FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
衰えるどころか進歩 イチローのスピードは規格外
19日のフィリーズ戦に代打で登場した42歳のイチローは、記録上はピッチャーゴロに倒れたが、アウトになった瞬間、客席からどよめきが起こった。


19日のフィリーズ戦、代打で投ゴロに倒れたが、一塁は間一髪のタイミングに=共同

 センターに抜けようかという痛烈な打球を投手が右手ではじく。そのボールを、おそらく投手は余裕があると思ったのだろう。下からトスすると、一塁は間一髪というタイミングになった。

■敵地のファンもうならせる

 手動ながら、後でイチローの一塁までのタイムをはかって見ると3.86秒。あのスピードに敵地のファンもうなったのだ。

 翌朝、ア・リーグ東地区のチームとナ・リーグ西地区のチームのスカウトと一緒に食事をとった。

 話題が前日のイチローのプレーとなると、ア・リーグのスカウトが口にした。

 「イチローのスピードは速くなった」

 具体的なタイムの話になると、「ヤンキースにいた頃は4.1秒前後だった。今は3.8秒台であることが多い」と教えてくれた。

 ナ・リーグのスカウトも同意する。「2011~12年の頃は4秒を超えていた。デビューした頃は3.65~3.75秒だったので、その頃と比べれば0.3秒ぐらい落ちたわけだが、また4秒を切っている」

 昨年度、球場内に設置された特殊なビデオカメラから選手の動きを数値化する「Statcast」のデータによれば、イチローの一塁平均到達時間は3.98秒でリーグ5位だった。ところが今年はさらに速くなって3.8秒台となっているのではないか――。

 一塁までの距離は27.44メートル。4秒ちょうどで駆け抜けるとして1秒で6.88メートル。0.1秒で68.8センチ。1メートルに満たない距離とはいえ、単純にこの分が速くなれば、イチローのようにスピードで勝負している選手にとっては小さくない差だ。

 「当然、微妙な当たりが内野安打になる可能性が増える」とア・リーグのスカウト。ナ・リーグのスカウトは一方でこう指摘する。「体形も変わらないし、この年齢でスピードを上げられるとは驚きだ」

■スピードの変化、本人も実感


一塁までの到達時間はについて「今は3.8秒台であることが多い」という=共同

 スピードの変化はイチロー自身、実感しているところ。先日、セントルイスで3安打をマークした日の試合後にこう話した。

 「去年より速いことは感触的にわかっている。去年というか、多分5年前と比べても速いと思いますね。少なくともヤンキースにいるころより絶対速いんでね。なんでかといわれてもよくわからないですがね」

 タイムはイチローの感触通りだが、その理由の一つが、昨年から履いている新しいスパイクである可能性はある。

 以前にも紹介したが、イチローは昨季からスパイクを、ワールドウィングエンタープライズ社の小山裕史代表が開発した「ビモロ」に変えた。2014年のオフ、そのスパイクでデータをとったところ、「従来と比べて(走る距離が)20メートルの場合、2.5メートル分速くなった」と小山代表。



 平均でも70センチ。1ストライドと30センチ分速くなっているそうで、「一塁までのタイムは0.3秒は縮まる」とおっしゃっていたが、まさに今、そういう領域にいるのだ。

 ただ、スピードが4秒を切るようになったからといって、必ずしも今年、内野安打が増えているわけではない。

 「ベースボール・リファレンス(baseball-reference.com)」に掲載されているデータをもとに打数に対する内野安打の確率を計算すると、表のようになった。

 最高は2009年の9.9%。平均が7.3%なので、今季はちょうど平均値である。スカウトが遅くなったと指摘した11年以降では確かに一番高い数値だが、14年にも7.0%を記録しており、このデータからはスピードと内野安打の関連性が見えない。イチローの場合、偶然というより必然の内野安打が多いので、むしろそこに起因しているのではないか。

■「今季、クリーンヒットが多い」

 そのことがうかがえるデータもある。今年の高打率を支えているものについて、ナ・リーグのスカウトは「クリーンヒットが多い」と指摘し、ア・リーグのスカウトも同様の意見だった。それではと、内野安打と同様、打数に対するラインドライブ(ライナー性)の安打の比率を調べると、今年は過去最高値だった。



 01~02年は18%台だが、その後は約12%。しかし今年は約20%なので、例えば三遊間の深いところに転がすというよりは、しっかり振って捉えていることがわかる。

 その辺りも「信じられないところだ」とナ・リーグのスカウト。「この年齢になって強い打球が多い。ハンドアイコーディネーション(視覚で得た情報と体の動きが一致)も素晴らしい」と絶賛した。

 ア・リーグのスカウトも言う。

 「イチローをこれまでの基準では評価ができないということだ」

 スピードなどその最たるものだが、通常なら年齢を重ねて衰えるはずの何かが衰えるどころか、むしろ良くなっている。よって規格外、というわけだ。

 マーリンズのドン・マティングリー監督も最近は驚きを超え、むしろあきれ顔で言う。

 「イチローはなんてやつだ。今なお、打撃だけではなく、走塁、守備でも高いレベルにある」

 21日のフィリーズ戦でもイチローは2打席目に内野安打を放っている。二遊間に抜けようかという打球をショートのフレディ・グラビスがスライディングしながら止め、一塁に素早く送球したが、イチローはもう一塁を駆け抜けていた。

 このときのタイムは3.83~3.87秒だった。



日経新聞














スポンサーサイト



【2016/07/26 05:44】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ポケモンGO、「一大集客ツール」に化ける可能性 | ホーム | 2016関西学生アメリカンフットボールリーグのスケジュール発表!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/6174-6a06dd22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |