SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
日本8強入りならず U20W杯、ベネズエラに敗れる


【大田(韓国)=共同】サッカーのU―20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)韓国大会第10日は30日、大田などで決勝トーナメント1回戦の2試合が行われ、日本は延長の末にベネズエラに0―1で敗れ、2003年大会以来の8強入りはならなかった。

 日本は序盤から南米の強豪相手に互角に渡り合ったが、堂安(G大阪)のFKがバーに当たり、高木(G大阪)らが好機を生かせなかった。後半途中から出場した15歳の久保(FC東京ユース)も決定的な働きはできず、延長後半にCKから決勝点を奪われた。

 韓国はポルトガルと対戦する。



















スポンサーサイト
【2017/05/31 06:04】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
WWDCでMacは登場するか?Siriの進化の行方
 5月16日~5月22日のAppleに関連するCNET Japanのニュースをまとめた「今週のAppleニュース一気読み」。

 Googleは米国カリフォルニア州マウンテンビューで5月17日から開催した開発者会議「Google I/O」で、人工知能やAR、VRなどの新しいコンピューティング環境に関する発表を行った。最新のスマートフォン向けOS「Android O」とこれらをサポートするデバイスが出揃う秋までには、Googleが発表した内容の多くがわれわれの手元にやってくる。

Androidスマートフォンが「Google アシスタント」の日本語版に対応


 そんな中で、iPhoneユーザーが注目したのが「Googleアシスタント」のiOS向けアプリのリリースだ。まずは米国でから配信され、Googleが誇る人工知能をiPhoneでも楽しめるようになる。

 Googleは音声アシスタントデバイス「Google Home」をすでにiOS対応しており、Googleアシスタントに親しんだユーザーが、より深く活用しようと考えれば、Androidデバイスへの移行を検討する材料になり得る。

 Amazonは先週、現在最も販売台数を伸ばしている音声アシスタントデバイスAmazon Echoに、7インチのディスプレイを搭載し、ビデオ再生や情報表示をサポートする「Amazon Echo Show」を発表し、6月末から販売を開始する。

 Amazon Echoシリーズに搭載されている人工知能Alexaは、開発者の間で最も注目される音声アシスタントであり、すでに1万を超える「スキル」と呼ばれるアプリが揃っている。

 Amazon、Googleが音声アシスタントをコンピューティングのカギとしている中、Appleは、最も知名度が高い音声アシスタント「Siri」をどうしても発展させなければならない。スマートフォンもスマートホームも、それぞれGoogle、Amazonに差を付けられており、危機感を覚えるべき状況と言える。

 Appleは6月5日から、世界開発者会議(WWDC 2017)を控えており、Siriに関する進化の道筋を見せられるかどうかが、重要なポイントとなる。

 ちなみに、音声アシスタントデバイスについてはAppleにとっては、「(今のところ)取り組んでも、やらなくてもいい」と考えている。AmazonやGoogleがリリースしたデバイスが、生活必需品として活用されているとは言えないからだ。

WWDCでMacは登場するか?

 Bloombergなどの報道によると、Appleは6月5日から開催されるWWDC2017で、新型となるMacBookシリーズをリリースする可能性が指摘されるようになった。

 Appleは2016年10月に、MacBook Airを1モデルだけ残して廃止し、MacBook Pro 3モデル体制で刷新した。小型・薄型・軽量化、ディスプレイの品質向上、そしてThunderbolt 3ポートへの統一、Touch Barを上位2モデルに搭載するなどの刷新を行った。

 今回報じられているのは、2016年3月以来の刷新となるMacBook、13インチモデルのみが残されているMacBook Air、そして刷新して半年しかたっていないMacBook Proの3モデル。最新のチップセットを備えた高速化を行うとみられている。

 Appleは、「Mac軽視」の批判に対して、対応を急いでいる。iMac、Mac Proといったデスクトップ製品については、今後の製品計画を語る異例のアピールで、ユーザーを引き留めようと躍起だ。

 PC市場は、Microsoftがトレンドそのもののコントロールを積極的に行うようになった。Surfaceシリーズは、2-in-1スタイル、デタッチャブル、そして今月発表されたタッチスクリーン付きの新型ノート「Surface Laptop」と、今後トレンドになっていきそうなデバイスを軒並みリリースしている。

 また、ハイエンドPC、ハイエンドノートPCは「ゲーミングPC」が牽引しており、強力なCPUとグラフィックスを備えたパフォーマンス重視の製品が人気を集めている。Googleは、Chromebookで、教育市場を席巻しており、Mac、iPad、そしてWindowsを圧倒する勢力に拡大した。

 もともとMacはPC市場のメインストリームではなかったが、強かったハイエンドや教育市場と行った領域を、既に他社に侵食され尽くされてしまっており、これを取り戻すには、より細かい新製品の投入と、市場とのコミュニケーションを地道に重ねていくしかない。

医療、ヘルスケア色を強めるApple Watch

 Apple Watchは、医療やヘルスケアの領域向けの取り組みを深めている。先週、AppleはBedditという企業を買収した。睡眠計測を行うデバイスをリリースしている企業で、将来的に、Apple Watchによる睡眠計測に役立てられる可能性が指摘されている。

 また、CNBCは、AppleのTim Cook CEOが、Appleのキャンパス内で、Apple Watchとペアリングした血糖値トラッカーを使用している姿が目撃されたと報じた。また、カリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究で、Apple Watchによる心拍計測が、不整脈を検出するのに有効であるとの発表も行われている。

 Apple Watchの利用者は、iPhone以上に肌身離さず装着している、最も身近なAppleデバイスとなっている。スマートウォッチ全般として、現在はフィットネス関連の機能が主な「身につける目的」になっている傾向にあるが、Appleは、よりロングスパンで関わることになる「健康」というテーマに取り組むことで、Apple Watchを必需品へと引き上げようとしている。


















【2017/05/30 06:05】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Google、日本語版「Google アシスタント」を本日より順次提供開始
Google Japanが、本日より、Android搭載スマートフォン向けに日本語版「Google アシスタント」の提供を開始することを発表しました。


「Google アシスタント」は、知りたいことを調べたり、やりたい事をサポートする、ユーザーのためのGoogleで、Googleがこれまでに培った自然言語処理の技術でユーザーの言葉を理解し、まるで人と話しているように、自然に会話できるようになっています。

利用方法はスマートフォンのホームボタンを長押しするか、「OK, Google」と声をかけることで起動可能となっており、「Android 7.0 Nougat」と「Android 6.0 Marshmallow」に対応し、Google Play ストアを搭載する全てのAndroidスマートフォンで利用出来るようになるとのことで、本日から、今後、数週間をかけて、自動的に利用可能になるそうです。

なお、「Google アシスタント」を使って出来ることなどをまとめた公式ページも開設されています。



















【2017/05/30 06:05】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
石川は準々決勝で丁寧と 世界卓球個人戦組み合わせ

卓球の世界選手権個人戦の組み合わせ抽選会に出席した石川佳純(左端)、(左3人目から右に)平野美宇、伊藤美誠、佐藤瞳(28日、デュッセルドルフ)=共同

 【デュッセルドルフ(ドイツ)=共同】卓球の世界選手権個人戦、男女シングルス上位シード各16選手の組み合わせ抽選会が28日、ドイツのデュッセルドルフで行われ、女子は順当に勝ち進んだ場合、準々決勝で石川佳純(全農)がリオデジャネイロ五輪女王の丁寧(中国)と、平野美宇(エリートアカデミー)はロンドン五輪銅メダルのフェン・ティアンウェイ(シンガポール)と対戦することが決まった。

 石川と平野は4強に進んだ場合は2人で準決勝を争う。伊藤美誠(スターツ)は勝ち進めば4回戦で世界ランキング3位の朱雨玲(中国)と当たる。

 男子は水谷隼(木下グループ)が順当なら2回戦で張本智和(エリートアカデミー)と当たり、準々決勝で世界ランキング3位の許●(日へんに斤、中国)と戦う。丹羽孝希(スヴェンソン)は準々決勝で樊振東(中国)と当たるブロックに入った。


















【2017/05/29 06:08】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
リリースから8年~iPhone3GSのサポートが近く終了

iphone3gs

Appleは新たに「ビンテージ製品とオブソリート製品」の項目に、iPhone3GSなどを追加しました。このカテゴリー対象となった製品は、ハードウェアサポートが終了します。

初めて「S」の付いたiPhone3GS

ニュースサイト9to5Macによると、Appleは6月30日をもって、「ビンテージ製品とオブソリート製品」のカテゴリーに、MacBook Air(11-inch, Mid 2011)やMacBook Pro(17-inch, Mid 2009)、AirPort Express(802.11n 第1世代)、iPhone3GSなどを加える予定のようです。

「ビンテージ製品」とは製造中止から5年以上7年未満の製品、「オブソリート製品」とは製造中止から7年以上が経過した製品のことを指します。

アメリカの一部州では、ビンテージ製品の場合でも規定に合致すれば修理を受け付けてもらえますが、日本ではビンテージ製品もオブソリート製品扱いとされ、製造中止から5年が経過した時点で一切のハードウェアサポートが終了します。

今回、新たに日本でビンテージ製品/オブソリート製品扱いとなるデバイスは以下の通りです。

MacBook Pro (17-inch, mid 2009)

MacBook Air (11-inch, Mid 2011)
MacBook Air (13-inch, Mid 2011)
MacBook Pro (13-inch, Late 2011)
MacBook Pro (15-inch, Late 2011)
MacBook Pro (17-inch, Late 2011)

AirPort Express (802.11n 第1世代)

iPhone3GS (16GB/32GB)

2009年に登場したiPhone3GSは、名称に「S」がつく初めてのiPhoneです。

Sが何を意味するかについてはシリーズ毎に諸説ありますが、iPhone3GSについて言えば、リリース時にAppleのフィル・シラー副社長が「Speed」のSだと言明しています。また、iPhone4Sは「Siri」のSだと、ティム・クック最高経営責任者(CEO)が述べています。

Source:9to5Mac


















【2017/05/29 06:08】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Apple、iPhoneに搭載するAI専用チップを開発か



顔認識や音声認識システムなど、AIに関係するタスクを処理するための専用チップを、Appleが開発中であることが分かりました。将来的にはiPhoneへの搭載が期待されています。

顔認識や音声認識システムに導入か

この専用チップは、Apple内部で「Appleニューラルエンジン」と呼ばれており、メインプロセッサやグラフィックスチップとは別に、人工知能の処理プロセスに携わるために開発されているものだそうです。関係者の話では、顔認識や音声認識システムでの導入が見込まれるほか、キーボードの予測入力機能にも適用が検討されているとのことです。

すでに音声認識システム型のAIとしてはSiriが存在しますが、AmazonのAlexaやGoogleのAssistantなどを始めとしたライバルの登場により、競争が活発化していくことを見据え、さらなるテコ入れを図るつもりなのでしょう。こうしたAIアシスタントシステムは、将来的には自動運転車やARなどでの活躍が期待されています。

専用チップを搭載するメリット

もっとも、Appleが専用タスクを処理するためにチップを設計するのは、今回のAIチップが初めてではありません。2013年にリリースされたiPhone5s以降、Appleはデバイスの動きを収集、保管するために「M~」シリーズで知られるモーションコプロセッサをiOS製品に搭載しています。


M7 コプロセッサ

本来であれば、「A~」シリーズのメインプロセッサが請け負っても問題ありませんが、デバイスの消費電力を抑えるために、あえて「M~」シリーズのコプロセッサがこの役割を担っています。iPhoneに呼びかけるだけでSiriが起動する「Hey Siri」機能が、それほど電力を消費せずに利用できるのも、このコプロセッサのおかげです。

こうしたことから、今回明らかとなったAIチップについても、バッテリーの消耗を抑えつつAIをiPhoneで活用できるようになるのではないか、とみられています。ただ、今年秋にリリースが予定されているiPhone8で搭載されるかどうかは不明です。

Source:Bloomberg,MacRumors


















【2017/05/28 05:55】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
日本、引き分けで16強入り サッカーU20W杯

後半、同点となる自身2点目のゴールを決める堂安=左(27日)=共同

 【天安(韓国)=共同】サッカーのU―20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)韓国大会第8日は27日、天安などで1次リーグC、D組の最終戦が行われ、D組の日本はイタリアと2―2で引き分け、1勝1分け1敗の勝ち点4で同組3位となり、決勝トーナメント進出を決めた。16強には各組2位までと3位のうち成績上位4チームが進む。

 日本は序盤に2点を失ったが、前半に堂安(G大阪)が1点を返すと、後半立ち上がりにも堂安がゴールを奪った。勝ち点4のイタリアが得失点差で2位に入り、同組のもう1試合で南アフリカと引き分けたウルグアイが勝ち点7で1位。

 C組はポルトガルがイランを2―1で破り、勝ち点4の2位で16強入り。ザンビアがコスタリカに0―1で敗れたが同6で首位を守り、同4のコスタリカはポルトガルに総得点で及ばず3位となった。



















【2017/05/28 05:54】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
囲碁AI、人間圧倒し「引退」 医療・エネに応用へ
【烏鎮(中国浙江省)=日経新聞】米グーグルの囲碁用人工知能(AI)「アルファ碁」と中国の世界最強棋士、柯潔(か・けつ)九段(19)の三番勝負第3局が27日、烏鎮で打たれ、AIが3連勝して幕を閉じた。グーグルは囲碁AIの開発は打ち切り、アルファ碁で培った技術の医療やエネルギー分野への応用に軸足を移す。



 柯九段は序盤からポイントを稼ぐ戦術を採ったが、誤算があったようで劣勢に。終盤、勝負手を繰り出したものの完敗。対局後、「アルファ碁は完璧すぎた。苦しくてたまらなかった」と話した。

 アルファ碁を開発したグーグル傘下のAIベンチャー、英ディープマインドのデミス・ハサビス最高経営責任者(CEO)は「人間と対局するのはこれが最後になる」と語り、アルファ碁の事実上の引退を宣言した。

 ディープマインドが囲碁AIの開発に取り組んできたのは、「AIの力を試す最適の舞台」(ハサビス氏)だからだ。同社は人間の脳をまねた「深層学習」と、AIが自己対局を繰り返す「強化学習」と呼ばれる2つの情報処理手法を組み合わせ、人間に頼らずに自分で勝ち方を編み出すAIシステムを作り上げた。

 アルファ碁は囲碁用に開発されたが、基盤となったシステムの実社会への応用は始まっている。医療分野では英国で公共医療を提供する国民保健サービス(NHS)と提携。特定眼疾患の検出精度向上にAIを活用するプロジェクトが進む。

 グーグルのデータセンターでは大量の熱を発するサーバーの冷却に使うエネルギーを40%削減することに成功。英国の送電網を管理・運営するナショナル・グリッドと電力の需給調整にディープマインドのAIを活用する取り組みも始まった。

 知的な盤上ゲームで最難関とされる囲碁では人間を上回ったが、AIが優位に立つのは、今は定まったルールがあるゲームなどに限られる。言語処理など、不得手な分野はまだ多い。

 ただ、人間が設定した目標と枠組みの中とはいえ、自ら考え、独創的な手を編み出すAIの登場には「暴走」への懸念もつきまとう。高度化するAIを適切に管理する仕組みの重要性は今後、一段と高まりそうだ。


















【2017/05/28 05:54】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
iPhoneの充電を細かく繰り返して起きた悲劇!3万枚の写真が突然消失
スマートフォンの充電が今にも切れそうなので、とりあえず数%だけ充電しよう――その考えがある日「命取り」になるかも知れません。細かく充電を繰り返したことで、バッテリーが必要以上に消耗し、iPhoneから撮りためた3万枚の写真が消失したという女性が話題を集めています。

突然iPhoneがリカバリーモードに

ブリアンナ・アープスさんがハマっているのは、iPhoneで最高の自撮りを撮影することです。自慢のiPhone6で撮りためた画像は実に3万3,000枚にも上ります。

2月18日の夜も、アープスさんはいつものようにiPhoneで自撮りに熱を上げていました。しかし、気づけばバッテリーは残り3%。このままでは自撮りが出来なくなってしまう――そう考えた彼女は、とりあえず5%になるまで充電をした後、再びケーブルを引き抜いて自撮りを開始しました。

「そうやって5回くらい充電したの。抜いて挿して、抜いて挿して、抜いて挿してって」とアープスさんは当時を振り返ります。

そして、悲劇は6回目に訪れました。充電ケーブルに繋いでもiPhoneが反応しないのです。25分後、彼女のiPhoneスクリーンにようやく明かりが灯りました。しかし、表示されたのは「iTunesにiPhoneを接続してください」という内容です。しぶしぶ彼女は指示に従いました。


iphone リカバリーモード

ところが、彼女を待ち受けていたのは3万3,000枚の写真の消失でした。iPhoneがリセットされてしまっていたのです。「パニックになったわ」と彼女。自撮りどころか大学時代の思い出まで、ほぼすべての写真がどこにも見当たりませんでした。

iCloudをしっかり活用しよう

AppleのスペシャリストがニュースサイトBusiness Insiderに語ったところによると、iPhoneのリカバリーモード移行は、デバイスが異常な発熱状態に陥ったときか、データが損傷したときに発生するそうです。

同氏は、こうした「悲劇」を避けるためにも、残り数%までバッテリーが減少したときは、アプリをダウンロードしたり、写真を撮ったりすることは避けるべきだ、としています。

しかし、まず何よりももっとも有効な回避方法は、こうした状態が起きても大丈夫なように、iCloudやDropboxにバックアップしておくことなのは言うまでもありません。

Source:Business Insider


















【2017/05/28 05:54】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
情報早すぎーー!「iPhone 9」はさらに画面が大きくなるそうです

image: MoreVector / Shutterstock.com

来年、僕らはなにをしているだろう?

と思わず考え込んでしまいそうな、2018年に登場するであろう「iPhone 9」の噂が登場しました。今年の「iPhone 8」のことすら良くわかっていないというのに…。

韓国メディアTHE INVESTORが得たiPhoneのディスプレイ製造企業の情報によれば、どうやらiPhone 9は5.28インチと6.46インチというかなりの大画面を搭載するとのこと(iPhone 7 Plusが5.5インチ)。これは今年の登場が予測される「iPhone 7s」「iPhone 7s Plus」を置き換えるものとなるのかな? またiPhone 8でも噂されていますが、iPhone 9では両モデルとも有機ELディスプレイを採用するそうです。

iPhone 8は5.8インチディスプレイを搭載しながら、上下左右のベゼルをほとんど無くすことで本体サイズがiPhone 7sとiPhone 7s Plusの中間程度になるとの情報があります。もしiPhone 9に5.28インチ/6.46インチディスプレイが搭載されても、ベゼルレスデザインによって本体サイズは今のiPhoneとそれほど変わらないのかもしれませんね。

さてここまでの情報をまとめると、AppleはiPhone 8に有機EL+ベゼルレスディスプレイを搭載し、iPhone 7s/7 Plusは小アップデート。そして、iPhone 7s/7 Plusの後継にあたる5.28/6.46インチのiPhone 9に、有機EL+ベゼルレスディスプレイを搭載する流れになるかもしれません。つまり、2017年で一時的に3モデル構成になり、2018年でiPhone 9の2モデルに戻るという可能性もありますね。

また今回の報道では、iPhone 9製造に向けてSamsung(サムスン)が1億8000万ユニットという膨大な量の有機ELパネルを出荷するとも伝えています。Galaxy S8で美しいベゼルレスデザインを実現したSamsungですが、このままスマホ向けディスプレイ製造で強いリーダーシップを発揮することになるのでしょうか?


image: MoreVector / Shutterstock.com
source: THE INVESTOR via MacRumors



















【2017/05/27 04:59】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
楽天が本格導入、プロ選手は「VR」に何を求めたか
プロ野球パ・リーグのトップを快走する楽天。同球団が今シーズンから本格導入したのがVR(仮想現実)を使った打撃トレーニングシステムだ。具体的にどんな仕組みでどのような効果があるのか。運用の実態に迫った。

 北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手の代名詞となった「時速165kmの剛速球」。このボールは、大谷選手の手を離れてからホームベースに到達するまでに0.4秒もかからない。

 並外れた対応力を持つプロ野球選手であっても、ほとんど見たことがないこのレベルの剛速球を痛打するのは、至難の業だ。まして、初見であったらチャンスは非常に少ない。

 しかし、先端のIT(情報技術)がこの状況を変えようとしている。VR技術を用いたトレーニングシステムの本格的な実用化だ。実際には見たことがないのに、見たことがあるかのイメージを持って打席に立てる。

 東北楽天ゴールデンイーグルスを運営する楽天野球団は2017年シーズンから、NTTデータが開発したプロ野球選手向けのVRトレーニングシステムの本格利用を開始した。試合で対戦する投手の投球を、VR用HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を装着した打者が仮想体験できる。対戦前に球速や球筋、変化球のキレなどを打席からの目線でイメージとしてインプットしておくことで、実戦でのパフォーマンスを高めるのが狙いだ。


VRトレーニングシステムの視聴イメージ。投手は東北楽天ゴールデンイーグルスの松井裕樹選手。このイメージのように、投球の軌道を表示することも可能(図:NTTデータ)

 「プロの世界ではもちろん、映像チェックはしている。相手投手のフォームを見たいのであれば、映像で十分だが、映像はバックネット裏から撮影されているので、打席からの目線とは異なる。VRでやる意味はそこにある」(NTTデータ ITサービス・ペイメント事業本部ライフデジタル事業部eライフ統括部eライフ営業担当課長代理の馬庭亮太氏)。

 楽天野球団は2016年シーズンに同システムを実験的に導入。1軍のメンバーはコーチも含めて全員が体感し、そこで要望を吸い上げて改良を重ねた。その結果、プロ野球選手が実戦に役立てることが可能なシステムであると判断し、本格導入に踏み切った。

 1軍では昨シーズンから今江年晶選手や銀次選手が同システムを活用しているが、今シーズンからはより多くの選手が利用している。このほか、2軍選手の練習での活用も検討している。1軍と2軍の投手では、スキルに大きな差がある。2軍選手に1軍の投手の球をVRで"体感"させることで、1軍に昇格した際に対応する時間を短縮する効果が期待できる。


東北楽天ゴールデンイーグルスの今江年晶選手がトレーニングに活用している様子。HMD「Oculus Rift」を装着(写真:NTTデータ)
■楽天が投球データを提供

 「『ゼロ打席目』の感覚が味わえる」――。同システムを積極的に活用する今江選手がこう評するように、プロ野球選手向けのシステムは一般消費者向けのVRゲームなどとは異なり、試合での打席と同じように見える"リアリティー"が強く求められた。

 それを実現するポイントになった技術が2つある。1つは、野球場の空間を3次元で再現したCG(コンピューターグラフィックス)映像に、投球の軌跡を正確な位置に重ねる技術だ。


VRで正確に投球を再現するため、NTTメディアインテリジェンス研究所が開発した「スポーツ一人称視点合成技術」を活用した(図:NTTデータ)

 東北楽天ゴールデンイーグルスが本拠地とするスタジアム「Koboパーク宮城」には、ボールの軌道をトラッキングする「Trackman(トラックマン)」(デンマークTrackman社)というシステムが導入されている。Trackmanは、軍事用のドップラーレーダーを応用した追跡技術を採用しており、ボールの位置(3次元座標)、速度、回転速度などの情報を取得する。

 楽天野球団はTrackmanで全主催試合の全球データを蓄積している。この中から対戦する投手のデータをNTTデータに提供し、同社がボールの位置をCG空間に正確に重ねる。

 NTTデータのVRトレーニングシステムは、米Facebook(フェイスブック)傘下の米Oculus(オキュラス)が販売するHMD「Oculus Rift」を使う。Oculus Riftは内蔵するセンサーで頭の動きを検出するほか、付属の外部カメラを使ってHMDを装着した人の動きを検出する機能を持つ。

 これを利用して、個々の選手ごとで異なる打席の立ち位置や、スイング時の頭部位置の変化に応じて、打席から見た正確なボールの軌道を再現している。

 リアリティーを増すためのもう1つの技術は、CGに実際の投手の映像を重ねる際、投手が持つボールを映像から消すことである。この処理をしないと、打者からはボールが2重に見えてしまい、"イメージ作り"の妨げになるためだ。

■対戦相手ごとにVRコンテンツを作成

 VRトレーニングシステムをプロ野球の現場で日々活用するためには、「運用体制」も重要なポイントになる。NTTデータでは、予告先発などの情報から次のシリーズで対戦する相手投手の直近のデータを楽天野球団から入手し、VRコンテンツを作成して提供している。

 「VR用の映像を作るだけなら他社でも簡単にできる。投球を正確に再現したVRコンテンツの作成と運用のノウハウが差異化のポイント」と馬庭氏は言う。同社は楽天野球団とはハード・ソフトのシステム販売ではなく、サービス利用契約を結んでいる。

 実はVRを使ったトレーニングシステムを導入しているプロ野球団は他にもある。例えば、横浜DeNAベイスターズは2017年3月、米ベンチャーのEON Sportsが開発した「iCube(アイキューブ)」を導入したと発表している。米メジャーリーグ(MLB)のタンパベイ・レイズなどが2016年に導入したシステムで、日本での採用は初めて。DeNAベイスターズは横浜スタジアムにiCube専用のトレーニングルームを新設した。

 iCubeも球団からトラックマンのデータ提供を受けてCGを作成する点は同じだが、システムの仕組みは異なる。iCubeでは専用ルームに大型スクリーンを設置し、プロジェクターでCG映像を投影する。選手は頭の動きをトラッキングする機能がついたHMDを装着して打席に立つことで、スクリーン上の投手の球を試合と同様の視点で見ることができる。

■メジャーリーグで市場開拓に挑戦

 NTTデータは現在、VRトレーニングシステムの顧客開拓に力を入れている。主なターゲットはメジャーリーグだ。メジャーリーグは球団数が30もあり、日本のプロ野球(NPB)の12と比べると市場規模が大きい上、データ活用も進んでいる。「メジャーリーグでも2017年からVRトレーニングシステムの導入が本格化する。そこに入り込みたい」(馬庭氏)。

 もちろん、そこにはEON Sportsなどの競合も存在する。NTTデータとEON Sportsのシステムには一長一短があるが、NTTデータは「コスト」と「可搬性」の2点を優位性として掲げる。

 NTTデータのシステムは、VR用HMDと画像処理能力が高いノートパソコン、専用の外部カメラなどで構成される簡易なもので、ハードのコストは数十万円レベルと安い。遠征先に持ち込んでトレーニングするのも容易だ。担当者が次に対戦する投手のVRコンテンツを作成する運用体制もできている。

 一方、iCubeは上記のように選手の周囲に映像を投影する大がかりなシステムなので、遠征先に持ち込むのは容易でない。EON Sportsは持ち運びを想定した「モバイル版」も用意しているが、別途購入が必要になる。

■長打率と得点力が向上

 「前年(2015年シーズン)よりも(チーム1試合当たりの)長打率と得点が高まった」

 iCubeを昨年導入したタンパベイ・レイズは、詳細なデータを公表していないものの、上記のコメントを発表している。これが本当にVRトレーニングシステムの効果だとすれば、プロ野球団での採用は急速に進むかもしれない。

 実は、VRトレーニングシステムのビジネス面の弱点は、効果をデータで示しにくい点にある。どんなスポーツであれ、イメージトレーニングが「マイナス」にはならないことは感覚的には分かるが、「見たからといって成績が良くなるとは限らないところが、このシステムの評価の難しい点」(馬庭氏)。

 今後、プロ野球団で導入が進み、効果に対する検証データが蓄積されれば、「実戦に効く有効な使い方」なども見えてくる可能性がある。


[スポーツイノベイターズOnline 2017年5月12日付の記事を再構成]



















【2017/05/27 04:58】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
宮里藍が今季限りで引退 女子ゴルフ元世界ランキング1位
女子ゴルフの元世界ランキング1位、宮里藍(31)が今季限りで現役から退く意向を表明した。26日、マネジメント会社が発表した。29日に東京都内で記者会見を開く。宮里藍は米ツアーで9勝、日本ツアーで15勝している。



 沖縄県出身の宮里はアマチュアだった宮城・東北高3年の2003年9月にミヤギテレビ杯ダンロップで優勝。18歳101日での優勝は当時のツアー最年少記録だった。その後にプロ転向し、04年には5勝、05年には6勝を挙げた。06年から米ツアーに本格参戦し、参戦4年目となる09年のエビアン・マスターズで初優勝。10年は日本人最多の年間5勝を挙げ、男女を通じて日本人初の世界ランキング1位の座に就いた。

 米ツアーでは12年まで4年連続優勝を果たしたが、13年以降は勝利から遠ざかり、最近は世界ランキング100位台だった。



















【2017/05/27 04:58】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
やはりiPhone8ではTouch IDもディスプレイに埋め込みか

iPhone8 コンセプトデザイン Martin Hajek

2017年秋のリリースが予定されているiPhone8では、物理ホームボタンが廃止され、ディスプレイ内に埋め込まれるのではないか、と言われています。こうした見方を裏付けるような情報が、iPhoneのチップ生産を請け負うTSMCのイベントから明らかになったそうです。

Touch IDもディスプレイに埋め込みか

台湾メディアの経済日報によると、TSMCが5月25日に開催したシンポジウムで、次期iPhoneについて新たなデザイン面や機能についての見通しが多く示されたとのことです。

それによると、Appleはスクリーン上で認証ができるように、光学式の指紋センサーを搭載するのだとか。ホームボタンはともかく、Touch IDセンサーについては技術的な問題から背面に搭載されるのでは、との観測も出ていただけに、TSMCの見通しは、iPhone8の形状を裏付ける内容となりそうです。

iPhone7よりやや縦長?Galaxy S8と同じ比率

他にもシンポジウムでは、高画素数の高いカメラの機能を向上したり、ARアプリを使えるようにしたりすべく、赤外線イメージセンサーが搭載されることや、iPhone8ディスプレイのアスペクト比が18.5:9になることなども示されたそうです。


Galaxy S8 Bixby

ちなみに、18.5:9はGalaxy S8と同じアスペクト比で、iPhone7は16:9となっています。そのため、iPhone8はiPhone7よりもやや縦長となりそうです。


Source:DigiTimes
Photo:Martin Hajek


















【2017/05/27 04:58】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
部品や工場まで仲介、米キックスターターがVB支援
米クラウドファンディング大手キックスターターは自社のプラットフォームで資金調達するハードウエアのクリエーターを支援するため、電子部品商社の米アヴネットとハード生産支援の米ドラゴンイノベーションと提携した。



■クリエーターの生産体制を支援

 キックスターターはこの取り組みにより、クリエーターがクラウドファンディングで出資を募る前に工場などの生産体制の構築を支援する。

 3社は共同で「ハードウエアスタジオ」を開設し、クリエーターに製品の設計や生産計画の策定に必要な資源や支援を提供する。

 3社の代表は20日、米カリフォルニア州サンマテオで開催されたハードウエア愛好者向けイベント「メーカーフェア・ベイエリア」で、この取り組みについて説明した。

 クリエーターはドラゴンイノベーションとアヴネットのノウハウを活用できる。キックスターターの共同創業者で最高経営責任者(CEO)のヤンシー・ストリックラー氏は声明で「創造的なプロジェクトに命を吹き込むのが当社の使命だ」と表明。「出資を募る前にさまざまな計画を練っておくと、生産段階で大きな差が生じることに気付いた。アヴネットやドラゴンとの今回の提携で、さらに多くの独立系クリエーターが構想を実現する取り組みを支援してもらえるようになる」と語った。

 「ハードウエアスタジオ・ツールキット」はハードウエアプロジェクトの構想を持つ全ての人を対象にしたコミュニティーサイト。アヴネットとドラゴンのエンジニアや、キックスターターのスタッフ、経験豊富なクリエーター、業界の専門家から学べる。個別指導や生中継でのオンラインセミナーを開催し、クリエーターの生産体制を整える強力なツールを提供する。

「ハードウエアスタジオ・コネクション」では、さらに進んだプロジェクトのクリエーターとアヴネットやドラゴンを結び付け、設計や試作品の製作、生産サービスを提供する。


 コネクションに参加するクリエーターはドラゴンとアヴネットのエンジニアからの戦略的アドバイスやフィードバック、部品やサービスの値引きを受けられる上に、部品選びを支援し、費用を見積もるドラゴンのツール「プロダクトプランナー」も利用できる。このプログラムには簡単な申請手続きにより参加できる。キックスターターで出資を募る際には、このプログラムに参加したことが明示される。

 テクノロジーや設計プロジェクトのキックスターターでの調達額は10億ドルを超える。ドラゴンとアヴネットが生産プロセスを支援したキックスターターのクリエーターも十数人に上っている。

 アヴネットのウィリアム・アメリオCEOは声明で「設計の大衆化により、個人のニーズや産業用、重要な社会問題などでテクノロジーを活用したアイデアや解決策が増えている」と指摘。「だが、こうしたイノベーションの事業化は容易ではない。今回の取り組みでは、キックスターターとドラゴンイノベーションと共に構想の実現に必要なツールや専門知識、助言、資金をクリエーターに提供する。今の構想を未来のテクノロジーに導く独自の仕組みだ」と強調した。

 ドラゴンのCEOで共同創業者のスコット・N・ミラー氏は声明で「キックスターターのクリエーターと何年も共に働き、生産コストとスケジュールの明確な理解が資金調達に好影響をもたらすのを目にしてきた。キックスターターやアヴネットと力を結集し、クリエーターが隅々まで理解し、自信を持って前進するのを支援する他にはないツールや専門知識を提供できることをうれしく思う」と述べた。

 ハードウエアスタジオは9月に開設される。キックスターターは2009年の創業以来、1280万人から12万4000件を超えるプロジェクトに30億ドル強の支援(プレッジ)を取り付けている。同社の社員は130人。

By Dean Takahashi

(最新テクノロジーを扱う米国のオンラインメディア「ベンチャービート」)



















【2017/05/26 05:54】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「iPhone 8」は9月14日発表、9月22日発売??
最近、Appleに関する未確認情報を多数提供しているBenjamin Geskin‏氏(@VenyaGeskin1)によると、AppleがAppleCareのアドバイザーとリーダーに対し、9月に新製品の発表と発売があることをメールで通知している事が分かりました。


また、新製品の発表・発売によるサポート対応の増加が見込まれる事から、現地時間の9月17日から11月4日までは「Black Out Days」に指定され、この期間はアドバイザーとリーダーは休暇の取得が制限されるとも通知しています。

この情報が本物かどうかは不明ですが、Benjamin Geskin‏氏はこの情報から、「iPhone 8」と「iPhone 7s」は9月17日に発表され、9月25日に発売されると予想しています。

ただ、9月17日は日曜日、9月25日は月曜日のため、流石に有り得ないと思われ、過去の経緯や「Black Out Days」の日程から予想すると、現地時間の9月13日(日本時間9月14日)に発表され、9月22日に発売といったスケジュールになる可能性が高いと思われます。



















【2017/05/26 05:53】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
亀海喜寛が決意表明、コット撃破で世界驚かす!
元4階級制覇のスター選手、ミゲール・コット(プエルトリコ)とWBO世界S・ウェルター級王座決定戦を争うことになった亀海喜寛(帝拳)が25日、都内のジムでトレーニングを行い、コット戦に向けて「アップセット・オブ・ザ・イヤーを狙う」と宣言した。試合は8月26日(日本時間27日)、米カリフォルニア州カーソンのスタブハブ・センターでゴングとなる。


コット戦が決まり、練習に熱が入る亀海

 亀海がコットと対戦する話を最初に聞いたのはかなり前で、昨年9月のヘスス・ソト・カラスとのリマッチに勝利したあと、ゴールデンボーイプロモーションズの関係者からコット戦の可能性を聞かされたのが最初だった。

現在のコットは昔よりディフェンシブ

 このとき亀海は「何言ってんだこいつ。夢見るのもたいがいにしろ」と思ったというが、その後、紆余曲折をへてこのたび対戦が正式決定。「決まったと聞いたときは興奮した」という現在は、打倒コットに向けて日に日にイメージを高めている。

 亀海にとってコットは「23歳で世界王者になる前から見ていた」選手で、コットのスタイルは頭に中に叩き込まれている。「昔はスピードがあって、パワーもあった。いまは以前よりディフェンシブになり、やりにくさを出してくるスタイルになった」というのが現在のコット評だ。

 8月の試合まであと3か月。まずは「とにかくスタミナをつけていくのがテーマ」とフィジカルトレーニングを継続し、下半身を強化してプレッシャーをかける力を高めていく計画だ。

アップセット・オブ・ザ・イヤーを狙う

 36歳のコットは峠を越えた印象があるとはいえ、試合はあくまでコットが主役であり、亀海は引き立て役という位置づけであろう。しかし、そんなことは百も承知の亀海は「勝つイメージしかない。アップセット・オブ・ザ・イヤーを狙います」と力強く宣言した。

 昨年のソト・カラス第1戦は、全米ボクシング記者協会や、老舗ボクシング雑誌「リング」が年間最高試合候補にノミネートしており、コットvs亀海は全米の記者たちの注目する一戦になるだろう。

BoxingNews



















【2017/05/26 05:53】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
日本完敗、1勝1敗に サッカーU20W杯

日本―ウルグアイ 前半、競り合う久保(24日、水原)=共同

 【水原(韓国)=共同】サッカーのU―20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)韓国大会第5日は24日、水原などで1次リーグ第2戦が行われ、D組の日本はウルグアイに0―2で敗れ、1勝1敗の勝ち点3で3位に後退した。ウルグアイは2連勝で決勝トーナメント進出を決めた。

 日本は前半に先制点を献上。負傷したエース小川(磐田)に代わって前半途中から入った15歳の久保(FC東京ユース)を中心に攻めたが逸機が続き、終盤に2点目を失った。1次リーグ突破を懸け、27日にイタリアとの最終戦に臨む。

 同組のもう1試合はイタリアが南アフリカを2―0で下して勝ち点3とし、得失点差で2位。南アフリカは2連敗。C組ではザンビアがイランを4―2で破り2連勝。コスタリカ―ポルトガルは1―1で引き分けた。



















【2017/05/25 06:06】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「iPhone8」のディスプレイ上部パーツの画像が流出!

IPhone8 コンセプト Benjamin Geskin

「iPhone8」のディスプレイ上部のパーツとされる画像が、中国のSNS、Weiboに掲載されました。顔認識用の3Dセンサー用とみられる穴が確認できます。

iPhone7には存在しない穴が空いたパーツ

Weiboに掲載された「iPhone8」のディスプレイ上部のパーツとされる写真には、通話時に耳に当てるレシーバーを挟むように左右それぞれ2つずつの穴が写っています。


iPhone8 フロントカメラ リーク

現行のiPhone7では、レシーバーの左にフロントカメラの穴が1つ空いているのと比べ、穴が3つ多く開けられています。

新設の穴の2つはカメラレンズ、もう1つは赤外線センサーあるいはLEDフラッシュの可能性が考えられます。

アイコン表示部は動画などの再生時オフに?

「iPhone8」は、今回画像が流出したパーツを挟む格好でディスプレイ上部が左右に分かれ、通常は電波強度やWi-Fiなどのアイコンが表示され、ゲームや動画再生の時は表示が消えるのではないか、と予測されています。


iPhone8 図面

なお、「iPhone8」で採用されると噂の有機EL(OLED)ディスプレイは、黒を表示している間は電力を消費しない特性があることから、動画などの再生時にアイコン表示をオフにすることは省電力の面でメリットがあります。

顔認識関連企業を買収してきたApple

顔認識技術に強みを持つイスラエル企業のRealfaceをAppleが買収したことが今年2月に報じられ、「iPhone8」ではユーザーの顔でロックを解除する顔認証機能が搭載される、との予測が真実味を増した、と話題になりました。

Appleは、映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」にも採用されたリアルタイム顔キャプチャ技術を持つFaceshiftを2015年に買収していることから、顔認識技術はロック解除だけでなく、ゲームなどに活用されるとの予測もあります。

Source:Weibo via BGR
Photo:Twitter



















【2017/05/25 06:06】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
山中慎介のV13戦、8月に指名挑戦者ネリーと
WBC世界バンタム級チャンピオン山中慎介(帝拳)のV13戦は8月中旬以降に1位ルイス・ネリー(メキシコ)を相手に行われる。24日、帝拳ジムの本田明彦会長が明らかにした。具体的な日時と試合会場は追って発表される。


笑顔で走り込む山中

 山中は3月にカルロス・カールソン(メキシコ)を5度ダウンさせて7回TKO。具志堅用高の持つ連続最多防衛にあと1つと迫るV12を達成した。否が応でも記録が注目される次戦となるが、千葉・成田でキャンプ中のチャンピオンは「意識してません」と相変わらず数字には素っ気ない。

サウスポー同士、相性は悪くない

 もっとも相手のネリーが指名挑戦者とあって、山中のモチベーションは高まっている様子。「ほぼ決まっていたとはいえ、正式に決まると気持ちが引き締まりますね。厳しい試合になるかもしれませんが、サウスポー同士、相性は悪くないでしょうし」(山中)。今回の走り込み合宿でも自身の成長を実感しているそうだ。

 ネリーは21勝17KO無敗の22歳。強打のサウスポー・タイプで、さる3月にヘスス・マルティネスを4回終了TKOで破り、山中への挑戦権を獲得した。「パワーだけでなく、L字ガードをしたり、うまさもあります」(山中の話)とのことだ。

BoxingNews


















【2017/05/25 06:06】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
AI囲碁、驚異の進化 最強棋士「弱み見つからず」 第1局で圧倒
【烏鎮(浙江省)=日経新聞】米グーグルが囲碁用に開発した人工知能(AI)「アルファ碁」と、世界最強とされる中国の柯潔(カ・ケツ)九段との3番勝負が上海近郊の烏鎮で23日始まり、第1局をアルファ碁が制した。最も難しいとされる知的ゲームの囲碁で、AIの実力が人間を上回ったことが示された。


 囲碁ソフト「アルファ碁」との初戦に臨む中国人棋士、柯潔九段(左)=23日、中国浙江省烏鎮(共同)

 今回の対局はグーグルが中国政府などの協力で開いた「囲碁の未来サミット」の目玉。この対局では柯九段が序盤にポイントを稼ぐ戦術を採ったが、大局観に優れたアルファ碁が優勢を築くと、危なげなく押し切った。

 柯九段は中国ランキング1位の世界最強棋士で、19歳。アルファ碁は昨年3月、韓国の強豪棋士を破って話題を呼んだ。

 「完敗だった。アルファ碁の弱みを見つけられなかった。人間との差を一個人で補うことはできないようになる」。対局後の記者会見で柯九段は苦笑いを浮かべながらこう語った。

 囲碁は局面の数が「10の360乗」に達し、難易度がチェス、将棋をはるかに上回る。人間に勝つのは「あと10年はかかる」とされていた。だが、2014年に開発が始まったアルファ碁は昨年3月、下馬評を覆し、韓国の強豪、李世●(石の下に乙、イ・セドル)九段に圧勝した。

 1年ぶりに大勝負の舞台に戻ってきたアルファ碁は、驚異的な速さで進化し続け、柯九段との対戦でも異次元の強さを見せつけた。

 開発したグーグル傘下の英ディープマインドは李九段に勝利した直後から、状況分析や打ち手を決めるソフトの改良に着手。グーグルが自ら設計した最新のAI用半導体「クラウドTPU」を採用し、計算能力などハード面の性能も大幅に強化した。李九段との戦いに比べても「読みがさらに深くなり、大局観に磨きがかかった」。囲碁AIに詳しい王銘琬九段は舌を巻く。

 圧倒的な強さの秘密は、人間の脳をまねた「ディープラーニング(深層学習)」と呼ばれる情報処理手法にある。過去に打たれた対局の棋譜をもとに打つ手の善しあしを自ら学習することに加え、進化したアルファ碁は、膨大な数の自己対局を重ねる「強化学習」の比率を拡大。自らの勝ち負けの経験から、判断力を磨いた。

 こうした深層学習は、自動運転車の開発に欠かせない画像認識技術や、会話型AIの普及を可能にした音声認識技術の精度向上などにも大いに貢献している。

 ディープマインドのデミス・ハサビス最高経営責任者(CEO)は対局前のあいさつで、「アルファ碁を動かしているAI技術は汎用性が高い」と述べ、難病の治療法の発見やエネルギー問題の解決、環境保全などへの応用に意欲を示した。

 世界最強棋士でもAIに歯が立たなかったことについて、囲碁界には落胆ムードが漂う。だが、ハサビス氏は「どちらが勝っても、人間の勝利であることは違いない」と強調する。柯九段は「今日の試合には不満がある。どんなに努力しても(勝ちに)届かないこともあるが、残りの試合にも全力を尽くす」と挽回を誓った。



















【2017/05/24 05:56】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
テニス錦織、歴代強者に劣らず データで実力比較
 テニスの全仏オープンが28日、パリで開幕する。今年は世界ランキング1位のアンディ・マリー(英国)と2位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が精彩を欠く一方、「赤土の王者」ことラファエル・ナダル(スペイン)が鮮やかな復活を遂げた。男子シングルスは若手の台頭もあり、群雄割拠の時代にある。日本の錦織圭(日清食品)には今大会、どれだけの勝機があるだろうか。国際テニス連盟やATPなどのデータをもとに錦織と歴代の強豪選手との実力について比べてみた。

 四大大会優勝はないが、錦織の戦績は四大大会優勝経験者と比べても悪くはない。むしろ、テニス史上でみてもかなり強い部類の選手だ。

 グラフ1の上部は、四大大会でベスト16以上に勝ち進んだことのある461選手を、錦織と同じ27歳時点での四大大会の勝率で比較したものだ。錦織の勝率は69%、四大大会3勝のスタン・バブリンカ(スイス)よりも高く、同世代で四大大会1勝のマリン・チリッチ(クロアチア)とも遜色はない。


グラフ1
 2003年、ロジャー・フェデラー(スイス)がウィンブルドン選手権を制し、四大大会初優勝を飾ったのを境に、男子テニスは「ビッグ4」による優勝トロフィー寡占時代が始まる。05年には19歳で全仏を制してナダルが登場、ようやく2人の勢いにやや陰りが見えてきた11年以降、ジョコビッチ、マリーが立ちはだかった。「ビッグ4」はテニス史上でも突き抜けた存在だ。07年にプロに転向し、ベスト4まで勝ち進むには彼らのうち、最低でも1人は倒さなければならない錦織は、選手としてはややアンラッキーな時代に生まれたといえる。

 そうした時代背景も考慮に入れて、選手の実力を比較できるのがEloという指標だ。もともとチェスで使われていたもので、何万もの試合の勝敗、対戦相手ごとに奪ったポイント、失ったポイント数などを解析、数値化することで同時代の選手だけでなく、過去の選手と比較できる。

 グラフ1の下部は全選手のEloを比較、上位20選手を示したものだ。それぞれの最高ポイントを順に並べている。歴代最強は四大大会12勝のジョコビッチ、16年1月のパフォーマンスがキャリアで最も素晴らしかった。ちなみに錦織はそのとき、全豪オープン準々決勝でジョコビッチに敗れた。当時のジョコビッチは異様に強かったのだ。2位は四大大会3勝のマリー、3位は同11勝、1970~80年代初頭にかけて活躍したビョルン・ボルグ(スウェーデン)、同18勝のフェデラーは4位になる。錦織のベストパフォーマンスは昨年8月、リオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得した時期であり、四大大会8勝のアンドレ・アガシ(米国)の少し下、同4勝のジム・クーリエ(米国)よりも上だ。

 グラフ2は錦織がプロデビュー以降、Eloポイントのトップにいる選手(=その時点での最強選手)と、錦織のポイント差、つまり力量差を比較したものだ。世界トップ10入りした14年後半以降、トップ選手との実力差は縮まり、16年夏時点で最小になっている。

 歴代上位20人の中に四大大会で優勝している現役選手のバブリンカやチリッチはいない。錦織も対戦選手との組み合わせ、調子次第では十分、四大大会を制する力も、可能性もあるのだ。


グラフ2

 クレーコートで球足が遅い全仏は長いラリーが多く、四大大会の中でも最もタフだ。今年1月の全豪に続き、格の高いマスターズを連覇した35歳のフェデラーは芝のシーズンへの調整を優先し、欠場を発表した。優勝争いはナダルが中心となりそうだ。

■ナダル復調、10度目V狙う


ナダルはクレーコートシーズンに入って圧倒的な強さを見せる=ロイター

 19歳で初制覇した05年以降、9度の優勝を積み重ねてきた。強烈なトップスピンと広い守備範囲は赤土で一段とすごみを増す。手首を痛めた昨年は3回戦を棄権して涙をのんだが、故障が癒えた今年は準備万全。3年ぶり10度目の栄冠に視界は開けている。

 全豪では難敵との激闘を次々と制し、決勝まで進んだ。クレーコートシーズンに入ってからは圧巻の強さを見せている。4月中旬のモンテカルロからバルセロナ、マドリードと3大会連続制覇。マスターズの優勝回数を30とし、史上最多でジョコビッチに並んだ。「いい流れが続いている」と手応えは十分だ。

 昨年の初優勝で生涯グランドスラムを達成したジョコビッチは連覇を懸ける。ただ、昨年の全仏後はモチベーションの低下に右ヒジの故障などが重なり、圧倒的な強さが影を潜めた。全豪では2回戦で敗れ、マドリードの準決勝でもナダルに完敗を喫した。先日、長年連れ添ったコーチやトレーナーのチームを解散した。「自分のテニスは移行期に来ている」。直近のイタリア国際では準優勝と復調の気配は見せている。

 今年の獲得ポイント数で3位につける23歳のドミニク・ティエム(オーストリア)は躍進が期待される。片手バックハンドながら、力強いストロークが持ち味。過去8度のツアー優勝のうち6度をクレーが占めている。バルセロナ、マドリードでは準優勝。いずれもナダルに敗れたが、三たび対戦したイタリア国際ではストレート勝ちで借りを返した。また20歳のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)はイタリアの決勝でジョコビッチを圧倒し、マスターズを初制覇した。198センチからのスケールの大きなプレーは将来のナンバーワン候補と目される。旋風の予感は十分だ。


錦織には条件次第で四大大会を制する力がある=ロイター

 世界1位のマリーは厳しい戦いが予想される。昨年後半の充実ぶりから一転し全豪ではベスト16止まり。直近のイタリア国際で初戦ストレート負けを喫するなどマスターズでも格下相手に早期敗退が続いている。3月のマイアミは右ヒジの故障で欠場しており、心身とも本調子には遠い。

 錦織も見通しは甘くない。今年は全豪の後に南米のクレーの大会を回るなど日程を組み替えて全仏に照準を合わせてきた。しかし勝負どころを取りきれず、右手首の痛みもあってランキングを9位に落としている。

 とはいえ、右足のケガで出場が危ぶまれながら、決勝まで進んだ14年全米の例もある。一発勝負のトーナメント、何が起こるかわからない。

日経新聞



















【2017/05/24 05:56】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2018年発売の「iPhone 9」、ディスプレイサイズは5.28インチと6.46インチに??
The Investorが、業界筋の話として、Samsung Displayは来年発売の次期「iPhone」向けに有機ELパネルを供給する契約を締結したようだと報じています。


来年に発売される次期「iPhone」こと「iPhone 9 (仮称)」では、2つのモデルに有機ELパネルが採用され、そのディスプレイサイズは5.28インチと6.46インチになるとのこと。

また、Samsung Displayの有機ELパネルの出荷枚数は来年に1億8,000万枚に達するものとみられています。


[via MacRumors]



















【2017/05/24 05:56】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
【iPhone 8】Touch IDはディスプレイもしくは電源ボタンに内蔵か ー 金型の新たな写真も
先日、「iPhone 8」と「iPhone 7s/7s Plus」に関する金型の写真を紹介しましたが、本日、その金型の新たな写真が複数公開されました。


先日の金型と同じくダミーユニット(模型)用の金型と予想されますが、「iPhone 8」と「iPhone 7s/7s Plus」の3モデルの金型が写っており、「iPhone 8」に関しては本体の高さが「iPhone 7s」よりも少し長くなっている他、電源ボタンが大型化されています。


また同氏は、搭載箇所が未だにはっきりしていないTouch IDについて、ディスプレイへの内蔵もしくは電源ボタンに搭載されると報告しており、背面に搭載されることは99%ないと報告しています。


電源ボタンの大型化について、これまでその理由は不明でしたが、Touch ID内蔵がその理由なのかもしれません。


















【2017/05/23 06:04】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
井上尚弥が9月米国進出へ、7月にはキャンプ入り
WBO世界S・フライ級チャンピオンの井上尚弥(大橋)が試合から一夜明けた22日、横浜市内のジムで記者会見を開いた。9月に予定される米国進出に向け、早くも7月に合宿を行うことが明らかにされた。


井上はダメージゼロ、真吾トレーナー(左)、大橋会長と

 前夜の試合でランク2位のリカルド・ロドリゲス(米)を3回TKOで一蹴し、楽々と5度目の防衛を成功させた井上は「相手がああいうパターンでくると想定して、練習したパンチで倒せた」と前夜のパフォーマンスを自画自賛。「ダメージを与えて、相手が動けなくなったところでやりたいことがあった」と少し物足りさも感じたようだ。

 これで9月の米国進出が濃厚に。試合は防衛戦になる可能性が高く、井上真吾トレーナーは「9月から逆算してキャンプの予定を組んでいる。まずは7月」と次戦に向けての準備に早くも取り掛かっていることを明かした。

アメリカは世界のスターになれる場所

 かねて話に出ていたアメリカ進出が「9割以上決まったと聞いている」(井上)というのだから気持ちは高まる。アメリカのイメージを問われた井上は「本場ですから、そこで認められて、世界のスターになれる場所というイメージ」と声を弾ませた。

 S・フライ級は昨年から盛況で、“怪物”ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)とカルロス・クアドラス(メキシコ)が好試合を演じ、これに勝利したゴンサレスがシーサケット・ソールンビサイ(タイ)に物議をかもす判定でまさかの敗退。WBCはゴンレスとシーサケットの直接再戦を認め、クアドラスには元フライ級2冠王者フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)との暫定王座戦を指示した。

まずはS・フライ級で強豪との対戦熱望

 近い将来に階級アップの可能性がある井上は「S・フライ級にいるなら、せっかくだから(上記の)だれかしらとはやりたいですね」と強豪との対戦を熱望。まずは米国初戦に向け、1週間ほど休んでから準備をスタートさせる予定だ。


BoxingNews


















【2017/05/23 06:04】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
WBA会長、村田に”再戦指令” 不可解判定から一夜…異例声明


 WBAのヒルベルト・メンドサ会長が、村田諒太(帝拳)がアッサン・エンダム(フランス)に不可解な採点で1―2の判定負けを喫したミドル級王座決定戦(20日)に“再戦指令”を出した。WBA公式サイトで「私の採点では117―110で村田の勝ち。村田、帝拳プロモーション、日本のボクシングファンにおわびする」と異例の声明を発表。「選手権委員会にダイレクトリマッチ(直接再戦)を命じるよう求める」とした。

 また、試合の立会人を務めたWBAのフリオ・タイム氏(パナマ)も21日、判定を「不服」とした上で、再戦を求める方針を示した。タイム氏は「私の採点では116―111で村田の勝ち。既に選手権委員会には直接再戦を要請した。月曜日(22日)に帝拳と本田会長は正式な通知を受けるだろう」と明かした。

 不可解な採点には国内外から疑問の声が噴出している。WBA世界スーパーフェザー級王座を11度防衛した内山高志(ワタナベ)はブログに「村田の勝ちでしょ(笑) よくわからん」と書き込んだ。元WBA世界ライトフライ級王者の具志堅用高氏も、世界王者となった愛弟子・比嘉大吾の一夜明け会見で「もう一人、いるべき人がいない」と異を唱えた。

 村田はこの日、宿泊先から都内の自宅へ帰宅。フェイスブックにエンダムとの2ショット写真を掲載して「日本に来てくれて感謝していると伝えた」と明かし、「少し休んでこの先のことは考えます」とつづった。


















【2017/05/22 05:55】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
内村V9、個人総合40連勝 体操NHK杯、白井2位


体操のNHK杯男子個人総合で、最終種目の鉄棒を終えた内村航平。個人総合で2008年11月の全日本選手権から国内外の大会で40連勝を達成した(21日、東京体育館)=共同

 体操の世界選手権(10月・モントリオール)代表選考会を兼ねたNHK杯最終日は21日、東京体育館で男子個人総合が行われ、内村航平(リンガーハット)が合計172.900点をマークして9連覇し、国内外の大会での個人総合で2008年11月の全日本選手権からの連勝記録を40に伸ばした。0.350点差で2位に入った白井健三(日体大)とともに代表に決まった。

 4月の全日本決勝と合計した得点で争われ、内村は5種目終了時で白井に0.500点のリードを許したが、最終種目の鉄棒で全選手トップの14.800点を出してひっくり返した。田中佑典(コナミスポーツ)が3位だった。

 男子代表は最大6人。残りは全日本種目別選手権(6月24、25日・高崎アリーナ)の結果などを踏まえ、9月上旬に選出する。〔共同〕



















【2017/05/22 05:55】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
尚弥 圧巻!3連続KO勝利でV5!米国進出視野「次はビッグな試合」

尚弥 圧巻!3連続KO勝利でV5!米国進出視野「次はビッグな試合」


WBO世界スーパーフライ級,3R、KO勝利の井上

 ◇プロボクシングWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦 王者・井上尚弥―同級2位リカルド・ロドリゲス(2017年5月21日 有明コロシアム)

 プロボクシングのダブル世界戦が21日、東京・有明コロシアムで行われ、WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦は王者・井上尚弥(24=大橋)が同級2位リカルド・ロドリゲス(27=米国)を3回1分8秒にKOで下し、5度目の防衛に成功した。

 3回、井上尚は先制のダウンを奪うと、左フックで相手に10カウントを聞かせた。試合後、井上尚は「ほっとしている。やる前から勝って当たり前と思える試合ほど怖いものはないと気を引き締めていた。こういう結果になってよかった」と涼しい顔で話した。3連続KO防衛で次戦には米国進出も視野に入れる。「この次は会長からビッグな試合があると聞いている。いい倒し方ができてよかった。9月にほぼ決まっていると。それに向けて頑張りたい」と先を見据えた。

 通算戦績は井上尚が13戦全勝11KO、ロドリゲスは20戦16勝(5KO)4敗となった。


















【2017/05/21 06:21】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「iPhone 8」や「iPhone 7s/7s Plus」に関する金型の新たな写真が登場
中国のWeiboにて、「iPhone 8」と「iPhone 7s/7s Plus」に関する金型の写真が公開されています。


この金型はダミーモデル(模型)かケース用の金型とみられており、本物の設計図を基に作成されたものかは不明ですが、「iPhone 7s/7s Plus」のデザインは現行モデルから大きな変更がないことが予想出来ます。

また、「iPhone 8」に関してはデュアルレンズカメラが縦並びになっており、本体サイズは「iPhone 7s」より僅かに大きくなっている事が分かります。




















【2017/05/21 06:20】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
村田諒太 「胸騒ぎはあった」 試合後の両者コメント
WBA世界ミドル級王座決定戦は、村田諒太(帝拳)が勝ったようにも見えた試合だったが、結果は同級1位のアッサン・エンダム(仏=カメルーン)が2-1判定勝ちで王座に就いた。両者の試合後のコメントは以下の通り。

◇村田諒太の話

──試合を終えて?
結果は結果なんで、僕自身がどう受け止めるかというのはなく、試合の内容も第三者が判断することだし、僕自身が勝ってた、負けてたということは違うと思うし、それは言いたくないことですね。

──戦い方はプラン通り?
まあそうですね、もっと打てるシーンがあってもよかったかなと思ったんですけど、明らかに何発か打ったあとに休むシーンがあって、そこをもっとつけ込めればよかったという反省は残ります。

──4回にダウンを奪ったシーンは?
ダウンをとりましたし、そのあとのラウンドもジャブでグラッときたり、ガード越しでもグラグラしていたのもあったので、手ごたえはありました。

ジャブをポイントに取ったということだと思う

──試合の途中でポイントで負けているという気持ちはあった?
どうなんだろう、というのはありました。第三者の目ですので、ジャッジはある種プロフェッショナルですから、それについて僕がどうこういうのは、いまちょっと言ってるようなもんですけど(苦笑)、それは言えないですよね。もしかしたら、あの(エンダムの)ジャブを、ボクシングをうまくしている、ダメージングブローじゃなくて、たぶんジャブを(ポイントに)取ったということだと思いますので、そこは納得せざるを得ないんじゃないですかね。

──効いたパンチは?
効いたパンチは1回もなかったです。ただパンチはありましたよ。ミドル級であれだけ振ってくればありました。

──ガードの上を打たせてプレッシャーをかけて右を決める、という村田選手のボクシングは貫けたのではないか?
判定につながらなかったのでしょうがないですね。もう1回か2回ダウン取れば勝てる試合だたのに、それができなかったのが原因ですね。


まさかの判定コールを聞き、ファンにあいさつする村田

やってて楽しかった

──最終ラウンド行く前の自己評価は?
どうなんでしょう。第三者が評価することなので。なんともそこに関しては。でもやってて楽しかったです。11、12のチャンピオンラウンドと言われるラウンドで、相手と12ラウンド殴りあって、ボクシングできた。自分がああやって12ラウンド、ボクシングできるなんて、中学生で初めてボクシング見に行ったときの僕では想像できなかったので。そこまで自分がやっているんだということがひとつ楽しかったです。

──終わった瞬間から判定を待つまでの時間は?
判定を聞く瞬間ちょっと胸騒ぎみたいなのはしました。オリンピックのときは、なんとなくこれは勝ったんだなという感じがしていて、相手は不満そうでしたけど。(今日は)僕は勝ったよと手を上げましたけど、上げながらも変な予感は少ししてました。理由? なんでしょう。それは僕の持っている何かがあったんじゃないですか。

気持ちの整理が必要

──もう一度対戦したい?
気持ちの整理は必要ですよね。本当に多くの方々に助けてもらって、この舞台を用意してもらって、僕一人でどうとかという話じゃないし、オリンピックが終わって注目されるようになって、自分なりに努力してきたつもりなので、集大成としてひとつ見せたいのが今日だったので、見せられなかったことで、負けたらもう1回がんばるんです、って簡単に言えるかというと正直そんな簡単な日々を歩いてきたつもりはないので、そう簡単にもう1回やりますという気持ちにはまだなれてないです。

◇アッサン・エンダムの話

──判定のコールを待つまでは?
12ラウンド戦い終えて、村田よりもたくさんのラウンドを取ったと思っていたので勝てると思っていた。ただアウェイでもあるので確信は持てないでいた。

──作戦は?
村田は右のパンチが強いので、ジャブを打ちながら距離を取って自分のリズムで戦おうとした。この戦略通り、ダウンのあとでもしっかりと動けていたのも勝因だと思う。やはり村田はコンプリートボクサーではないという印象だった。こをしっかり押さえて動けたというのが勝てた要因だと思う。


「村田は必ず世界チャンピオンになる」とエンダム

ダウン後も作戦を遂行できた

──ダウンを喫したときダメージは?
いつもだけど、ダウンを取られても自分は数秒でリカバリーできる。だからこそ、ダウン後も作戦を遂行できた。

──村田に対して効果的だった攻撃、テクニックは?
右のパンチがあたったとき、彼の距離じゃなくなったときが嫌がっているような印象だった。そのまま自分がラッシュをかけて倒すこともできたが、今回はそういう戦略ではなかった。焦らずに自分の戦略通りに動いた。何度か私の右で村田が効いていると感じた。

──判定が割れて、しかもスコアが大きく開いているが?
2人ともパンチが当たっているという印象はあったと思うが、よくよく見ると、村田は1ラウンドにつき右が2、3発当たった程度だ。それに比べると自分のほうが手数が多かったし、ジャブできたせたところもあったし、コンビネーションも打てていた。そこの印象ではないか。

BoxingNews


















【2017/05/21 06:20】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
iPhone8は大ヒット!?92%がアップグレードに前向きな姿勢~投資銀行調べ

iPhone8 表示 イメージ

2017年秋に登場が予定されているiPhone8は、今ではすっかりおなじみとなったiPhone6から続くデザインと、大きく異なるものになるとされています。それだけにiPhoneユーザーも、発売前からiPhone8には大きく期待しているようです。
スコアでSamsungに圧倒的な差をつける

投資銀行のMorgan Stanleyが新たに発表したレポートによると、12カ月以内にiPhoneをアップグレードする予定かという質問に対し、92%が「いくらかは」もしくは「限りなく」新しい端末に乗り換えるつもりだ、と回答したことが分かりました。

今回のAppleの数字は、ライバルであるSamsungの77%、LGの59%、Motorolaの56%、Nokiaの42%と比べても著しく高いスコアであるほか、昨年に自社が記録した86%をも上回っています。

このことからMorgan Stanleyは、今年登場するiPhone8が「スーパーサイクル」とでも呼べるようなアップグレードサイクルを作り上げるだろうとみて、株価のターゲットを従来の161ドル(約17,870円)から177ドル(約19,650円)へと上方修正しています。
iPhone8は同時登場の2モデルと異なる?

次世代iPhoneは3種類登場すると言われています。

このうち、2モデルは「iPhone7s」「iPhone7s Plus」とでも言うような、iPhone7からのマイナーアップグレードにとどまる見込みですが、残る1モデルはガラスで筐体を挟み込むようなデザインで、3Dフロントカメラシステムや有機EL(OLED)ディスプレイを採用、ホームボタンはディスプレイ内に埋め込み、AR/VRヘッドセットを見越してデュアルカメラが縦に搭載されるなど、多くの点でこれまでのiPhoneとは異なっています。


iPhone8 コンセプト 90s Robot

それだけに、10万円前後になるとも言われている価格の高さが気がかりですが、92%のiPhoneユーザーがアップグレードに前向きな姿勢を示していることを思えば、売り上げ台数はともかく、売り上げ額まで大幅に落ち込むことは考えにくいでしょう。

Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)も、投資家向けの説明会で「将来のiPhoneに関する、これまでの、そして非常に多くのレポートが」現行のiPhoneの売り上げに影響を与えていると述べています。つまり、消費者たちはきたるiPhone8に向けて「買い控え」を起こしているというわけです。

一体iPhone8がどのような新記録を打ち立ててくれるのか、楽しみは尽きませんが、その一方で購入希望者が殺到することで、著しい品薄になる状況も予想されています。


Source:AppleInsider
Photo:YouTube[1],[2]



















【2017/05/20 05:50】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ