FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
ミサイル迎撃部隊が移動…PAC3・イージス艦

イージス艦「ちょうかい」に乗り組む自衛隊員(長崎県佐世保市で)


白山分屯基地を出発するPAC3

 自衛隊は30日、北朝鮮が「人工衛星」と称して発射予告している弾道ミサイルを巡り、田中防衛相による破壊措置命令を受けて迎撃部隊の移動を開始。

 陸海空自衛隊が、上空を通過するとみられる沖縄のほか首都圏で迎撃に備える大規模作戦となる。

 航空自衛隊白山分屯基地(津市)では30日夜、地対空誘導弾PAC3の機材を積んだ車列が出発。輸送艦に搭載するため海上自衛隊呉基地(広島県呉市)に向かった。PAC3は沖縄4か所、首都圏3か所に配備され、迎撃ミサイルSM3を搭載する海上自衛隊のイージス艦3隻が東シナ海と日本海に展開する。

 また、ミサイルや破片が落下した場合に捜索や被害者の救護などにあたるため、陸上自衛隊も沖縄本島と宮古、石垣、与那国の各島に部隊を派遣。強い毒性があるロケットの燃料が飛散した場合に備えて、陸自西部方面隊は化学防護隊や衛生部隊の派遣も検討している。

(2012年3月30日 読売新聞)



MIM-104 パトリオット(MIM-104 Patriot)は、米レイセオン社がMIM-14 ナイキ・ハーキュリーズの後継としてアメリカ陸軍向けに開発した広域防空用の地対空ミサイルシステム。ミサイル防衛では終末航程に対応し20~35kmの範囲を防御する。

湾岸戦争時にイラク軍が発射したスカッドミサイルを撃墜したことにより有名になった。米国のほか日本を含む同盟国など世界10カ国以上で運用されている。

パトリオット・ミサイルは厳密にはミサイルそのものを指すが、ミサイル発射システムを含めてパトリオット・ミサイルと呼ぶ場合もあるため、本項では発射システムを含めて解説する。

「MIM-104」はミサイルに対する形式名称、「Patriot」はその愛称で、「Phased Array Tracking Radar Intercept On Target」(直訳:目標物を迎撃する追跡位相配列レーダー)の頭文字をとったものといわれている。Patriot は英語で「愛国者」を意味し、原語での発音は「ペイトリアット」に近い[1]。日本では報道など一般的には「パトリオット」、自衛隊など政府公式資料では「ペトリオット」と表記されている。



スタンダード艦対空ミサイルはアメリカ海軍によって開発された艦対空ミサイルであり、開発には複数の企業が関わったが、現在の主契約社はレイセオン。艦隊防空用のSM-1、SM-2と、弾道ミサイル迎撃用のSM-3がある。派生型として、対レーダーミサイルのスタンダードARMが存在する。また、空対空ミサイルのシークバットや、艦対地ミサイルのSM-4なども開発されていたが、これらは開発中止されている。

尚「スタンダード(英:Standard)」とは「軍旗」の意味であるが、アメリカを始めとした西側諸国の海軍艦艇にとっての「基準」となるべき艦対空ミサイルとなることを目指して開発された、という意味が込められた命名である。






スポンサーサイト



【2012/03/31 06:37】 | Muscle Blog | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<実現なるか!? 謎のApple製品「MacBook Touch」のコンセプト動画に世界の注目が集まる | ホーム | 37年度の社会保障給付費2.1兆円減 出生率回復で148.9兆円に>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/2756-4872b953
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |