SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
雇用保険、国庫負担を圧縮 財務省が社会保障財源調整
財務省は消費増税の再延期で目算が狂った2017年度予算の社会保障財源を調整する作業に入った。保育士や介護士の待遇を改善するための1000億円は雇用保険の積立金への国庫繰り入れを減らしてひねり出す。年金受給資格の短縮に必要な年650億円程度の財源にもめどをつけた。規模の大きい低年金者への給付措置などの実現は不透明になっている。



 国は雇用保険に毎年、1500億円程度の予算を繰り入れている。アベノミクスによる雇用情勢の改善を背景に失業給付が減った結果、雇用保険の積立金は6兆円を超えている。財務省は雇用情勢が好調な数年間は国からの繰り入れを縮小すべきだと主張している。

 すでに労使が折半する保険料については8月2日にまとめる経済対策に消費喚起策として0.2ポイント、3400億円分の引き下げを盛り、17年度予算案に計上する方針だ。

 財務省は労使だけでなく、国の負担についても年1500億円の繰り入れ分を500億円程度に縮小し、1000億円程度の差額を介護士や保育士の処遇改善に回す考えだ。年末に向けて経済界などと調整を進める。

 年金の受給資格の短縮にかかる財源にもめどを付けた。受給資格を現行の25年から10年に縮めて無年金者を減らすために年650億円程度の財源が必要だ。政府は秋に提出する2016年度2次補正予算案で、2年半分にあたる1万5000円の「簡素な給付」を一括計上する。来年度以降の予算案で予定していた年1320億円の財源が浮く格好となったため、これを充てる。

 50万人分に拡大する保育の受け皿整備にかかる1000億円の財源も確保した。13年に成立した社会保障改革プログラム法に基づき、社会保障の効率化を進めた結果、受け皿整備の同額にあたる1000億円が捻出できると見ている。

 一方、消費税率の10%引き上げ時に予定していた年最大6万円の低年金者への給付措置や国民健康保険の財政支援の強化、低所得者の介護保険料の軽減にかかる財源のめどはまだ立っていない。安倍晋三首相は6月の増税延期の記者会見で「最大限実現できるよう努力する」と語っていたが、財源が確保できない場合は実施を見送る方向となりそうだ。

 ただ厳しい財政事情に見舞われている地方自治体には国保の財源強化を予定通り実施すべきだとの声がある。年末に向けた予算編成では充実策の是非を巡る国と地方の駆け引きが激しくなりそうだ。


日経新聞












スポンサーサイト
【2016/07/31 06:52】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「Pokemon GO」の大ヒットでAppleが手にする利益は30億ドル アナリストが推計

「Pokemon GO」の大ヒットでAppleが手にする利益は30億ドル アナリストが推計

「Pokemon GO」により、Appleは向こう1~2年で30億ドルの利益を得ることになりそうだ。
[ニューヨーク 21日 ロイター]

 スマートフォン向けゲーム「Pokemon GO」の爆発的ヒットにより、米Appleは向こう1~2年で30億ドルの利益を得ることになる、と証券会社Needham & Coが予想している。


ロシア・クラスノヤルスクの銀行ATMで、7月20日 REUTERS/Ilya Naymushin

 Pokemon GOは任天堂が提供する拡張現実(AR)ゲーム。ダウンロードは無料だが、「ポケコイン」という仮想通貨を使えば、追加機能を購入できる。iPhoneユーザーはAppleのアプリストアからポケコインを購入する。

 Appleのアプリストアでは100ポケコインが99セントで販売されているが、1万4500ポケコインを購入するとすれば価格は99ドル99セントだ(http://apple.co/29j1uDa)。

 Needhamのアナリストであるローラ・マーティン氏は7月20日、顧客向けのメモで次のように指摘している。「AppleはiOSデバイスで発生するPokemon GO関連の売り上げの30%を受け取ることになるので、相当の収益増につながるだろう」

 配信開始から2週間足らずの7月18日の時点で、Pokemon GOのアクティブユーザー数は米国内だけで既に2100万人に達している。

 Pokemon GOは現在35カ国で提供されており、Androidデバイスでも利用できる。

 マーティン氏によれば、Pokemon GOの課金ユーザーが全ユーザーに占める割合は、かつてアイルランドのKing Digitalが開発した大ヒットゲーム『Candy Crush』の10倍にのぼるという。Candy Crushは2013年と2014年にそれぞれ10億ドル以上の売上高を記録している。

 調査会社Sensor Towerによれば、米国のユーザーがPokemon GOのプレイに費やす時間はFacebookやWhatsAppに費やす時間よりもはるかに長くなっている(http://bit.ly/29EQaj0)。

 電化製品の小売り店でも、Pokemon GOのリリース以降、モバイルチャージャーや充電ケースなどの売り上げが急増しているという。

 7月6日に米国でPokemon GOがリリースされて以来、19日の取引終了時点までにAppleの株価は5%上昇し、時価総額は約250億ドル増えた。任天堂の株価はほぼ2倍に急騰している。












【2016/07/31 06:52】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
人気再燃 ポケモンGOの兄貴分
スマートフォン(スマホ)ゲーム「ポケモンGO」のブームを受け、日本の一部プレーヤーが同じ米ナイアンティックが開発した他のゲームにも飛び付いている。全地球測位システム(GPS)の位置情報を使ったナイアンティックのゲーム「イングレス」のダウンロード数が日本で6位になったことが、米調査会社センサータワーのまとめで明らかになった。グーグルマップを活用してポケモンを捕まえるポケモンGOが先週後半に配信を開始したのを受け、"先輩"のイングレスも先週末に日本でトップ10入りを果たしたわけだ。イングレスの人気が再燃しているのは日本だけで、他の大半の国では上位50位に入っていない。

■ポケモンGOの露払い


イベントのために集まったイングレスのプレーヤー(C)Niantic

 ポケモンGOは世界の30を超える国や地域で「iOS」と「アンドロイド」におけるダウンロード数と売り上げが首位に立っており、年商369億ドルのモバイルゲーム業界を席巻しつつある。

 イングレスはプレーヤーが近所や町、都市を歩き回り、周りに点在する重要な場所「ポータル」やアイテムを探すゲーム。スマホのGPSを使ってプレーヤーの位置を追跡し、ポータルの近くにいるかを知らせてくれる。近くにいる場合には、(他のプレーヤーと) 交流したり、2つのチームのうちの一方のためにポータルを獲得したりできる。

 ナイアンティックはイングレスをベースにしてポケモンGOを開発した。このため、ポケモンGOの「ポケストップ」(アイテムを入手できる場所)や「ジム」(ポケモン同士が対戦できる場所)の多くはイングレスのポータルと同じ場所にある。

 ポケモンGOは配信後すぐに社会現象となったが、世界の大半の人はナイアンティックのイングレスに対する成果に気付いていない。だが日本では、イングレスへの関心が再び高まっている。

 日本でイングレスの人気が高まったのは今回が初めてではない。2012年の配信開始時にも多くのファンがいた。伊藤園はイングレスをテーマにした自動販売機をつくり、なお東京で稼働している。

 日本でイングレスが復活したことは、一部プレーヤーが一匹の「イシツブテ」で二羽の「ポッポ」を倒すために(注:いずれもポケモンのキャラクター。両ゲームをすれば一石二鳥という意味)、ポケモンGOと共にイングレスもダウンロードしていることを示唆している。

By Jeff Grubb

(最新テクノロジーを扱う米国のオンラインメディア「ベンチャービート」から転載)












【2016/07/30 06:22】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
7」に同梱されると噂のLightningヘッドフォンジャックアダプタが流出か
ではイヤフォンジャックが廃止され、Lightningヘッドフォンジャックのアダプタが同梱されると言われていますが、ベトナムのTinhte.vnが、Foxconnの工場から入手したとされるLightningヘッドフォンジャックアダプタの写真や映像を公開しています。



このアダプタは「iOS 10」でのみ認識されるようになっており、Lightningコネクタの内部はシールドに覆われており詳細は不明ですが、DACが内蔵されている可能性もあります。

なお、同サイトは過去にも正確な情報をリークした実績があり、今回のアダプタも本物である可能性が高いかもしれません。












【2016/07/30 06:22】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
iPhone、販売台数10億台を突破 発売から9年

iPhoneの販売台数が10億台を突破した

ニューヨーク(CNNMoney) 米アップルは27日、主力商品の「iPhone(アイフォーン)」の販売台数が10億台を突破したと明らかにした。発売から9年での達成となった。
アップルのクック最高経営責任者(CEO)は従業員とのミーティングで、同社は違いを生み出す最高の製品を作り出すことに取り組んできたと語り、「毎日、世界を変革することを手助けしているアップルの全員に感謝する」と述べたという。

iPhoneの成功がアップルの時価総額世界一につながった。iPhoneはアップルの売り上げの大部分を占める。

しかし、アップルが先ごろ発表した4~6月期の決算では、iPhoneの販売台数は4040万台と前年同期の4800万台から大きく落ち込んだ。こうした影響もあり、アップルは2四半期連続の減収を記録している。

次期iPhoneの登場は今秋とみられており、販売台数が持ち直すか注目が集まっている。














【2016/07/29 05:45】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ARに脚光 ポケモンGOが進化を後押し
国内で7月22日に配信が始まったスマートフォン(スマホ)向け位置ゲーム「ポケモンGO」。ゲーム内のキャラクターである「ポケモン」を収集するため、多くの人達がスマホをのぞき込みながら街や公園を歩き回る姿は、社会現象になった。


ARモードで撮影した「ニョロモ」(タイプ:みず)

 ポケモンGOは、拡張現実(AR)機能を使ってスマホの画面にポケモンを表示する。AR機能をオンにしてプレーすると、スマホのカメラで撮影した街角や自宅の部屋に、あたかもポケモンが存在しているかのように見える。

 これまで、ごく一部の人々にしか認知されていなかったAR技術を、ゲームに取り入れることで一気に身近な技術へと変えたポケモンGOの功績は多大といえる。今後登場する本格的なAR技術にとっても、大きな意味を持つ。以下では、ポケモンGOが採用したAR技術をひもときつつ、ARの進化の方向を解説する。

■2種類のAR技術を活用

 本題に入る前に、誤解がないよう関連技術を整理しておこう。ARと似た響きの技術に「VR(バーチャルリアリティー・仮想現実)」がある。VRは、ゴーグル型の「ヘッドマウントディスプレー」を使って人の視界を覆い、コンピューター映像を見せることで現実世界と人工的な世界を差し替える。米オキュラスの「リフト」やソニー・インタラクティブエンタテインメントの「プレイステーションVR」など、主に3次元ゲームを楽しむ目的でいくつか製品化されている。一方のARは、現実世界の映像に特定のコンピューター映像を重ねて表示する。先行しているVRに対し、ARは後に続いて普及する技術と考えられている。


ポケモンGOのマップ例。駅前の「ポケスポット」には、ポケモンを引き寄せる多数の「ルアーモジュール」が仕掛けられていた

 仮想世界の映像のみを表示・視聴できるようにするVRに対し、ARはリアルな世界の映像とコンピューターで描画した映像を重ね合わせなければならない。そのため、ARはVRより技術的な複雑さが増す。実現するには様々な困難がある。

 ポケモンGOの場合、2種類のAR技術を使っている。一つは、グーグルマップをベースにした全地球測位システム(GPS)による「位置情報」技術であり、もう一つがスマホ内蔵のカメラを使った技術だ。

 GPSを使った技術は、ポケモンGOを開発した米ナイアンティックが2013年にリリースした位置ゲーム「イングレス」と同様の仕組みを使っている。イングレスは、ダウンロード数が世界で1400万(16年2月時点)を超える人気ゲームのため、これまで数多くのフィードバックがあったこともあり、位置情報技術の完成度は極めて高い。

 一方、カメラを使ったAR技術は、実はそれほど高度ではない。ポケモンを捕まえるモードに切り替わった際に、カメラの映像(リアル世界の風景)とポケモンのコンピューター画像を組み合わせているにすぎず、ゲーム性を左右するような効果的な活用法とはいいがたい。それにもかかわらずAR効果は絶大で、スマホの画面を見ていると、ポケモンがあたかも現実世界に現れたかのように錯覚する。

 ポケモンGOが全世界で大きな話題となった一つの理由が、この現実世界と重ね合わせたAR映像の魅力にあることは間違いない。アプリには、ポケモンが登場した状態でスクリーンショット(画面イメージ)を撮影する機能が付いている。ツイッターやフェイスブックなどの交流サイト(SNS)にユーザーが撮影した写真が投稿されたことで、口コミを通じてポケモンGOの魅力は急速に広まった。SNS上には、何でもない街中をポケモンがウロウロしているように見える画像や、ネコがポケモンに飛びかかろうとしている画像などが次々とアップされている。

 ただし、ポケモンGOが採用したAR映像は進化の途上段階であり、かなり大ざっぱな代物だ。スマホが前後左右に揺れると、ポケモンの位置を同じ位置で表示させ続けることができない。「リアルな世界に隠れているポケモンを探し出す」というより、その雰囲気だけ味わっているというのが実情だ。


ゴーグル型のAR機器「ホロレンズ」を装着した状態

■ユーザーが見せるポケモンGOの次の可能性

 ポケモンGOより一足早く、よりリアルなARを実現した例も登場している。米マイクロソフトが4月に開発者向けにリリースしたゴーグル型のAR機器「ホロレンズ」向けにユーザーが開発したアプリがそれだ。

 同アプリは、ホロレンズ搭載の専用カメラとセンサーを使って、現実の空間にある物体をスキャンし、コンピューターで扱える座標情報へと変換する。そこに、コンピューター映像を重ねることで、リアルな世界の映像とコンピューター画像をシンクロさせることが可能になる。一度、リアルな空間に配置したコンピューター画像は、スマホを揺らしても、別の方向を向いても、その座標を記憶しているため、本当に現実空間にあるかのように感じられる。


ロブステリ氏が開発した、ホロレンズ向けアプリのデモ画面

 オランダ・アムステルダム在住のデビッド・ロブステリ氏は、7月14日にツイッター上で、完全なARを実現したポケモンGOのデモの様子を動画サイトで公表した。動画の中では、室内外にいるピカチュウを探して捕らえるまでの様子が映像になっている。登場するポケモンは、特定の座標に正確に固定されているために、ホロレンズを装着した頭を動かしても、ポケモンが現実空間にいる座標は変化しない。そのため、現実にポケモンが存在しているかのように感じる。同氏以外にも、ホロレンズを使ってポケモンを現実世界に登場させようという試みを行っているユーザーが少なからずいる。

 もちろん、これらデモの技術が正式にポケモンGOに採用されることはないだろう。しかし、ポケモンGOの登場が、AR開発者たちを大きく刺激していることは間違いない。

■グーグルも参入、本格AR「タンゴ」


16年3月のゲーム開発者会議(GDC)で公開された「タンゴ」のデモの様子。リアルな空間をコンピューター映像で上書きしているが、魅力が伝わりにくい

 グーグルも、ホロレンズと同様に現実世界をスキャンしてコンピューター映像を正確に重ねて表示できる「タンゴ(Tango)」と呼ぶスマホ向けAR技術を開発中だ。本稿執筆時点では、「対応スマホが1機種、9月から米国で発売になる」と発表されたばかりの段階であり、一部の技術者をのぞきタンゴは広く知られていない。当該技術が一般的なスマホに搭載されるまでには数年かかると考えられている。活用法も含め、ARは一般的な理解が得られている段階からはかなりほど遠い。

 しかし、ポケモンGOの登場によって「ARとは何か」が、一気に広まった。多くの人にとってARは見知らぬ技術ではなく、見たことのある技術に変わったのだ。

 開発元のナイアンティックは、グーグルからスピンアウトしたベンチャー企業だ。ポケモンGOが、いずれタンゴに対応することは想像に難くない。最新AR技術を取り入れ、より魅力的なゲームに進化したポケモンGOが登場する日は、そう遠くない。


日経新聞














【2016/07/29 05:45】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新型「MacBook Air」はUSBーCポートを搭載へ
Appleは「MacBook Air」にUSB-Cインターフェースを採用することを決定したようだと報じています。



記事では他のノートPCベンダーは、USB-Cの採用には慎重で、2017年までは主流にならないとみられており、その理由としては、従来よりも大きな電流を特徴とする為、放熱の問題があることや、より高速なデータ転送が可能であるものの、それに対応するチップなどの部品が高コストであることが挙げられています。

なお、現時点で、Apple以外にUSB-Cを採用することを決めたのはASUSとHPの2社だそうです。















【2016/07/29 05:45】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アマゾン、ドローン宅配の実験へ 英当局が協力

アマゾンが空から配達する日も近い?
2016.07.27 Wed posted at 15:33 JST

ロンドン(CNNMoney) 米通販大手アマゾンは26日、小型無人飛行機(ドローン)を使った宅配サービスの実用化に向け、英民間航空局(CAA)から実験、開発に必要な許可を得たことを明らかにした。

CAAの許可により、ドローンを操縦担当者の視界が届かない場所で飛ばすことが可能になる。さらに障害物の回避に使うセンサーの実験や、1人の担当者が複数のドローンを操縦する試験飛行にも許可が下りた。

アマゾンは2013年12月に商品をドローンで宅配する「プライム・エアー」というサービスを発表し、何度か実験も試みてきた。しかし米国をはじめとする当局の規制に阻まれ、計画は思うように進んでいない。

アマゾンのポール・マイズナー副社長は「消費者や業界、社会に恩恵をもたらすドローン技術に、英国が道を開いた」と述べた。

プライム・エアーは重量25キロ以下の高度に自動化されたドローンを、航空路や人口密集地の上空を除く地上120メートル以下の空域で飛ばす計画。英国でのサービスは、重さ約2.3キロまでの商品を注文から30分以内に届けることをめざす。















【2016/07/28 05:59】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
日本女子ツアー、世界のトップを目指せ
開幕が間近となったリオデジャネイロ五輪だが、世界の男子ツアーのトップ選手の辞退が相次いだ。ゴルフの世界ランキング首位に立つJ・デー(オーストラリア)、D・ジョンソン、J・スピース(ともに米国)、R・マキロイ(英国)、いち早く表明したA・スコット(オーストラリア)、そして日本の松山英樹。辞退の理由はジカ熱、治安への懸念等である。四大メジャーがある男子ゴルフ界にとって、オリンピックの価値は低いということであろう。


賞金ランク1位のイ・ボミをはじめ、女子ツアーの選手はギャラリーへの対応も素晴らしい

■宮里藍が女子ツアー人気のきっかけに

 一方、女子は世界ランクの上位者が出場する。ジカ熱、治安への懸念は女性のほうが大きいと思うが、国や地域を代表するオリンピックの価値を高く見ていることにほかならない。米国の女子ツアーの人気は男子に比べて低いだけに、グローバルで注目されるオリンピックにかける気持ちが強いのだろう。男子と女子との間にあるこれだけの違い……。そこでふと思う。ツアーを取り巻く人気という側面を考えれば、男女の違いは米国に限ったわけではないと。日本では女子ツアーが盛況だが、なぜ人気なのだろう。

 現在の日本女子ツアー人気のきっかけは、2003年9月、当時、宮城・東北高3年だった宮里藍がミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンでツアー初優勝を果たしたことに始まる。アマチュアの優勝は、1973年の清元登子以来30年ぶりで、史上2人目だった。現在に続く女子ツアー人気の始まりである。

 宮里藍はプロに転向した翌年の04年は年間5勝した。その活躍に刺激されたように、同世代の横峯さくら、諸見里しのぶら若手が次々と登場した。華やかで若い女子プロの活躍で、ツアーが活気づき注目を浴びた。試合数も03年には30試合だったが、16年は38試合に増加し、賞金総額は35億2000万円と4年連続で過去最高を更新した。国内男子ツアーの低迷ぶりとは好対照である。


宮里藍の活躍が、現在に続く女子ツアー人気の始まりだった=共同

■見過ごせないスポンサー側のメリット

 しかし、人気があるといっても、ツアーを主催する企業・スポンサーが集まらなければ大会を開催し、継続することはできない。企業にとっては費用対効果が重要になってくる。まず、賞金総額がスポンサーにとっては明確な目安となる。昨年の日本女子ツアーの試合数は37試合で賞金総額は33億7000万円。男子ツアーは25試合で約33億1000万円。1試合当たりの平均賞金総額を計算してみると女子が9108万円。男子が1億3240万円で、女子の方が割安だ。テレビの視聴率をみてみると、日本ゴルフトーナメント振興協会(GTPA)のまとめでは、昨年の関東地区の平均視聴率(日曜日)は女子が5.9%。男子が5.1%。女子の方が費用対効果は高いといえる。

 また、スポンサーにとっての見過ごせないメリットとしてプロ・アマ戦の開催が指摘される。女子ツアーのホスピタリティーは高く、ギャラリーへの対応も素晴らしい。サインはもちろん、トップ選手でも笑顔で応援にこたえ、ファンの心をつかんでいる。プロ・アマ競技は、主催者にとって、大事なお客様とのコミュニケーションの場であるが、日本女子プロゴルフ協会では樋口久子前会長時代から「主催者あってのトーナメント」という姿勢を強く打ち出している。

 女子ツアーのトーナメント規定ではプロ・アマに選ばれた選手はこれに欠場すると本選に出場できないと明記されている。プロ・アマ時にはプロのコースでの練習も禁止。参加しているお客様へのケア、レッスンに集中させているのだ。選手のパーティーへの参加なども徹底されている。スポンサー企業は取引先を女子ツアーに招いてもいる。女子ツアーをサポートすることが企業のイメージアップにつながるのだ。


世界ランク1位のリディア・コ。強豪があこがれる日本女子ツアーを目指すべきだ=共同

 一方、女子選手からみたゴルフの魅力は何だろうか。そのひとつの要素が「稼げるスポーツ」であることだと思っている。毎週のように開催されている女子ゴルフのようなプロスポーツは少ない。女子サッカーの世界では元日本代表の澤穂希さんの活躍が記憶に新しいが、選手が安定した収入を得るのは厳しいと聞く。フィギュアスケートでは浅田真央の華やかな姿を思い浮かべるが、冬季に開催され、万人にとって身近なスポーツといいきれるかどうか……。その中で、ゴルフは、女性にとってお金を稼げるスポーツといえる。とくに、女子プロの平均年齢は下がってきており、高校生がツアーで活躍するなど、若手にとって身近なプロスポーツとなってきている。有望な選手が継続して参入して来る理由の一つである。

■世界の強い選手が集まる女子ツアーに

 多くのスポンサーがつき、イ・ボミら韓国勢をはじめ、様々な国・地域の選手が日本ツアーに参戦している。日本に限れば男子ツアーに肉薄するほど魅力あふれる女子ツアーを、さらに発展させるにはどのような方策があるだろうか?

 日本という国の治安の良さ、日本人の礼儀正しさ、そして食べ物のおいしさ……。美しい四季に恵まれ、整備の行き届いたゴルフ場ばかりだ。関係者が知恵をひねれば、この国の女子ツアーを世界の強豪の憧れとすることは夢物語ではないと信じる。世界の企業がスポンサーとして名乗りを上げる土壌を作れば、賞金総額でも米女子ツアーを超えられるのではないか。すでに試合数では日本の女子ツアーは米女子ツアーと双璧をなす世界トップクラスといえよう。そこからもう一段発展し、強くて美しいゴルファーがあこがれるツアーを目指すのだ。女子ツアーが名実ともに世界一になることが、日本のゴルフ産業、スポーツ産業を盛り上げる起爆剤になる。男子は米ツアー、そして女子なら日本ツアー――。実現までには時間も労力もかかるだろうが、選手や関係者が真剣に意識することが、まずは重要な一歩となるはずだ。

日経新聞















【2016/07/28 05:59】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
人気ゲーム「ポケモンGO」と連動する専用デバイス「Pokémon GO Plus」の発売、9月に延期
人気ゲーム「ポケモンGO」と連動する専用デバイス「Pokémon GO Plus」の発売時期が7月末から9月に延期された事が分かりました。



延期理由は準備に遅れが生じている為と案内されています。

「ポケモンGO」のリリース後は歩きスマホの増加などが問題となっていますが、同デバイスを利用することでスマホを見なくても「ポケモンGO」を楽しめるようになります。














【2016/07/28 05:58】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アップル純利益27%減 4~6月、iPhone販売15%減
【NQNニューヨーク】米アップルが26日発表した4~6月期決算は、純利益が前年同期比27%減の77億9600万ドル(約8100億円)だった。主力のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の販売減が響いた。

 売上高は同15%減の423億5800万ドルで市場予想(420億ドル程度)をやや上回った。iPhoneの販売台数が同15%減の4039万9000台となった。市場予想は約4000万台だった。一方、多機能携帯端末「iPad(アイパッド)」の販売台数も同9%減の995万台だった。1株利益は1.42ドル。市場予想の1.40ドル程度を上回った。














【2016/07/27 06:00】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
最低賃金、消費喚起へ最大の24円上げ 低所得者に1万円 政府・与党、経済対策の概要固める
 政府・与党は来月2日にもまとめる経済対策の概要を固めた。厚生労働省の中央最低賃金審議会の小委員会は26日、2016年度の最低賃金の目安を全国平均で過去最大となる時給24円引き上げ、822円にすると決めた。対策は低所得者に一律1万円以上の現金を支払う方針も示し、個人消費の喚起をめざす。日銀内には政府と足並みをそろえた追加緩和論が浮上してきた。



 最低賃金は企業が従業員に払わなければならない最低限の時給。これまでは15年度の18円が最大の引き上げ幅だった。5年連続で2ケタの引き上げとなり、安倍政権発足後の4年間で上げ幅は計70円に達した。

 今回決めた目安を踏まえ、各都道府県の審議会が地域別の実額を決める。改定後の最低賃金は10月をめどに適用する。

 安倍政権は6月に閣議決定した「ニッポン一億総活躍プラン」で、最低賃金の3%程度の引き上げを盛り込んだ。13日の経済財政諮問会議では首相が「3%の引き上げに向けて最大限努力する」ように関係閣僚へ指示した。政権側の後押しによって過去最大の上げ幅が実現した側面もある。

 政府は26日、自公両党に経済対策の原案を示した。公明党が要望してきたプレミアム付き商品券の発行を見送り、低所得者への現金給付を実施する方針を伝えた。政府は1万円とする考えだが公明党は1万5000円への上積みを要求しており、調整が続いている。

 対象は住民税が非課税の低所得者2200万人となる見通しで、単身者の場合は年100万円未満の所得が目安となる。19年10月の消費増税まで低所得者に年6000円の現金を配る「簡素な給付措置」を前倒しするかたちをとり、来年度以降の「簡素な給付」はやめる方向だ。

 経済対策には、労使が折半する雇用保険料率を来年4月から数年間にわたって現在の0.8%から0.6%に引き下げる方針も盛り込む。企業側と会社員の負担を合計で3400億円軽減する。年収400万円の会社員なら年4000円程度の負担減となり、政府は消費の押し上げ効果を見込んでいる。

 対策は生産性の向上に結びつけるインフラ整備も柱だ。超低金利の市場環境を踏まえて財政投融資を積極活用し、約6兆円を企業などに融資する。リニア中央新幹線は大阪延伸を最大8年前倒しし、整備新幹線の建設を加速する。外国人観光客の誘客や農産品の輸出に向けたインフラ整備計画を年内にまとめ、効率的な投資をめざす。

 経済対策は秋の臨時国会に提出する2016年度2次補正予算案だけでなく、17年度予算案にも盛り込む。国と地方の直接の財政支出(真水)は数年間で約6兆円とし、政府系金融機関による融資などを含めた総事業規模は最終的に20兆~30兆円に膨らむ見通しだ。


日経新聞













【2016/07/27 06:00】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「ポケモンGO」、7,500万ダウンロードを突破か
日は何かと話題の「ポケモンGO」ですが、市場調査会社のSensor Towerによると、同ゲームの累計ダウンロード数が7,500万ダウンロードを突破しているかもしれない事が分かりました。



この数字はiOS版とAndroid版の両方を足した数字で、Android版は先週末の時点で5,000万ダウンロードに到達していたものとみられています。

同ゲームは現時点でリリースから20日間経過していますが、ここ2日間でフランスや香港でも新たに配信が開始されており、今後の動向次第ではリリース後1ヶ月経たずに1億ダウンロードに達する可能性もありそうです。














【2016/07/27 05:59】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ポケモンGO、「一大集客ツール」に化ける可能性


[ニューヨーク ロイター] - スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」は、アプリストアにおいて世界最速で1位となる人気ぶりだが、業界関係者によると、小規模ビジネスの集客に特化した若いIT企業に対抗し、最終的には大手ブランドのマーケティングを担うことになるかもしれない。

任天堂(7974.T)が開発に参画したポケモンGOはスマホの位置情報を活用し、現実世界を舞台にポケモンを捕まえたりするゲームで、デイリーアクティブユーザー数は、短文投稿サイト、ツイッター(TWTR.N)のそれを超え、同ゲームはすでに地域のレストランやカフェ、小売店舗が新規顧客を呼び込むのに寄与している。

ニューヨーク州ロングアイランドにあるピザ屋は、ポケモンのキャラクターを店に引きつける機能を起動させることで、売り上げが週末にかけて75%も急増。ニューヨーク・ポスト紙によると、同店のマネジャーはポケモンのキャラクター10個以上を引きつけるのに10ドル支払ったという。

このような即効性は、過去数年間、小規模事業者のオンラインマーケティングに革命をもたらした共同購入クーポンサイト運営の米グルーポンGPRN.Oやリビングソーシャル、位置情報に基づくモバイル交流サイト(SNS)サービスなどを手掛けるフォースクエアや他の比較的新しい企業にとって、潜在的脅威となっている。

ポケモンGO人気爆発の原因は、20年前にデビューしたゲームソフトへのノスタルジアと、できるだけ多くのキャラクターを獲得して称賛を得たいプレーヤーの存在にあるようだ。

「1980─90年代生まれの人はポケモンと共に育った。親しみやすく、安心感があることから、わずか数日で何百万人もの人が利用するようになった」と、ニューヨーク市の広告制作会社「Reason2Be」のマネジングディレクター、ジェレマイア・ローゼン氏は指摘。

「マクドナルドやホームデポといった米ブランドも参入している」と述べた。

テク系情報サイト「ギズモード」が13日伝えたところによると、オーストラリアの学生が、スポンサーシップ制度を示すポケモンGOのコードを解読し、マクドナルド(MCD.N)の名を挙げた。マクドナルドはこの件についてコメントを差し控えている。

<改革者をぶっ壊す>

現在自分がいる場所に「チェックイン」した顧客にクーポンや賞品を提供するアプリ「スワーム」を運営するフォースクエアや、多くの事業者がディスカウントを提供する手段として利用するグルーポンやリビングソーシャルのようなソーシャル電子商取引(EC)サイトにとって、ポケモンGOの人気は脅威となる。こうしたサイトは、顧客が小売業者のクーポンを購入するたびに店舗から報酬が得られる。

グルーポンとリビングソーシャルからはコメントを得られていない。フォースクエアはポケモンGOの影響を語るには時期尚早だとしている。

マーケティング専門家は、モバイルゲームのユーザー基盤が拡大するにつれ、小規模事業者が今後ますますポケモンGOに向かい、マーケティング費用の一部をそちらに割り当てる可能性があるとの見方を示した。

「ポケモンGOの登場で、実店舗は、過去数年にわたり依存してきた多くのデジタル(マーケティング)手段から離れつつある」と、ニューヨーク市のコンサルティング会社DDGのソーシャルメディア・モバイル担当責任者クリストフ・ジャメット氏は語った。

同氏はまた、「一度にかなり多くの人を引きつけられる地理位置情報を利用したソーシャルプラットフォームはまだない」と述べた。

分析会社シミラーウェブによると、ポケモンGOのプレーヤーはエンゲージメントが高く、彼らの滞在時間はフェイスブック(FB.O)傘下のインスタグラムやメッセージングサービス「ワッツアップ」、スナップチャットのような最も人気のある一部ソーシャルアプリをはるかに上回っている。

多くの店舗は、プレーヤーが新たなポケモンボールを手に入れたり、パワーアップしたりできる場所「ポケストップ」であると宣伝し、顧客獲得に努めている。大手ブランドがこれに加わることは時間の問題だと、専門家はみている。

「彼らはすでに検討している」と、メディア投資管理グループ、マクサス・グローバルのトム・ケルショー氏は言う。

第3者からさらに収益を得る可能性のあるポケモンGOの大流行によって、米国などで先行配信が開始された6日以降、任天堂の株価は急上昇し、同社の時価総額は100億ドル近く増加した。














【2016/07/26 05:45】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
衰えるどころか進歩 イチローのスピードは規格外
19日のフィリーズ戦に代打で登場した42歳のイチローは、記録上はピッチャーゴロに倒れたが、アウトになった瞬間、客席からどよめきが起こった。


19日のフィリーズ戦、代打で投ゴロに倒れたが、一塁は間一髪のタイミングに=共同

 センターに抜けようかという痛烈な打球を投手が右手ではじく。そのボールを、おそらく投手は余裕があると思ったのだろう。下からトスすると、一塁は間一髪というタイミングになった。

■敵地のファンもうならせる

 手動ながら、後でイチローの一塁までのタイムをはかって見ると3.86秒。あのスピードに敵地のファンもうなったのだ。

 翌朝、ア・リーグ東地区のチームとナ・リーグ西地区のチームのスカウトと一緒に食事をとった。

 話題が前日のイチローのプレーとなると、ア・リーグのスカウトが口にした。

 「イチローのスピードは速くなった」

 具体的なタイムの話になると、「ヤンキースにいた頃は4.1秒前後だった。今は3.8秒台であることが多い」と教えてくれた。

 ナ・リーグのスカウトも同意する。「2011~12年の頃は4秒を超えていた。デビューした頃は3.65~3.75秒だったので、その頃と比べれば0.3秒ぐらい落ちたわけだが、また4秒を切っている」

 昨年度、球場内に設置された特殊なビデオカメラから選手の動きを数値化する「Statcast」のデータによれば、イチローの一塁平均到達時間は3.98秒でリーグ5位だった。ところが今年はさらに速くなって3.8秒台となっているのではないか――。

 一塁までの距離は27.44メートル。4秒ちょうどで駆け抜けるとして1秒で6.88メートル。0.1秒で68.8センチ。1メートルに満たない距離とはいえ、単純にこの分が速くなれば、イチローのようにスピードで勝負している選手にとっては小さくない差だ。

 「当然、微妙な当たりが内野安打になる可能性が増える」とア・リーグのスカウト。ナ・リーグのスカウトは一方でこう指摘する。「体形も変わらないし、この年齢でスピードを上げられるとは驚きだ」

■スピードの変化、本人も実感


一塁までの到達時間はについて「今は3.8秒台であることが多い」という=共同

 スピードの変化はイチロー自身、実感しているところ。先日、セントルイスで3安打をマークした日の試合後にこう話した。

 「去年より速いことは感触的にわかっている。去年というか、多分5年前と比べても速いと思いますね。少なくともヤンキースにいるころより絶対速いんでね。なんでかといわれてもよくわからないですがね」

 タイムはイチローの感触通りだが、その理由の一つが、昨年から履いている新しいスパイクである可能性はある。

 以前にも紹介したが、イチローは昨季からスパイクを、ワールドウィングエンタープライズ社の小山裕史代表が開発した「ビモロ」に変えた。2014年のオフ、そのスパイクでデータをとったところ、「従来と比べて(走る距離が)20メートルの場合、2.5メートル分速くなった」と小山代表。



 平均でも70センチ。1ストライドと30センチ分速くなっているそうで、「一塁までのタイムは0.3秒は縮まる」とおっしゃっていたが、まさに今、そういう領域にいるのだ。

 ただ、スピードが4秒を切るようになったからといって、必ずしも今年、内野安打が増えているわけではない。

 「ベースボール・リファレンス(baseball-reference.com)」に掲載されているデータをもとに打数に対する内野安打の確率を計算すると、表のようになった。

 最高は2009年の9.9%。平均が7.3%なので、今季はちょうど平均値である。スカウトが遅くなったと指摘した11年以降では確かに一番高い数値だが、14年にも7.0%を記録しており、このデータからはスピードと内野安打の関連性が見えない。イチローの場合、偶然というより必然の内野安打が多いので、むしろそこに起因しているのではないか。

■「今季、クリーンヒットが多い」

 そのことがうかがえるデータもある。今年の高打率を支えているものについて、ナ・リーグのスカウトは「クリーンヒットが多い」と指摘し、ア・リーグのスカウトも同様の意見だった。それではと、内野安打と同様、打数に対するラインドライブ(ライナー性)の安打の比率を調べると、今年は過去最高値だった。



 01~02年は18%台だが、その後は約12%。しかし今年は約20%なので、例えば三遊間の深いところに転がすというよりは、しっかり振って捉えていることがわかる。

 その辺りも「信じられないところだ」とナ・リーグのスカウト。「この年齢になって強い打球が多い。ハンドアイコーディネーション(視覚で得た情報と体の動きが一致)も素晴らしい」と絶賛した。

 ア・リーグのスカウトも言う。

 「イチローをこれまでの基準では評価ができないということだ」

 スピードなどその最たるものだが、通常なら年齢を重ねて衰えるはずの何かが衰えるどころか、むしろ良くなっている。よって規格外、というわけだ。

 マーリンズのドン・マティングリー監督も最近は驚きを超え、むしろあきれ顔で言う。

 「イチローはなんてやつだ。今なお、打撃だけではなく、走塁、守備でも高いレベルにある」

 21日のフィリーズ戦でもイチローは2打席目に内野安打を放っている。二遊間に抜けようかという打球をショートのフレディ・グラビスがスライディングしながら止め、一塁に素早く送球したが、イチローはもう一塁を駆け抜けていた。

 このときのタイムは3.83~3.87秒だった。



日経新聞














【2016/07/26 05:44】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2016関西学生アメリカンフットボールリーグのスケジュール発表!



2016関西学生アメリカンフットボールリーグのスケジュールが公開となりました。今年は8月26日(金)EXPO FLASH FIELDにて立命館大学対甲南大学の対戦で幕を開けます。
詳細スケジュールは以下のページをご参照下さい。

http://www.kansai-football.jp/schedule/schedule2016_atm.html


関西学生アメリカンフットボール連盟














【2016/07/25 05:55】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Pokemon GOこそApple WatchやAndroid Wearでの通知に対応すべき
「Pokemon GO」は社会現象と言えるほどの盛り上がりを見せていますが、同時に歩きスマホも増えているようです。それを防ぐ「Pokemon GO Plus」の発売が待たれますが、Android WearやApple Watchにもアプリを用意するべきではないでしょうか。


Pokemon GOとApple Watch
Pokemon GOはぜひApple Watchに対応してほしい

 7月22日の配信開始から、日本中がその話題に包まれていると言っても過言ではない「Pokemon GO」。街を歩けば、行き交う人がポケモンの名前を口にしているのを頻繁に耳にし、多くの人がプレイしているのを実感できます。「Ingress」で歩き回るのは挫折したけど、ポケモンを集めるのなら楽しくて続けられそうだから、またウォーキングをして模様かな、なんて思った人も増えているかもしれません。

 ゲームボーイのモノクロ画面でプレイした、赤・緑時代からのファンとしては、ここまでの社会現象になっているのがうれしい気持もある一方で、以前より、街中で歩きながらスマートフォンを操作する、あるいは自転車に乗りながらスマートフォンを操作する人も増えたことへの懸念もあります。

 スマホでゲームをする際に、ルールやマナーを守る必要があるのは、今さら指摘するまでもありません。歩きながらスマホの画面を凝視するのは避けるべきですし、回りに注意を払い、ポケモンと遭遇したら急に立ち止まらず、他の人の迷惑にならない場所によけてからモンスターボールを投げるようにするなどの配慮は必須です。

 Pokemon GOをプレイする人が増えれば、スマホの画面を凝視しながら街を歩く人が出てくるのを当然予見していたのでしょう、Bluetoothでスマホとつながり、ポケモンが近くに現れると振動して知らせてくれ、モンスターボールを投げたり、ポケストップの近くを通ると通知してくれたりする機能がある周辺機器「Pokemon GO Plus」も開発をしています。ただ、Pokemon GO Plusは、当初3780円(税込)で7月末に発売予定とされていましたが、現時点では発売日は未定となっているようです。


Pokemon GO Plus
「Pokemon GO Plus」は、Pokemon GOの発表時に明らかにされた、専用のスマホアクセサリーですが、現時点で発売日は未定です


Pokemon GO Plus
ストラップを付けて腕に巻いたりもできます

 ここまで街中にスマホをしながらPokemon GOをプレイするユーザーが増えているのを見ると、Android WearやApple Watchのような、スマートフォンと連携するスマートウォッチでの通知には、早急に対応するべきだと考えます。Pokemon GO Plusの発売に時間がかかるのであればなおさらです。

 Pokemon GOの下敷きになっているゲーム、Ingressでは、通知の機能が用意されていて、(詳しい説明は省略しますが)ユーザーが確保したポータルと呼ばれる場所に対して攻撃があると、ユーザーにその旨が通知されます。Pokemon GOでは、ポケモンが出現したときやポケストップに近づいたときにスマホが振動しますが、これと同時に通知を出すようにすれば、Android WearやApple Watchでもそれを表示することが可能です。


Ingressの通知
Ingressでは通知があるので、Apple Watchでも攻撃を受けていることなどを知ることができます

 もう一歩進めて、Pokemon GO Plusと同等のことがスマートウォッチでできるようになればより楽しく便利だと思いますが、そこまでしないまでも、通知が確認できるだけで、少しは歩きスマホをする人が減るのではないかと感じました。Android WearやApple Watchを持つ人が、Pokemon GOプレイヤーの中でもごく一部の人でしかないことはまちがいありませんが、歩きスマホをする人が減らせる可能性はあると思います。

 本来であれば、Pokemon GOの配信開始に合わせてPokemon GO Plusを発売するべきだと思いますが、すぐに発売できないのであれば、スマートウォッチ向けのPokemon GO Plusアプリの配信はぜひ検討するべきではないでしょうか。Nianticさん、ぜひよろしくお願いします。

ITmedia













【2016/07/25 05:55】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
村田諒太が初回TKO勝ち、サンダース挑戦に前進
23日(日本時間24日)米ラスベガスのMGMグランド・ガーデンアリーナでノンタイトル10回戦に出場したWBCミドル級4位の村田諒太(帝拳)は、ジョージ・タドニッパ(米)に1分52秒TKO勝ち。プロ11連勝(8KO)を飾った。


右ストレートとボディブローで圧勝した村田

 キャリア42戦(34勝24KO2敗3分1NC1無判定)のタドニッパに対し、村田は左ジャブ、右ストレートでプレス。1分すぎ、右からスムーズに返した左ボディーがめり込むと、呆気なくタドニッパが膝をついた。立ち上がった相手を再び左ボディーで後退させると、右ストレートの打ち下ろしを連発。主審が試合を止めた。

「相手は変則的なタイミングなので1ラウンドは様子見のつもりでしたが、いい右が一発当たった。効いたのはわかったし、左ボディーは流れです」

 わずか112秒決着だったが、村田も納得の出来。昨年11月のラスベガスは思うようなパフォーマンスができなかったが、今度はKO勝ちし「よかった。また村田を見たいと思ってもらえれば」と語った。本田明彦会長によると、標的のWBO王者ビリー・ジョー・サンダース(英)との交渉が早期にまとまらないようなら、11月にも一度試合を挟むとのことだ。


BoxingNews












【2016/07/25 05:55】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
人気「ポケモンGO」 会話ボットの普及を加速
IT(情報技術)業界のリーダーや投資家、ジャーナリストは、今年を「ボット元年」と好んで呼んでいる。ボット革命を理解している人は多いが、世間の目には大ブームとなった初の拡張現実(AR)ゲーム「ポケモンGO」がトレンドを全てかっさらったように映る。懐かしさとクールな技術の組み合わせにより、開発途上のプラットフォームが真剣に注目される大旋風が巻き起こっている。


iOS向け「ポケモンGO」の画面

 では、この現象にはどんな意味があるのか。2016年のITトレンドはARの変化球にしてやられたのか。ボットはもはや時代遅れなのか。

 そうでもない。

 今や大衆はARを使うようになり、ボットはなお話題に上っている。このため、ARとボットを組み合わせれば、ビジネスを変革し、独自の形で体験を深める現実的なチャンスになる。

■ARとボットが会話のきっかけに

 人でいっぱいの部屋で身動きが取れず、会話のきっかけをつくる方法を知りたいと思ったことはあるだろうか。ARとボットの力を借りれば、ビジネス向け交流サイト(SNS)「リンクトイン」のアプリがその場で人脈をつくれるアシスタントになる。

 リンクトインの最新アプリを使って大勢の人をスキャンし、ボットに尋ねる。この部屋でハーバード大の出身者は誰か。(米精密部品メーカー)ACMEインダストリーズの社員は誰か。すると、ボットはリンクトインの公開プロフィルからデータを取り出し、検索条件に合う人物をARのヘッドアップディスプレーに知らせる。場が和んでくると、信頼できるボットがSNSやニュースサイトで得られる情報に基づき、会話のきっかけを提案してくれる。

 次に、あなたの会社の現場作業員を対象にした新人研修を例に挙げよう。長ったらしいマニュアルを参照する代わりに、彼らにアプリを渡す。新入社員たちは自分のスマートフォン(スマホ)の画面をかざすだけで、機器に詳しくなる。アプリを搭載したスマホを1台の機器にかざせば、ARを使った配線図を見られるからだ。ボットは彼らに点検修理や安全要件を教え、質問に答えることができる。

 その結果、新人研修のプロセスはスムーズになり、不要なやり取りはなくなり、社員には必要な情報をすぐに得る自主性が与えられる。会社の業績にもプラスになるだろう。

■大事な試合に浸れる

 最後に、ARと組み合わせたボットにはスポーツの観戦レベルを上げる力もある。細かいところを理解するために、多くのスポーツはちょっと詳しいツウな情報を要求するからだ。

 野球の試合を思う存分に楽しむために、スマホをかざして画面に映った打者と投手の戦績データをチェックできる。ボットはデータの意味だけでなく、目の前で起きたプレーや判定も解説してくれる。

 しかも、AR体験を楽しみながらボットに今後の試合について尋ね、次の試合のチケットを購入させ、売り子にポップコーンを注文することもできる。

 ミレニアル世代(1980~2000年ごろに生まれた層)は「ポケモンをゲット」することに明け暮れているが、早耳の企業リーダーにはこの高まりつつある波の先を行くチャンスがある。ボットとARは大変革をもたらし得る。経済界の「ポケモンGO」になれる可能性はまだある。

By Ryley Moskal(カナダのアプリ開発会社ロボッツ・アンド・ペンシルズ)

(最新テクノロジーを扱う米国のオンラインメディア「ベンチャービート」から転載)














【2016/07/24 06:06】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
エストラーダ側は井岡戦に前向き、10月末開催を希望



 WBAがフライ級“スーパー”王者フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ=写真左)vs同級“レギュラー”チャンピオン井岡一翔(井岡=写真右)の統一戦をオーダーしたことを受け、エストラーダ側が動きを見せている。エストラーダの共同プロモーター、フアン・エルナンデス氏(ボックス・ラティン・スポーツ)は、右拳の負傷でブランクをつくっているエストラーダがダイレクトに井岡との統一戦へ向かう意向を明かした。ESPNデポルテスなどが伝えた。

 主に米国内で活動するエルナンデス氏は21日、「1週間前にフアン・フランシスコのドクターから9月のリング復帰は無理だといわれた。これで当初9月24日カリフォルニアで予定されたドニー・ニエテス(フィリピン=WBO世界L・フライ級王者)の挑戦を受けるプランはなくなった。そこへちょうど井岡戦の通達が届いた。交渉期間は8月末まで。こちらとしては10月末開催をメドに折衝したい。もし話がまとまらなければ、入札に持ち込まれるだろう」と語っている。

 井岡はここ5年連続で大みそかに試合をしており、開催時期に関しては両者の間に溝がありそう。メキシコでエストラーダをプロモートするサンフェル・プロモーションは、まだ発言を控えている。


BoxingNews













【2016/07/24 06:06】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「iPhone 7」シリーズは9月12日の週に発表か
各種リーク情報でお馴染みのEvan Blass氏(@evleaks)が、「iPhone 7」シリーズは2016年9月12日の週に発表されると報告しています。



現行の「iPhone 6s」シリーズは日本時間の2015年9月10日(水)に発表され、同9月25日に発売されましたが、上記の情報が正しければ、「iPhone 7」シリーズは日本時間の9月13日(火)もしくは14日(水)に発表され、9月23日もしくは30日に発売される可能性が高そうです。

ただ、Appleがこの情報を見て日程を変更する可能性もありますが…。














【2016/07/24 06:06】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「ポケモンGO」開発者に聞く 現実世界、ゲームの舞台に

 世界中を熱狂の渦に巻き込んでいるスマートフォン(スマホ)ゲーム「ポケモンGO」の配信が22日、日本でも始まった。開発を主導した米ベンチャー企業、ナイアンティックの創業者で最高経営責任者(CEO)のジョン・ハンケ氏にゲームのコンセプトや開発の経緯、ビジネスモデルなどを聞いた。



「ポケモンGO」の仕掛け人、米ナイアンティックのハンケCEO(サンフランシスコ市内のオフィスで)

 ――これだけの反響を予想していましたか。

 「イエスでもあり、ノーでもある。家の外に出て体を動かし、新しい場所を発見し、人々と交流するというコンセプトが受けることは(2012年に開発した別の位置情報ゲーム)『イングレス』で実証済みだった。先週末に東京で開いたイングレスのイベントには過去最大の1万人以上のファンが集まった」

 「一方、IP(知的財産)としてのポケモンの強さやキャラクターの魅力もよく承知しており、この2つの組み合わせが素晴らしい結果を生むであろうことは想像できた。ただこれほどの爆発的な利用者の伸びや話題の広がりは想像をはるかに超えていた」

 ――日本で最初に配信を始めなかったのはなぜですか。

 「ポケモンの故郷である日本のファンが心待ちにしていたことは十分理解していたが、同時に求める水準が非常に高いこともわかっていた。比較的小さな市場でまず試して初期のトラブルを解決し、万全な体制で臨みたかった」

 ――「ポケモンGO」で目指しているものは何ですか。

 「我々はモバイルゲームを作っているちっぽけな会社にすぎないが、自分たちなりの方法で社会に貢献したいと考えている。現代社会の人々は家の中に閉じこもっている時間があまりにも長い。小さな画面を見つめて誰とも話さず、地域のコミュニティーにも入っていかない。日本の状況は暮らしたことがないのでわからないが、米国には誰も近寄らない公園や広場がたくさんある。健全な町づくりには、人々が外に出て、こうした施設を活用し、お互いをよく知らないといけない。我々のゲームがこうした問題を解決する一助になればうれしい」

 ――ポケモンや任天堂と組むことになった経緯は。

 「2012年に配信を始めたイングレスは一部の人々の間でカルト的な人気を集めたが、14年に入ると『次に何をするか』を考え始めるようになった。現実世界をゲームの舞台にする『リアルワールド・ゲーム』のプラットフォームを目指す我々の戦略をさらに追求したいと考えていたとき、グーグルマップのチームがポケモンのキャラクターを地図上に潜ませるエープリルフールのいたずらを作り大きな話題を呼んだ。ちょうど我々もポケモンに着目していたタイミングだったので、(ゲーム企画会社のポケモンの)石原恒和社長に話を持ちかけたところ、すぐに意気投合した」

 ――昨年他界した任天堂の故・岩田聡社長の支援も大きかったようですね。

 「ええ。当初はポケモンとのやり取りが中心だったが、あるとき、スマホにブルートゥースで接続し、画面を四六時中見ていなくても、ポケモンが近づいたら知らせてくれる小型機器『ポケモンGOプラス』のアイデアが出た。石原さんがそのアイデアを任天堂に持ちかけたところ、岩田さんが賛成してくれ、開発が始まった」

 「後日、ナイアンティックをグーグルから独立させることを決めた際も、私が京都に行き、岩田さんら任天堂の幹部に我々のビジョンや計画を話して出資が決まった。残念ながら出資が実現する前に亡くなってしまったが、岩田さんは外で遊ぶというゲームのコンセプトの強力なサポーターだった」

 ――ポケモンGOとイングレスの違いは何ですか。

 「外に出て体を動かす、新しい場所を発見する、人と交わるという3つの中心的要素は共通している。ただ、イングレスの場合、いきなり多数のプレーヤーが2つの陣営に分かれて戦う陣取り合戦のまっただ中に放り込まれるため、新しいプレーヤーはおじけづいてしまう可能性がある」

 「ポケモンGOではハードルを下げ、まずモンスターの捕まえ方を1人で学ぶところから始められるようにした。ある程度ポケモンを捕まえ、ゲームに慣れてから、他のプレーヤーと対戦できるようにし、チーム戦の要素も盛り込むことで、長い間楽しめるようにしている」

 ――多くの人にとって、ポケモンGOは現実の世界にコンピューターが作り出した2次元や3次元の画像を重ねる「拡張現実(AR)」の世界を体験する最初の機会になりました。

 「ARは娯楽だけでなく、買い物やコミュニケーションなどたくさんの使い道がある技術だ。そのコンセプトを理解し、なじむ上でポケモンGOはよいきっかけになっていると思う」

 ――遊ぶのは基本的に無料ですが、ゲームに役立つアイテムをアプリ内で販売しています。ほかにどんな収益源がありますか。

 「『スポンサード・ロケーション』と呼ぶ仕組みを導入した。スポンサー企業の店舗を(アイテムが手に入る)『ポケストップ』や(ポケモン同士を戦わせる)『ジム』に指定し、集客につなげる仕組みだ。日本ではマクドナルドが最初のスポンサーになる。同様の仕組みはイングレスで実績があり、日本では三菱東京UFJ銀行やローソンなどがスポンサーになっている」

 「アプリ内課金は慎重に進める。我々はお金を支払わなければ勝てないというモデルは目指していない。最も貴重なアイテムや最も強いアイテムはお金では手に入らない仕組みにしているのはそのためで、できるだけお金をかけずに遊べるようにする。スポンサード・ロケーションを導入するのは、収益面でのアプリ内課金への依存度を下げる狙いもある」

 ――米国ではプレーヤーの個人情報を過度に収集しようとしているとして批判されました。

 「グーグルのアカウントを使ってゲームをしようとしている人に対し、グーグルに登録しているすべての個人情報を我々が取得できる『許可』を求めていたことが問題視された。実際に我々が必要としていたのはIDとメールアドレスだけだったが、グーグルの社内ベンチャーだった当時の初期設定を独立後も放置していた我々のミスだった。問題を指摘されて設定をすぐに改めた。IDとメールアドレス以外の個人情報を取得していないことも確認した」

 ――人々を家の外に連れ出すという目的は十分達成した半面、「歩きスマホ」によるケガや事故、私有地への不法侵入といったトラブルも報告されています。

 「ポケモンGOを始めてから体調が良くなったり、鬱病が改善したりといった前向きな報告を受けている。それらに比べると少ないとはいえ、問題は真剣に受け止めている。プレーヤーにはアプリを起動するたびに毎回必ず、周囲に注意して遊ぶように呼びかけている。新しいタイプのゲームゆえに波紋を広げているが、プレーヤーも周りの人々もどんな遊びかを少しずつ理解し始めている。我々も引き続き、安全確保やトラブル防止に最善を尽くしていく」

 ――プレーヤーが私有地などに不法侵入するのを防ぐ手段はあるのでしょうか。

 「街中でポケモンに遭遇した場合、慌てて追いかけなくても、その場で立ち止まって捕まえることができる。また、自宅や職場でプレーしている時に、部屋の中にポケモンが現れたとしても、それを見ているのは本人とすでに同じ場所にいるプレーヤーだけ。遠くにいるプレーヤーが家や職場に押しかけてくるということはない」

 「『ポケストップ』や『ジム』に指定されている場所は地域の名所旧跡やユニークな店舗、スポンサー企業の店舗などで、いずれも私有地に立ち入らなくても安全に見つけられる。それでも店舗のオーナーなどが指定を望まない場合は、指定解除を申請できる仕組みを用意している」

 ――ポケモンGOの達成感は、グーグル在籍中にあなたが開発した「グーグルアース」や「グーグルマップ」と比べるとどうですか。

 「グーグル時代の同僚が、それぞれのサービス開始後にどれだけ『ググられた』かを比較したデータを見せてくれたが、ポケモンGOの検索回数の伸びはアースやマップよりはるかに多かった。だが、この10年あまりのブロードバンドやソーシャルメディアの普及を考えれば当然かもしれない。いまではどこかで何かに火が付けば、瞬く間に世界中に広がるからだ」

 「何か新しいアイデアを思いついたとき、私はいつも『これから作ろうとしているものに“存在する価値”はあるか』を自問してきた。人々の役に立つか、これまで不可能だったことを可能にするか、世の中によいインパクトを与えるかといった基準だ。イングレスやポケモンGOが、家に閉じこもって近所の人と交わらず、コミュニティーに参加しない米国の都市住民の現状を変える一助になっているのを見ることほど、自分やチームにとってうれしいことはない。これからも世の中にポジティブなインパクトを与えられるアプリを作っていきたい」

(シリコンバレー=日経新聞)













【2016/07/23 06:12】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10兆円の市場拡大 スポーツで稼ぐ国目指して
2020年に向けてスポーツの産業化を目指す取り組みが加速してきた。一言で言えばスポーツで稼ぐ国に変わろうということで、旗振り役は昨年発足したスポーツ庁だ。経済産業省と協力して有識者会議「スポーツ未来開拓会議」(座長・間野義之早大スポーツ科学学術院教授)を設置。12年の時点で5.5兆円とされたスポーツ産業の国内市場規模を20年までにほぼ倍増の10兆円、25年までに15兆円に拡大する目標をまとめた。6月に政府が閣議決定した、名目国内総生産(GDP)100兆円の上乗せを目指す成長戦略(日本再興戦略)にも盛り込まれた。

■国内スポーツ市場、5.5兆円と定義


サッカーの02年W杯試合会場となった10カ所のスタジアムのうち、黒字運営は札幌ドームだけ=共同

 スポーツ産業の市場規模とは、ゴルフ場やテニスコート、フィットネスクラブなどのスポーツ施設、ウエアや用具のスポーツ用品、プロ野球やJリーグ、大相撲などスポーツイベント・興行、スポーツツーリズム、スポーツメディア、さらに競馬や競輪などの公営競技などの売り上げの総額となるという。ただ、その定義は明確でなく、全体像もつかみにくい。

 有識者会議の議論の対象となった5.5兆円という数字は、日本政策投資銀行と早大スポーツビジネス研究所が試算した国内スポーツ総生産(GDSP)がベースになっている。それによると12年のGDSPの試算総額は11.4兆円。そこから競馬や競輪などの公営競技(4.3兆円)と学校教育の体育関連費用(1.6兆円)を除いた5.5兆円を国内スポーツ市場とした。

 実はこの数字はその10年前の02年の試算からは1.5兆円程度も減少している。マラソンやジョギングがブームとなり、健康志向が高まっている半面、お金のかかる道具や施設など利用しないスポーツの愛好家が増えていることなどが原因のようだ。イベント興行だけは売り上げを1200億円から2800億円と大幅に伸ばしているが、全体に占める割合は小さい。

 この縮小している市場を一気に超V字回復に持っていこうというのだから、ずいぶんと背伸びをして大風呂敷を広げた印象がある。ただ、スポーツが教育の枠組みに組み込まれ、スポーツで金を稼ぐことに否定的なイメージがついて回るこの国で、行政がこうした方向性を示すのは画期的な変化だと思う。

 スポーツ庁はそのために必要な取り組みも示している。注目したいのは、スタジアムやアリーナの収益力強化と、これまでほとんど議論されていなかった大学スポーツの産業化を打ち出している点だ。

■コストセンターからプロフィットセンターへ

 日本各地のスタジアムやアリーナはこれまでほぼすべてが経費はかかるが利益は生まないコストセンターだった。国体開催などのために自治体が建設。民間なら施設整備は投資となるが、公共施設には費用を回収する発想などはなからない。市街地から遠く離れた立地のため集客には不適。営利目的ではない公共的イベントに安く貸し出すことも求められ、ランニングコストの捻出さえ難しい。サッカーの02年ワールドカップ(W杯)の試合会場となった10カ所のスタジアムですら事情は同じで、プロ野球とJリーグのチームがそろって本拠地とする札幌ドーム以外は赤字運営が続いている。昨年大騒動となった新国立競技場の問題は、こうした日本のスポーツ施設の体質を象徴している

 今秋、男子バスケットボールのプロリーグ「Bリーグ」が開幕する。分裂していたプロのbjリーグと企業チーム中心のNBLがようやく一つになり、1部、2部の計36チームは北海道から沖縄まで全国各地の都市に本拠地を置く。アリーナに関してはここが稼げる施設の整備で重要な役割を果たしそうだ。


アリーナに関しては、今秋開幕する「Bリーグ」が稼げる施設整備で重要な役割を果たしそうだ=共同

 Bリーグの各チームは1部5000人以上、2部3000人以上のホームアリーナの確保が参加の条件。従来の殺風景な体育館ではなく、プロスポーツとして華やかにショーアップされた空間の創出を目指している。現状は間に合わせで条件を満たしているケースが多いが、ホームタウンの自治体の協力を得られれば、これから各地で本格的なアリーナ建設が進むと期待される。

 自治体が主導する施設整備といっても、今度は採算度外視とはいかない。中心市街地に隣接した立地で、民間の資金とノウハウを活用するのが前提となる。商業、行政、防災など街の様々な機能を盛り込み、利益を生み出すプロフィットセンターとしなければならない。地方都市にとっては、交流人口を増やすためにも、コンサートや展示会などイベント会場としても展開できる複合集客施設は大きな武器になる。

■「日本版NCAA」創設が話題に

 大学スポーツの産業化については、「日本版NCAA」創設が話題になり始めた。全米大学体育協会(NCAA)は、米国の学生スポーツを統括、各競技の大会やリーグ戦を管理・運営し、テレビ放映権料やチケット収入を分配している。米国では学生フットボールや学生バスケットはプロスポーツに負けない人気を誇り、テレビの人気プログラムでもある。何万人も収容する自前のスタジアムやアリーナ持つ大学も珍しくない。

 日本でもかつて学生野球の早慶戦がプロ野球をしのぐ人気を誇った時代があった。だが、今では正月の箱根駅伝を除けば、大学スポーツに注目が集まることはほとんどない。NCAAの商業主義には批判もあり、教育の場である大学が生徒のスポーツ活動で稼ぐことには抵抗も強い。米国と同じようにするわけにはいかないが、学生スポーツの人気が盛り上がるのはみんなに歓迎されるし、学生選手の競技環境の向上にもつながる。現状はあまりにもったいない気がする。

 スポーツの産業化は、日本のスポーツが自立して健全に発展するには不可欠の条件だと思っている。社会保障費の削減や地域活性化などの課題解決に、スポーツは大きな役割を果たせると信じている。スポーツ庁には効果的で着実な施策の展開を期待したい。


日経新聞















【2016/07/23 06:12】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ポケモンGO、日本でも配信開始

人気沸騰のポケモンGOがついに日本でも公開=The Pokemon Company


香港(CNNMoney) 米国などで公開されて大人気となっているスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」の日本国内での配信が、22日に始まった。

ポケモンGOはスマートフォンのカメラを使って現実世界に隠れている仮想生物を探すゲーム。今月初めに米国、オーストラリア、ニュージーランドでサービスを開始した。これまで日本に住むユーザーは同作のアプリをダウンロードすることができなかった。

ゲームはスマートフォンのGPS機能を利用することで、ユーザーがポケモンに近付くと知らせてくれる仕組み。カメラを起動するとポケモンが現れ、「ポケボール」をスワイプすると捕まえられる。
ポケモンGOとのコラボレーションを展開する日本マクドナルドの各店舗では、アイテムを手に入れたりポケモン同士を戦わせたりといったアクションを楽しめる。

一方、内閣官房に設置された内閣サイバーセキュリティセンターは、ポケモンGOの配信開始に合わせて安全に留意したプレーを呼び掛けるガイドラインを公表した。屋外でスマートフォンを操作するゲームの性質上、注意事項には熱中症対策や予備の電池の携行、天気予報の確認といった内容が含まれる。歩きながらのスマートフォンの操作も控えるよう呼びかけ、とりわけ駅のホームのような危険な場所ではプレーしないよう警告している。














【2016/07/23 06:12】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アラム氏発言、パッキャオ復帰戦は11月5日の予定

パッキャオの復帰話が具体化

 トップランク社の総帥、ボブ・アラム氏は元6階級制覇王者のスーパースター、マニー・パッキャオ(フィリピン=写真)の復帰戦を11月5日、ラスベガスのトーマス&マックセンターで開催すると発言した。ESPNのダン・ラファエル記者の取材に答えた。パッキャオ本人の言葉は発せられていない。

 パッキャオの復帰を画策するアラム氏は、パッキャオのフィリピン上院議員としての活動に影響が出ないよう配慮しながら日程を調整。第一候補とも言えるMGMグランド・ガーデン・アリーナは都合がつかず、トーマス&マックセンターに落ち着いた模様だ。

 アラム氏によると、パッキャオは昼間は議員として働いて、仕事の終わった夜、トレーニングに励む。そして議会がひと段落する10月中旬にロサンゼルス入りし、トレーナーのフレディ―・ローチ氏と最終調整をして試合に臨むという。フィリピンにクルーを送り込み、パッキャオの奮闘ぶりをフィルムに収める予定だとも語った。

 対戦相手はWBO世界ウェルター級王者ジェシー・バルガス(米)、今週末行われるWBO・WBC世界S・ライト級統一戦、WBO王者テレンス・クロフォード(米)とWBC王者ビクトル・ポストル(ウクライナ)が候補に挙げられている。

 試合はHBOでペイ・パー・ビュー(PPV)放送を見込んでいるが、11月19日にL・ヘビー級3団体統一王者セルゲイ・コバレフ(ロシア)とアンドレ・ウォード(米)のビッグマッチが既にセットされており、今後の挑戦が必要とのこと。HBOが1ヵ月に2度もPPVすることは通常ではありえないという。


BoxingNews













【2016/07/22 06:10】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「高額な新薬」適正投与へ指針 厚労省、医療費を抑制 病院や医師に要件
厚生労働省は抗がん剤などの高額な画期的新薬の適正使用に乗り出す。病院に一定の経験がある専門医を置き、緊急対応ができることなどを要件とする使用ガイドライン(指針)を作る。新薬は思わぬ副作用が出るほか、医療費も高騰しがちなため、医師や医療機関に対し投与の適正化を促す。指針の第1弾はがん免疫治療薬「オプジーボ」とし、指針を満たさない場合は公的医療保険を適用しない方針だ。



 厚労省は近く開く中央社会保険医療協議会(中医協)で議論を始める。指針は各学会と共同で検討し、2016年度末までにまとめる。早ければ17年度中に適用する。

 画期的な新薬の中には1回あたりの価格が数万円以上になり、医薬品メーカーの年間売上高が1000億円規模になるようなものがある。こうした薬を使う場合、患者に対しては税金や保険料で賄う公的医療保険の適用などにより、実際の負担を抑えている。

 厚労省は今後、税金と保険料で患者負担を賄う部分が大きくなるとみており、医師や患者向けの指針を作って適正な投与を促す。病院と医師、患者向けに要件を設け、病院には入院設備があり24時間の診療が可能であること、医師には一定のがん化学療法の経験をそれぞれ求める方向だ。

 患者にも使用に一定の条件をつけるが、年齢で差別しないようにする。ただ投薬しても効き目がない場合もあり、どの患者に効果があるか調べ、一定の効果が期待できる患者に限ることも検討する。また地方などで治療が受けにくくならないよう目配りする方針だ。

 指針対象とする最初の新薬はオプジーボ。1人あたり年3500万円の超高額薬だが、手術のできない末期がん患者にも劇的な効果があると期待される。



 ただ患者5万人にオプジーボを1年間使うと、薬代だけで1兆7500億円かかる。これは薬剤費全体の2割に相当する。日本医師会も「皆保険制度が維持できなくなる」との危機感を持ち、何らかの対策が必要とみる。

 厚労省はオプジーボと並行し、高コレステロール血症治療薬「レパーサ」の指針づくりも進める。今年4月に発売し、1キットあたりの価格は2万2948円。ただ繰り返し投与するため、患者負担は高くなりがち。厚労省は適正使用を促し、薬剤費の増加を抑えたい考えだ。

 12年度の薬剤費は8.5兆円と、この10年で2兆円増えた。近年はC型肝炎治療薬「ソバルディ」など、高額薬が相次ぎ登場している。中小企業の社員が加入する全国健康保険協会(協会けんぽ)では高額薬剤の使用が増え、15年度の保険給付費が6.3%増えるなど保険財政にも影響が出つつある。

 厚労省は指針の導入とともに、保険適用の対象とする病気を拡大する際に、価格も引き下げる案も検討する方針だ。医療費が膨張する中で、適用範囲が広くなりすぎているとの指摘もある。薬を使いたいという患者の希望に歯止めをかけるわけにはいかないため、医療費抑制とどう両立するかが課題になる。


日経新聞














【2016/07/21 06:17】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
井岡一翔が11回KOでV3、統一戦に意欲 、和氣慎吾4度ダウン、グスマンに11回TKO負け
エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)で開催されたダブル世界タイトル戦のメインイベント、WBA世界フライ級タイトルマッチは、王者の井岡一翔(井岡)が挑戦者6位キービン・ララ(ニカラグア)に11回1分11秒TKO勝ち。3度目の防衛に成功した。


井岡(左)は試合が進むにつれてララを引き離した

 スタートは挑戦者のララが積極的に出た。得意とするアッパーで井岡に襲い掛かり、手数で上回った。井岡はこれをブロッキングとバックステップでかわしながら、右クロス、左ボディブローでボクシングを組み立てようとした。しかし、ララは休まず攻める意識を徹底。井岡は頭をつけて打ち合うシーンを余儀なくされ、有効打で上回りながらも、いくらか被弾しながらの序盤戦となった。

 しつこく手を出す相手に対し、下からじっくり削っていくのはチャンピオンの得意とするところだ。井岡が5回、左ボディブロー、左のダブルを次々に決め、右もフォローするとララの動きが鈍くなってきた。

 試合は井岡のペースとなり、ララが踏みとどまって中盤は進行。ララは8回に再び左アッパーと右ストレートで井岡を攻めたて、反撃の気持ちを見せる。しかし9回、ララの攻勢をしのいだ井岡が左ボディブローと右でララにダメージを与える。10回はボディ攻めから右ストレートにつなげると、ララが大きく後退。追撃したところでララがついにダウンした。

 迎えた11回、ダメージの深いララに井岡が右を浴びせると挑戦者が2度目のダウン。キャンバスに座った状態で10カウントを聞いた。次戦でWBAスーパー王者&WBO王者フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)との一戦が期待される井岡は20勝12KO1敗。ララは18勝6KO2敗1分。



和氣慎吾4度ダウン、グスマンに11回TKO負け

 大阪ダブル世界タイトルマッチのセミで行われたIBF世界S・バンタム級王座決定戦は、元OPBF同級王者で1位の和氣慎吾(古口)が2位ジョナタン・グスマン(ドミニカ共和国)に11回2分16秒TKO負け。決定戦は前王者カール・フランプトン(英)の王座返上によるもの。


和氣(左)は序盤にダウンを喫したのが響いた

 スピードが自慢のサウスポー和氣と100%のKO率を誇るグスマンの一戦。初回、軽快に動き出した和氣はワンツーを上下に打ち分け、動きはいいように思われたが、ラウンド中盤からグスマンがグイグイと前へ。和氣はフットワークとダッキングで防御するが、しのぐのが精いっぱいというムードだ。

 グスマンは2回も攻勢に出て、鋭い踏み込みから強打を振り回し、左フックを決めて和氣をキャンバスに突き落とした。グスマンはさらに手を緩めず襲い掛かり、再び左フックで和氣は2度目のダウン。ここをカウント8で立ち上がった和氣は、このラウンドを何とかしのぎコングに救われた。

 3回に入ると和氣は足を使い、ボクシングを立て直そうと試みた。しかし、流れを押し戻すことはできず、グスマンの巻き込むようなパンチで倒れると、スリップのようにも見えたが、これがダウンの判定。4回も劣勢の和氣は、5回に右ストレートを食らって背中からキャンバスに叩きつけられた。このラウンドの終了ゴング直後に左フックをもらい、力なくコーナーに崩れ落ちる不運も。

 敗色濃厚の和氣は6回から反撃開始。果敢にワンツーを打ち込み、7回にはバックステップで下がるグスマンを追いかけ続けた。終盤は攻める和氣に対し、疲れも見え始めたグスマンはアウトボクシングで対応。和氣は大きく顔を腫らしながらあきらめずに攻め続けたが、11回、グスマンが攻勢に出たところで主審が試合を止めた。和氣は20勝12KO5敗2分。グスマンは22勝22KO1無効試合。

BoxingNews













【2016/07/21 06:16】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大人が昼から街ゾロゾロ、「ポケモンGO」巧妙な仕掛け
米国でスマートフォン(スマホ)用位置ゲーム「Pokemon GO(ポケモンGO)」が爆発的なブームとなっている。米サンフランシスコの街中などでは、平日の昼間に多くの大人達がスマホをのぞき込みながら街を歩き回り、「ポケモン」収集に励んでいる。

 ポケモンGOの人気を確かめるために筆者がサンフランシスコに繰り出したのは2016年7月13日(米国時間)のこと。米国でリリースされたのが2016年7月6日(同)なので、ちょうど1週間が経過している。実際に街に出てみると、ポケモンGOのプレーヤーはすぐに見つかった(写真1)。


写真1 ポケモンリュックを背負ってポケモンGOをプレーする男性

 この男性はポケモンを集める「モンスターボール」(カプセル)をあしらったリュックサックを背負いながら、サンフランシスコの「フィナンシャルディストリクト(金融街)」や「ユニオンスクエア」に近いダウンタウンで、ポケモンGOに励んでいた。

 話を聞けば、昔からの熱心なポケモンファンで、サンフランシスコにあるテクノロジー関連企業に勤めるエンジニアとのこと。オフィスはこの近所にある。「平日の昼間なのに仕事はどうしているの?」と尋ねたところ、「休憩時間にオフィスの周りでポケモンGOをしてるよ」という返事が返ってきた(写真2)。


写真2 サンフランシスコのテクノロジー企業に勤務するという男性


写真3 ポケモンGOでポケモンを収集する画面

 ポケモンGOはスマホを片手にプレーヤーが実際に街を歩きながら、「ポケモン」を収集するゲームだ(写真3)。街中にある観光名所やモニュメント、小売店などには、アイテムを手に入れられる「ポケストップ」や、自分のポケモンをほかのプレーヤーのポケモンと戦わせる「ジム」が設定されている。

 プレーヤーはこうしたポケストップやジムを経由しながら街を歩き回るので、それらが設定されている観光名所には特に、ポケモンGOのプレーヤーが集まっている(写真4)。

 プレーヤーは観光名所なのに名所は見ずにスマホをのぞき込み、しばらく立ち止まるとすぐに移動を始める。出会ったポケモンをゲットしたり、ポケストップにチェックインしてアイテムなどをゲットしては、その場所をすぐに立ち去っているわけだ。

 単独ではなく、2~3人のグループで歩き回っているケースも多い。そういう場合は、スマホをのぞき込みながら足早に歩き去って行くのですぐに分かる。30代ほどの男女のカップルがポケモンGOをしながら歩いて行く姿も目にした。


写真4 サンフランシスコの観光名所「ユニオンスクエア」

 ポケモンGOに対する興味は総じて高い。筆者が日曜日(7月10日)にスーパーに買い物に行ったところ、レジ打ちの店員にいきなり「ポケモンGOをやってる?僕もやりたいよ」と話しかけられた。またポケモンGOプレーヤーを探すため、自分でもポケモンGOをプレーしながらサンフランシスコの公園「ミッション・ドロレス・パーク」を歩いていたら、日光浴をしている地元民のグループに「ポケモンGO?」と声をかけられた。日本人がスマホを見ながら歩いていると、総じてポケモンGOをしているように思われるようだ。

■夏休みだが子供プレーヤーは見かけず

 興味深いのは、ポケモンGOをプレーしている子供達には全く出会わなかったことだ。筆者は今回、サンフランシスコのユニオンスクエア周辺と、オシャレな飲食店の多い「ミッション地区」を昼間から夕方にかけて散策したが、ポケモンGOをプレーしているのは皆、20~30代の大人ばかり。子供は見かけなかったのだ。

 米国では6月から小学校は夏休みに入っている。ところが米国では、子供は常時大人と一緒に行動するように、州の法律によって子供の親に義務付けられている。つまり子供がポケモンGOをするには、親の同行が欠かせないのだ。そのため、平日のダウンタウンでポケモンGOをする子供は、夏休みとはいえ見かけられなかった。

 任天堂やゲームの開発元である米Niantic(ナイアンティック)はダウンロード数などを公表していない。しかし、平日の昼間にこれだけの大人が街中でプレーしているのだから、米国でポケモンGOがブームを迎えているのは、間違いないと感じた。

 ポケモンGOは間もなく、日本でも配信が始まる予定。以下では米国でのプレー内容を基に、ポケモンGOがどのようなゲームかざっと紹介しておこう。

■プレーヤーを歩かせ健康に

 ポケモンGOの基本的な流れは、街をとにかく歩いて、ポケモンを収集することにある。ポケモンがユーザーの近くに現れるとスマホが振動するので、アプリケーションを開いてポケモンにモンスターボールを投げつけて、ポケモンをゲットしていく。アプリはスマホのGPS(全地球測位システム)センサーを使ってプレーヤーが歩く距離などをチェックしているようで、しばらく歩かないとポケモンは現れてくれない。

 街を歩き回る際には、観光名所などに設定された「ポケストップ」を巡っていくのが効率的だ(写真5)。ポケストップはモンスターボールなどのアイテムやポケモンの「卵」などが手に入るというスポットだ。


写真5 ユニオンスクエアのハートモニュメントに設定された「ポケストップ」


写真6 「ポケストップ」や「ジム」を表示したマップ画面。青色の立方体がポケストップのマーク、ステージのような施設がジム

 Nianticは同社の位置ゲーム「Ingress(イングレス)」の「ポータル(陣取り合戦の拠点)」をポケストップに転用したようで、有名な観光名所だけでなく、地元の小さなお店やよく分からないオブジェなどもポケストップとして登録されている(写真6)。Nianticは米Google(グーグル)から独立した企業。Google社員が特に多く住むと言われる「ミッション地区」には、数十メートル間隔でポケストップが設定されているほどだった。

 ポケモンGOではプレーヤーは赤、青、黄色の三つのチームのいずれかに所属し、観光名所や店舗などに設定された「ジム」にポケモンを配置することで、そのジムを自分のチームのものにしていく(写真7)。


写真7 前方の店舗に「ジム」が設定されている

 ジムに他チームのポケモンが配置されている場合は、そのポケモンと自分のポケモンとを戦わせて、他チームのポケモンを追い出していく(写真8)。同じチームのポケモンと戦わせることで、自分のポケモンをトレーニングする仕組みもある。


写真8 ジムでのポケモンバトルの画面


写真9 ポケモンの卵を孵化器に入れた画面

 ポケモンGOはつまり、ポケモン収集とジムの「陣取り合戦」を中心としたゲームだ。もっともその本質は、プレーヤーをひたすら歩かせて健康にすることにあるようだ。例えば、ポケストップで手に入るポケモンの卵を「孵化器(インキュベーター)」に入れると、ポケモンが卵から生まれてくるのだが、その生まれる条件は「一定の距離を歩くこと」。筆者が手に入れた卵の中には、プレーヤーが10キロメートルを歩かなければ孵化(ふか)しないものもあった(写真9)。

 なお、ポケモンGOでは英語版であっても距離の表記はメートル法であり(米国ではメートルではなくヤードやマイルを使うのが一般的)、米国の報道によれば多くの米国プレーヤーがメートル表記に戸惑っているとのこと。Googleの検索クエリーの動向を示す「Googleトレンド」でも、キロメートルとマイルの両方を検索するクエリーが、この1週間で激増している(写真10)。


写真10 キロメートルとマイルの両方を検索するクエリーが増えている

 サンフランシスコでは7月20日の夜に、数千人のプレーヤーが一斉にポケモンGOをしながら街を歩くイベント「Pokemon Go Crawl」が有志の手によって企画されている。Facebook(フェイスブック)のイベントページでは、既に5700人が参加予定を表明し、2万3000人が「興味あり」としている。

 ポケモンGOはさまざまな意味で、米国社会に大きな影響を与え始めていると言えそうだ。


[ITpro 2016年7月14日付記事]













【2016/07/20 05:48】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「iOS 9.3.3」リリース、セキュリティの問題を解消
AppleがiOS 9.3.3をリリース。セキュリティの問題が解消される。iPhoneは4s以降が対象。



 Appleが7月19日(日本時間)、iOSデバイス向けの最新OS「iOS 9.3.3」をリリースした。

 アップデートにより、iPhoneとiPadの不具合と、セキュリティの問題が改善される。

 アップデートはWi-Fi経由で端末から、またはiTunesと接続して行える。アップデート用のファイルサイズは、iPhone 6sからダウンロードする場合が55.8MB。

 対象となるのはiPhone 4s以降、iPod touch(第5世代以降)、iPad 2以降。

ITmedia













【2016/07/20 05:48】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アマゾンダッシュボタン 決め手は価格よりブランド力
米アマゾン・ドット・コムがモノをインターネットにつなぐIoTのアプローチとして米国で展開している「ダッシュボタン」が、いよいよ注目されている。


新型ダッシュボタンは機能をプログラミングできる

 日本では未発売だが、このボタンはどこにでも貼れる小さなWi―Fi通信機器になっている。通信可能な場所なら家の中のどこからでもボタンひとつで発注できる。

 例えば洗濯機に洗剤のボタンを貼れば、洗剤が切れた時にすぐにボタンを押して注文できる。米国では日用品や食品など、対応ブランド数が160以上に広がった。

 そして今回、さらにプログラム可能なボタンまで発売したことが話題になっている。

 アマゾンのクラウドと連動して様々なプログラムを組み込んでおける。例えば近くのお弁当屋が「A定食」「B定食」のような発注ボタンを作成。お得意さんに配っておいて、押されれば作り始めるという売り方も可能になるかもしれない。エアコンと扇風機を同時に動かすようなリモコンに使える可能性もある。

 メーカーもアイデア次第で、自社製品やサービスを簡単にIoT化できるツールになる可能性を秘めているのだ。

 様々なブランドを展開しているメーカーにとっては、とても重要なチャネルが誕生したと言える。かつてはCMを大量に投入し、大手流通の棚の良いところを取るために頑張るのがメーカーのマーケティングだった。

 インターネット通販の時代になり、スマホのアマゾンアプリの中で検索して比較される時代になると、価格もますます重要な要素になった。

 しかし、ダッシュボタンの場合、消費者はボタンを押すタイミングでは価格を確認していない。つまり安さで選ばれるというよりも、あらためてブランドとして選ばれることになるのだ。

 トイレにこのボタンを貼ったとする。トイレットペーパーが無くなれば価格や他社の新製品があるかどうかではなく「すぐにこのブランドで補充しよう」という選択が優先される。自社ブランドのボタンを適切な場所においてもらえるかという、新しい競争に突入したと言えるだろう。

 さすがに冷蔵庫の扉に貼れるボタンの数には限りがある。ひとつのジャンルで一度選ばれたボタンを違うブランドに切り替えるスイッチングコストは、スーパーの棚で選んでもらうよりもかなり高くなるかもしれない。新しい囲い込みツールとしての側面がある。

 さらに顧客の行動データとしても可能性が広がる。これまで日用品などはスーパーのPOS(販売時点情報管理)などで買われた場所や時間しかデータが取れなかったが、このボタンはその商品が利用される直前や直後に発注ボタンとして押される可能性が高い。

 つまり、顧客がどんなタイミングで買いたくなるかまでをアマゾンは行動データとして取得可能になり、メーカーもそれを知りうることになる。「1カ月にボタンを押してもらう回数を増やすためにどうしたらよいか」という指標管理が重要になるかもしれない。

 これまでは小売りなどの販売チャネルが重要視されてきたが、IoTの進展は、商品が使われ価値を提供しているその現場そのものにメーカーが近づけるようになることを意味する。

 そしてそのシーンにおいて、最も必要とされるブランドになることが求められる。例えば友人が遊びに来た時に、家の洗面所やトイレや冷蔵庫のボタンを見られて自慢できるようなブランドになれるのか。「我が家は20年このボタンだよ」。そんな新しいブランド評価の軸さえ生まれてくるかもしれない。



〔日経MJ2016年7月15日付〕














【2016/07/19 05:26】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ