FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
三浦、ダウンの応酬制して初防衛
WBC世界S・フェザー級タイトルマッチが日本時間18日、メキシコ・カンクンのプラサ・デ・トロスで行われ、チャンピオンの三浦隆司(帝拳)が同級1位のセルヒオ・トンプソン(メキシコ)を3-0の判定で下し、初防衛に成功した。闘牛場で行われた一戦は計3度のダウン、さらにはダウン寸前のシーンも多発する激戦だった。スコアは113-112、114-110、114-111。

 互いにディフェンスを意識してガードを高く上げた滑り出し。まずはパンチをもらわないという意識を強く感じさせたが、やはり両者の持ち味は攻撃力であり、試合が動くまでに時間はかからなかった。

 先制したのは三浦。2回に左アッパーを突き上げてトンプソンの動きを止めると、続く連打で最初のダウンを奪った。すかさずラッシュをかけた三浦だが、トンプソンはボディワークと巧みなクリンチでピンチを脱出。ここから試合は激戦に突入した。

 1発を狙う三浦に対し、トンプソンは連打で対抗。ダメージはトンプソンのほうが甚大に思われたが、迎えた6回にトンプソンの右が炸裂して三浦の腰が砕ける。ここで前に出たトンプソンに三浦が左ストレートを浴びせると、今度はトンプソンの足元がグラグラに。続く連打でトンプソンが2度目のダウンを喫した。

 勝負ありかと思われたが、地元のトンプソンが意地を見せる。8回、接近戦で右フックをアゴに叩き込み三浦がキャンバスに尻もち。闘牛場が沸きに沸いたが、三浦も持ち前のタフネスを発揮して反撃に転じ、逆に左を効かせて悪い流れを断ち切った。

 10回には三浦の左でトンプソンがまたしてもフラフラに。攻める三浦はトンプソンはクリンチでフィニッシュできない。終盤の両者は疲労を色を隠せなかったが、三浦が優位に試合を進めて粘るトンプソンを振り切った。三浦の戦績は26勝19KO2敗2分。トンプソンは26勝24KO3敗。


Boxing News








Wrapsol (ラプソル) 【iPhone5対応! 高耐久性iPhone保護用透明クリアフィルム】 ULTRA iPhone5 Front/Back/Side 360°フィルム WPIP5ULTR-FBWrapsol (ラプソル) 【iPhone5対応! 高耐久性iPhone保護用透明クリアフィルム】 ULTRA iPhone5 Front/Back/Side 360°フィルム WPIP5ULTR-FB
(2012/10/15)
Wrapsol

商品詳細を見る


TWINSプロ仕様ボクシンググローブ8oz黒【並行輸入品】TWINSプロ仕様ボクシンググローブ8oz黒【並行輸入品】
()
TWINS

商品詳細を見る

売上実績NO1!!【 送料無料 】 筋トレ の必需品!【 53%OFF! 】 ラバー ダンベル 40KGセット (片手20kg×2個)/ 超お買得!!床を傷つけないラバー付!売上実績NO1!!【 送料無料 】 筋トレ の必需品!【 53%OFF! 】 ラバー ダンベル 40KGセット (片手20kg×2個)/ 超お買得!!床を傷つけないラバー付!
()
アイロテック(IROTEC)

商品詳細を見る









スポンサーサイト



【2013/08/18 15:53】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<エリア51という基地は存在している、だが宇宙人など知らん ―機密解除のCIA文書 | ホーム | 町工場「SHISAKU」で世界へ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/4230-bf4581dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |