FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
ウイルスでがん破壊 正常細胞には影響なし、東大が開発
東京大学の谷憲三朗特任教授らは、がん細胞の中で増えて死滅させる新たなウイルスを開発した。ウイルスには正常な細胞では生きられないような細工をし、副作用を防ぐ。サルを使った実験で安全性を確かめた。腫瘍に直接ウイルスを注射する臨床研究を2年以内にも始めたい考えだ。

 大腸などにいる「コクサッキーウイルス」をがんの治療用に改良した。がんで活発に働く「チロシンキナーゼ」などの酵素を利用して増殖する。ウイルスが増えると、がん細胞は壊れてしまう。

 ウイルスのRNA(リボ核酸)に正常な細胞だけにある2種類の「miRNA」という物質が結合すると、ウイルスが死ぬようにした。正常細胞でウイルスが増える危険を避ける。

 抗がん剤が効かなくなった乳がんの細胞をマウスに移植し、ウイルスを投与して約3週間後に腫瘍の大きさを調べた。ウイルスを使うと、4分の1程度に抑えられたという。サルに適正な量のウイルスを入れた実験では、体重や血中成分、肝機能に異常は無かった。今後は大量のウイルスを投与しても副作用が起きないようにする。

 ウイルスがいると、免疫細胞の活動をうかがわせるたんぱく質が出てくるという。免疫細胞の働きを高めている可能性もあり、今後、詳しいメカニズムを調べる考えだ。


日経新聞
















スポンサーサイト



【2016/08/29 05:53】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<配偶者控除見直し検討 自民税調会長が表明 共働きも適用 | ホーム | 関西学生アメフト リーグ戦第1節 関学、同志社に勝利>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/6263-a851ab6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |