FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
【新規開院クリニックの面接(医療事務編)】
【新規開院クリニックの面接(医療事務編)】
新規開院のオープニングスタッフには人間関係の序列もなく、また院長にとっては一生に一度の開院からクリニックの歴史を共に歩んでくれるスタッフとして、永く大切にしていただけるところが魅力ではないでしょうか。
新しく開院するクリニックは診療科にもよりますが、看護師2名?3名、医療事務2名でスタートすることが一般的です。今回は採用者側から見た医療事務面接のポイントについて書いてみたいと思います。新規開院の場合、医療事務の内1名は診療報酬請求事務等に精通したスタッフは必須です。もう1名については、明るく、受付の“花”になれるような方であれば必ずしも経験は必要ではありません。実際に新卒の未経験者が採用に至ったケースも多くありますが、職歴が無い場合は、アルバイト経験や、部活での活動、人柄などを総合的に評価して決定します。

【写真】
絶対に写りの良いものを使用して下さい。新規開院では2名の求人に対し40名?60名程度の応募があることが予想されます。書類選考により15名程度の面接者に絞り込まれますので、“写真での第一印象”はとても重要です。
【履歴書】
日付と年齢は必ず記入して下さい。不採用の場合に同じ履歴書を使いまわししている方を見かけることがあり、印象は良くありません。
志望動機は“ぜひここで働きたい!”という前向きな姿勢をアピールして記入して下さい。全く記入しない場合とか、「自宅から近いから」や「医療事務がやりたかったから」等のピントはずれの理由は書類選考で不採用となる可能性が高くなります。
履歴書の右半分(免許及び資格、得意な科目、自覚している性格、趣味及びスポーツ、特技、通勤時間、配偶者の有無、扶養家族)は簡潔に記入して下さい。特に新卒者の場合、学校の指導だと思われますが、小さな字でビッシリと記入される方がいますが書類選考では全て読む時間がありません。
【あいさつ文】
手書きのあいさつ文は必須ではありませんが、あった方が印象は良い程度のものです。
【職務経歴書】
医療事務の責任者候補の場合は、職務経歴書が能力を判断する材料となりますので、添付した方が面接の確率は高くなります。
【前職の退職理由】
これは非常に評価が困難な項目の一つです。「前職場や経営者の悪口」、「人間関係による退職」等は絶対に言ってはいけない禁句です。また最近はマニュアル化のためか「祖父母の介護のため退職し、今は元気に回復した」旨の回答が多いようですが、事実は不明です。
前向きな、納得できる理由であれば言葉を選びながら、正直に話しても良いとは思います。
医療業の場合、平均勤続年数は3年?5年程度のところが多いので、数ヶ月での退職は別として、転職は当たり前と判断できます。








面接の達人2010 バイブル版 (MENTATSU 1)面接の達人2010 バイブル版 (MENTATSU 1)
(2008/10/31)
中谷 彰宏

商品詳細を見る
スポンサーサイト



テーマ:医院経営 - ジャンル:ビジネス

【2009/05/28 09:01】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【2009年イチローの予想安打数は234本!】 | ホーム | 【WBC世界フライ級 内藤大苦戦3?0判定V5!】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/462-47a81fa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |