SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
ヒューリー歴史的勝利! 統一王者クリチコを攻略


 11年間無敗、世界ヘビー級3冠チャンピオンに君臨するウラジミール・クリチコ(ウクライナ)が王座から降りた。28日(日本時間29日)ドイツ・デュッセルドルフのエスピリット・アリーナに5万5000人の観衆を集めて行われたIBF・WBO・WBAスーパー世界ヘビー級タイトルマッチは、挑戦者タイソン・ヒューリー(英=WBO1位、WBA2位、写真)が12ラウンド3-0判定勝利。世界初挑戦で安定王者を下した。クリチコはIBF王座19度目の防衛に失敗。

 スコアカードはラモン・セルダン(亜)が116-111、ラウル・カイース・シニア(米)とセサール・ラモス(プエルトリコ)が115-112といずれもヒューリーを支持。巨人対決はヒューリーが慎重に対処しながらも手数で勝る展開で進行。クリチコの左ジャブ、右強打を巧妙に吸収、かわしてポイントに結びつけた。

 クリチコは5回、左目尻をカット。負傷で試合を2週間延期したクリチコは39歳の年齢が忍び寄ったのか、自慢の強打が不発で後手に回る。終盤コーナーから叱咤激励のアドバイスも及ばず、劣勢を余儀なくされる。11回、ヒューリーはラビットパンチによる減点1。最終回、王者は反撃の姿勢を見せたが、効果は少なかった。

 クリチコの本拠地ドイツのファンを沈黙させた勝者は「ドリーム・カム・トゥルー。我々はハードワークに徹した。異国で判定勝利を得るのは難しい。この意味は何物にも変えがたい」と陣営と喜びを爆発させた。


BoxingNews









スポンサーサイト
【2015/11/30 06:36】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アメフット:早大と立命大が勝利、甲子園ボウルへ、全日本大学選手権

【早稲田大−東北大】第1クオーター、東北大のディフェンスを振り切り突進する早稲田大TB須貝(左)=東京・アミノバイタルフィールドで2015年11月29日

アメリカンフットボールの全日本大学選手権は29日、東京・アミノバイタルフィールドで東日本代表決定戦、神戸・王子スタジアムで西日本代表決定戦がそれぞれあり、東日本は早大(関東)が20−10で東北大(東北)を破り、西日本は立命大(関西)が48−17で西南学院大(九州)に勝ち、12月13日に阪神甲子園球場で開かれる同選手権決勝の「パナソニック杯 第70回毎日甲子園ボウル」(毎日新聞社、日本学生アメリカンフットボール協会主催、パナソニック特別協賛)への出場を決めた。

 早大は3回目、立命大は9回目の出場で、ともに5年ぶり。甲子園ボウルでは2010年以来の3度目の対決となる。








【2015/11/30 06:28】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
自宅の駐車場で「臨時収入」 広がるシェアサービス
自宅の駐車場を1日単位で貸し出すシェアサービスが、首都圏を中心に広がりを見せている。都心や観光地では駐車場が見つからないことも多いが、事前に駐車場が確保できるとあって利用者も増加。新しいサービスだけに、思わぬトラブルへの心構えも必要だ。


 
東京ディズニーランドまで歩ける場所にある千葉県浦安市の住宅街。数年前に車を手放した60代の女性はこの秋、自宅の駐車場を貸し始めた。1カ月で利用が3件あり、計数千円の収入になった。「思ったより利用者がいて驚いた。臨時収入になりました」

 一方、ディズニーランドを訪れるために使った男性(38)は「渋滞に巻き込まれないし、料金も安かった」。園内にも駐車場があるが、閉園時間には周辺の道路が大渋滞する。

 仲介したのは、今年10月にシェアサービスに参入したばかりの「トメレタ」(東京都新宿区)。運営する松橋淳人社長は「眠っている駐車場は多い。貸す側と借りる側、双方にメリットがある仕組みだ」と話す。

 家や店で使っていない駐車場を貸すこうしたシェアサービスの特徴は、インターネットでの簡単な手続きと、使っていない時だけ貸せる気楽さだ。

 貸す側は運営会社のサイトを通じて場所や料金、日付を入力。車の不在時や店の定休日だけ貸すことも可能だ。利用者側は希望の場所や日付で検索。気に入ったものが見つかれば、氏名や連絡先などを入力し、クレジットカードで料金を前払いする。運営会社は手数料を取り、残りは貸し手の収入になる。

 2012年に他社に先駆けて始めたのが「軒先パーキング」(東京都目黒区)。野球場やコンサート会場周辺などを中心に、全国約700カ所に拡大した。西浦明子社長は「コインパーキングと違い事前予約できるのが好評」という。コイン式に比べて料金が安い点も人気の理由という。

 全国3500カ所でサービスを展開する「アキッパ」(大阪市)。金谷元気社長は「利用が増え駐車場が足りない」。1年後に1万カ所の確保を目標とし、都心など好立地での勧誘に力を入れるという。

■「契約はあくまで個人対個人」
 利用者が戸惑うケースもある。最も多いのは「止める場所がわからなかった」というものだ。

 各サイトでは駐車場の地図や外観写真を載せているが、住宅だと路地などでわかりにくいことも多い。アキッパは7月から、駐車場に緑色のコーンを設置し、わかりやすく改善した。他にも当日現地に行って「狭過ぎる」「路面がデコボコ」などという苦情が寄せられることもあり、各社とも対応に頭を悩ませる。

 貸す側にとって心配なのは駐車場での事故だ。特に一般住宅では壁や門など家の一部が傷つく可能性もあるが、各社とも「一般の事故と同じく運転者が保険で対応する」。緊急連絡の専用電話を設けたりしているが、最終的な対応は当事者任せなのが現状だ。

 どんな点に気をつけるべきか。全国消費生活相談員協会の増田悦子専務理事は「サイトを通じた利用でも、契約はあくまで個人対個人。最終的には自分の責任で解決するという心構えで利用するべきだ」と話す。


朝日新聞








【2015/11/29 06:44】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
木村悠が2-1判定勝ち、WBC・L・フライ級新王者に
WBC世界L・フライ級タイトルマッチが28日、仙台市のゼビオアリーナ仙台で行われ、挑戦者同級3位の木村悠(帝拳)は王者ペドロ・ゲバラ(メキシコ)を2-1判定で下し、新王者に輝いた。ゲバラは3度目の防衛に失敗した。スコアは115-113×2、残りは117-111でゲバラだった。


KO負けを予感させた前半から後半逆転した木村(右)

 法政大時代に全日本選手権を制し、06年にプロデビューした木村が10年目でつかんだ世界初挑戦。初回、ゲバラのワンツーが何度か木村の顔面をかすめるなど、チャンピオンの攻勢で試合が始まった。2回以降もゲバラが先手を取り、木村はバックステップでこれを防ぎ、王者の攻め気をそらしていると言えばそらしているのだが、やはりポイントはゲバラへ。4回を終わっての採点は39-38×2、40-36で王者がリードした。

 劣勢の木村は5回に前に出るが、ゲバラの右ストレートを食らってグラり。ゲバラに畳み掛けられて後退するばかりだ。しかし木村は6回に反撃。踏み込んでボディブローを次々と決め、離れ際に右を決めて会場を沸せる。以降も木村は前に出て、8回終了時の採点は76-76、77-75、79-73でゲバラのリードながら木村が差を縮めた。

 終盤は木村がプレスをかけ、ゲバラが距離をキープしようとする展開。木村は11回に右フックを決めるなど、シャープなパンチで押し気味に試合を進める。ゲバラはパンチの振りが大きく、完全にリズムを崩した印象だ。最終ラウンドは互角。後半の追い上げ実り、木村が新チャンピオンに輝いた。

 勤務先の商社から休みをもらい、この一戦に備えた木村は「序盤開いたので追っていくしかなかった。支えてくれた人に感謝したい」と涙。戦績は18勝3KO2敗1分となった。昨年暮れに八重樫東(大橋)との王座決定戦で戴冠したゲバラは戦績を26勝17KO1敗1分とした。

◇鳴海友其(帝拳)[KO2回2分57秒]アダルノイ・ポーラスア(タイ)
 鳴海は初回終盤、パラフルな右フックを決め、連打で畳み掛けてポーラスアをキャンバスへ。2回に左ボディブローで沈めて10カウントを聞かせた。拓大などで活躍し今年B級デビューした鳴海は2勝2KO1敗。

◇113ポンド6回戦
佐々木健介(帝拳)[TKO4回1分24秒]オンカラック・ペッチソンポン(タイ)
 サウスポーの佐々木が初回から左ストレート、右ボディブローで力の差を見せつけた。途中狙いすぎて手数が減ったが、4回に右ボディで2度倒してフィニッシュした。佐々木は5勝4KO1敗。

BoxingNews









【2015/11/29 06:33】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
診療報酬引き下げへ 厚労省など、社会保障費抑制めざす

 厚生労働省と財務省は2016年度の診療報酬を引き下げる調整に入った。薬の公定価格にあたる「薬価」と医師らの技術料にあたる「本体」を合わせた全体でのマイナス改定は8年ぶりとなる。病院の収入が減る一方、患者や国・地方の負担は減る。社会保障費の伸びを抑制する政府目標に向け、診療報酬を下げざるをえないと判断した。

 診療報酬は医療サービスの公定価格で2年に1回見直している。前回の14年度改定は消費増税分の上積みを除くとマイナスで、実質的には2回連続の引き下げとなる。

 医療費の総額は15年度の見通しで43兆円。診療報酬を1%引き下げると医療費を4300億円削減できる。これにより国費の負担が1110億円減るほか、患者の窓口負担も540億円減る。

 政府は6月に閣議決定した経済財政運営の基本方針(骨太の方針)で、高齢化による社会保障費の伸びを年5000億円(国費ベース)に抑える目標を掲げた。厚労省が8月末に財務省に提出した16年度予算要求から1700億円の削減が必要になる。

 政府は27日の臨時閣議で、6月の社会保障費の抑制目標を踏まえて来年度の予算を編成する方針を確認した。16年度は年金や介護で大きな制度改正はないため、1700億円の大半を診療報酬の引き下げでまかなう必要がある。

 診療報酬のうち薬価部分は薬の実勢価格に応じて毎回下がっており、近年は1.4%前後のマイナス改定が続いている。技術料の本体部分は財務省が引き下げを求める一方、厚労省は引き上げを求めている。今年末にかけての予算編成の過程で攻防が続きそうだ。

 仮に本体部分が小幅なプラス改定になったとしても、薬価のマイナス幅を埋めることは難しく、全体ではマイナスになる見通しだ。

日経新聞









【2015/11/28 06:40】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
引退した亀田興毅氏、アジアでプロボクシング普及へ
米国で河野公平(ワタナベ)の王座に挑戦するも敗れ、現役引退した元世界3階級王者、亀田興毅氏(29)が27日、京都市のフュチュールジム(平山靖会長)で記者会見、実業家としてアジアでプロボクシング普及に努めていくことを明らかにした。


プロボクシング普及について語る亀田氏

 12月19日、スリランカ・コロンボでフュチュール所属のWBO女子アトム級王者、池山直(45)が比国選手と3度目の防衛戦を行う。スリランカでプロの試合が行われるのは初めてで、試合は大統領が観戦、全国生中継される。平山会長と知り合いの亀田氏は「海外で初めてプロの試合を行うのはすごいことで、ぜひ興行のサポートをしたい」と協力を申し入れ、陣営に帯同することになった。

「引退して、オレみたいな人間が何をできるかわからないけど、ボクシングがすばらしいものだと伝えていきたい。スリランカ、ミャンマー、カンボジアなどにはアマはあるが、プロはないので、プロを育てる手助けができたらいいと思っている。スリランカでプロがどう受け入れられるか、初めて見る世界を経験したい」と亀田氏は環境づくりに乗り出すことを強調した。

 スーツ姿で現れた亀田氏はトレードマークの丸刈りはそのまま。「引退後、練習をしなくなった寂しさはないんですよ。いまは、ただのおっちゃん」と笑わせ、「ボクシングは知っているんですが、(社会人として)まだ小学1年生。いろいろ勉強してボクシング界に恩返ししたい」。まずはスリランカで第一歩を踏み出す。


BoxingNews








【2015/11/28 06:32】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
宇宙空間の謎の現象、彗星の大群が原因か NASA


宇宙空間の謎の現象、彗星の大群が原因か NASA

当該の恒星からの光は、数多くの彗星の動きで遮られている可能性があるという=NASA

(CNN) 宇宙空間で観測された恒星の明るさをめぐる謎の現象は、彗星の大群が引き起こしているのかもしれない――。米航空宇宙局(NASA)がそんな説を発表した。この現象は専門家にも説明が付かず、地球外生命体関与説まで取り沙汰されていた。

注目されているのは地球から約1500光年の距離にある恒星「KIC 8462852」。天体観測のクラウドソーシングサイト「プラネット・ハンター」のユーザーがNASAのケプラー望遠鏡のデータを解析し、この恒星の明るさが弱まる現象を突き止めた。恒星からの光は、時として20%も暗くなることが分かっている。

これに関して、NASAとともに彗星の大群説を発表したアイオワ州立大学の研究チームは、NASAのスピッツァー宇宙望遠鏡の観測データを解析した結果、「彗星の一群が非常に長い、変わった軌道を描いてこの恒星の周りを周回している可能性がある」「その先頭にある非常に大型の彗星が、恒星の光を遮っているのではないか」という説を打ち出した。

NASAによれば、ケプラー望遠鏡では「可視光線」のみを観測しているのに対し、今回の観測では赤外線を調べたという。

アイオワ州立大学のマッシモ・マレンゴ准教授は、この説を裏付けるためにはさらなる観測が必要だと指摘。「この星はとても変わっている」「この星の周辺で、まだ我々が知らないことが起きているのかもしれない。だからこそ面白い」とコメントしている。

この現象については地球外知的生命体探査プロジェクトの「SETI」も10月から観測に乗り出していた。これまでのところ、地球外生命体の存在をうかがわせるような電波信号は検知されていないという。







【2015/11/27 06:34】 | Muscle Blog | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アップル、iPhoneに有機EL 韓国LG増産投資 3年後
 米アップルがスマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)」の表示装置として有機ELパネルを採用する。部品メーカーなど複数の取引先に伝えた。従来の液晶パネルに加え、鮮明な画像と省電力が特長の有機ELを搭載する製品を3年後に発売する計画。供給元の1社となる韓国LGディスプレーは増産投資に乗り出す。スマホの技術をけん引するアップルが有機ELを採用することでパネル産業の世界市場は勢力図が変化しそうだ。



 携帯電話は1990年代に普及した当初から表示装置として液晶が採用された。2010年に韓国サムスン電子が発売したスマホ「ギャラクシー」に有機ELを採用したものの、iPhoneは07年の登場以降、一貫して液晶を搭載している。

 有機ELパネルは液晶に比べて鮮明な色が表示できるほか省電力性能に優れる。画面に丸みを持たせるなど自由な端末デザインも可能になる。アップルは数年前から有機ELの画質やコストの研究を進め、液晶に比べたメリットが今後、多くなるとの判断に傾いた。

 18年発売予定のiPhoneで有機ELパネル搭載の新モデルを売り出す方針。iPhoneは世界出荷が年間2億台を超え、全量に搭載するパネルを確保するのは難しい。派生ブランドを用意するなどして一部のiPhoneで有機ELを採用し、液晶を搭載した製品と並行して販売する案が有力だ。

 有機ELは発光量や省電力の性能が経年劣化しやすいという技術的な課題を抱える。アップルはパネルメーカーやパネル製造装置メーカーと技術面の協議を始めている。今後1年程度で弱点を改善し、安定的に供給を受けられるかを見極める。

 アップルの通達を受け、LGディスプレーは韓国北西部の坡州(パジュ)にある主力工場に日本円換算で数千億円を投じて有機ELパネルの大規模生産ラインを新設する方針。近く開く取締役会で正式に決める。これとは別に韓国南部の亀尾(グミ)でも1000億円超を投じて小規模ラインの計画を公表済みだ。

 現在、スマホ向けの有機ELパネルを安定的に量産するのは韓国サムスン電子に限られる。LGはテレビ向け有機ELで量産実績がある。韓国2社は生産技術を蓄積しており、アップル向けの多くを供給する公算が大きい。有機ELへの転換が始まれば、経営再建中のシャープ、売上高の3割程度をアップル向けに依存するジャパンディスプレイ両社への影響も避けられない。

 ▼有機ELパネル 画像のもとになる画素に、電圧をかけると自ら発光する有機材料を使う薄型ディスプレー。鮮やかな色彩を再現できるとされる。バックライトが必要な液晶パネルと比べスマートフォン(スマホ)などの薄型・軽量化がしやすくなる。液晶に代わる表示装置としてテレビやスマホに搭載され始めているが技術が成熟しておらず、生産効率の向上が課題になっている。

日経新聞









【2015/11/26 06:19】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
iPhone、Apple Watchで脳梗塞を早期発見 国内初の臨床研究、慶大が開始
iPhoneやApple Watchを活用した臨床研究を慶應義塾大学が開始。不整脈や脳梗塞の早期発見に役立てる考えだ。

 慶應義塾大学医学部の研究チームは11月25日、iPhoneやApple Watchのセンサーを活用した臨床研究を国内で初めて開始したと発表した。専用アプリを通じて心拍数や運動能力などを測定し、不整脈・脳梗塞の早期発見につなげるという。iPhoneユーザーであれば、誰でも匿名で参加できる。



専用アプリ「Heart & Brain」を開発
 iPhoneユーザーから研究データを集めるソフトウェアフレームワーク「ResearchKit」を使用し、無料アプリ「Heart & Brain」を開発した。iPhoneやApple Watchが内蔵する加速度やジャイロスコープなどのセンサーデータを収集・解析し、心拍数や歩数、運動量などのヘルスケアデータを収集する。両腕の筋肉、小脳の動きといった「運動評価テスト」、これまでの病気や内服薬に関するアンケートなどと合わせ、不整脈・脳梗塞の早期発見に役立てるという。


Apple Watchと連携


運動評価テスト、アンケートを用意(左から)

 データを提出後、収集されたデータを閲覧する機能や、動悸を感じた時間や場所を記録できるオプションも搭載。「iPhoneとその付属のウェアラブル機器が健康診断的役割の早期検出ツールとなれば、取り返しのつかない脳梗塞を予防でき、国民の生活の質を守ることにつながると考えられる」――と研究の目的を掲げる。


データの閲覧、動悸を記録する機能(左から)

 成人のiPhoneユーザーを対象に、誰でも匿名・無料で実験に参加できる。被験者が病院や研究所に出向く必要がない大規模な臨床研究になるとして、「ビッグデータの構築と健康社会を目指す」としている。


ITmedia







【2015/11/26 06:08】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
遠隔診療、事実上解禁 「ソーシャルホスピタル」へ前進
 離れた場所にいる医師と患者を情報通信機器でつないで行う「遠隔診療」。これまでは「原則禁止」と認識され、活用が進んでこなかったが、その状況が変わりそうだ。きっかけは厚生労働省が出した1本の通達。政府が遠隔診療を推進することは、社会全体が医療の担い手となる「ソーシャルホスピタル」の実現とも深く関わる

 東京都心で働くビジネスパースンなどを対象に内科診療を行っているお茶の水内科 院長の五十嵐健祐氏は2015年夏のある日、医療関係の知人や法律の専門家と熱のこもった議論を交わしていた。

 テーマは、同年8月10日に厚生労働省(厚労省)が各都道府県知事宛てに出した1本の通達である。「臨床医の立場から、この通達をどう解釈したらよいか」─―。議論は長時間、尽きなかった。

■事実上の「解禁」

 議論の対象となった通達は、互いに離れた場所にいる医師と患者を情報通信機器でつないで行う診療、いわゆる「遠隔診療」に関するもの。同省が過去の通知で示した遠隔診療の適用範囲を、必要以上に狭く解釈しなくてよいことを強調する内容だった。

 これまで遠隔診療は、離島や僻(へき)地の患者を診察する場合など、対面診療が物理的に難しいケースを除いて「原則禁止」と捉える医療従事者が多かった。患者との対面診療を原則とする医師法第20条への抵触などを恐れてきたためだ。

 遠隔画像診断のように、医師同士をつなぐ「Doctor to Doctor(DtoD)」の領域では遠隔医療の活用が比較的進んでいるのに対し、「Doctor to Patient(DtoP)」の領域での活用が遅れてきた理由がここにある。

 今回の通達では、厚労省が遠隔診療を事実上解禁─―。関係者の多くがそう受け取った(図1)。心電や呼吸状態などを計測できるウエアラブルセンサーを手掛ける米Vital Connectの大川雅之氏(Vice President and General Manager, Japan)は、今回の通達は「遠隔診療に関心を持つ者にとっては大きなインパクトがあった」と話す。


図1 潮目が変わる

 社会や医療現場からの要請(ニーズ)、それに応える技術(シーズ)の両面からも、遠隔診療の活用が期待される場面は確実に増えている。変わり始めた遠隔診療の潮目。それを読み解く上で、まずは今回の通達の中身を見ていこう。

■事前の対面診療は前提にあらず

 厚労省が8月10日に出した通達は、同省が1997年(平成9年)に出し、2003年と2011年にその一部を改正した「平成9年遠隔診療通知」をベースとするものである。

 平成9年の通知で厚労省は、遠隔診療に対する「基本的考え方」を示した。診療は医師と患者が「直接対面して行われることが基本であり、遠隔診療はあくまで直接の対面診療を補完するものとして行うべき」というものだ。医師法第20条を踏まえた内容である。

 ただし、直接の対面診療と「同等ではないにしてもこれに代替し得る程度の患者の心身の状況に関する有用な情報が得られる場合には、遠隔診療を行うことは直ちに医師法第20条等に抵触するものではない」と注釈をつけた。そしていくつかの「留意事項」を示し、遠隔診療の適用が認められる場面を具体的に挙げた。

 例えば、「在宅糖尿病患者」を対象に、「テレビ電話等情報通信機器を通して、血糖値等の観察を行い、糖尿病の療養上必要な継続的助言・指導を行うこと」といった内容である。

 この通知を多くの医療従事者は、遠隔診療はあくまでも「原則禁止」であり、厚労省が挙げた事例でのみ例外的に許されると解釈してきた。厚労省の事例をいわば“ホワイトリスト”と見なしてきた。

 これに対し今回の通達では、平成9年遠隔診療通知の「基本的考え方」や「留意事項」で挙げた事例を必要以上に狭く解釈しなくても良いことを強調した。明確化したのは次の3点だ(図2)。


図2  事実上の「解禁」

 第1に、平成9年遠隔診療通知の留意事項において、「直接の対面診療を行うことが困難である場合」として「離島、へき地の患者」を挙げたが、これは「例示」だとした。すなわち、遠隔診療の対象を離島やへき地の患者に限る必要がないことを明確にした。

 第2に、平成9年遠隔診療通知の留意事項において、遠隔診療の対象と内容を「別表」で示したが、これは「例示」だとした。すなわち、別表に示した対象(在宅糖尿病患者など9種類)以外の疾患も遠隔診療の対象になること、および別表に示した内容以外の診療も許されることを明確にした。

 第3に、平成9年遠隔診療通知では「診療は医師または歯科医師と患者が直接対面して行われることが基本」としていたが、今回は「患者側の要請に基づき、患者側の利点を十分に勘案した上で、直接の対面診療と適切に組み合わせて行われるときは、遠隔診療によっても差し支えないこととされており、直接の対面診療を行った上で、遠隔診療を行わなければならないものではない」とした。すなわち、直接の対面診療を事前に行うことが必ずしも遠隔診療の前提条件ではないことを明確にした。

■積極推進に転じた政府

政府の「規制改革実施計画」

 今回の通達の背景には、遠隔診療をめぐる方針を政府がここにきて大きく転換したことがある。参議院議員の秋野公造氏(長崎大学 客員教授)は2015年10月9~10日に仙台市で開催された「第19回 日本遠隔医療学会学術大会(JTTA 2015)」(主催:日本遠隔医療学会)で講演し、その経緯に触れた。同氏は医学博士でもあり、遠隔診療を含む医療政策に関して積極的な提言を行っている。

 秋野氏が触れたのは、2015年6月30日に閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2015」、いわゆる「骨太の方針2015」に、遠隔診療を含む「遠隔医療の推進」が盛り込まれたことだ。

 同方針には遠隔医療という言葉が2カ所に現れ、このうち「医療等分野のICT化の推進等」の項目ではその冒頭で「医療資源を効果的・効率的に活用するための遠隔医療の推進」がうたわれた。遠隔医療の推進が骨太の方針に明記されたのはこれが初めてだ。

 さらに、骨太の方針の具体的な実施策を示すものとして同じ日に閣議決定された「規制改革実施計画」でも、健康・医療分野に「遠隔モニタリングの推進」という項目が新たに設けられた。推進すべき事項として「有用な遠隔モニタリング技術の評価」「遠隔診療の取扱いの明確化」「遠隔診療推進のための仕組みの構築」を明記するなど、遠隔診療に関してこれまでになく「踏み込んだ表現がなされた」(秋野氏)。


「第19回 日本遠隔医療学会学術大会(JTTA 2015)」に登壇した参議院議員の秋野公造氏(長崎大学 客員教授)

 こうした政府方針にもかかわらず、過去の通知の“分かりにくさ”が遠隔診療の普及を妨げかねない─―。そう判断した厚労省が6月30日の閣議決定から間もなく出したのが、今回の通達というわけだ。遠隔診療を「止めて(禁じて)はいないのにうまくいかない」(日本遠隔医療学会 常務理事の長谷川高志氏)という、これまでの状況を打破する狙いがある。

 ただし、今回の通達だけで遠隔診療の活用が一挙に広がると見る向きは少ない。診療報酬(保険点数)制度が遠隔診療の利用を前提とした形では整備されておらず、医療機関にとっては遠隔診療を導入するメリットがまだ薄いからだ。今後、遠隔診療の推進という政府方針が診療報酬改定にどう反映されるか、多くの関係者が注目している。

■「ソーシャルホスピタル」実現にも関わる

 病気になってからの診断・治療から、未病段階での健康管理や重症化予防へ。病院でのケアから、地域や街、家庭といった日常生活の中でのケアへ―─。政府が打ち出した遠隔診療の推進はこうした、社会全体が医療の担い手となる「ソーシャルホスピタル」の実現に向けた医療のパラダイムシフトと深く関わっている。「医療資源を効果的・効率的に活用」し、医療費を削減するための仕組みづくりに、遠隔診療が重要な役割を果たすと期待されているのだ。


日経デジタルヘルスが提唱するソーシャルホスピタルの概念図

 例えば、高齢者が要介護状態となっても住み慣れた地域で生活を続けられるようにする地域包括ケアシステム。その推進は遠隔診療の推進にも「大きく影響する」(日本遠隔医療学会の長谷川氏)。離れた場所にいる医師と患者をつなぐ遠隔診療のニーズは、在宅中心のケアにおいてより高まるからだ。

 医療情報の専門家で遠隔医療への造詣も深い京都大学 教授/医学部附属病院 医療情報企画部長の黒田知宏氏はより広い視点から、遠隔診療の必要性を説く。対面診療が必ずしも必要ないと判断される患者に通院を強いることは「社会全体の労働力、すなわち生産性を低下させる」(黒田氏)。同氏は医療側のリソース確保の面からも、遠隔診療は有効とみる。

 臨床の現場に立つ医師からも遠隔診療の活用を望む声は強い。お茶の水内科の五十嵐氏もそうした医師の1人。同氏が遠隔診療の活用を訴えるのは、高血圧症やメタボリックシンドロームなど、重大な疾患につながる生活習慣病はできる限り「上流(早期)で食い止めることが大切」(五十嵐氏)だからだ。

■時間的制約からも解放される


お茶の水内科 院長の五十嵐健祐氏

 五十嵐氏のもとを訪れる患者には多忙なビジネスパースンも多く「通院する時間を持てないばかりに、治療を中断してしまう」(同氏)。結果として、薬の内服を続けさえすれば良好な状態を保てる症例でも、重症化してしまうケースがしばしばあるという。

 離島やへき地の患者のように物理的制約があるわけではないものの、こうして時間的な制約から孤立してしまう患者が都心部には多い。遠隔診療はそうした患者に手を差し伸べる手段ともなる。

■新たなエビデンス生む

 診断のエビデンスの観点からも、遠隔診療には追い風が吹き始めている。例えば、日本高血圧学会(JSH)が2014年4月に発行した「高血圧治療ガイドライン2014」(JSH2014)。医療機関で測る「診療室血圧」と家庭で測る「家庭血圧」の診断が異なる場合、家庭血圧を優先するとの内容が初めて盛り込まれた。

 病院で測る値に比べて「遠隔でモニタリングした値は“精度が落ちる”のが常識だったが、むしろ(診断材料としての)精度は高い可能性がある」(五十嵐氏)。それにお墨付きを与えた事例の1つが、同ガイドラインというわけだ。

 このほか、政府による規制改革実施計画の「有用な遠隔モニタリング技術の評価」の項目でも、睡眠時無呼吸症候群に対する治療法(CPAP療法)の遠隔モニタリングの評価を検討するとの内容が盛り込まれた。社会問題化している睡眠時無呼吸症候群についても、診断や治療方針に関する新たなエビデンスを遠隔モニタリングが生みだす可能性がある。

 現在、日常のバイタルデータに基づく予防医療的な行為には基本的に保険点数が付かない。遠隔モニタリングが生む新たなエビデンスが、その状況を変える起爆剤になると期待されている。

■遠隔診療をカジュアルに

 遠隔診療の実現手段(ツール)にも、ここ数年で劇的な変化が起こった。スマートフォンやタブレット端末などのモバイル機器が急速に普及し、ウエアラブル端末なども相次ぎ登場していることだ。

 これらのデバイスを使って、離れた場所にいる医師と患者が、患者の情報を手軽に共有できるようになった。クラウドコンピューティングや人工知能など、日常のデータを収集し解析するための情報基盤も飛躍的な進化を遂げている。

 大がかりで高価な専用のテレビ会議システムで遠隔地をつなぐ従来の遠隔診療から、身近な機器を使った“カジュアル”な遠隔診療へ。ツールの進化は、遠隔診療の姿を大きく変えようとしている。既に保険適用外の領域では、モバイル機器を使った遠隔でのモニタリングツールや健康相談サービスが相次ぎ登場している。

 スマートフォンを使って、健康に関する心配ごとを遠隔地にいる医師に気軽に相談できる─―。「ポケットドクター」と呼ぶそんなサービスを2015年12月にも始めるのが、MRTとオプティムである。


MRT 代表取締役社長の馬場稔正氏

 ポケットドクターでは、利用者がスマートフォンで相談内容を登録。あらかじめサービスにエントリーした複数の医師がそれを見て、自らが答えようと思った相談に対して休憩時間などに専用アプリから回答する仕組みだ。相談に当たっては、スマートフォンのカメラを使って患部の状況や顔色を伝え、より正確なアドバイスを受けられるようにする。

 「コンビニに行くような感覚で手軽に健康相談ができる環境を作りたい」。MRT 代表取締役社長の馬場稔正氏はサービスの狙いをこう話す。ゆくゆくは、患者側が医師を指定して行うセカンドオピニオンや、自治体向けのへき地医療など、ポケットドクターのインフラを使ったさまざまなサービスを検討していくという。

 保険の一部適用を前提とした遠隔診療サービスもいよいよ立ち上がる。メディア事業などを手掛けるポートが、お茶の水内科の五十嵐氏らと共同開発した「ポートメディカル」がそれだ。スマートフォンなどを介し、遠隔で医師と患者をつなぎ、診断、処方、医薬品の配送までを実現する日本初のサービスとなる。

■メンタルヘルスと高い親和性

 ウエアラブル端末も今後、遠隔診療において大きな役割を果たしそうだ。注目される領域の1つが、まだ「有効なバイオマーカーが存在しない」(Vital Connectの大川氏)というメンタルヘルスの領域である。


エムキューブのビジュアルコミュニケーションシステム

 Vital Connectは同社のバイタルセンサーを使い、睡眠中の心拍やその変動、体動を測ることで「うつ病などの精神疾患に特有のパターンを抽出できるのではないか」(大川氏)とみる。今後、大学の研究者やアプリ開発者などと研究を進めていく。

 企業による従業員の「ストレスチェック」が2015年12月に義務化されるなどの動きもあり、メンタルヘルスに注目するプレーヤーは多い。例えば、ウェブ/テレビ会議向けクラウドサービス大手のブイキューブとエムスリーの合弁会社であるエムキューブも2016年度をめどに、メンタルヘルスの領域で医師と患者を直接つなぐコミュニケーションシステムを開発する狙いである。

(日経デジタルヘルス)

[『日経デジタルヘルス特別編集版2015秋』の記事を再構成]









【2015/11/25 06:38】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「幸せはお金で買える」 ただし使い方次第 米研究


ニューヨーク(CNNMoney) 幸せはお金で買えるかもしれない。ただし、どの程度幸せになれるかは、お金の使い方による――。米ハーバード大学ビジネススクールの教授がそんな説を披露した。

この説は同大のマイケル・ノートン教授が今月開かれたニューヨーク・タイムズ紙の講演会で発表した。出費行動について科学的な研究を進めた結果、物にお金を使うよりも、体験のために出費した方が一般的には幸福度が高いことが分かったという。

例えば友人との夕食や休暇などは一時的な体験にもかかわらず、テレビやコンピューターやスマートフォンなど持続する物を買うより幸福になれる傾向があった。

テレビやスマートフォンは1人で黙って見たりゲームをしたりといった行動に使われるのに対し、旅行に出かければ友人や家族との絆が深まったり新しい場所を訪れたりして思い出ができるとノートン氏は指摘。友人と食事に行くといったちょっとした体験にも、それと同じことが言えると解説する。



一方、高額商品を買う場合、購入前から機種の選定や値段のことで悩み、注文した商品が予定通りに届くかどうか心配し、購入した後も設定でストレスが募るなどして、その時点で価値の一部が失われる。

これに対して休暇やデートは待つこと自体で気分が高まる。休暇の場合、実は出発の前日が最も幸福度が高くなるという。「体験はそれが起きる前から私たちを幸せにする」とノートン氏は言う。

旅行先で出発便が遅れたりホテルにがっかりしたり、新婚旅行でトラブルが起きたりすることもある。それでも帰宅した後は幸せな思い出の方が残りがち。「体験は消えてしまうからこそ、私たちは素晴らしかった現実を作り上げ、幸せになることができる」とノートン氏は解説している。







【2015/11/24 06:24】 | Muscle Blog | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
関西学生アメフット、立命大が5年ぶりV 関学大との全勝対決制す

関学大-立命大 第1クオーター、先制タッチダウンを奪い、喜ぶ立命大・西村(32)=ヤンマースタジアム長居

 アメリカンフットボールの関西学生リーグ最終日は22日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、立命大が30-27で関学大との全勝対決を制し、7勝目を挙げて5年ぶり10度目の優勝を果たした。関学大は6勝1敗で2位となり、6連覇はならなかった。

 立命大は西村の先制TDや、渡辺綾のキックオフリターンTDなどで前半を17-6で折り返した。23-20で迎えた第4クオーターには西村のTDランで突き放した。

 立命大は過去7度の優勝を誇る全日本大学選手権決勝「甲子園ボウル」出場を懸け、29日に神戸市王子スタジアムで西南学院大(九州)と西日本代表決定戦に臨む。


神戸新聞







【2015/11/23 06:34】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
三浦 V5ならず王座陥落…バルガスに壮絶9回TKO負け

【写真】バルガスのパンチを浴びてダウンを喫した三浦

 プロボクシングのWBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦は21日(日本時間22日)、米ネバダ州ラスベガスのマンダレイ・ベイ・ホテル&カジノ・イベンツセンターで行われ、王者・三浦隆司(31=帝拳)は挑戦者の同級1位フランシスコ・バルガス(30=メキシコ)に9回1分31秒TKO負けし、5度目の王座防衛に失敗した。通算成績は三浦が34戦29勝(22KO)3敗2分け、バルガスが24戦23勝(17KO)無敗1分け。

 三浦は13年8月に敵地メキシコでセルヒオ・トンプソンを判定で下し初防衛に成功したが、自身2度目の海外防衛戦で「バンディド(盗賊)」の愛称を持つ挑戦者に王座を奪われた。

 WBC世界ミドル級タイトルマッチとのダブル世界戦でセミファイナルに登場した三浦はやや固い動き。1回1分過ぎ、右フックをまともに顔面に食らって腰を落とし、あわやダウンというピンチに陥った。ダメージが残ったまま中途半端なクリンチで右を打たれるなど苦しい状況が続いたが、2回途中から頭を振って攻撃を避ける動きを見せるなど体力が回復。強烈な左ボディーで相手の足を止め、主導権を奪った。4回には左2発で相手を後退させ、左アッパーのあとに強烈な左ストレート。代名詞の“ボンバーレフト”で尻餅をつかせるダウンを奪った。

 5、6回と狙いすぎて手数が減った三浦に対し右目の下をはらしたバルガスはノーモーションの右などで反撃。三浦は7回にジャブを突いて立て直し、8回終盤には左を打ち込んで相手を追い詰めた。しかし、9回序盤に左アッパーと左フックを受けてぐらつき、さらに右ストレートをもらって背中からダウン。その後はクリンチで何とかしのいだが、足元は定まらず、強烈な右ストレートを受けた時点でトニー・ウィークス・レフェリー(米国)が試合をストップした。

 三浦の敗戦は11年1月にWBA世界スパーフェザー級タイトルマッチで王者・内山高志(ワタナベ、現スーパー王者)に8回終了TKO負けして以来。13年4月の世界王座奪取から4戦連続でメキシコ人相手に勝利を収め「メキシカン・キラー」と呼ばれたが、無敗の挑戦者に連勝を止められた。








【2015/11/22 15:29】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「憎らしいほど強かった」 角界愛した北の湖理事長逝く



 現役時代から角界の屋台骨であり続けた巨木、北の湖理事長が逝った。
北の湖理事長が死去、62歳

 土俵では21歳2カ月の史上最年少で横綱に昇進。右上手を取っての豪快な攻めで横綱輪島との「輪湖(りんこ)時代」を築き、大関貴ノ花、2代目横綱若乃花らの人気力士もねじ伏せた。ファンからは敵役に見られ、「憎らしいほど強い」と言われた。

 179センチ、170キロの体格で勝つ、と思われがちだが、その強さは抜群の記憶力と、腰の振りだけで相手の上手を切る絶妙の技術に支えられていた。「黄金の左」で鳴らした輪島を天才と呼ぶ向きが多いが、本当の意味での天才は間違いなく北の湖だったと思う。

また、当時所属した三保ケ関部屋には師匠の息子の元大関増位山がいた。土俵ではナンバーワンの存在だが、部屋に戻ると生真面目な青年は上席を譲った。「自分には土俵しか無い」との思いが、その後の人生の指針を決めた。

 優勝24度、歴代1位の横綱勝ち星670勝などの実績は別格。「横綱の勝ち越しは12勝」という信念と、目下の声でも真摯(しんし)に耳を傾ける姿が尊敬された。

 引退後、出羽海一門の先輩春日野理事長(元横綱栃錦)から将来を託され、2002年に第9代理事長に就任した。しかし角界では、新弟子の暴行死亡事件を皮切りに朝青龍騒動などが続き、自らの弟子も関与した大麻事件の責任を取り、いったんは辞任した。

 このころは、報道陣との関係が微妙になった。新聞やテレビの角界批判に「マスコミが悪い」と怒鳴ることもしばしば。「相撲界を守る」との使命感が空回りしていた。理事長に復帰し、日本相撲協会の公益法人化や人気回復を実現。最近は、場所で取組をテレビ観戦しながら記者らに解説するのが日課になった。

 人気力士が街中でトラブルを起こし、「この男は角界を支える男」とわざわざ頭を下げに行ったことも。インターネットを使ったチケット販売のほか、ちゃんこランチなど国技館でのイベントは、若手の親方に力を発揮させた。

 ただし、改革路線で外の意見をよく採用した放駒前理事長(元大関魁傑(かいけつ))とは対極の立場。「バラバラにされた角界を元に戻すのが大変」との本音も出た。

 「力士、行司、呼び出し、床山から親方衆、若者頭、世話人まで、みんなが喜ぶ相撲界にしたい」が持論だった。角界の全てを愛した、究極の親分肌だったと思う。


朝日新聞









【2015/11/21 06:34】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「iPhone 7」シリーズは防水仕様に?? 「iPhone 7 Plus」は3GBのRAMを搭載との予測も


Apple:iPhone(ニュース)
「iPhone 7」シリーズは防水仕様に?? 「iPhone 7 Plus」は3GBのRAMを搭載との予測も

TrendForceのアナリストであるAvril Wu氏が、次期iPhoneシリーズの5.5インチモデルである「iPhone 7 Plus」(仮称)はRAMの容量が3GBになるようだと予測している事が分かりました。

また、「iPhone 7」シリーズでは防水仕様になるとも予測しています。

これら情報が本当かどうかは不明ですが、防水仕様に関しては、過去にもAppleは防水・防塵仕様の「iPhone」の試作を行っているとの情報があり、3GB RAMの件についても、KGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が以前に同様のことを予測しています。


[via GforGames]









【2015/11/21 06:26】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
市販薬購入で所得税軽く 1万円超を控除検討 厚労・財務省
 厚生労働省と財務省は市販薬を一定額以上買うと所得税を減らすことができる制度を新たに設ける方針だ。市販薬の代金を課税所得から差し引く仕組みで、早ければ2016年から実施する。家族合わせて市販薬に年1万円を超える出費をした場合、1万円を超える部分を課税所得から差し引く案を軸に検討する。軽い症状は病院に行かずに治してもらうようにすることで、医療費の削減につなげる。



 両省は近く与党に提案する。与党は来月まとめる税制改正大綱に減税の詳細な仕組みを盛り込む見通しだ。政府は来年の通常国会に所得税法の改正案を出す。

 現在でも病院の受診や市販薬の購入などに年10万円を超える支出をする世帯には医療費控除という制度がある。10万円を超える部分を課税所得から差し引き、所得税の支払いを減らすことができる。ただ市販薬を買うだけで10万円を超えることは珍しく、病院に行かずに薬局の薬で治療に取り組む人は減税の恩恵を受けにくかった。

 厚労・財務両省は、医療費控除とは別に市販薬だけを対象にした控除制度を新たに設け、軽い症状なら市販薬による治療を促すことにした。

 例えば夫の課税所得が500万円の世帯が年3万円の市販薬を買った場合を試算する。3万円から1万円を引いた2万円が所得控除の対象だ。所得税率が20%の課税所得から2万円を差し引くと、所得税の支払いが4千円減る。

 減税には、薬局などからもらう領収書を添えて確定申告を義務付ける方向。所得控除には限度額も設ける見通しだ。

 既存の医療費控除は今後も続け、消費者は基本的に新設の市販薬の控除とどちらか選んで使う。制度上は併用もできる見通しだが、消費者にとっては片方の制度に出費をまとめた方が得だ。

 対象の市販薬の範囲をめぐっては調整中。処方箋なしで薬局で買える市販薬は1万種類を超えており、今後与党と両省で協議する。しっかりと効能が認められる鎮痛剤や胃腸薬などは少なくとも対象になりそうだ。

 厚労省は控除制度の対象は1千万世帯を超えるとみている。減税規模は数百億円になりそうだ。医療費削減が減収を上回る可能性もある。

 病院に頼りすぎない治療の推進に向け、薬局の開設も後押しする。患者の健康相談を受ける体制のある薬局を開く場合、不動産取得税を軽くする方向で厚労省と総務省が協議している。

 政府目標の20年度の基礎的財政収支の黒字化には、社会保障費の抑制が不可欠だ。市販薬の控除制度で患者の行動パターンが変われば医療費の抑制につながる。

 ▼市販薬 医師が処方する医療用医薬品と異なり、処方箋がなくても薬局やドラッグストア、コンビニエンスストアなどで自分で選んで購入できる薬。大衆薬や一般用医薬品とも呼ばれる。有効成分が少なめのものが多い。医療用医薬品のように国が定める薬価に縛られないため、日時や店舗によって値段が変わり、安く買えることもある。


日経新聞







【2015/11/20 06:28】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ウォータースが内山高志への挑戦に前向き!?


 元WBA世界フェザー級スーパー王者のニコラス・ウォータース(ジャマイカ=写真左)が、来年アメリカに進出する方針を固めたWBA世界S・フェザー級スーパーチャンピオン内山高志(ワタナベ=写真右)について言及。米国サイト「ボクシングシーン」が伝えた。

 記事は大みそかにV11戦が決まった内山(23勝19KO無敗)が、アメリカで対戦したい相手の一人にウォータース(26勝21KO無敗)の名前を挙げたことに関し、ウォータースが答えたというもの。ウォータースは「何ら問題はない。私はだれとでも戦う」とした上で「彼は日本でキャリアを積んできたが、世界中に名前を売るためにアメリカに来るという。私がノニト・ドネアとビック・ダルチニアンを下してから、みんなこの“アックスマン”と試合をやりたがるんだ」と発言した。

 この記事によると、ウォータースは内山の試合を見たことがないということ。米国で評価の高いウォータースとはいえ、あたかも“内山の挑戦を受けてもいい”というような発言になっているのは、そのことが理由かもしれない。

 フェザー級世界王者だったウォータースは6月の防衛戦で計量に失格。試合には勝利したものの王座をはく奪され、S・フェザー級への進出を決意した。12月19日ニューヨークでジェイソン・ソーサ(米)とS・フェザー級10回戦を行うことが決まっている。内山は12月31日、大田区総合体育館で7位オリバー・フローレス(ニカラグア)と11度目の防衛戦に臨む。


BoxingNews








【2015/11/20 06:28】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「最高の人生の見つけ方」


初めてiTunes storeで映画をダウンロードレンタルして見ました。「最高の人生の見つけ方」というタイトルの映画です。色々と自分なりに考えさせられる良い内容でした。😂
特にじじいになったジャック・ニコルソンがいい味を出してましたね。


<あらすじ>
余命6ヶ月を宣告された二人の男(ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン)が、死ぬ前にやり残したことを実現するために二人で冒険に出るハートフル・ドラマ









【2015/11/19 07:22】 | Muscle Blog | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
関学大、6連覇かけ立命大戦 アメフット関西学生リーグ


 アメリカンフットボールの関西学生リーグは22日、6連覇を狙う関学大と4年連続2位の立命大の全勝決戦で優勝が決まる。17日は関学大が、リーグ最終戦に向けた記者会見を開いた。

 主将OL橋本亮(4年、豊中)は「僕らは社会人に勝つのが目標ですけど、いまは全員が立命のことだけ。まだまだ、もっとやらないと勝てない相手です。残りの日数で、もっと立命にフォーカスしていきたいです」と力強く言った。試合中に向き合う立命の守備陣については「穴のないディフェンスで、僕らが120%の力を出して初めて勝負できる相手です」。関東を制した早大の主将DL村橋洋祐(4年)は、豊中高の同級生だ。「大学に進むとき、『4年生の甲子園ボウルで対戦しよう』って約束しました。あいつはしっかり上がってきた。

負けられへんな、と思います」
 副将のLB作道圭吾(4年、関西学院)は立命のエースRB西村七斗(ななと、2年、大阪産大付)について「バランスが崩れないし、懐が深い。飛び込むタックルにいくとかわされる。やっかいなプレーヤーです」と話した。西村対策については「結局はタックルの基本をやりきるしかない。つかんだら絶対に離さない。つかんでる間に、次の選手がしとめる」と説明した。「ここ数年は立命戦でディフェンスリーダーがいいプレーをしてる。僕も続きたいと思う」と力をこめた。

 副将のWR木下豪大(ごうた、4年、関西学院)は今季けががちだったが、次の大一番は万全の体調で臨めるという。「試合に出てない間に下級生のレシーバーが活躍しましたけど、自分も自覚を持ってやってきました。最後は自分がパスを捕って、絶対に勝ちます」

 今季からエースQBについた伊豆充浩(3年、箕面)はここまでパス成功率が61・2%と、決して高いとは言えない。「どの試合もミスが起きてて、新しい反省が出てくる。思ったよりユニットとしてレベルアップできてない印象です」と話した。「僕がしっかりやれば絶対に勝てる」との思いで、初のビッグゲームに挑む。
 エースRB橋本誠司(3年、清教学園)は春と夏の負傷から、ようやく前節に戦列へ戻ったばかり。「絶対に立命の西村君よりも走って勝ちたいと思います」。高校でフットボールを始めたが、初戦敗退ばかりのチームだった。憧れの関学で昨季、ブレークした。昨年の立命戦は序盤に脳振盪(しんとう)で退いた。「今年こそ最後まで戦力になりたい。ゴール前で持ったら、一発でタッチダウンを決めます」

 就任24年目の鳥内秀晃監督(56)は「向こうのディフェンスはめちゃくちゃ強いで。選手はまだまだ危機感が足りんのちゃう? そんなに甘ないで。うちのオフェンスは17点が精いっぱい」と険しい表情。「ここ最近では一番の戦いになるんちゃうか? いま関学の学生は2万3千人ぐらいやけど、みんな観戦きたらええんちゃう? なかなか見られへん試合になるで」


スポーツ報知









【2015/11/19 06:33】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アマゾン、100万曲以上の聴き放題開始 有料会員向け
 ネット通販大手アマゾンの日本法人は18日、音楽が聴き放題になる音楽配信サービス「プライムミュージック」を、通販の有料会員「プライム会員」向けに始めた。聴き放題になる曲は国内外の100万曲以上。特典を強化して会員の囲い込みをねらう。

 プライム会員は年会費3900円(税込み)で、通販で買った品を少し早く届けてもらえるサービスなどが受けられる。映画やドラマが見放題になる動画配信サービスも、プライム会員向けに9月に始めており、特典をさらに増やす。動画配信・音楽配信ともに追加料金は不要だ。

 気に入った曲をスマートフォンなどにダウンロードして聴ける。音楽を聴いているスマホからアマゾンの通販サイトに移動して、配信を受けたアーティストのCDやグッズを買いやすいしくみにもなっている。

 米アマゾンのスティーブ・ブーム副社長は「サービスを先行して始めた海外でも、まずプライムミュージックで聴いて、気に入ったらCDや曲を買う人がいる。相乗効果が生まれている」と話す。米国では、子ども向けの楽曲を集めたリストを配信しながら、リストの曲を集めたCDを9月につくり、好調な売れ行きだという。

朝日新聞










【2015/11/19 06:20】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Apple Watch 2”は来年6月発売?
Appleは、今年4月に発売したApple Watchの後継機を来年6月に発売するかもしれない。

 米Appleは、Apple Watchの次期モデル“Apple Watch 2”を2016年6月に発売するかもしれない。米ブログメディアの9TO5Macが関係者筋の情報を基に予測している。



 現行のApple Watchはバッテリーが約1日しか持たないことが課題とされているが、記事によると次期モデルでもバッテリー性能は据え置きとなるようだ。一方、新たにカメラ機能を搭載し、FaceTimeを用いた単体でのビデオ通話が可能になるという。



最近追加されたばかりの新色

 このほか無線チップを内蔵し、iPhone/iPadと接続することなくWi-Fi接続できる「tether-less」(テザーレス)という新機能の開発を進めているとのこと。次期モデルでは、性能アップよりも新機能の追加を優先する方針なのかもしれない。








【2015/11/18 06:33】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Apple、「iPhone 5s Mark II」を投入か - 「iPod touch (第6世代)」がベース


本日、Macお宝鑑定団Blogが、信頼出来る情報筋の話として、Appleは「iPhone 5s Mark II」を準備しているようだと報じています。

「iPhone 5s Mark II」は、「iPod touch (6th generation)」をベースに、「A8」チップ、802.11ac Wi‑Fi、Bluetooth 4.1、ƒ/2.2 apertureに性能向上したFaceTime HDカメラなどに仕様が変更されたモデルとのこと。

なお、同製品は、すでに製造準備段階にあり、いつでも出荷可能となっているそうです。

予てからAppleは4インチの新型「iPhone」を投入すると噂されてきましたが、この製品がその4インチ版「iPhone」なのでしょうか。

また、「iPhone 5s Mark II」というAppleらしからぬ名称については、恐らく仮称であり、発売時は別の名前になるものと予想されます。








【2015/11/18 06:29】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今解きたいがん治療の誤解
「抗がん剤は効かない」は本当か

今解きたいがん治療の誤解

 川島なお美さんが胆管がんで急逝、また北斗晶さんが乳がんを告白と、著名人のがんのニュースが相次ぎ、改めてがんの予防や治療への関心が高まっています。日本人の2人に1人が一生のうち一度はがんになる時代。しかし、がん治療や予防についての誤解や、科学的根拠のない代替療法の誇大な宣伝などが、インターネットを通して無限に拡散されているのが現状です。「患者さんに害を及ぼす情報を放置してはいけない」と発信を続けている日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科教授の勝俣範之医師に、がん治療の誤解や、正しい情報をどのように見分けたらよいかを聞きました。

 −−川島なお美さんの訃報の後、「『抗がん剤の副作用でステージに立てなくなる可能性があるなら、私は最後まで女優として舞台に立ち続けたい』というのは、抗がん剤に対する誤解ですので残念です」という先生のツイッターやフェイスブックでの投稿は、大きな反響がありました。一歩踏み込んだ発言だと感じましたが、どのような思いで発信されたのでしょうか。

 抗がん剤に対する誤解が、さらに広まってしまうのではと危惧しました。この10年ほどの医学の急速な進歩で、抗がん剤の副作用対策はかなり進みました。僕の患者さんには、きちんと副作用管理をして、抗がん剤治療を受けながら仕事を続けている人が大勢います。それなのに「誰もが吐いて、髪の毛が抜けて、体がぼろぼろになって、寝たきり状態で仕事ができなくなってしまう」という世間の抗がん剤のイメージは、ほとんど変わっていません。もちろん、すべての副作用が無くなったわけではなく、不快な症状を伴うことはありますが、旧来の副作用のイメージとは大きく異なるのが事実です。そして患者さんの選択は尊重しなければなりません。ただ、著名人の影響力は大きく、正しい情報を受けられていたのかが気になりました。また、抗がん剤治療への誤解をあおるようなメディアの報道の仕方にも大きな問題があると感じました。

 −−抗がん剤治療は、入院して受けるというイメージがありました。

 がんは、白血病などの血液がんと、それ以外の固形がんに分かれます。血液がんは抗がん剤だけで治る可能性があるので、連日強力な抗がん剤を投与するため、入院する必要があります。一方、固形がんの抗がん剤は、一部の治療を除いて、ほとんどが通院で受けることができます。通院治療が可能であれば、患者さんの生活の質(QOL)を保つことを考えて、通院で行うことが原則と思います。欧米では通院治療が主流です。しかし、日本では慣習で初回の抗がん剤治療は入院としたり、基本的にすべて入院でやっていたりと、9割以上の病院で一度以上は入院させています。もちろん、がんが進行し、症状が出て体力が弱って通院治療が困難な場合など、入院が必要な場合もありますが、まだまだ通院治療が遅れているという現実があります。


 −−インターネット上や書籍では「抗がん剤は効かない、逆に命を縮める」という言説が多く見られます。そもそも、抗がん剤でがんは治るのでしょうか。

 まずは、「抗がん剤が効く」とはどういうことか説明しましょう。先ほど、血液がんは抗がん剤だけで治る可能性があるとお話ししましたので、ここでは固形がんについてお話しします。抗がん剤を使う目的は、大きく分けて二つです。一つは手術や放射線治療後の再発を予防する(完治率を高める)治療、もう一つは進行再発がんに対する延命(がんが大きくなるのを一定期間防いで共存する)治療です。いずれも、効果があることが科学的なデータで示されています。また、分子標的薬(※注)などの新薬が毎月のように登場し、これまで治療が難しかった患者さんにも可能性は広がっています。

 しかし、抗がん剤に限界があることも正しく理解しなければなりません。特に進行再発がんについては、現状では完治は極めて難しい。抗がん剤には副作用がありますし、ほとんどの固形がんは、次第に抗がん剤への耐性を持ちます。どのような患者さんに抗がん剤が適応するかは、がんの種類、ステージ、年齢、全身状態や臓器機能によって一人一人異なります。また、最も重要なのは患者さんの価値観です。医療者は正しい情報提供をした上で、患者さんが大切にしたいこと、QOLを考慮し、抗がん剤治療を続けるか続けないか、最善の方法は何なのか一緒に考えていくことが大切です。そういった治療のコーディネートを担うのが抗がん剤治療を専門に行う腫瘍内科医のはずなのですが、日本では欧米に比べてまだまだ少ないのが現状です。

 −−緩和ケアについても、大きな誤解があると指摘されていますね。

 緩和ケアは、がん末期になってから、痛みや苦しみを和らげるための治療と思っていませんか。2010年、「緩和ケアに延命効果が認められた」という、世界中のがん治療医にとって衝撃的な論文が米科学誌に発表されました。早期に緩和ケアを導入すれば、無駄な抗がん剤を減らしてQOLを向上させ、延命効果をもたらすというのです。この結果を受けて、米国では外来での緩和ケアが広がりましたが、日本での取り組みは、こちらもまだまだというのが実情です。

 延命効果がはっきりと認められているのですから、緩和ケアは進行再発がんと診断された時から導入すべきです。抗がん剤治療と併用が可能です。痛みを和らげるための治療はもちろんですが、最も大切なのは病状をきちんと理解してもらい、患者さんが大切にしたいことを聞いてその生活をサポートすることです。「趣味を続けたい」「おいしいものをおなかいっぱい食べたい」「仕事を続けたい」…一番多いのは「家族とできるだけ長く普通の生活がしたい」という答えです。僕の患者さんの中には、抗がん剤治療を受けながら、「世界一周をしたい」「結婚式を挙げたい」という夢を実現した人もいます。進行再発がんは、生活の質を保ち、よりよい共存を目指すことが目標です。がんと上手に付き合うこと、治療ともうまく付き合っていくことが大切と思います。

※注 分子標的薬:がん細胞だけが持つ特徴を分子レベルでとらえ、それを狙い撃ちにする薬。

今解きたいがん治療の誤解

 川島なお美さんが手術後に抗がん剤治療を拒否し、食事療法や邪気を取り除くという民間療法を受けていたと報道されると、その選択を巡ってインターネット上では議論が起こりました。「がんは放置してもいい」「がんが消えていく食事」「奇跡のがん免疫細胞療法」−−。インターネット上や書店に並ぶ書籍には、がん患者を惑わせるような情報にあふれています。私たちはどのように正しいがん情報を見分けたらよいのでしょうか。

 −−がんについての情報があふれ、医学的に最善とされている標準治療を否定する患者さんが増えていると聞きます。

 がん情報について、特に問題なのはインターネットです。もしもがんと言われたら、まず、インターネットで自分のがんについて情報を入手する人が多いと思います。ただ日本のインターネットのがん情報がどのくらい正確かというと、正しい情報にヒットする確率は50%以下だったという研究の報告があります(2009年、国立がん研究センター・後藤悌医師の論文より)。現在はさらに、医療関係者や影響力のある著名人らがSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で発言し、科学的根拠のない情報がもっともらしい「事実」として拡散されていく問題もあります。

 医療機関は、比較広告、誇大広告などが禁止されています。また、医薬品以外の健康食品や、医薬品でも承認されていないものについては、病気の治療や予防に効果があることを示すことが禁じられています。しかしインターネット上のこうした広告については、野放しの状態でした。昨年末の医薬品医療機器法(旧薬事法)の施行に伴う通達などで、今後は取り締まりが強化されることを期待します。

 一方、よく見かける「食べ物で末期がんが消えた」などという民間療法や代替療法に関する本や情報は、特定の商品と結び付けていなければセーフとされています。しかし、科学的根拠のない治療法で治ったという極端な事例について、万人に適応するかのような誤解を与えているので注意が必要です。生活習慣の見直しや食事はがんの予防につながる可能性はありますが、一度なってしまったがんが「治る」という科学的根拠はありません。

 何が正しい情報なのか迷ったら、国立がん研究センターのホームページに開設されている「がん情報サービス(http://ganjoho.jp/public/index.html)」を見てください。各種がんについて比較的偏りのない情報が書かれており、代替療法についても解説されています。また、現時点での最善の治療法である「標準治療」について書いてある診療ガイドラインは、「がん診療ガイドラインなどのエビデンスデータベース(http://ganjoho.jp/professional/med_info/evidence/index.html)」で調べることができます。

標準治療について書いてある「がん診療ガイドライン」は、国立がん研究センターのホームページ「がん情報サービス」で調べられる

 −−そもそも、がんの「標準治療」とはどういったものなのでしょうか。

 言葉のイメージから誤解されがちですが、「標準治療」は、“並の治療”という意味ではありません。大規模臨床試験の結果から、現時点で最も効果が高く安全と認められた、最善の治療法です。しかも日本は皆保険の国で、「標準治療」はきちんと保険承認されています。これに対して「最新治療」は、期待されてはいるものの、まだ最良かどうか分かっていない“研究段階の治療”です。例として重粒子線や陽子線治療が挙げられます。中には厚生労働省の「先進医療」に指定され、一部の大学病院やがんセンターなどで保険診療との併用が認められているものがありますが、先進医療にかかわる費用は自己負担です。

 また、インターネットの広告でよく見かけるクリニックが自由診療で実施している「免疫細胞療法」は、全額自己負担です。科学的に有効性が示されていないから「標準治療」にならず、もちろん保険承認もされていないのです。数百万円の治療費をつぎ込んだにもかかわらず、効果がないまま、十分な緩和ケアを受けられずに亡くなった患者さんの話をよく聞きます。進行がんの患者さんの不安を利用して、ビジネスにしてよいのでしょうか。欧米では効果が実証されていない治療をするには届け出が必要で、「日本の状況はあり得ない」と言われます。免疫細胞療法は少なくとも臨床研究として実施し、治験と同じように無報酬で行うべきだと思います。

 最近、「免疫チェックポイント阻害剤」と呼ばれる画期的ながん新薬が、皮膚がんの一種である悪性黒色腫(メラノーマ)の治療薬として保険承認され、他のがんへの治験もすすんでいます。メディアは「新しい免疫療法」などと報じていますが、従来の免疫細胞療法との混同を避けるため、呼称には注意すべきでしょう。

 −−いわゆる「がん放置療法」や「がんもどき理論」を唱えて著書がベストセラーになっている医師の近藤誠さんに対して、『「抗がん剤は効かない」の罪』、『医療否定本の嘘』を出版して反論されていますね。

 近藤医師の本は分かりやすく、おもしろい。また医学的な誤りは非常に多いのですが、過剰診断や過剰治療など、日本の現代医療の問題点を一部突いているのが、逆にやっかいと言えます。読者はどこまでが本当で、どこからが仮説、またはうそに過ぎないかが判断しにくいのです。

 近藤医師は、がんは「すでに転移が潜んでいて治療しても治らない“本物のがん”」と「放置しても進行しない“がんもどき”」に二分されると主張しています。そしてがん検診や早期治療を否定しています。ただ、がんはそんなに単純ではありません。「放置すると進行していずれ死に至るが、積極的治療で治るがん」と「積極的治療で治すことは難しいが、延命、共存できるがん」も存在します。また、進行しない“がんもどき”があるのは事実ですが、初期の段階で“本物のがん”と見分けることは現状できません。患者さんに放置をすすめて、がんが進行して最悪亡くなったら“本物のがん”、進行しなかったら“がんもどき”というのは後出しじゃんけんに過ぎません。医師としての姿勢に欠けているのではないでしょうか。

 近藤さんを信じてがんを放置したものの、進行して私を訪ねてくる患者さんもいます。がんについての情報は、人の人生や命を左右します。売れるからといって患者さんに誤解や混乱を与えるような本を出版するメディアも罪深いのではないでしょうか。学会や公的機関も放置すべきではないと思います。

 −−現代医療への誤解が広がっているのには、患者に寄り添うような医療がされていない、医療不信が背景にあるとも指摘されています。

 その通りだと思います。ある意味、医師と患者のコミュニケーション不足から生じた医療不信が“医療否定本”を生んだとも言えるでしょう。医師不足は深刻化し、毎日百人近くのがん患者さんを外来で診ている医師がざらにいます。現場は疲弊し、患者さんへの説明が十分でなかったり、心ない言葉を言ったりする医師がいるのは現実です。また、日本の大学病院やがんセンターでは、積極的治療ができなくなった患者を放り出すような傾向もありました。

 がん患者さんが言われて最も傷つくのは「もう何も治療法がない」という言葉と、「断定的な余命告知」だという報告があります。余命告知は医師の経験値やあくまで中央値で、一人一人異なる患者さんの余命を正確に予測することはできません。また、がん専門医による治療は、積極的治療ができなくなり、緩和ケア医やホスピスに紹介した時点で“終わり”ではありません。「最期まであなたの主治医です、いつでも相談してください」というメッセージを伝え、患者さんのQOL(生活の質)を支えることが大切だと思っています。


勝俣範之(かつまた・のりゆき):日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科教授

1963年生まれ。88年、富山医科薬科大学卒業。国立がんセンター中央病院内科、同薬物療法部薬物療法室医長を経て、ハーバード大学公衆衛生院留学。その後、国立がん研究センター中央病院乳腺科・腫瘍内科外来医長、11年より現職。専門は、内科腫瘍学全般、抗がん剤の支持療法、臨床試験、EBM(根拠に基づく医療)、がん患者とのコミュニケーション、がんサバイバー支援など。著書に『「抗がん剤は効かない」の罪』(毎日新聞社)『医療否定本の嘘』(扶桑社)がある。


毎日新聞 医療プレミア編集部2015年10月28日











【2015/11/17 07:39】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
4インチの「iPhone 6c」は2016年半ばに登場か


市場調査会社IHS Technology ChinaのKevin Wang氏が、予てから噂されている4インチの新型「iPhone」こと「iPhone 6c」(仮称)は2016年半ばにリリースされるようだとWeiboにて報告しています。

なお、それ以上の詳細については触れられていません。

同氏は過去に「iPhone 6s/6s Plus」のiSightカメラの画素数などの予想を当てた実績がありますが、今回の情報が正しいのかはまだ不明です。








【2015/11/17 06:13】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
侍ジャパン、19日準決勝の相手は“宿敵”韓国、大谷が先発

8日の韓国戦で好投した大谷と韓国の李大浩

 ◇プレミア12準々決勝 日本9―3プエルトリコ(2015年11月16日 台湾・桃園)

 世界ランキングの上位12カ国が出場する「プレミア12」準々決勝で、侍ジャパンはプエルトリコに快勝し、ベスト4進出。決戦の舞台を日本に移し、19日に行われる準決勝(東京D)の対戦相手は韓国に決まった。

 予選ラウンドB組3位で決勝トーナメントに進出した韓国は16日に行われた準々決勝でA組2位のキューバと対戦した。2回にミン・ビョンホンの中前適時打で先制点を奪うと、李大浩の中前適時打などこの回6安打を集中し一挙5得点。5回に2点を失ったものの、8回にはヤン・ウィジの左越えソロなどで突き放し7―2で快勝した。

 予選ラウンドの初戦(8日)では、侍ジャパンが先発・大谷の6回無失点の好投などで韓国に5―0と快勝した。一発勝負の準決勝で再び“宿敵”撃破へ。小久保監督はプエルトリコ戦後、大谷の先発を明言した。







【2015/11/17 06:13】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ベネズエラにサヨナラで全勝 野球のプレミア12

ベネズエラにサヨナラ勝ちし、喜ぶ日本代表ナイン(15日、桃園)=共同

 【桃園(台湾)=共同】野球の国際大会「プレミア12」は15日、1次ラウンドB組1位での準々決勝進出を決めている日本は桃園市の桃園国際野球場でベネズエラに6―5でサヨナラ勝ちし、5戦全勝で1次ラウンドを終えた。16日の準々決勝でA組4位のプエルトリコとナイターで対戦する。

 日本は4―5の九回1死満塁から暴投で追い付き、最後は中村晃(ソフトバンク)の左への適時打で試合を決めた。

 B組ではメキシコが9―6でドミニカ共和国を下して2勝3敗。敗退が決まっているドミニカ共和国は5戦全敗となった。3勝1敗で突破を決めている韓国は2勝2敗の米国と対戦。

 A組ではカナダがオランダに3―1で勝ち、5戦全勝で1位通過を決めた。キューバがイタリアに2―1で勝ち、オランダと並んで3勝2敗。直接対決の結果キューバが2位、オランダが3位となった。プエルトリコは台湾に延長十二回、7―4で逆転サヨナラ勝ちし、ともに2勝3敗で並んだが、直接対決の結果プエルトリコが準々決勝進出。台湾と5戦全敗のイタリアは敗退。

 決勝トーナメントは準々決勝を台湾で行い、準決勝と決勝、3位決定戦は東京ドームが舞台となる。







【2015/11/16 06:31】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
中田様~1位突破弾!またまたV打 福留超え国際大会最多11打点


 ◇プレミア12予選ラウンドB組 日本10―2米国(2015年11月14日 台湾・桃園)

 中田が止まらない。侍ジャパンは14日、米国を10―2で下し、予選ラウンドB組1位での準々決勝進出を決めた。2―2と同点に追いついた6回に中田翔内野手(26)が勝ち越し3ラン。好調の中田は今大会11打点の荒稼ぎ。プロ選手が参加するようになった2000年のシドニー五輪以降、国際大会での1大会最多打点をマーク。13安打10得点の圧勝、開幕4連勝へ導いた。

 耳をつんざくような大歓声が響いた。6回、同点に追いつき、なお1死一、二塁。中田は左腕・イブランドの内角球を振り抜いた。打球は低い弾道で一直線に伸び、左中間フェンスを越える。勝ち越し3ランだ。日本ファン一色の桃園球場がスタンディングオベーションで祝福した。

 「イケイケムードだったので崩したくなかった。“抜けてくれ”という思いだった。(米国の投手は)きれいな回転の球ではないので、大振りではやられる。コンパクトに振りにいった」

 11日のメキシコ戦(天母)のサヨナラ打、12日のドミニカ共和国戦(桃園)の決勝二塁打に続く、3戦連続の決勝打となるアーチで、今大会は15打数8安打、打点は11となった。00年以降の国際大会では04年アテネ五輪の福留(当時中日)の10を超える1大会個人最多打点だ。「すぐ出てこない(思い出せない)くらい凄い結果を残せているなと思う」と中田。走者を置いた場面では9打数7安打(3四球)と神がかり的な勝負強さを見せている。

 異国の地に誰よりも順応している。台湾入りし、まず確認したことはチーム専属の李淑芳(リシュクホウ)通訳の携帯番号だった。小久保監督就任後初の対外試合だった13年11月の台湾遠征でも同通訳のサポートを受けた。現地に住む「事情通」に聞いた宿舎近くのお薦めの料理店にチームメートを連れて行っては舌鼓を打った。重圧がかかる国際大会でも地元の文化を楽しむ余裕がある。

 侍ジャパンの得点パターンも確立されてきた。中田が本塁へ還すのは山田だ。山田は今大会、19打席で10度出塁し7度も生還。今大会は主に3番、6番に座る2人が、出塁が求められる1番と、走者を還す4番の役目を果たしている。この日も3度生還した山田は「塁に出ることを考えてチャンスメークできた。きょうは特に変化球を見極められた」と胸を張った。

 中田の劇打で予選ラウンド4連勝。同B組1位通過が決まり、15日のベネズエラ戦(桃園)ではコンディションや16日の準々決勝(未定)以降をにらんだ柔軟な選手起用が可能になった。小久保監督は「中田がこの大会のキーマンになっている。神がかっているね」と絶賛。さらに「3~6番(山田、中村剛、筒香、中田)を変えるつもりはない」と断言した。まさに「神様、中田様」。その打棒で日本を必ず世界一へと導く。 

 ≪アテネ福留超え≫中田が6回に勝ち越し2号3ラン。打点は11日メキシコ戦から5、3、3の11打点。00年以降の五輪、WBCを含む国際大会では04年アテネ五輪で福留がマークした10打点を抜く最多打点になった。これでメキシコ戦9回サヨナラ安打、ドミニカ共和国戦8回勝ち越し二塁打、この日の勝ち越し弾と3試合連続勝利打点。こちらは00年シドニー五輪予選リーグで鈴木郁がオランダ戦、オーストラリア戦、イタリア戦で記録したのと並ぶ最多タイ。また、7回には松田が満塁本塁打。プロ参加の主要国際大会での満塁弾は13年第3回WBC2次ラウンドのオランダ戦で坂本が放ったのに次いで2人目だ。


SportsNavi








【2015/11/15 06:15】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Apple、Quantaと共に次期「Apple Watch」を開発中 − 来年第2四半期より出荷開


台湾の経済日報によると、Quanta Computerの董事長である林百里氏が、同社とAppleは既に次期「Apple Watch」の開発に取り組んでいる事を明らかにしました。

同社は現行モデルの生産を担当しており、第2世代モデルは2016年第2四半期(4~6月)に出荷が開始され、大量出荷は第3四半期(7~9月)になるとみられています。

この情報が正しければ、次期「Apple Watch」は夏頃まで発売されないのかもしれません。


[via PhoneArena]







【2015/11/14 06:13】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
【侍ジャパン】中田、連夜の大爆発!V打&3打点で開幕3連勝導いた!

8回2死二、三塁、左翼線に2点二塁打を放つ中田

 ◆プレミア12 ▽1次ラウンド・B組 ドミニカ共和国2―4日本(12日、台湾・桃園)

 日本と台湾で初開催される国際野球大会「プレミア12」の1次ラウンドが行われ、B組の日本は4―2で13年WBC王者のドミニカ共和国に勝ち開幕3連勝。前夜に5打点を挙げた中田が決勝2点適時打など3打点と連夜の大活躍だった。日本は14日に米国(桃園)と対戦。先発は菅野が有力視されている。

 日本は初回、2死二塁から中村剛がセカンド後方へのフライを打ち上げると、二塁手と右翼手が交錯し落球。ボールがこぼれる間に山田が生還し先制。4回には前夜に5打点と好調の中田が、外角低めの変化球を巧みにすくう技あり適時打で1点を追加した。

 先発・武田は1回に1死満塁、3回に2死一、二塁、4回にも2死二、三塁とピンチを招きながらも、要所を締める粘りの投球。4回の投球後に右足に違和感を感じ降板した。4回を5安打無失点4奪三振だった。

 5回からマウンドに上がった2番手・小川は2イニングを無失点。しかし3イニング目に突入した7回、R・ロドリゲスにレフトへ同点の2ランを浴び、試合は振り出しに。

 しかし、今の日本にはこの男がいた。直後の8回2死二、三塁から、レフト線へ痛烈な2点適時打で勝ち越しに成功。8回は山崎康が締めると、9回は松井裕が締め開幕3連勝を飾った。

 1次ラウンドは各組6チームの総当たり戦で、上位4チームが決勝トーナメントへ進む。準々決勝までは台湾で行う。準決勝と決勝、3位決定戦は東京ドームで行われる。







【2015/11/13 06:19】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
【侍ジャパン】中田、サヨナラ打!接戦制し開幕2連勝

9回1死一、二塁、サヨナラ打を放った中田(手前)を迎えるナイン

 ◆プレミア12 ▽1次ラウンド・B組 日本6x―5メキシコ(11日、台湾・天母)

 日本と台湾で初開催される国際野球大会「プレミア12」の1次ラウンドが行われ、B組の日本は6―5でメキシコにサヨナラ勝ちし開幕2連勝。中田が殊勲のサヨナラ打を放つなど5打点の大活躍だった。日本は12日にドミニカ共和国(桃園)と対戦する。

 先発・前田は2回、4番R・ロペスに2シームを左翼スタンドへ運ばれる先制ソロを被弾。しかし、直後の裏に中田がレフトへ豪快な逆転2ランを放ち逆転に成功。3回には筒香の適時打と中田の犠飛で加点した。

 前田は4回に1点を失ったが、要所を締める投球。5回を5安打2失点7奪三振と粘りの投球だった。

 5回にはこの日絶好調の中田が詰まりながらもセンター前にはじき返す適時打。

 日本は継投策に入ったが、救援陣がピリッとせず。6回から登板した2番手・西が1失点。7回からマウンドに上がった3番手・大野も1点を失い、なお2死三塁と同点のピンチの場面で降板。このピンチを救ったのは4番手・牧田。先制ソロを放っている4番R・ロペスから空振り三振を奪い、完璧な火消しを披露。

 1点リードで迎えた9回、今大会初登板の沢村が2死三塁から同点に追いつかれた。しかし、9回1死一、二塁から中田がサヨナラ打を放ち開幕2連勝を飾った。








【2015/11/12 06:19】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ