FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
市販薬購入で所得税軽く 1万円超を控除検討 厚労・財務省
 厚生労働省と財務省は市販薬を一定額以上買うと所得税を減らすことができる制度を新たに設ける方針だ。市販薬の代金を課税所得から差し引く仕組みで、早ければ2016年から実施する。家族合わせて市販薬に年1万円を超える出費をした場合、1万円を超える部分を課税所得から差し引く案を軸に検討する。軽い症状は病院に行かずに治してもらうようにすることで、医療費の削減につなげる。



 両省は近く与党に提案する。与党は来月まとめる税制改正大綱に減税の詳細な仕組みを盛り込む見通しだ。政府は来年の通常国会に所得税法の改正案を出す。

 現在でも病院の受診や市販薬の購入などに年10万円を超える支出をする世帯には医療費控除という制度がある。10万円を超える部分を課税所得から差し引き、所得税の支払いを減らすことができる。ただ市販薬を買うだけで10万円を超えることは珍しく、病院に行かずに薬局の薬で治療に取り組む人は減税の恩恵を受けにくかった。

 厚労・財務両省は、医療費控除とは別に市販薬だけを対象にした控除制度を新たに設け、軽い症状なら市販薬による治療を促すことにした。

 例えば夫の課税所得が500万円の世帯が年3万円の市販薬を買った場合を試算する。3万円から1万円を引いた2万円が所得控除の対象だ。所得税率が20%の課税所得から2万円を差し引くと、所得税の支払いが4千円減る。

 減税には、薬局などからもらう領収書を添えて確定申告を義務付ける方向。所得控除には限度額も設ける見通しだ。

 既存の医療費控除は今後も続け、消費者は基本的に新設の市販薬の控除とどちらか選んで使う。制度上は併用もできる見通しだが、消費者にとっては片方の制度に出費をまとめた方が得だ。

 対象の市販薬の範囲をめぐっては調整中。処方箋なしで薬局で買える市販薬は1万種類を超えており、今後与党と両省で協議する。しっかりと効能が認められる鎮痛剤や胃腸薬などは少なくとも対象になりそうだ。

 厚労省は控除制度の対象は1千万世帯を超えるとみている。減税規模は数百億円になりそうだ。医療費削減が減収を上回る可能性もある。

 病院に頼りすぎない治療の推進に向け、薬局の開設も後押しする。患者の健康相談を受ける体制のある薬局を開く場合、不動産取得税を軽くする方向で厚労省と総務省が協議している。

 政府目標の20年度の基礎的財政収支の黒字化には、社会保障費の抑制が不可欠だ。市販薬の控除制度で患者の行動パターンが変われば医療費の抑制につながる。

 ▼市販薬 医師が処方する医療用医薬品と異なり、処方箋がなくても薬局やドラッグストア、コンビニエンスストアなどで自分で選んで購入できる薬。大衆薬や一般用医薬品とも呼ばれる。有効成分が少なめのものが多い。医療用医薬品のように国が定める薬価に縛られないため、日時や店舗によって値段が変わり、安く買えることもある。


日経新聞







スポンサーサイト



【2015/11/20 06:28】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「iPhone 7」シリーズは防水仕様に?? 「iPhone 7 Plus」は3GBのRAMを搭載との予測も | ホーム | ウォータースが内山高志への挑戦に前向き!?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/5543-3e503829
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |