FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
【米国男子ゴルフ】 「全米オープン」の会場、トーレパインズのラフに注目!
「全米オープン」の会場、トーレパインズのラフに注目!

選手たちは、トーレパインズのラフに慣れる練習を続けている。4センチから13センチまで、深さが段階的に分かれたラフは、同じ会場で1月に行なわれた「ビューイックインビテーショナル」の時とは相当違う。

マーク・ウッドワード(ゴルフ・オペーレション・マネージャー)
「“ビューイックインビテーショナル”の時は、ライ芝が中心のラフですから、葉っぱの部分が多く、フェースでしっかりボールをとらえることもできました。しかし、現在は茎がとても丈夫なキクユ芝のラフで、とても密集しているため、ヘッドの抜けが悪く、ボールをコントロールすることが難しい。うまくスピンをかけることは、まず無理ですね」

パット・ペレツ
「USGAは素晴らしいセッティングに仕上げたと思います。ラフは四段階に分かれ、ターゲットラインから60ヤード外れたら酷いライ。少し外しただけなら、そんなに影響はありません。完璧なコースコンディションですね」

レティーフ・グーセン
「コースは見事な状態です。フェアな仕上がりで、ラフが深いとはいっても、フェアウェイに近い部分からなら、うまく打つことも可能です。バンカーも含めてトーレパインズの特徴を活かしたセッティングで、元々のレイアウトを台無しにする仕上がり具合ではないので、素晴らしいと思います」

ジェイソン・ゴア
「2番目の深さのラフでさえ、相当手強いですね。キクユ芝のラフですから、場所によってはどうしようもなく、ボールを出すのが精一杯です。でも、それが“全米オープン”ですよ」



「全米オープン」開幕を控え、月曜日のタイガー・ウッズの動き

トーレパインズでは、月曜日から多くのスターの顔が見られた。フィル・ミケルソンは姿を見せなかったが、この大会から復帰となる世界ナンバー1のタイガー・ウッズは、午前7時に練習ラウンドをスタート。アウトの9ホールを回った後、17番と18番でプレーし、後はパッティングの練習を開始した。

タイガーは「体調はいい」と話したが、カメラの前でのインタビューはやんわりと断っていた。先週末、トーレパインズで練習を行なった後、ファンやメディアの前に姿を現したタイガー。パッティンググリーンの周りには、黒山の人だかりが出来ていた。




  (組合わせ:ペアリング (2008年6月12日))

スポンサーサイト



テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

【2008/06/11 20:48】 | sportours新着情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<全英リコー女子オープンゴルフ【第3日目】 | ホーム | サラリーマンから独立起業への道(7)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/173-16a0d5ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |