FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
中国、一人っ子同士の夫婦に第2子全面容認
一人っ子政策を展開してきた中国で、一人っ子同士が結婚した場合、第2子の出産が中国全土で認められることになった。

新華社電によると、河南省人民代表大会(議会に相当)常務委員会は25日、夫婦双方が一人っ子の場合、第2子の出産を認める内容の条例改正案を可決した。
これまで、中国31の省・市・自治区で河南省だけが一人っ子同士の夫婦の第2子を最後まで認めていなかった。

中国政府は1979年に一人っ子政策を導入し、80-90年代に厳しく実行した。
しかし、少数民族を対象に含めず、地方都市や農村にもさまざまな例外を設けるなどして、第2子の出産容認を段階的に拡大してきた。

一人っ子政策で生まれた子どもが結婚適齢期を迎え、一人っ子同士の夫婦に第2子の出産を認めたことは、中国政府が事実上、産児制限を緩和したと受け止められている。

これは、少子高齢化がこれ以上放置できない水準にまで進んでいるためだ。
中国政府の統計によると、中国の人口13億4000万人のうち、13.3%を占める60歳以上の割合は、5年後には16%に増える見通しだ。
一方、14歳以下の割合は2000年の22.9%から昨年には16.6%に低下した。
スポンサーサイト



【2011/11/28 10:20】 | sportours新着情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<自動車税”巡り調整難航か | ホーム | アジアシリーズ決勝はソフトバンクとサムスン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/2342-ec2f61d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |