FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
中国、空母保有認める 鉄道事故批判かわす狙いか

遼寧省・大連港の造船所で27日、撮影された旧ソ連軍の空母ワリャーク。飛行甲板の上に労働者の姿が見える=AP


大連港に停泊しているワリャーク。中国海軍の標準色に塗装されていた

 中国国防省の報道官は27日の定例会見で、中古の空母1隻を研究と訓練に使うため、改修工事を進めている、と発表した。遼寧省の大連港で完成し最終調整をしている旧ソ連軍の空母ワリャーク(約6万7千トン)のことを指しているとみられ、近く試験航行をする見通し。

 国防省が公式に空母保有を発表するのは初めて。ワリャークはエンジンテストをしており、8月1日の建軍記念日に合わせて公表するとの見方があった。しかし、浙江省温州での高速鉄道事故の政府の対応をめぐり高まる批判をかわすため、国民の関心が高い空母建造についてあえて公表に踏み切った可能性がある。

 耿雁生報道官は、保有の目的について「国家の安全と海洋権益を防衛するため」と説明。現在、空母の艦載機のパイロットを養成していることも明らかにした。就航後、ワリャークを使った発着訓練が行われる予定だ。









スポンサーサイト



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2011/07/28 05:57】 | sportours新着情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<宮里藍は5連続ボギー 全英女子ゴルフ第1日 | ホーム | 女性の平均寿命86.39歳、5年ぶり縮む 猛暑が一因に>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/1802-6dfe7683
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |