FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
米海軍が最新空母の命名式 先端技術満載で57年まで運用

建造中の米海軍最新空母ジェラルド・フォード=米海軍提供


(CNN) 米海軍は9日、最新型の原子力空母の1番艦である「ジェラルド・フォード」の命名式を東部バージニア州ニューポート・ニューズの造船所で催した。同艦の就航時期は伝えられていない。

「ジェラルド・フォード」は新たに設計された原子炉2基を搭載。就役後、2057年までの運用を想定している。同艦には最新技術が採用され、艦載機の発艦には現行の加圧蒸気方式ではなく電磁気を使ったシステムを導入。着艦する航空機の停止装置は、機体の消耗度を減少させる最新のソフトウエア動作となる。

船体の形状は現在就役中のニミッツ級空母と大きな違いはない。全長、船幅や重量もほぼ同じ。ただ、甲板上の艦橋の位置はより船尾に近く、構造もより簡素化したが高さは増している。

それだけに発着艦や機体整備の処理の拡大が可能となった。現有の空母より多い艦載機を積め、1日当たりの発着艦の回数などが25%増やせる結果ともなった。

艦載機の種類は未定で、パイロットが操縦する機種もしくは遠隔操作式の無人機のいずれが主体になるのかも明らかでない。



発着艦の回数も従来艦より増加したという


艦内の照明灯の大半には使用期間が2倍程度長い高効率の電球を使用。船体整備にかける労力は30%減るという。ニミッツ級空母と比べ海兵隊兵士を含めた乗組員は1000人少なくなる。

効率化を進めた船体設計などの効果で、ジェラルド・フォードにかかる整備費は就航年数を通じて40億ドルの節約が見込めるとしている。

ジェラルド・フォードの名前は元大統領にちなむ。

同艦の初代艦長にはジョン・F・メイアー海軍大佐が既に指名されている。同大佐は数カ月間に及ぶ建造の最終段階を監督し、初の海上運用試験にも立ち会う予定。

海軍はジェラルド・フォード型空母の建造を少なくとも10隻と計画している。ただ、ジョナサン・グリーナート海軍作戦部長は先月、米連邦政府の予算削減の煽りで海軍が将来保有する空母の数の再検討を迫られる可能性があることを認めていた。
















スポンサーサイト



【2013/11/11 06:20】 | Muscle Blog | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<iPhoneは曲面ディスプレイ採用とBloombergが報道 | ホーム | WBC世界バンタム級、山中がゴッドレフト炸裂 9回KOでV5>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/4395-08fbed2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |