FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
マリナーズが松坂獲得を検討 球団幹部「可能性十分」

今年5月15日、岩隈(右)と話す松坂

 マリナーズが、レッドソックスからFAとなっている松坂大輔投手(32)の獲得を検討していることが23日(日本時間24日)、分かった。今季、右肘手術から復帰した松坂は1勝7敗、防御率8・28に終わったが、マ軍は米国通算50勝の実績を高く評価。本格調査を進めている。今オフ、マ軍と新たに2年契約を結んだ岩隈久志投手(31)とローテーションで競演する可能性も出てきた。

 10月29日のFA公示から55日。松坂の周辺が少しずつ動き始めてきた。マリナーズの球団幹部はスポニチ本紙の取材に「うちは今、明らかに先発投手が必要。そこにダイスケが入る可能性は十分あると思う」と明かした。

 マ軍は今オフ、弱点の打線強化を優先させた。今月19日にはエンゼルスのDHモラレス獲得のために今季14勝の左腕バルガスをトレードで放出。先発はエースのヘルナンデスに岩隈、ビバンの3枚しか確定していない。球団幹部は、残り2枠のうち一人は「経験豊富なベテランがいい。今年マイナー契約から28試合に先発し、161イニングを投げたミルウッド(現在FA)のようなタイプが欲しい」と訴えた。

 経験豊富なベテランの域に達した松坂は、マ軍の補強ポイントにピタリと当てはまる。今季は1勝止まりだったが、腱移植手術から復帰して活躍するケースは2年目が多い。同幹部も「松坂の実力は分かっている。ワールドシリーズ(07年)で勝利投手になったし、2年目は18勝。能力は高い」と07年に15勝、08年18勝を挙げた実力を評価。「体が健康かどうか。そこさえ見極められれば」と調査を進める考えだ。

 佐々木やイチロー(現ヤンキース)をはじめ、多くの日本選手が在籍したマ軍。今季加入し、後半戦から先発に定着した岩隈は、9勝を挙げる活躍を見せてオフに2年総額1400万ドル(約11億7600万円)で再契約を結んだ。別の球団関係者は「うちなら、やりやすい環境を用意できる」と自信を口にした。松坂と岩隈はともに09年WBCでベストナインを獲得している。2人の競演にも期待が集まる。

 現在、一時帰国中の松坂は、交渉について「全ては代理人(スコット・ボラス氏)に任せています」とじっくりオファーを待つ構え。調査を継続中のパドレスに続き、マ軍が対抗馬に浮上した。


 ▽マリナーズに在籍した日本選手 これまでメジャーでプレーしたのは8人。マック鈴木(96、98~99年途中)が最初で、佐々木主浩(00~03年)イチロー(01~12年途中)らが続く。ほかに投手では長谷川滋利(02~05年)、木田優夫(04年途中~05年)、岩隈(12年~)。野手では城島健司(06~09年)、川崎宗則(12年)が在籍した。


スポニチ









スポンサーサイト



【2012/12/25 06:35】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<年金「空白」対策…トヨタ、退職金新制度を検討 | ホーム | 国民年金崩壊!未納者、過去最多の455万人 74%に。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/3560-0e49add2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |