FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
中高6年勉強したのに、英語が話せないワケ
「中学・高校の6年間英語を勉強したのに、ほとんど英語が話せないのはなぜ……」と思っている人は多いのではないでしょうか。他国を見渡せば、数か月の練習でも、ある程度コミュニケーションが取れるようになっている人がたくさんいます。そのコツはいったいどこにあるのか、日本人の普段の英語学習の方法をもとに考えてみましょう。



かなり勉強したつもりなのに、いざ話してみようとするとサッパリ……。英語が話せないその理由は?
「英語でコミュニケーションがとれたらいいな……」と、誰もが一度は思ったことがあるでしょう。多くの日本人は、中学・高校で多くの時間を割き英語をみっちり学びます。「6年間も勉強したんだから、少しは通じるだろう」と思っていざ海外旅行に行くと、「うん? 聞き取れない……」「伝えたいことがうまく言えない……」と、愕然としてしまったということはありませんか?

一方、他国を見渡せば、数か月から半年くらい英語を学ぶことで、ある程度のコミュニケーションが取れるようになっている人が多くいます。この違いは、いったいどこにあるのでしょう? 日本人の英語学習は、どこかで間違ってしまったのでしょうか? 「英会話」サイトをスタートするにあたり、まず、日本人が英語を話せない理由について考えていきましょう。


英語を浴びるようにして学んだことはありますか?

「勉強したのに英語が話せない!」と焦る前に、自分がこれまでどれくらい英語を話したことがあるか、考えてみてください。「外国人に道を聞かれた」とか、「海外旅行で買い物をした」という程度の人が多いのではないでしょうか。英会話学校に通ってネイティブ講師のレッスンを受けたことがある人もいると思いますが、実際どれくらい話をしましたか? 1週間に1回、1時間だけでしょうか?

英語をしゃべれるようになるためには、多くの人にとって次のようなことが大きな障害となっているのです。

英語をしゃべる環境がない
英語をしゃべるための練習をしていない
しゃべれるようになるための学習法がわからない

英語が職場で公用語化されたとか、身近なところにいつも外国人がいる人であればともかく、日本で英語を頻繁に話す機会がある人は、そんなに多くはないと思います。自動車の運転マニュアルを読むだけで運転することができないように、実際に訓練をしてみなければ、話せるようにはなりません。つまり、2が大きな問題となっているのですが、多くの人は、そのことに気づいていないのではないでしょうか。

さらに、学校で読解や文法理解を中心に学んできたため、英語の勉強といえば「読む」「書く」だと思い、「話す」ための訓練といっても何をすればいいか具体的にはわからないということもあります。例えば、これまでの学習法のどんなところに問題があるのか?

「受験英語」と「実践英語」は当然違う

自分がこれまで行ってきた英語の学習法を、もう一度考え直してみましょう。次のうち、どれが自分の学び方に当てはまりますか?
単語集を頭から順番に覚えている
日本語を見て英語に訳す練習をしている
英語の新聞記事などを、辞書を引きながら一生懸命読んでいる
一つの文を過去形で言ったり、未来形で言ったりしてみる
聞いたことを一生懸命書き取っている
受験勉強を一生懸命行ってきた人は、このうち1つか2つでも試してみた経験があるでしょう。これらの学習法は、次のような目標を持つ人には向いているかもしれません。
受験で合格したい
英語の書類を読めるようになりたい
正確な英語を使いたい
英語でメールが書けるようになりたい
残念ながら「英語をしゃべりたい」という人は、上に挙げたような学習だけでは十分ではないのです。英語を話すためには、もちろん自分の口で「しゃべる」練習をしなければなりません。

また、英語を話すときには相手がいるので、しゃべる練習だけでなく、相手が言ったことを聞いて、即座に反応する力も養わなければなりません。相手が言ったことを頭の中でいったん日本語に直して考えるのではなく、話を聞いて自分が思ったことをすぐに口に出す必要があるのです。相手の表情やその場の状況なども考慮に入れつつ、ものごとを直観的に判断しなければなりません。

例えば、英語が話せるようになるには、次のようなトレーニングをする必要があります。
「読む」「書く」だけでなく、「聞く」「話す」練習を行う
日本語に頼らず、英語を英語のままで理解する
ビデオや写真など、ビジュアルを活用して直観を養う
同じことを繰り返し練習し、記憶に定着させる
これを読んで、「自分が行ってきた勉強方法とは違う……」「どうやって練習すればいいのかわからない……」と不安に思ってしまったかもしれません。確かに、学校で行う「勉強」とは大きく違うかもしれませんが、ちょっと考え方を変えれば誰にでもできるものです。

会話の練習は一人でもできる

会話の練習は相手がいなければできないと思っているかもしれませんが、相手役も自分がこなすことで、ある程度独学が可能です。例えば、一人でこんな練習をしてみましょう。



railway station

まず、海外旅行に行ったときの写真を何枚か用意してみてください。その写真を見ながら、次のような会話文を言ってみます。下線部に、写真に映っている場所を入れてみましょう。

A: Where are you going?
(どこへ行くのですか)
B: I'm going to ______________
(私は__へ行くところです)




shopping mall

A: I'm going there too. Can I join you?
(私もそこへ行くところです。一緒に行ってもいいですか)
B: Of course. Why not?
(もちろん。行きましょう)

写真を裏返して、ランダムにどれか一つをピックアップし、上の会話文を言ってみます。例えば、こんな例文ができると思います。




palace

I'm going to the railway station.
(私は駅に行くところです)
I'm going to the shopping mall.
(私はショッピング・モールに行くところです)
I'm going to the palace.
(私は宮殿に行くところです)

この会話文の練習を繰り返し行うと、例えば次のような効果があります。
I'm going to ~(私は~へ行くところです)という表現が身に付く
railway station(駅)、shopping mall(ショッピング・モール)といった単語が、会話文の中で自然に覚えられる
写真を使うことで、日本語訳に頼らずイメージで記憶することができる。次回はイメージを見ることで、英語が出てくるようになる
学習法については、これからいくつか紹介していきます。皆さんもこれまでの勉強法を、ちょっと見直してみませんか? いま話題の無料で体験できるソフトを使って、効果的に、そして体系的に英語が身につく勉強方法を取り入れるのもオススメです。



AllAbout 足立恵子
スポンサーサイト



【2013/03/31 06:57】 | Muscle Blog | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<堀奈津佳が逃げ切りツアー初勝利! 森田理香子は3位タイ | ホーム | 「学習は脳にダメージを与える」マウス実験で発見>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/3890-b473d6f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |