FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
連覇狙う立命大、京大に快勝 アメフット関西学生

ランナーとして起用され、77ヤードを稼いだ立命大のエースWR猪熊(中央)

 アメリカンフットボールの関西学生リーグは22日、京都・西京極陸上競技場で第5節の2試合があり、2連覇を狙う立命大が京大から4タッチダウン(TD)を奪い、28―3と快勝。5戦全勝とした。1勝同士の対決は龍谷大が甲南大を下した。23日は関学大と関大の全勝対決がある。

■エース覚醒、王者の風格
 王者立命大が個々の能力の高さを見せつけ、京大をねじ伏せた。ここまで不完全燃焼だったエースRB西村七斗(3年)が目覚めたのは大きい。第2クオーター(Q)2分19秒、密集を抜け、タックルをかわして36ヤードのTDラン。次の攻撃でも短いパスを受け、約70ヤードを駆け抜けるTDだ。第2Qの途中に脳振盪(のうしんとう)の疑いで退いたが、格の違いを示した。米倉監督は「ウチのアドバンテージ(利点)を生かせました」と笑った。


ランとパス捕球で計169ヤードを稼いだ立命大のRB西村七斗

■京大、選手権出場逃す
 京大が3敗目を喫し、全日本大学選手権出場の可能性が消えた。西村監督は「当たり負けですね。かつては『京大のタックルは痛い』と言われました。それを取り戻します」と語った。次の相手は関学大だ。「今年の関学さんは立命さんより2ランク下だと思います。勝機はある」。西村監督は強気に前を見た。

     ◇
 龍谷大(2勝3敗)23―0甲南大(1勝4敗)、立命大(5勝)28―3京大(2勝3敗)
PR

朝日新聞














スポンサーサイト



【2016/10/23 06:42】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<関学、関大を下し開幕5連勝 | ホーム | 「オプジーボ」に続け 米メルクが対抗薬を開発 免疫革命、がんは消えるか>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/6408-912c224b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |