FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
大関稀勢の里 初優勝 入幕73場所、30歳で悲願

千秋楽を前に初優勝を決め、支度部屋で記者に囲まれる大関稀勢の里(21日、東京・両国国技館)=共同

 東大関稀勢の里(30)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が13勝1敗とし、千秋楽を待たずに悲願の初優勝を決めた。

 単独トップの稀勢の里が平幕逸ノ城を下し、ただ1人2敗だった横綱白鵬が貴ノ岩に敗れた。

 新入幕から所要73場所での初制覇は史上2番目の遅さ。新大関から所要31場所の初優勝は昭和以降では最も遅い。

 稀勢の里は中学卒業後の2002年春場所で初土俵を踏み、史上2番目に若い17歳9カ月で新十両に上がるなど早くから期待された。11年九州場所後に大関へ昇進し、昨年は69勝を挙げて年間最多勝。何度も迫りながら届かなかった賜杯へ、ついに到達した。〔共同〕




















スポンサーサイト



【2017/01/22 07:00】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<宇良11勝目 新入幕有力&2度目懸賞「うれしい」 | ホーム | 【速報】石川遼「69」 通算6アンダーで第2ラウンドを終了>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/6640-40943987
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |