FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
火星探査機8月に着陸、NASAが「恐怖の7分」を解説


(CNN) 米航空宇宙局(NASA)の火星探査機「キュリオシティ」が米東部時間の8月6日未明、火星に着陸する。今回の着陸はこれまでで最大の困難が予想され、NASAは「恐怖の7分間」と名付けた動画を公開してその方法を解説している。

キュリオシティはスポーツ用多目的車(SUV)ほどの大きさで、重さは900キロ。25億ドルをかけて昨年11月に米フロリダ州ケープカナベラルから打ち上げられた。着陸地点となるゲールクレーターの探査を行い、火星に生命が存在していた痕跡を探す。

車体には10種類の実験設備を搭載し、岩盤の掘削もできるロボットアームを装備。65センチまでの障害物を乗り越えて、1日当たり約200メートルを走行できる。

しかしワシントンのNASA本部で記者会見した担当者によれば、着陸には大きな危険が伴うという。これまでの探査機はエアバッグを使って着地させていたが、キュリオシティは重すぎてこの方法が使えない。そこで「スカイクレーン着陸システム」という複雑な方法を採ることにした。

キュリオシティに「ロケットバックパック」と呼ばれるUFO型の機材を背負わせる形で、まずパラシュートを使って降下させる。地表に近付いたところでバックパックが逆噴射して降下速度を緩め、続いてナイロン製のワイヤでキュリオシティをつり下げる「スカイクレーン」方式で地面に降ろす。タイヤが地面に接触したところでワイヤを切り離し、ロケットバックパックは遠方に飛び去ってクラッシュする。

この7分の間に速度は時速約2万1000キロからゼロまで落ちる。火星から吹き付ける砂嵐や大気密度の変化などあらゆる障害も想定され、「極めて特異かつ困難な環境だ」とNASA担当者は話している。




1/500 宇宙戦艦ヤマト (宇宙戦艦ヤマト)1/500 宇宙戦艦ヤマト (宇宙戦艦ヤマト)
(2010/12/05)
バンダイ

商品詳細を見る



佐藤製薬)レバウルソ 180錠佐藤製薬)レバウルソ 180錠
()
佐藤製薬

商品詳細を見る
スポンサーサイト



【2012/07/21 06:29】 | Muscle Blog | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<地上からのレーザーチャージで、半永久的に飛び続けられる無人偵察機が完成間近 | ホーム | 武藤15位、石川は予選落ち 全英オープン第2日>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/3046-5e0353ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |