FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
バレンティンが日本新56号、57号!!




1回ヤクルト、日本新記録となる56号2ランを放ち、記念のボードを手に声援に応えるバレンティン=神宮

 「ヤクルト‐阪神」(15日、神宮)

 ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手が、シーズン56号本塁打のプロ野球新記録を達成した。

 初回1死二塁、榎田が2ボール1ストライクから投じた4球目、137キロ直球を捉えると、打球は弾丸ライナーでバックスクリーン左へ飛び込んだ。

 バレンティンは11日の広島戦(神宮)で55号本塁打を放ち、1964年の王貞治(巨人)、2001年のタフィ・ローズ(近鉄)、2002年のアレックス・カブレラ(西武)が持つシーズン最多本塁打記録に並んでいたが、49年ぶりに記録を塗り替えた。

 打った瞬間、両手を天に向かって、突き上げた。スタンドから降り注がれた大歓声に浸りながら、背番号4は悠然とダイヤモンドを一周した。ベンチに戻ると、選手1人、1人と抱き合い、喜びを分かち合った。豪快な先制2ラン。ついに破られた日本記録。神宮の杜は歓喜に包まれた。

 さらに三回1死の第2打席でも、左翼ポール際へ2打席連続となる57号ソロをたたき込んだ。これで1試合2本塁打は今季11度目となり、1985年のバース(阪神)、同年の落合博満(ロッテ)に並んだ。

 バレンティンは広報を通じて、「どの球種を打ったのかわからないぐらい興奮している。55号を打ってから長く感じたが、この満員の神宮球場で打つことができて本当にうれしい。チョーキモチイイ!」と喜びのコメントを残した。

 3打席連発の期待がかかった五回1死の第3打席は、阪神3番手・渡辺の前に空振り三振。六回2死一、二塁で迎えた第4打席は、四球で出塁した。八回無死の第5打席は、筒井の130キロチェンジアップを捉えて大きな飛球を打ち上げたが、もうひと伸びがなく、中堅フェンス数メートル手前で捕球され、中飛に終わった。



デイリースポーツ














スポンサーサイト



【2013/09/16 06:05】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<65歳以上、4人に1人 団塊世代が仲間入り | ホーム | スピードのメイウェザーが判定勝利! 若きアルバレスを翻弄>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/4296-b0a3bc98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |