FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
吉田と伊調、どっちが強い? 2年前、スパーリングでは


 2004年アテネ五輪から、そろって金メダルをとり続けてきた2人の物語の結末は非情だった。レスリング女子53キロ級の吉田沙保里(33)は決勝で敗れ、銀メダル。前日に五輪4連覇を達成した58キロ級の伊調馨(かおり、32)に続くことはできなかった。

 「最後に銀メダルで終わると思っていなかった。悔しいです」。試合後、吉田はそう言うと、「申し訳ない」「ごめんなさい」を繰り返した。
 ロンドン五輪で3連覇を果たした吉田と伊調だったが、表舞台に出るのは、いつも吉田だった。明るい性格と人当たりの良さで、テレビやイベントへの出演依頼は後を絶たなかった。

 「陰」に隠れる格好の伊調は、この状況を望んでいた。「レスリング以外の活動に時間をとられてリズムを崩したくない。沙保里さんに負担がいってしまい、申し訳ないと思う」
 2人が公式戦で対戦したのは2001年12月の全日本選手権56キロ級の3位決定戦が最後。吉田が勝利した。その後、2人の階級がばらけた。

 2人が練習で最後に真っ向勝負をした日を、日本レスリング協会の福田富昭会長(74)は覚えている。2年前の夏、新潟県の桜花道場で行われた全日本合宿でのスパーリングだった。

 吉田が伊調の片足をとってタックル。だが、伊調は倒れない。どちらも譲らないまま壁に激突した。「これ以上やったらけがをする」とコーチ陣が制止して終わった。48キロ級の登坂(とうさか)絵莉(22)ら後輩選手が、動きを止め、見入った。

 「もう真剣勝負をすることはなくても、心のライバルとして意識はしてきたと思う」。長年、2人を見てきた福田会長は言う。

 17日、伊調が先に4連覇を果たした。その伊調は18日、吉田の試合を手を握りしめながら見守った。

 しかし、勝利の女神はほほえまなかった。「馨が4連覇して、とてもうらやましくて。私も4連覇したかったけど、できなくて残念です」。吉田は何度も頭を下げた。

 絶対女王が敗れた五輪だが、吉田に憧れ、その背中を追い続けてきた登坂、63キロ級の川井梨紗子(21)、69キロ級の土性(どしょう)沙羅(21)が金メダルを獲得した。

 吉田は涙で顔をぐしゃぐしゃにしながら、表彰台で金メダリストをたたえ、記念撮影を拒まず、延々と続く取材にも応じた。

 登坂は誓う。「沙保里さんのおかげで女子レスリングが注目してもらえるようになった。私も後輩から慕われる最強のレスラーになれるように頑張る」
 吉田は敗戦から一夜明け、「こうやってみんなが金メダルを取ってくれたことで、自分が金をとったくらいうれしい」と話した。

 勝ち続ける重圧、国民栄誉賞受賞者、レスリング界の顔としての責任、最愛の父の死。そして、日本選手団の主将――。いくつも背負ってきた重い荷物を下ろす時が、ようやくきた。

朝日新聞
















スポンサーサイト



【2016/08/20 06:09】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<高山勝成がWBO王者に、加納陸は最年少記録ならず | ホーム | 高橋・松友組「金」 バドミントン日本勢初 女子ダブルス>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/6240-e3c548d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |