SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
メジャーリーグ、大盤振る舞い 1億ドル超の大型契約続々

 今オフの大リーグで、総額1億ドル(約120億円)以上の超大型契約を結ぶ選手が続出している。総年俸2億ドル以上の歴史的契約を手に入れたデービッド・プライス(レッドソックス)、ザック・グリンキー(ダイヤモンドバックス)をはじめ、メジャーリーグ(MLB)でこれほどの札束が飛び交っている好景気の理由はどこにあるのか。そして、来季に向けて最もチーム力をアップしたのはどこか。


レッドソックスの入団記者会見で、背番号「24」のユニホームを手にするプライス(中)=AP

■すでに「1億ドルプレーヤー」5人

 多くの好選手がフリーエージェント(FA)市場に出ていた今オフは、景気の良い大型契約が飛び交うことが予想されていた。しかし、一部のトップ選手たちが受け取った金額は大方の想像を超えるものだった。

 2012年のサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)投手に輝き、今季はタイガース、ブルージェイズで計18勝を挙げたプライスは、12月4日にレッドソックスと投手史上最高となる7年総額2億1700万ドルで契約。1週間後には、09年のサイ・ヤング賞投手で、今季は1.66という驚異的な防御率を残したグリンキー(今季ドジャース)が、1年換算ではプライスの年俸をも上回る6年総額2億650万ドルでダイヤモンドバックスと合意に達した。

 今オフに大型契約を獲得したのはこの「トップ2」だけではない。

 レッズ時代の14年に20勝を挙げたジョニー・クエト(今季途中、レッズからロイヤルズに移籍)はジャイアンツと6年1億3000万ドルで合意。今季まで4年連続2桁勝利のジョーダン・ジマーマン(今季ナショナルズ)は、タイガースと5年1億1000万ドルで新契約を結んだ。野手では過去4年間でゴールドグラブ賞を3度受賞したジェイソン・ヘイワード(同カージナルス)が、8年1億8400万ドルでカブスへの移籍を発表した。

 オフの間に新たに1億ドル以上の大型契約を受け取る選手が最も多かったのは、ロビンソン・カノ(マリナーズ、10年2億4000万ドル)、田中将大(ヤンキース、7年1億5500万ドル)、ジャコビー・エルズベリー(ヤンキース、7年1億5300万ドル)、秋信守=チュ・シンス=(レンジャーズ、7年1億3000万ドル)がそれぞれ新天地に移籍した13年シーズン後だった。


デービスら野手の大物は多くが未契約のまま残っている=AP

 今年は現時点ですでにそれを上回る5人の「1億ドルプレーヤー」が誕生。ジャイアンツと5年9000万ドルで契約したジェフ・サマージャ(今季ホワイトソックス)、カージナルスと5年8000万ドルで合意したマイク・リーク(今季途中、レッズからジャイアンツに移籍)ら、決して超一流とはいえないような投手でも大台に近い金額を受け取っている。しかもまだヨエニス・セスペデス(同メッツ)、ジャスティン・アップトン(同パドレス)、クリス・デービス(同オリオールズ)、アレックス・ゴードン(同ロイヤルズ)といった野手の大物が未契約のまま残っている。

■テレビマネー支えに好景気続く

 デービスは古巣オリオールズから7年1億5000万ドルの提示を受けたとも伝えられており、今後、大台超えを果たす選手が増える可能性は十分ある。プロ野球広島からポスティングシステムでメジャー入りを目指している前田健太も、1億ドルには届かないまでも、かなりの好条件を提示されるのではないか。

 これほどの大盤振る舞いが可能になるのは、MLBの収益が十数年連続で増加中で、15年も前年を5億ドル上回る約95億ドルの利益を記録したからだ。その好景気の理由はやはりテレビマネーによるところが大きい。

 14年から始まったFOX、TBS、ESPNとの契約だけで、21年までMLBに総額約124億ドルのテレビ放映権料が流れ込む。そのお金が各チームに分配される。さらに、多くのチームがローカル局とそれぞれ総額10億ドル以上の契約も結んでいる。

 13年にドジャースが地元のスポーツ専門局と25年83億5000万ドルという巨額の契約を結んだことは大きなニュースになった。額はやや低くとも、テレビマネーの恩恵を受けているのはドジャースに限った話ではない。エンゼルス、カージナルス、フィリーズ、レンジャーズ、アストロズ、パドレスなども近年に地元のテレビ局と新契約を結んでいる。

 また、02年から始まった収益分配制度のおかげで、大都市チームの稼いだ額の一部が市場規模の小さい都市のチームに渡るようにもなっている。ヤンキース、レッドソックスのような一部の「金満チーム」にスター選手が集中していた時代も今は昔。今オフのダイヤモンドバックス、あるいは昨季にジャンカルロ・スタントンと13年総額3億2500万ドルという途方もない契約を結んだマーリンズのように、小規模チームでもスター選手に大枚をはたけるようになったのは、この収益分配制度のおかげである。


グリンキーらを獲得し、先発ローテを整えたダイヤモンドバックスはオフの「最大の勝者」の一つ=AP

■今オフ補強の「最大の勝者」は

 大型契約が飛び交う今オフ、現時点ではレッドソックス、ダイヤモンドバックス、カブスこそが「最大の勝者」と呼ばれるにふさわしい。

 デーブ・ドンブロウスキー新ゼネラルマネジャーの指揮下で、レッドソックスはプライス以外にも通算225セーブのクレイグ・キンブレル(今季パドレス)、今季マリナーズでリリーフとして大活躍したカーソン・スミス(2勝5敗、13セーブ、防御率2.31)を獲得した。これで上原浩治、田沢純一と合わせ、リーグ有数の強力ブルペンが誕生したことになる。上原はクローザーでなくなることが濃厚だが、来季は13年以来のプレーオフ進出が狙える陣容が整ったといってよい。

 ダイヤモンドバックスはグリンキーだけでなく、ブレーブスからトレードで今季防御率3.02のシェルビー・ミラーを獲得して、先発ローテーションを整えた。一部で噂された前田の獲得はもうなさそうだが、それでも16年の注目チームの一つに躍り出たことは間違いない。

 今季大躍進を遂げたカブスは今オフにヘイワード、ベン・ゾブリスト、ジョン・ラッキー、アダム・ウォーレンら、実績十分な実力派選手を次々と加えた。もともと多くの若手タレントを擁するチームが層をさらに厚くし、「ナ・リーグ有数のパワーハウス」と呼ぶにふさわしい豪華メンバーをそろえた。来季は、実に1908年以来となる“世界一”への期待が大きく膨らみそうだ。

 その他、クエト、サマージャを手に入れて先発投手をテコ入れしたジャイアンツ、ジマーマン以外にもフランシスコ・ロドリゲス、ジャスティン・ウィルソンを取り、懸案のブルペンを補強したタイガースも勝ち組に加えられてしかるべきだろう。

 こうして一部のチームが着々と戦力を整える一方で、ドジャース、エンゼルス、オリオールズのように仕事が残っている強豪もある。前述したとおり、依然として多くの好選手がマーケットに出ている状況で、補強戦線は春季キャンプ入り直前の来年2月半ばまで継続する可能性もありそう。そして、近年の趨勢を考えれば、さらに多くの札束が派手に飛び交っても誰も驚かないだろう。

日経新聞







スポンサーサイト
【2015/12/31 06:22】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
高所得者に逆風、投資家には追い風 16年の負担こう変わる
2016年は暮らしにかかわる制度改正が相次ぎ、高所得者に逆風が吹きそうだ。年収1200万円を超す会社員約120万人は1月から所得税が重くなる。4月には高所得者の健康保険料も上がる。一方で株価や少子化対策に関心が強い安倍政権の意向を反映し、個人投資家や子育て世帯に追い風になる制度改正が予定されている。



 年収1200万円を超える会社員や公務員の所得増税は、1月の給料の天引き分から始まる。負担増は年収1500万円の場合、年5万円ほどになる見通しだ。

■120万人増税

 会社員は経費にあたる給与所得控除を年収から差し引いて課税所得を計算する。控除額は年収に応じて決まり、15年分までは年収1500万円超では、一律245万円を差し引けた。16年分からは年収1200万円超の控除額が一律230万円で頭打ちになるため、支払う税金が増える。

 17年にはさらに2段階目の増税が待っている。控除額の上限が「年収1000万円超で一律220万円」にまで下がる。前年の課税所得をもとに支払う住民税も所得税の1年遅れで増税になる。増税の対象者は16年分の約120万人に17年分ではさらに約90万人が加わる見通しだ。

 来年4月には健康保険料の引き上げも控える。会社員らの保険料は月収に応じて定められている「標準報酬月額」に、各健康保険組合の保険料率をかけて算出する。


高所得の会社員は所得税や健康保険料の負担が重くなる

 現行の標準報酬月額の上限は121万円。4月以降はこの上限を139万円にまで引き上げる。現在、月収で123万5千円以上の人が保険料引き上げの対象になり、月1万円ほどの負担増になる場合もある。所得増税より対象者は少ないが、30万人ほどが対象になる見込みだ。

 大和総研の鈴木準主席研究員は一連の負担増について「所得の再分配と保険の概念が混在している。取りやすいところから取る状況が続くと、高所得層が消費を控える動きにつながる」と指摘している。

■パートも負担増

 パート労働者にも負担増につながる制度改正がある。10月から年金や健康保険などの保険料が発生する労働時間の基準が、現行の週「30時間以上」から「20時間以上」に引き下がる。これに伴い年収の要件も「130万円以上」から「106万円以上」に下がる。対象は従業員501人以上の企業に限られるが、25万人が新たに保険料を払うことになるとみられる。

 政府はパートの負担増対策として、パート労働者の就労時間の延長や賃上げに取り組む企業に補助金を配る方針。どれだけ賃上げが進み、保険料負担が和らぐかがカギになりそうだ。

■NISA枠拡大

 個人投資家を支える税制は拡充される。株式などの運用益が非課税になる少額投資非課税制度(NISA)は1月から、年間の投資枠を20万円拡大し120万円にする。さらに未成年者を対象にした「ジュニアNISA」も1月から口座開設を受け付け、4月から取引できるようにする。非課税枠は年80万円。これにより、両親と子どもが2人いる4人家族の非課税枠は合計400万円にまで増える。

 子育て支援では4月から低所得者世帯を中心に、幼稚園や保育所の利用料を軽くする。現在は幼稚園では第1子が小学校3年生以下の場合、第2子の幼稚園代が半額、3人目以降は無料になる。保育所では第1子が小学校就学前なら同じように保育料が軽減される。4月以降は年収が360万円未満の世帯では学年の制限をなくし、第1子が何歳でも第2子は半額、第3子以降は無料となる。


日経新聞









【2015/12/30 06:35】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
井上初防衛!八重樫は3階級制覇!
井上尚弥が強すぎる! 1年ぶり復帰戦で2回TKO勝ち

 有明コロシアムで行われた「ボクシングフェス2015」のメインイベント、WBO世界S・フライ級タイトルマッチは、王者の井上尚弥(大橋)が指名挑戦者ワルリト・パレナス(フィリピン)に2回1分20秒TKO勝ち。1年ぶりのリングで初防衛に成功した。


ブランクをまったく感じさせなかった井上のKO劇

 1年のブランクもこの男には関係がなかった。ゴングからほどなくしてコンビネーションを放つと、そのスピードに驚いた客席から「お~っ!」の大歓声。ジャブ、そして右ストレートを上下に打ち分ける動きはキビキビしていて無駄がない。世界初挑戦のパレナスとは、スピードもパワーも技術もレベルが違うことがはっきりした。

 当然フィニッシュは早い。2回だった。井上が放ったシャープな左フックを食らったパレナスの動きが少し鈍る。チャンスと見た井上が前に出て強烈な右を打ち込むと、ガードの上からにもかかわらず、パレナスがグラつき、すかさず右をフォローしたところで比人がキャンバスに落下した。カウントを取る間、若き日の辰吉丈一郎のように右腕をグルグル回す井上。パレナスは本能だけで立ち上がったものの、もはや戦える状態ではなかった。再開後、井上は左フック、そして右を浴びせると、再び崩れ落ちたパレナスに、主審がTKOを宣告した。


父の真吾トレーナーと勝利のガッツポーズ

 井上は9勝8KO無敗。リング上で「1年間うずうずしていて、死にもの狂いで練習してその結果が出せてほっとしている。リードをちょっともらったら硬くて、これはもらったらヤバイという緊張感もあった。しばらくはS・フライ級でやるので、どんな挑戦でも受けて、ファンが望む試合をしていきたい。アメリカでもオファーがあればやってみたい」と話し、来年のアメリカ進出に期待を持たせた。大橋会長によると、次戦は国内になる可能性が高く、来年のどこかでアメリカで試合をするという。なす術なく敗れたパレナス(日本での旧リングネーム、ウォーズ勝又)は24勝21KO6敗1分。


八重樫東が3階級制覇、メンドサに大差判定勝ち

 IBF世界L・フライ級タイトルマッチが29日、有明コロシアムで行われ、同級8位の八重樫東(大橋)が王者ハビエル・メンドサ(メキシコ)に3-0判定勝ち。八重樫はWBAミニマム級、WBCフライ級王座に続くタイトル獲得で、3階級制覇達成となった。スコアは117-111、119-109、120-107。メンドサは2度目の防衛に失敗。


激しい打ち合いを繰り広げる八重樫(右)とメンドサ

 八重樫は1年前、ペドロ・ゲバラ(メキシコ)とのWBC世界同級王座決定戦に敗れて3階級制覇挑戦に失敗。このときは9月に“軽量級最強”ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)とのWBC世界フライ級戦に敗れた直後で、心身ともに万全の状態を作れなかったが、今回は満を持してメンドサ戦を迎えた。

 初回から八重樫のスピードが試合をコントロールした。八重樫は左右によく動きながらシャープな右ストレートやアッパーをコツコツとヒットさせた。メンドサはグイグイと攻めるのだが、左右に素早く動く八重樫に翻弄され、ミスブローが多い。的を絞らせない八重樫のうまさが目を引く立ち上がりだ。

 優勢の八重樫は3回に右を効かせて前へ。しかしメンドサも後退せずに果敢に打ち合いに応じる。4回から両者の距離はさらに詰まった。八重樫はボディ攻撃を効果的に繰り出すが、メンドサの手数も落ちず、八重樫も左ストレートや左フックを少なからず被弾する。メンドサは7回に八重樫をロープに押し込んで連打。八重樫も右フックをクリーンヒットして両者ともにダメージが蓄積していった。


八重樫は感謝の言葉をリング上から述べた

 粘るメンドサを突き放すべく、八重樫は8回に右ストレート、ワンツーをヒットしてさらに王者にダメージを与える。終盤は足をよく動かしながら、右を次々にヒットさせてポイントをピックアップ。終盤は八重樫のKO勝ちもあると思わせる中、メンドサも意地を見せ、11回には激しい打撃戦を展開。最終12回、八重樫の右でメンドサがフラフラと後退。KOまであと一歩というところで試合終了のゴングとなった。

「家族の支えとみなさんのもう一度見たいという応援で勝つことができた」と語った八重樫は23勝12KO5敗。最後までチャンピオンのプライドを見せたメンドサは24勝19KO3敗1分。これでメジャー4団体のL・フライ級王者は、WBAが大みそかに防衛戦を行う田口良一(ワタナベ)、WBCが木村悠(帝拳)、IBFが八重樫と3団体を日本人が占めることになった。


BoxingNews







【2015/12/30 06:29】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
厚生年金の加入漏れ、全国に200万人 厚労省推計
厚生年金の加入資格があるのに国民年金に入っている人が全国に推計で約200万人いることが、厚生労働省の調査で分かった。厚生年金の保険料の半分を負担する雇い主が、違法に「加入逃れ」をしている可能性がある。国民年金のままだと、将来受け取る年金額は本来より少なくなる。

 調査は昨年10月から今年3月、国民年金に入る20~59歳の約6万2千人を対象に郵送で実施。約2万3千人から回答を得た。雇用形態や労働時間などを尋ね、厚生年金に加入すべき国民年金の加入者がどれだけいるのか、初めて推計した。

 厚生年金は会社などの正社員に加え、パートでも労働時間が正社員の4分の3以上なら対象となる。外国人などを除く国民年金の加入者は、昨年3月時点で約1580万人。調査に基づく推計の結果、そのうち12%強の約200万人に厚生年金の加入資格があるとしている。

 ログイン前の続き保険料の全額を加入者が負担する国民年金と違い、厚生年金は保険料を労使で折半する。このため、雇い主が保険料の負担を嫌がって年金事務所に厚生年金の対象だと届け出ないことがある。厚労省によると、約75万社にこうした「加入逃れ」の疑いがあり、今回の対象漏れもこうした事業所に勤務する人が多く含まれるとみている。

 国民年金と厚生年金では受け取る年金額に大きな差がある。厚労省の担当者は「会社勤めなのに厚生年金の保険料が天引きされていないなど、不正に思い当たる節があれば年金事務所に相談してほしい」と呼びかけている。


朝日新聞








【2015/12/29 06:33】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ゴルフの日本3オープン、選手の魅力は引き出せたか
 今年も残り少なくなりました。今回は、日本ゴルフ協会(JGA)が主催した3つのナショナルオープン競技を総括したいと思います。

 最初は日本女子オープン(10月1~4日、片山津GC)です。私自身、女子の試合に関わるのはほぼ15年ぶり。それだけに、現在なぜ女子ゴルフに人気があるのか、とても興味がありました。実際、大会初日から大勢のギャラリーが入り、会場は華やかな雰囲気がありました。その理由を挙げるとすると、(1)世界ランキング上位者が参戦してランキングにふさわしい活躍をした(2)ギャラリー数が3オープンで最も多い3万人強(最終日は約1万2000人)(3)テレビ視聴率も最終日は日没直前までプレーオフが長引いたにもかかわらず平均10%を超えた――などに表れています。


女子はイ・ボミら若い選手を中心に華のある選手が多く、ファンサービスが行き届いている=日本ゴルフ協会提供、以下同

■女子は「お客を呼べる選手」が多く

 人気の理由は、やはり若い選手を中心に華のある選手が多く、ファンサービスが行き届いていることに尽きます。その背景には彼女たちが「自分たちはなぜこの場所にいられるのか? それは支える人たちがいるからだ」ということをわかって、それにふさわしい振る舞いをしているからだと思います。それはファンに対してだけでなく、大会主催者やボランティアスタッフ、ゴルフ場従業員、運営関係者に対しても同じです。ゴルファーの多くが男性だということを割り引いても、「これならファンもスポンサーもついてくるな」と実感しました。実際、選手にはそれぞれのファンがついていて、いわゆる「お客さんを呼べる選手」がたくさんいる感じです。

 しかし問題点も感じました。特に気になったのはプレーが遅い選手が多いことです。若い女子選手の多くが男性の帯同キャディーを使っていることが理由の一つでしょう。キャディーの多くは選手より年齢が上。このため本来なら「選手が主で、キャディーは従」という関係が逆転して、キャディーの指示に従って選手がプレーしているような場面があちこちで見られるのです。

 例えばショットの際も、飛球線後方からキャディーがアドレスの向きを確認してあげる。クラブ選択、距離の確認、パッティングラインについても自分が決めるというより「キャディーの意見を聞いて決める」というケースが目立つのです(もちろん規則上は何ら問題ないのですが)。このため、一つ一つのプレーに時間がかかってしまうのだと思います。

 プロはただボールを打つだけではないはずです。「どこに向いて、どういう球を打つか」を自分で判断できて当たり前。良く言えば「キャディーの担う役割が大きい」のですが、「キャディーに頼り過ぎ」とも言えます。これまで男子の試合を多く見てきただけに、これには少し違和感を持ちました。


日本女子オープンを制した田仁智は実に堂々としており、21歳にして風格すら感じさせる

■21歳にして風格感じさせる田仁智

 そんな中で優勝した女子大生プロ、田仁智選手(韓国)には練習日から注目していました。名門・高麗大学に籍を置く21歳なのに、実に堂々としている。ゴルフがうまいだけでなく、落ち着きがあって話し方や所作からも人柄がうかがわれ、風格すら感じられるのです。これまで多くの選手を見てきましたが、若いころからこういう雰囲気のある選手はあまりいません。強いて言えば、デビューしたころのアーニー・エルス選手(南アフリカ)やフィル・ミケルソン選手(米国)でしょうか。

 彼女のあだ名は「ダンボ」。由来は、周りで話している声が実によく聞こえるそうで、日本流に言えば「地獄耳」ですかね。それだけ冷静で、かつ処理能力が高いといえるかもしれません。

 その田選手の本領発揮という場面がプレーオフでした。先にホールアウトしていた田選手はプレーオフが決まったとき、まずキャディーに「何番ホールでやるの?」と聞いたそうです。「18番ホールの繰り返し」ということを確認すると、「18番をやるなら、8番アイアンを抜いてロフト19度のユーティリティーを入れよう」とクラブセッティングを変えてプレーに臨んだのです。最終的に勝負を決めたショットは、新たに入れたユーティリティークラブでした。彼女の帯同キャディーはベテランの英国人なのですが、「本当に頭の良い子なんだよ」とホールアウト後に話していました。

 ゴルフ規則上、プレーオフでは本戦と異なるクラブセッティングをすることは問題ありません。かつてプレーオフでセッティングを変更した例はあるのでしょうが、実際に目にしたのは初めて。しかも終盤のドタバタでプレーオフが決まり、日没が近いという状況で、冷静に18番ホール攻略に目的を絞ったセッティングを決め、それで勝負を決める――これが21歳のやることなのか、と感心しました。これからどんなゴルファーに成長していくのか楽しみです。

■スコットがジュニア向けセミナー

 次は日本オープン(10月15~18日)です。会場となった六甲国際GC東コースは青木功さんが1983年に初めて日本オープンを制した思い出の場所です。その青木さんが歴代優勝者のそろう夕食会にわざわざ来て、翌日は自身の思い出を織り込みながらテレビ解説をやってくれました。米ツアーでは歴代優勝者を大切にして、出場資格がなくても大会に招待するケースがよくあります。青木さんがいるだけで、伝統と格式が備わり会場の雰囲気は変わります。今後大会を盛り上げていく上で、こうした取り組みも考えていかなければならないと感じました。


スコットは日本オープンに2年連続参戦、ジュニアゴルファーを招いてセミナーも開いた

 もう一つは、昨年に続いてアダム・スコット選手(オーストラリア)が参戦してくれたことです。前週に韓国で開かれたプレジデンツ・カップから直接会場に来たのですが、「今回は日本オープンに勝ちにきた」という気持ちがはっきりとわかりました。というのは、エースキャディーのスティーブ・ウィリアムズさんをわざわざニュージーランドから呼び寄せ、コーチやトレーナー、マネジャーまで連れてきたのです。

 さらにうれしかったのは、「出場するからには、日本の若いゴルファーに自分なりに貢献したい」と言ってくれたことです。そこで大会前々日の火曜日の夕方に全国からジュニアゴルファーを招いて、彼が自分の経験や考え方を話すセミナーを開いてくれました。参加者の中には、日本女子オープンで優勝争いをした柏原明日架選手(ナショナルチーム出身)や、日本オープンでローアマを取った金谷拓実選手もいました。

 スコット選手は「『ゴルフができるのは誰のおかげなのか』いつも考えて行動することが大切」という心構えの重要性を説きながら、自分がプロになったきっかけやこれからの目標、さらにスポンサーとの関係や、自らの失敗談など、あまり知られていないエピソードも紹介してくれました。将来プロを目指すジュニアにとっては、とても参考になる話だったと思います。


日本オープンは小平が優勝。池田と最後まで争い、ナショナルオープンにふさわしい熱戦となった

 また、「全国、特に被災した地域に住むジュニアゴルファーのために役立ててほしい」と、昨年に続いて賞金全額(520万円)をチャリティーしてくれました。試合のほうも、小平智選手と池田勇太選手の優勝争いが最終ホールにまでもつれ込み、ナショナルオープンにふさわしい熱戦でした。

■日本オープン、二大看板選手が欠場

 一方で反省点もあります。思ったようなコースコンディションが整えられなかった点です。特に夏場、ラフが思ったほど伸びなかったのは誤算でした。さらに大会前に雨が降り、グリーンが止まりやすくなったのです。このため2日目に62という爆発的なスコアが出て、優勝スコアも13アンダーという近年にない数字になりました。これについては「ナショナルオープンとしていかがなものか」というお叱りも受けました。

 よく「ナショナルオープンはスコアが伸びないように、深いラフや硬いグリーンなど難しいセッティングをしている」と言われます。もちろんある程度の予想はしながらセッティングしますが、優勝スコアを○○アンダー以下にしようというのではなく、あくまで「ミスショットと良いショットの差がつくフェアな設定」というのが私たちJGAの基本的な考え方です。

 あのラフの深さとグリーンの軟らかさでも、1桁アンダーしか出ないようにすることはできたかもしれません。でもそのためにはピンの位置をアンフェアといえる場所に切るしかありません。誰がどんなに良いショットを打っても絶対寄らないような場所です。ここまでいくと「難しい」を超えて「いじめ」のセッティングになってしまいます。こんな条件ではプレーする側も、見る側も楽しめるゲームにはなりません。

 今年のコースコンディションなら、あのスコアは予想範囲内でした。しかも中堅の域に入りつつある池田選手と、伸び盛りの小平選手というこれから日本のゴルフシーンを担っていく2人のデッドヒートはナショナルオープンにふさわしいものだったと思います。

 これに関連して「松山英樹、石川遼という二大看板選手が日本オープンに出ないのはけしからん」という意見についても、一言申し上げておきたいと思います。

 確かに興行面から考えれば、この2選手には出場してほしいところです。しかし、2人は米ツアーの試合を選んだ。これは、はっきり言えば日米の試合を天びんにかけたら「日本オープンのほうが出場する価値が低かった」ということです。別の言い方をすると、我々は2人の不参加を責める前に「日本オープンはいろいろな面で『彼らが自ら出場する試合』としての要素を備えているかどうか」を謙虚に顧みなければなりません。

 それは出場資格、日程、会場となるコース、賞金など多岐にわたります。JGAは「全米、全英オープンなどに伍(ご)していけるオープン競技」に衣替えすべく、いろいろな取り組みを進めています(以前のコラムにも書きましたが)。そうした取り組みを進め「日本人選手である以上、日本オープンの優勝カップに名前を刻みたい」と熱望されるような大会にすべきです。世界ランクの上位者が出場するような試合になれば、日本オープンの重さも自然に高まるはずですから。


日本シニアオープンは予選会から勝ち上がった平石が栄冠を手に

■予選会勝ち上がりの平石優勝に意義

 その意味では、今年の日本シニアオープン(10月29日~11月1日)はJGAが目指すオープン競技の一つの形を示せたと思います。会場の白山ヴィレッジGCはリゾートコースです。「リゾートコースは簡単なコース」、つまり「ナショナルオープンなんか開催する場所じゃない」というのがこれまでの考え方でした。しかし、今回はリゾートコースでも十分ナショナルオープンを開けることを実証できたと思います。

 まずコースに全面協力を得て、大小2000本以上の木を伐採しました。さらにテレビ映りが良くなるように枝を落とし、ギャラリーも観戦しやすいように通路を確保しました。それまでの木が茂っていたコースは風通しが良い、明るいコースに生まれ変わりました。ラフも3オープンの中では一番良い状態でしたし、グリーンも硬く仕上がりました。シニアにはちょっと硬くなりすぎた感じもしましたが、その分フェアウエーは広く設定しました。

 優勝は平石武則選手。彼は予選会から勝ち上がっての栄冠です。予選会はより多くの選手に門戸を開いて、オープン競技の名前にふさわしい大会にするというのがJGAの考えです。それだけに予選会から勝ち上がって優勝したということに大きな意味があるのです。

 平石プロには申し訳ありませんが、レギュラー時代は飛ばないことで有名でした。シニアに入ってからも同じです。それが、今年50歳を迎えてシニア入りした飛ばし屋の米山剛選手と競り合って優勝したというのも大会を盛り上げました。

 「やっぱりゴルフは飛ばなきゃだめ。シニアは若い選手の方が絶対有利」というのが常識となっている中、時にはティーショットで60ヤード近く離される平石選手が正確なショットと抜群のパッティングで優勝を手繰り寄せた展開は、「ゴルフはパワーゲームじゃない」ということを立証してくれました。

 来年以降、レギュラー時代に活躍した選手が続々とシニア入りしてきます。ほとんどが一時期、試合に出られない時を経験しているだけに、苦労を重ねて人間的な深みを増しています。スコット選手がジュニアセミナーで強調していた「誰のおかげでゴルフができるのか」を自ら体験した選手ばかりです。それだけ個性豊かで人間的魅力にあふれ、サービス精神旺盛なキャラクターがそろいます。そこには女子の華やかさ、力強さに満ちた男子とはちがった魅力があります。

 また、来年からシニアオープンは9月開催となり、北から南まで全国で開催が可能となり、日照時間も延びるためより多くの選手が出場可能になります。また近い将来は、アジア地区での予選会を開催するなどして、JGAでは、より多くのファンが楽しめて、世界に誇れるシニアオープンにしていきたいと考えています。


公益財団法人ゴルフ協会専務理事 山中博史

日経新聞








【2015/12/29 06:20】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
実は「ブラック職場」じゃなかった ピラミッド建設
古代エジプトのピラミッドの中で最大のものは、約4500年前にクフ王がつくった有名な「ギザの大ピラミッド」だ。このピラミッドを建設したときのベースキャンプと思われる古代都市を詳細に調べたところ、これまでのイメージを大きく覆す当時の状況が明らかになってきた。

■エジプトの繁栄支えた港町


エジプトの古代都市「ヘイト・エル=グラブ」のイメージ(イラスト:Jose Miguel Mayo)

 巨石を組み上げて高さ約150メートルのピラミッドを造るには膨大な労働力が必要だ。建設に携わった人々の大半はエジプト国民だったとみられている。彼らは奴隷同然に扱われる低報酬の労働者だったのだろうと、考古学者は考えていた。やせこけた、みすぼらしい身なりの人々が、鞭(むち)に打たれながら荷船から巨石を降ろして木そりに載せ、ピラミッドまで引いていたとみられていたのだ。

 ところが近年、ギザの大ピラミッド近くにあった古代都市の発掘調査などによって、ピラミッドを築いた人々は精鋭の労働者集団であり、遠く離れた地域から食料や生活用品、建築資材を船で運ぶ交易も担っていたことがわかってきた。ピラミッド建設に不可欠だった労働力の高度な組織化と広大な交易網の構築が、何世紀にも及ぶその後のエジプト繁栄の基盤になったと考えられている。

 この古代都市は「ヘイト・エル=グラブ」と呼ばれ、クフ王のピラミッドの南東約1キロメートルの場所に位置する。今はナイル川から離れているが、ピラミッド建設当時はナイル川に面した港町だった。

 発掘当初は、よくて簡素な野営地程度、大したことがない建物の遺構がいくつかある程度だろうとみられていた。そうした建物で毎晩、貧しく身分の低い労働者が疲れ果てた体を休め、朝になると石を運ぶために、とぼとぼとピラミッドの建設現場に戻っていったのだろうと想像していたのだ。

 ところが実際に発見された町は予想よりもはるかに立派で、周到な計画のもとで設計・建設された都市だった。

■住空間も快適そのもの

 労働者の居住区画は、通りの両側に細長い建物が立ち並び、それぞれの建物には炉床(炉の火をたく床)と労働者40人分の寝床、監督官用と思われる別室が1つあった。

 遺跡の一角からはパンを焼くのに使われた壺(つぼ)などが見つかっており、パン焼き場だったと考えられている。パン焼き場の南には大きな建物があり、その隣には穀物貯蔵庫と思われる建物群や家畜を飼っていたと思われる囲いの壁があった。

 ここで推定6000人の住人は快適に暮らしていたようだ。ピラミッド建設労働者は長い1日の仕事を終えた後、食事をしに町に向かったことがうかがわれる。パン焼き場から漂ってくるパンを焼く匂いなどが、今夜のメニューを教えてくれたことだろう。

(詳細は25日発売の日経サイエンス2016年2月号に掲載)








【2015/12/28 06:27】 | Muscle Blog | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
岩隈破談の原因? メジャーの身体検査とは
3年総額4500万ドル(約54億円)の好条件でドジャース入りが決まりかけていた岩隈久志投手(34)が、結局古巣のマリナーズに残留することになりました。正式契約前の身体検査によって“破談”になったともいわれています。実際どんな検査が行われているのでしょう。


今年FAになった投手の中で岩隈は上位にランクされていた=ゲッティ共同

 楽天からメジャーに移籍した2012年以来、4年間で47勝を挙げた岩隈投手は今年フリーエージェント(FA)となった投手のなかでも上位にランクされていました。

 ブルージェイズからFAとなり、レッドソックスと7年総額2億1700万ドル(約260億円)で契約したデービッド・プライス投手(30)、ドジャースからFAとなり、ダイヤモンドバックスと6年総額2億650万ドルで契約したザック・グリンキー投手(32)らに次ぐ評価を受けていました。

 8月のオリオールズ戦で日本人選手では野茂英雄さん以来のノーヒットノーランも達成していました。ドジャースが提示したとされる条件が、まさに岩隈投手の“値打ち”を示していたわけです。

■契約直前で白紙、投手は珍しくなく

 しかし、メジャーでの契約は金銭面の条件が整ったからといって即締結となるわけではありません。メディカルチェック=身体検査を受け「問題なし」となった場合に正式契約となるのです。

 岩隈投手の「ドジャース移籍決定」の報道も、よくみると「大筋で合意」といった言葉が使われていました。身体検査などの結果次第ではひっくり返る可能性もありますよ、ということだったわけです。


ドジャースのロバーツ監督は、大筋で契約合意に達した岩隈に期待していたが…=共同

 読者のみなさんのなかには「えー、決まりじゃなかったの?」と驚かれた方も少なくないと思いますが、岩隈投手のように契約直前で白紙に戻るケースは投手では珍しいことではありません。肩、肘を酷使していますから、どこにも問題がないという投手の方が珍しいでしょう。

 野手ではあまりないのですが、レッドソックスで上原浩治投手らとともにプレーしていたマイク・ナポリ選手が、移籍時に股関節に懸念があるとされて、3年契約が1年になったということがありました。

 岩隈投手は楽天時代に右肘の手術を受けています。また今季は背筋痛で故障者リストにも入りました。破談の原因が身体検査の結果とは言い切れないようですが、大型契約を結ぶに当たってドジャース側が岩隈投手の体の状態に関し、より慎重になった可能性はあります。

 その身体検査ですが、私も07年オフ、カージナルスからフィリーズへの移籍に際して、受けたことがあります。

 代理人に「あらかじめ、どこの球団でも行けるようにしておこう」と勧められ、私は各球団との交渉に入る前にメディカルチェックを受けました。

■肩ぐるぐる、肘・膝を動かし「OK」

 担当医師はその道の権威、ルイス・ヨーカムさんでした。肘の靱帯修復手術「トミー・ジョン手術」では考案者のフランク・ジョーブ博士をしのぐ腕前ともいわれ、松坂大輔投手や和田毅投手(ともにソフトバンク)らの手術を手掛けたことでも知られています。

 この大御所に診てもらい、体のどこにも問題ないというお墨付きを得ておけば、あとはどの球団でも条件面さえ折り合えば、すんなり移籍できる、という算段でした。

 ヨーカムさんの診察を受けるため、日本からはるばるロサンゼルスを訪ねました。先生はまず「肩を回してみなさい」と言いました。ぐるぐる回します。それでOK。続いて肘、膝を動かしてOKです。

 先生が私の腕を押さえて、十分な力が入るかどうか、リハビリの過程で行うような負荷テストもありましたけれど、検査はこれだけです。

 大先生の診察ということで、ちょっとどきどきしていたのですが、あっという間でした。このためにわざわざロサンゼルスまで来たのか、と拍子抜けしましたが、やはり先生のお墨付きの信用性は絶大でした。

 もちろん、岩隈投手が受けたチェックはもっと細かいものだったはずです。ただ、同じ診断結果に対して、ドジャースは否定的な見方をし、マリナーズはおそらく問題なしとして契約に至ったわけですから、もし身体検査でひっかかったのだとしても、深刻なものではなく、データをみる側の微妙な解釈の問題だったのではないでしょうか。


マリナーズと再契約し、記者会見で抱負を語る岩隈=共同

■ビッグマネーだけがやりがいではなく

 ドジャース移籍が目前で消えてしまったことは岩隈投手にとってアンラッキーでした。マイナーからメジャーに昇格した選手、あるいは日本からメジャーに移籍した選手には、最初のクラブで実績を作り、FAとなったところで、大型契約を用意できるビッグクラブへ、という“出世”のパターンがあります(田中将大投手のように最初からヤンキース=ビッグクラブというケースは別ですが)。34歳と脂が乗りきった岩隈投手はまさに「売り時」でした。

 結局、古巣のマリナーズと1年契約を結び、残留することになりました。条件は定かではありませんが、保証された契約は、ドジャースの提示には及ばないのは確かでしょう。ただし、オプションを含めればそれほど大きくは変わらないはずです。

 結果的にそれがどう出るかは本人を含め、誰にもわからないことです。岩隈投手の残留を願っていたマリナーズの球団関係者やファンの皆さんにとっては朗報だったはずです。岩隈投手も球団への愛着はあったでしょうし、慣れたマウンド、慣れたアメリカンリーグで投げるのも悪くありません。

 選手にとっての「やりがい」とは何でしょう。

 私はオリックスからメジャーに移籍するに当たって、ファンの熱さを重視しました。カージナルスが本拠地を置くセントルイスは「ベースボール・ヘブン」と呼ばれています。

 ファンの方々がとてもよく野球を知っていて、選手に温かいのです。その声援を受けて、選手がどんどん立派に育っていくという定評がありました。メジャーの選手のほとんどが「引退までに一度はプレーしてみたい」と口をそろえるのがカージナルスなのです。

 セントルイスでプレーした日々は文字通り、ヘブン=天国にいるようにすばらしいものでした。

 ビッグマネーが飛び交うメジャーですが、選手は決して金銭面の条件だけで球団を決めているわけではありませんし、それだけでやりがいが決まってくるわけでもありません。岩隈投手もそれは同じことだと思います。

日経新聞 野球評論家 田口壮

 








【2015/12/27 06:30】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
次期「Apple Watch」の発売時期は来年7~9月頃に??
情報では、次期「Apple Watch」は2016年3月に発表され、同第2四半期中(4~6月)に発売されるものとみられていましたが、本日、次期「Apple Watch」の発売時期は2016年第3四半期(7~9月)以降になる可能性が出てきました。



これは現行モデルの生産を請け負っているQuanta Computer社の会長である林百里氏が、次期「Apple Watch」の量産は2016年第3四半期まで開始されないだろうと述べた事が明らかになった為で、この発言通りであれば、次期「Apple Watch」の発売時期は次期「iPhone」などと同時期(2016年9月頃)になるのかもしれません。

ちなみに、以前にも次期「Apple Watch」は2016年中頃以降に発売されるようだとの調査報告をCowen and Companyのアナリストが公開していました。

なお、次期「Apple Watch」については、現時点では発売時期以外の情報はなく、デザインが変わるのかなど詳細は不明です。








【2015/12/26 18:59】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
AI競争激化 フェイスブックは画像認識6割向上
 米フェイスブックがまたしても人工知能(AI)での成果を強調している。同社のマイク・シュレーファー最高技術責任者(CTO)は18日、2種類の画像認識でフェイスブックの性能が向上したことを明らかにした。


フェイスブックのニュースフィードでは投稿した写真の画像を認識している(c)Paul Sawers / VentureBeat

■物体と位置を検出

 シュレーファー氏はフェイスブックへの投稿で「フェイスブック人工知能研究チーム(FAIR)がこの1年間取り組んできたのは、コンピューターに物体を検出し、識別できるように教えること、つまり画素のパターンの意味を理解するように訓練することだ」と記した。その上で「コンピューターは短期間で大きく進歩した。FAIRはこの1年で物体を検出、分割する技術を60%以上向上させることができた」と語った。この2つのタスクには画像の異なる物体を正しく検出することと、その画像の物体の位置を正確に絞り込むことが必要となる。

 シュレーファー氏はさらに、フェイスブックが米マイクロソフトの画像認識データセット「COCO」を使った画像認識コンテストで2位に入ったことを明らかにした。優勝したマイクロソフトリサーチは今年実施された別のコンテスト「イメージネット」でも1位を獲得している。


物体の検出精度が以前(左)と比べて最新のもの(右)が大幅に向上している(提供:Facebook)

■AIに強い人材で争奪戦

 この数年、フェイスブック、マイクロソフト、米グーグル、中国の百度(バイドゥ)、さらには米アップルまでもがAIに詳しい人材の獲得に動いており、こうしたコンテストは技術の進歩を示す機会となっている。もっとも、AIの研究者ではない一般の人々にとっては、この研究が製品やサービスの向上につながるのかという方が重要だ。

 グーグルとアップルは今年、音声認識分野で技術が進歩したと強調している。

 シュレーファー氏は今年の春、断片的な文章についてマシンが自動で質問に答えたり、動画の中のスポーツを識別したりできるフェイスブックの技術を披露した。11月には、写真の内容に関する視覚障害者からの質問に音声で応答できるモバイルアプリを早期に実現すると表明。さらに18日には、画像認識の最新の成果がフェイスブックの実際の利用者にどんな影響をもたらすかについて語る積極的な姿勢を示している。

 シュレーファー氏は「コンピューターが画像の物体を認識できれば、アップロードする写真をはっきりタグ付けしなくても『小鉢の写真』をもっと簡単に検索できるようになる」と説明。さらに「ニュースフィードを最も見たい写真でいっぱいにし、視覚に障害のある人は友達がシェアした写真に何が写っているのかを理解できるようになる。画像と一緒に投稿されたキャプションの説明とは関係なく、このシステムが写真の内容を伝えられるようになるからだ。そうなるのはまだ先だが、このチームが成し遂げた進歩に本当に興奮している」と記した。

By Jordan Novet

(最新テクノロジーを扱う米国のオンライン・メディア「ベンチャー・ビート」から転載)









【2015/12/26 06:32】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
次期iPhone、来春発売か 中国サイトに「証拠写真」

新モデルでは画面が大きくなったiPhoneだが、4インチディスプレーの人気も根強いという

ニューヨーク(CNNMoney) 中国のテクノロジー情報サイト「マイドライバーズ・ドットコム」がアップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の次期モデルの発売時期を示すとみられる画像を掲載し、話題になっている。

画像には、中国最大の携帯電話会社「中国移動」が来年の販売計画についてプレゼンした際のものとみられる図が写っている。図には「4月以降」「未来のアップルiPhone7c」との文字が確認できる。

CNNMoneyでは、この画像が本物かどうかの確認はできていない。

これまでにもアップルが、新しいiPhoneを来年春に発売するとのうわさは出ていた。

うわさに火をつけたのは、KGIセキュリティーズのアナリスト、ミンチ・クオ氏が、画面サイズが4インチの新型iPhoneが来年発売されると予想したことだ。

クオ氏の予想では。来年末までにアップルは、新しい小型iPhoneを2000万~3000万台出荷するという。

アップルは2012年から13年にかけて、画面サイズが4インチのiPhoneを発売。このサイズは扱いやすいといまだに人気だ。

これまでの例に従えば、来年アップルはiPhone7を発売し、去年から今年にかけて発売された6と6s(画面サイズは4.7インチと5.5インチ)も価格を引き下げた上で販売は継続されるはずだ。だが4インチの5sはラインアップから消えることが決まっている。

もっとも問題の新製品がiPhone6cになるのか7cになるのかはアナリストの間でも意見が分かれる。この画像には7cとあるが、たとえ本物だったとしても、アップルが今の段階で通信会社に製品名を知らせているとは考えにくいという。








【2015/12/25 06:36】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
IoT、企業の半数活用 本社・日経BP経営者調査
産業機器や家電製品などあらゆるものをネットにつなぐ「IoT」を経営に取り入れている企業がほぼ半数に上ることが、日本経済新聞社と日経BP社の経営者調査で分かった。IoTで集まった設備の稼働状況などのデータを分析し、コスト削減や製品の品質向上につなげる。大量のデータ(ビッグデータ)をどう分析するかが今後、企業の競争力に直結しそうだ。

 調査はビッグデータの活用に関して、主要企業の社長(会長などを含む)を対象に昨年に続き日本経済新聞社と日経BP社の専門誌「日経ビッグデータ」が共同で実施し、86社から回答を得た。社内でIoTを活用しているかを聞いたところ、47%の経営者が「活用している」と回答した。「将来活用したい」を含めると、ほぼすべての企業がIoT活用に意欲を示した。

 積水ハウスは住宅の中にセンサーを取り付け、住宅の室温の変化が住人に与える影響を調べる実証実験を始めた。和田勇会長は「住設機器や人のデータがつながることで健康寿命を延ばす」と答えている。

 損保ジャパン日本興亜ホールディングスの桜田謙悟社長は「IoTなどで新たに創出されたビッグデータで、顧客のリスクがより詳細かつリアルタイムに把握できるようになる」と期待する。

 IoTを活用している部署と狙いでは、「設計・生産」でコスト削減に利用する企業が48%と最も多く、「販売・営業」や「サポート」部署で業績拡大に使う企業が46%で続いた。

 IoTの普及で取り扱うデータ量が飛躍的に増え、ビッグデータ活用の重要度は増している。アサヒビールはIoTなどデジタル戦略全体を統括する部署を設置。小路明善社長は「意思決定の迅速化や顧客の潜在ニーズを把握するうえで非常に重要」と指摘する。

 オリックスの井上亮社長は「ビッグデータなどを活用することで、顧客のニーズを喚起する新たなビジネスの創出につなげたい」と答えた。

日経新聞








【2015/12/24 06:19】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
関西学院が2年連続V アメフット全国高校選手権


 アメリカンフットボールの第46回全国高校選手権大会決勝(クリスマスボウル)は23日、横浜スタジアムであり、関西学院(兵庫)が早大学院(東京)を20―18で破り、2年連続18度目の優勝を果たした。関学の連覇は2003、04年以来。早大学院は反撃も及ばず、昨年に続き準優勝。

 最優秀ラインマン賞(安藤杯)には関学のDL寺岡芳樹(3年)、最優秀バックス賞(三隅杯)に関学のQB埜下大雅(のしたたいが、3年)、敢闘賞は早大学院のDL古田泰一(3年)が選ばれた。

けがの主将「このチームは誇り」

 2点リードで残り時間わずか。関西学院にしてみれば、あとは時間をつぶすだけだ。そのとき、関学の背番号28が足を引きずりながら、フィールドへ入ってきた。
 主将のRB八瀬(やせ)だ。6月の試合でひざの靱帯(じんたい)を断裂。試合には出られなくても、精神的な柱であり続けた。歓喜の瞬間のためにフィールドへ送り出された主将は、泣き叫んだ。「このチームを誇りに思います」

 総合力でつかんだ連覇だ。前半は攻撃が不発でも、トリックプレーと守備の踏ん張りで10―0。後半はミスにつけ込まれて13―10とされたが、QB埜下率いる攻撃陣が奮起。試合残り1分45秒、RB出光のタッチダウン(TD)ランで突き放した。

 「厳しい試合ばかりでしたけど、みんなで前を向いてやってきたから、日本一になれました」。走れなくて悔しくても、誰より前向きだった主将が笑った。

■逆転信じたラスト39秒

 早大学院は0―10からの後半に攻撃陣が奮闘。QB柴崎からの鋭いパスで2タッチダウンを決めるなど、追い上げた。だが逆転を信じて臨んだ残り39秒からの攻撃シリーズが実らず、2年連続準優勝。QB柴崎は「自分がパスを決めきれず、前半の無得点につながった。力不足です」と号泣した。


朝日新聞







【2015/12/24 06:19】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
4インチの新型「iPhone」の発売時期は来年4月以降??
中国移動が、2016年4月以降にAppleが次期フラッグシップモデルを投入する事を示唆する情報を明らかにした事が分かりました。



上記写真は同社の今後の新製品の発売時期をまとめたスライドを写したもので、少し見難いですが、2016年4月以降のハイエンドモデルの欄にAppleの次期フラッグシップモデルと書かれています。

中国メディアではこれが噂の4インチ版の新型「iPhone」のことではないかと報じられていますが、ハイエンドモデルとされている事や、あくまで4月以降という事から、4.7インチ及び5.5インチの「iPhone 7」シリーズである可能性も否定できません。

なお、これまでの情報では、4インチの新型「iPhone」は2016年2~3月頃に発売されると言われていますが、もし今回の情報が4インチの新型「iPhone」のことを指しているのであれば、発売時期は4月以降になるのかもしれません。








【2015/12/23 06:18】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
デジタル地図作成に市販車を活用 トヨタが新システム
 自動車メーカーなどが開発を急ぐ自動運転に欠かせないデジタル地図。トヨタ自動車が、さまざまな道路情報を街中を走り回る市販車から吸い上げるシステムを開発した。年明けに米ラスベガスで開幕する世界最大の家電見本市「CES」に出展する。

 自動運転用の地図では、制限速度や白線の位置など、時折変わる情報を更新していく必要がある。今は、レーザーを使う計測器を載せた専用車両を走らせてつくるやり方が主流だ。ただ、車両数が限られるため更新頻度が少なく、白線や標識のデータは手入力が必要になるなど、課題も多い。

 トヨタが開発したシステムは、市販車にカメラやGPSを搭載して、道路の状況を把握。得られた電子データは、通信回線を経由してデータセンターに集める仕組みだ。圧倒的に数が多い市販車を活用することで地図の精度が高まり、最新の情報を使いやすくなる。

 トヨタは、高速道路をほぼ自動で走れるようにする2020年をめどに、新システムの導入をめざす。高級車ブランド「レクサス」に標準装備されている通信機などを使うやり方が有力だ。


朝日新聞









【2015/12/23 06:18】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
内山高志が5年ぶりに万全の肉体、V11で来年米国へ
大みそかに大田区総合体育館に挑戦者オリバー・フローレス(ニカラグア)を迎えて11度目の防衛戦を行うWBA世界S・フェザー級スーパー王者の内山高志(ワタナベ)が21日、都内のジムで練習を公開した。


迫力満点のミット打ちを披露する内山

 けがに泣かされ続けたチャンピオンが久々に万全の肉体を手に入れた。前回5月の防衛戦前は、左ヒジの状態が悪化し、深刻な腰痛も併発。その前はずっと右拳を痛めており、内山によると「けががなかったのは世界を獲って2度目の防衛戦まで。それ以来なので、万全の状態は5年ぶりくらい」とのこと。不十分な状態であれだけの試合をしていたこと自体が驚きだが、それらが完治したという内山はさらにスケールアップしている。

 内山のミットを日々持ち続けている佐々木修平トレーナーは「右はシャレにならないくらい強い。今までかなりセーブしていたということがわかった」と驚きの表情。内山自身も「キレは増していると思う。当たれば倒す自信はあります」と力強く言い切るほどだ。

 挑戦者の同級6位フローレスは、佐々木トレーナーによると「上体が柔らかくて、パンチを外すのはうまい。左を強く振ってくるのでそこには注意が必要」とのこと。内山はサウスポー対策として同門の元日本・OPBFライト級王者荒川仁人、日本S・フェザー級ランカーの山元浩嗣、前日本同級王者の内藤律樹(E&Jカシアス)らとスパーリングを重ねて今回の一戦に備えてきた。

 大みそかをクリアすれば、来年はアメリカに進出するプランが既に水面下で進行中。標的となっている元WBA世界フェザー級王者ニコラス・ウォータース(ジャマイカ)が19日の試合で引き分けたことには「びっくりした」としながらも「あの階級では一番強い。やりたい気持ちは強いですね」と、V12戦の相手に無敗のジャマイカ人を指名する気持ちに変わりはない。

 念願のビッグマッチ実現のためにも「(アメリカで試合の)話が具体化するようしっかり勝ちたい」と内山。具志堅用高会長の持つ国内最長防衛記録V13も見えてきており、万全の肉体でリングに上がるスーパー王者がどのようなパフォーマンスをするか注目だ。


BoxingNews








【2015/12/22 06:30】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
井上尚弥が1年ぶりリング、ケタ外れのパワーに期待
有明コロシアムで29日ゴングとなる「ボクシングフェス2015」のメインイベントで1年ぶりのリングに立つWBO世界S・フライ級王者の井上尚弥(大橋)が20日、横浜市内のジムで練習を公開した。


弟拓真と軽めのスパーで汗を流す井上尚弥

 名王者オマール・ナルバエス(アルゼンチン)を4回TKOで葬り、世界に衝撃を与えた戴冠劇から1年。右拳のけがで長期ブランクを作った井上が満を持して初防衛戦のリングに立つ。右拳を使えなかったことで、8月までは左だけでスパーリングをこなし、走り込みを増やすなどフィジカル面を強化。大橋秀行会長は「左だけで練習していたので左が強くなるのは理解できるが、右も1年前によりも強くなっている。パワーがけた外れ」と井上の成長を絶賛した。

 指名挑戦者ワルリト・パレナス(フィリピン)はかつてウォーズ勝又のリングネームで日本でも活躍。24勝21KO6敗1分の数字が示すように、大胆に打ち込んでくるハードパンチャーだ。井上は「相手のパンチをもらわない距離を保ちながら試合をコントロールしたい」と語り、父の真吾トレーナーは「ガードもけっこう固い。ラフに振ってきてパンチがある。それをもわらないようにしたい」と警戒心を緩めない。

 ナルバエス戦の勝利により海外で評価を上げ、アメリカからも試合のオファーが届いている。期待の高まる米国進出を本人も当然意識しており「いろいろな選択肢として、今後もいい試合ができるように、今回はしっかりと勝ちたい」と力強くコメント。12月1日に入籍も済ませた22歳が1年ぶりのリングで国内外に存在感をアピールするつもりだ。

BoxingNews








【2015/12/21 06:22】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
バルセロナ3度目の世界一 クラブW杯、スアレスが最優秀選手、広島は3位

優勝トロフィーを掲げて喜ぶイニエスタらバルセロナイレブン(20日、日産スタジアム)

 サッカーのクラブワールドカップ(W杯)最終日は20日、横浜市の日産スタジアムで2試合が行われ、決勝で欧州代表のバルセロナ(スペイン)が南米代表のリバープレート(アルゼンチン)に3―0で快勝し、4年ぶり3度目のクラブ世界一に輝いた。優勝賞金は500万ドル(約6億円)。

 3位決定戦でJ1王者の広島はアジア代表の広州恒大(中国)に2―1で逆転勝ちし、3位だった。

 バルセロナは今大会初出場のメッシが前半36分に先制。後半にスアレスが2点を加え、通算5ゴールで最優秀選手と得点王になった。


広州恒大との3位決定戦で、決勝ゴールを頭で決める広島・ドウグラス(20日、横浜市の日産スタジアム)

 サッカーのクラブ世界一を争うクラブワールドカップ(W杯)最終日は20日、横浜市の日産スタジアムで2試合が行われ、3位決定戦でJ1王者の広島はアジア代表の広州恒大(中国)に2―1で逆転勝ちし3位だった。決勝では4年ぶり3度目の優勝を狙う欧州代表のバルセロナ(スペイン)が南米代表のリバープレート(アルゼンチン)と対戦する。

 先制を許した広島は後半にドウグラスが2得点し2007年の浦和、08年のG大阪に並ぶ日本勢最高の順位となった。〔共同〕









【2015/12/21 06:22】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
外国人実習生の失踪、過去最多に 急増の背景にスマホ?
 日本で働きながら技術を学んでもらう「技能実習制度」で来日した外国人が、実習先からいなくなる事例が相次いでいる。法務省によると、今年は10月末までに約4930人がいなくなっており、年間で最多だった昨年の4847人をすでに上回った。よりよい待遇の職場を探しているケースが多いとみられている。

外国人の技能実習「ブラック」な環境 失踪増える背景は

 同省によると、外国人実習生は、建設や農業、漁業などの現場に約17万人(2014年末)いる。国際貢献のための制度としてできたが、実際には、仕事がきつく、日本人が敬遠しがちな単純労働の担い手として活用されているゆがみが浮き彫りになっている。

 実習先企業は、実習生が失踪した場合は、入国管理局に報告することになっている。同省によると、失踪者の数は12年には2005人だったが、13年には3566人、14年には4847人と増えていた。今年は6月末までの半年で2790人を数え、その後も月ごとに500人を超えるペースで増加。11月には初めて5千人を超えたのは確実とみられ、年間で6千人近くに上る可能性が高い。

 昨年の失踪者のうち、最も多かったのは中国人で、3065人。ベトナム人(1022人)、インドネシア人(276人)が続いた。これらの国々からは受け入れ人数が多く、今年も国別の失踪者数で上位を占めるとみられる。

 失踪者の多くは、不法滞在しているとみられる。失踪後に難民認定の申請をして、特別の在留資格を得ているケースもある。同省は、実習生の数自体が増えているのに加え、スマートフォンなどを使って待遇の良い職場探しが容易になっていることが失踪者急増の背景にあるとみている。

     ◇
 〈技能実習制度〉 海外から発展途上国などの外国人を最長3年に限って受け入れ、技能や技術を学んでもらい、送り出し国の経済発展を担う人材を育てる目的で、1993年にできた。対象の職種は農漁業や建設、食品製造、繊維関係など約70種。中国からの実習生が最も多く、約17万人(2014年末)いる実習生の約6割を占める。次いでベトナムの2割。フィリピン、インドネシアが続く。


朝日新聞








【2015/12/20 06:24】 | Muscle Blog | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ソーシャルカーシェア個人所有の高級車、格安で貸与 2016年の消費キーワード
2017年4月に予定される消費増税を前に、メーカーの「本気度」が問われる2016年。これまでの生活を一変させるような大型商品が登場する機運が高まるなかで、2016年の消費を動かすキーワードは何か。日経トレンディ編集部が導き出した。

 経済性や合理性が支持され、年5%以上の高い成長率を維持しているカーシェアリング市場。一方、業界では「拠点(ステーション)をこれ以上増やせない」という悩みが持ち上がっている。駐車場事業者としても、すべての駐車場をステーションに転用するわけにもいかず、「2020年頃には市場が横ばいになる」という予測もある。



 そこで、需要の受け皿として注目されるのが、個人の所有するクルマをシェアする「ソーシャルカーシェアリング」だ。2000年代半ばに道路運送法が改正され、それまで許可制だった「自家用車の共同使用」が自由化。その後、複数の個人間シェアサービスが立ち上がっていたが、2015年9月、DeNAが新サービス「エニカ」で満を持して参入した。

 クルマの貸し借りは1回12時間から。料金の10%をDeNAが手数料として徴収する。高級車のオーナーほど、クルマをシェアして維持費の足しにしたいという動機が生まれやすいため、クルマのリストを見ると、アウディやBMWなどの高級車がずらり。料金はクルマの購入額や年式などで決まり、古いクルマならワンボックスカーでも1日2000円台からと格安だ。





■16年春までに2000台規模へ

 既存の個人間カーシェアリングサービスは、保険加入が自己責任だったり、1カ月ごとに保険に入り直す必要があるなど、不便なものが多かった。エニカの場合、毎回の利用契約時に保険(対人・対物無制限)にも加入する仕組みで、安心感がある。利便性を高めるために、今後は「スマホから無線で鍵を開けられる仕組みを試験導入していく」(DeNA)という。

 DeNAは、2016年春までに2000台、ユーザー数5000人の規模にまで増やす考え。現在のサービス範囲は都内が中心だが、「早期に全国の主要都市で展開したい」(DeNA)という。

オーナーは自分のクルマで収入が得られ、ユーザーは一般的なカーシェアリングよりも安く利用できる。貸し手と借り手、双方にメリットのあるソーシャルカーシェアリングは、今後爆発的に普及する可能性を秘めている。


日経トレンディ2015









【2015/12/20 06:24】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
関学大が初優勝、出岡ハットトリック 大学サッカー



<全日本大学サッカー選手権:関学大4-0阪南大>◇19日◇決勝◇浦和駒場スタジアム

 関西勢同士となった決勝は、前回準優勝の関学大が阪南大に4-0で快勝して初優勝を決めた。関学大は今夏の全日本大学トーナメントとの2冠を達成した。阪南大は初の大学日本一を逃した。

 関学大は出岡大輝がハットトリックを達成するなど、前半だけで一気に4点を奪った。後半に反撃した阪南大は、最後まで得点できなかった。








【2015/12/20 06:24】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
診療報酬8年ぶり下げ 16年度、診察料は0.49%増額
政府は2016年度の診療報酬を、8年ぶりに下げることを決めた。医師らの技術料や検査料などの診察料(本体)は0.49%引き上げるが、診療報酬のもう一つの構成要素である薬の公定価格(薬価)は市場価格の下落に伴い下がるため、全体ではマイナス改定になる。社会保障費を抑え、国民や企業の負担も軽くなる。



 診療報酬は医療サービスの公定価格で、診察料と薬価からなる。2年に1度見直しており、患者はこのうち原則3割を窓口で払う。

 財務省と厚生労働省は財政健全化に向けて、来年度の予算編成で社会保障費の伸びを概算要求から1700億円分抑える方針だ。市場価格の下落による薬価改定はマイナス1.33%(医療材料含む)で約1500億円分。さらに約200億円以上を削る必要があった。

 そのため厚労省は来年度、高額医薬品の価格を最大5割値下げするなどの制度改革で約600億円を削減する。その結果、社会保障費の抑制は1700億円を大きく超える。超えた部分を診察料の積み増しに充てる。

 診察料と薬価を合わせた全体の改定率は単純計算でマイナス0.84%。制度改革の効果も含めた最終的な改定率を21日に決める。薬価と全体の改定率はコンマ数ポイント下がる可能性がある。


日経新聞








【2015/12/19 06:34】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
戦闘機用レーザー兵器、5年以内に登場か 米空軍

戦闘機によるレーザー兵器の使用が現実味を帯びてきた

(CNN) 米空軍研究所(AFRL)はこのほど、戦闘機に搭載可能なレーザー兵器について、2020年までに公開が可能となる見通しであることを明らかにした。

AFRL指向性エネルギー部のチーフエンジニア、ケリー・ハメット氏は「まさに国家的な転換点だ。実際に利用可能な段階まで技術は進化・成熟しつつある」と述べた。

大きな課題となっているのは、戦闘機に搭載するための小型で正確、なおかつ強力なレーザーを作り出すことだ。戦闘機が超音速に近い高速で飛ぶために発生する振動と重力が、開発をさらに困難にしている。だが5年もあればこうしたハードルは乗り越えられるとハメット氏は言う。

AFRLでは他にも映画「スタートレック」ばりの兵器の研究を進めている。


機体先端にレーザーの発射装置を搭載=米空軍

例えばいわゆるレーザーシールドは、戦闘機の周りをぐるりとレーザーのバリアで覆う兵器だ。ミサイルであろうと敵機であろうと、シールド内部に侵入しようとするものは破壊される。

このようなシールドを実現するためには、戦闘機の空力に干渉しないようなレーザーの発射装置が必要となる。ハメット氏らはロッキード・マーチン社や国防総省の国防高等研究計画局(DARPA)と共同で、装置のテストにも成功しているという。

レーザー兵器の仕組みを簡単に言えば、焦点を細く絞った光線を照射することで、標的を高温で焼いたり発火させたりして破壊する。

米空軍の航空戦闘軍団のカーライル司令官は今年5月、通常兵器とレーザー兵器の併用は「20~25年のうちに戦闘空間を完全に変えてしまう」可能性があると述べている。







【2015/12/19 06:24】 | Muscle Blog | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
選手にメイク指導・ファン重視…女子ゴルフ人気の秘密
国内の女子ゴルフツアーが好景気に沸いている。来季の試合数はバブル期に匹敵する「38」で、賞金総額は35億2千万円と4年連続で史上最高を更新。大会主催を希望するスポンサーは「順番待ち」の状態だ。女子プロ人気の背景には何があるのか。

 17日に発表された来季のツアー日程は、試合が行われないのは7月の第1週のみという過密スケジュールになった。日本女子プロゴルフ協会(LPGA)の幹部は「完全に休みの週を設けなければ、選手の体力と気力がもたない」と、うれしい悲鳴を上げる。

 今季は「イボマー」と呼ばれる熱烈なファンを持つイ・ボミ(韓)が、男女通じて史上最高額となる約2億3千万円の賞金を獲得し、初の賞金女王に輝いた。イをはじめとする華のある選手の人気も手伝って、各大会の平均入場者数は約1万5千人で前年比で約6%増えた。

 女子ツアーにはスポンサーを引きつけるもう一つの武器がある。各大会の開幕前に行われる「プロアマ戦」と呼ばれるイベントだ。冠企業が取引先などを招待し、プロと一緒にゲーム形式でプレーする。これが接待の場として活用されている。

 「私は営業係」と自認するのはLPGAの小林浩美会長だ。今季の37試合中、35試合のプロアマに出場。自らクラブを握り、陣頭指揮を執る。プロアマは国内男子、米男女両ツアーでも行われているが、組織を挙げて営業努力をしているツアーは珍しい。

 ログイン前の続きその土台には徹底した選手教育がある。一例が今月の14日から3日間、東京都内で行われた新人セミナーだ。毎年、プロ1、2年目の選手らを対象に、トーナメントの仕組み、スポンサーやファンへの言葉遣いや礼の作法、テーブルマナー、メイク方法など男子ツアーにはない社会人教育のカリキュラムが組まれている。プロ1期生の樋口久子さんが、LPGA会長に選ばれた1996年から導入した。伊藤佳子副会長は「伝統と信頼を壊すのは簡単。スポンサーとファンあってのツアーだということを何度も指導しています」と強調する。

 サントリーは2007年を最後に男子ツアーからは撤退したが「サントリーレディス」は今年で25回目を迎えた。広報担当者は「プレーが終わって疲れているはずなのに、選手は熱心にサインを続けている。スポンサーはそういうところを見ている」。

 30年以上続く大会を主催する企業の幹部は「賞金を含めてスポンサーの負担はせいぜい2億円。広告やプロアマの価値を考えれば、現時点でやめる理由は見当たらない」と言い切る。

 ただ、女子ツアーにも不安要素はある。日本勢の不振だ。賞金ランキング上位5傑は史上初めて海外勢が占め、国内メジャー4大会もすべて海外勢が制した。今季の年間平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)は、0・3ポイント減の5・9%。自国選手の低迷で衰退した米女子ツアーと同じ道を歩む可能性もある。

 今季無勝利に終わった07年の賞金女王、上田桃子は「責任を感じている。私を含めて、来季の日本勢は危機感を持って巻き返さないといけない」と話す。LPGAの小林会長は「実力がそのまま結果に出ている。その現実を認識しなければならない」と日本勢の奮起を促している。

朝日新聞










【2015/12/19 06:23】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
社員満足度1位にエアビーアンドビー グーグル抜く
 米キャリア情報サイトのグラスドアは8日、来年に向けた「社員が選ぶ企業ランキング」上位50社を発表した。今回で8回目となるこの年次調査では、個人の空き部屋をインターネットで仲介する米Airbnb(エアビーアンドビー)が米グーグルを退けて最も働きやすいIT(情報技術)企業に選ばれた。


(C)ロイター/Christian Hartmann

■IT企業が人気上位の常連

 エアビーアンドビーは昨年の調査では50位以内にも入らなかった。一方、グーグルは2013年と14年の調査では6位で、昨年の15年は首位に立った。昨年のグーグルと同様に、エアビーアンドビーがIT企業だけでなく、米企業全体のランキングでもトップに立ったのは注目に値する。

 グラスドアによると、グーグルの前に首位だったのは米ツイッターで、その前は米フェイスブックが3年連続(11~13年)でIT企業トップの座を手にした。フェイスブック、グーグル、ツイッターは今年の調査でも軒並みランク入りを果たした。

全米人気の上位50社以内に入ったIT企業
1位 エアビーアンドビー(4.6点)
3位 ガイドワイア(4.5点)
4位 ハブスポット(4.4点)
5位 フェイスブック(4.4点)
6位 リンクトイン(4.4点)
8位 グーグル(4.3点)
10位 ジロー(4.3点)
12位 ワールドワイドテクノロジー(4.3点)
14位 マインドボディ(4.2点)
16位 エクスペディア(4.1点)
18位 ライオットゲームズ(4.1点)
19位 アドビシステムズ(4.1点)
25位 アップル(4.0点)
26位 ツイッター(4.0点)
28位 ペイコム(4.0点)
31位 アカマイ・テクノロジーズ(4.0点)
32位 セールスフォース・ドットコム(4.0点)
33位 F5ネットワークス(4.0点)
35位 ワークデイ(4.0点)
37位 レッドハット(4.0点)
49位 コンカー(3.9点)

 今年の上位50社のうち、IT企業は実に21社を占めており、前年の14社から増加している。以下は今年の米上位50社入りを果たしたIT企業だ(評価は5点満点で、最低は「非常に不満足」の1.0点、最高は「非常に満足」の5.0点)。
 IT企業はこうしたランキングで常に目立つ。IT業界の仕事は待遇が良いからだ。

 フェイスブックとグーグルが10位以内に入ったのは全く驚くに値しない。アップルはどういうわけか予想ほど順位が高くない(昨年の22位から25位に低下)。マイクロソフトはまたしてもランク入りを果たせなかった(昨年と一昨年もランク外だった)。

■社員が匿名で評価

 この「社員が選ぶ企業ランキング」は、匿名によるオンラインの会社評価で自分の仕事や職場環境、会社について意見を述べることにした社員の入力に基づく。グラスドアは「独自のアルゴリズム」を使い、「評価の量や質、一貫性」に従って総合順位を決める。

 言い換えれば、調査結果は社員が自分の会社についてグラスドアに匿名で明かした内容がベースとなっている。これにはその会社で働くべき理由や働くべきでない理由、自分の会社に全体的にどれほど満足しているか、最高経営責任者(CEO)の経営手腕をどう思うかに加え、就業のチャンスや報酬、福利厚生、社風、価値観、上層部の経営陣、ワークライフバランスなど職場の重要な特性が含まれる。

 エアビーアンドビーの社員が最近、会社に満足しているのは明らかだ。自分の会社が増資で15億ドルを調達すれば、あなたも自分の会社に満足するだろう。

By Emil Protalinski

(最新テクノロジーを扱う米国のオンライン・メディア「ベンチャー・ビート」から転載)










【2015/12/18 06:34】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Appleが台湾に秘密研究所 「iPhone 8」向け有機ELディスプレイ開発か
Appleは台湾に極秘の研究所を開設し、新型の有機ELディスプレイなどを研究しているようだ。Bloombergが伝えている。


Bloombergの記事

 Appleは今年4月、台湾北部の龍潭区に新しい研究所を開設したが、なぜかその存在をオープンにしていない。BloombergによるとAppleは、台湾BenQ傘下のAU Optronicsや、この研究所をかつて所有していた米Qualcommから、50人規模の研究者や職員を採用しているという。

 同研究所では、現在主流の液晶ディスプレイよりも薄型軽量で明るく、低消費電力の新型ディスプレイを研究しているという。中でも主要な研究テーマは有機ELパネルだ。Appleは「Apple Watch」に初めて有機ELディスプレイを採用し、2018年発売の新iPhone(iPhone 8?)に有機ELを用いるといううわさもある。米ブログメディアの9to5Macは、同研究所から2018年に有機EL搭載のiPhoneが登場すると予想している。








【2015/12/17 06:29】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
サッカー全日本大学選手権 関学大が決勝進出
サッカーの全日本大学選手権第4日は16日、さいたま市のNACK5スタジアム大宮などで準決勝があり、関学大が明大を4-2で下し、2年連続で決勝に進んだ。

 関学大は前半6分に高尾のゴールで先制。さらにエース呉屋の2ゴールなどでリードを広げた。

 初優勝を目指す関学大は19日、さいたま市の浦和駒場スタジアムで阪南大と決勝を行う。








【2015/12/17 06:26】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「iPad Air 3」は2016年前半に登場か − 3Dタッチは未搭載?
MacRumorsによると、KGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、「iPad Air 3」は2016年前半にリリースされると予測しています。



また、「iPad Air 3」は、サプライチェーンの生産問題から3D Touchを搭載しないものとみられています。

「iPad Air」に関しては、現行モデルである「iPad Air 2」は2014年10月に発売されており、2年もの間モデルチェンジが行われていない事から、早ければ来春あたりにも「iPad Air 3」が登場するのでしょうか。









【2015/12/16 06:29】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
柳田にホレたメジャーの懇願 海外FA待てない「ソフトBは入札認めて」


 ソフトバンクの“フルスイング男”柳田悠岐外野手(27)に対し、米大リーグ球団がポスティングシステム(入札制度)での獲得を熱望しているという。

 今季の柳田はトリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)を達成、パ・リーグ首位打者とMVPも獲得するなど大ブレーク。規格外のフルスイングで光り輝いた。メジャーから大注目されるのは当然といえば当然。「スカウトの間での評価は急上昇。松井秀喜と比較して柳田の方が上とみている球団もある。打撃以外の守備力と強肩、走力も十分にメジャーで通用する。来季は調査がさらに活発になる」(米球界関係者)という。

 スラッガーは来季がプロ6年目。海外FA権を取得するのは順調にいって2019年となるが、メジャー側はそれを待ちきれないでいるようだ。前出関係者は「海外FA権を取得する前に、ソフトバンクが入札制度の使用を認めるのを期待している」。すさまじいほどのホレ込みようだ。

 今オフでは、前田を入札にかけるため広島が8日に申請手続きを行い、間もなく争奪戦が始まる状況にある。これまでもダルビッシュ(レンジャーズ)や田中(ヤンキース)、青木(マリナーズ)らが同制度を使って海を渡っている。柳田は早くもこのスターたちと“同格”の評価を得ているわけだ。

 だが、メジャー球団にとって、柳田の入札制度での獲得に大きな障害が存在する。ソフトバンク球団が、同制度に対し一線を引いていることだ。

 過去にソフトバンクからメジャー球団に移籍した選手に和田、川崎、城島らがいるが、いずれのケースも海外FA権を行使したもの。ポスティングシステムを使ったケースは皆無だ。

 それだけに、柳田の海外FA権取得を待ち切れないメジャー側が、水面下で球団へ猛アピールしてきそうだ。 


SportsNavi








【2015/12/15 06:24】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
パナソニックが7年ぶり優勝 アメフト社会人選手権

富士通を破り優勝を決め、喜びを爆発させるパナソニックの選手(14日、東京ドーム)=共同

 アメリカンフットボールの日本社会人選手権決勝「ジャパンエックスボウル」は14日に東京ドームで行われ、パナソニックが24―21で前回王者の富士通に逆転勝ちし、パナソニック電工時代の2008年以来7年ぶり7度目の優勝を果たした。

 パナソニックはディフェンス陣の健闘が光った。前半終了間際に同点のインターセプトリターンTD。その後も選手層で上回る富士通の攻撃を最小限に食い止めた。10―21で迎えた第4クオーター終盤にベテランQB高田が2TDパスを通し、試合をひっくり返した。最優秀選手にはQB高田が選ばれた。

 パナソニックは来年1月3日に東京ドームで開催される日本選手権「ライスボウル」で、全日本大学選手権決勝「甲子園ボウル」を制した立命大と対戦する。〔共同〕







【2015/12/15 06:18】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
広島がクラブW杯4強進出…浅野弾など3ゴールでアフリカ王者を一蹴


FIFAクラブワールドカップ2015準々決勝が13日に行われ、マゼンベ(DRコンゴ)とサンフレッチェ広島が対戦した。

 2年ぶりにJリーグ王者に輝いた広島は、2度目のクラブW杯出場を果たした。開幕戦のオークランド・シティ戦ではMF野津田岳人、MF清水航平、MF柴崎晃誠の3名が負傷交代する厳しい試合となったが、FW皆川佑介とDF塩谷司のゴールで2-0の勝利。まずは初戦を突破することができた。一方、5年ぶりに同大会出場を果たしたマゼンベ。前回出場した2010年大会ではブラジルの強豪インテルナシオナウを破り、大会史上初めて「欧州対南米」という決勝の構図を崩した。今大会も広島を破っての決勝進出を目指す。

 広島は開幕戦から6人を入れ替え、FW佐藤寿人やFWドウグラス、さらにはMF茶島雄介が先発メンバーに名を連ねた。また、マゼンベは2010年大会でも活躍を見せたDRコンゴ代表GKムテバ・キディアバではなく、コートジボワール代表GKシルヴァン・グボウオを起用した。

 開始早々にチャンスを作ったのは広島。2分、左サイドでボールを受けた柏が中央に切り込み、エリア手前左から右足シュート。しかし、シュートはわずかに枠の右上に外れてしまった。

 一方のマゼンベが立ち上がりからゴールに迫る。4分、ロジェール・アサレが距離のある位置から右足でロングシュート。ボールは枠の左下を捉えたが、GK林卓人がなんとかはじき出してCKに逃れた。直後の5分、左CKからクロスが上がると、サリフ・クリバリーがヘディングシュート。しかし、ここはわずかに枠の右に外れて難を逃れた。

 続く15分、最終ラインの裏に抜けだしたムブワナ・サマタがエリア内右に進入したが、千葉和彦がスライディングタックルでサマタを倒す。ボールには触れていなかったが、ここは笛を吹かれずピンチをしのいだ。

 自陣でしっかりとブロックを敷き、カウンターからチャンスをうかがう広島。19分、自陣でボールを奪った佐々木がそのままドリブルで持ち上がる。佐々木がエリア手前右でフリーになっていた佐藤へパス。佐藤が右足でシュートを放ったがここは枠の右上に外れてしまった。

 44分、広島が右CKを獲得すると、茶島が上げたクロスをニアの佐々木がスラし、ゴール前に飛び込んだ塩谷が右足で押し込んだ。塩谷とっては開幕戦に続く2試合連続ゴールとなった。前半はこのまま広島が1点をリードして終了する。

 後半立ち上がりの52分、広島は左サイドでボールを持った茶島がエリア手前左からミドルシュート。しかし、ここは枠の左に外れてしまった。さらに54分、エリア内左に進入した柏が切り返しから右サイドのミキッチへ浮き玉のパスを供給。ミキッチがダイレクトで速いボールを入れたが、ゴール前の佐藤は触りきれなかった。

 広島が再びCKを獲得すると、またしても大きなチャンスとなる。56分、茶島が右CKからクロスを入れると、ゴール前に飛び込んだ千葉がヘディングシュート。これがゴール左に決まり、広島がセットプレーから追加点を奪った。

 厳しくなったマゼンベが前に出る展開となる。65分、右サイドからアダマ・トラオレがドリブルで突破し、エリア内に進入。速いボールをゴール前に入れると、途中出場のレインフォード・カラバがニアで触り、ファーサイドのアサレがバイシクルシュートで狙ったが、ここは枠の上に外れてしまった。

 マゼンベは69分にリチャード・ボアテングを下げてジョナサン・ボリンギを投入。一方、広島は75分に佐藤を下げて浅野拓磨を送り込んだ。

 すると78分、中盤でボールを持った青山敏弘が右サイドのミキッチへロングパス。ミキッチがフリーになってエリア右横まで持ち上がりクロスを入れると、ゴール前でフリーになった浅野がヘディングシュート。これがゴール右に決まり、広島がリードを3点に広げた。

 終盤は気力体力ともに落ちたマゼンベに対し広島がチャンスを作る場面もあったが、追加点は生まれず。広島が3-0でマゼンベを下し、初の準決勝進出を果たした。

 勝ち上がった広島は、16日に大阪長居スタジアムで行われる準決勝で南米代表のリーベル・プレート(アルゼンチン)と対戦。敗れたマゼンベは5位・6位決定戦でクラブ・アメリカ(メキシコ)と対戦する。

【スコア】
マゼンベ 0-3 サンフレッチェ広島

【得点者】
0-1 44分 塩谷司(サンフレッチェ広島)
0-2 57分 千葉和彦(サンフレッチェ広島)
0-3 78分 浅野拓磨(サンフレッチェ広島)

SOCCER KING








【2015/12/14 06:21】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ