SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
片岡が単独首位、1打差2位に池田ら 中日クラウンズ第2日

中日クラウンズ第2日、通算4アンダーで首位に立った片岡大育(29日、名古屋GC和合)=共同

 中日クラウンズ第2日(29日・愛知県名古屋GC和合=6545ヤード、パー70)7位から出た片岡大育が1バーディー、1ボギーの70で回って通算4アンダーの136とし、単独首位に立った。

 1打差の2位には前週優勝の池田勇太とブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)。さらに1打差の4位に小田孔明、金庚泰(韓国)ら4人。初日首位の稲森佑貴が通算1アンダーの8位。通算5オーバーまでの60選手が決勝ラウンドに進み、尾崎将司は17オーバーで予選落ちした。(出場103選手=アマ5、晴れ、気温17.7度、北西の風8.9メートル、観衆8972人)〔共同〕













スポンサーサイト
【2016/04/30 05:59】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「保育園探し苦労」84% 希望の施設入園は58% 厚労省調査
子供を保育園に入れるための「保活」について、厚生労働省が行った実態調査で、回答した1544人のうち「苦労や負担を感じた」が1300人で、84%に上ったことが29日までに分かった。

 厚労省の担当者は「最終的に入園できた人でも苦労を感じた人が多い。負担を減らす環境の整備に努める」と話した。

 政令指定都市と、昨年4月1日時点で待機児童が50人以上いた計123市区町村で、今年4月の入園に向けて保活を行った保護者を対象に調べた。今月11~17日に集まった中間結果をまとめた。

 保活の苦労や負担を感じた理由を複数回答で聞いたところ「役所を何度も訪問しなければならなかった」や「情報の収集方法が分からなかった」、「いったん他の施設に預けた」が目立った。

 93%の1442人が保育施設に入れた。希望通りの施設だったのは58%だった。4%に当たる61人はどこにも入れなかった。理由(複数回答)は「施設がどこもいっぱい」や「場所が希望と合わない」「認可外は保育料が高額」など。育休を延長した人は22人いて、5人が離職していた。

 保活の開始時期で最多だったのは「出産後6カ月未満」(23%)。「妊娠中」(15%)や「妊娠前」(4%)の人もいた。〔共同〕


日経新聞












【2016/04/30 05:59】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
米国防総省、F35とA10の性能比較試験を計画

次期主力戦闘機「F35」と対地攻撃機「A10」の性能比較試験が行われる

(CNN) 米国防総省は29日までに、米軍の次期主力戦闘機「F35」と冷戦時代から運用されている対地攻撃機「A10」について、実際の戦闘状況を再現したうえで両機の厳密な性能比較試験を行う計画を明らかにした。

国防総省のマイケル・ギルモア運用試験・評価局長が26日、上院軍事委員会の公聴会で明らかにしたもの。近接航空支援や戦闘捜索救難活動などの作戦任務について、両機の性能比較試験を行う意向だとしている。

F35は2022年までに、米空軍の主要な対地攻撃任務でA10に取って代わる見通しだが、F35の能力を疑問視する声も上がっている。1機あたりの値段はF35が1億6300万ドル(約175億円)なのに対し、A10は1800万ドル。

ギルモア局長は性能比較試験について、「性能改善を図るために多額の資金を投じているなら、これがそれを実証する最も簡単な方法だ」としている。

A10は近接航空支援に特化して開発された米空軍唯一の航空機。中東における過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」掃討作戦では、近接航空支援が重要な任務になっている。A10は低速度や低高度での機動性に優れており、標的の上空を長時間にわたり旋回することができる。



冷戦時代に製造されたA10

一方、F35は多様な役割を担うことを念頭に開発されており、A10とまったく同じ方法で機能するわけではないと、国防総省の当局者は指摘する。同省のフランク・ケンドル次官(調達・技術・兵たん担当)は上院公聴会で、「F35が近接航空支援を行う方法はA10とは異なる」として、A10とは異なる方針で運用していく考えを明らかにした。

ギルモア局長によると、性能比較試験では、標的を迅速かつ正確に攻撃する能力についてF35の作戦遂行能力を見極める方針。

国防総省は、試験では多目的機であるF35が勝利するとみている。ギルモア局長は「高脅威環境ではF35がA10よりも有利であることは明白だ」との見方を示す。ケンダル次官も「空対空戦闘ではA10は無力だ」と指摘。一方、F35は「航空支配や攻撃、近接航空支援など多様な任務を遂行すること」を念頭に開発されたとしている。













【2016/04/30 05:59】 | Muscle Blog | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
失速iPhone、次期「7」投入でも反転攻勢に期待薄
日経テクノロジーオンライン
 米Apple(アップル)のiPhone販売に改善の兆しが見られない。2016年1~3月期の販売台数は、前年同期比16%減の5119万台となった。今後、2016年の生産も「前年比マイナス」が続く見通しで、みずほ証券は2016年通年のiPhone最終生産数量を従来予測の2億2400万台(前年比11%減)から2億600万台(同18%減)へと引き下げている。果たして、次期モデル「iPhone 7」シリーズで反転攻勢となるのか――。業界動向に詳しいみずほ証券エクイティ調査部グロ-バル・ヘッド・オブ・テクノロジー・リサ一チ、シニアアナリストの中根康夫氏に解説してもらう。


Appleが2016年3月に発売した4.0型の新モデル「iPhone SE」

Appleが2016年3月に発売した4.0型の新モデル「iPhone SE」
 iPhoneの部品発注調整や生産調整の流れが続いている。2016年の中国の旧正月(春節)は2月8日だったが、中国に工場を持つ多くの部品・部材メーカーやEMS(電子機器の受託製造サービス)が2週間以上も生産を停止したと見られる。過去には見られなかった規模の生産調整が行われた。

 みずほ証券は2016年第1四半期(1~3月)のiPhone最終組立台数を4000万台(前年比33%減、前期比46%減)と予想している。前期比46%減は、iPhone 5s/5c発売後の2014年第1四半期(1~3月)における38%減を超える減少率である。

 機種別内訳は、6/6sが2400万台(2015年12月16日見通しは2500万台)、6 Plus/6s Plusが1000万台(同1200万台)、5s/SE(4型、2016年3月発売の新機種)が600万台(同600万台)である。ここで6/6sには300万~400万台程度の6が、6 Plus/6s Plusには100万~200万台の6 Plusが含まれる。5sも比較的堅調で、全体的に旧機種が生産数量を若干ながら押し上げている格好だ。

 カメラモジュールや関連部品、ForceTouchなど、2015年第2~第4四半期前半に過剰に取り込まれた部品や部材に関しては、出荷が前期比55%以上の減少になるものもあると見ている。しかし、これらは在庫調整が終了するタイミングも早いだろう。一方、液晶パネルやその他の電子部品は上記よりも出荷数量の減少幅は小さいが、2016年3月末時点の在庫が過剰気味となっている可能性は排除できない。

■生産調整は底打ちしていない

 2016年第2四半期(4~6月)のiPhone最終組立台数については、従来予想の4700万台(前年比29%減、前期比15%増)を4400万台(前年比33%減、前期比9%増)に引き下げる。機種別内訳は6/6sが2500万台(従来予想は2700万台)、6 Plus/6s Plusが900万台(同1100万台)、5s/SEが900万台(同900万台)である。

 労働日数の増加により、第2四半期の生産は前期比で若干の増加を想定する。ただし、前年比では依然として3割強の減少であり、サプライヤーの生産能力と比べて低水準の生産が続く見通し。このことから、生産調整のモメンタムは依然底打ちしていないとの認識を持っている。

 新機種の「SE」に関しては、アプリケーションプロセッサーが「A9」、1200万画素のカメラなど、6sシリーズの小型機種として投入されると見ていたが(Force TouchやHapticはついていないとの前提)、ほぼ予想通りの発表内容だった。同機種の年間生産台数は1700万台以下と見ているが、価格が16Gバイトモデルで399米ドルと想定よりも低かったこともあり、予想以上の販売になる可能性もある。

 従来はSEの発売後も5sを残し、5sはロングセラーになる可能性があると見ていたが、5sは販売終了となって4型機種はSEに注力するもようだ。

■iPhone 7/7 Plusの大ヒットは考えにくい


Apple CEOのTim Cook氏

 従来、2016年通年のiPhone最終生産数量は前年比11%減の2億2400万台としていたが、同18%減の2億600万台へと引き下げる。理由は次の2点だ。

 第1に、2016年上期の6s/6s Plusの生産見通しが想定を下回ること。第2に、「リスクシナリオ」が現実味を帯びてきたこと。ここで言うリスクシナリオとは、次期モデル「iPhone 7」シリーズの目玉機能とされる、2つのカメラで撮影する「デュアルカメラ」の5.5型への採用比率が最も低くなる場合や、SEの設定小売価格が想定以上に高くなる場合である。

 iPhone 7シリーズについては、「フルモデルチェンジだから需要喚起が期待できる」と単純に考えることは危険だ。機能面では、アプリケーションプロセッサーの性能進化は、従来より小さいと見られる。上下狭額縁・フルスクリーン・ホームボタン内蔵のすっきりした外観を想定したディスプレーを採用する可能性は低く、外観は6sに酷似するかもしれない。防水機能やTypeCコネクター、Bluetoothヘッドフォンの採用などは、あったとしても訴求力はあまり大きくないだろう。

 結局、消費者を引き付けると思われるのは、デュアルカメラ機能やカラーバリエーションの増加程度ではないだろうか。スマートフォンの買い替えサイクル長期化、通信事業者がインセンティブを付与する動機付けの低下などから、iPhone 7/7 Plusが大ヒットするとの前提は置きにくい状況だ。

 もちろん、BOM(原材料費)を抑え、小売価格を下げることで需要喚起を図るという可能性は否定できない。ただし、Appleは新機種発売後も従来機種の販売を続けると見られることから、iPhone 7の価格を6sよりも低く設定する可能性は小さいと見る。iPhone 7の価格を6s以下に引き下げ、同時に6sの価格をさらに引き下げることはできるが、収益性確保とブランドイメージ維持の観点からは、柔軟な価格設定にも限度がある。

■下期は前年比3%減の予想

 現時点での予想としては、2016年第3~第4四半期の合計のiPhone最終生産数量を1億3800万台(前年比9%増)から1億2200万台(同3%減)に引き下げる。内訳は、4.7型(6/6s/7)が6300万台(前年比19%減、従来予想は7000万台)、5.5型(6 Plus/6s Plus/7 Plus)が3800万台(前年比6%増、従来予想は4500万台)、4.0型(5s/SE)が2100万台(前年比70%増、従来予想は2300万台)である。

 4.0型に関しては、2015年第3~第4四半期の生産が漸減傾向であったのに対し、2016年はSEの増産などもあり、前年比で大幅増の見通しだ。ただしSEの生産モメンタムや部品部材需要が従来予想を下回っていると見られることから下方修正した。

 iPhone 7に関しては、4.7型を前年割れと見る一方、5.5型はデュアルカメラ機能をけん引役に増加すると予想する。ただし、従来予想からは引き下げた。5.5型はデュアルカメラ採用機種と、従来と同じシングルカメラ採用機種に分かれるとの前提は変わらないものの、デュアルカメラ採用機種の比率は5割以下の前提としている。

 4.7型は、現在の5.5型に採用されている手振れ防止(OIS)機能の採用が想定される。しかし、それ以外には目玉がない可能性がある。6と6sで従来機種からの買い換えが大きく進んだと見られることから、iPhone 7(4.7型)は前年割れの可能性が高そうだ。

[日経テクノロジーオンライン2016年3月28日付]












【2016/04/29 07:42】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
内山高志「悔しさがこみ上げている」去就は本人次第
27日のWBA世界S・フェザー級スーパー王座の12度目の防衛戦でまさかの2回KO負けを喫し、6年3ヶ月守った王座を失った内山高志(ワタナベ)が28日、試合を中継したテレビ東京を通じて「今後については、あらためてきちんと話したい。1日たって悔しさはよりこみ上げている」とのコメントを発表した。



 内山とメールでやり取りをし「しばらく休みます」との報告を受けた渡辺均会長は、昨夜の試合を振り返り「会場の残念だという雰囲気、記者の人たちのしんみりした様子を見て、内山はスターだったとあらためて感じた。ああいう雰囲気を出せる選手はなかなかいない」と自らが育てたスーパー王者をねぎらった。今後については「これで辞めるというならそれでいいし、続けるというなら今まで通り力になる。100%本人次第」と去就は内山に一存する考えだ。

 渡辺会長は内山が復帰する場合の時期について「早くても大みそか。本当は1年くらい休んだほうがいいが、年齢(11月で37歳)の問題もある」と話し、復帰の時期にもよるが、ジェスレル・コラレス(パナマ)とのリベンジマッチを第一候補に考えるという。一方で、コラレスのオプション(興行権)はワタナベジムが持っているが、WBAがコラレスに対し、正規王者ハビエル・フォルトゥナ(ドミニカ共和国)との指名戦をオーダーする可能性もあるようで、先行きは不透明だ。=写真提供:テレビ東京=

BoxingNews













【2016/04/29 07:42】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青木功会長がツアー最年長出場へ意気込み 「無言の“育む”だな」

プロアマ中は、選手たちとも積極的に交流した青木功会長

28日に開幕する国内男子ツアー「中日クラウンズ」に、今年からJGTO会長に就任した青木功が出場する。現職会長の大会出場はがツアー史上初。また、73歳7カ月28日での出場は、1975年の宮本留吉(73歳21日/日本プロゴルフ選手権)を上回り、ツアー最年長出場記録を更新することになる。

大会前日はプロアマ戦に出場した青木。今年初めに2カ月近く風邪で体調を崩したり、右肩を痛めたりと、シーズンとしてみれば決して順調に調整してきたわけではない。それに加えて、会長職という重責も負っている。「やっとゴルフができる体に戻ってきた。自分の努力もさることながら、サポートしてくれた人に感謝したい」という。だが、ここまで来たらやるだけだ。「この4日間は会長職を忘れてゴルフをしたい」。選手として気合いを込めた。


技は健在。過去5勝を誇る和合で、史上最年長予選通過(杉原輝男、68歳)の記録更新にも挑む

女子人気に押され気味の国内男子ツアーを会長自らが叱咤する。「自分がやることによって、みんなが元気になってくれればいい。女子に負けていることはみんな知っているから、あとは選手がどう自覚するか。無言の“育む”だな」と、今季のスローガンに掲げる“人を育む”を地でいく覚悟だ。

舞台となる名古屋ゴルフ倶楽部和合コースでは、3連覇を含む大会5勝を挙げている。今大会で青木が最後に予選通過を果たしたのは1995年。もう20年以上も前のことになるが、まだまだ気力は萎えていない。

(愛知県東郷町 GDO)











【2016/04/28 06:06】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アップル、端末頼みの成長限界 ソフトへ軸足転換

【シリコンバレー】米アップルの成長神話が曲がり角にさしかかっている。斬新な新製品をタイミングよく投入して事業を拡大してきたが、1~3月期は13年ぶりの減収となった。スマートフォン(スマホ)、タブレット(多機能携帯端末)、パソコンがそろって2桁のマイナスに沈んだ。ハードに依存した成長は限界に近づいており、ソフト・サービスにカジを切る。



 「為替要因を差し引けば直近半年では1%の増収だ」。決算後の電話会見でティム・クック最高経営責任者(CEO)はやや疲れた感じの口調で語り始めた。外部環境を言い訳にしないのが強いときのアップルだが、最近はマクロ経済や為替の逆風を強調する場面が目立つ。

■新商品効果薄く

 2桁以上の伸びが当たり前だった屋台骨のスマホ「iPhone」の販売台数は2007年の発売以来、初めて減少した。タブレット「iPad」の販売は2年以上減少が続き、不振に歯止めがかからない。その間、iPadに代わる成長源となってきた高利益率のパソコン「Mac」の販売も2四半期連続で減少し下降気味だ。

 3月末に発売した小型画面のiPhone「SE」は品薄の状況でまずまずの出足。だがアップルは4~6月期に13~17%と大幅な減収を見込む。成長鈍化を小型モデルで埋め合わせようとしたが、効果は限られる。秋に発売予定の新iPhoneで買い替え需要は見込めるが、長い目でみれば普及が進んだハードへの消費者の反応が薄れているのは否定できない。

 創業者スティーブ・ジョブズ氏が亡くなった後、クック体制初の新分野の製品として昨春発売した腕時計型端末「アップルウオッチ」は既存のハードの落ち込みを埋めると期待される。だが、使えるソフトと価格のバランスが取れているとは言いがたく、主力事業に育つには時間がかかる。

 発売初年の販売台数は1200万台前後とみられ、発売初年のiPhoneの2倍。ただ、ウエアラブル市場のシェア首位はアップルではなく米フィットビットだ。アップルウオッチより機能を絞り、値ごろ感を出して昨年の年末商戦はアップルの倍の台数を販売した。アップルの神通力に陰りがみえたともいえる。

■驚きより手堅さ

 それでもアップルにはジョブズ氏の巨大な遺産が残されている。世界で稼働する累計10億台のアップル端末だ。今後も同社を支えるのは端末に流す音楽やソフトを中心とするコンテンツ・サービス。1~3月期にはパソコンを抜き売上高全体の約12%を占める第2の事業に育った。利益率はハードより高い。

 ハード不調の中、アプリ販売市場「アップストア」の売上高は過去最高を更新し、競合の米グーグルの倍の規模を誇る。長らく低迷していた音楽事業は昨年始めた定額サービスの会員が1300万人を超え「事業として底を打った」(クックCEO)。スマホなどのデータを保存するクラウドサービス「iCloud」や決済サービスも急成長している。驚きより手堅いサービスで勝負する。ジョブズ氏後のアップルの姿がより鮮明になってきている。

 とはいえ、消費者がアップルに期待するのは、やはり「サプライズ」だ。アップルは電気自動車(EV)への参入機会をうかがう。クック氏は2月の株主総会で完成には時間がかかりそうなことをにおわせたが、新市場を切りひらいてきたアップルがクルマをどう変えるのか。関心は高まっている。


日経新聞












【2016/04/28 06:05】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Mac Fan」の最新号が5.5インチ「iPhone Pro」の図面を掲載 ー デュアルカメラやイヤフォンジャックの廃止などが特徴
本日発売の「Mac Fan 2016年6月号」に、今秋に発売されると噂されている5.5インチの液晶を搭載した「iPhone Pro」のものとされる図面が掲載されている事が分かりました。



問題の図面は信頼出来る筋から入手したもので、本体サイズは158.22×77.94×7.3㎜と「iPhone 6s Plus」とほぼ同じですが、iSightカメラはデュアルカメラシステムが採用され、カメラ部分の出っ張りはそのままのようです。

また、本体下部のイヤフォンジャックがなくなっている他、本体背面の下部にSmart Connectorとみられる端子が搭載されており、過去に公開された「iPhone 7 Plus」とされるデバイスの写真に似ています。













【2016/04/28 06:05】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
内山高志まさかの2回KO負け、連続防衛11で途切れる
WBA世界S・フェザー級スーパー王者の内山高志(ワタナベ)が27日、大田区総合体育館で行われたトリプル世界タイトルマッチのメインイベントに登場。挑戦者1位(暫定王者)のジェスレル・コラレス(パナマ)にまさかの2回KO負けを喫し、12度目の防衛に失敗した。


2回にダウンを喫する内山、防衛は11でストップ

 36歳の内山が12度目の防衛戦で落とし穴に落ちた。サウスポーのコラレスは公開練習で見せた通り、運動能力が高く、スピードがあった。初回から素早い左ストレート、左右のフックをラフに振り回し、内山はやりにくそうな印象だ。そして左フックが内山の顔面をとらえると、場内には嫌なムードが充満する。クライマックスは2回に早くも訪れた。

 攻めるコラレスの左がカウンターとなって内山の顔面にヒットし、右もフォローすると、V11王者が尻からばったりとキャンバスへ。ダメージは深刻で、このまま立ち上がれないかと思われるほどだったが、ここは何とか立ち上がった。しかし、試合が再開されると再び連打を食らい、これはもつれるようにしてダウン。WBAはスリーノックダウン制。内山は立ち上がったものの絶体絶命のピンチだ。

 ここから内山はクリンチをしたり、足を使ったりしていくらか回復したように見えたが、最後は再び左を食らってロープ際に崩れ落ちた。ただあ然とするしかない観客の前で、コラレス陣営が喜びを爆発させた。プロ初黒星を喫し、6年3か月に及んだ長期政権が崩壊した内山は24勝20KO1敗1分。「1ラウンドに受けに回って、取り返しにいこうと思ったとことでいいのをもらった。実力の世界だからしょうがない」とコメント。スーパー王者に勝利のコラレスは20勝8KO1敗1無効試合。


河野公平も3度目防衛、3度ダウン奪い大差判定

 

河野公平も3度目防衛、3度ダウン奪い大差判定

 トリプル世界戦の2戦目、WBA世界S・フライ級タイトルマッチは、王者の河野公平(ワタナベ)が挑戦者7位インタノン・シッチャモアン(タイ)に3-0判定勝ち。3度目の防衛に成功した。スコアは119-106×3。


KOは逃したものの右ストレートがキレた河野

 昨年10月、米シカゴで亀田興毅の挑戦を退けた河野が約1年4ヵ月ぶりの日本リングで世界初挑戦のインタノンを迎えた。小柄なサウスポー、インタノンに対し、河野がエンジンをふかしたのは2回。インタノンもこれに応じ、試合は序盤からヒートアップした。

 4回は河野が攻め、続いてインタノンが左右のフックを決め、王者はヒヤリとした。しかしラウンド終了間際、河野のワンツーがきれいに決まり、インタノンがキャンバスに尻もちをついた。

 勢いに乗る河野は5回にも右ボディアッパーでダウンを奪った。インタノンはヘッドバッティングを主張したが受け入れられない。さらに7回、河野が立て続けに右を決めると挑戦者がフララフになり、ワンツーの連打でこの試合3度目のダウンを喫した。

 河野は終盤も攻め続け、インタノンをロープに押し込んでは連打を浴びせた。35歳の河野は無類のスタミナで何度もラッシュを見せたが、ノックアウト勝利を飾ることはできなかった。「もっと練習して次はKOで勝ちたい」と話した河野は32勝13KO8敗1分。インタノンは43勝22KO12敗2分。


田口良一がV3、ランダエタに11回終了TKO勝ち

 27日大田区総合体育館で開催されるワタナベジムのトリプル世界戦のトップバッター、WBA世界L・フライ級王者の田口良一は挑戦者7位フアン・ランダエタ(カシミ=ベネズエラ)に11回終了TKO勝ち。3度目の防衛に成功した。


田口(左)はランダエタを徐々に追い込みTKO勝ち

 37歳のランダエタは亀田興毅戦以来およそ10年ぶりとなる世界タイトルマッチ。00年から14年にかけて5年近いブランクも作っており、実力は未知数だったが、スタートから動きは悪くなかった。柔らかい上体の動きで的を絞らせず、非力ながら数多く手を出し、田口に思うようなプレスを許さなかった。

 しかし田口は2回、右フックをカウンターで決めていきなりチャンス。ラッシュをしかけて会場をわかせたが、百戦錬磨のランダエダはここをうまくしのいだ。3回以降、田口がアッパーやボディブローをまじえてコンビネーションを繰り出し、試合を優勢に進めるが、ランダエタのディフェンスがよく、なかなか決定打を打ち込めない。ランダエタは6回にいくらか反撃を見せたが、いかんせん攻撃には迫力がなかった。

 迎えた9回、田口の左ボディブローが火を噴くと、ついにランダエタがうずくまった。カウント9で立ち上がったベネズエラ人に田口が襲い掛かる。再びボディ打ちで2度目のダウンだ。田口はさらに畳み掛けたが、ランダエタが踏ん張る。田口は10回終了間際にもランダエタをロープに釘付けにして右でキャンバス送りに。さらに11回に2度ダウンを加えるが、ランダエタが意地で立ち上がり、場内から「オーッ」と驚きの声が上がったが、これが限界。12回が始まる前に青コーナーが棄権を申し出た。

 V3の田口は戦績を24勝11KO2敗1分とし「ここでKOできなかったらみんながっくりすると思ったので気持ちでいった」と終盤のシーンを振り返った。会場から大きな拍手を浴びたランダエタは27勝21KO8敗2分。


BoxingNews












【2016/04/28 06:05】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
伝統のクラウンズ 青木功がツアー最年長&会長初出場

昨年は和合コースを得意とするI.J.ジャンが2度目の優勝カップを手にした

今年で57回目を迎える伝統の“クラウンズ”が、4月28日(木)から4日間、今年も名古屋ゴルフ倶楽部和合コースを舞台として開催される。

昨年は、首位タイから出た韓国のベテランI.J.ジャンが、最終日に「67」(パー70)で回って通算10アンダーとし、2位に4打差をつけて2度目の大会制覇を成し遂げた。今年、大会連覇となれば、青木功、尾崎将司に次ぐ史上3人目のこととなる。

フィールドにはキム・キョンテ(韓国)、池田勇太ら、今季すでに勝利を挙げて勢いに乗る選手たちに加え、永野竜太郎、今平周吾ら好調が目立つ若手たち、さらに青木、ジャンボ、尾崎直道らレジェンドたちも顔を揃える予定だ。

スタートすればツアー最年長記録(73歳2日、宮本留吉)の更新となる73歳7カ月の青木功は、予選ラウンドで重永亜斗夢、尾崎直道と同組に入った。3月にJGTO会長となったばかりで、現職会長としては史上初の大会出場にもなる初日のティオフは午前11時。昨年大会では予選落ちとなったものの、初日にエージシュート寸前のプレーを見せるなど話題を作っており、今年も注目を集める。

前週に8年連続のツアー優勝となる通算14勝目を挙げた池田勇太は、青木組の1つ後ろで永野竜太郎、星野英正とのペアリング。難攻不落の和合を制し、クラウンズブルーのウィニングジャケットを身にまとうのは誰だ。

【主な出場予定選手】I.J.ジャン、池田勇太、市原弘大、今平周吾、尾崎将司、小田孔明、片山晋呉、川村昌弘、キム・キョンテ、近藤共弘、重永亜斗夢、宋永漢、藤田寛之、松村道央、金谷拓実(アマ)


GDO












【2016/04/27 06:14】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アップル、1~3月13年ぶり減収 iPhone減速響く
【シリコンバレー】米アップルが26日発表した2016年1~3月期決算は売上高が前年同期比13%減の505億5700万ドル(約5兆6300億円)となった。減収は13年ぶり。大画面モデルを出したことで昨年は絶好調だったスマートフォン(スマホ)「iPhone」が大幅に落ち込んだ。ドル高による海外収益の目減りや新興国市場の減速も響いた。

 最終利益は22%減の105億1600万ドルで、実質的な1株利益は1.9ドル(前年同期は2.33ドル)だった。地域別では減速が懸念される中国の売上高が26%減と減少に転じた。

 iPhoneの販売台数は16%減の5119万台。3月末に4型画面の小型モデルを投入したが、上振れ効果は限定的だった。パソコン「Mac」は12%減の403万台だった。昨秋に大型モデル投入でてこ入れを図ったタブレット「iPad」も不振が続き、19%減の1025万台だった。

 腕時計型端末「アップルウオッチ」や、「アップルTV」などを含むその他の売上高は30%増だった。ソフト・サービスの売上高も20%増と好調が続いている。

 16年4~6月期の売上高予想は13~17%減とした。


日経新聞












【2016/04/27 06:14】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
総活躍で雇用117万人創出 GDP600兆円、諮問会議が具体案
政府は25日の経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)で、名目国内総生産(GDP)600兆円の実現に向けた具体案をまとめた。非正規労働者の賃上げなど働きやすい環境を整え、雇用を2020年度までに117万人増やす。賃金増による約14兆円の消費支出効果も見込むが、税や保険料を抑え可処分所得を増やす改革は具体策を欠いている。



 5月末にも策定する経済財政運営の基本方針「骨太の方針」やニッポン一億総活躍プランに反映する。首相は同日、「成長と分配の好循環の構築を目指す改革を盛り込んでほしい」と関係閣僚に指示した。

 GDP600兆円に向けた試算は内閣府が公表した。非正規の賃上げや待機児童問題の解消など一億総活躍社会が実現すれば、雇用は117万人増える。家計全体で受け取る賃金総額が20兆円ほど増える結果、消費支出もその7割相当にあたる13.7兆円ほど膨らむとはじいた。

 現在のGDPは500兆円で、達成には100兆円の上乗せが必要だ。内閣府の試算は600兆円の全体像を示したわけではなく、設備投資や輸出でどの程度、稼ぎを増やすのか見えない。

 600兆円の前提とした成長率は名目3%超という成長率だ。13年度は1.7%、14年度は1.5%にとどまり、過去の実績と比べるとかなり高い。「0%台前半」に沈む潜在成長率の引き上げが課題になる。

 今回の具体案は、人手不足問題に代表されるように経済の供給力を高める施策を中心に据えた。女性や高齢者の就労拡大のほか、経営者ら高度な知識や技能を持つ外国人の受け入れも拡大する。

 インフラ整備でも、ビザ緩和などで増え続けてきた訪日観光客の大型クルーズ船が寄港できるように港湾を整備する。ロボットによる「生産性革命」にも取り組む。

 成長には供給力向上だけでは力不足だ。ニッセイ基礎研究所の櫨浩一専務理事は「需要不足の解消こそ先決だ」と話す。需要のないところに、生産性を高めても国内でモノが売れるかは見通せない。

 将来不安から、現役も高齢世帯も無駄な出費を抑えているのが消費不振の一因だ。具体案には「受益と負担の均衡がとれた持続可能な社会保障制度を確立する」と記述したが、改革の具体的なイメージはない。

 賃上げだけでなく、給与から天引きされる税金や保険料の抑制につながる医療などの歳出改革にも取り組まないと可処分所得が増えず、消費に回らない。資産がある高齢者の自己負担引き上げなど、不人気政策への切り込みが課題になる。

 喚起策として盛り込んだ額面以上の買い物ができる「プレミアム商品券」や、ブラックフライデーのような一斉セールは財政出動を伴う。財政で消費を支えても「需要を先食いするだけ」(みずほ総合研究所の長谷川克之市場調査部長)との声がある。

日経新聞













【2016/04/26 06:06】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「iPhone 7」はタッチセンサー式ホームボタンを採用?? ー 完全防水・防塵仕様になるとの情報も
よると、次期iPhoneこと「iPhone 7」シリーズは、完全防水・防塵仕様となり、ホームボタンは物理式からタッチセンサー式に変更されるようだと、中国のStormが報じている事が分かりました。



そのタッチセンサー式ホームボタンには、「MacBook」の感圧タッチトラックパッドのようにフォースフィードバックモーターが使用されるものとみられています。

また、Appleは新たなカラーとして、「iPhone 5」のブラック&スレートのようなマットブラックやブラックといった2つのカラーを検討しているようです。













【2016/04/26 06:06】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
次世代「Apple Watch」は携帯ネットワークへの接続機能や高速プロセッサーを搭載か
WSJが、事情筋によると、Appleは次世代「Apple Watch」に携帯ネットワークとの接続性や高速プロセッサーを盛り込むことに取り組んでいるようだと報じています。



それ以上の事は書かれていないのですが、もし本当に携帯ネットワークとの接続性や高速プロセッサーを搭載するのであれば、懸念されるのはバッテリー駆動時間で、バッテリーの性能がここ1年で劇的に向上したというニュースはない為、携帯ネットワークとの接続性に関してはもう少し先になりそうな予感。

なお、「Apple Watch」は4月24日で発売から1周年を迎えましたが、発売1年目の販売台数は約1200万台とみられており、この数字は初代「iPhone」の1年目の販売台数である約600万台を上回っています。














【2016/04/26 06:06】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
がん患者の雇用継続に配慮を 改正案を今国会に提出へ
がん患者の雇用継続に配慮を 改正案を今国会に提出へ

 がん患者が安心して生活できる環境づくりに向けて、超党派の議員連盟は、事業主に対し、がん患者の雇用継続に配慮するよう求めることなどを盛り込んだ、がん対策基本法の改正案をまとめ、今の国会に提出することになりました。

20歳から64歳まででがんにかかる人が年間およそ26万人に上り、がん患者への生活支援策の充実を求める声が上がるなか、自民党や民進党などの国会議員で作る超党派の議員連盟は、がん患者やその家族が安心して生活できる環境づくりに向けて、がん対策基本法の改正案をまとめました。

改正案では、企業などの事業主に対して、がん患者の雇用継続に配慮することや、子どもを含むがん患者が必要な教育と治療を円滑に受けることができる環境を整備するため、国と自治体に対して必要な施策を講ずることなどを求めています。また、国と自治体が、がん患者とその家族の生活の質の向上のために必要な施策を講ずることも盛り込んでいます。

議員連盟はこの改正案を議員立法として今の国会に提出し、早期成立を目指すことにしています。

NHK
















【2016/04/25 07:43】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大山が逆転で17勝目 フジサンケイ女子ゴルフ

今季ツアー初勝利を果たし、笑顔の大山志保(24日、川奈ホテルGC富士)=共同

 フジサンケイ・レディース最終日(24日・静岡県川奈ホテルGC富士=6367ヤード、パー72)熊本地震の影響で前週は中止され、2週ぶりの大会。6位で出た大山志保が4バーディー、ボギーなしの68で回って通算11アンダーの205で今季ツアー初勝利、通算17勝目を挙げた。賞金は1440万円。

 1打差の2位に熊本出身の笠りつ子とアン・ソンジュ(韓国)、さらに1打差の4位に原江里菜、渡辺彩香、イ・ボミ(韓国)が続いた。(出場50選手=アマ1、雨、気温13.7度、北の風3.3メートル、観衆3441人)〔共同〕














【2016/04/25 06:08】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ゴロフキンがウェイドを一蹴、16連続KO防衛 ロマゴン大差の勝利で45連勝、手数でアローヨを圧倒
ゴロフキンがウェイドを一蹴、16連続KO防衛

 ゴンサレスvsアローヨ戦と同じ23日、ロサンゼルスのザ・フォーラムで行われたミドル級タイトルマッチは、WBA“スーパー”&IBF世界王者ゲンナジー“GGG”ゴロフキン(カザフスタン=写真)が挑戦者IBF3位ドミニク・ウェイド(米)に2回2分37秒KO勝ち。WBA王座は16連続KO防衛。連続KO勝利を22に伸ばした。


連続KO記録を22に伸ばしたゴロフキン(左)

 GGGの豪打が序盤で爆発した。身長、リーチ差で対抗するウェイドはクリンチの場面でゴロフキンを抱え込むように対処。ラウンドが進めばゴロフキンが苦戦する印象もあった。しかし初回終了間際、右を即頭部に食らったウェイドはたまらずダウン。2回、獲物を追い詰めるようにゴロフキンはプレス。左右を繰り出して抵抗した挑戦者だったが、左アッパーを食らい、右を腕にもらい横倒し。ここはカウント9で立ち上がったウェイドだが、追撃でまたも劣勢。右強打で3度目のダウンを喫し、カウントアウトされた。

 米国東西の大アリーナで圧巻のパフォーマンスを披露したゴロフキン。サウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)とのビッグマッチが待望される中、所属のK2プロモーションは次回ラスベガス登場の可能性も匂わせている。

Photo/SUMIO YAMADA

ロマゴン大差の勝利で45連勝、手数でアローヨを圧倒

 23日(日本時間24日)ロサンゼルスのザ・フォーラムで挙行された世界戦ダブルヘッダーのうち、WBC世界フライ級タイトルマッチは、王者ローマン“チョコラティート”ゴンサレス(ニカラグア=写真)が挑戦者10位マックウィリアムズ・アローヨ(プエルトリコ)に12回3-0勝利を収めた。


KO勝利は逃したものの相変わらず強いゴンサレス(右)

 ノックダウンはなく、3ジャッジが下したスコアは119-109×2、120-108でゴンサレス。試合は2回からゴンサレスが左右ボディーを口火に攻勢をかけ、会場を沸かせる。ラウンド平均100発以上手数を繰り出す王者は左アッパーを武器にその後も圧力をかけリードを広げた。

 対するアローヨはゴンサレスのアタックに晒されながらも勇敢にパンチをリターンして崩れる素振りを見せない。7回、ゴンサレスの連打でアローヨはコーナーにエスケープ。このあたりからゴンサレスは毎ラウンド、KOを狙うようなボクシング。8回、ゴンサレスの左ショートフックでアローヨに初めてダメージが感じられる。ここを乗り切った挑戦者だが10回にも右を浴びてバックステップを踏み、ゴンサレスのストップ勝ちの予感も漂う。しかしアローヨはパンチを返して踏みとどまり終了ゴングを聞いた。

 フアン・フランシスコ・エストラーダ戦以来、11試合ぶりの判定勝利となったゴンサレスは45勝39KO無敗。善戦のアローヨを「非常に難しい相手だった」と称えた。アローヨは16勝14KO2敗敗。

Photo/SUMIO YAMADA












【2016/04/25 06:08】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Apple、今年後半に7.9インチの「iPad Pro」を投入か
Appleの「iPad」シリーズは先月に9.7インチ版「iPad Pro」が発売され、12.9インチ「iPad Pro」、「iPad Air 2」、「iPad mini 4」、「iPad mini 2」の5製品が同時に販売されていますが、TechNewsが、業界筋の話として、Appleは今年後半に「iPad Pro」の7.9インチモデルを発売し、同シリーズの製品ラインナップを整理するようだと報じています。



「iPad Air 2」と「iPad mini 4」は安価なエントリーモデルとして販売が継続されるものの、アップデートは行われず、在庫がなくなり次第、販売終了になるものとみられています。

この事から「iPad」シリーズのラインナップは、将来的に「iPad Pro」のみの3サイズ(7.9インチ、9.7インチ、12.9インチ)構成になるものと予想されますが、下位モデルがなくなると「Pro」という名称の意味がなくなってしまうような気もするので、どこまでが本当かどうかは不明です。














【2016/04/25 06:08】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
五郎丸が途中出場 スーパーラグビー、サンウルブズ初勝利
スーパーラグビー第9節第2日は23日、東京・秩父宮ラグビー場などで行われ、日本チームのサンウルブズは同じ参入1季目のジャガーズ(アルゼンチン)に36―28の逆転勝ちで初勝利を挙げ、開幕からの連敗を7で止めた。ジャガーズは7敗目(1勝)。



 サンウルブズは前半に3本のトライを許して13―18での折り返し。後半は一時9点差までリードを広げられたが、CTBカーペンターのトライやSOピシのPGなどで得点を重ねて31分に逆転。終了間際にはCTB立川のトライで突き放した。

 チーフス(ニュージーランド)のナンバー8リーチはハリケーンズ(同)戦にフル出場して1トライを挙げ、28―27での勝利に貢献した。FB五郎丸とフランカー、ツイのレッズ(オーストラリア)はストーマーズ(南アフリカ)に22―40で敗れた。五郎丸は後半29分から途中出場し、ツイはフル出場した。〔共同〕













【2016/04/24 06:02】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
オイシックス、実店舗に誘客 ネット会員にクーポン
野菜宅配のオイシックスが、インターネットと実店舗を融合させる「オムニチャネル」に挑んでいる。10万人を超えるネット通販の会員にクーポンを配信したり、アプリでポイントを付与したりして、自社の運営する実店舗への集客をはかる。逆にネットが苦手な高齢者らに実店舗でアプローチし、通販の利用を促す考えだ。


オイシックスは実店舗を展開し、ネット会員の誘致をはかる(東京都渋谷区にあるOisix恵比寿三越店)

 オイシックスは2010年からネット通販の他に、自前で有機野菜などを売る実店舗を展開している。現在は恵比寿三越店(東京・渋谷)とアトレ吉祥寺店(東京都武蔵野市)の2店舗だ。

 恵比寿三越店で野菜を選んでいた40代の女性は「オイシックスはネット通販のイメージが強いけれど、直接野菜を手にとって選ぶのもいいわね」と満足そうに話す。

 現在、オイシックスの収益の大半はネット通販によるもの。実店舗を出すのは「ネットになじみの薄い高齢者や、会員の買い足し需要を取り込む手段になる」(統合マーケティング室の辻本亮氏)とみているからだ。

 ネットで積み上げた約10万人の会員を、いかに実店舗へ誘致するか。まずはメールなどを使い、ネット会員向けに実店舗の商品が10%オフで購入できるクーポンを配信した。

 さらに会員ごとにネットでの購入履歴を分析し、普段よく買う商品で実店舗でも扱っているものを紹介。するとクーポンを持って来店する客の数が2倍になった。今後も年4回程度、クーポンを配信していく。

 もう一つはアプリの利用だ。1月、リクルートライフスタイルが運営する「ショプリエ」を導入した。顧客は来店時にアプリの画面上でチェックインすると、リクルートのサービスなどでも使える「リクルートポイント」をためられる。

 オイシックスの場合、1回のチェックインで10ポイントがたまり、1ポイントを1円に換算して500ポイントから利用できる。徐々にアプリを利用して来店する人が増えているという。

 オイシックスはこの2店舗のほか、東急ストアやクイーンズ伊勢丹などと提携して、スーパーの青果売り場に自社の野菜コーナーを設ける「ショップインショップ」も26店で展開する。

 小売り各社はオムニチャネル戦略に力を入れている。実店舗を展開する会社がネットに参入するケースが目立つが、オイシックスのようにネット通販から実店舗に参入するケースはまだ多くはない。

 実店舗を持つことで認知度を上げ、ネット会員の増加につなげたい思いがある。ただ、今のところ「実店舗に訪れる客をネットに誘致する取り組みは不十分」(辻本氏)と課題は残る。

 オイシックスはネット通販会社としての強みを様々に生かしてきた。昨年の5月からは、他社のネット通販事業のマーケティングなどを支援するサービスを始めた。画像の見せ方や販促手法を提案している。

 16年3月期の売上高は、前期比10.7%増の200億円となる見込み。15期連続で過去最高の売上高更新をにらむ。さらに「ネット通販と実店舗の両方を持つ強みを生かした集客」(辻本氏)を実現し、業績に弾みをつける考えだ。(毛芝雄己)

[日経MJ2016年4月20日付]












【2016/04/24 06:02】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「Apple Watch」向けアプリ、6月1日以降に提出するアプリはネイティブアプリが必須条件に
本日、Appleが、アプリの開発者に対し、2016年6月1日以降に申請する「Apple Watch」向けアプリは、「watchOS 2 SDK」を利用して開発されたネイティブアプリである事が必須の条件となることを案内しています。



「Apple Watch」のネイティブアプリのサポートは「watchOS 2」より開始されましたが、Appleとしても「Apple Watch」用のネイティブアプリを充実させたい意向があるようです。

なお、同じ6月に開催される「WWDC 2016」では「watchOS 3」が発表されるものと予想されます。













【2016/04/24 06:02】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
田口良一に挑戦のランダエタ「7回までにKOする」
大田区総合体育館で27日ゴングとなるトリプル世界タイトルマッチで、WBA世界L・フライ級王者の田口良一(ワタナベ)に挑戦する同級7位フアン・ランダエタ(カシミ=ベネズエラ)と、WBA世界S・フライ級チャンピオンの河野公平(ワタナベ)に挑む同級7位インタノン・シッチャモアン(タイ)もワタナベジムで公開練習を行った。


「いまここにいるのが幸せだ」とランダエタ(右)

 かつて新井田豊、亀田興毅と世界タイトルマッチを戦ったランダエタが10年ぶりに日本で世界戦のリングに上がる。37歳になったサウスポーは「あのころよりさらに経験を積んで良くなっている。コウキとの試合とは比べ物にならないスペクタクルな試合をお見せしたい」と好ファイトをアピールした。

 2008年にいったん引退したランダエタは少年野球のコーチをしたり、ボクシングのレフェリーやジャッジを務めたりして、第2の人生を歩んでいた。ところが、あるとき試合会場でヒルベルト・メンドサWBA前会長(今年3月に死去)から「もう一度やってみないか」と声をかけられ、カムバックを決意。昨年9月の試合で世界ランキングを獲得し、世界挑戦のチャンスが舞い込んできた。現在は、名王者ウィルフレド・ゴメス(プエルトリコ)を指導した著名トレーナー、フェリックス・ピントール氏の指導を仰ぎ、田口戦に向けて準備を進めている。

 レフェリーやジャッジの経験も生きているというランダエタは「ニイダやコウキとやったころよりも経験や知識が豊富だ。信じてもらえないかもしれないが、体の状態も26、7歳のころよりずっといい」と衰え説を一蹴。「タグチは9回でKOすると言っているらしいが、私は7回までのどこかで彼をKOする」とどこまでも意気軒高だった。


かつて井岡一翔のパートナーも務めたインタノン

 河野に挑戦するインタノンは「ファイターの河野に押し負けない」ため、上の階級の選手と190ラウンドのスパーリングを重ねてきたというだけあって勝利への意欲十分。この日、かつて佐藤洋太からWBC世界S・フライ級王座を奪ったシーサケット・ソールンビサイ(タイ)に8年ほど前に勝ったことがあると明かしたサウスポーは「ボクサーである以上、世界チャンピオンが私の夢だ」と河野撃破を誓った。


BoxingNews











【2016/04/23 06:08】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
非正規雇用の賃金上げ、正社員の7~8割に 政府原案 一億総活躍プラン
政府は非正規雇用の待遇改善などを柱とする「ニッポン一億総活躍プラン」の原案を固めた。非正規雇用の賃金を正規の7~8割程度まで早期に引き上げ、欧州並みにする目標を明記した。高齢者の活躍で経済全体の生産性を高めるため、今後5年間を65歳以上の継続雇用の延長と定年引き上げの集中期間と位置づけ、実施した企業には助成金を増やす。5月中旬にまとめ、同月末に閣議決定する。



 プランは安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」の新たな柱になる。緊急性が高い内容は7月の参院選前に成長戦略などと合わせて経済対策の骨格として示し、参院選後の臨時国会で2016年度補正予算案として提出する見通しだ。

 正規雇用と非正規雇用の不合理な格差を防ぐ指針をつくり、待遇改善に乗り出すと明記した。通勤手当や出張経費の支給額をそろえる。パートタイム労働法や労働契約法などの改正に着手し、社員の技能など「熟練度」を給与に反映しやすくする。17年の通常国会にも提出する方向だ。

 日本では正規雇用中心のフルタイム労働者に比べ、非正規のパートタイム労働者の賃金は57%にすぎない。フランス(89%)やドイツ(79%)とは大きな差がある。

 やむを得ず非正規にとどまっている「不本意非正規」の割合も、助成金の活用などで14年の18.1%から20年度に10%以下にする目標を示した。



 16~20年度の5年間は、高齢者の継続雇用や定年延長促進の集中期間と位置づける。定年を引き上げたり、継続雇用の制度を導入したりした企業への助成制度を拡充する。年内に具体策を詰める。

 先進国で最長レベルとされる長時間労働の是正に取り組む。労働基準監督署が立ち入り調査に入る目安「1カ月の残業時間100時間」を80時間に下げ、対象を広げる。

 労働基準法では労働時間は原則、1日8時間。労使間で協定を結べば時間外労働は月45時間まで、特別条項付きの協定なら45時間超も可能なため、長時間労働の抜け穴となっていた。

 保育の待機児童は17年度中に、放課後児童クラブの待機児童は19年度に、それぞれ解消する目標を定める。国が負担する保育所向けの補助金を増やし、ベテラン保育士らの給与を上げ、離職を防ぐ。不妊に悩む人のため、相談機関を全都道府県・指定都市・中核市に19年度までに設ける。

 原案は多くの目標を掲げたが、助成金などで企業に行動を促す策が目立つ。企業行動をどう抜本的に変えるかがさらに課題になりそうだ。













【2016/04/23 06:08】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Apple、2017年に「iPhone 7s」ではなく「iPhone 8」を発売か ー 有機ELディスプレイやワイヤレス充電が特徴に??
MacRumorsによると、BarclaysのアナリストであるMark Moskowitz氏が、業界筋の話として、Appleは来年は「iPhone」でお馴染みの「S」シリーズのアップデートサイクルを飛ばし、フルモデルチェンジされた「iPhone 8」をリリースするようだと報告している事が分かりました。



これまでのアップデートサイクルであれば、来年は「iPhone 7s」がリリースされる予定ですが、同氏の情報によると、来年は内部ハードウェアのみがアップデートされた「iPhone 7s」ではなく、デザインなど全てが刷新された「iPhone 8」がリリースされるとのこと。

また、「iPhone 8」では、ワイヤレス充電や有機ELディスプレイ、フォームファクタの刷新、ホームボタンの廃止などが特徴になると予測しています。













【2016/04/23 06:08】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
健康保険料負担が過去最高に 47万9354円、16年度
健康保険組合連合会(健保連)は21日、大企業の会社員らが入る健保組合の2016年度予算の集計結果をまとめた。1人当たりの平均保険料は年間47万9354円と、過去最高を更新した。高齢化に伴う医療費増で健保の負担は一段と重くなっている。

 健保連が予算報告のあった1378組合を基に全1399組合を推計した。平均保険料率は9.1%で前年度から0.1ポイント上がる。

 健保組合の経常収支は1384億円の赤字になる。労使の負担する保険料は上昇したが、医療費増加に伴う支出の伸びを補いきれない。赤字の健保は全体の64.4%に達する。

 今年度予算で215組合が保険料率を引き上げた。中小企業向けの全国健康保険協会(協会けんぽ)の平均保険料率(10%)以上の組合は299あった。来年度以降も上昇が続く可能性は高い。

 支出で伸びが目立ったのは医療給付費だ。総額3兆9793億円で前年度から3.8%増えた。健保連の白川修二副会長は「高齢化に加え、医療技術の進歩で高額な治療・薬剤が増えていることが大きい」と説明する。

 高齢者医療制度などへの支援金・納付金は3兆2938億円で0.13%増加した。保険料収入の42.78%を占める。健保連はサラリーマンと企業が折半する保険料率の引き上げが「限界に達している」として、高齢者医療制度への公費の投入拡大を求めていく考えだ。

日経新聞












【2016/04/22 06:15】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ゴロフキン&ロマゴン、今週末そろって防衛戦
今週末23日(日本時間24日)米ロサンゼルスのザ・フォーラムにミドル級統一世界王者ゲンナジー“GGG”ゴロフキン(カザフスタン)とWBC世界フライ級王者ローマン“チョコラティート”ゴンサレス(ニカラグア)が登場。20日はサンタモニカでメディア向け公開練習が行われた。


今回も圧倒的有利が予想されるゴロフキン

 WBAスーパー王座とIBF王座、さらにWBC暫定王座を保持するゴロフキンはここまで34勝31KO無敗。昨年10月、デビッド・レミュー(カナダ)からIBF王座を吸収して以来の防衛戦となる。WBA王座はこれが16度目の防衛戦で、これまでの15度はすべてKO勝ちだ。

 対するIBF指名挑戦者ドミニク・ウェイド(米)は18勝12KO無敗で今回が世界初挑戦。予想はゴロフキンの圧倒的有利で、ラスベガスのオッズメーカーによると、ゴロフキンの勝利に1500ドル(約16万5000円)を賭けてゴロフキンが勝利してもわずか10ドル(約1100円)の儲けにしかならない。ウェイドに賭けると勝利した場合は10ドルが260ドルになる。

 これまで3階級を制しているパウンド・フォー・パウンド“キング”ゴンサレス(44勝38KO無敗)はマックウィリアムズ・アローヨ(プエルトリコ=16勝14KO2敗)とV4戦。こちらもロマゴン勝利が当たり前という雰囲気になっているだけに、挑戦者の奮起が期待される。

Photo/BoxingScene.com













【2016/04/22 06:15】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Apple、ウーブンナイロンを使用した「iPhone」ケースや「SmartCover」などを開発か
本日、Macお宝鑑定団Blogが、Appleは「Apple Watch」用バンド用に開発した素材のウーブンナイロンを使った「iPhone」用ケースや「SmartCover」、「SmartCase」なども開発している可能性があると報じています。



これはAppleの人材募集から明らかになったもので、同社はApple Softgoods設計チームの一員として、アクセサリー(iPhoneケース、SmartCover、SmartCase、Apple Watch Band他)において使用されるテキスタイル素材の開発、設計、評価を行う人材を募集しています。

なお、勤務地は和歌山県となっています。













【2016/04/22 06:15】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
世界の「偽造品」ビジネス、50兆円規模に OECD調査

ロレックス(右下)などの高級ブランドで偽造品が多く見つかっている=CNNMoney

ロンドン(CNNMoney) 高級ブランド品などの偽造品の取引は世界で4610億ドル(約50兆円)の規模に膨らんでいることが、経済協力開発機構(OECD)の新たな報告書で明らかになった。

報告書はOECDが欧州連合(EU)の知的財産庁と共同で作成した。それによると、偽造品の取引が世界貿易に占める割合は2008年の1.9%から、13年には2.5%に増加した。総額はオーストリアの経済規模に匹敵する。

世界各地の税関で押収された偽造品の中で多かったブランドはスイスの時計メーカー「ロレックス」や米スポーツ用品大手「ナイキ」、米サングラス大手「レイバン」、仏ファッションブランド「ルイ・ヴィトン」など。商品の種類では靴が最も多く、洋服、革製品、小型機器が続いた。

OECDは偽造品の製造や販売が最も盛んな国として、中国を名指ししている。偽造品はEUへの輸入品全体の5%を占めているという。

報告書は偽造品取引が「技術革新を損ない、経済成長を阻む経済的脅威」になると警告している。本来の製造元が被害をこうむるだけでなく、薬品やおもちゃの偽造は健康、安全上の被害を引き起こす恐れがある。













【2016/04/21 06:12】 | Muscle Blog | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
岡崎は日本サッカー史最高のストライカー
年にロシアで行われるサッカー・ワールドカップ(W杯)のアジア2次予選が終了した。日本は7勝1分けの無敗・無失点でE組を首位でクリア、9月から1年がかりで行われるアジア最終予選に進んだ。2次予選最後の2連戦は埼玉スタジアムで行われたが、そこでひときわ大きな輝きを放ったのがFWの岡崎(レスター)だった。

■真ん中からの攻めが怖さ増す


岡崎(左)は代表通算100試合に出場し、ハリルホジッチ監督から記念のユニホームを受け取った=共同

 3月24日はアフガニスタン、29日はシリアにともに日本は5-0で大勝した。私が面白いと思ったのはアフガニスタン戦だった。岡崎と金崎(鹿島)が2トップを組み、トップ下に清武(ハノーバー)を置いて、真ん中からの攻めが怖さを増したことでサイド攻撃がより生きた好印象を持った。

 アフガニスタンとの力の差を相当割り引いて考える必要はあるが、両サイドバックの長友(インテル・ミラノ)と酒井宏(ハノーバー)が高い位置を取り、ダイヤモンド型の中盤の両サイド、柏木(浦和)と原口(ヘルタ)と連携することでセカンドボールもよく拾えた。それが絶え間ない攻めを可能にした。

 中でも岡崎は貴重な先制点を決めて大勝の口火を切った。日本が圧倒的に押し込むことでアフガン戦は相手陣内にGK東口(G大阪)を除く21人の選手がひしめく状況になったが、狭いエリアの中でもパスを引き出せる岡崎はまったくそれを苦にしなかった。最前線から下りてきてくさびのパスを受けることも、アフガンのCBと駆け引きしながら裏に飛び出すことも自由自在。岡崎のそういう動きに幻惑され、守る側は最終ラインにギャップをつくる羽目に陥っていた。

 岡崎がギャップをつくれば、そこを突く抜け目の無さが金崎にはある。逆も同様で、しかもトップ下の清武にはすかさず穴をスルーパスで突ける才があった。岡崎のアクションが引き出す相手のリアクションをうまく突けたのは、このトリオならではだったろう。

 続くシリア戦で岡崎は代表通算100試合出場を達成した。152試合の遠藤(G大阪)を頂点に122試合の井原(現福岡監督)、116試合の川口(SC相模原)、110試合の中沢(横浜M)に続き、FWとしては史上初の快挙。先達の4人はボランチにDF、GKと後ろ目のポジションばかり。岡崎のように攻撃に守備に労を惜しまず精勤した上に48得点も積み上げて100試合の大台に乗せたのは本当に立派なことである。

 率直にいって、岡崎のことはお世辞にもうまい選手とはいえない。彼がここまでの選手になれたのはメンタリティーの強さのたまものだろう。ターンにしても動きの切れにしても、点を取るために必要なものをずっと緻密に追い続けてきた。考え、工夫し、実践し、得られた結果を検証し、また改善に努力する。そういうサイクルを繰り返すことに飽きることがない。そういう心構えの結果だと思うのである。

■すべてに余裕、次の動きも予想

 今の岡崎は自信満々に見える。所属のレスターがイングランドのプレミアリーグで首位を独走し、奇跡の優勝に一歩ずつ近づいていることも手伝っているのだろう。

 アフガン戦の先制点の際に見せた、清武の縦パスを引き取りながらの素早いターンと寄せてくるDFのまたの間を通してシュートに持っていった動きの滑らかさ……。すべてに余裕があるから相手の動きがよく見え、次に何をしてくるか予想もできてしまう。プレミアリーグの一流のDFたちの厳しいチャージやタックルに比べたら、大げさにいえば、アジアのDFの動きは止まって見えるくらいなのかもしれない。

 もう一つ感心するのは反応の良さ、速さだ。無理がすごくきく。期待の宇佐美(G大阪)は「ここにボールが来たら」「ここにボールを置けたら」というツボがあり、そこにはまると確かに素晴らしいシュートを打てる。岡崎は違う。自分が期待するのと違うところにラストパスが来ても、シュートにまで持っていける。3月14日にレスターで決めたオーバーヘッドのゴールはその典型だろう。

■もっともっと評価されてしかるべき


岡崎を見ると、もっとどう点を取るか、シュートが打てるかに目を向ける必要があると思う=共同

 48得点という数字は09年1月20日のイエメン戦のゴールが出発点だ。得点の中にはアジアカップの栄冠やW杯への道を切り開くゴールもあった。どれほど日本がこの愚直なストライカーに救われてきたことか。勝負の世界は勝ち点がすべて、その勝ち点をもたらしてくれるのはゴール。そう考えれば、代表で48得点も積み上げてきた岡崎はもっともっと評価されてしかるべき選手である。

 レスターや日本代表の岡崎を見て、日本人もサッカーや選手に対する考え方を改めたらどうかとも思う。サッカーはやっぱりFWだと。日本では、やれシステムがどうのこうの、パスワークがどうのこうの、という議論で盛り上がるが、もっと、どう点を取るか、シュートが打てるか、という最後のところにも目を向けたい。

 実際、代表でプレーする欧州組を見ていると、岡崎のみならず本田(ACミラン)も香川(ドルトムント)も原口もゴールに対する貪欲さが国内組とはケタが違う。その落差を見るにつけ「努力に満足する二流と結果を求める一流」の違いを感じてしまう。前者は国内組に多く、欧州組は圧倒的に後者だ。

 ゴールへの貪欲さだけではない。両者の差はボールが対戦相手に渡ったときにも如実に表れる。例えば本田。「危ない」と思うより先に一生懸命に自陣に戻って守備に入り、大丈夫だと思うと、すぐに頭を切り替えてハーフウエーラインめがけダッシュを始める。この往復運動を何度でも繰り返す。

 それに比べて国内組にはところどころでお休みが入る選手がいる。明らかに戻って埋めなければならない危険なスペースがあるのに危機感に乏しく、野球のバッターボックスに入る感覚で攻撃のときだけ何かをすればいいと思っている選手が。平素の試合や練習のインテンシティー(緊張感の強度)の違いが生み出す格差といってしまえばそれまでだが。

■内外格差、最終予選の不安材料の一つ

 日本代表のハリルホジッチ監督は攻守に奮戦するレスターの岡崎よりも、もっとゴールに専心する岡崎を代表で見たいらしい。だが、みんなで前のめりになって勝てるほどアジア最終予選のレベルは低くない。欧州のトップレベルの戦いは守備のできない選手が3人いたらもう勝てない。守備をある程度免責できるのは2人が限度、それもアルゼンチンのメッシ級の選手であるという条件つきで。そのメッシですら自分のミスでボールを失ったときは必死になってボールを取り返しに走る。味方がマイボールにして自分の責任が消え去るまで。そのレベルの意識もない選手が国内組にはいる。この内外格差は最終予選の不安材料の一つである。

 岡崎の献身的な攻守の切り替えの速さを見ていると、本当にこの選手は先々の絵が攻守ともに頭の中に描けていると思わされる。その頭の回転の速さがスピード感や強度を生み出しているのだと思う。マンチェスターのユナイテッドやシティーなどと五分で戦う中で研ぎ澄まされる感覚というものがあるのだろう。頭の中の回転速度が超高速になっていて、それがアジアで戦うときは余裕を生んで自信を持ってプレーさせる感じだ。

 練習で岡崎よりうまい選手はいくらでもいる。技術を一つ一つ分けて評価すれば、スピードとかヘディングとかシュート力とか、岡崎よりすごい選手も何人もいる。才能で比べたら釜本邦茂さんの足元にも及ばない。それでも私は岡崎を日本サッカー史で最高のストライカーだと思っている。100試合で48点という得点率だけでなく、ボールのないところでのクオリティーが素晴らしく高いからだ。

■常に前向きに何か新しいことに挑戦


レスターがプレミアリーグで優勝したら岡崎もさらに一回り大きな選手になるだろう=共同

 ある意味、岡崎ほど自分の可能性を信じている選手もいない。常に前向きに何か新しいことに挑戦してないと落ち着かないのだろうか。生まれながらの性質なのか、育った環境がもたらしたものなのか。とにかく、満足したら終わりを地で行く男だ。

 プロの世界で生きていく上でそれは「良い習慣」を身につけているということ。試合に出るか出られないかの危機感が常にある。おそらくそれは小学校から今にいたるまでずっとトップランナーではなかったことと関係があるのだろう。常にお山の大将で競争する習慣を持たない選手とは対照的なサッカー人生を歩んできた。試合に出られない、でもあきらめられないから頑張る。努力のための努力ではなく、結果を出すための努力を成長過程で繰り返してきた選手だけが持てる良い習慣。

 レスターがこのままプレミアリーグで奇跡の優勝を遂げたら岡崎もさらに一回り大きな選手になるのだろう。そこからどう伸びていけるかで次の岡崎のステージが決まってくる。今でもプレーのスピード感が周りの選手と全然違うのだから、岡崎が身につける自信は当然、W杯アジア最終予選で日本の大きな武器になる。

 できることなら「世界が岡崎を警戒する」というか、世界レベルで嫌がられる選手になってほしいもの。相手チームのミーティングで本田でも香川でもなく「まず岡崎」と注意が喚起されるような選手に。そういう選手が最前線にいてくれると他の選手のマークが緩むので戦略はもっといろいろと立てやすくなる。

■「あきらめるな」というメッセージ

 岡崎を褒めすぎたのかもしれない。彼を見ていると、日本代表でコーチ、選手として一緒に戦った中山雅史を思い出してしまうせいかもしれない。中山という男も常に挑戦する男であり、周りから見るとあきらめの悪い男だった。往生際の悪さは天下一品。中山がJリーグで初めてハットトリックをしたのは30歳になる3日前である。30歳を超えてからギネスブックに載るほどハットトリックを連発し、初めてW杯にも出た。中山や岡崎のような、あきらめの悪い選手は常識では計り知れないエネルギーを持っている。それゆえにどこまで行けるか誰にも分からない。おそらく本人にも。

 次のロシアのW杯でも岡崎の代名詞であるダイビングヘッドやオーバーヘッドを見てみたいもの。存在自体が子供たちに「あきらめるな」という強烈なメッセージになっている岡崎のような選手には、とことん自分を燃やし尽くしてほしい。


日経新聞 サッカー解説者 山本昌邦












【2016/04/21 06:11】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ノートは日本時間6月14日午前2時: iOS 10が出る? Apple「WWDC 2016」は米国時間6月13日から
Siriがフライングで発表していたApple年次開発者会議「WWDC 2016」の日程が正式に発表された。基調講演のライブ中継は日本時間6月14日午前2時から。

 米Appleは4月18日(現地時間)、年次開発者会議「WWDC 2016」を6月13日~17日にカリフォルニア州サンフランシスコで開催すると発表した。

 基調講演を含む初日のキックオフイベントはビル・グラハム・シビックオーディトリウムで開催し、その他のカンファレンスセッションは例年通りモスコーニセンターで行う。基調講演はWWDCの公式サイトで6月13日午前10時(日本時間で6月14日午前2時)からライブストリーミングを視聴できる。


WWDCの公式サイトには、例年のようなグラフィカルなイメージではなく、プログラミングをイメージさせるカラフルな文字列が並ぶ。この中に発表内容のヒントが隠されているかもしれない

 WWDC(World Wide Developers Conference:世界開発者会議)は、Appleが毎年開催している開発者向けイベント。2016年で27回目を迎える同イベントには、Appleのデベロッパーコミュニティーが世界中から集まる。

 今回は、1000人以上のAppleエンジニアによる150以上のハンズオンラボおよびイベント、4つのソフトウェアプラットフォームであるiOS、OS X、watchOS、tvOSの次期バージョンや最新機能、開発方法の紹介、参加者同士の交流機会、優れたアプリを表彰するApple Design Awardsなどを予定している。

 デベロッパーは4月18日から4月22日午前10時(日本時間で4月23日午前2時)まで、WWDCの公式サイトからチケットを申し込める。前回同様、チケットは抽選となっており、4月25日午後5時(日本時間で4月26日午前9時)までに当選者に通知される。チケットの価格は1599米ドル。


公式サイトでは参加申し込みを受付中だ。チケットは1599米ドル、参加者は抽選となる


基調講演が行われるビル・グラハム・シビックオーディトリウム。2015年9月に「iPhone 6s」や「iPad Pro」が発表された会場だ


カンファレンスセッションが行われるおなじみのモスコーニセンター


実はAppleの正式発表前からSiriに「世界開発者会議はいつですか」などと尋ねると、「世界開発者会議(WWDC)は6月13日から6月17日までサンフランシスコで開催されます。今からワクワクしています!」とフライングで答えていた

ITmedia












【2016/04/21 06:11】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ