FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
空自のF15戦闘機改修へ 中国の挑発に対処
防衛省は2017年度予算の概算要求で、航空自衛隊が運用する主力戦闘機「F15」について改修費を計上する。搭載する空対空ミサイル(AAM)を増やすほか、飛行の耐久度を高める改良策を検討。中国は戦闘機を急激に増やし、沖縄県・尖閣諸島周辺でも挑発行為を活発化させている。次世代戦闘機の導入と並行して、既存機で足元の脅威への対処も急ぐ。


航空自衛隊のF15戦闘機

 F15は、米ボーイング製の「第4世代」と呼ばれる戦闘機で、空自は約200機を保有している。能力向上策として、搭載するミサイルを8発から16発への倍増を検討する。耐久性を上げるため傷んだ翼などを改修し、寿命を延ばす。

 近年、中国軍用機への空自戦闘機の緊急発進(スクランブル)は増加。4~6月は199回と前年同期より75%増えた。尖閣周辺に南下するなど活動内容もエスカレートしている。防衛省幹部は「中国の戦闘機の航続距離が長くなり、日本の領空に一層接近している」と指摘する。

 空自は1月、築城基地(福岡県)の飛行隊を那覇基地(那覇市)に移し、那覇に配備するF15を約40機とほぼ倍増させた。中国が一度に多数の戦闘機で日本の領空に接近する事態を想定すると、防空能力は「質」と同時に「量」も増強する必要がある。予算制約上、戦闘機の機数を大幅に増やすのが難しいなか、ミサイル搭載数を増やす意味合いは大きい。

 空自は敵のレーダーに探知されにくいステルス性能を持った「第5世代」の戦闘機「F35」を17年度末に配備する。ただ、最初の配備先は米空軍と共用である三沢基地(青森県)。米軍とのパイロット訓練や整備面の協力などを考慮したためで、南西防衛に活用するのはまだ先になる。


日経新聞
















スポンサーサイト



【2016/08/21 06:44】 | Muscle Blog | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<新iPhoneはこうなる 「iOS10」をテスト | ホーム | 五輪男子400mリレー、ジャマイカが金 日本は銀>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/6244-628a15ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |