SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Apple、コプロセッサを搭載した3つの新型「Mac」を開発中か ー 新型「iPad」は年末発売との情報も
Bloombergが、Appleの計画に熟知した人物の話として、同社は年内に少なくとも3つの「Mac」のモデルチェンジを行うようだと報じています。


その3つの新型「Mac」にはラップトップと新しいデスクトップモデルが含まれており、各モデルとも自社製のカスタムコプロセッサが搭載されるようです。

なお、Appleは「MacBook Pro」のTouch Bar搭載モデルと「iMac Pro」に既に自社製のカスタムプロセッサを搭載しています。

また他にも、新型「iPad」は年末にリリースされるとも報じており、その新型「iPad」には自社製のグラフィックス・エンジンとAIチップが搭載されるとのこと。




























2018年下半期のiPhone、6.1インチのLCD搭載モデルが半分を占めるか


iPhone Xの機能を保持しつつ、価格が大幅に抑えられた、「6.1インチのLCD搭載iPhone」が今年の下半期出荷されるモデルの50%に上る見込みであるとのことです。

LCD搭載モデルが出荷台数の半数を占めるか

Apple製品の情報通として知られるKGI証券のミンチー・クオ氏によれば、2018年秋に発売されるという5.8インチ、6.5インチのOLEDディスプレイ搭載iPhone2モデルと、6.1インチのLCD搭載モデルの計3モデルのうち、「6.1インチのLCD搭載iPhone」が出荷台数の50%を占めるとのことです。

クオ氏は6.1インチのLCD搭載モデルに関して以下のように言及しています。

2018年下半期に発売されるiPhone新モデルのうち、6.1インチのLCD搭載モデルが約50%を占める見込みは高いと思われる。6.1インチのLCD搭載モデルのスペックは、OLEDディスプレイ搭載モデルとは一致しないとみられており、「スペックのアップグレード」や「平均販売価格の上昇」を目指すものではなく、「新規ユーザーの獲得」や「市場シェアの拡大」がテーマになるだろう。

クオ氏によると、6.1インチのLCD搭載モデルにはノッチ(切り欠き)部分が盛り込まれ、iPhone Xの廉価版のようなものになるとのことで、比較的低価格ながらFace IDなどの機能が利用可能になるとのことです。

LCD搭載モデルは「すべてがスクリーン。」ではない

6.1インチiPhoneのLCDは、OLEDディスプレイのように柔軟性に富んでいるわけではないため、iPhone Xのキャッチフレーズである「すべてがスクリーン。」ほどにデバイスの画面は拡がらないとみられています。OLEDディスプレイを採用することで、Appleの最高デザイン責任者ジョナサン・アイブ氏が「デバイスそのものが体験の中に消えてしまう」と表現するほどの渕のスムーズなカーブを作り出すことができるからです。


edge to edge iphone x
iPhone XのOLEDディスプレイ/Apple

クオ氏によれば、6.1インチのLCD搭載モデルには長方形のバッテリーが採用される見込みであるとのことで、Unimicronが製造を担うとされています。

組み立てはPegatron、Foxconn、Wistronの3社が受け持つといわれており、そのうちPegatronが60%を占めると推測されています。


Source:AppleInsider
Photo:iPhone X/YouTube




























がんVS免疫療法攻防100年高コストや副作用課題
ウイルスや細菌などの病原体から身を守る免疫の仕組みを利用する「がん免疫療法」が注目されている。免疫をがん治療に生かす研究は100年を超す歴史があるが、科学的に治療効果を認められたものはほとんどなく、これまでは異端視されていた。状況を変えたのは2つの新しい技術の登場で、手術、放射線、抗がん剤などの薬物治療に次ぐ「第4の治療法」として定着しつつある。

19世紀末、米ニューヨークの病院で、がん患者が溶血性連鎖球菌(溶連菌)に感染し高熱を出した。熱が下がって一命をとりとめると、不思議なことが起きていた。がんが縮小していたのだ。外科医ウィリアム・コーリーは急性症状を伴う感染症にかかったがん患者で似た症例があると気づき、殺した細菌を感染させてみたところ、がんが消える患者もいた。

毒性の強い細菌に感染することで免疫が刺激され、がん細胞も攻撃したとみられる。コーリーの手法はがん免疫療法の先がけといわれる。だが副作用で命を落とす患者も多く、定着しなかった。

免疫が再び注目されるのは1950年代後半だ。ノーベル生理学・医学賞を受賞したフランク・バーネット氏が「免疫が日々発生するがん細胞を殺し、がんを未然に防いでいる」という説を提唱。60年代以降、結核予防ワクチンのBCGを使う治療法や丸山ワクチンが登場した。

その後、免疫細胞にがんを攻撃するよう伝えて活性化するサイトカインという物質や免疫の司令塔となる樹状細胞を利用する方法、ペプチドと呼ぶたんぱく質断片を使うワクチンなども試みられた。

効果があると科学的に認められるには、いずれも数多くの患者を対象にした臨床試験(治験)が必要だ。しかも、抗がん剤など従来の治療を受けた患者らと比べて、治療成績がよくなることを示さなければならない。免疫療法でそうした効果を証明できたものはほとんどなかった。

「がん細胞は免疫を巧妙にかいくぐっているからだ」と長崎大学の池田裕明教授は説明する。「免疫を活性化する手法ばかり研究していた」ことが失敗の原因とみる。

20世紀末、がんが免疫の攻撃を逃れる仕組みの研究が進んだ。その中で見つかったのが「免疫チェックポイント分子」と呼ぶたんぱく質だ。

免疫は暴走すると自身の正常な細胞も攻撃してしまうため、普段はアクセルとブレーキで制御されている。がん細胞はこの仕組みを悪用し、免疫にブレーキをかけて攻撃を中止させる。

チェックポイント分子の「CTLA―4」や「PD―1」の働きが解明され、2010年代前半にその働きを阻害する薬が開発された。免疫細胞は攻撃力を取り戻してがん細胞を殺す。皮膚のがんの一種の悪性黒色腫で高い治療成績を上げ、肺がんや腎臓がんなどでも国内承認された。

CTLA―4を発見した米テキサス州立大学のジェームズ・アリソン教授、PD―1を突き止めた京都大学の本庶佑特別教授はノーベル賞の有力候補といわれる。

注目を集める新しい治療法はもうひとつある。「遺伝子改変T細胞療法」だ。患者から免疫細胞のT細胞を取り出し、がん細胞を見つけると活性化して増殖する機能を遺伝子操作で組み込む。増やしたうえで患者の体内に戻すと、免疫細胞はがんが消えるまで増殖する。大阪大学の保仙直毅准教授は「免疫のアクセルを踏みっぱなしにする治療法だ」と説明する。

がんを見つけるセンサーに「キメラ抗原受容体(CAR)」を使うタイプはT細胞と組み合わせて「CAR―T細胞療法」とも呼ばれる。新潟大学の今井千速准教授らが米国留学中の04年に論文発表し、スイスの製薬大手ノバルティスが実用化。17年8月、一部の白血病を対象に米国で承認された。

治療効果は抜群で、1回の点滴で7~9割の患者でがん細胞が消え、専門家らを驚かせた。日本でも近く実用化される見通しだ。

2つのがん免疫療法にも課題はある。免疫チェックポイント阻害剤が効くのは承認されたがんのうちの2~3割の患者で、数百万円という高い投薬費も問題になった。CAR―T療法は塊を作る「固形がん」には効果が薄いとされる。過剰な免疫反応による発熱や呼吸不全などの副作用もある。遺伝子操作や細胞の培養にコストがかかり、治療費は5000万円を超す。

課題の克服を目指す研究も国内外で進んでいる。がん免疫療法はこれからが本番だ。

日経新聞

キーワード 免疫機構
 ウイルスや細菌といった体の中にある病原体を攻撃して排除する仕組み。初めて出合った病原体にいち早く対応する「自然免疫」のほか、一度かかった病原体をたたく「獲得免疫」がある。獲得免疫は司令塔役の樹状細胞から伝えられた病原体の目印の情報を記憶し、目印を見つけると素早く攻撃を始める。
 がんの免疫療法には、がん細胞への攻撃力を強める方法とがん細胞が免疫にかけているブレーキを解除して攻撃力を取り戻すものがある。CAR―T細胞療法などは前者で、免疫チェックポイント阻害剤は後者に当たる。免疫療法といっても治療効果が科学的に証明されたものは限られ、怪しげな治療もはびこっている。





























HomePodはハイレゾ音源形式FLACに対応、でもiTunesは非対応


Appleが発売するスマートスピーカーのHomePodは、音質を悪化させずに音声ファイルを圧縮できるハイレゾ音源の標準フォーマットFLAC(Free Lossless Audio Codec)に対応しています。一方で、Apple製品で音楽を管理する中核であるはずのiTunesは、FLACには対応しておらず、いびつな状態が続いています。

音質の良さが売りのHomePodはFLAC対応

Appleが現地時間2月9日に発売するHomePodは、7個のツイーターと1個のウーハーを搭載し、広告でも音質の良さがアピールされています。

HomePodの製品仕様では、対応オーディオ形式として、Appleの独自形式「Appleロスレス」と並んで、「FLAC」が記されています。


HomePod オーディオ形式

FLACは、CDのオリジナル音源と比べて、音源によっても異なりますが約50%ファイルサイズを圧縮することが可能です。

なぜかiTunesはFLAC非対応

開発者向けのベータ版が公開された直後、iOS11がFLACに対応していることが判明して話題となりました。iOS11で追加された「ファイル」アプリでも、FLAC形式のファイルを扱うことができます。

macOSのQuickTime Playerでも、FLAC形式ファイルの再生が可能です。

米メディアAppleInsiderは、HomePod、iOSデバイス、QuickTime PlayerがいずれもFLACに対応しているにも関わらず、iTunesが対応していないことの奇妙さを指摘しています。

iTunesは、以前はFLAC形式に対応していましたが、2013年にFLACのバージョンが1.3に上がるタイミングで対応が終了しています。

iTunes Storeでの音楽ダウンロード販売終了の報道も

iTunesは、iPodが登場した当時から、Apple製品で音楽を楽しむための母艦のような存在でした。

その後、様々な機能追加を続けることで操作画面が複雑になったiTunesは、2017年9月公開のiTunes 12.7でアプリ管理機能を削除し、機能のスリム化が図られています。

2017年12月には、音楽業界の動向に詳しい米メディアDigital Music Newsが、iTunes Storeでの音楽のダウンロード販売が早ければ2018年末にも終了し、ストリーミングに切り替えられると報じて話題となりました。

コンテンツ販売方法の変更は、iTunesの刷新も伴うとみられますが、それに合わせてiTunesにFLAC対応が盛り込まれるかは不明です。

Source:AppleInsider



























iPhone SE 2は今年の5月か6月に発売か


インドで組み立てが行なわれると噂のiPhone SEの後継機、iPhone SE 2が、2018年の5月もしくは6月に発売されると報じられています。

インド製のiPhone SE 2の発売はもうすぐか

台湾メディアDigitimesのシニアアナリストのルーク・リン氏によれば、2018年のiPhoneラインナップは、5.7~5.8インチのLCD搭載モデル、6.0~6.1インチのLCD搭載モデル、6.0~6.1インチのOLEDディスプレイ搭載モデル、6.4~6.5インチのOLEDディスプレイ搭載モデルの4モデルになるとのことです。

今回の予測は、5.8インチと6.5インチのOLEDディスプレイ搭載モデルと、6.1インチのLCD搭載モデルの3モデルが発売されるというこれまでの予想とは若干異なっています。

新作4モデルのうち、5.7~5.8インチのLCD搭載モデルは、iPhone SEの後継機のiPhone SE 2になるとみられており、インドのベンガルールに位置する台湾企業Wistronの工場で組み立てが行なわれるといわれています。販売価格を低く保つため、iPhone SE 2には3Dセンサーは搭載されないと推測されています。

iPhone SE 2はワイヤレス充電ができるよう、ガラス背面になると噂されており、A10プロセッサ、2GB RAM、1,700mAhバッテリー、1,200万画素のリアカメラと500万画素のフロントカメラが搭載され、ストレージ容量は32GBと128GBが選択可能となると昨年11月末に報道されましたが、あくまで参考程度にとどめておいたほうがよいと思われます。


Source:Digitimes via Fox News




























アップル、iOS11.3のプレビュー発表 速度低下に対応も

ニューヨーク(CNNMoney) 米アップルは24日、同社のスマートフォン向け基本ソフト「iOS11.3」のプレビュー版を発表した。「iPhone(アイ フォーン)」の処理速度が低下する現象から抜け出す機能や、バッテリーの状態を表示する機能を搭載している。

iOS11.3は今春に正式公開予定。アップルがこれほど早い時期に小規模なソフトウエアアップデートを発表することは通常ないが、今回の動きはダメージコントロールの一環とみられる。

アップルは昨年末、電源が突然オフになる事態を防ぐため、ソフトウエアのアップデートを利用しiPhoneの処理速度を低下させていたことを認めた。これに対し反発の声が上がったことを受けて謝罪し、iPhone6以降の機種のバッテリー交換費用を下げる方針を打ち出していた。

同社のティム・クック最高経営責任者(CEO)は先週、ABCテレビのニュース番組で、今度のiOSアップデートではバッテリーの状態に関する透明性を向上させると表明。また、処理速度低下から抜け出す機能にも言及したが、アップルとしてはユーザーに推奨しないと述べていた。

iOS11.3のアップデートではライオンやクマなどの新しいアニ文字も導入される見込み。アップルはこのほか、音楽配信サービスで入手できる動画を増やす方針や、拡張現実プラットフォーム「ARKit」のアップデートなども発表した。



























「スーパーボウル」のチケット価格、今年は過去最高か


ニューヨーク(CNNMoney) 米プロフットボールリーグ(NFL)の年間王者を決める今年の「スーパーボウル」について、チケット価格が過去最高額を更新するとの観測が浮上している。チケットの検索サービスを手掛けるチケットIQが24日までに明らかにした。

今年で第52回を数えるスーパーボウルは、ニューイングランド・ペイトリオッツとフィラデルフィア・イーグルスの顔合わせで来月4日に開催される。チケットIQによれば、再販市場でのチケット価格は最も安いもので4370ドル(約48万円)だという。

市場全体での平均価格は9000ドルを超える勢いで高騰。現状で昨年の5976ドルを大きく上回っている。



























Apple、スマートスピーカー「HomePod」を米国などで2月9日に発売


米Appleは、同社の音声アシスタント“Siri”を搭載したスマートスピーカー「HomePod」を2月9日に発売すると発表した。当初は、米国、英国、オーストラリアの3ヵ国での取り扱いとなり、日本での発売については今のところ言及されていない。

 HomePodは、昨年6月の開発者向けカンファレンス「WWDC 2017」において発表された“Siri”搭載スピーカー。部屋の中でどんな位置に置かれているかを自動で感知し、最適なオーディオ設定に調節する空間認識機能など、音質にこだわった設計となっている。こちらの声を聞き取るマイクを6つ搭載しており、部屋が音楽でうるさくても「Hey Siri」を聞き取ってくれるとのこと。Apple Musicを契約していれば、約4,500万以上の楽曲を楽しむことが可能。

 ホワイトとスペースグレーの2色展開で、価格は349米ドル。1月26日から、Appleのオンラインストアで予約を受け付ける。




























Apple、エントリーレベルの13インチMacBookを2018年後半に発売か


13インチのMacBookが今年後半に発売との情報がサプライヤーから寄せられ、MacBook Airの後継機となるのではないかと噂されています。

MacBook Airは置き換えられてしまうのか?

Appleのサプライヤーの情報によれば、「エントリーレベルの13インチMacBook」が今年の下半期に発売されるとのことです。

MacBook Airは2017年にアップデートされているものの、停滞状態にあると言っても過言ではなく、MacBook Airが13インチのMacBookに置き換えられる可能性もあると米メディアの9to5Macは伝えています。


MacBook Air

Appleの現在のノートパソコンのラインナップは、13インチのMacBook Air(税別98,800円から)、12インチのMacBook(税別142,800円から)、13インチのMacBook Pro(税別142,800円から)となっています。

13インチのMacBookにRetinaディスプレイが搭載されるかは定かではありませんが、12インチのMacBookは昨年アップデートされていないため、新モデルが今年発売される見込みは高いとされています。


Source:Digitimes via 9to5Mac
Photo:raneko/Flickr



























次期iPhone、ジャパンディスプレイの新型液晶を採用か 時事通信社報道


2018年秋発売予定のiPhoneにジャパンディスプレイが開発した新型液晶が採用される見込みである、と時事通信社が報じています。割安な価格やベゼルデザインのスリム化が採用の決め手になったようです。
ベゼル幅が最小0.5mmのFULL ACTIVE

次期iPhoneに搭載されると見られる液晶ディスプレイは、ジャパンディスプレイが開発した「FULL ACTIVE」という新製品です。


FULL ACTIVE

FULL ACTIVEは、四辺のベゼル幅を0.5mmまで抑えた狭額縁ディスプレイです。表示画面とほぼ同じサイズの商品デザインが可能、さらに有機ELディスプレイよりも低いコストで製造できるのが特徴となっています。

iPhoneXも含めて、近年のスマートフォンには有機ELを採用する傾向が強かったのですが、Appleは大画面化により柔軟に対応可能な「FULL ACTIVE」を次期iPhoneに採用するようです。
報道を受けてジャパンディスプレイの株価が急騰

今回の報道を受けて、ジャパンディスプレイの株価が急騰しています。

同社はこれまで液晶ディスプレイしか持たず、有機ELが主流となるにつれて売上も次第に減少、前期まで3期連続赤字となっていました。しかし、次期iPhoneに同社の新製品が採用されれば経営改善に期待がもてるということで、買い注文が多数入ったようです。


Source:時事通信社,ジャパンディスプレイ
Photo:flockr-Toshiyuki IMAI



























ガルシアが独走V 小平智2位タイ 石川遼は16位

セルヒオ・ガルシアがメジャー覇者の力を見せつけて優勝した

◇国内男子&アジアンツアー◇SMBCシンガポールオープン 最終日(21日)◇セントーサゴルフクラブ(シンガポール)◇7398yd(パー71)

単独首位で最終ラウンドをスタートしたセルヒオ・ガルシア(スペイン)が3バーディ「68」とし、後続に5打差をつける通算14アンダーで完勝。2017年「マスターズ」を制した貫禄を見せつけ、日本ツアー初優勝を手にした。

通算9アンダーの2位に小平智とショーン・ノリス(南アフリカ)。4位から出た小平は5バーディ、5ボギーと出入りの激しい内容ながらもイーブンパー「71」にまとめ、日本勢で唯一のトップ10に食い込んだ。

通算8アンダーの4位に、ともにタイのジャズ・ジェーンワタナノンドとダンタイ・ブーンマ。稲森佑貴が日本勢2番手の通算5アンダー12位で終えた。

選手会長として初戦となった石川遼は19位からのスタート。4バーディ、4ボギーの「71」とし、通算4アンダーの16位で4日間を終えた。

<主な成績>
順位/スコア/選手名
優勝/-14/セルヒオ・ガルシア
2/-9/小平智、ショーン・ノリス
4T/-8/ジャズ・ジェーンワタナノンド、ダンタイ・ブーンマ
:
12T/-5/稲森佑貴 ほか
16T/-4/石川遼

GDO



























ピットロード スカイウェーブシリーズ 1/700 現用米国海軍機セット 1 プラモデル S21







“”

“”

“”

“”


“”
“”

“”

“”

“”

“”

“”

“”


“ピットロード
【2018/01/22 06:26】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
石川遼は暫定3位 首位と2打差で残り27ホールへ

石川遼はトップと2打差で最終日へ

◇国内男子&アジアンツアー◇SMBCシンガポールオープン 3日目(20日)◇セントーサゴルフクラブ(シンガポール)◇7398yd(パー71)

第2ラウンドの未消化分に続き、予選通過者68人による第3ラウンドを実施。午後6時20分に連日のサスペンデッドとなる中、チャプチャイ・ニラト(9H消化)と同ダンタイ・ブーンマ(同15H)のタイ勢2人が、暫定ながら通算9アンダーの首位に並んだ。

石川遼は後半10番をプレー中に中断になり、通算7アンダーの暫定3位で残り27ホールに臨む。石川は第2ラウンドの残り10ホールで4つ伸ばして「66」とし、通算7アンダーの首位で決勝ラウンドへ。第3ラウンドは9番までに3バーディ、1ボギー、1ダブルボギーと伸ばせなかった。同順位にはセルヒオ・ガルシア(同9H/スペイン)ら7人が並ぶ。

通算6アンダーの暫定10位に小平智(同12H)と稲森佑貴(同16H)らがつけ、昨季賞金王の宮里優作(同12H)は通算2オーバーの暫定57位にいる。競技は最終組が9ホールを消化したところで中断。第3ラウンドは最終日21日の午前7時40分(日本時間8時40分)に再開し、引き続き組みかえなしで最終ラウンドを行う予定だ。

<上位の成績>※暫定
順位/スコア/選手名
1/-9/チャプチャイ・ニラト、ダンタイ・ブーンマ
3T/-7/石川遼、ガビン・グリーン、セルヒオ・ガルシア ほか
10T/-6/小平智、稲森佑貴 ほか

GDO



























ピットロード スカイウェーブシリーズ 1/700 現用米国海軍機セット 1 プラモデル S21







“”

“”

“”

“”


“”
“”

“”

“”

“”

“”


“”

“”




“ピットロード


【2018/01/21 06:25】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アマゾンエコー、買ったらまずやるべき6つのこと VentureBeat
スマートスピーカーは大きな話題を呼んでいるが、盛り上がるのも当然だ。この便利な人工知能(AI)搭載機器は、人間が知る限り最も自然なインターフェースである「音声」を使って日々の作業を合理化し、効率化してくれるからだ。スマートスピーカーは高度な機能を備えているが、米アマゾン・ドット・コムの会話型AI「アレクサ」に対応した端末(エコーなど)をクリスマスプレゼントにもらった幸運な人は、これを使いこなそうと格闘しているのではないか。反応が遅い理由を理解したり、普段使っているサービスをアレクサがデフォルト(買ってきたままの設定状態)で対応できるようにしたりするには、少しコツが必要だ。

幸い、AIアシスタントは消費者向けハイテク市場に定着しているので、アーリーアダプター(新しもの好きの早期導入者)は既にその答えを見つけ出している。以下はアレクサ対応端末をパワーアップする6つの方法だ。


アマゾンのAIスピーカー「エコー・ドット」
(C)Piotr Cichosz/Unsplash

1.インターネットの速度を確認する

アレクサがリクエストに答えてコンテンツをストリーミング再生するまでに意外と時間がかかると思ったとしても、それはアレクサのせいではないかもしれない。実はWi-Fi(無線LAN)の方に問題がある可能性が高い。ストリーミング再生にはかなりのデータ容量が必要なため、無駄な無線信号の影響でアレクサがストリーミング再生のリクエストに速やかに応えられえないのかもしれない。幸い、この問題を解決するために試せる簡単な方法がいくつかある。

まずは、自宅のWi-Fiのトラフィックを整理してみよう。Wi-Fiを使う必要のない端末の接続を切り、帯域幅を確保する。これでうまくいかなければ、接続の遅さを解消するためにアレクサ搭載端末とルーターを再起動してほしい。どちらも効果がなければ、自宅のインターネット接続に問題があるのかもしれない。

通信速度がアレクサのストリーミング再生に必要な512kbps(ビット/秒)」以上を満たしているかを確かめるため、加入契約をチェックしてほしい。書類上では条件を満たしているようなら、プロバイダーが実際に契約通りの速度を提供しているかを確認するために、速度テストを実施してほしい。

2.初期設定済みの配信サービスを変更する

アレクサの配信サービスは、当然ながら「アマゾンビデオ」や「アマゾンミュージック」などアマゾンのサービスを優先するように設定されている。つまり、スマートスピーカーで特定の曲をかけたり、映像配信端末「ファイアTV」で映画や番組を再生したりするよう頼むと、例えば音楽配信サービス「スポティファイ」や動画配信サービス「ネットフリックス」ではなく、アマゾンのライブラリからコンテンツを引っ張ってこようとする。音楽配信の場合には、解決策は簡単だ。アマゾンミュージック以外の音楽配信サービスを普段利用しているなら、曲やプレイリストのストリーミング再生をリクエストする際に、好きな方のサービスをデフォルトで使うよう設定できる。

だが、映像配信の場合にはまだ適切な方法がない。アレクサ対応端末とファイアTVではついに、ネットフリックスのコンテンツをストリーミング再生できるようになった。だがアレクサ対応端末では、リクエストされたコンテンツがアマゾンビデオにある場合には、ここをデフォルトにするよう設定されている。これはプライム会員ではない人にとってはやや使いづらい。アマゾンは使い勝手を良くするため、この問題に取り組んで解決してほしい。

3.端末のトレーニングに時間を割く

アレクサがコマンドをなかなか理解してくれないなら、「音声トレーニング」プロセスを飛ばしたからかもしれない。あらゆる優秀なアシスタントと同様に、アレクサもユーザーの独特のニュアンスを理解すればもっと活躍できるようになる。

アマゾンの音声トレーニングはかなり簡単なので、数分で終えられる。トレーニングでは、端末に向かって普段通りの声ではっきりと、25のフレーズを話しかける。ユーザーの声をもっとよく理解し、リクエストに正確に答えられるようになるために、端末はそれぞれの応答を録音し、処理する。

4.個別の音声プロフィルをつくる

家族やルームメートと同居している場合には、パーソナライズされた端末のせいで不都合が生じる可能性もある。このため、ひとり暮らしではない場合には端末に複数のユーザープロフィルを作るのが賢明だ。こうしておけば、それぞれのメンバーがアマゾンの自分のアカウントにひも付けされたアカウントを持つことができる。プロフィルを切り替えるには「アレクサ、アカウントを切り替えて」と言うだけでよい。

個別のプロフィルがあれば、それぞれのメンバーのユーザー体験をカスタマイズできる。自分のプロフィルをカレンダーに接続したり、自分の声に適応させたり、それぞれの好みに合った買い物情報を提供してくれたり、個人情報やアマゾンでの決済情報を記憶したりできるようになる。プライバシーが心配なら、自分のプロフィルに切り替える際には暗証番号が必要になるように端末の設定を変更できる。

5.音声アプリの「スキル」を有効活用する

特に設定をしなくてもアレクサですぐに対応できると思っていたのに、追加設定が必要なタスクもある。その場合には、音声アプリ「スキル」が役立つ。

現時点では対応していない機能が必要なら、助けてくれるスキルがあるかもしれない。例えば、配車サービスのウーバーやリフトのスキルをダウンロードして外出時にアレクサに配車を頼んだり、ビジネスチャットサービス「スラック」のスキル「チャットボット・フォー・スラック」を使ってメッセージを口述し、端末を使ってこれをスラックに投稿してもらったりできる。

6.音声リモコンの利用を検討する

アレクサの機能は非常に素晴らしいが、通信範囲外からの呼びかけは聞き取れない。使い始めたばかりのころは、どこまでが聞き取れる範囲かが分からないため、多少の問題が生じるかもしれない。音声リモコンを使えば、この問題は解決できる。

このリモコンはブルートゥースでアレクサ対応端末に接続し、マイクを使って遠くからのコマンドを伝達する。周囲が少し騒がしい場合にも、通信範囲内からの呼びかけが聞き取りやすくなる。

あらゆる新しいテクノロジーと同様に、スマートスピーカーも使いこなしには時間を要する。アレクサに尋ねて答えてもらうという概念はかなり単純に思えるが、それでもアレクサができるだけスムーズに動けるよう、ユーザーの工夫が必要だ。これらのヒントが、新しいアレクサ対応端末を使いこなすのに役立てば幸いだ。

By Cosette Jarrett

(最新テクノロジーを扱う米国のオンラインメディア「ベンチャービート」から転載)






























ピットロード スカイウェーブシリーズ 1/700 現用米国海軍機セット 1 プラモデル S21







“”

“”

“”

“”


“”
“”

“”

“”

“”

“”


“”

“”




“ピットロード
【2018/01/20 06:52】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2018年、iPhoneの本当のスーパーサイクルが来る~KGI予測


中国でのiPhone X需要が予想を下回っているため、KGI証券が2018年上半期のiPhone Xの出荷台数予測を下方修正しました。しかし同社の名物アナリストは、今年発売が見込まれるiPhoneが中国需要を喚起し、Appleにとって「本当のスーパーサイクルが来る」との新たな予測を明らかにしました。

2018年前半の出荷台数予測を下方修正

Apple関連の予測では信頼性の高いKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏は、最新の調査報告書において次のように述べています。


当社は2018年第1四半期と第2四半期のiPhone Xの出荷台数予測を、それぞれ1,800万台、1,300万台へと引き下げた。これは多くの市場関係者が予測する2,000万~3,000万台、1,500万~2,000万台よりも低い数字だ。iPhone Xの生産は2018年中盤に終了し、累計出荷台数は我々の以前の予想である8,000万台を下回る約6,200万台になるだろう。

買い替えサイクルの長期化とノッチへの非対応アプリ

予想数字を引き下げた理由をクオ氏は2つ挙げています。ひとつはユーザーの買い替えサイクルの長期化です。2016年第4四半期には14~16ヵ月だった買い替えまでの期間が、2017年第4四半期には24~26ヵ月まで延びています。影響を受けたのはもちろんAppleだけではなく、クオ氏によれば中国のスマートフォンメーカーも2017年後期の出荷台数予測を軒並み引き下げていました。

2番目の理由は、iPhone Xの「ノッチ(切り欠き)」のあるデザインにあるようです。クオ氏によれば、中国のアプリはこのデザインに対応していないものが多く、そのためフルディスプレイが活かされず、5.5インチのiPhone Plusよりも狭い範囲でしか表示されないという状況がしばしば起きています。その結果、高額なiPhone Xへの買い替え需要が低迷した、とクオ氏は分析しています。

しかしクオ氏は、今年発売される次期iPhoneによって、iPhoneの「本当のスーパーサイクル」が来る、と述べています。

2018年のiPhone出荷台数は5~10%増

クオ氏は以前から、2018年に発売されるiPhoneは、有機EL(OLED)を搭載する5.8インチモデル(現行のiPhone Xと同じサイズ)と「iPhone X Plus」ともいわれる6.5インチモデル、そして液晶搭載の6.1インチモデルの3モデル構成となると予測しています。クオ氏の予想では、3モデルともにノッチのあるフルディスプレイ、TrueDepthカメラを搭載する見通しです。

クオ氏は、6.5インチOLED搭載iPhoneと6.1インチLCD搭載iPhoneが中国におけるAppleのiPhoneシェアを拡大し、650~750ドル(約7.2万~8.3万円)の価格設定となる見通しの6.1インチLCD搭載iPhoneは、世界中にフルスクリーンと3Dセンサー搭載iPhoneを広める、と見ています。

そのため、2018年前半の出荷台数予測を引き下げたものの、通年では対前年比で5~10%増の成長率になるというのがクオ氏の見通しで、この数字は5%減~5%増というスマートフォン全体の出荷台数予測を上回っています。



Source:MacRumors






























ピットロード スカイウェーブシリーズ 1/700 現用米国海軍機セット 1 プラモデル S21








“”

“”

“”

“”


“”
“”

“”

“”

“”

“”


“”

“”




“ピットロード
【2018/01/20 06:52】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
パッキャオ復帰戦は? ロマチェンコ陣営は噂を一蹴
今週、フィリピンから発信された「マニー・パッキャオが次戦でワシル・ロマチェンコと対戦する可能性がある」というニュースに関し、ロマチェンコのマネジャー、エギス・クリマス氏が回答。噂をはっきりと否定した。ESPNドットコムが伝えた。


39歳のパッキャオ、リングへの意欲はあるようだが…

 パッキャオはフィリピンの大手テレビ局ABS-CBNの番組で、ロマチェンコと対戦交渉中と発言。一部のメディアも現実的な話として報じた。しかしクリマス氏は「ウェルター級のパッキャオとS・フェザー級のロマチェンコの間には3階級の差がある。非常識な話だ」とコメント。

 そして「もしすぐに2人が対戦するなら、ゴロフキンがロマチェンコと戦いたいと言うだろうし、L・ヘビー級のコバレフがパッキャオを指名するだろう」と一笑に付す。

 また同マネジャーは「もし実現しても『ロマチェンコは体重を無理に落としたオールドボクサーに勝った』と言われるのがオチ。こちらには大きなメリットがない」と続ける。陣営の方針では今のところ体重を上げるにしても135ポンド(ライト級)から順番に取り掛かるもようだ。

 ただ将来的にはロマチェンコvsパッキャオは可能性があるという。その場合、体重設定は140ポンド(S・ライト級)が妥当と陣営は見ている。

 一方、パッキャオには4月21日ニューヨークのMSGあるいはラスベガスのT-モバイル・アリーナで予定されるジェフ・ホーン(豪)vsテレンス・クロフォード(米)のWBO世界ウェルター級タイトルマッチのカードに登場するプランが持ち上がっている。

 ボブ・アラム・プロモーターによると、パッキャオが出場するしないにかかわらず、ホーンvsクロフォードは近日中に正式発表が行われるという。

BoxingNews






























ピットロード スカイウェーブシリーズ 1/700 現用米国海軍機セット 1 プラモデル S21







“”

“”

“”

“”


“”
“”

“”

“”

“”

“”


“”

“”




“ピットロード
【2018/01/20 06:52】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アップルがiPhone Xのデザイン刷新、画面の「切り欠き」解消か

アップルのiPhone Xは2017年に最も注目されたスマートフォンになったが、この端末はデザイン面で大幅な妥協を行った結果リリースされたものだった。サプライチェーンからのリーク情報で、アップルがこの問題に対処しようとしていることが明るみに出た。

韓国の「ETNEWS」が掲載した業界筋の情報によると、アップルはサプライヤーの「LGイノテック」との取り組みで、iPhone Xの前面の“ノッチ”と呼ばれる凹型の切り欠き部分の面積を削減しようとしている。報道によると、ノッチに格納されたフロントカメラとFace IDの顔認識モジュールを統合することで、サイズを大幅に減らせるという。

これはiPhone Xのデザイン面で大きな前進になりそうだ。Face IDは現状で3つのパーツで構成されている。ドットをユーザーの顔に投射するドットプロジェクターと、イルミネーター、赤外線カメラの3つだ。現状のフロントカメラが仮にこれらの部品の一つでも組み込むことになれば、ノッチのサイズは小さくなる。

アップルは、LGイノテックに約8億2100万ドル(約910億円)を出資することが明らかになっており、同社は「今回の資金はカメラモジュールの開発に向けてのものだ」と述べていた。ET Newsによると、LGイノテックはこのモジュールをアップル向けに限定して開発するとは述べていないものの、業界筋の見方として「この資金はアップルの顔認識モジュールの開発に用いられる可能性が高い」と伝えている。

さらにET Newsは、2018年にアップルが発売する他の端末にもFace IDが搭載されることになると述べた。しかし、残念なことに、ノッチの小型化が実現するのは2019年以降になるという。

このデザインの進歩は出来るだけ早期に実現すべきだと思う。iPhone Xに対する不満の声は時が経つに連れて少なくなりつつあるが、ノッチの存在はこの端末にとって大きなマイナスだ。それが難しいのであれば、アップルはiPhone Xの価格を引き下げることで、より多くの顧客にアピールできるだろう。



























ピットロード スカイウェーブシリーズ 1/700 現用米国海軍機セット 1 プラモデル S21


【2018/01/19 07:12】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ねじれたフェースでまっすぐ飛ばす 「M3/M4シリーズ」登場 テーラーメイド ドライバー

M3 460 ドライバー(左)とM4 ドライバー(右)。M3はソールにY字型の弾道調整機構が備わる

テーラーメイド ゴルフ(東京都江東区)は16日、「M3/M4シリーズ」のドライバー、フェアウェイウッド、レスキュー、アイアンを2月16日に発売すると発表した。

ドライバーは、「M1」の後継モデルでソールにY字型の弾道調整機構を持つ「M3 460 ドライバー/M3 440 ドライバー」と、「M2」の後継である「M4 ドライバー」の3種が登場。「M4 ドライバー」は、ダスティン・ジョンソンが今月行われた「セントリートーナメントofチャンピオンズ」で使用し、430ydのティショットでピンそば15cmにつけたスーパーショットが記憶に新しい。

目玉となる新テクノロジーは「ツイストフェース」と呼ばれるフェース設計だ。フェースを「ねじる」ことで、アマチュアゴルファーに多い「トウ側高め」と「ヒール側低め」のミスヒット時に曲がりを抑える効果があるという。


ツイストフェースのイメージ。フェースをねじることでトウ側上部のロフトが寝て、ヒール側下部のロフトは立っているのがわかるだろうか

従来のフェース設計では、「トウ側高め」でのヒット時はフェースが閉じてロフトが立っている傾向にあり、低弾道フックが出やすかった。一方「ヒール側低め」の場合はフェースが開いてロフトが寝ているので高弾道スライスになる。そこで、フェースをねじることでトウ側高め部分のロフトを寝かせてアングルをオープンにし、ヒール側低め部分はロフトを立ててクローズにすることで、ミスヒット時の曲がり幅を軽減させることに成功したとのことだ。

実際に「M4 ドライバー」を試打した同社契約プロの田中秀道は「ほぼストレートボールしか出なかった。ミスヒットしてもフェアウェイに残ってくれる」とコメントした。


M3 460 ドライバー(左)とM4 ドライバー(右)。M1/M2では白かったクラウン前方部分がシルバーになった。フェースのねじれによる違和感はない

価格は「M3 460/M3 440 ドライバー」が税抜7万2000円(税込7万7760円)、「M4ドライバー」が税抜6万5000円(税込7万200円)。問い合わせはテーラーメイド カスタマーサービスコール TEL 0120-558-562。



























ピットロード スカイウェーブシリーズ 1/700 現用米国海軍機セット 1 プラモデル S21


【2018/01/19 06:32】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アップル、米国に4.2兆円納税へ 5年で従業員2万人増も


ニューヨーク(CNNMoney) 米アップルは17日、米国外で得た利益に対する税金として380億ドル(約4兆2270億円)を支払う意向を示した。また向こう5年間で従業員を2万人増やし、米国内の施設に300億ドル投資する計画も発表した。

また事情に詳しい関係者によると、各国の従業員に対し、2500ドル相当の株式をボーナスの形で支給することを明らかにしたという。米国の税制改正を受けての措置で、ブルームバーグは特定の幹部レベル以下の従業員が対象になると報じている。

アップルのフルタイムの従業員は世界で約12万3000人。そのうち約8万4000人は米国で働いている。


税制改正により、アップルのようなグローバル企業も過去の国際的な事業で得た利益を納税という形で米国内に還元することが義務付けられる。

アップルは米国への納税額が380億ドルになるとの見通しを発表。本国へ還元される金額としては「過去最大規模」との見方を示した。

また米国内の複数の施設に300億ドルを投資する計画を明らかにした。これらの施設には既存のオフィスのほか、まだ立地の明かされていない新たな建物が含まれるという。



























ピットロード スカイウェーブシリーズ 1/700 現用米国海軍機セット 1 プラモデル S21
【2018/01/19 06:32】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
HomePod、最初の100万台が出荷?年内に1,000万~1,200万台出荷か


Appleのスマートスピーカー、HomePodの初期出荷が開始された、と報じられています。2月中には発売される、との予測とも一致することから、発売時期も近いと考えて良いかもしれません

HomePodの初期出荷が開始?

HomePodの製造を担当するサプライヤーのInventecが、Apple向けに100万台のHomePod出荷を開始した、と台湾メディアTaipei Timesが報じています。

また、HomePodは2018年内に1,000万台から1,200万台程度が出荷される、との予測も伝えられています。

Inventecは、FoxconnとともにHomePod発売時点での製造を担当するサプライヤーで、両社はAppleからHomePodの製造台数を同数ずつ割り当てられているとみられます。

先日の発売時期予測と一致する出荷報道

Taipei Timesの報道は、今月上旬に市場調査会社GBH insightsが発表した「4~6週間程度でHomePodが発売される」との予測と符合します。

なお、現在開発者向けベータが公開されているiOS11.2.5で追加されるSiriに音声ニュースを再生させる機能はHomePod向けと見込まれていましたが、iOS11.2.2ですでに利用可能になっていることも判明しています。

2017年12月から「2018年初頭」に延期された発売時期

HomePodは、当初2017年12月の発売が予告されていましたが、11月になって発売時期が「2018年初頭」に延期されました。現時点では、HomePodの具体的な発売時期について情報はありません。

HomePodは当初、アメリカ、イギリス、オーストラリアの3カ国で発売予定ですが、日本を含むその他の国での発売について、Appleは何も発表していません。

2018年にも市場の急成長が期待されるスマートスピーカー市場

2018年のテクノロジー業界で最もホットな市場になると予測されているスマートスピーカー市場ですが、すでに全米の18歳以上の消費者の16%がスマートスピーカーを所有し、所有者の65%は「もうスマートスピーカーのない生活には戻れない」というほど、市場への浸透が始まりつつあります。

Accentureの調査によると、2018年末までに全米の世帯の37%がスマートスピーカーの購入を検討しており、市場は急速に成長すると期待できそうです。



Source:Taipei Times, 9to5Mac




























ピットロード スカイウェーブシリーズ 1/700 現用米国海軍機セット 1 プラモデル S21
【2018/01/18 06:28】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Apple、今年から来年にかけてより多くの製品で「Face ID」を採用か

ETNewsが、業界筋の話として、Appleは今年から来年にかけて、より多くの製品に顔認証機能「Face ID」を採用する予定のようだと報じています。


これは「iPhone X」向けの顔認識モジュールを製造するLG Innotecが、モバイル端末向けカメラモジュールと新技術のモジュール事業に8,737億ウォン(約910億円)の設備投資を行うことを発表したことを受けての予測で、LG Innotecは設備投資がAppleに関係したものなのかは明らかにしなかったものの、業界ではAppleの顔認識モジュールのためであるとみられているようです。

また、Appleは2019年により多くの「iPhone」で顔認識技術を採用するものとみられている他、2019年に発売される「iPhone」から顔認識機能を強化する予定とも言われているそうです。

なお、Android端末では、顔認識技術の代わりに、指紋認証機能の強化やディスプレイへの指紋センサーの内蔵が行われるものとみられています。


[via MacRumors]



























ピットロード スカイウェーブシリーズ 1/700 現用米国海軍機セット 1 プラモデル S21
【2018/01/17 06:52】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2018年、MacBook Proは大幅モデルチェンジなし?サプライヤーが一部変更


2018年前半にMacBook Proの組み立てを担当するサプライヤーが変更されることから、2018年、MacBook Proの大幅なモデルチェンジはないようだ、と予測されています。6月のWWDC 18で、高性能化したモデルが発表されると見込まれます。

MacBook Proの組み立て、一部をFoxconnに

AppleがMacBook Proの組み立てを担当するサプライヤーの一部を、2018年の第2四半期(4~6月)にQuantaからFoxconnに変更するようだ、とサプライヤー事情に詳しい台湾メディアDigiTimesが報じています。

DigiTimesの情報元によると、ここ数年のFoxconnはMacBookシリーズ組み立ての受注を獲得するために積極的な営業攻勢に出ていた、とのことです。

Appleは通常、主要製品のサプライヤーを1社に絞り込まずに複数社に分散させることで、サプライヤーの製造上の問題が発生した場合のリスクを分散させるとともに、サプライヤー間での競争によるコスト引き下げを図っており、今回の動きもその一環と考えられます。

6月のWWDC 18で高性能化モデルを発表か

MacBook Proの組み立てを担当する主要サプライヤーが変更されることから、2018年にMacBook Proの大幅なモデルチェンジはないだろう、とDigiTimesは予測しています。

ただし、現行デザインとなったのが2016年であることから、2018年に大幅変更がないのは妥当で、CPUの高性能化、RAMやSSDの高速化といったアップデートが施されたMacBook Proが6月のWWDC 18で発表されると予測されます。

Macの出荷台数は6年連続で増加

IDCの調査によると、2017年に世界で約2,000万台のMacシリーズが出荷され、パソコン全体の出荷台数減少が続く中、Appleは出荷台数を前年比5.9%伸ばしており、6年連続で出荷台数を伸ばし続けています。



Source:DigiTimes, 9to5Mac



























ピットロード スカイウェーブシリーズ 1/700 現用米国海軍機セット 1 プラモデル S21
【2018/01/16 06:50】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
高梨、7戦連続V逸も飛型に光明 W杯札幌大会最終戦
2強の一角、アルトハウス(ドイツ)が2回目に失速。前日の3位から棚ぼた気味に表彰台を1段上がったが、むろん破顔一笑とはいかない。昨季最終戦から続く7戦連続のV逸は、2011年にW杯に参戦してから初めてのことだ。

スキー板が跳ね上がりすぎた前日のミスは上半身の動きによるものと突き詰めた。それを修正すると、今度は「板が若干開きすぎてブレーキに」。今はわずかでもフライトが乱れれば戦えない。風にも恵まれなかったとはいえ、1、2回目ともルンビに5メートル以上離された。

そのルンビは前日の「攻撃的な」飛び方を変え、「バランスを取って飛び出してみた」と語った。安全運転に転じても、2回目はヒルサイズに迫る98.5メートル。「テークオフのインパクトが増していて、男子的になっている」(高梨)というライバルのジャンプは別次元に達しつつある。

流れを変えたかった札幌でも、開幕から4戦の結果をなぞる形になった。営々と53の勝ち星を築いてきた高梨にとっては「まさか」ではあっても、もはや異常事態とは呼べまい。向こうが一枚上なのだ。高梨もわかっている。「自分の技術も前進している。やるべきことをやるしかない」

この日の締めくくりに光明も見いだした。2回目、得意といえぬテレマーク姿勢を「(着地で)頭から突っ込むような意識で」ぴたりと決めた。ジャンプの申し子が「頭がおかしいかな」と振り返ったほどだから、相当恐怖心があったはず。それに打ち勝って得たのはルンビとぴったり並ぶ全体最高の飛型点。「何とか食らいついていきたい」。苦しい状況だが、女王の気力はまだ萎えてはいない。

日経新聞



























ピットロード スカイウェーブシリーズ 1/700 現用米国海軍機セット 1 プラモデル S21
【2018/01/15 06:59】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
iMac Pro、米家電量販店でエントリーレベルモデルが3,999ドルまで値下げ


日本での最低販売価格が税別558,800万円のモンスターマシン、iMac Proの価格がアメリカの一部店舗で大幅に値下げされたことが報じられています。

iMac Pro、1,000ドルの値下げ

iMac Proの値下げが初めて伝えられたのは今月初旬のことでした。米国の大手家電量販店のBest Buyで、通常価格4,999ドル(約55.5万円)のところ、250ドル(約2,775円)安い、4,749.99ドル(約52.7万円)で販売されていました。

ところが今月中頃に入って、アメリカ国内に25の店舗を構えるMicro Centerにおいて、iMac Proのエントリーレベルモデルが、通常販売価格から1,000ドル値下げとなる3,999ドル(約44.4万円)で販売されていることが判明したようです。

3,999ドルで販売されているiMac Proのエントリーレベルモデルのスペックは以下の通りとなっています。


27インチRetina 5kディスプレイ
Intel Xeon Wプロセッサ 3.2Ghz
macOS High Sierra
32GB DDR4 RAM
1TB SSD
AMD Radeon Pro Vega 56 8GB HBM2
SDXC カードスロット
10Gb イーサネット
802.11ac 無線LAN
Bluetooh 4.2


Source:9to5Mac































ピットロード スカイウェーブシリーズ 1/700 現用米国海軍機セット 1 プラモデル S21



【2018/01/15 06:59】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ロマゴン、4月再起戦 Sフライ級適応のためノンタイトル戦


ボクシングの元4階級制覇王者ローマン・ゴンサレス(30=ニカラグア、帝拳)がニカラグアのマナグアで会見し、4月に再起戦を予定していることを明かした。

 昨年3月にシーサケット・ソールンビサイ(31=タイ)に判定負けして王座から陥落し、9月の再戦は4回KO負け。「負けた言い訳はしないが、シーサケットとの再戦を急ぎすぎた。王座を獲得した時からフライ級とのパンチ力の違いを実感していた」と話し、スーパーフライ級に適応するためノンタイトルの再起戦を希望していると語った。近日中に来日し、プロモーターの帝拳ジム・本田明彦会長と今後について話し合うという。



























ピットロード スカイウェーブシリーズ 1/700 現用米国海軍機セット 1 プラモデル S21
【2018/01/14 06:36】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
生きたロブスターの煮沸を禁止、「痛み対策」 スイス新法
先日買って食べたばかりです、、、
可哀想なことをしてしまいました。
次回からは気をつけます。









(CNN) スイス政府は13日までに、ロブスターがまだ生きている場合、調理のために熱湯に入れることを禁じる新たな法律を成立させた。今年3月から発効する。

新法は、ロブスターは痛みを感じる可能性がある高度な神経系を保持しているとする研究結果を踏まえたものとなっている。

今後は、調理前に気絶させるか、即座に絶命させることが必要になる。また、輸送する際の条件にも触れ、ロブスターを含む甲殻類を氷詰めの状態や氷水に入れたりして運ぶことを禁止。常時、自然の状態で保管しなければならないとした。

ロブスターに関してはイタリアで最近、レストランの台所で氷詰めでの保管を禁じる新たな法が成立していた。

環境問題などを専門にする英国・北アイルランド、クイーンズ大学のロバート・エルウッド教授はスイス政府の今回の措置を評価。甲殻類が神経系を持つことを示す自らの再三の実験結果を踏まえ、鳥類や哺乳(ほにゅう)類は保護してきたのに、エビやカニは無視している現状を疑問視し、生きたまま煮沸するのは非人道的だとも主張した。

エビなどは苦痛にさらされた場合、生死にかかわる重大な決定を迫られるとする研究結果にも言及し、ヤドカリは強い電気の衝撃を受けた場合、殻を即座に捨てるとも説明した。



























ピットロード スカイウェーブシリーズ 1/700 現用米国海軍機セット 1 プラモデル S21
【2018/01/14 06:36】 | Muscle Blog | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アップル「HomePod」は数週間以内に発売か 投資家筋の情報が浮上
「HomePod」が間もなく発売されるとの噂が浮上した。ニュースサイト「9to5Mac」がGBH Insightsのアナリストの見方として、その情報を伝えている。

GBH Insightsが投資家向けのメモで明かした話によると、HomePodは今後4週間から6週間のうちに発売になるという。また、同社の見通しとしては、アマゾンの「エコー」やグーグルの「グーグルホーム」らの競合との戦いでアップルは苦戦することになると伝えている。

筆者は以前にHomePodの実機のトライアルを行ったことがある。HomePodは単体で使用した場合でも、2つを連携させてステレオで使用した場合でも、サウンドのクオリティは素晴らしかった。トライアルはごく短時間で終わったが、この製品のサウンドはアマゾンのエコーを上回るものであると確信した。

また、アップルが「家庭のオーディオを再発明する」と宣言したこのデバイスは、Sonosのスピーカーを上回るものであるとの印象を持った。

ただし、筆者がトライアルを行ったのは数ヶ月前のことであり、現状のHomePodには新たな改良が加えられ、音質もさらに向上しているはずだ。

HomePodはまた、室内の環境を把握し、最適なオーディオ出力を自動で設定する機能も持っている。この製品がハイエンドモデルにふさわしい性能を持っていることに疑いはない。音声アシスタント機能も、昨年の6月と比較すると大幅に進化を遂げているはずだ。

しかし、HomePodは349ドルというかなり高価なデバイスになる。アマゾンのエコーは99ドル、アレクサ対応の「Sonos One」は199ドルで販売されている。

今年の家電見本市「CES」では、アレクサやグーグルアシスタントに対応する様々なデバイスが発表された。HomePodは当初の予定から数ヶ月遅れで市場に投入されることになるが、わずかな期間でこの分野の競争はさらに激化し、デバイスの成熟度もあがっている。

アップルはこれまで、市場のパイオニアになる必要はない、適切なタイミングで最高の製品を出せばいいというスタンスをとってきた。HomePodが昨年末のホリデーシーズンを逃したのは痛手かもしれないが、まだまだ挽回するチャンスはあるだろう。

競合製品を圧倒的に上回るサウンドのクオリティや、シンプルなセットアップ機能、さらにSiriの便利さを統合したデバイスを実現できれば、アップルはスマートスピーカー市場においてもゲームチェンジャーになれるかもしれない。



























ピットロード スカイウェーブシリーズ 1/700 現用米国海軍機セット 1 プラモデル S21
【2018/01/13 06:53】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
無人運転車が生む「第4の画面」TVやスマホに続く VentureBeat
クルマが一般人の生活に普及し始めてから約100年。当初は富裕層向けの珍しい製品だったが、ヘンリー・フォード氏が生み出したイノベーション(技術革新)により量産技術を確立し、「狂乱の1920年代」とさえ称された好景気が訪れたのがきっかけだ。クルマは私たちの日常生活や娯楽、仕事の場所や方法を一変させた。

自動車業界のたゆまぬ技術革新により、現代のクルマはより速く、高燃費で、安全性が増している。だが、渋滞や事故、長時間運転に伴うストレスなどの問題はまだ解消されていない。このため、クルマの導入並みのインパクトを持つ「完全自動運転車」革命が起ころうとしている。


(c)Zapp2Photo / iStock

自動運転車の普及を巡っては課題もある。例えばマツダが2017年に調査会社イプソス・モリを通じて実施した調査では、自動運転車が普及しても自分で運転したいと答えた人は71%に上った。だが自動運転車が普及すれば、そこには個人が過ごす新しい空間で生まれる。次のフロンティアだ。

予想以上のスピードで普及する可能性も

一部のメーカーは既に「BMW」「アンフィニ」「ボルボ」「アウディ」などの高級車に半自動運転技術や自動運転機能を搭載している。米テスラの「オートパイロット」機能は現行法では対応しきれないほどの自動化の水準を誇り、ソフトウエアをアップデートするだけで機能を拡張できる。テスラの最高経営責任者(CEO)で創業者のイーロン・マスク氏は、10年もたてば「完全自動運転車ではないクルマをつくる方が珍しくなるだろう」と予測する。

自動車業界のビッグプレーヤーは既に大規模投資を進めている。米アップルは最近、自動ナビゲーションシステムの特許を取得。米ライドシェア大手のリフトや米半導体大手のクアルコムなどはカリフォルニア州で自動運転実験の認可を得た。さらに、米アルファベット傘下のウェイモは危なっかしい面もあるが、自動運転車を使ったライドシェア(相乗り)サービスの実用化に近づいている。

最も基本的なレベルの自動運転車には、自動ブレーキや車線維持支援など能動的な衝突回避技術が搭載されている。現在の半自動運転車が該当するもう少し上のレベルでは、一定の状況下でのみ運転し、速度を保ち、ブレーキをかける機能を持つ。さらに上のレベルでは、長距離を安全に走行でき、「運転手」は目的地を入力するだけで済むようになる。トラック輸送業界はもちろん、米ライドシェア大手のウーバーやリフトも運転手を使わずに事業を運営するようになるだろう。

第4の画面の導入

筆者のようなマーケティング担当者は、視聴者が広告を目にする画面を分類したくなる習性がある。現代はスマートフォン(スマホ)が第1の画面だとすると、テレビが第2の画面、タブレット端末とパソコンが第3の画面である。自動運転が普及すると、クルマが第4の画面になるのは間違いない。

自動運転車が普及すれば、「運転手」という考え方はなくなることはないが、限定的になる。クルマに乗っている人は全員観客になり、座席は注意力よりもくつろぎを重視したレイアウトになるだろう。車載インフォテインメントの画面は今でも十分大きいと思っていても、やがて小さく感じるようになる。画面の大きさは家のテレビに並び、現代のスマホのようにタッチ操作に完全に対応し、アプリやコンテンツ配信、ゲームができる高速インターネットアクセスが完備されるようになる。さらに、ヘッドアップディスプレー(HUD)が窓に映像を映し出すため、走行中に拡張現実(AR)のような効果が楽しめる。

おなじみだが新しい手法で消費者に到達

クルマに乗っている人は既にスマホに夢中になったり、後部座席の子どもたちを退屈させないようタブレット端末に頼ったりしている。だが、移動中の人をターゲットにした広告は限定的だ。ウェイズのようなカーナビゲーションアプリのスポンサー広告を除けば、モバイル端末のターゲティングはまだ最大限に活用されてはおらず、運転手の邪魔になるためインフォテインメントシステムの広告にも制約が多い。

自動運転車では全地球測位システム(GPS)と連動し、車載データにアクセスできるため、没入感のあるインフォテインメント画面が消費者の位置や目的地、運転パターンを把握し、消費者に役立つより的確なターゲティング広告を提供するようになる。さらに、車載ディスプレーが個人の端末と同期し、クルマの乗員に到達するより大きな端末エコシステムが誕生する可能性も高い。

ハイパーターゲティング広告

「第4の画面」の広告は大きな可能性を秘めている。これに関する調査はまだ少ないが、米フォレスター・リサーチの調査では、個人化され、関連性も高いコンテンツや広告の方を好む消費者は最大71%に上ることが示された。位置や目的地に関する豊富なデータに予測機能を持つ人工知能(AI)を組み合わせ、動画配信サービス「Hulu(フールー)」で動画の前に3マイル先にあるレストランの広告を流してはどうだろうか。食料品店に行く途中にレシピの動画や材料のクーポンを表示したり、夜遅くに都心に出かける人にホテルの特価情報を提供したりしてもよいだろう。

自動運転車はネット通販との競争で苦戦を強いられている実店舗に大きなチャンスをもたらす。地元の特売情報を受け取り、これをワンクリックで買い、購入した店まで乗せてくれ、その店のコンシェルジュサービスで買った商品をトランクに入れてもらえるようになれば、非常に便利だろう。

自動車の未来

こうしたイノベーションやチャンスは刺激的だが、突然訪れるわけではない。だが、自動車の未来が到来すれば、全く新たな視聴者や、取り込むべき新たな行動がマーケターに示される。筆者は車と運転が大好きなので、完全自動運転車とそれに伴う渋滞の解消を喜んで受け入れるが、スピードを出す楽しさをどう見いだせるのかも気になるところだ。

筆者のようなアナログ人間のための場は残るだろうし、自動運転車がその方向へ向かってくれることに期待している。

By Rob Kurfehs=米広告代理店オーガニックのグループクリエイティブディレクター

(最新テクノロジーを扱う米国のオンラインメディア「ベンチャービート」から転載)



























ピットロード スカイウェーブシリーズ 1/700 現用米国海軍機セット 1 プラモデル S21
【2018/01/13 06:53】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
年間表彰選手 MVP候補は井上、村田、比嘉、田口
年間表彰選手 MVP候補は井上、村田、比嘉、田口

 2017年に顕著な活躍した選手を称える年間表彰式(2月9日開催)で、表彰候補選手を選ぶノミネート会が11日都内で開かれた。年間最優秀選手賞(MVP)候補には、井上尚弥(大橋)、村田諒太(帝拳)、比嘉大吾(白井・具志堅S)、田口良一(ワタナベ)の世界チャンピオン4人があがった。以下、各賞の候補は以下の通り。


井上尚弥(左)と村田諒太

◆最優秀選手賞=井上尚弥、村田諒太、比嘉大吾、田口良一

◆技能賞=井上尚弥、ホルヘ・リナレス(帝拳)、村田諒太、田口良一

◆殊勲賞=村田諒太、木村翔(青木)、尾川堅一(帝拳)、田口良一

◆KO賞=井上尚弥、比嘉大吾、木村翔

◆努力・敢闘賞=大竹秀典(金子)、有川稔男(川島)、藤本京太郎(角海老宝石)、黒田雅之(川崎新田 )

◆新鋭賞=京口紘人(ワタナベ)、木村翔、拳四朗(BMB)


比嘉大吾(左)と田口良一

◆年間最高試合
◎世界タイトルマッチ=リナレスvsクローラ第2戦、田口vsメリンド、木村vsゾウ、田中恒成(畑中)vsアコスタ
◎世界タイトルマッチ以外=三浦隆司(帝拳=引退)vsローマン、マーク・ジョン・ヤップ(六島)vs益田健太郎(新日本木村)、麻生興一(三迫)vs今野裕介(角海老宝石)、西谷和宏(VADY)vs土屋修平(角海老宝石)、大竹vs丸田陽七太(森岡)

◆女子最優秀選手賞=藤岡奈穂子(竹原慎二&畑山隆則)、小関桃(青木)

◆女子年間最高試合=藤岡vsバジェ、小関vs黒木優子(YuKOフィットネス)、多田悦子(真正)vs柴田直子(ワールドS)

◆優秀選手賞=福原辰弥(本田フィットネス)、山中竜也(真正)、京口、田中、田口、拳四朗、比嘉、木村、井岡一翔(井岡)、井上、山中慎介(帝拳)、岩佐亮佑(セレス)、久保隼(真正)、尾川、リナレス、村田

 また今回から新たに、社会貢献活動に顕著な選手関係者、そしてトレーナーを対象とした賞も設けられることになった。  選考会は1月23日に行われ、日本ボクシングコミッション(JBC)の委託を受けた東西メディア(テレビ・新聞・専門誌)の投票で決まる。各賞は2月9日に催される表彰式で明らかにされる予定だ。

BoxingNews




“”

“”

“”

“”


“”
“”

“”

“”

“”

“”


“”

“”




“ピットロード
【2018/01/12 06:25】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
平昌五輪、日本は最多メダル15個か 米データ会社が予想
スポーツデータの分析、提供などを行う米国のデータ専門会社、グレースノートは10日、平昌冬季五輪開幕30日前に合わせて全種目のメダル予測を発表し、日本はメダル総数で過去最高の15個、金メダルは1998年長野五輪の5個に次ぐ4個となった。最新の競技結果や選手の動向を分析し、現時点で五輪が行われたとの想定で算出した。

日本の金メダルには、フィギュアスケートでソチ五輪を制した男子の羽生結弦(ANA)と団体、スピードスケート女子で500メートルの小平奈緒(相沢病院)と団体追い抜きが挙がった。小平は今季世界記録をマークした1000メートルでも女子1500メートルの高木美帆(日体大助手)とともに銀メダル予想となった。

ノルディックスキーのジャンプ女子はワールドカップ(W杯)最多通算53勝の高梨沙羅(クラレ)が金を逃して銀、伊藤有希(土屋ホーム)が銅。複合の渡部暁斗(北野建設)が個人ラージヒルで銀、フリースタイルスキーの世界選手権で優勝した女子ハーフパイプの小野塚彩那(石打丸山ク)は銀、男子モーグルの堀島行真(中京大)は銅、フィギュアスケート男子の宇野昌磨(トヨタ自動車)は銅と予測した。

国ぐるみのドーピング問題で国際オリンピック委員会(IOC)から平昌五輪への選手団派遣を禁止されたロシア勢は除いており、個人資格での出場が決まれば変更する。フィギュアスケート女子で世界選手権2連覇中のエフゲニア・メドベージェワら強豪ロシア勢が出場した場合、銀メダル予想の宮原知子(関大)は表彰台から外れるとしている。

国・地域別のメダル総数はドイツが40(金14)で1位、ノルウェーが37(金14)で2位と展望している。〔共同〕



























ピットロード スカイウェーブシリーズ 1/700 現用米国海軍機セット 1 プラモデル S21
【2018/01/11 06:45】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ウィンドウズPC、CPUの脆弱性対応で動作速度に影響


ニューヨーク(CNNMoney) 米インテルなど半導体大手のCPU(中央演算処理装置)に脆弱(ぜいじゃく)性が発覚した問題で、米マイクロソフトは9日、この問題への対策がコンピューターの動作速度に及ぼす影響について、詳しく説明した。同社がここまで詳しい情報を公表するのは異例。

マイクロソフトは何カ月も前からこの問題への対応に取り組んでおり、3日に脆弱性の存在が公になった後は、ウィンドウズ向けの更新プログラムを配信して対処していた。

この更新プログラムの影響で、全てのウィンドウズPCの動作速度がある程度、減速する。

同社のブログによると、「ウィンドウズ10」を搭載した製造後1~2年程度のPCであれば、減速は数ミリ秒にとどまり、ユーザーが気付くことはほとんどなさそうだという。

一方、2016年より前に製造されたPCの場合、もっと大幅に減速する。「ウィンドウズ8」「ウィンドウズ7」を搭載したPCでは大部分のユーザーが、動作速度が遅くなったことに気付くだろうとしている。

「スペクター」「メルトダウン」と呼ばれる今回の脆弱性では、アップルのMacやiPhoneなども、対策のためのOS更新によって動作速度に影響が出ている。ただ、そうしたOSの場合、「目に見えるような性能の低下はない」とアップルは説明する。ブラウザーの「サファリ」については最大でも2.5%の減速にとどまるという。

グーグルは、アンドロイド端末に搭載されたCPUの脆弱性対策に関連した動作速度の低下について、早ければ10日にも発表する意向。

セキュリティー問題への対応に関連した動作速度低下の可能性について、各社がここまで詳しい情報を公開するのは珍しい。



























ピットロード スカイウェーブシリーズ 1/700 現用米国海軍機セット 1 プラモデル S21
【2018/01/11 06:45】 | Think different | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。