FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
アップル新決済サービス参入 侮れないその爆発力 
 米アップルの新製品発表イベントが現地時間の9日に開かれ、より画面サイズが大きい「iPhone(アイフォーン)6」や、噂の腕時計型ウエアラブル端末「アップルウオッチ」がお披露目された。華々しい新製品の陰で目立たないが、同時発表された「アップルペイ」という決済サービスが極めて重要な役割を果たしそうなので、ここで注目してみたい。


新製品発表でNFCを使った「アップルペイ」機能を説明する米アップルの幹部(9日、米クパチーノで)=AP

 このサービスはクレジットカードの写真を撮影するとカード情報を端末内で暗号化し、アイフォーンにある指紋読み取り機能「タッチID」で個人を認証する。これを小売店の店頭の端末にかざすと簡単に支払いができる仕組みだ。米国ではマクドナルドやメーシーズなど22万店舗で10月から利用が可能になる。

 日本人の感覚ではあまり新しさを感じないかもしれない。「おサイフケータイ」が普及していた日本ではクレジットカードで自動的に充填される電子マネーを携帯電話で利用できていたからだ。

 ただ、残念ながら日本の携帯電話で使われていた「フェリカ」と呼ばれる規格は、日本以外ではあまり普及していない。いわゆる「ガラケー」と呼ばれる携帯電話が廃れてスマートフォン(スマホ)へとシフトしていく中、フェリカ対応の端末も減っていった。

 世界で大きなシェアを持つアイフォーンが「NFC」と呼ばれるこの近距離無線通信規格を搭載するインパクトは非常に大きい。現在はモノや場所などを認証するにはQRコードを使うことが多いが、NFC搭載のアイフォーンなら機器に接触するだけで「ピッ」と情報をやり取りできる。お財布ケータイのようなサービスがアイフォーンでも実現可能になるのか。

 アンドロイド端末では既にフェリカに対応したNFCを搭載する端末も多く出ている。アイフォーンのNFC採用により今後、全てのスマホの標準になると予想される。

 また、アイフォーンがタッチIDという指紋認証機能とNFCを組み合わせることで「特定個人を認識した通信」ができるメリットが生じる。自分以外の人間が端末を使っても本人確認ができない。このため、ある程度のリスクを許容できれば免許証やパスポートをアプリ化してスマホの中に収納できる可能性も出てくるのだ。自宅の鍵や各種チケット、会員証など応用範囲はとても広い。

 さらにNFCは端末間での通信が可能なため、他の端末とピッと接触するだけで互いを認証できるようになる。ビジネスマンなら互いのアイフォーンをくっつけるだけでデジタル名刺を交換することも簡単になる。様々な家電や端末にNFCが搭載されたら利用範囲はさらに広がる。カラオケボックスの部屋にある端末にタッチして自分のスマホをカラオケのリモコンにする。友達の家でテレビにタッチして自宅のハードディスク内にある映画を一緒に見る――。そんな世界が実現するかもしれない。

 一番期待したいのはパソコンにもNFCが搭載され、自分のスマホで認証すれば様々なサイトのIDやパスワードが不要になる世界だ。

 もちろんスマホをそこまで個人特定端末にしてしまうと、スマホ依存性はさらに高まる。バッテリー切れで生活できなくなるリスクも起こる。セキュリティーが破られたら社会システムが大混乱する事態も想定される。あらゆる行動情報をスマホが握ることに抵抗を感じる人も多いだろう。

 アップルは今回、決済情報についてはアップル側では保存しないと発表したが、今後は行動情報を積極活用したいとプラットフォーマーも出てくるだろう。あらゆる端末やセンサーが通信可能になる時代、中心となるのは間違いなくスマホだろう。アップルの新製品発表は、その意味でも歴史的な転換点となる可能性があると考えている。

〔日経MJ2014年9月12日付〕


















スポンサーサイト



【2014/09/14 06:47】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「iPhone 6 / 6 Plus」の64GB/128GBモデルには「iWork」などの一部アプリがプリインストールされている事が明らかに | ホーム | メイウェザーがマイダナに3-0完勝>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/4895-04ac0069
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |