FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
「関関同立」新入生の6割、大麻入手「できる」
時代は変わりました、OBとしては嬉しくないニュースです( ; ; )

 関西学院、関西、同志社、立命館の4大学は、今春入学した大学1年生を対象にした「薬物に関する意識調査」の結果を発表した。


 興奮や幻覚作用のある脱法ドラッグについて、4人に1人が「知っている」と回答。大麻の入手が「可能」と答えた学生も60%を超えており、各大学は「若者を中心に、薬物の乱用傾向が拡大している。今後の学生の意識動向に注意を払いたい」と警戒を強めている。

 調査は4月、4大学が合同で新入生計2万6258人を対象に実施。80・8%にあたる2万1206人から回答を得た。

 「脱法ドラッグを知っているか」との問いに、5141人(設問回答者の24・5%)が「知っている」と回答し、昨年比で7・9ポイント上昇。「なぜ多くの人が大麻を使うのか」との設問には、1万5279人(同73・0%)が「薬物が簡単に手に入るようになっている」と答えたほか、「大麻が使用されているところを見たことがある」と回答した学生は974人(同4・7%)に上った。

(2012年10月25日 読売新聞)





合同労組への対応 (社労士業績アップセミナー)合同労組への対応 (社労士業績アップセミナー)
(2012/08)
田村 裕一郎

商品詳細を見る
スポンサーサイト



【2012/10/25 06:40】 | Muscle Blog | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「キンドル」日本上陸、電子書店25日オープン | ホーム | 新「iPad」にも採用の「Lightning」--アップルが展開を急ぐ理由>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/3362-b4110a47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |