SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
民泊、静かな船出届け出初日は貸し手8件止まり
一般住宅に旅行者らを有料で泊める「民泊」を条件付きで全国解禁する住宅宿泊事業法(民泊法)に関する登録・届け出が15日、始まった。6月15日の施行まで3カ月あるとはいえ、初日は仲介業者で6件、貸し手によるネット申請は8件だった。民泊は訪日観光客を呼び込む原動力と期待される一方、自治体は独自規制を強めている。今後の盛衰は世界に比べて普及が遅れるシェアリングエコノミー全体の先行きをも左右しそうだ。

「日本の健全な観光業を推進する大きな第一歩だ」。民泊仲介の世界最大手、米エアビーアンドビーの公共政策責任者であるクリストファー・レヘイン氏は同日、観光庁に登録書類を提出した。田村明比古・観光庁長官は「健全な民泊だけを普及させるために協力してほしい」と応じた。

受付は15日だけではなく、施行日から始めるためには施行までに登録・届け出すればよい。米ホームアウェイや中国大手の途家(トゥージア)は近く登録する予定だ。

部屋の貸し手もネットや自治体の窓口で民泊物件を届け出られるようになった。観光庁のまとめによると、15日夕時点で貸し手がネットを通じて届け出た物件は8件。ネットでの届け出以外に自治体の窓口でも届け出ることができるが、同時点で観光庁は件数を把握できていない。

多くの観光客が訪れる京都市では届け出ゼロだったが、問い合わせは74件に上り、関心の高さをうかがわせた。「条例に関する基本的な質問が中心」(同市医療衛生推進室)だったという。

現在、民泊を合法的に営むためには旅館業法の許可か国家戦略特区の認定が必要だ。だが、許可を得ていない物件が多く存在する。民泊法は届け出制で旅館業法などに比べてハードルが低い。年間180日の営業日数の範囲内で、貸し手が民泊を始めやすくなる。

もっとも自治体の規制強化が普及を阻む懸念もある。全国で3割超の自治体が民泊法に上乗せする独自規制を設ける方針。新宿区は2017年12月、営業できる日を金土日に限定する条例を成立させた。

日本経済新聞が貸し手約100人にアンケート調査したところ、自治体の上乗せ条例について62.7%が「民泊法が骨抜きになる」と指摘する。「特に許可をとっていない」のは72.5%で、このうち27.5%が「民泊自体をやめる」と答えた。エアビーは国内で約6万2千件を掲載するが、一時的に物件が大幅に減る可能性がある。

みずほ総合研究所は20年の全国のホテル客室は不足しないとの調査をまとめている。だが経済調査部の主任エコノミスト、宮嶋貴之氏は「仮に民泊物件が減ると不足に転じる可能性もある」と懸念する。民泊は訪日客の受け入れ体制にも影響を及ぼす。

日本のシェアリングエコノミーは規制が壁になり、世界より出遅れている。自家用車に客を乗せるライドシェア(相乗り)は「白タク」として原則禁止される。海外でライドシェアを手がける米ウーバーテクノロジーズや中国の滴滴出行は日本ではタクシー配車に特化する方針だ。

矢野経済研究所は国内シェアリングエコノミーの市場が21年度に1000億円超と16年度の2倍に成長すると推計する。一方、PwCの調査では世界で13年に150億ドル(約1兆6000億円)で、25年には3350億ドルと20倍超に増える見通し。代表格の民泊も規制が普及を妨げれば、シェアリングエコノミーの世界的な潮流からさらに後れをとりかねない。

日経新聞



























WBAメンドサ会長「1階級1チャンピオン」を約束
WBAのヒルベルト・メンドサJr会長が父のヒルベルト・メンドサ・シニア氏(名誉会長)の二周忌にあたり所信を表明。最大の懸案で周囲から批判を浴びているチャンピオン乱立を防ぎ、減少に努める方針を明かした。

 メンドサ会長はまず、スーパー、レギュラー、暫定を合わせ一時40人にまで達したWBAチャンピオンの数が現在26人まで減少したと報告。それを通常の17人、1階級1チャンピオンに戻すことを目標に挙げた。

 現在3人の王者が君臨するのはフェザー級。レオ・サンタクルス(スーパー)、アブネル・マレス(レギュラー)、ヘスス・ロハス(暫定)。これはサンタクルスvsマレスが6月行われ、王者が1人減ることになる。

 ちなみに現在、暫定王者がいるのはフェザー級とS・バンタム級のみ。問題はスーパー王者とレギュラー王者が存在するクラスで、ヘビー級、S・ミドル級、ミドル級、S・ウェルター級、バンタム級が相当する(クルーザー級のデニス・レベデフは休養王者にシフト)。メンドサ氏は「(王座統一は)簡単な作業ではないが、一度約束したことは実行したい」と意欲を見せた。

 また本部が移転したコロンビアで今月2日発生したリング禍で脳手術を受け昏睡状態のフェザー級選手ジェイソン・コーエン(ベネズエラ)の家族に経済的な支援を公約した。試合で8回KO負けしたコーエン(ボックスレクでは2勝1KO8敗1分)は重大な貧困のため、リングに上がったと報道される。

BoxingNews




“”

“”

“”

“”


“”
“”

“”

“”

“”

“”


“”

“”




ウッズは239ランクアップの世界149位 日本勢4人にマッチプレー出場権

タイガー・ウッズは2015年以来のトップ150入り

11日付の男子ゴルフ世界ランキングが更新され、米国男子ツアーの「バルスパー選手権」を2位で終えたタイガー・ウッズが239ランクアップの149位に浮上した。ウッズが150位以内に入ったのは2015年の5月以来となる。

次週の「アーノルド・パーマー招待」で約1カ月ぶりにツアー復帰する松山英樹は6位から変動なし。1位のダスティン・ジョンソン、ジャスティン・トーマス、ジョン・ラーム(スペイン)のトップ3にも変動はなかった。

「バルスパー選手権」を制したポール・ケーシー(イングランド)は5ランクアップの12位に浮上した。

小平智が1ランクダウンの44位。池田勇太が49位、宮里優作が57位とともに変動なし。松山を含めた以上の4人は、11日時点の世界ランク上位64人が出場できる世界ゴルフ選手権「WGCデルテクノロジーズ マッチプレー」(3月21日~)の出場権を獲得した。

前週出場の欧州ツアー「ヒーローインディアン・オープン」を12位で終えた谷原秀人は、2ランクアップの77位だった。

GDO




“”

“”

“”

“”


“”
“”

“”

“”

“”

“”


“”

“”




13.3インチのRetina搭載「MacBook」が6月のWWDCで登場するかも
180312_wwdc_13_retina_macbook_rumor-w960.jpg

ここ最近、私たちAppleファンを賑わしている、「低価格なMacBook Air」が夏前に登場するという噂。一方、アジアのサプライヤー筋からDigiTimesが報じるところでは、6月開催のWWDCあたりに13.3インチのRetinaディスプレイを搭載した「エントリーレベルのMacBook」が登場するとの情報が伝わっています。以前より、13インチMacBookの噂はありましたが、今回「2018年前半」と報じられたことで、情報が2つに分かれた形となります。

DigiTimesが報じた今回の情報で気をつけたいのは、これが「MacBook」なのか「MacBook Air」なのか触れられていないことです。DigiTimesはよく、このように両製品を「MacBook」と呼ぶことがあります。

なお報道によれば、13.3インチのMacBookの画面解像度は2,560×1,600ドット。LGがディスプレイパネルを4月から供給し、量産は5月末から6月初頭に始まるそうです。そして販売価格は999ドル(約11万円)からと、現在現行モデルのMacBook Air(999ドル、日本価格9万8800円)と同等か少し高めになるとのこと。低価格でディスプレイが美しい、売れ筋モデルになりそうですね。

一方、KGIのアナリストのミンチー・クオ氏や台湾紙の経済日報は廉価版MacBook Airが4月〜6月に799ドル〜899ドル(約8万5000円〜9万5000円)で発売されると伝えています。廉価版MacBook AirにRetinaディスプレイが搭載されるかどうかは微妙なところで、13インチの廉価版MacBook Airと、ある程度廉価な13インチの新型MacBookが同時投入されるのかもしれません。

MacBookは近年、コストパフォーマンスがあまり高くないと指摘されることも増えてきました(現行は14万2800円から)。しかし、ここで価格を11万円程度にぐっと下げれば、今後も人気モデルとして広く受け入れられそうです。


Image: Apple
Source: DigiTimes via MacRumors




























ウッズは1打届かず2位 ポール・ケーシーが優勝

優勝スコアに1打届かずの2位で終えたタイガー・ウッズ

◇米国男子◇バルスパー選手権 最終日(11日)◇イニスブルックリゾート&GC(フロリダ州)◇7340yd(パー71)

首位を1打差で追うタイガー・ウッズは2バーディ、1ボギーの「70」と伸ばしきれず、優勝スコアに1打届かない通算9アンダーの2位タイでフィニッシュ。2013年8月「WGCブリヂストン招待」以来となる復活優勝は叶わず、節目のツアー通算80勝目はお預けとなった。

ウッズは前半アウトを1バーディ、1ボギーのイーブンパーとし、首位と2打差でサンデーバックナインへ。17番(パー3)でピン奥14mのバーディパットをねじ込み1打差に迫ったが、それまでの停滞が響く結果になった。

優勝したのは11位から「65」をマークしたポール・ケーシー(イングランド)。通算10アンダーで5打差を逆転し、2009年「シェルヒューストンオープン」以来となるツアー通算2勝目を手にした。

パトリック・リードがウッズと並んで2位タイ。通算8アンダーの4位にセルヒオ・ガルシア(スペイン)が続いた。

ウッズは次週の「アーノルド・パーマー招待」にエントリー。左手の親指痛で戦列を離れていた松山英樹も出場予定で、約1カ月半ぶりにツアー復帰する。

GDO




“”

“”

“”

“”


“”
“”

“”

“”

“”

“”


“”

“”




イ・ボミ 「わたしのゴルフは終わったな」から探る復調への道のり


◇国内女子◇ヨコハマタイヤPRGRレディス 事前情報(8日)◇土佐CC(高知)◇6228yd(パー72)

開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」で予選落ち。新シーズンを迎えても復調のきっかけをつかめずにいるイ・ボミ(韓国)は「やっぱり自分のスイングができていない。結果を考えるよりも、そっち(スイング)に目を向けたい」と語る。

開幕を翌日に控え、雨が降る中のプロアマ戦で最終調整した。過去2勝(2012年、16年)を挙げたコースを前に「ここのグリーンは好きだし、相性は良い」とする一方、「いまはショットが悪くて、自分の成績を話せる段階でもない」と強調した。

3季連続の賞金女王がかかった昨季は賞金ランキング23位で、日本ツアー本格参戦後のキャリアワーストとなった。長引くショット不振に加えて、周囲からの期待の声や女王防衛の重圧に「もうゴルフをしたくない気持ちが強かった」。おどけながら「わたしのゴルフは終わったな、と思った」と振り返った。

新シーズンは一転して「もう一度チャレンジしてみようかなという気持ちがある」と力を込めた。

復調の兆しを見つけたい大会。「きょう、良かったショットは6回だった。あしたは7回、あさっては8回できれば、まずはそれでいい。自分のスイングをできるようになってから成績を考えようと思う」と穏やかに語った。(高知県香南市/GDO)




“”

“”

“”

“”


“”
“”

“”

“”

“”

“”


“”

“”




Face ID搭載のiPad Proの生産準備が完了との情報~出荷は今年第2四半期後半か


次世代iPad Proの生産準備が整ったとみられており、2018年第2四半期(4~6月)後半にも出荷開始となる見込みであると伝えられています。

出荷時期はいまだはっきりしないまま

米Rosenblatt Securitiesのアナリストを務めるジュン・ツァング氏は、Face IDが搭載された次世代iPad Proは、2018年第2四半期に600万~800万台出荷されるとの見解を示しています。

Appleは、10.5インチと12.9インチのiPad Proのフロント側にTrueDepthカメラを取り付けるとみられており、Face ID、アニ文字、その他の3Dセンシング技術が利用可能になるといわれています。

ユーラシア経済連合の規制当局が、iOS11で動作するタブレット端末のリストに形式番号A1954とA1893を2月19日付けで追加したことから、今月中にも新型iPadが発売されるのではないかと先日報道されたばかりであり、法的認可がすでに下りている場合は、出荷がツァング氏の予想よりも早く始まる可能性も大いにあると、米メディアAppleInsiderは分析しています。

最初の12.9インチのiPad Proは2015年11月に出荷され、9.7インチモデルは2016年3月に販売開始となりました。第2世代のiPad Proの出荷は昨年6月に始まっています。

第3世代のiPad ProにはオクタコアのA11Xプロセッサが搭載されるともいわれており、その他にも、Face IDの導入によりデバイスの重さが軽くなり、ベゼル幅が狭まるのではないかなど、様々な噂が飛び交っています。


Source:AppleInsider





“”

“”

“”

“”


“”
“”

“”

“”

“”

“”


“”

“”




こんなにある!Appleが新たに生み出した業界標準の数々

最近ではiPhone XのTrueDepthカメラを収めた部分「ノッチ」が、複数のAndroid端末にコピーされて話題になっていますが、Appleはこれまでも新たなものを生み出しては(あるいは採用しては)競合他社に真似され、それが業界標準となるという流れを作ってきました。

The Loopのデイブ・マーク氏が、同氏のツイッターへの投稿から始まった議論をもとに、Appleが変え、他社が模倣し、業界全体に広がった技術の一部を紹介しています。

Appleが生み出してきた変化の数々

iPhone Xのノッチ。すでに多くのAndroid端末に模倣されています。最近ではASUSのZenFone 5が、ノッチを含めiPhone Xにあまりにそっくりだと批判を浴びています。

フロッピードライブ、そして光学ドライブの廃止。

3.5ミリヘッドホンジャックの廃止。Googleは昨年10月に発表したPixel 2/2 XLで、ヘッドホンジャックを廃止しました。この動きはまだ業界標準といえるほど広がっていませんが、廃止の方向で動いているのは確実でしょう。

iPhone。iPhoneがタブレット、PC、携帯電話業界を変えたと考える人は少なくありません。

タッチスクリーンによるスマートフォンのキーボード廃止。

カラフルなコンピューターケース。ボンダイブルーの初代iMacは、業界に衝撃を与えました。

AirPods。完全ワイヤレスのイヤホンは当初「耳から落ちる」などといわれたものの、現在複数のメーカーが完全ワイヤレスイヤホンをリリースしています。

USB。AppleのiMacがUSBを最初に採用した主要製品であり、iMacの成功がUSBの普及に貢献した、と評価されているようです。

コマンドライン・インタフェース不要のコンピュータ。

カードやメモリを簡単に追加できないクローズドなコンピュータ。

Adobe Flashの廃止。AppleはiOSでは、最初からずっとFlashをサポートしてきませんでした。Adobeも結局、2020年でFlash Playerの開発、アップデートおよび配信を終了すると発表しています。

iPod。音楽プレーヤー業界に多大な影響を与えました。

Apple Watch。すでにスイス腕時計業界全体の出荷本数を上回るまでに成長しています。

Source:The Loop
Photo:Laineema/Flickr




“”

“”

“”

“”


“”
“”

“”

“”

“”

“”


“”

“”




ミケルソン18位に浮上 小平と池田に「パーマー招待」出場権

43勝目を挙げたフィル・ミケルソン(Stan Badz/PGA TOUR)

4日付の男子ゴルフ世界ランキングが発表され、世界選手権(WGC)シリーズ「メキシコ選手権」を制したフィル・ミケルソンは34位から18位に浮上した。

ミケルソンにプレーオフで敗れて2位に終わったジャスティン・トーマスはジョン・ラーム(スペイン)をかわして、自己最高のランク2位。前週の「ザ・ホンダクラシック」で優勝するなど、世界ランクポイントを積み上げ、ランク1位のダスティン・ジョンソンと約1.1pt差とした。

ラームは3位に下がった。松山英樹は6位で変わらなかった。

大会54位の小平智は43位で変わらず、大会46位の池田勇太は49位に1ランク下がった。松山に加え、今週の世界ランク50位以内を守った小平と池田が今月15日開幕の米ツアー「アーノルド・パーマー招待byマスターカード」の出場権を得た。

大会60位の宮里優作は3ランクダウンし57位になった。

欧州ツアー「ツワネオープン」で優勝したジョージ・クッツェー(南アフリカ)は140位から99位に上がった。アジアンツアーとオーストラリアンツアー共催「ISPS HANDA ニュージーランドオープン」で優勝したダニエル・ニスベット(オーストラリア)は413ランク浮上し329位になった。

GDO




“”

“”

“”

“”


“”
“”

“”

“”

“”

“”


“”

“”




ワイルダー、ピンチ脱しオルティスを10回TKO
WBC世界ヘビー級王者デオンタイ・ワイルダー(米)がストップ負けのピンチを脱し挑戦者ルイス“キングコング”オルティス(キューバ)に10回2分5秒TKO勝利。7度目の防衛を果たし、WBA&IBF統一王者アンソニー・ジョシュア(英)との3冠統一戦へ前進した。(3日、ニューヨーク・バークレイズセンター)


ワイルダーは10回にオルティスを沈めた

 強打者同士の対決は予想に反して偵察戦でスタート。ジャブの交換、フェイントのかけ合いに会場から不満の声が上がる。それでもポイントをリードした印象のオルティスは4回、サウスポーから左ストレートをヒット。5回も挑戦者が巧妙に立ち回っていたが、終盤ワイルダーの右が炸裂し、オルティスが倒れる。

 終了ゴングに救われたオルティスだが6回、ワイルダーは無理に仕掛けず、キューバ人は回復。打撃戦に持ち込んだオルティスは7回、強打で襲撃。ワイルダーは脚がグラつき、ホールディングに逃げる。左フックを食らったワイルダーはストップ負け寸前に追い込まれる。

 キャリア最大のピンチに立たされたワイルダーだが辛うじてラウンドを乗り切ると8回、パンチをリターンして挽回。9回、右強打でオルティスを逆にグラつかせる。

 そして10回、ワイルダーは右を口火に渾身のラッシュ。パンチを吸収したキューバ人は前のめりにダウン。続行に応じたオルティスにワイルダーはビッグパンチで追撃。最後、右アッパーで挑戦者が沈むとストップとなった。

 ワイルダーは40勝39KO無敗。ライバルのジョシュア(英)は3月31日、WBO王者ジョセフ・パーカー(ニュージーランド)と対戦する。初黒星のオルティスは28勝24O1敗2無効試合。 Photos from Ed Diller/DiBella BoxingNews






“”

“”

“”

“”


“”
“”

“”

“”

“”

“”


“”

“”




発売と噂のApple製高音質ヘッドホンはこんな感じ?コンセプトデザインが公開

Appleが現在開発中と噂される、高音質のオーバーザイヤー型ヘッドホンのコンセプトデザインが公開されています。

Apple製ヘッドホンのコンセプトデザイン

Apple関連の予測の正確さに定評のあるKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が先月末、Appleが現在、AirPodsとHomePodに続く音響製品として、高音質のヘッドホンを開発中との予測を発表しました。

これを受けてThe Apple Postが、オーバーザイヤー型ヘッドホンのコンセプトデザインを制作、公開しています。

コンセプトデザインのヘッドフォンは、光沢のある仕上げとクロムめっきの縁取りが特徴です。

イヤーパッド部分はスムーズななめし革でできており、全体的にシンプルかつスタイリッシュなデザインとなっています。



Apple ヘッドホン

早ければ第4四半期に出荷開始の見通し

米メディア9to5Macが指摘しているように、AppleがBeatsブランドで販売中のオーバーザイヤー型ヘッドホンとよく似ていますが、さらにミニマムなデザインを追求しているように見えます。

現在Beatsはオーバーザイヤー型ヘッドホン市場において、Bose、ソニー、Philips、Sennheiserなどと競合しています。

クオ氏の予想では、Appleの新ヘッドホンは、早ければ2018年第4四半期(10−12月)に出荷開始される見通しです。

Source:The Apple Post via 9to5Mac




























将来、AirPodsで健康状態やストレスをチェック可能に?Appleが特許申請


AirPodsで音楽を聴くだけで、健康状態のチェックができるようになるかもしれません。Appleが、生体センサーを搭載したイヤホンに関する特許を申請していたことが分かりました。

呼吸や血流、ストレスも測定!?

Appleが生体センサー内蔵イヤホンの特許を申請したことが、米国特許商標庁(USPTO)が現地時間3月1日に公開した資料から明らかになりました。


Apple AirPods 生体センサー 特許

特許申請は2017年10月に受理されており、特許概要には「少なくとも1つの生体センサーを耳珠(じじゅ)に押し当てる」と記されています。

米メディアCult of Macによると、耳の穴のフタのような位置にある耳珠は、非常に血流が多い部位であるため、呼吸数や血流量の測定に適した場所と考えられるそうです。


Apple AirPods 生体センサー 特許

さらに、電気皮膚反応という測定方法を使えば、ユーザーのストレスレベルの測定も可能になります。

2タイプのデザイン

書類には、単純に耳に差し込むタイプのワイヤレスイヤホンと、脱落を防ぐリング状の支えが付いたタイプの2種類が記載されています。


Apple AirPods 生体センサー 特許

また、左右非対称のデザインにすることで、装着ミスを防ぐ工夫にも言及されています。

製品化はまだ先?

現時点で、生体センサーを内蔵したAirPodsに関するリーク情報はなく、近いうちの製品発売の計画はないのかもしれません。

しかし、ヘルスケア関連の事業に力を注いでいるAppleが、手首に装着するApple Watchの次に、耳に装着するAirPodsをヘルスケアに活用する可能性は高そうです。

なお、次世代AirPodsは耐水になりSiriで操作可能になる、との予測を2月下旬にBloombergが報じています。

また、ワイヤレス充電に対応したAirPodsの充電ケースが2018年に発売される予定です。

Apple Watchは高精度の心拍数センサーを搭載

Apple Watchは、非常に高い精度を持つ心拍数センサーを内蔵しています。

Apple Watchが心拍数の異常を検知したおかげで一命をとりとめたユーザーもいるほどです。

Source:USPTO via Cult of Mac




“”

“”

“”

“”


“”
“”

“”

“”

“”

“”


“”

“”




山中慎介2回TKO負け、ネリに雪辱ならず引退を表明
両国国技館「ワールドプレミアムボクシング27~THE REAL」のメインイベント、WBC世界バンタム級タイトルマッチは、前王者の挑戦者、山中慎介(帝拳)が王者ルイス・ネリ(メキシコ)に2回1分3秒TKO負け。昨年8月に奪われたベルトを奪回することはできなかった。


涙でリングをあとにする山中

 35歳の山中がリベンジのリングに上がった。王者ネリは前日計量でまさかの失格。両国を埋め尽くしたファンの大ブーイングを浴びて入場する。会場が異様な雰囲気につつまれる中、運命のゴングは打ち鳴らされた。

 山中は予想通りジャブをついて距離を取るボクシング。初回中盤、ネリが上下にフックを連打すると、これはブロッキングで対処。左ストレートをボディに打ち返した。


スタートの山中は悪くなかったが…。

 しかし、うまく立ち上がったと思った矢先、圧力をかけるネリの右をもらいキャンバスへ。これはスリップの裁定だったが、続く場面で左を打ち下ろされてひざをつくダウンとなった。

 2回はネリが最初から出てきた。ダメージの残る山中は左を食らってダウンを喫すると、立ち上がったところに右でみたびダウン。最後は右でキャンバスに転がると、主審が両手を交錯した。

 試合後の山中は「試合に関しては効いてしまったので仕方がない。2ラウンドという結果だったが、現役続行してこの瞬間まで1日1日やってきた。結果にかかわらず調整には納得している。現役を続行してよかった」とコメント。この試合をラストファイトとし、引退する意向を表明した。計量失格に関しては強く苦言を呈した。


山中はネリの強打でキャンバスに沈んだ

 一方のネリは「山中はもっとガンガンくると思ったが、私は山中の中に恐怖を見た。前回KOされた経験がよみがえったのではないか。だから私は最初からパンチを打ち込んでいった」と試合の感想を述べた。

 リベンジならずの山中は27勝19KO2敗2分。「無敗を守れたのはうれしい。またチャンピオンになる」と語ったネリは26勝20KO無敗。

BoxingNews




“”

“”

“”

“”


“”
“”

“”

“”

“”

“”


“”

“”




私がiPad Proを売った理由~iPhone Xですべてまかなえるから


米メディアCNBCの編集者トッド・ハセルトン氏は、最近10.5インチのiPad Proを手放すことを決断しました。昨年iPad Proが発表されたとき、仕事や、メモをとったり、映画を見るのに重宝すると思ってデバイスの購入に踏み切ったハセルトン氏ですが、気がつくとiPhone Xですべてのタスクをこなしており、iPadはもはや必要でなくなっていたとのことです。

iPhone XでiPad Pro上のタスクはすべてカバーできる?

CNBCのトッド・ハセルトン氏は、iPhone Xの5.8インチのディスプレイがあればiPadのような大きなディスプレイは必要ないと語ります。

iPhone Xはベゼルがほとんどないため、ディスプレイが大きくてもデバイスのサイズは5.5インチディスプレイ搭載のiPhone8 Plusよりもずっと小さく収まっており、長時間持っていることが苦でないそうです。また、iPhone XのOLEDディスプレイの発色の良さは譲れないものがあるとも語っています。

映画やゲームも、ステレオスピーカーの音質の良さもあってiPhone Xで十分に楽しめるとのことです。

ハセルトン氏は、10.5インチのiPad Proはメモをとるのに向いていると思って購入しましたが、実際のところほとんどそのために使用したことがなく、Apple Pencilも使っていないそうです。例えばミーティングでメモをとる際、iPad Proはバックパックから取り出してテーブルに設置しなければなりませんが、iPhoneはポケットから取り出せばすぐに使えます。

また、iPad Proのバッテリー駆動時間と充電時間が生活パターンに合わないとも同氏は語っています。一度充電が完了すると数日持つiPad Proですが、充電のために置いておく時間がなかなか見つからないそうです。その点、iPhone Xは急速充電が可能となっており、ワイヤレス充電パッドで一日中いたるところで充電することができます。

何よりも、ハセルトン氏の仕事にはセキュリティ上の問題からノートパソコンがどうしても必要なため、それに似たiPad Proのようなデバイスを持ち歩くのが億劫(おっくう)になったのがiPadを手放すに至った大きな原因の一つです。

来年6.5インチのiPhone Xが発売されれば、iPad Proの必要性はさらになくなると、ハセルトン氏は結論づけています。


Source:CNBC
Photo:othree/Flickr




























| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。