FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
1週間で300万台販売の実力――iPadの15台に1台は“新iPad”に広告ネットワークを通過した全iPadトラフィックの6.6%を占めていたとの報告


“新iPad”のリリースから1週間を経た時点で、すでにインターネットに接続しているiPadのうち約15台に1台が新iPadになったことがわかったと、モバイル広告ネットワークChitikaが3月23日に発表した。

 Chitikaは定期的に自社の広告用ネットワーク上でデータ・マイニングを行い、デバイスやブラウザの使用パターンを分析している。同社いわく、過去24時間の間にChitikaのシステムを経由した全iPadのトラフィックのうち、6.6%が新iPadのものだったという。

 3月16日のデビュー以来、新しいiPadがAppleタブレット全体の数に占める割合はゆっくりと増加している。新iPadの1時間あたりシェアは、3月17日の早い時間では最高5%だったところ、3月20日に9.9%まで上昇したという。

 Chitikaの測定値――今回の場合は新iPadと先行する2モデルを比較した値――はデバイスのインストール・ベースとただちに一致するわけではないが、Appleが公表している数字を参照するに、同社が割り出したシェアはおおよそ想定の範囲内に収まっている。

 Appleは先週初め、発売後最初の週末に新しいiPadが300万台売れたと述べていた。これは、2011年12月31日までに同社が販売したiPad5,530万台の5.4%に相当する。

 23日には、オーストリア、チェコ共和国、フィンランド、イタリア、メキシコ、オランダ、ポーランド、スペインなどを含む25か国でも新iPadが発売され、同デバイスが流通している国の数は全部で35まで増えた。

 米国や英国、フランス、ドイツといった16日に新デバイスがリリースされた国における出荷の遅れは、現在1~2週間だという。発売直前は2週間から3週間ほど納期が延びるとのことだったので、それよりは出荷のタイミングが約1週間早まったことになる。




図解 スティーブ・ジョブスのプレゼン術図解 スティーブ・ジョブスのプレゼン術
(2011/12/09)
松本 幸夫

商品詳細を見る



文字色
スポンサーサイト



【2012/03/27 05:24】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<サッカー選手の長者番付、首位はメッシの5200万ドル | ホーム | 「Apple TV」新UI、S・ジョブズ氏が過去に却下していたもの--元エンジニアが明かす>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/2745-0513a5f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |