FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
【国内女子】 プロミスレディスゴルフトーナメント
プロミスレディスゴルフトーナメント
有村智恵が感涙のツアー初勝利! 5打差の圧勝で飾る!



  (有村知恵プロのプロフィールは画像をクイックしてください)

兵庫県にあるマダムJGCで開催されている、国内女子ツアー第16戦「プロミスレディスゴルフトーナメント」の最終日。心配されていた雨は、一時的に降る程度で断続的な雨にはならず、競技は順調に進行した。

優勝争いは、中盤まで最終組の有村智恵と不動裕理による熾烈なデッドヒートを繰り広げられた。首位の有村から3打差でスタートした不動は、2番でバーディ、さらに7番から3連続バーディと猛追。9番を終えた時点で通算11アンダーとし、首位の有村に並んだ。

しかし、「焦りはあったが、自分のスコアだけを考えようと集中していた」という有村は、10番で3メートルを沈めてバーディ。対する不動は10番をボギー、さらに13番では4メートルの距離から3パットを犯し、有村に独走を許すことになる。有村はその後も気を緩めることなく15番、17番でもバーディを奪取。この日4バーディ、ノーボギーと最後まで好調を維持した有村が、2位に5打差をつける通算14アンダーで念願のツアー初勝利を達成した。「自分は泣かないだろうな、と思っていた」という有村だったが、18番グリーンに駆けつけた三塚優子や原江里菜の祝福を受けると、大粒の涙が頬を伝った。

通算9アンダーの単独2位には、この日4ストローク伸ばした大山志保。通算8アンダーの3位タイに、共に最終組をラウンドしたリ・エスド(韓国)と不動が並んだ。不動は「まあ上出来です。(有村は)初優勝という雰囲気を感じさせないプレーでしたね」と有村を称えていた。






スポンサーサイト



テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

【2008/06/29 20:28】 | sportours新着情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<グローバルかローカルか?揺れる米国女子ツアー | ホーム | 【米国男子】 ビュイックオープン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/206-a94db5e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |