FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
【クリニックの開院立地について】
新規開院されるクリニックの立地は下記の1?4の順において検討することが重要だと考えます。

1【前勤務先医療機関に近いこと】
在職中に診ていた患者さんの来院が期待でき、検査?手術などの連携も図りやすい

2【近隣に同じ診療科のクリニックが無いこと】
近くにライバルがある場合、共倒れになる可能性がある


3【交通量が多く、目にかかりやすいこと】
立地が悪い場合、クリニックの開院が想定医療圏内の住人に認知されない

4【居住地もしくは出身地であること】
地縁、血縁などの繋がりが期待でき、開院についても近隣の開業医の理解を得られ易い


土地の情報を持ってくるのは、薬品卸会社、取引銀行、建築業者などが多いようです。
開院に際しては当然これらの条件を加味して土地を捜していますが、なかなか全ての条件を満たす場所は見つかりません、敢えて条件を絞るとすれば、1?2でしょうか。

最近は「パラシュート開院」といって、上記の条件をあまり考慮せず開院される先生方もいらっしゃいます。
この場合は地道な診療を続けてゆくことで、軌道に乗るまでに3年程度かかるケースが一般的です。特に慢性疾患の多い内科は、容易にクリニックを替わりにくい現状があるようです。








よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方
(2005/01/01)
クリニック経営研究会

商品詳細を見る
スポンサーサイト



テーマ:医院経営 - ジャンル:ビジネス

【2009/11/27 10:07】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【毎日甲子園ボウル:東日本は法大と早大が勝ち代表校決定戦へ、西日本は名城大が圧勝、甲子園かけて関大と対決】 | ホーム | 【選抜高校野球、川島高校応援団に最優秀 人文字「K」鮮やか】  >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/616-9b5120ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |