FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
大企業社員の介護保険料、引き上げへ
 40~64歳の会社員の介護保険料について、民主党厚生労働部門会議の作業チームは22日、加入者の年収に応じた「総報酬割り」方式を導入し、大企業の社員の負担を増やす方針を決めた。これを受けて、厚生労働省は来年の通常国会に関連法案を提出し、早ければ来年4月からの実施を目指す方針だ。

 会社員の介護保険料は現在、月平均4516円(労使合わせた額)で、今の仕組みのままでも来年度から4900円に上がる見込み。大企業の健康保険組合や中小企業が中心の協会けんぽでは、給与水準に関係なく加入者数に応じた頭割りで算定され、比較的給与が低い中小企業の社員の負担感が重くなっている。

 このため、厚労省は「税と社会保障の一体改革」の一環で、総報酬割りの導入案を検討してきた。健保組合では月5800円に負担が増える一方、協会けんぽの社員は月4千円に負担が減ると試算。国が協会けんぽの支援に投じる税金も、年1300億円程度減らせる見込みだ。










スポンサーサイト



【2011/11/23 06:29】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<政策仕分け、診療報酬の引き下げ提言 | ホーム | 政府税調、富裕層の所得・相続税増税>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/2325-40f357f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |