FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
厚労省 非正規労働者の支援強化へ
雇用が不安定で賃金が低い非正規労働者が増え続けていることから、厚生労働省は、企業への助成金を拡充することで、正社員などへの転換を促したり、賃金の改善を求めたりするなど非正規労働者への支援を強化する方針を固めました。


契約社員やパートなどの非正規労働者は、景気の低迷などの影響で増え続け、去年は1700万人余りと働く人の35%を占め、これまでで最も多くなっています。


しかし、非正規労働者の4人に3人は年収が200万円以下で、結婚や出産をためらう人も多く、少子化が加速している要因の一つだと指摘されています。


このため、厚生労働省は、非正規労働者への支援を強化する方針を固め、今後の政策の指針案をまとめました。
指針案では、非正規労働者の雇用の安定を図るため、企業への助成金を拡充するなどして正社員や期間の定めのない雇用への転換を促すとしているほか、低い賃金を改善するため、正社員と同様の仕事をしている人については、同額の賃金にするよう求め格差の解消を目指すとしています。


特に若者への支援を強める必要があるとして、若者を正社員として雇い入れた企業への支援を強化するほか、生活費を受け取りながら職業訓練を受ける「求職者支援制度」を拡充するとしています。
厚生労働省は、24日、この指針案を専門家の会議に示し、意見を聞いたうえで、来月末までにまとめることにしています。
スポンサーサイト



【2012/02/24 12:42】 | sportours新着情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<パッキアオ-ブラッドリー、ニューヨークのプレゼン | ホーム | Googleのディスプレー広告、Facebookを猛追>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/2654-3d530fe6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |