SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
松山が日本最高タイの4位 男子ゴルフ世界ランキング
【ニューヨーク=共同】男子ゴルフの26日付最新世界ランキングが発表され、松山英樹が日本男子史上最高に並ぶ4位に浮上した。前週は5位。直近の試合には出場しなかったが、ヘンリク・ステンソン(スウェーデン)と入れ替わり、1987年に中嶋常幸がマークした日本勢最高に並んだ。

 1位はダスティン・ジョンソン(米国)で2位ジェーソン・デー(オーストラリア)、3位ロリー・マキロイ(英国)は変わらなかった。池田勇太は37位、谷原秀人は56位、小平智は109位、石川遼は111位となった。

 女子では2010年に宮里藍が世界ランキング1位となった例がある。




















スポンサーサイト
【2017/02/28 07:01】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
挑戦者カールソン「勝利確信」 山中慎介は余裕


 3月2日両国国技館で挙行されるWBC世界バンタム級タイトルマッチの予備検診が27日、ホテルグランドパレスで行われた。コミッション・ドクターの所見ではチャンピオン山中慎介(帝拳)、挑戦者6位カルロス・カールソン(メキシコ)ともに異常はなし。

 この日カールソンと初めて顔を合わせた山中は「思っていたより細いかな。それぐらいですよ」と、淡々と相手の印象を語った。これに対しカールソンも山中を見て「安心した、(勝利を)確信した」となぜか豪語したから、やはり相当の自信家だ。

 実際のところ、身体データ上で両者は接近している。それでもこれが世界戦13度目のベテラン山中は「過去のどんな相手でも数値を気にしたことはない」と語り、風格を漂わせた。「毎試合調整はうまくなっていますけど、今回もいまの時点で心に余裕がありますし、試合が楽しみです」(山中)

 来日前からの順調な調整をアピールするカールソンは、昨日も都内を観光したという。「日本では体重調整だけ。準備はもうできている。きょうでも戦えるよ」と最後まで強気の姿勢を崩さなかった。検診結果は以下の通り。

山中慎介      カルロス・カールソン
170.5㎝    身長  169.0㎝
36.0㎝    首周り 34.5㎝
87.0㎝    胸囲  88.0㎝
177.0㎝   リーチ 177.0㎝
左1.2 右1.0 視力  左1.0右1.5
76      脈拍  42


BoxingNews



















【2017/02/28 07:01】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
パッキャオ&カーン、両選手が“交渉締結”とSNS発信
現WBO世界ウェルター級王者で、6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン=写真左)が26日、公式ツイッターで「チーム・パッキャオとチーム・カーンの交渉は、4月23日に試合をすることで合意に達した。これはファンが望むカードだ」と発信した。


 同じタイミングで元S・ライト級世界王者のアミール・カーン(英=写真右)も「パッキャオとのスーパーファイトに合意した」とツイート。ともに開催地など詳細には触れていない。

 パッキャオの次戦をめぐっては、4月23日、オーストラリアのブリズベン、またはアラブ首長国連邦(UAE)でジェフ・ホーン(豪州)との対戦が内定したと伝えられていたが、ホーンの知名度の低さが問題となっていた。こうした状況の中、パッキャオが22日、SNSでカーンと対戦交渉を進めていると明言。その行方が注目されていた。

 パッキャオをプロモートするトップランク者のボブ・アラム氏は、22日の段階でパッキャオvsカーンの実現に懐疑的な見方を示していた。今回のツイートを受けてのアラム氏の見解はいまのところ明らかになっていない。


BoxingNews


















【2017/02/27 06:47】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
iPhone7/7 Plusの「ジェットホワイト」モデルを手に入れる方法

iPhone7 ジェットホワイトケース

一時期、iPhone7/7 Plusにジェットホワイトモデルが追加されるという噂が流れていましたが、現在ではその噂も下火になった感があります。

しかしジェットホワイトモデルがどうしても欲しいのであれば、入手可能であることがわかりました。ただし「ケース」ですが。

本物のiPhone7/7 Plusジェットホワイトモデルではないが…

昨年11月頃から、iPhone7/7 Plusにジェットホワイトモデルが追加されるという噂が浮上し、モックアップの動画まで出回っていました。今年に入ってからも「iPhone7のジェットホワイトモデルが映り込んだ!」という話題が注目を集めるなど、いかに同色への関心が高いかがわかります。

残念ながらAppleがこの時点でiPhone7/7 Plusのジェットホワイトバージョンを発売する可能性は低そうですが、手持ちのiPhoneを同モデル「風」にすることは可能です。

厚み0.5ミリの薄型iPhoneケース

iPhoneケースを製造販売する米カリフォルニアのTotalleeが、0.02インチ(約0.5ミリ)という薄さのiPhoneケース「Scarf」シリーズを販売しており、8色のカラー展開のなかにジェットホワイトがあります。Appleロゴが見えなくなるので本物感は薄れますが、ジェットホワイトモデルを所有している気分は味わえそうです。

お値段は19ドル(約2,130円)で、海外にも出荷してくれます。ちなみにカラーはフロスティッドホワイト、ジェットホワイト、マットブラック、ジェットブラック、グレイ、ネイビーブルー、バーガンディーレッド、ディープグリーンの8色です。iPhone7/7 Plusのほか、iPhone6/6s、iPhone6 Plus/6s Plus、iPhone5/5s/SE向けがあります。

赤いiPhone7は登場する?

カラーバリエーションの追加といえば、つい最近、中国市場限定で赤いiPhone7がリリースされるとの噂も出ています。


Source:BGR,Totallee
(lunatic)


















【2017/02/26 06:49】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
プレミアムフライデー盛況 会社員より目立つ主婦
月末の金曜日に早期帰宅を官民で推奨し、消費を喚起する「プレミアムフライデー」が24日、始まった。商機と見たサービス・小売業は消費を取り込もうと特別イベントを開いたり、割引サービスを提供したりと盛況に見える。ただ実際に早帰りできる社員は大企業に限られ少数派だ。官が吹く笛の音は高いが、消費余力を持つ会社員がイベントに参加する動きは想定ほど広がっていないようだ。


「プレミアムフライデー」が始まり、ヨガを楽しむ参加者(24日午後、東京都中央区)


プレミアムフライデーで仕事帰りにビールで乾杯する会社員(24日午後、東京都港区)

 「吸って、吐いて。右手を下ろしましょう」。JTBコーポレートセールス(東京・千代田)は午後4時半から東京・銀座でホットヨガの体験講座を開いた。女性を中心に30人近くが集まった。

 東日本旅客鉄道(JR東日本)などは東京駅、日本橋、丸の内エリアのホテルやカフェを中継でつなぎ、同時に乾杯するイベントを開催。計300人程度が参加した。

 都心では「プレミアムフライデー」と銘打ったイベントが相次いだ。小売りやサービスの各社は万全の準備でこの日に臨み、経済産業省には24日午後5時時点で4260団体・企業がロゴマークの使用を申請している。



 地域振興券など過去に「官」が振った旗に比べ今回は街にサラリーマンが繰り出すよう促し、自らの懐からお金を使ってもらう意図が明快だ。イベントや割引サービスを用意する店舗側も多くの費用がかかるわけではなく、催事の一環として手を付けやすかった。

 よみうりランド(東京都稲城市)は割安入園券を発売し、午後3時に数十人の行列ができた。会社員の今村かおるさん(36)は「午後1時に退社して来た。普段は残業するのが普通なのでストレス解消になる」と話す。 三越銀座店(東京・中央)の浅賀誠店長は「来店客が普段より多いと感じる」と言う。ワタミの居酒屋「ニッポンまぐろ漁業団」(東京・港)は午後3時すぎに会社員らでほぼ満席に。神奈川県厚木市の会社員、平林憲爾さん(46)は「仕事が早く終わるのはメリハリがつく」と期待する。

 政府は積極的に広報活動を続け、どのイベントも一定の集客につながったようだ。ただ本来ターゲットとする早帰りの会社員ではなく主婦層の来店も目立つ。東京都品川区のイオン品川シーサイド店は通常の金曜に比べ客数は多いもののスーツ姿の男性はまばら。イベント目当ての主婦層が多かったようだ。

 住友商事やソフトバンクなど大企業は働き方改革として早帰りに取り組む。一方、日本経済新聞が街頭で聞いた100人のうち早帰りなどの制度が「ある」と答えた人は8人。江東区の会社に勤める男性会社員(56)は「仕事量は変わらず午後3時までに終わらない」とこぼす。地方への効果も薄く、三条商工会議所(新潟県三条市)の鈴木秀俊事務局長は「完全週休2日制さえ難しい中小企業にはなじまない」と懐疑的だ。静岡市のように市役所と商議所が一体で定時前退社を促す動きもあるが多くの自治体は盛り上がりに欠ける。


日経新聞



















【2017/02/25 05:48】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新型iPad Pro、5月まで発売されない?台湾メディア報じる


3月のスペシャルイベントで、発表されるという説が濃厚となっていた次期iPad Proですが、台湾メディアDigiTimesが5月まではリリースされないという、ユーザーを失望させる情報を報じています。

在庫整理で次期iPad Proの発売準備スタートか

Appleは今年、9.7インチ版、ベゼルの薄い10.5インチ版、12.9インチ版のiPad Pro 2(モデル名については諸説あり)の計3モデルを発売するといわれています。

アメリカのApple正規位販売店やAppleオンラインストア、また日本のAppleオンラインストアで12.9インチのiPad Proが在庫切れ、または出荷まで2~3週という表示に切り替わったことから、Appleは12.9インチiPad Proの発売準備に入ったという見方が強まっていました。

またDigiTimesは、iPad Air 2も在庫切れだと伝えており、Apple日本のオンラインストアで確認したところ、12.9インチiPad Proと同じく、いずれのカラー、容量、接続方式のモデルも、出荷まで2~3週となっていました。また地域によっては一部iPadモデルの値下げも始まっているようです。

次期iPad Proは5月か6月まで発売されない?

こうした状況を受けてベンダーの間では、10.5インチまたは12.9インチのiPad Pro 2、そして9.7インチ版が2017年第1四半期にリリースされるだろうという期待論が高まっていました。

しかしDigiTimesは関係筋から得た情報として、少なくとも10.5インチ版と12.9インチ版については、5月か6月まではリリースされないと伝えています。

そのため2017年通年でのiPadの出荷台数は、2016年から若干減の40,000万台程度になると推測されています。

Source:DigiTimes
(lunatic)



















【2017/02/25 05:48】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Apple、Touch IDに代わり音響技術を採用?耳や手のひらでの認証も可能に


今年発売見込みのiPhone8に関する噂に、Touch ID内蔵の物理的なホームボタンが消失し、顔認証や虹彩認証など別の生体認証技術が採用されるというものがあります。

しかし現地時間2月23日に公開された特許から、新たな可能性が浮上してきました。

音響波を使って認証

「音響映像システム・アーキテクチャ」と題された特許出願書類において、AppleはこれまでのTouch IDのような指紋認証センサーを、音響変換器に置き換える案を提示しています。

仕組みを簡単に説明すると、まずディスプレイの下に置かれた音響変換器が、iPhoneのカバーガラスなどを通過する音響波またはパルスを発生します。

次に同じ音響変換器が、今度はディスプレイの表面に指などが触れたことによって起きた、音響波への反射、減衰、回析をモニターします。出願書類によれば、指紋の凹凸によって音響波が異なるため、識別に利用できるとのことです。

こうして収集されたデータは電気信号の形で伝えられ、内蔵の画像解析器が信号をもとに2次元マップを生成します。このマップがデータベースと照合され、ユーザー認証に用いられるという訳です。

耳や手のひら、皮膚も認証に使える

このシステムの特徴は、触れて認証する範囲や場所を自由に変えられる点で、たとえばベゼルぎりぎりの縁などにも設置できます。またディスプレイ全体を使って、手のひらすべてを認証するように設定することも可能です。

そのため、耳や指以外の皮膚など、指紋以外の身体の部分を認証に用いる可能性も検討できます。

Touch IDに代わる認証システムとしては、KGI証券のミンチー・クオ氏がフロントカメラを使った3D画像認識システムの搭載を予想しているほか、JPMorganのロッド・ホール氏が3Dレーザースキャナーによる顔認証が登場すると予測しています。


Source:AppleInsider
(lunatic)



















【2017/02/24 05:59】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
パッキャオが心変わり!? カーン戦が急浮上


WBO世界ウェルター級王者で6階級制覇チャンピオンのマニー・パッキャオ(フィリピン=写真左)が22日、自身のツイッターで発信。元王者アミール・カーン(英=写真右)と対戦する可能性を伝えた。パッキャオは「チームと私は次の試合に向けてアミール・カーンとの交渉に入っている。続報はまたあとで」と記した。

 パッキャオは4月22日、豪州のジェフ・ホーン(WBO&IBFウェルター級2位)と豪州かUAE(アラブ首長国連邦)で対戦することが内定している。しかし正式発表は遅れ、現段階で「来週公式アナウンスを行う」と報じられる。

 ホーンの知名度が低いことがネックになっており、もしUAE開催になると、英国生まれながらパキスタン人の両親を持つカーンが興行的に有利だと推測される。メディアの報道ではUAEの投資家が3800万ドル(約43億円)を準備しているといわれる。

 このニュースにパッキャオのプロモーター、ボブ・アラム氏は「今回の件は不確かで信用できないし、契約が締結するとは思えない。もしマネーが調達されれば、マニーはハッピーだろうが」と静観する。あくまでホーン戦を実現させる構えだ。


BoxingNews



















【2017/02/24 05:59】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
WBAメンドサ会長来日「暫定王座には厳しく対応」
WBA(世界ボクシング協会)のヒルベルト・メンドサJr会長が22日、東京・水道橋のJBC(日本ボクシングコミッション)を訪れ、報道陣の質問に答えた。

 この日メンドサ会長はあらためて「WBAのチャンピオンを一人にしぼっていく」と強調。これは2015年末に先代のメンドサ・シニア前会長の跡を継ぎ、新会長となって掲げた方針だ。


左から渡辺会長、メンドサWBA会長、秋山JBC理事長

 スーパー、レギュラー、暫定とチャンピオン濫造を繰り返し不評を買い続けたWBAは、中でも暫定王座を巡って非難されているが「経済的に恵まれない地域のボクサーにチャンスを与えるために設けだしたが、最終的にベルトの価値観が薄まってきた」とメンドサ会長は認める。

 そして「その状況を変えようとしている」と力説。現在、17階級中7階級でチャンピオンが1人に減っていることをアピールし「18年までに全階級で実現させたい」と希望を語った。ちなみに「ベルト一本化」が進んだとして、今後新たに暫定王座を設けることには「厳しく対応する」とのことだ。

 会見前にはJBCと会合を持ち、WBAがアジア圏で新しく設ける地域王座の日本への参加を呼び掛けた。「日本が参加してくれることにより、(地域タイトルの)試合の質がよくなっていく。あすからでもスタートしたいぐらい」とメンドサ会長は意欲的だが、これはWBOのアジアパシフィック王座(JBC非公認)のようなものか。JBCは「参加するかどうかは、あまり時間をかけずに議論して結論を出したい」としている。

BoxingNews


















【2017/02/23 07:09】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
浦和4発で白星発進、鹿島も快勝 サッカーACL開幕戦

浦和―ウェスタンシドニー 後半、先制ゴールを決め喜ぶ浦和・興梠(21日、キャンベルタウン)=共同

 【キャンベルタウン(オーストラリア)=共同】サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は21日、日本勢のいる東地区が開幕して各地で1次リーグ第1戦が行われ、F組の浦和は敵地でウェスタンシドニー(オーストラリア)に4―0で完勝した。E組の鹿島はホームで蔚山(韓国)を2―0で下した。

 浦和は後半、興梠が先制ゴール。その後は李、槙野らが加点した。鹿島は0―0で迎えた後半に金崎が均衡を破り、鈴木が追加点を奪った。F組の上海上港(中国)はFCソウル(韓国)に1―0で勝ち、E組のブリスベン(オーストラリア)―ムアントン(タイ)は0―0で引き分けた。

 22日はG組の川崎が水原(韓国)と、H組のG大阪がアデレード(オーストラリア)と顔を合わせる。1次リーグは32チームが東西で4組ずつに分かれて行われ、各組上位2チームが決勝トーナメントに進む。



















【2017/02/22 06:28】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
次期「iPhone」の有機EL搭載モデル、RAMは3GBで、ストレージ容量は64GBと256GBか
市場調査会社のTrendForceが、次期「iPhone」に関する最新の調査内容をまとめたレポートを公開し、ハイエンドモデルは5.8インチのディスプレイを搭載していると報じています。



5.8インチモデルは物理式ホームボタンが廃止され、ベゼルレスのデザインを採用し、ボディサイズは4.7インチの「iPhone 7」に近いサイズになる可能性があり、ディスプレイは生産歩留まりの問題や落下テストの結果から曲面ディスプレイは採用されず、現行の「iPhone 7」シリーズと同じラウンドエッジ加工が施された2.5Dガラスが採用されるとのこと。

また、RAMの容量は「iPhone 7 Plus」と同じ3GBで、ストレージ容量は64GBと256GBが用意され、顔認識や拡張現実(AR)機能を提供するための3Dセンシング技術が搭載されることも予想されています。

なお、上記のハイエンドモデル以外に、4.7インチと5.5インチの新型「iPhone」も用意されますが、こちらは有機ELではなく通常の液晶ディスプレイが引き続き搭載され、RAMの容量も「iPhone 7」シリーズと同じく4.7インチモデルが2GB、5.5インチモデルが3GBになるとのこと。





















【2017/02/22 06:28】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
松山、5位で変わらず 男子ゴルフ世界ランキング
男子ゴルフの19日付世界ランキングが発表され、松山英樹は5位で変わらなかった。池田勇太は35位から36位に後退し、谷原秀人が58位から56位に上がった。小平智は109位、石川遼は115位だった。

 ジェネシス・オープンを制したダスティン・ジョンソン(米国)が3位から自身初の1位に浮上した。昨年3月下旬からトップだったジェーソン・デー(オーストラリア)が2位に下がり、3位はロリー・マキロイ(英国)だった。〔共同〕




















【2017/02/21 06:45】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Apple、3月末の新型「iPad Pro」発表イベントで「iPhone SE」の128GBモデルや「iPhone 7」のレッドモデルなども発表か
Macお宝鑑定団Blogが、情報筋の話として、2017年3月末に開催される「iPad Pro」の発表イベントにおいて、「iPhone SE」の128GBモデルが発表される可能性があると報じています。



また、次期モデルに追加されると噂されていたレッドモデルは、現行の「iPhone 7/7 Plus」に追加される可能性があり、「Apple Watch」用の新しいバンドも発表される可能性もあるとのこと。

更に、新型「iPad Pro」シリーズの9.7インチと12.9インチモデルについては3月末に出荷が開始され、10.5インチモデルは5月に出荷が開始されるとも報じています。



















【2017/02/21 06:45】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
錦織が今季初優勝逃す アルゼンチンOPテニス
【ブエノスアイレス共同】男子テニスのアルゼンチン・オープンは19日、ブエノスアイレスで行われ、シングルス決勝で世界ランキング5位の第1シード、錦織圭(日清食品)は世界66位のアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)に6―7、4―6で敗れ、今季初優勝とツアー通算12勝目を逃した。

 ドルゴポロフは5年ぶり3度目のツアー制覇で賞金約9万7千ドル(約1100万円)を獲得した。

 錦織の次戦は20日からリオデジャネイロで行われるリオ・オープンに出場する。



















【2017/02/20 05:52】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
野村、4打差7位に浮上 米女子ゴルフ第3日

第3ラウンド、8番でアプローチショットを放つ野村敏京。通算6アンダーで7位(18日、ロイヤルアデレードGC)=共同

 【アデレード(オーストラリア)=共同】米女子ゴルフのISPSハンダ女子オーストラリア・オープンは18日、アデレードのロイヤルアデレードGC(パー73)で第3ラウンドが行われ、39位からスタートした昨年覇者の野村敏京は6バーディー、2ボギーの69とスコアを伸ばし、通算6アンダーの213で首位と4打差の7位に浮上した。

 横峯さくらは72で通算2アンダーの23位に上がった。20位から出た18歳の畑岡奈紗は79と大きく崩れ、2オーバーの52位に後退した。

 リゼット・サラス(米国)が通算10アンダーで単独首位に立ち、2打差の2位にはサラジェーン・スミス(オーストラリア)ら3人が並んだ。



















【2017/02/19 06:01】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Apple、「iPhone」向けのワイヤレス充電システムの開発でBroadcomと提携か
CNBCによると、JPMorganのアナリストであるHarlan Sur氏が、将来の「iPhone」には、Broadcomと提携して開発され、カスタマイズされたワイヤレス充電システムが採用される可能性が高いと報告している事が分かりました。



AppleとBroadcomは過去2年間に渡りワイヤレス充電システムの開発に取り組んでいるようですが、「Galaxy Note 7」のバッテリー発火事故によるリコールが影響し、2017年に発売される新型「iPhone」にワイヤレス充電システムが搭載されるかどうかは不明とのこと。

また、次期「iPhone」ではガラス製筐体を採用すると噂されていますが、ガラス製筐体はワイヤレス充電の信号干渉を低減する効果があるとみられており、更に、Appleが急速充電や拡張充電などの独自機能を追加し、他社と差別化を図る可能性もあると指摘しています。



















【2017/02/19 06:01】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
畑岡、5打差の20位に浮上 米女子ゴルフ第2日

第2ラウンド、4番で第2打を放つ畑岡奈紗。通算4アンダーで20位に浮上した(17日、ロイヤルアデレードGC)=共同


 【アデレード(オーストラリア)=共同】米女子ゴルフのISPSハンダ女子オーストラリア・オープンは17日、アデレードのロイヤルアデレードGC(パー73)で第2ラウンドが行われ、81位から出た18歳の畑岡奈紗が1イーグル、5バーディー、2ボギーの68をマークし、通算4アンダーの142で20位に浮上した。首位とは5打差。

 昨年覇者の野村敏京は69で回り、通算2アンダーの39位に上がった。横峯さくらが73で1アンダーの48位。松森彩夏は1オーバーで1打及ばず予選落ちし、上原彩子は2オーバーに終わった。

 サラジェーン・スミス(オーストラリア)が通算9アンダーで単独首位に立った。1打差の2位にはカロリン・ヘドウォール(スウェーデン)ら4人が並んだ。



















【2017/02/18 06:56】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
五十嵐俊幸が4.1ダイナミック登場、世界10位と対戦
4年前に徳島市であったボクシング教室でお世話になった五十嵐元チャンピオン。
ぜひ王者に返り咲いて欲しいものです。

 元WBC世界フライ級チャンピオンの五十嵐俊幸(帝拳)が4月1日、後楽園ホールの「第560回ダイナミックグローブでIBF・WBOフライ級10位ミゲール・カルタヘナ(米)と対戦することになった。


4.1出場の左から五十嵐、正木、江藤伸

 2013年の世界王座陥落から8戦目となる五十嵐(23勝12KO2敗2分)はフライ級でWBO2位、WBC7位、S・フライ級でIBF5位、WBA6位につけており、2階級でチャンスをうかがう。カルタヘナ(15勝6KO3敗)の直近の試合は昨年7月。WBO世界ランカーのジョーバート・アルバレス(比)に初回TKO勝ちし、ランキング入りをはたした。

 セミでは日本S・フェザー級11位の江藤伸悟(白井・具志堅S)が6勝3KO無敗のホープ、正木脩也(帝拳)と同級8回戦。両者は昨年11月に対戦予定だったが、江藤のけがにより試合は中止に。仕切り直しの一戦となる。




















【2017/02/18 06:56】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
高梨が通算53勝 ジャンプW杯歴代最多に並ぶ

優勝を決め、ワールドカップ歴代最多に並ぶ通算53勝目を達成した高梨選手(韓国・平昌)

 【平昌=共同】ノルディックスキー・ジャンプ女子で20歳の高梨沙羅(クラレ)が16日、平昌で行われた来年の冬季五輪のテスト大会を兼ねたワールドカップ(W杯)個人第18戦で通算53勝目を挙げ、男子のグレゴア・シュリーレンツァウアー(オーストリア)が持つジャンプの歴代最多記録に並んだ。今季9勝目。

 ジャンプ女子のW杯は2011~12年シーズンに始まり、高梨は6シーズン、出場89試合目で大記録に到達。1年後に五輪が開催される舞台で好飛躍を見せ、本番に向けて弾みをつけた。22日にはフィンランドのラハティで世界選手権が開幕する。15日に2季連続4度目の個人総合優勝を決めたW杯の次戦は3月12日にオスロで行われる予定。優勝すれば、男女を通じて単独最多の54勝となる。



















【2017/02/17 05:55】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Apple、「WWDC 2017」を6月5日~9日にサンノゼで開催へ!
Apple(アップル)は、開発者向けイベント「WWDC 2017(世界開発者会議2017)」を6月5日~9日に開催すると発表しました! 開催地はカリフォルニア州サンノゼのマッケナリー・コンベンションセンターです(Appleの新社屋の近く!)。



WWDCは例年、開発者に向けたソフトウェアが話題となるイベント。昨年の「WWDC 2016」では、watchOS、tvOS、iOS、macOSの大幅アップデート、それに各種サービスの刷新が発表されました。

一方、今年の発表内容は現時点ではイラスト(トップ画像)から想像するしかないのですが、僕の印象ではコミュニティや共有、連携…といったキーワードが浮かんできますね。はてさて、どうなることやら。

また、開発者向けのチケットの申込みも、3月27日午前10時(太平洋夏時間)から始まるようです。会議の内容は開発者向けウェブサイトやiPhone、iPad、Apple TV用のアプリケーションへストリーミング配信されるので、ぜひ見逃さないようにしたいですね!


GIZMODE



















【2017/02/17 05:55】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
次期「iPhone」シリーズの有機EL搭載モデルは画面下にファンクションエリアを搭載か
Apple関連の情報ではお馴染みのKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏が、次期「iPhone」シリーズの有機ELディスプレイ搭載モデルは、ディスプレイ下部(現在のホームボタンがあるところ)にファンクションエリアを搭載するかもしれないと報告しています。



このファンクションエリアはホームボタン及びTouch IDを置き換えるもので、同モデルのファンクションエリアを含んだ実際の画面サイズは5.8インチ(2800×1242ピクセル)でベゼルレスのデザインとなり、ファンクションエリアを除いたディスプレイサイズは5.15インチ(2436×1125ピクセル)になるとみられています。

この有機EL搭載モデルのディスプレイサイズについては、5インチから5.8インチまでの間で情報が錯綜しているのですが、ファンクションエリアを含む含まないで情報が変わっているだけなのかもしれません。

なお、ファンクションエリアでどのような事が行えるのかは不明ですが、ホームボタンやTouch ID、Touch Barなどで利用可能になる事が予想されます。


[via 9to5Mac]



















【2017/02/16 06:50】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「Apple Watch」の一部モデルが在庫切れに ー 純正バンドのモデルチェンジが近い??
現在、Appleのオンラインストアにおいて、「Apple Watch」の一部モデルが在庫切れとなっている事が分かりました。



公式オンラインストアで在庫切れになると、その製品のモデルチェンジが近いことが予想されますが、「Apple Watch Series 2」は発売からまだ半年も経過していない事からモデルチェンジが近いうちに行われる可能性は低く、今回の在庫切れは純正バンドの刷新が行われる為ではないかとみられています。

在庫切れとなっているのは、ウーブンナイロンバンドやモダンバックル、クラシックバックル、レザーループ、リングブレスレットとセットになった「Apple Watch」の一部モデルで、バンド単体でも一部在庫切れとなっているものもあります。

なお、Appleは去年3月にウーブンナイロンバンドや一部バンドの新カラーモデルなどを発売する純正バンドのモデルチェンジを行っており、もし純正バンドのモデルチェンジが行われるのであれば今年も3月頃と予想されます。


[via MacRumors]



















【2017/02/16 06:50】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
次期「iPhone」のハイエンドモデルはガラス製筐体を採用へ - ディスプレイサイズについては情報が錯綜中
Appleの次期「iPhone」シリーズでは従来の4.7インチと5.5インチに加え、5インチもしくは5.8インチの新たなサイズのモデルが追加されると言われていますが、本日、DigiTimesが、Appleは2017年に4.7インチ、5.5インチ、5.8インチの3つのサイズの新型「iPhone」を発売する予定だと報じています。



5.8インチモデルはステンレス製金属フレームを備えた強化ガラス製シャシー(筐体)を採用したハイエンドモデルになる予定で、4.7インチモデルについては従来のアルミ合金製筐体を引き続き採用し、5.5インチモデルについては筐体の素材などはまだ確認されていないとのこと。

強化ガラス製筐体のステンレス製フレームはFoxconn Technologyと米国のJabil Circuitが供給し、アルミ合金製筐体はCatcher Technologyが供給するそうです。

また、5.8インチモデルは有機ELディスプレイを採用する予定で、本体価格は1,000ドルを超えるのではないかとみられています。

このハイエンドモデルについては、様々な情報があり、有機ELディスプレイとガラス製筐体を採用することはどこの情報も同じですが、ディスプレイサイズだけは5インチや5.8インチなどと、情報が錯綜しているようです。




















【2017/02/15 06:55】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Appleの謎のワイヤレスデバイスがまたFCCの認証を通過 - モデルナンバーは「A1845」
去年9月と今年1月にAppleの謎のワイヤレスデバイスがFCC(米連邦通信委員会)の認証を通過していた事をお伝えしましたが、また新たなデバイスがFCCを通過していた事が分かりました。



今回明らかになったデバイスのモデルナンバーは「A1845」となっており、去年9月に明らかになった「A1844」と、今年1月に明らかになった「A1846」とは連番になり、同じシリーズのデバイスである事が予想出来ます。

「A1844」と「A1846」の時と同じように、モデルナンバーやBluetooth LE及びNFCを搭載している事以外の詳細は不明で、製品のディスプレイユニットやiOSデバイスと通信する為に使用されるiBeaconベースの機器など、Apple Storeで使用されるデバイスではないかとみられています。



















【2017/02/14 06:29】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スマホアプリよりLINE、企業が認める「ビジネス価値」
スマートフォン(スマホ)向けアプリの開発は止め、その代替手段としてスマホ向け無料通話・メールアプリ「LINE」で、アプリと同等のサービスを提供する――。

 こんな大胆な戦略を進めているのが、北海道を中心に運航する航空会社(エアライン)のAIRDO(エア・ドゥ、札幌市)だ。AIRDOは2016年10月18日から、「LINEビジネスコネクト」を利用した飛行機の搭乗サービス「AIRDO ONLINE Service」を始めた。

 AIRDOのLINEアカウントのトーク画面からQRコード取得のメニューを選び、予約番号などを入力すると、搭乗手続きに必要なQRコードがLINEに送られてくる。これを搭乗口で機械に読み込ませるだけで、チェックインが完了する。こんな仕組みだ。LINEは活用次第でアプリに代わる存在にもなり得る。

 マーケティングファネル(見込み客から成約へと徐々に人数が絞り込まれていくこと)において段階ごとに活用できるLINEのマーケティングサービスを下図にまとめた。マーケティングファネルの初期の段階「認知・ブランディング」に効果的なのが、2000万人超が利用する「LINE NEWS」を通じて配信する動画広告や、動画の閲覧完了と引き換えに「LINE ポイント」を提供する「LINE ポイント ビデオ」だ。


LINEは、マーケティングファネルの各領域で活用できるサービスをラインアップとして備え始めている

 「LINEポイントを活用した動画広告は、多いものは1週間で300万~350万の視聴につながる」(LINEコーポレートビジネスグループ広告ビジネス開発部第二アカウントプランニングチームの川代宣雄マネージャー)。新商品の発売のタイミングで認知を取る、あるいはテレビCMと併せてテレビCMが届きにくい層を補完するといった目的で利用されるケースが多いという。

 2016年6月にLINEが提供を始めた運用型広告「LINE Ads Platform」は、購買や資料請求といった直接的に顧客の獲得に活用できる。配信面がLINEの関連サービスであれば、LINEの利用データから推測した性別・年代、興味関心カテゴリーでターゲットを絞って配信できる。現在、配信面はLINE NEWS、LINE上のタイムラインと「その他」のメニュー内と限られるが、12月末にはキュレーションサービス「NAVER まとめ」のアプリにも配信面を広げた。

 さらにターゲティングメニューの充実も図る。コーポレートビジネスグループLINE Ads Platformビジネス推進室の池端由基セールスマネージャーは、「2017年には、LINE公式アカウントで既に『友だち』になっている人を対象として、あるいは除外して、広告を配信できるようにする」と明かす。既存の友だちを除き、新規の利用者にだけアプローチするといった活用法も可能になる。

 このように、LINEにはマーケティングファネルの各領域で活用できるサービスラインアップが備わっている。「もはや、スマホこそが消費者にとってのファーストスクリーンになっている。そのスマホで最も利用されるLINEで、フルファネルのマーケティングを実施する必然性は増している」とLINE上級執行役員の田端信太郎氏は言う。

 ただ正直、現時点ではサービス間の連携が弱い。例えば、LINE ポイント ビデオで動画を見た人に対して、LINE Ads Platformでリターゲティング広告を当てるといった、直接的な連携はできない。LINEもここに課題を感じている。「プライバシーを優先して、積極的に開発してこなかった面もある。技術的にはスタンプを使っている人に対して、リターゲティング広告を配信するといったこともできる。サービスを横断的に活用できるように2017年は開発を強化する」(田端氏)。

 連携が強化されれば、LINE上で認知獲得から顧客獲得、CRM(顧客関係管理)まで一貫したマーケティングの実施も可能になる。国内においてはGoogle(グーグル)やFacebook(フェイスブック)と比肩する、統合的なマーケティングプラットフォームと捉えるべきだろう。メールマーケティングの代替手段という考えからの脱却が必要だ。

■LINE版「Amazon Dash Button」

 LINEのマーケティング活用を支援する事業者に寄せられる問い合わせの"質"も変化している。LINEビジネスコネクトを活用したマーケティング支援事業「TONARIWA」を展開する電通アイソバーの清水常平ソーシャルメディアマーケティング部長はその変化をこう説明する。

 「従来、LINE活用に関する問い合わせの大半は広告宣伝部門やマーケティング部門から寄せられていた。それが2016年に入ると、経営企画室などから、LINEを使って自社のサービスの利用体験を高められないかという問い合わせが大きく増えた」

 実はAIRDOも同社が支援する企業の一社だ。活用の幅が広がり、電通アイソバーのLINE活用の支援事業の売り上げも増加。「LINEのマーケティング活用支援で得た収益が、Facebookの活用支援で得た収益を超えた」(清水氏)。同社はこうした需要に合わせてサービスを強化。直近では対話型AI(人工知能)を活用した、いわゆるbot(ボット)の開発に力を入れている。コミュニケーションツールというLINEの特性を生かした、1対1のコミュニケーションの実現を手助けしていく。


トランスコスモスが提供を始めた「メッセンジャーアプリECサービス」

 家に設置したボタンを押すだけで日用品が届く──。米アマゾンの機器「Amazon Dash Button」はそんな購買体験を実現する。このLINE版とも言えるサービスを提供するのがトランスコスモスだ。同社が2016年12月に提供を始めた「メッセンジャーアプリ ECサービス」は、LINE公式アカウントのトーク上で商品の購入を完了できるサービス。EC(電子商取引)サイトなどの会員IDとLINEのIDを連携することで、自社サイトに既に登録されているクレジットカード情報を使ってLINEのトーク上で商品を注文できる。

 顧客の購買履歴から、よく注文する商品をトーク画面のメニューとして表示し、その画像をタップするだけでも注文が完了する。まさしく、LINE版Amazon Dash Buttonである。

 「もはやLINEは生活のインフラになっている。何かを調べる、物を買う、いずれはあらゆる購買行動をLINEのトークだけで完結できるようにしたい」。トランスコスモスのデジタルマーケティング・EC・コンタクトセンター統括 デジタルコミュニケーション統括部の所年雄統括部長代理はこんな将来像を描く。

 ここからは、「利便性向上」「新規獲得」「CRM」という目的に合わせて、LINEを巧みに活用する各社の事例を通じて、活用の最前線に迫る。

■LINEで飛行機に搭乗

 LINEは「利便性向上」「新規獲得」「CRM」という目的に合わせて活用できるが、AIRDOはまさしく既存のサービスをLINEで実現して利便性を向上させた一社である。

 1998年に運航を開始して以来、AIRDOは大手エアラインに比べて割安な航空運賃と、主にマスメディアを使った販促活動によって、顧客を増やし、成長してきた。しかし、近年では北海道と首都圏を結ぶ航空路線にLCC(格安航空会社)の参入が相次ぎ、競争が激化した。

 こうした市場の変化の中、AIRDOは価格以外の他社との差異化を迫られた。目指したのがデジタルを活用した、利用体験の向上だ。まず、候補に挙がったのはスマホ向けアプリの開発だ。だが、この案はすぐに頓挫する。というのも、スマホアプリは、開発する以上にダウンロード数の拡大と利用の継続率の維持が難しいからだ。

 各種SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)や人気の高い飲食店情報アプリなどを相手に、スマホの画面の一等地を勝ち取るのは至難の業。ましてや頻繁に利用する人がそう多くない航空会社のアプリともなれば、なおさらだ。「開発費用がかかるうえ、実際にどれくらいアプリが利用されるか不透明。何よりリーチが広がる見込みが薄かった」(AIRDO営業本部営業部営業企画グループの三松貴文シニアスタッフ)。

 その代替手段として目をつけたのがLINEビジネスコネクトだった。国内約6000万人というLINEユーザーがそのまま潜在的な顧客になり得るうえ、AIRDOの顧客情報とひも付ければ既存サービスの利便性向上にもつなげられると考えた。こうして開発したのが、AIRDO ONLINE Serviceだ。当初はLINEで搭乗できる機能しか搭載していなかったが、順次機能を拡充していく。


LINE上で展開されるAIRDO ONLINE Service。QRコードを見せてチェックインできる

 まず手始めに、2016年12月に、旅の情報を発信する機能を強化した。顧客がLINE上で「食べる」「体験する」といった項目を選ぶと、該当する情報をトーク画面で返信する「旅ナビ」機能を追加した。AIRDOが主に機内誌用の取材で蓄積してきた同社ならではの北海道に関わる観光情報を整理し、顧客のリクエストに応じて発信していく。

 また2017年1月末までをメドに、現在はメールで顧客が受け取っている航空券の予約・購入に関する通知をLINE上で受け取ることができる機能も導入する予定だ。その後は、「顧客のカスタマージャーニーに合わせて必要な情報を発信し、同時にLINEでコミュニケーションを図っていくことを目指す」(三松氏)。近い将来には、トーク上で航空券の予約・購入ができる機能の導入も検討している。こうして高機能化が進めば、アプリの果たす役割をLINEで再現できることになる。

 AIRDO以外にも、LINEをまるでアプリのように利用する企業はある。例えば、ユニクロやカジュアルブランド「アメリカンイーグル」は、LINEのトーク画面上に会員カード機能を持たせている。メニューから会員カードを選択すれば、利用者ごとに異なるバーコードが表示される。これを店舗の会計時に提示することで、ポイントをためたり、クーポンをもらえたりできる。会員カードをアプリ化する企業は増えているが、LINE化する企業は珍しい。発想次第で活用の可能性は広がる。

 ユニクロはBeaconとLINEを連携する取り組みを、一部の店舗でテスト的に始めている。店舗に近づくと、LINEの友だち登録を促すといった具合だ。こうしたリアルとの連携も今後、活用法が広がりそうだ。


[日経デジタルマーケティング2017年1月号の記事を再構成]


















【2017/02/13 06:46】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
次期「iPhone」は4.7/5/5.5インチの3モデル構成で、背面ガラスを採用したモデルはワイヤレス充電に対応か
本日、Macお宝鑑定団Blogが、台湾の信頼出来る情報筋の話として、次期「iPhone」は、4.7インチと5.5インチに加え、5インチモデルが追加される予定で、背面ガラスを採用したモデルはワイヤレス充電に対応しているようだと報じています。



ただ、ワイヤレス充電には対応しているものの、ワイヤレス充電器は同梱されず、別売アクセサリーとして販売されるとのこと。

また、「iPhone 7」シリーズに同梱れている「Lightning to 3.5mm Headphone Jack Adapter」は同梱されなくなるそうです。

先日には次期「iPhone」シリーズの全てのモデルがワイヤレス充電をサポートするとの情報がありましたが、やはり有機ELとガラス筐体を採用した5インチモデルのみワイヤレス充電に対応しているのでしょうか。



















【2017/02/12 07:03】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
山中が2度目のMVP ボクシング年間表彰

ボクシングの2016年プロ優秀選手が発表され、ポーズを決める(左から)技能賞の井上尚弥、男子最優秀選手の山中慎介、殊勲賞の小国以載(10日、東京都文京区)=共同

 ボクシングの2016年プロ優秀選手が10日に発表され、男子最優秀選手には世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級王者の山中慎介(帝拳)が選ばれた。連続防衛を日本歴代2位の11に伸ばし、3年ぶり2度目の受賞。東京都内で行われた表彰式で「素直にうれしい。次の試合へ勢いがついた」と3月2日の防衛戦への意欲を新たにした。

 山中はKO賞にも輝き、アンセルモ・モレノ(パナマ)にTKO勝ちした昨年9月の試合が世界戦年間最高試合となった。技能賞は世界戦3勝の世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)が初受賞。「皆さんが驚くようなファイトをどんどんやりたい」と意気込んだ。世界初挑戦で無敗の王者を破った国際ボクシング連盟(IBF)スーパーバンタム級王者の小国以載(角海老宝石)が殊勲賞に選出された。

 WBCスーパーバンタム級王座獲得で世界3階級制覇を達成して引退した長谷川穂積氏は特別功労賞に「この賞に恥じないように活動していきたい」と話した。女子最優秀選手は元世界3階級王者の藤岡奈穂子(竹原慎二&畑山隆則)が2年連続で受賞した。〔共同〕




















【2017/02/11 07:09】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
次期「iPhone」は虹彩認証技術を搭載か
DigiTimesが、業界筋の話として、次期「iPhone」には有機ELディスプレイに加え、ワイヤレス充電機能と虹彩認証技術が搭載されるようだと報じています。



また、「iPhone」のサプライチェーンメーカー各社は、2017年第1四半期後半(3月頃)に次期「iPhone」用の部品の出荷を開始する予定とのことで、Appleはチップおよびコンポーネントサプライヤーに対し、次期「iPhone」シリーズのための試作や精査を開始し、従来よりも早く在庫を準備するよう要求しているそうです。

なお、有機ELディスプレイについては、Samsung Displayに十分な量を発注済みとのこと。



















【2017/02/11 07:08】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
次期「iPhone」、全てのモデルでワイヤレス充電をサポートか
9To5Macによると、Apple関連の情報ではお馴染みのKGI証券のアナリストであるMing Chi Kuo氏が、2017年に発売される次期「iPhone」は全てのモデルでワイヤレス充電をサポートするようだと報告している事が分かりました。


(Photo by iDB)

次期「iPhone」シリーズでは、「iPhone 7」シリーズをアップデートした「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に加え、有機ELディスプレイを採用したプレミアムモデルの「iPhone 8」が用意されると言われていますが、その全てのモデルでワイヤレス充電をサポートするとのこと。

また、ワイヤレス充電部品の発熱からフィルム式の3D Touchセンサーを保護する為に、グラファイトシート積層が新たに追加されるものと予想しており、内部温度の変化はユーザーには分からないものの、これらの変更により3D Touchモジュールの総コストが30~50%上昇し、「iPhone」の本体価格にも影響する可能性があるとみられています。



















【2017/02/10 07:01】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「BeatsXイヤフォン」、国内では2月11日より販売開始へ
Beatsが、Appleの「W1」チップを搭載したBluetoothワイヤレスイヤフォン「BeatsXイヤフォン」を国内では2月11日より発売することを発表しました。



発売日から4月11日まではAppleの直営店及びオンラインストアとauショップでのみの先行販売となり、ホワイトとブラックの2色が販売されます。

また、昨日に明らかになった新色のグレーとブルーについても今後発売予定ですが、発売日は現時点では未定です。

なお、価格は14,800円(税別)となっています。


【UPDATE】
その後、KDDIからも正式に発表されました。


[via iをありがとう]



















【2017/02/09 06:53】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ