査機を送り、衛星表面の物質などを地球に持ち帰る計画の検討を始めたことを明らかにした。

 日本初の月面着陸を目指す探査機「SLIMスリム」は、2019年度を打ち上げの目標時期とした。いずれも同日、政府の宇宙政策委員会小委員会で報告した。

 JAXAによると、新たな計画は、火星の二つの衛星「ダイモス」「フォボス」のいずれかに探査機を送る。火星との往復にかかる期間は3~7年と見込んでいる。

 政府が1月に決めた宇宙基本計画は、宇宙探査の中規模プロジェクトとして、今後10年間に探査機3機を打ち上げ、最初の1機を2021~22年度に打ち上げると定めている。JAXAは「火星の形成について調べられるなど科学的意義が大きい」として、中規模プロジェクトの1機目を火星の衛星探査に充てる方向で検討している。

The Yomiuri Shimbun







【2015/06/10 06:15】 | Muscle Blog | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「Google Maps」アプリがさらに進化!バージョン 4.7.0 が公開

Google Maps アップデート

本日、Googleは人気地図アプリ「Google Maps」をアップデートしました。

バージョンは4.7.0で、場所をパソコンからスマートフォンやタブレットに送れるようになるなどの新機能が追加されています。

「Google Maps」バージョン4.7.0の新機能

Googleより案内されている、「Google Maps」バージョン4.7.0の新機能は以下の通りです。


• 場所をパソコンからスマートフォンやタブレットに送れるようになりました(通知はオンにしておく必要があります)。
• 営業時間を追加、編集できるようになりました。
• [マイプレイス] のプロフィールからクチコミや写真を表示できるようになりました。
• バグを修正しました。


どれも細かなアップデートのようにも思えますが、ユーザーのニーズを的確に認識し、最適化している印象です。

同日には、「Apple Maps」のアップデートも

既報の通り、本日未明にはAppleの開発者向けイベント「WWDC2015」の基調講演が行われ、Appleの純正マップアプリ「Apple Maps」のアップデートが発表されています。その中では、乗り換え案内機能の新搭載などが果たされました(※日本での対応があるのかは、現時点で不明)が、これらは「Google Maps」が以前から採用していたアイデアが多くを占めています。

Appleが好きな筆者としては、さらなる「Apple Maps」の成長に期待したいところですが、いまだ地図アプリの最前線を走り続ける「Google Maps」アプリが、どこまで飛躍していくのかも楽しみですね。






【2015/06/09 18:45】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アップル、音楽聞き放題サービスを発表 月9.99ドルで グーグル端末にも配信
 【シリコンバレー】米アップルは8日、月額9.99ドル(約1240円)で聞き放題の音楽配信サービス「アップルミュージック」を6月30日から米など100カ国以上で始めると発表した。秋からは競合の米グーグルの基本ソフト(OS)を使った端末上でも使えるようにする。個別楽曲のネット販売で独占的地位を築いたアップルは音楽業界との太いパイプを生かし、独自コンテンツを集めることで勢いを増す無料の広告付き音楽配信サービスに対抗する狙い。


アップルは定額聞き放題サービス「アップルミュージック」を発表。ファレル・ウィリアムス氏(中央右)ら多数の有名ミュージシャンを招待し、音楽業界との近さをアピールした(米サンフランシスコ市)

 新サービスは音楽をダウンロードして端末に保存して聴くのではなく、曲を受信と同時に再生する「ストリーミング(逐次再生)」方式で提供する。競合のスウェーデン、スポティファイなどと同じ3千万曲以上をそろえた。3カ月間の無料の試用期間を設ける。視聴履歴などから利用者の好みをふまえ曲を推薦するが、プログラミングだけでなく音楽の専門家による曲選びも組み合わせる。曲探しには音声検索も使える。

 音楽家がファンに向けて直接様々な情報を発信できる機能もつけた。スタジオの録画風景など独自の動画も配信する。サービス上に24時間放送のネットラジオ局もつくる。

 アップルの音楽配信は楽曲やアルバムの個別のダウンロード販売か、広告付きでラジオのように聞き流す無料サービスしかなかった。従来のラジオ形式の無料サービスでは個別の曲を指定できなかったが、アップルミュージックでは個別の曲が選んで聞けるようにする。








【2015/06/09 06:28】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
iOS9は学習機能が向上、Siriがより正確、レスポンスが迅速に

iOS9

Appleは現地時間6月8日、WWDC2015の基調講演において、iOSの最新版となるiOS9を発表しました。

Siri機能が大幅に向上

Appleによると、iOS9ではSiriの機能が向上、レスポンスがより正確かつ迅速になっています。また「インテリジェンス」向上で学習機能が大幅アップしました

現在地や現在時間、どんなアプリを使っているか、何に接続しているかによってiPhoneの対応が変わります。たとえば朝、iPhoneにヘッドフォンをつないだときと、午後に車の中でカーオーディオと同期させたときとでは、スクリーン上に表示されるお勧めの音楽が変わってきます。

また交通状況を考慮して、カレンダーに入れている約束の場所へ向かうのに必要な時間を計算、いつ出発すればいいかを教えてくれます。

検索のAPIが新しくなり、アプリと緊密に連携するようになりました。たとえばデモでは、Siriを使って「去年のWWDCの写真を見せて」と呼びかけると、画面に該当写真が一覧表示されるという具合です。

Spotlightでは、たとえばチョコレートケーキの作り方を検索すると、頻繁に使っている料理アプリの当該レシピのページが開きます。

iPadは2つのアプリの同時表示が可能に


iOS9SplitView

そしてiPadでは、マルチタスクが可能となり、2つのアプリを画面上に並べて操作できる「Slide Over」や、アプリを使いながら(たとえばメールに返信しながら)動画を視聴したり、FaceTimeでの通話が可能な「Picture-in-Picture」が、iOS9により実現しています。

またMaps機能が向上し、Notesアプリが再設計されたほか、新たに「News」アプリが追加されています。

iOS9のベータ版とSDKは開発者向けに本日より公開され、パブリックベータ版は7月にリリースされます。一般公開はこの秋の予定です。なおiOS8に比べ、ダウンロードに必要なスペースが大幅に縮小されるとしています。


Source : Apple






【2015/06/09 06:21】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アメリカンフットボール、関学社会人に圧勝で春シーズンを締めくくる



6月7日、王子スタジアムにて、神戸ボウルが行われ、45ー3でエレコム神戸ファイニーズに勝利。春シーズンの最終戦を白星で飾った。

 第1Q(クオーター)5分にパントブロックを許すと、それをFG(フィールドゴール)につなげられ先制される。しかし、第2Qに1年生RB山口(商1)のTD(タッチダウン)で逆転すると、その後は終始関学ペース。6TDの猛攻で試合を決めた。

 次戦は6月14日、関西学院第3フィールドにてJV戦(対西南学院大)が行われる。

試合後のコメント

鳥内秀晃監督「エレコムが練習不足だっただけ。ラインは社会人ではトップレベルではないので点は取れると思っていた。それ以上に簡単なパスを落とすのは良くない。1つのミスで流れが変わる。(外国人ランナーについて)もっと体を鍛えて秋には倒せるようにしてほしい」
主将#55OL橋本亮(法4)「社会人に勝って日本一になると言っている限り、勝って当然の試合だった。まだまだ勝つことに本気になれていない部員も多い。日大に負けたことを自覚できているのか、ただ勝つことだけで満足していないか。気持ちの面を見直さなくてはいけない。秋シーズンに向け、上級生だけではなく全員に『1月3日に勝つ』という気持ちを共有させ、全10試合を必ず勝つ」










【2015/06/08 06:21】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
バブリンカがジョコビッチを破り初優勝 全仏テニス


 テニスの全仏オープン最終日は7日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス決勝で第8シードのスタン・バブリンカ(スイス)が第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)を4-6、6-4、6-3、6-4で破って初優勝を飾った。優勝賞金は180万ユーロ(約2億5千万円)。

 30歳のバブリンカは2014年の全豪オープンに続く四大大会2勝目で、スイス勢として09年のロジャー・フェデラー以来2人目の全仏優勝となった。

 28歳のジョコビッチは全仏で3度目の決勝進出だったが、またも優勝を逃し、史上8人目の四大大会全制覇は次戦以降に持ち越した。(共同)










【2015/06/08 06:12】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヨネックスレディス 大山志保が今季初優勝 最終18番のバーディで決着

大山志保が今季初勝利を挙げた

◇国内女子◇ヨネックスレディスゴルフトーナメント 最終日◇ヨネックスカントリークラブ◇6352yd(パー72)

首位タイからスタートした大山志保が4バーディ、3ボギーの「71」でプレーし、通算10アンダーで今季初優勝を飾った。1打差リードで迎えた最終18番(パー5)で、先にバーディパットを決めた同組のテレサ・ルー(台湾)に並ばれたが、1m強のバーディパットを入れ返して接戦に終止符。プレーオフで敗れた前年の悔しさを晴らし、2006年に続く大会2勝目を手にした。

右手のこぶしを振り下ろすおなじみのガッツポーズに続き、両手を大きく上げて喜びを爆発。試合後のインタビューでは「これに満足せず、2勝、3勝して、昨年以上の成績を残したい」と語った。

ルーは通算9アンダーの2位。前週「リゾートトラストレディス」に続く2週連続優勝は惜しくも逃したが、3試合連続のトップ3フィニッシュと好調を続けている。

通算8アンダーの3位に表純子。通算7アンダーの4位に古屋京子、通算5アンダーの5位に菊地絵理香が入った。1打差の6位に山城奈々、永峰咲希、渡邉彩香、O.サタヤ(タイ)の4人が続いた。
ヨネックス契約のホステスプロ、アン・ソンジュ(韓国)は通算3アンダーの10位。アマチュア勢でただ1人決勝ラウンド進んだ15歳の石井理緒は、通算1アンダーの16位でローアマタイトルを獲得した。

前年覇者の成田美寿々は通算2オーバーの34位に終わった。

順位 選手名 通算 合計
1 大山志保 -10 206
2 テレサ・ルー -9 207
3 表純子 -8 208
4 古屋京子 -7 209
5 菊地絵理香 -5 211











【2015/06/08 06:06】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アップルのWWDCバナーにiOS、OS X、watchOSの3つのOS名が登場


アップルのWWDC(世界開発者会議)が開催される、サンフランシスコのモスコーンセンターウェストの2階フロアには興味深い、幾何学模様のバナーイメージが掲示されていることが、アップルの情報サイトMacStoriesのFedecico Viticci氏によるツィートで判明しました。

バナーには3つのOS名

投稿された画像から、それぞれのイメージはiOS、OS X、watchOSを表しているようで、ここ数年使用された長方形のバナーにテーマとなる写真を表現していたバナーとは、違った表現になっているようです。

それぞれのバナーは天井から床まで届くほどの長さで、新しいOSでシステムフォントとなるSans Franciscoフォントのような軽い書体で、それぞれのOS名が書かれているように見えます。

watchOSをリブランディング

アップルは、この3つのバナーの内、Apple Watch向けのオペレーティングシステムを「watchOS」と表記しており、これまでの表現とは変えていることから、watchOSをブランディングし直すのではないかと考えられます。

先日アップデートされたWWDCアプリでも、「watchOS」と表示されており、これまでアップルがマーケティングで使用してきた「watch OS」とは表記が異なっています。

Apple Watch SDKを配布

WWDCでは開発者ツールであるApple Watch SDKが配布される予定となっており、これにより開発者は各種センサーデータや、Digital Crownをはじめとするハードウェアに直接アクセスすることが可能になる模様です。また、これまでのWatchKitアプリのエクステンションに比べ、パフォーマンスが向上するといわれています。

WWDCではiOS、OS X、watchOS、それぞれのOSに関連し、どのような発表があるのでしょうか。


Source : 9to5Mac








【2015/06/08 05:58】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
五十嵐俊幸はフィリピン新鋭に3-0判定勝ち
元WBC世界フライ級チャンピオンで世界2階級制覇を狙う五十嵐俊幸(帝拳)が6日、東京・後楽園ホールのメインイベントに登場。フィリピン・フライ級4位のレネリオ・アリザラとのS・フライ級10回戦に3-0判定勝ち。スコアは97-94、97-93、99-92だった。


前半苦しみながらも後半に突き放した五十嵐(右)

 ここ2試合が負傷判定勝ちだった五十嵐は「しっかりした勝利」を第一目標に掲げてリングに上がった。しかし序盤ペースを握ったのは3週間前に急きょ代役出場が決まったアリザラ。上背はないがリーチのあり、スピードも感じさせるアリザラは伸びのある右ストレートが効果的。五十嵐はこれを何度か被弾してしまい、2回にはパンチをもらって左目上部をカットした。

 五十嵐は4回に左ストレートを叩き込んで反撃開始。ここからアリザラの右ストレート、左フックを被弾するが、体格差を生かして距離を詰め、左ボディブローからアッパーを決めてアリザラを後退させた。ペースをつかんだかに見えた五十嵐だが、6回はアリザラの右、左フックを食らって再び雲行きが怪しくなる。

 五十嵐は7回に再び前に出て立て直し、8回にはKOを狙ってラッシュを敢行。アリザラは足元をふらつかせるが、機を見て五十嵐にクリーンヒットを決めるので気が抜けない。それでも終盤は元世界王者のペース。最終回もKOを狙ってアリザラをダウン寸前まで追い込んで試合を終えた。五十嵐は21勝11KO2敗1分。アリザラは12勝5KO2敗1分。


BoxingNews








【2015/06/07 06:00】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
マッハ5の無人の極超音速機、23年までに開発 米空軍


ワシントン(CNN) 米空軍は6日までに、少なくとも音速の5倍の速さを持つ無人の極超音速航空機の開発を2023年までに完成させる計画を発表した。

空軍の科学技術担当責任者がCNNに、同機完成の目標時期などを明らかにした。ただ、実現には克服すべき課題がまだあるとも指摘。新たな飛行誘導システムや機体の素材の開発が必要とした。ロシアと中国も極超音速航空機の製造や試験に活発な動きを見せているとされる。

別の空軍幹部は昨年、同機が完成すれば戦争の形態を変える武器になるとも予想。長距離にわたって非常な高速で飛行するため標的に達する前の探知が事実上不可能になるとも指摘していた。

米国防総省は過去数年にわたり、この種の航空機の実験を重ね、太平洋上空で爆撃機から離して飛行させ、一定の成果を上げてきた。



極超音速航空機と呼ばれるには少なくとも音速の5倍での飛行が必要。時速換算では約6116キロとなる。約30分で米本土の横断が出来る計算ともなる。

同機には、空気吸い込み機能を高めるミサイル技術が導入される予定で、現在開発されている。この技術はマッハ1もしくは2の飛行を可能にし、標準型のミサイルと比べより効率的な飛行が実現するとしている。

米軍による極超音速航空機「ウエーブライダー」の一連の実験飛行は失敗が続いていたが、2013年5月に実施された最後となる4回目の実験で、海上に墜落する前にマッハ5を記録する狙い通りの成果を得ていた。これらの実験は04年に発案された、経費が3億ドルの軍プロジェクトの一環。最初の実験は09年だった。










【2015/06/06 18:43】 | Muscle Blog | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
画期的な新メモリーが登場 スマホに数百本の映画
 次世代型メモリーチップ「NRAM」を開発している米ナンテロは、カーボンナノチューブ(CNT)技術の開発費を賄う5度目の資金調達で3150万ドルを集めた。巨大企業が君臨する半導体業界では、こうした資金調達は異例だ。

■低電力・高信頼性・高耐久性



ナンテロではカーボンナノチューブを使った次世代メモリーチップ「NRAM」を開発している(ナンテロ社提供)
 超高速で高密度のCNT技術をベースにしたNRAMは、モバイルコンピューティングやウエアラブル機器、消費者向けの電気製品、航空軍事分野の応用製品、企業の業務システム、自動車、モノのインターネット「IoT」、工業製品など様々な市場で活用でき、現在の主流であるフラッシュメモリーやDRAMに置き換わる可能性もある。ナンテロは将来、1枚のメモリーチップに数テラバイトのデータを保存できるようになるとみている。これが実現すれば、1台の携帯端末に数百本の映画や数百万曲の歌を保存することが可能になる。

 出資企業にはチャールズ・リバー・ベンチャーズ、スタータ・ベンチャー・パートナーズ、グローブスパン・キャピタル・パートナーズ、ハリス・アンド・ハリス・グループ、ドレイパー・フィッシャー・ジャーベットソンが名を連ねる。ナンテロが開発中のNRAMは微細で、1本のチューブは人間の毛髪の直径の約5万分の1しかない。一方で鋼鉄の50倍の強度があり、密度はアルミニウムの半分だ。

 ナンテロによると、NRAMの熱と電気の伝導率はほかのどの素材よりも優れている。NRAMチップはコストが低く、多層構造にすることが可能。NAND型フラッシュメモリーの約100倍、電源が入っている間は機器のメインメモリーとなる「DRAM」とほぼ同じ速度でデータを読み書きできる。従来の半導体工場での製造が可能で、(回路間の距離を)5ナノメートル未満に微細化できる。低電力で、信頼性が高く、耐久性にも優れている。

 新型メモリーの製造で常に課題となるのは量産化だ。ナンテロはこの2年間でチップ1枚あたりのCNTのコストを10分の1に削減したとしている。同社がこれまでに製造したチップは数万枚に上る。

 ナンテロは米マサチューセッツ州ウォーバーンの本社に50人以上の社員を擁し、シリコンバレーや日本にも事務所がある。設立は2001年で、08年に米防衛機器大手ロッキード・マーチンからスピンアウト(分離・独立)した。米国で175件以上の特許を取得しており、さらに200件を申請中だ。

 同社はグレッグ・シュマーゲル社長兼最高経営責任者(CEO)とトム・リーカック最高技術責任者(CTO)が共同で設立。米国半導体工業会(SIA)元会長のジョージ・スカリス氏が理事会メンバーを務める。

■量産に向け本格始動

 ナンテロは何年にもわたってCMOS(相補性金属酸化膜半導体)工場でNRAMを量産しており、7カ所のCMOS工場にNRAMの生産工程を設置しているという。顧客が現在目にするNRAMチップは、同社が製造した容量4メガビットのサンプルだ。同社は半導体メーカー大手3社と契約を交わしている。

 ナンテロのシュマーゲル社長は声明で、NRAM技術の開発は既に世界有数の工場で進んでおり、十数社が実用化に向けて積極的に取り組んでいると述べた。次の段階ではNRAMの量産化に入るという。

 ウェブフィートリサーチの設立者で半導体アナリストのアラン・ニーベル氏は「(この技術には)エレクトロニクスの未来を変える可能性がある」と期待を寄せる。

 ナンテロの理事には、米インテルの元幹部で、ETOX型フラッシュメモリーセルを共同開発したステファン・ライ氏と、台湾の華亜科技の元幹部で、現在は取締役会メンバーの胡耀文氏らが新たに加わった。


(最新テクノロジーを扱う米国のオンライン・メディア「ベンチャー・ビート」から転載)










【2015/06/06 06:21】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新型iPhone開発は遅れ気味?本体寸法のリークが例年より遅い模様


新型iPhoneは一体いつ発売になるのでしょうか?

近年、新型のiPhoneは9月にリリースされることが慣例化していますが、国内メディアのEngadgetが台北で開催中のコンピュータ見本市 COMPUTEX TAIPEI 2015を取材し、気になる情報を入手しています。

去年はあったのに、今年はない・・・

台湾・台北市で開催されている、アジア最大級のコンピュータ見本市「COMPUTEX TAIPEI 2015」では、毎年様々な新製品の展示が行われています。中でもiPhone好きとしての注目は、昨年、発売前のiPhone6ケースを展示していた、中国のアクセサリメーカー「WEIJIAMEI」です。

ただ、情報元によりますと、今年は同社の展示ブースに、新型iPhoneのケースはなかったそうです。昨年は6月の段階で、すでに新型iPhoneの情報が入っていたものの、今年は少し遅れているとのことで、ネーミングについても、iPhone6sとなるのかiPhone7となるのかについては、まだわからないとされています。昨年、展示していたiPhone6のケースは、実物と完全に寸法が一致していただけに、少し残念ですね。

なお、寸法情報の入手元はAppleではなく、そのサプライヤーとのことですが、具体名は定かでありません。

新型iPhoneの発売は一体いつに?

去年は同時期に入っていた情報が、今年は入っていないとなると、例年通り9月に発売されるのか不安になりますね。先日、新型iPhoneは8月に発売されるのではないかとの情報もありましたし、真相が気になるところです。


Source:Engadget








【2015/06/06 06:08】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
医療・介護の負担額、金融資産に連動 骨太方針原案
 政府の2015年度の経済財政運営の基本指針「骨太の方針」の原案が4日、明らかになった。来年1月に始動する税と社会保障の共通番号(マイナンバー)で個人の金融資産を把握し、資産額が多いほど医療や介護の自己負担額を増やす仕組みの検討を明記。高所得者の基礎年金の支給を一部停止するなど国の歳出の3割を占める社会保障費の抑制に重点を置いた。

 政府が今月中旬にも与党との調整に入り、20年度に基礎的財政収支を黒字化する財政健全化計画とともに月末に閣議決定する。

 骨太の方針は「経済・財政再生計画」との章を設け、20年までの歳出入改革の行程を打ち出した。社会保障分野では、新薬と比べて割安な後発薬の利用割合を80%以上に設定。患者が新薬を選んだ場合、後発薬との差額を負担してもらう制度の検討も明記した。現在2年に1回改定している薬価を毎年見直すことも検討する。

 税制改正では、専業主婦世帯の所得税を軽くする配偶者控除について「早急に見直す」と強調。高齢者の資産への課税を強化する資産課税の検討も盛り込んだ。

日経新聞









【2015/06/05 05:46】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「老いる東京」集中是正探る 創成会議、地方移住を解決策に
 日本創成会議の提言は、急速な高齢化で医療や介護の体制が追いつかない「老いる東京」の姿を浮き彫りにした。東京圏に住む75歳以上の人は、今後10年間で175万人増える。現状では有効な対策を打ち出せておらず、創成会議は地方移住を有力な解決策に据えた。移住先の自治体からは歓迎する声が出る一方、東京都や神奈川県は反発している。



 創成会議によると、2025年までの介護需要は東京が38%増、神奈川48%増、千葉50%増、埼玉52%増と全国平均の32%増を上回る。ただ、全国的に見ると減少に転じた地域もあるため、移住を促して需給のミスマッチ解消を提言した。

 移住先に例示された自治体は総じて歓迎ムードだ。大分県別府市は「評価されたことは正直にうれしい。交流人口を増やし、別府を気に入ってくれた人に定住してもらう」(企画部)と語る。

 人口が年約3千人のペースで減少し「消滅可能性都市」にも挙げられた北海道函館市も「医療施設が充実し、介護面でも有料老人ホームなどには空きがある」(企画部)と歓迎する。

 一方、神奈川県の黒岩祐治知事は4日、「移住策には違和感を覚えざるを得ない」と不快感を示した。東京都の舛添要一知事も住み慣れた場所で暮らす重要性をかねて指摘している。高齢者が地方に流出すれば、経済の活力がそがれ、税収も減るとの危機感もある。

 移住者の医療・介護費を自治体間でどう分担するかも今後の課題だ。

 東京都の杉並区は静岡県南伊豆町と特別養護老人ホームの整備で提携した。「特養を区内につくり続けるのは財政的に限界がある」(田中良区長)と判断したためだ。

 両自治体は費用を転居前の自治体が負担する「住所地特例」制度を活用する予定だ。「移住する高齢者が今後さらに増えれば、小さな自治体の介護費用が将来的に重くなる」(南伊豆町の梅本和熙町長)ためだ。

 関東周辺のある市長は「子育て世帯に来てほしいのが本音で、シニア層だけ誘致するところがあるのか疑問」と語る。

日経新聞







【2015/06/05 05:45】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
NASAの「空飛ぶ円盤」、ハワイで飛行実験


(CNN) 米航空宇宙局(NASA)はハワイで現地時間の3日、円盤型の実験機の飛行テストを実施する。新開発の超音速パラシュートの性能を試すためのもので、NASAが目指す火星への有人飛行の実現に向けた鍵を握る。

実験は当初2日に予定されていたが、海上が荒れたため3日に延期された。3日の天候が安定すれば、円盤型の「低密度超音速減速機(LDSD)」を搭載した実験機を、巨大な気球で地上12万フィート(約36キロ)の高さまで飛ばす予定だ。

LDSDは上空でロケットを噴射して、全長30メートルの超音速パラシュートを展開。減速しながら降下する。地上では円盤に取り付けた4台のカメラからの映像を生中継する。最終的に実験機は海上に着水させ、回収することになっている。

LDSDは昨年、ハワイのカウアイ島にある米海軍基地で初の実験が行われたが、この時はパラシュートをうまく膨らますことができなかった。

今回使われる「超音速リングセールパラシュート」は、火星で使う目的でテストした超音速パラシュートの中では最大の大きさになるという。

パラシュートは火星への着陸に向けた最終段階で、大気圏に突入して減速するために使われる。現在の技術は1976年に無人探査機を火星に送り込んだNASAの「バイキング計画」のパラシュートを踏襲しているが、大型化する次世代の宇宙船を無事着陸させるためには新しい技術の開発や改善が不可欠になる。

NASAはウェブサイト上で「有人探査の実現に向け、宇宙船を火星の地表に安全に着陸させる必要がある。宇宙船は長期滞在の要員を乗せるために大型化、重量化する」と説明している。







【2015/06/04 06:18】 | Muscle Blog | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
20万ドル相当の「アップル1」、捨てちゃった女性は?


ロンドン(CNNMoney) 米シリコンバレーのリサイクル施設で米アップルの初代コンピューター「アップル1」が捨てられているのが見つかり、個人収集家に20万ドル(約2500万円)で買い取られた。リサイクル業者は持ち込んだ女性に取り分の10万ドルを渡そうと、この女性を探している。

リサイクル業者のクリーンベイエリアによると、この女性は1カ月ほど前、古い電子機器などをまとめて廃棄して行った。「夫が亡くなったのでガレージを整理しなければならなくなったと話していた」という。連絡先は残していかなかった。

数週間後、廃棄された機器などを調べたところ、アップル1が見つかったという。

アップル1は、共同創業者の故スティーブ・ジョブズ氏とスティーブ・ウォズニアック氏が1976年、ジョブズ氏の自宅のガレージで完成させた同社初のデスクトップコンピューターだった。



当時製造された約200台のうち、現在も残っているのは推定50台ほど。ただしほとんどは機能していない。

ジョブズ氏が2011年に死去して以来、アップル1の価値は急騰。2013年にはまだ機能している希少なモデルがドイツのオークションで67万1000ドル(現在のレートで約8400万円)で落札され、12年には37万5000ドル(同約4700万円)の値が付いた。










【2015/06/03 06:02】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
AppleがARメーカーを買収、車載市場参入に本腰?
Appleが、車載向けなどのAR(拡張現実)技術を手掛けるドイツのMetaioを買収した。2014年3月に「CarPlay」を発表したAppleが、いよいよ車載市場に本格的に参入するのではないかとの臆測を呼んでいる。

 Appleが、AR(拡張現実)のソフトウェアベンダーであるドイツのMetaioを買収した。この動きは、Appleが車載市場にいよいよ本格的に参入するのではないか、という臆測を呼んでいる。

 AR技術をクルマに取り入れようという動きが高まっている*)。Metaioは、こうした動きを先導しているメーカーだ。

 2015年2月にドイツで開催された「Embedded World 2015」では、FPGAベンダーのXilinxが、カメラを用いたインドアナビゲーションシステムを披露した。ドライバーが大型駐車場を探すもので、ハードウェアにXilinxの「Zync」を、ソフトウェアにMetaioの製品を採用している。この他Metaioは、AR技術を駆使した、ドライバー向けのユーザーマニュアルなども提供している。

 Metaioの技術は車載分野だけで採用されているわけではない。スウェーデンの家具メーカーIKEA(イケア)は、カタログにスマートフォンやタブレット端末をかざすと、その家具を自宅に置いた時の様子をシミュレーションできるアプリを提供しているが、そこにもMetaioのAR技術が使われている。

 報道によれば、Metaioは、Appleによる買収を認めているという。MetaioのWebサイトは、コンテンツ数を大幅に減らしている(買収への準備作業とみられる)。Metaioと車載業界との関係性を考えれば、Appleが同市場に本腰を入れるのではという臆測も、うなずけるだろう。ほんの数カ月前、ドイツの車載市場では、「Appleが自動車メーカーのマネジャークラスの人間をどんどん雇っている」として、不穏な空気が広がっていた。ちなみに、AppleのマネジャーであるJeff Williams氏は、クルマを「究極のモバイル機器である」と例えている。


Appleが2014年3月に発表した「CarPlay」のイメージ。車両に搭載したインダッシュタイプのディスプレイモジュールとスマートフォン「iPhone」を連携させる

【EE Times Japan】









【2015/06/02 05:53】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
次期iPhoneシリーズは画面解像度が更に向上か ー 「iPhone 6s」はフルHDディスプレイ採用との噂


中国のfeng.comが、Appleのサプライチェーンの情報筋の話として、次期iPhoneは現行の「iPhone 6」シリーズと同じく4.7インチと5.5インチの2つの異なる画面サイズが用意され、両モデルの画面解像度は「iPhone 6s」は1080p(1920×1080ピクセル)、「iPhone 6s Plus」は2K級になると報じています。

現行の「iPhone 6」シリーズの画面解像度は、「iPhone 6」が1334×750ピクセル、「iPhone 6 Plus」が1920×1080ピクセルとなっており、今回の情報が正しければ「iPhone 6s」は現在の「iPhone 6 Plus」と同じ解像度になります。

また、「iPhone 6s Plus」については2K級とのことですが、現在の1920×1080ピクセルも2Kの1つであり、1920×1080ピクセルももう少し高解像度になる事を意味しているものと予想されます。

ただ、この話の信憑性も怪しいところがありますし、画面解像度をコロコロと変えてくる事も考え難い為、個人的には画面サイズと解像度は「iPhone 6」シリーズから変わらないと予想してます。









【2015/06/02 05:49】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ