SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
ハム大谷、二刀流フル回転 強力打線の軸に
ソフトバンク級の打線が、パ・リーグにもう1チーム誕生したことになろう。大谷翔平(21)が、初めて投打同時に名を連ねた日本ハムは29日の楽天戦で恐るべき破壊力を見せた。31日からは交流戦。今年もパ・リーグ優勢の流れとなるのか。


29日の楽天戦で大谷は「投手・6番」で起用された。打っては3安打、投げては7回1失点だった=共同

■栗山監督は「毎日でも出したい」

 「単純に、いいバッターが打線に並んでいる方がいい。シンプルに考えただけ」。栗山英樹監督は指名打者(DH)制を使わず、大谷を「投手・6番」で起用した理由を説明した。

 過去のセ・パ交流戦ではDH制のないセ・リーグ主催試合で、自動的に投打両刀の起用法となった。しかし、DH制があるパ・リーグ内の試合での両刀先発は4年目で初めてだった。

 ついに本物の両刀がベールを脱いだ、と色めきたつ報道陣をたしなめるような口調に終始した栗山監督。だがそこに、一大決心があったのは間違いない。

 先ごろまで打線が低調で、投手大谷も援護に恵まれなかった。一方「打者大谷」は絶好調。こうなればDHを解除して、投げるときも打線に名を連ね、自分で投げて打てばよいではないか、とは誰しも考えるところではあった。

 栗山監督も「(打者として)毎日でも出したい」という誘惑にかられていた。それでも投手の日は投手1本という原則を守ってきたのは大谷の体を壊すようなことだけは絶対にしてはならないと心していたからだという。


中田の調子も上向き。ソフトバンク打線に劣らない迫力だ=コボスタ宮城

 昨季までは原則的に登板の前後2日は打者としても起用しないというルールを設け、守ってきた。

■完成形に向けた大きな節目

 今季その禁を解き、投打フル回転モードに突入した。

 大谷が大学に進学していたならば最終学年となる4年目の今季、栗山監督も本人も一つの節目となるシーズンと位置づけているようだ。肉体的な成熟を待ち、出場密度を最大限に高め、チームの優勝に貢献してもらう。その最終目標に向けた二刀流の完成形ができあがってくるはずのシーズンだ。

 そうした遠大なプランの中で、29日の起用は間違いなく大きな節目となった。

 この試合で大谷は3安打。投げても7回1失点。この活躍の前にかすんでしまったが、4番の中田翔、7番のブランドン・レアードと、前後の打者が2発ずつ放ったのも注目される。

 交流戦前最後のリーグ戦となった楽天3連戦で中田は5安打7打点3本塁打、レアードは5安打6打点4本塁打と荒稼ぎした。レアードは通算でも17本塁打と西武のエルネスト・メヒアを抜いてトップに立った。

 何でもかんでも「大谷効果」としては中田やレアードに失礼になる。本人たちが本来の調子に戻ったというだけのことだろうが、相手投手の心理的負担を考えるとき、大谷というカードが1枚挟まることによって起こる相乗効果には無視できないものがある。


大谷が投げて打つ姿は自然な風景のようにみえる。交流戦は「二刀流本格始動」の前の格好のシミュレーションの場となる=共同

 小技が効く中島卓也や無類の勝負強さを持つ田中賢介らの存在と相まって、ソフトバンク打線に劣らない迫力が出てきた。交流戦、セ・リーグ側は2つの強力打線をどう迎え撃つのか。

■「打って投げて」は野球の原点

 大谷が投打同時出場することによって、本来ならばDHで出場するはずだった選手の職場が一つ減ることになる。このあたりは大谷も気を使っているらしく、DHを使った場合に出るはずの選手より「打たなくてはいけないというプレッシャーがある」という。

 栗山監督としても慎重にならざるを得ないところで、DHの主たる担い手だった近藤健介が不調で2軍調整をしているタイミングでの投打兼用となったところにも配慮の跡がうかがえる。

 メジャーのアメリカンリーグにならい、パ・リーグで1975年から採用されているDH制。大谷の両刀はその歴史に異色の一章を加えることになる。

 しかし、考えてみればプロになるような選手にとって、高校までは「打って投げて」が当たり前。野球の原点というところからしても、大谷が投げて打つ姿はきわめて自然な風景のようにみえる。

 交流戦が終わり、リーグ内の戦いに戻ってもDHを使わずに投手大谷が打席にも立つ試合が見られそうだ。

 大谷がいや応なしに打席に立つことになる交流戦は「二刀流本格始動」の前の格好のシミュレーションの場となる。

 セ・リーグの球団もおとなしく実験台にされているようでは「パ高セ低」の交流戦の傾向に拍車がかかるばかり。大谷の常識破りの活躍も楽しみだが、セ・リーグの意地にも期待したい。

日経新聞













スポンサーサイト
【2016/05/31 06:17】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
イチローがよみがえらせた歴史上の名選手たち
イチローがいなければ、おそらく8年連続200安打を放ったウィリー・キーラーという選手の名前が広く日本で知られることなどなかったのではないか。「ボルティモア・チョップ」という彼が得意とした地面にたきつけるような打球しかり。また、2004年にイチローが破るまでシーズン最多安打記録を保持していたジョージ・シスラーという存在が、幅広く認知されることもなかったかもしれない。


イチローは、21日からの3試合で13打数10安打。42歳以上の選手が3試合で10安打以上を記録したのは122年ぶり=共同

■イチロー、122年ぶりの記録

 ただ、名前だけではない。イチローがよみがえらせた彼らを通じ、その時代の野球に触れるきっかけにもなった。それこそがイチローのもたらした一つの貢献といえる。

 さて今回、イチローがまた歴史に埋もれていた選手を掘り起こし、過去へといざなってくれた。

 イチローは、21~23日の3試合で、13打数10安打をマーク。42歳以上の選手が3試合で10安打以上を記録したのは、1894年8月にキャップ・アンソン(コルツ、現カブス)という選手が記録して以来122年ぶりとなった。

 アンソンは決して無名選手ではなく、通算3000本安打に初めて到達したとされる選手だ。ただ、さすがにこれだけ時代が離れていると、単純に記録を比較できない。そもそも当時とは、野球がまるで違う。

 アンソンは、1871年に大リーグの前身ともいえるナショナル・アソシエーションでデビューし、その後、ナ・リーグの誕生に伴って大リーガーとなったのが1876年。この当時の野球はといえば、打者が投手に高めか低めに投げるよう指示ができたそうだ(1887年まで)。仮に同じ条件でイチローが打席に入っていたら……。また、1883年まではソフトボールのように"下投げ"だった。1870年代半ばには、今のアンダースローのような投げ方をする投手が登場していたようだが。


安打を重ねるイチローは過去の名選手にもスポットライトを当てる=共同

 さらに1885年から1893年までは、得点不足からバットの半分が平たいものを使っていた。ちょうど、クリケットのバットをイメージすれば、分かりやすい。

■かつては四球も安打にカウント

 打者有利なルールがそろいながら"得点不足"とは奇妙だが、例えば1883年までファウルの場合、ワンバウンドでとればアウトだったというから、今の野球との差は日本プロ野球と大リーグの差どころの話ではない。

 さて、そうした当時の様々なルールに端を発し、アンソンの通算安打には諸説存在する。

 実は1887年、四球が安打としてカウントされるというルールが生まれた。これが現代にも適用されていれば、2004年のバリー・ボンズなどは、135安打、232四球で計367安打となる。イチローの同年は262安打、49四球で計311安打だ。出塁するという意味では共通点があるが、これはさすがに……と当時の人も考え、反対意見が相次ぐと、1年でそのルールは撤廃されている。ところが、その年の記録は長く訂正されず、そこに解釈の違いが生まれると、アンソンの安打数がややこしくなった。

 1887年、アンソンの記録は164安打、60四球。よってその時点での公式記録は224安打。しかし、1968年に行われた特別野球委員会で四球を安打とすることを認めないとし、アンソンの1887年の安打数を164本と訂正した。ところが今なお、通算安打は3011安打、3012安打、3081安打、3435安打という4つの数字が散見される。

 3011安打を採用しているのは、大リーグ公式ページの「MLB.com」。しかし、「スポーティングニュース」社は、記録にミスがあったとして3012安打としている。いずれもくだんの60四球は含まれていない。


イチローがいなければ、キーラーやシスラーの存在も幅広く知られることはなかったかもしれない=共同

■創設時に野球殿堂入りしたアンソン

 また、アンソンは1939年に野球殿堂が創設されたときに殿堂入りしているが、野球殿堂の公式ページにはなぜか3081安打と3435安打という2つの安打数が掲載されており、混乱に拍車をかけている。3081本には、60四球がそのまま残されているとみられるが、それを引いても3021安打となり、大リーグ公式ページの数字と食い違う。3081安打というのは、大リーグ公式記録を扱うエライアス・スポーツから提供を受けているとただし書きが入っているが、であるなら、なおさらMLB.comと数字が違う理由が不明だ。

 3435安打には、彼がナショナル・アソシエーション時代に打った安打数(5年、423安打)が含まれている。しかし、1887年の60個の四球は含まれていない。423安打を引けば、3012安打となって、「スポーティングニュース」社の説と一致する。しかし、ナショナル・アソシエーション時代の安打数を含めるかどうか、意見が割れる。

 ナショナル・アソシエーションとは1871年に創設された初のプロ野球組織だ。9チームで立ち上がったものの、観客の不入り、八百長の横行、戦力の不均衡などが原因で、5年後には立ち行かなくなった。結果、1876年にナショナル・アソシエーションの創設時のメンバーだったシカゴ・ホワイトストッキングス(現カブス)のウィリアム・ハルバート社長が中心となって新しく作ったリーグが、今のナショナル・リーグである。

■古い記録を掘り起こす楽しさ

 当然、アンソンをはじめ、多くのナショナル・アソシエーションでプレーしていた選手がナ・リーグのチームと契約するも、ナショナル・アソシエーション時代の記録に関しては、大リーグの公式記録として認められず、その一方で、baseball-reference.comというデータサイトなどは、大リーグ記録と同一に扱っている。このあたりはイチローの日本プロ野球での記録を含めるかどうか、という議論と似てなくもないが、ともに大リーグ記録とは永久に認められない点で共通する。

 結局、アンソンの公式安打数はそうした様々な事情が入り組み正確にとらえるのが難しいわけだが、今回、そんな興味深い古いエピソードをイチローがまた掘り起こしてくれた。

 ちなみに、イチローによってよみがえったキーラー、シスラー、アンソンの3人というのは、くしくも同じ1939年に野球殿堂入りを果たしている。



日経新聞
スポーツライター 丹羽政善













【2016/05/31 06:17】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「iPhone 7」のストレージ容量は32GBからになる?!
市場調査会社IHS Technologyのリサーチ・ディレクターであるKevin Wang氏が、サプライチェーンからの情報として、「iPhone 7」のストレージ容量は32GBからになると報告しています。



また同氏は、「iPhone 7」のRAMは2GBになるとも報告しており、この情報が正しければ「A10」プロセッサのRAMは「A9」から変わらず2GBのままになるようです。

ただ、中国からの情報なので、どこまでが正しいのかは不明ですが…。

[via 威锋网]













【2016/05/31 06:17】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
パッとしない大リーガーが日本球界で化けるには
2008年夏、ボストン・レッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークで僕の隣席にいたアメリカ人が自分はテキサス州の出だ、と話しかけてきた。「同じ地域出身のバンチという投手が日本のチームで活躍したと何年か前、地元紙に載っていた。マツザカ(松坂大輔)には及ばないが10勝ぐらいはしたんだろう?」というので「バンチ? 彼なら日本で最多勝をとったしノーヒッターになった」と説明すると、冗談のうまい日本人だと大笑いされてしまった。


マリナーズ時代は「三振ばかりでまれにホームラン」という打者だったバレンティン。来日後の3年間で別人になった=共同

■バレンティン、米では振り回すだけ

 バンチは2000年から中日で3年間プレーした。格安の年俸で契約し、来日2試合目にして無安打無得点を達成すると、14勝を挙げて最多勝を獲得した。しかし来日前のメジャーの成績は通算1勝3敗。四球が目立ち、前年にはマリナーズで5試合に登板したものの防御率11点台とまったく戦力にならなかった。

 当時の日本人大リーガーはイチロー、松井秀喜のビッグ2を筆頭に松坂大輔、松井稼頭央、井口資仁、福留孝介、岩村明憲、黒田博樹、城島健司、岡島秀樹らが主力として活躍していた。日本野球のレベルが本場でも認識されるようになり、無名のマイナーリーガーが一夜にして日本の球史に名を刻んだとは、にわかには信じられなかったのも無理はない。

 メジャーで日の目を見なかった選手が日本で大活躍した例は枚挙にいとまがない。1974年の中日ではメジャー経験がほとんどない来日1年目のマーチンが4番に座って35本塁打を打ち、巨人のセ・リーグ10連覇を阻止した。76~77年は長嶋茂雄監督率いる巨人を破り、75年を含めて日本シリーズで3連覇を達成した上田利治監督時代の阪急の二塁手マルカーノも、やはりメジャーリーグ未経験。来日した75年から6年連続して20本塁打以上を放ち、打点王も取った。ダイヤモンドグラブ賞も4回獲得し、攻守の中心になった。マルカーノの後釜ブーマーも大リーグでは本塁打ゼロの無名の一塁手だったが、阪急では打ちまくり、外国人初の三冠王に輝いた。10年間の通算打率3割1分7厘は右打者の歴代ナンバーワン(4000打数以上)としていまだに破られていない。

 ヤクルトのバレンティンを取り上げたい。カリブ海に浮かぶキュラソー島出身の彼は19歳からマイナーリーグでプレーし、23歳の時にマリナーズでデビューした。2007~09年の3年間で170試合に出て打率2割2分1厘。15本塁打を放っているが、三振はその10倍(149)も喫していて「ホームランか三振か」というより「三振ばかりでまれにホームラン」という打者だった。


バレンティン(右)の打撃スタイルの変化はカウント別の本塁打数からも見て取れる=共同

■2ストライク後、本塁打の数が増加

 日本新記録の60本塁打を放った13年、マリナーズ時代を知るイチローが「米国であのクラスの選手が日本でそれだけ活躍するということは、少し難しいというか、複雑な部分もある」とコメントしたが、それは振り回すだけの米国でのバレンティンをイメージしていたからだろう。

 バレンティンは来日後の3年間で別人になった。1年目の11年は31本塁打を放ったものの、打率は2割2分8厘。リーグトップの131三振を喫し、粗さが目立った。ところが60発の13年は打率3割3分。三振は105まで減らす一方、四球は1年目より7割近く多い103まで増やしている。粗さが薄れ、確実性が向上した。

 打撃スタイルの変化はカウント別の本塁打数から見て取れる。1本塁打に要する打数を「本塁打率」と呼ぼう。バレンティンのシーズンごとの成績を追っていくと、ともに31本塁打でタイトルを獲得した来日1、2年目と、60本塁打の3年目で最も変わったのが2ストライク後の本塁打率だ。

 11~12年は33~34打数に1本だったが、13年は13打数に1本と飛躍的に改善した。シーズンごとの本数も8→6→17と3年目は全体の3分の1近くを追い込まれてから打てるようになった。プロでは平均してほぼ半分の打席の勝負が2ストライク以降に持ち込まれる。粘り強さを身につけたことが、四球の増加や三振の減少、打率の向上にもつながったとみていいだろう。


メヒアは広角打法で50発ペースで本塁打を量産している=共同

 変身の陰には池山隆寛打撃コーチの存在があったようだ。若い頃、「ブンブン丸」のニックネームで「ホームランか三振か」と振り回していた池山コーチは来日当時のバレンティンにかつての自分自身を見たのかもしれない。「当たればいつでもスタンドインするのだから、もうちょっと長く球を見ろ」と助言した。これが合っていたのだろう。投手の攻め方が分かった3年目にはノーストライクからの本塁打率も1年目の7打数弱から4打数弱まで向上し、読みの成長もうかがわせた。

■メヒアはバース流の広角打法で進化

 来日後、打撃スタイルを変えて成功したのはバレンティンだけではない。三冠王も獲得した元阪神のバースがそうだった。彼の本塁打の方向を追うと興味深い。来日1年目の1983年、35本塁打のうち最も多かったのは右翼への22本。その後は84年(27本)が左翼への13本、85年(54本)が右翼への27本、86年(47本)が左翼への24本、87年(37本)が右翼への19本と右翼と左翼が交互にくる。引っ張って強い打球を打つことが多かった年もあれば、外角球を逆方向に打つことを意識していた年もあり、相手に研究されると、それ以上に研究してスタイルを変えていたことが分かる。チームメートと将棋を指し、夜の街へ一緒に飲みに行くこともたびたびあった。こうしたコミュニケーションを通じ、相手投手の攻略法を聞けたことが大きかったとも語っている。メジャーでは130試合で9本塁打とパッとしなかったが、日本では「史上最強の助っ人」として色あせない記憶を残している。

 今年、バース流の広角打法で進化の兆しを見せているのがシーズン50発ペースで本塁打を量産している西武のメヒアだ。来日1年目の一昨年と昨年で放った計51本塁打は8割が左翼だった。ところが今季は26日時点の16本のうち、左翼が9本、中堅4本、右翼が3本。打率も3割前後をキープしている。

 実はバレンティンにもこの兆候がある。2011~13年の本塁打はどのシーズンも約7割が左翼に集中していた。ところが今年は26日までの15本のうち、左翼が7本、中堅が5本、右翼が3本。春先から今年のバレンティンはひと味違うと評価されていた。昨シーズンの大半を故障で棒に振り、期するところがあるのかもしれない。

■「相手以上に研究すること」

 メヒアは米国での10年間は一度もメジャー昇格できなかった選手だ。今年大活躍している広島のエルドレッドもメジャーでは大した実績がなかった。1993年に阪神で首位打者を取ったオマリーは、日本での成功理由を聞かれるたび「その環境にアジャストすること。相手が研究すれば、それ以上に毎年研究することだ」と話している。昨年まで阪神でプレーしたマートン、かつてソフトバンクなどで活躍したズレータは対戦相手の特徴をよくメモしていた。

 運や巡り合わせもモノをいうのがプロ野球の世界。努力が報われるとも限らないし、成功の方程式があるわけでもない。だが、成功する選手は例外なく努力をしている。元メジャーリーガーであろうがなかろうが、その真理は普遍ということだろう。


日経新聞

ノンフィクション作家 小野俊哉













【2016/05/30 06:23】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
錦織、2年連続8強ならず 全仏テニス第8日
【パリ=共同】テニスの全仏オープン第8日は29日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス4回戦で第5シードの錦織圭(日清食品)は第9シードのリシャール・ガスケ(フランス)に4―6、2―6、6―4、2―6で敗れ、2年連続の準々決勝進出はならなかった。

 第2シードのアンディ・マリー(英国)は第15シードのジョン・イスナー(米国)にストレート勝ちし、3年連続でベスト8入りした。













【2016/05/30 06:23】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Jawbone、活動量計「UP」シリーズの生産を停止か
TechInsiderによると、Jawboneが、活動量計「UP」シリーズの生産を停止したようです。



これは問題に精通した関係者からの情報で、同社は「UP」シリーズの生産を停止し、在庫をサードパーティの販売代理店に売却したそうです。

同社は「UP」シリーズを販売するのに苦労しており、事業継続のために必要な収入を得るには販売代理店に割引価格で提供することを余儀なくされ、現在のところ同社が「UP」シリーズの生産を再開するかどうかは不明のようですが、ウェアラブル事業から撤退するではないとのこと。

また、同社はBluetoothスピーカー事業から撤退するために、在庫処分を行うことも検討しているとの情報もあるそうで、Fortuneも、複数の情報筋の話として、Jawboneはウェアラブル事業に専念出来るよう、Bluetoothスピーカー事業から撤退する方向で動いているようだと報じています。













【2016/05/29 06:11】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
人工知能での診療「20年以内に」7割 医師調査
医療現場での人工知能(AI)活用の可能性について、医師専用の情報交換サイトを運営する「メドピア」(東京)が医師約3700人を対象にアンケートしたところ、約7割が「20年以内に診療を担う時代が来る」と答えたことが28日、分かった。

 数値データの解析や難病の診断に有効との声がある一方、「医師と患者のコミュニケーションは将来も不可欠」との意見もあった。人工知能は近年急速に進化し、農業や製造業などさまざまな分野での本格導入に向けた研究も進められている。

 アンケートはサイト上で5月上旬に実施。人工知能が診療に参画する時代が来るかどうかに関し、その時期の見通しも含めて聞いた。

 その結果、「10年超20年以内」が33%で最も多く、次いで「5年超10年以内」が23%、「5年以内」13%。20年以内を合計すると69%に上る。「20年超50年以内」は16%、「50年超100年以内」は6%で、「来ない」は10%だった。

 肯定的な自由記述としては「数値化やマニュアル化できる部分は早いうちに機械化できる」「専門性が必要な『希少疾患』では人工知能の方が正診率が高い」との指摘があった。

 一方で「インフォームドコンセント(説明と同意)や治療法の選択に関する話し合いは、やはり人と人のコミュニケーションが必要」「人工知能が間違いを起こした際の責任の所在など、法的・倫理的問題のクリアに時間がかかる」と慎重な意見も出された。〔共同〕













【2016/05/29 06:11】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
民泊仲介最大手のエアビー、日本で本格展開 CCCと
一般住宅に旅行客を有料で泊める民泊の仲介世界最大手、米エアビーアンドビーは27日、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と日本事業で提携したと発表した。日本では民泊への逆風も少なくないが、多くの新事業を生み出してきたCCCと組み、市場の本格開拓に乗り出す。


提携を発表したエアビーのゲビア共同創設者(右)とCCCの増田社長(27日、東京都渋谷区)

 両社は都内で記者会見を開いた。エアビーアンドビーの共同創設者、ジョー・ゲビア氏は「(提携で)私たちが想像できないサービスを作り出せる」と述べた。CCCの増田宗昭社長は「日本流の民泊を広めたい」と語った。

 エアビーアンドビーは一般住宅の貸し手と旅行客をインターネットでつなぎ、仲介手数料を得ている。今後CCCの店舗でエアビーアンドビーを紹介する。新しく貸し手に登録した人へ、買い物に使えるCCCの「Tポイント」を貸出金額に応じて提供する。貸し手を増やすのが狙いだ。

 2015年に日本でエアビーアンドビーを利用して滞在した人は14年の5倍の約130万人。訪日客の間ではホテルよりも日本の文化や生活に触れられるとして人気がある。

 ただ、欧米に比べると少ない。世界では200万以上の部屋が登録されているのに日本では約3万5000。旅館業法による規制のほか、民泊を禁止するマンションが増えている。CCCの増田社長は「エアビーアンドビーの本質が理解されていない」とみる。

 CCCは店舗やポイントといった強みをいかし、日本でのエアビーアンドビーの事業拡大を全面的に支援する。

日経新聞











【2016/05/28 06:16】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
錦織2年連続4回戦へ、大坂は敗退 全仏テニス

全仏オープンの男子シングルス3回戦でベルダスコを下した錦織圭(27日、パリ)=共同

 【パリ=共同】テニスの全仏オープン第6日は27日、パリのローランギャロスで行われ、シングルス3回戦の男子で第5シードの錦織圭(日清食品)は世界ランキング52位のフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)に6―3、6―4、3―6、2―6、6―4で勝ち、2年連続で4回戦に進んだ。次は第9シードのリシャール・ガスケ(フランス)とベスト8進出を懸けて対戦する。

 第2シードのアンディ・マリー(英国)、第8シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)も4回戦に進出した。

 女子で世界101位の18歳、大坂なおみは第6シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)に6―4、2―6、3―6で敗れ、四大大会で自身初の4回戦進出はならなかった。












【2016/05/28 06:16】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
奈良は2回戦敗退、ナダルら3回戦へ 全仏テニス第5日

女子シングルス2回戦で、アナ・イバノビッチと対戦しリターンショットを放つ奈良くるみ(26日、パリ)=共同

 【パリ=共同】テニスの全仏オープン第5日は26日、パリのローランギャロスで行われ、女子シングルス2回戦で世界ランキング91位の奈良くるみ(安藤証券)は第14シードのアナ・イバノビッチ(セルビア)に5―7、1―6で敗れ、初の3回戦進出はならなかった。

 男子シングルス2回戦では全仏10度目の優勝を狙う第4シードのラファエル・ナダル(スペイン)、四大大会全制覇を目指す第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)らが順当に勝ち、3回戦へ進んだ。

 女子ダブルスでは土居美咲(ミキハウス)大坂なおみ組が1回戦を勝ち上がった。













【2016/05/27 05:57】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アムナット王座陥落、カシメロが4回KO勝ち
中国・北京で行われたIBF世界フライ級タイトルマッチは、元IBF世界L・フライ級王者で指名挑戦者のジョンリル・カシメロ(フィリピン)が王者アムナット・ルエンロエン(タイ)に4回2分10秒KO勝ち、新チャンピオンに輝いた。アムナットは6度目の防衛に失敗。


アムナットを沈め歓喜のカシメロ

 試合は序盤、アムナットがペースをつかみかけたかに見えたが、4回にカシメロの強打が爆発。左フックを効かせて最初のダウンを奪うと、立ち上がった王者をさらに攻め、最後はレバーに左を叩き込んでフィニッシュした。昨年6月、アムナットのダーティーファイトに屈したカシメロは因縁の再戦を制しての2階級制覇達成。戦績は22勝14KO3敗。

 2014年1月に王座に就いたアムナットは初防衛戦で井岡一翔(井岡=現WBA同級正規チャンピオン)の3階級制覇を阻み、V3戦では五輪2大会連続金メダリスト、中国期待のゾウ・シミンの夢を打ち砕くなど曲者王者として存在感を示してきたが、ついに王座陥落。戦績は17勝5KO1敗。

 同じリングで行われたIBFミニマム級挑戦者決定戦は、5位ホセ・ヒメネス(コロンビア)が元WBC同級王者でIBF3位の熊朝忠(中)に12回判定勝ち。スコアは114-113×2でヒメネス、残りが116-111で熊だった。王者は高山勝成(仲里)からベルトを奪ったホセ・アルグメド(メキシコ)。

BoxingNews












【2016/05/27 05:56】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」のものとされる新たな図面が流出か
9 to 5 Macによると、「iPhone 7」及び「iPhone 7 Plus」のものとされる新たな図面が流出したことが分かりました。


(iPhone 7のものとされる図面)

本体の寸法は基本的に「iPhone 6s/6s Plus」から変わっておらず、唯一、「iPhone 7」の厚みが「iPhone 6s」よりも0.1㎜厚くなっています。

また、デザインについては、過去に流出している図面と同じく、アンテナ用の樹脂のラインがエッジ部分のみとなり、イヤフォンジャックがなくなっている他、「iPhone 7 Plus」はデュアルレンズカメラとSmartConnectorを搭載している事が分かります。


(iPhone 7 Plusのものとされる図面)














【2016/05/27 05:56】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
錦織が3回戦進出、大坂も勝つ 全仏テニス

男子シングルス2回戦 アンドレイ・クズネツォフと対戦する錦織圭(25日、パリ)=共同

 【パリ=共同】テニスの全仏オープン第4日は25日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス2回戦で第5シードの錦織圭(日清食品)が世界ランキング40位のアンドレイ・クズネツォフ(ロシア)に6―3、6―3、6―3で勝ち、2年連続で3回戦に進出した。次は世界52位のフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)とベスト16入りを懸けて対戦する。

 ダニエル太郎(エイブル)は前回覇者で第3シードのスタン・バブリンカ(スイス)に6―7、3―6、4―6で敗れた。

 女子では大坂なおみが世界52位のミリヤナ・ルチッチバロニ(クロアチア)に6―3、6―3で勝ち、四大大会では1月の全豪オープンに続いて3回戦に進出した。














【2016/05/26 06:21】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Apple、年内に13インチと15インチの新「MacBook Pro」を発売か
Appleがハイエンドノート「MacBook Pro」を9~12月期に大幅アップグレードすると、Apple製品予測で定評のある台湾KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が予測した。

 米Appleが第4四半期(10~12月)に大幅刷新の「MacBook Pro」をリリースすると、米9TO5Macが5月23日(現地時間)、Apple製品予測で定評のある台湾KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏の予測と独自の情報源の話を総合してそう伝えた。

 クオ氏によると、新モデルは「より薄く、軽く」なり、デザインは新しい「MacBook」を踏襲し、指紋認証の「Touch ID」をサポートし、キーボード上部にOLEDのディスプレイタッチバーが追加されるという。

 現行モデル通り、13インチと15インチの2種類がそろい、ポートはUSB Type-CとThunderbolt 3になる。


現在のMacBook Proのラインアップ

 クオ氏は、Appleは「MacBook Air」をエントリー向け、MacBookをミッドレンジ、MacBook Proをハイエンドと位置付けるとしている。


現在のMacBookとMacBook Air

 同氏は、MacBook Proに合わせて13インチのMacBookもリリースすると予測している。

ITmedia












【2016/05/26 06:21】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「iPhone 7」用とされる保護ガラスが登場 ー 前面デザインに大きな変更はなし
Pocket-lintが、「iPhone 7」のものとされるガラス製スクリーンプロテクターの写真を公開しています。

th_phpn0dfur
これはCygnettというメーカーのもので、FaceTimeカメラや各種センサー用の穴の位置は「iPhone 6s」と変わっておらず、「iPhone 7」の前面デザインは「iPhone 6s」から大きな変更がないことが予想出来ます。



これが本当に「iPhone 7」の設計に基づいたものかは不明ですが、Cygnettは「iPhone 7」の仕様設計に基づいて作ったものと述べており、Pocket-lintには、Cygnett製の「iPhone 7」用ケースの写真も多数掲載されています。













【2016/05/26 06:20】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ツイッター、140文字の制限を緩和

ツイッターが字数制限の緩和へ

ニューヨーク(CNNMoney) 米短文投稿サイトのツイッターは24日、140文字までとしていた投稿字数制限を緩和して、「@」で始まるユーザー名や写真は制限の対象から外すと発表した。

この措置は数カ月以内に導入する予定で、140文字にカウントするのは文字のみとする。@で始まるユーザー名や写真、画像、ビデオ、投票などはカウントしない。

同社幹部はブログの中で、「これでツイッターでの会話がしやすくなる」「もう単語を切り詰める必要はなくなる」と説明した。

要望の多かったリクエストにも応える方針。例えば「@」で始まる投稿はフォロワー全員に表示されるようになる。これまでは受信した相手のフィードにしか表示されなかったため、ユーザーは全員のフィードに表示させる目的で「.@」の記号を使っていた。


返信は今後も受け取った相手しか見ることはできない。しかしその返信をリツイートして全員に見せられるようにする。

同社は今後もツイッターをさらに使いやすくするための機能を取り入れていく方針。

ツイッターの文字数制限緩和のうわさは何カ月も前から飛び交っていたが、そのためびにジャック・ドーシー最高経営責任者(CEO)が否定していた。

140文字の制限は、携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)でツイッターに投稿できるよう設定された。SMSで送信できるのは160文字まで。ツイッターでは「@ユーザー名」を含めるために、20文字少なくした。














【2016/05/26 06:20】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
本革ベルトと輝くステンレスボディ Apple Watch向け高級ケース「The Watch」発表
ジュラルミン製の高級iPhoneケースを展開するDAQが、Apple Watch向けのステンレスケース「The Watch」を発表した。価格は30万円を超える。

 iPhone向けに、「The Edge」「The Dimple」「The Slit」といったジュラルミン製の超高級ケースを展開するDAQのSQUAIRブランドから、「Apple Watch」の見た目をまったくの別物に変えてしまうオリジナルケース「The Watch」が登場した。価格は38mmモデルが用が32万4000円、42mmモデルが34万5600円(税込)。6月1日から受注を開始する。納品までは2~3カ月かかる。


SQUAIR The Watch

 Apple Watch本体よりもずっと高価なこのケース。本体をカバーする金属パーツはイオンプレーティングされたステンレス「SUS316L」で、本革ストラップはフランスの老舗ジャン・ルソーが手がけたミシシッピアリゲーターをおごる。納品時には、完成した瞬間の「コンプリーションタイム」を刻印し、世界に1つだけの商品となる。

 なお、6月1日から14日までの期間限定で、伊勢丹新宿店メンズ館8階のイセタンメンズ レジデンスにて、「SQUAIR The Watch ポップアップストア」をオープンする。そこでは実機を確認し予約ができるという。













【2016/05/25 06:15】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新型「MacBook Pro」へのTouch IDやタッチバー搭載は確実か ー 別のルートからも情報が確認される
MacBook Proシリーズ
新型「MacBook Pro」へのTouch IDやタッチバー搭載は確実か ー 別のルートからも情報が確認される
2016.5.24 (6時間前の投稿)5
54
23
0
27
2


本日、KGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、「MacBook Pro」シリーズの2016年モデルは薄型軽量の新しいフォームファクタを採用し、キーボード面にはTouch IDと新しい有機ELディスプレイのタッチバーが搭載されると予測していることをお伝えしましたが、その後、9 to 5 Macも独自の情報筋よりこれらの情報を確認したと報じています。



また、Apple Insiderによると、Ming-Chi Kuo氏は、2016年第3四半期(7~9月)に13インチの新しい「MacBook」が発売されるようだとも予測しており、12インチモデルとの違いなどは明らかにされていないものの、12インチモデルと1インチしか変わりがないところが興味深い戦略だと述べています。













【2016/05/25 06:15】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
松山は一つ下がって15位 男子ゴルフ世界ランキング
男子ゴルフの22日付最新世界ランキングが発表され、松山英樹は前週から一つ下がって15位だった。池田勇太は83位、片山晋呉は86位。

 1位ジェーソン・デー(オーストラリア)、2位ジョーダン・スピース(米国)、3位ロリー・マキロイ(英国)ら上位に変動はなかった。〔共同〕












【2016/05/24 06:41】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「9.7インチiPad Pro」の「iOS 9.3.2」更新問題、Appleが修正するとコメント

一部の「9.7インチiPad Pro」で「iOS 9.3.2」にアップデートしようとすると「エラー56」で起動できなくなる問題について、Appleが「少数の端末で発生しているこの問題を可能な限り早く修正する」とコメントした。

米Appleが5月16日に配信した「iOS 9.3.2」のアップデートで一部の「9.7インチiPad Pro」が起動できなくなる問題について、Appleが20日(現地時間)、米iMoreに修正中であるとコメントした。



 Appleの広報担当者がiMoreに対し「われわれは、少数のiPadに影響を与えている問題を修正している。この問題は、iOSのアップデートでエラーが表示されるというものだ。われわれは可能な限り迅速にアップデートをリリースする」と語った。

 この問題についてはAppleのサポートフォーラムでも複数のユーザーが報告している。アップデートの途中で「エラー56」が表示されてiPadが起動できなくなり、いわゆる“文鎮化”するというものだ。

 米MacRumorsによると、Appleは9.7インチiPad Pro向けのiOS 9.3.2アップデートを取り下げたという。現在、まだアップデートしていない同端末で「ソフトウェアアップデート」を確認すると、iOS 9.3.1が最新OSとして表示される。



問題が起きるのは一部の「9.7インチiPad Pro」のみ

 iOSのアップデートでは、iOS 9.3の際も複数のモデルで問題が発生した。この時はすべてのモデルのための修正版アップデートがリリースされるまでに1週間以上かかった。












【2016/05/24 06:40】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
加納陸が最年少記録挑戦、高山勝成とWBO王座決定戦
 WBO世界ミニマム級1位でOPBF同級暫定王者の加納陸(18=大成)が国内最年少世界王座獲得記録の更新を狙って、WBO同級2位で前IBF世界同級王者の高山勝成(33=仲里)と8月20日、兵庫県三田市の駒ケ谷体育館でWBO王座決定戦を行うことが23日、発表された。加納が勝てば井岡弘樹・西日本ボクシング協会長が記録した最年少記録、18歳9ヶ月10日を抜く18歳9ヶ月4日での世界王座獲得となる。


加納(左)と高山が世界王座をかけて新旧対決

 三田市の大成ジムで行われた会見には加納、高山両選手が出席。加納は16歳で海外デビュー。タイ、フィリピンで5勝3KO1敗1分の戦績で、WBAの地域タイトルを獲得。昨年国内デビュー後は5勝2KO。5月8日に元世界王者のメルリト・サビーリョ(フリッピン)とOPBFミニマム級暫定王座戦を戦い、2-1で判定勝利した。この勝利が認められWBOランキングが一気に1位となった。

 加納は「サビーリョに勝って、やっと高山さんと試合ができるところまでこぎつけた。15歳のときにスパーリングに呼んでもらってグローブを合わせたことがあり、あこがれの相手でリスペクトしていますが、おれが勝って世代交代です」と思いを語った。

 今回が日本人選手最多となる世界戦16試合目で、勝てば4度目の世界王者返り咲きとなる高山にも記録更新がかかる一戦。「昨年の大みそかの試合後は目の上の負傷の治療に専念してきた。しっかりコンディションを整えて試合に臨みます。アジアとワールドクラスの差を見せつけたいし、自分の新たな歴史を作っていきます」と余裕の表情で話した。 試合はテレビ大阪が実況中継する。

BoxingNews












【2016/05/24 06:40】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ジュタヌガンが2戦連勝 宮里美香は15位

アリヤ・ジュタヌガンが強さを発揮。初優勝からの2戦連続勝利を遂げた(Hunter Martin/Getty Images)

◇米国女子◇キングスミル選手権 最終日◇キングスミルリゾート・リバーコース(バージニア州)◇6379yd(パー71)

首位から出たアリヤ・ジュタヌガン(タイ)が5バーディ、1ボギーの「67」でプレーし、通算14アンダーとして逃げ切りで優勝した。ツアー初勝利を挙げた「ヨコハマタイヤLPGAクラシック」からの2戦連続優勝となった。

翌日に20歳の誕生日を控えたオー・スヒョン(オーストラリア)が7バーディ、1ボギーの「65」をマークし、通算13アンダーで2位に入った。

3打差を追って8位から出た宮里美香は4バーディ、4ボギーと伸ばせず、通算7アンダー。15位タイで終えた。

横峯さくらは通算5アンダーの24位、上原彩子が通算3アンダーの32位。宮里藍は一つスコアを伸ばして、通算1アンダーの46位だった。今季2勝の野村敏京は通算2オーバーの58位に沈んだ。














【2016/05/23 06:03】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「iPhone 7」の新たなプロトタイプのものとされる筐体の写真が登場 ー 4スピーカーシステムを搭載??

nowhereelseによると、「iPhone 7」のプロトタイプ(試作機)のものとされる筐体の写真がtoutiao.comに掲載されている事が分かりました。



その写真が上記画像ですが、この筐体はイタリアのケースメーカーの「HIGIH CLASSIC」が公開したもので、これまでに出てきている「iPhone 7」のものとされる図面などとはLEDフラッシュの位置が違っており、本体上部には4スピーカーシステム用の穴が開けられています。

また、イヤフォンジャックが無くなっている事も確認出来ます。



ただ、これが本物かどうかは不明で、もし本物だとしても複数作られた試作品のうちの1つと思われる為、実際にこのデザインになるのかは分かりません。











【2016/05/23 06:02】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハンディやルール… ここが変だよ、日本のゴルフ
英国人貿易商アーサー・ヘスケス・グルーム氏が1901年、神戸市の六甲山に4ホールのゴルフ場をつくってから115年。日本は押しも押されもせぬゴルフ大国になりました。現在、国内には約2300強のゴルフ場がありますが、これは米国、英国に次ぐ数字。全世界のおよそ7%のゴルフ場がこの狭い国土にあるというのは驚きですよね。

 日本のゴルフは日本の文化、国民性、社会に対応して独自のスタイルを確立してきました。それは海外でも敬意を持って迎えられている一方で、奇異の目で見られる側面も多々生み出しています。いくつか紹介しながら、これから日本のゴルフが目指す方向を考えたいと思います。

■クラブによって違うハンディの基準

 最初はハンディキャップについてです。多くのゴルファーはハンディキャップといえば、所属しているゴルフコースのいわゆる「クラブハンディ」や、仲間うちで使う「プライベートハンディ」を思い浮かべるでしょう。ロッカールームの入り口に掲げられたハンディキャップボードの上の方に自分の名前があれば、良い気分になるものです。一度でもハンディ4になった人は「自分はハンディ4」とプライドを持っているでしょう。中には年齢を重ねても「絶頂期はハンディ4だった」と昔のハンディを変えないゴルファーもいます。「ハンディを下げたくない人は申し出てください」というクラブもあると聞きます。

 しかし「クラブハンディ」は、あくまでもそのクラブ内でのハンディキャップ、いわば身内だけで通用するハンディです。もちろんクラブの格式など、いろいろな要素はあるものの「同じクラブの仲間でやりたいように決めてください」という性質のものなのです。


ハンディキャップインデックスが普及すれば、ゴルフの楽しみ方がぐっと広がる

 年代や性別に関係なく、いろいろな腕前のプレーヤーが同じフィールドで競えるのがゴルフの特徴であり、最大の魅力です。なぜならば、ハンディキャップのおかげでフェアなゲーム(競技)ができるからです。テニスや野球、サッカーでは、こんなことはできません。他にハンディがあるのはボーリングくらいでしょうか。

 しかし、そのハンディを決める基準(プレーヤーが提出するスコアの質)がクラブごとにばらばらとなると、そのプレーヤーの実力を見極めにくくなります。

 例えばバンカーや池が組み合わされて、複雑なアンジュレーションのグリーンが難しいAカントリークラブのハンディ4の人と、平たんで距離も長くないやさしいBカントリークラブのハンディ4の人が、メンバーでないコースで対戦することになったとします。2人のクラブハンディは同じ4ですが、実力はAクラブの「ハンディ4氏」が上でしょう。では、それぞれハンディをいくつにすれば、フェアなゲームができるのか? これを実現するのがJGA/USGA(日本ゴルフ協会/全米ゴルフ協会)ハンディキャップインデックスなのです。

 インデックスを発行できるゴルフ場や団体に所属するか、JGAの個人会員になり、ゴルフ規則に従ってプレーしたスコアであればインデックス算出に使えます。また取得したインデックスは実際にプレーするコース難易度に応じて変動します。コース難易度はスロープレーティングという数値(最小55、最大155までの整数)で示され、標準的なコースは113と決められています。この数値は同じゴルフ場であっても、ティーの位置によっても異なるので、プレーするコース、使用するティーによって自らのコースハンディを計算できるのです。これによって、インデックスを持っているゴルファーならいつ、誰とでもフェアなゲームが楽しめるわけです。

 インデックスが普及すれば、ゴルフの楽しみ方がぐっと広がります。例えばプロが所属コースでインデックスを取得し、月例会に出場し、アマチュアに混ざって競技に参加することもできますし、異なるコースのメンバーが大勢参加して、普段プレーできないような名門コースを舞台にした大会にも参加できるようになります(実際、米国ではフィル・ミケルソンやタイガー・ウッズが所属しているゴルフ場でインデックスを取って登録しているそうです。プラス7とか8という数字らしいですが……)。

 日本の名門コースでプレーを申し込むと「どなたの紹介ですか」と聞かれますが、海外のコースでは「インデックスをお持ちですか」と聞かれることもあります。インデックスを持っていれば日本だけでなく、海外でも現地ゴルファーとフェアにプレーできます。つまり、ゴルファーのパスポート的な役割・意味も持っているのです。日本国内でもインデックスを持っていれば、日本オープンや女子オープン、シニアオープンにつながるドリームステージにも挑戦できるので、ゴルフの世界が広がるのは間違いありません。


3月の米デル・マッチプレーでプレーする松山英樹=共同

 日本では、まだクラブハンディへのこだわりが抜けきれていないようですが、世界のゴルフ界は確実にインデックスに軸足を移しつつあります。これからはインデックス、つまり世界で通用するハンディを取得して今後のゴルフライフをエンジョイすることが必要なのではないでしょうか。

■「ストロークプレー」に固執しすぎる?

 次に取り上げたいのは「何が何でも自分のボールでホールアウトすることへのこだわり」です。日本のゴルファーは、自分のボールで最後までプレーする「ストロークプレー」に固執しすぎているように思います。欧米ではマッチプレー選手権が行われたり、米欧対抗戦のライダーカップ、米選抜と国際選抜が対戦するプレジデンツカップでは、1つのボールを交互に打っていくフォアサムや、2つのボールでプレーして良いほうのスコアを採用するフォアボールによるマッチが組み込まれたりしています。

 ゴルファーからすると、高いプレーフィーを払っているのに、自分のボールでホールアウトまでプレーできないので消化不良を起こすという事情があるのはわかります。しかし、クラブ競技などではぜひ取り入れてほしいゲーム形式です。

 そこには、まず2人で協力しながら、得意技を生かしてプレーできる面白さがあります。さらに、ライン読みやホール攻略など相談しながら、ボールを打っていく楽しみがあります。普通ゴルフでは相談相手はキャディーしかいませんが、プレーヤー同士チームを組んでプレーする面白さは格別です。普段自分が使い慣れていないボールへの対応力も試されます。

 またフォアサムでは、プレー時間を大幅に短縮することもできます。1ラウンドが3時間程度で終わります。私の見るところ、試してみたゴルファーは皆面白かったといいます。

 ここで強調したいのは「小さい頃からいろいろな競技方法に親しんでいないと世界で通用しない」という点です。日本アマに出てくるような選手でさえ、「フォアサムやったことがないのですが……」という人が多いのでびっくりします。世界を見ると、USGAではフォアボールだけでなく、男女のミックスフォアボール、ミックスフォアサムなども開催されています。

 たとえばミックス競技です。男女が力を合わせて同じ目標を目指すというのは、これからのスポーツで重要な要素です。こうしたプレースタイルはジュニアオリンピックでは採用されているだけでなく、将来の五輪競技候補の一つにもなっているのです。

 他にも、ゴルフにはマッチプレー、スクランブル競技、ステーブルフォード(ポイントターニー)といろいろな競技方法があります。ぜひ、みなさんも一度試してください。今までになかったゴルフの楽しみ方が見つかること、請け合いです。

■前進4打、海外で一様にけげんな表情

 最後はコース上にはびこる奇妙なルールです。スポーツとして、ゲームとしてゴルフの本当の面白さを知るには、プレーヤーは同じルールで競うことが求められます。ルールという制限があるからこそ、ゲームは面白い。もし1チームだけ手を使えたら、サッカーはつまらないボール蹴りになるでしょう。

 ゴルフ場でいえば、ティーショットでOBした際によくある「前進4打」はその代表です。「球はあるがままプレーする」という原則だけでは、OBゾーンにボールが入った時点でゲームが終わってしまいます。しかし、それでは競技としてあまりにも残酷なので、「OBした分のペナルティーを払って、ゲームに復帰してもいいですよ」という考えなのです。つまりペナルティーは救済でもあるのです。

 ゴルフというゲームで距離は重要な要素ですから、元に打った地点よりホールに近い場所から次のプレーが行われるというのは、「距離をズルしている」のと同じになってしまいます。海外から見ると「前進4打」の話を聞くと、一様にけげんな表情をします。「ペナルティーを払えば、距離をズルしてホールに近づける(プレーヤーでなくコースがそう決めている)」というロジックが理解できないからです。日本ではコース内にOBゾーンがあるコースがたくさんありますが、これも海外ではなかなか理解できません。なぜならOBはアウトオブバウンズ、つまりコースの敷地外のことをいってるからです。プレーの進行だけを考えてコースの中にOB杭(くい)を立てることは本来とは違うことなのです。

 「手を使うサッカー」の話をしましたが、ツアーの第一線で活躍するプロと契約するような有名メーカーが高反発規制違反ドライバーを「違反クラブですが」といいながら堂々と販売していることも、海外では奇異の目でみられています。「ドライバーは1ヤードでも人より飛べば気持ちいいじゃない」「競技に出るわけじゃないから堅いこと言わないで」という声が聞こえてきそうですが、それは「競技に出なければ、ルール違反クラブを使ってよい」ということにつながります。また、「ルール違反クラブでも売れればよい」「ズルしてもよいから、ウチのクラブを買ってください」ということになります。スポーツやゲームはルールがあるから面白いのだと思うのです。

 それ以外にもゴルフ場利用税、国家公務員のゴルフ禁止、ハーフを終えての強制的な昼食、何となくおカネのにおいがする会員権、環境問題など、日本のゴルフの「ヘン」はたくさんあります。こうした問題は書き出すときりがないので、今回はゲームに限ってお話しました。

 ゴルフが審判がいなくても成立するゲームです。その理由をルールブックでは、まず冒頭のページで、「ゴルフはフェアプレーを重んじるスポーツであり、ゴルファーはみな誠実で故意に不正をおかす者はいない」と書かれ、また第1章エチケットで「ゴルフゲームはプレーヤーの一人一人が……ゴルフ規則を守ってプレーするというその誠実さに頼っている。プレーヤーは……礼儀正しさとスポーツマンシップを常に示しながら洗練されたマナーで立ちふるまうべきである。これこそが正に、ゴルフの精神なのである」と説明しています。

 この「ゴルフの精神」から逸脱した奇妙な救済措置や違反クラブを見るとき、「日本のゴルフは100年を超える歴史と伝統を誇る文化だ」と胸を張って世界に宣言できるかどうか。ゴルフ人口減少や男子トーナメント低迷などで「日本のゴルフを何とかしなければ」という機運が高まる中、もう一度考えるべきテーマだと思うのです。



日経新聞

公益財団法人ゴルフ協会専務理事 山中博史












【2016/05/22 06:09】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気迫で圧倒、白鵬37度目V 稀勢快進撃や1000勝が支え
 24時間前に最高潮に達した優勝争いの高揚は、空気を入れすぎた風船がはじけるように、あっけなく消えた。


白鵬(右)が寄り切りで日馬富士を破る。この後、稀勢の里が敗れ優勝(両国国技館)=共同

 白鵬の出番は結びの1つ前。日馬富士との相撲は後手に回った。立ち合い許した左上手から立て続けに投げを打たれ、頭をつけられる。苦しい体勢で動きが止まったが、足を飛ばしての右下手投げで状況を打開。もろ差しからの鋭い出足で寄り切った。豊富な技を次々と繰り出すスピード感と勝負勘はこの横綱の真骨頂だ。

 土俵下から見守った結び。前日の全勝対決で下した稀勢の里が鶴竜に敗れ、優勝が決まった。終わってみれば悠々と切った37度目のゴールテープ。「どんな形でも優勝は優勝。江戸(東京)では1年半ぶりだし、素直にうれしい」と笑った。

 4月末の横綱審議委員会稽古総見では左膝の痛みで土俵に上がらなかった。万全ではない体調を補ったのは「気迫ですかね」と白鵬。誰よりも闘志をかき立てる存在の稀勢の里の快進撃が、最強の横綱をさらに強くした感もあった。

 2日目には歴代最多を更新する幕内880勝目を挙げた。春場所2日目からの連勝は28まで伸び、名古屋での達成を目指す通算1千勝には残り14と迫る。「大鵬さんの記録(優勝32回)を抜いてからはそういう記録がモチベーションになって救ってくれている」

 昨年の夏場所では7歳年下の照ノ富士が日の出の勢いで初優勝し、新時代の到来を予感させた。それから1年、角界は変わらず白鵬時代のただ中にある。

日経新聞












【2016/05/22 06:09】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
次世代ズムウォルト級駆逐艦、一番艦を米海軍に引き渡し

ズムウォルト級ステルス駆逐艦

(CNN) 米軍事大手ゼネラル・ダイナミクス社は20日、メーン州にあるバス・アイアンワークス造船所で、最新鋭のズムウォルト級ステルス駆逐艦の一番艦を米海軍に引き渡した。10月15日にメリーランド州ボルティモアで就役し、正式に「USSズムウォルト」となる見通し。

海軍のジェームス・カーク大佐は声明で、「ズムウォルトの乗組員はこの日のため数カ月間、欠かさず訓練を続けてきた。米海軍を代表してこの艦船の運航を担う準備はできており、興奮している」と述べた。

同艦は全長約185メートルで排水量は1万5700トン。ゼネラル・ダイナミクス社によると、レーダーに最小限しか探知されないステルス性や、内部の静粛性に優れた船体、波浪貫通型の船首を備えている。

また、78メガワットの電力を発電することも可能で、現在開発中のエネルギー指向型ビームや電磁レールガンを将来的に搭載するのに適しているという。

ズムウォルト級駆逐艦のプログラム責任者、海軍のジム・ダウニー少将は、同艦に洗練された新技術の数々が統合されている点を指摘。その最新鋭のデザインと合わせ、海軍の次世代を担う能力を持つとしている。

メーン州では、ズムウォルト級の艦船「マイケル・モンスーア」と「リンドン・B・ジョンソン」の2隻も建設中。3隻の建造費は計約225億ドル(約2兆4700億円)に上ると予想されている。

ズムウォルト級は当初、32隻を建造する予定だったが、建造されるのは3隻にとどまる見通しであることから価格が高騰。アナリストの中にはズムウォルト級の長期的な価値を疑問視する声も多く、海軍は現在、アーレイ・バーク級駆逐艦の刷新に努めている。













【2016/05/22 06:09】 | Muscle Blog | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「iOS 10」は刷新された新しいロック画面が特徴に??
過去に様々な情報をリークした実績があるSonnyDickson氏が、信頼出来る情報筋の話として、「iOS 10」は完全に新しいロック画面が特徴になると明らかにしています。



それ以上のことは語られていない為、詳細は不明ですが、もし本当であれば「iOS」のリリース以来大きな変化がないロック画面が刷新される可能性があります。

同氏は昨日にも、Appleは「iOS 10」を物理式ホームボタンなしでテストしているようだと報告していましたが、これら情報の信憑性は不明です。













【2016/05/22 06:09】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
錦織「準備できている」 全仏テニス上位進出へ自信

全仏オープンの開幕を控え、記者会見で笑顔の錦織圭(20日、パリ)=共同

 【パリ=共同】テニスの四大大会第2戦、全仏オープンの開幕を2日後に控えた20日、男子シングルスに第5シードで臨む錦織圭(日清食品)が記者会見を行い「体調面は問題ないし、テニスもまたいいリズムで来ている。準備はできている」と意気込みを語った。

 前哨戦のイタリア国際では、準々決勝で右の股関節を痛めた。この1週間は疲れを取ることを重点に置いて、しっかりと調整を進めてきた。「心配な部分があったが、大丈夫そうなので」と不安を打ち消した。

 今季はクレー3大会で、すべてベスト4以上と好調だ。「例年以上にクレーで出来が良かった。自然といい形でここに入れた」と全仏での上位進出へ自信をのぞかせた。













【2016/05/21 06:02】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ウエアラブル端末シェア アップル3位に転落

ビットが王座を譲らない。

 スマートフォン(スマホ)やタブレット(多機能携帯端末)と同じように、ウエアラブル端末市場でも大手企業が支配すると予測されていたが、中堅のフィットビットが首位を維持している。2016年第1四半期にはフィットビットがまたしても1位となり、中国の小米(シャオミ)が米アップルから2位の座を奪った。

 第1四半期のウエアラブル端末の世界出荷台数は計1970万台で、前年同期の1180万台から67.2%増えた。

■フィットビット、4分の1のシェア握る

 この市場はまだ日が浅いため、上位5社の順位はほぼ毎四半期入れ替わる。米調査会社IDCがまとめた最新のデータは表の通りだ。

 この表で示したように、フィットビットの出荷台数は前年同期比で100万台増えたものの(合計では480万台)、市場シェアは32.6%から24.5%へと8.1ポイント下がった。それでもなお、同社は全体の4分の1近いシェアを握っている。


ウエアラブル端末メーカー上位5社、出荷台数、市場シェア、前年同期比での伸び率 16年第1四半期(単位:100万台)=IDCの調査データより

 IDCが指摘する通り、フィットビットは16年に入ってもウエアラブル市場の紛れもないリーダーだ。同社の新製品「アルタ」と「ブレイズ」の出荷台数はそれぞれ100万台を突破。これまで成功を収めてきた「サージ」「チャージ」「チャージHR」「フレックス」の出荷台数が減少したのは自然の成り行きだ。

 シャオミも出荷台数を110万台増やしたが、市場シェアは22.4%から19.0%へと3.4ポイント下がった。同社は手ごろな価格の活動量計に心拍計を新たに搭載したり、親が子どもの居場所を追跡できる子ども向けウオッチを発売したりして、製品のラインアップを拡充している。こうした取り組みが奏功して2位の座をつかむことができたものの、成功しているのは中国国内だけで、海外への事業拡大は難しいとIDCはみている。

■アップル、3四半期にわたって2位を維持

 一方、第1四半期のアップルの出荷台数は150万台にとどまり、市場シェアは7.5%だった。(発売から1年未満のため)前年同期との比較はできないが、「アップルウオッチ」の出荷台数が15年第2四半期には360万台、第3四半期には390万台、第4四半期には410万台と発売から3四半期にわたって2位を維持したことは注目に値する。16年第1四半期は例外のようだが「アップルウオッチ2」で今回の出荷台数の減少がトレンドにならないようにする必要がある。

 IDCのラモン・ラマス氏は声明で「好材料はウエアラブル市場が成熟と拡大を続けている点だ」と指摘。「今のウエアラブル端末はこの市場がスタートしたときよりも数段進歩しており、形や機能、ファッションも進化しつつある。これがウエアラブル端末の価値を維持している。市場が混み合ってきたため、誰もが成功を保証されるわけではない点は懸念材料だ」と語った。

 米ガーミンのシェアは1.5ポイント減の4.6%だった。同社のリストバンドや腕時計は幅広いアスリートにアピールしており、サイクリスト向けに同社初のサングラス装着型端末「バリアビジョン・インサイトディスプレー」も発売している。

 韓国サムスン電子は2.2ポイント減の3.6%で、スマートウオッチ「ギアS2」と「ギアS2クラシック」で生き延びている。中国のBBK(歩歩高)は子ども向け腕時計型電話「Y01」「Y02」でサムスンと並び、2度目のトップ5入りを果たした。

 ウエアラブル市場の成長は、スマートウオッチとベーシックなウエアラブル端末(サードパーティーのアプリを搭載していない端末)の2つのカテゴリーに分類されるとIDCは指摘する。

 言い換えれば、ウエアラブル端末には現在、万能型と専門型がある。IDCは価格と性能が違うためこの2つは共存できるとしているが、この状態が長く続くとは思えない。

By Emil Protalinski

(最新テクノロジーを扱う米国のオンラインメディア「ベンチャービート」から転載)













【2016/05/21 06:02】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Apple、「iOS 10」をセンサー式ホームボタンをテスト中??
過去に様々な情報をリークした実績があるSonnyDickson氏が、信頼出来る情報筋の話として、Appleは「iOS 10」を物理式ホームボタンなしでテストしているようだと報告しています。



「iOS 10」ということは今秋発売の「iPhone 7」で物理式ホームボタンを廃止し、センサー式ホームボタンでも採用する計画なのでしょうか。

今回の情報からはホームボタンがタッチセンサー式が採用されるのかどうかは不明ですが、将来的にホームボタンがタッチセンサー式になるとの情報は過去に何度か出てきています。















【2016/05/21 06:02】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ