FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
サラリーマンの妻のパート収入のソントクは?
夫の給料が減って、働き始める人が増えています。パートで働く妻が年末に近づくと悩むのが、どのくらいまでなら稼いで良いのかということ。なぜなら、夫の税金の控除や自分の税負担などで、実質的な手取りが変わってくるからです。

 妻の年収が103万円以下なら、夫の収入から所得税38万円、住民税33万円の配偶者控除が受けられます。ただし、配偶者控除は、妻の収入が103万円を超えると使えなくなります。また、妻の収入が103万円を超えると、妻は超えた金額に対して所得税を支払わなくてはなりません。

 ですから、働く時に103万円という収入のラインを気にする人が多いですが、103万円を超えても年収141万円までは配偶者特別控除があるのでそれほど手取りは減りません。また、所得税を払うことになっても5%なので、実は家計トータルでは103万円を超えても、妻は稼いだほうがトクになります。

 ただし、サラリーマンの妻に限って言えば、収入が年130万円を超えると、妻は夫の扶養から離れて自分で国民年金や国民健康保険の保険料を払わなくてはなりません。そうなると、保険料の支払いだけで、年間20万円を超えてしまいます。つまり、妻の収入が129万9999円までなら払わなくてもよかった社会保険料約20万円を、収入130万円になったとたんに払わなくてはならなくなるということ。ですから、収入が130万円を超えそうなら、その手前で止めておくか、それでなければいっそ収入160万円以上を目指しましょう。

 ただし、平成28年10月以降は、労働時間が週20時間以上、賃金8万8000円以上(年収106万円以上)、勤務期間が1年以上なら、会社の厚生年金、健康保険に加入しなくてはならない会社が出てくるので、必ずしも当てはまらなくなります。


朝日新聞









スポンサーサイト



【2012/12/26 06:59】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2012年年末SNS調査:3大SNSの認知率は95%超--2013年はLINE、comm注目 | ホーム | 井岡、ライトフライは右で獲る「理想はワンツーの右ストレート」、佐藤に強打の刺客…2度目防衛成功なら次戦はKO率83%男>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/3568-3f3a2ec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |