FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
WBA会長、村田に”再戦指令” 不可解判定から一夜…異例声明


 WBAのヒルベルト・メンドサ会長が、村田諒太(帝拳)がアッサン・エンダム(フランス)に不可解な採点で1―2の判定負けを喫したミドル級王座決定戦(20日)に“再戦指令”を出した。WBA公式サイトで「私の採点では117―110で村田の勝ち。村田、帝拳プロモーション、日本のボクシングファンにおわびする」と異例の声明を発表。「選手権委員会にダイレクトリマッチ(直接再戦)を命じるよう求める」とした。

 また、試合の立会人を務めたWBAのフリオ・タイム氏(パナマ)も21日、判定を「不服」とした上で、再戦を求める方針を示した。タイム氏は「私の採点では116―111で村田の勝ち。既に選手権委員会には直接再戦を要請した。月曜日(22日)に帝拳と本田会長は正式な通知を受けるだろう」と明かした。

 不可解な採点には国内外から疑問の声が噴出している。WBA世界スーパーフェザー級王座を11度防衛した内山高志(ワタナベ)はブログに「村田の勝ちでしょ(笑) よくわからん」と書き込んだ。元WBA世界ライトフライ級王者の具志堅用高氏も、世界王者となった愛弟子・比嘉大吾の一夜明け会見で「もう一人、いるべき人がいない」と異を唱えた。

 村田はこの日、宿泊先から都内の自宅へ帰宅。フェイスブックにエンダムとの2ショット写真を掲載して「日本に来てくれて感謝していると伝えた」と明かし、「少し休んでこの先のことは考えます」とつづった。


















スポンサーサイト



【2017/05/22 05:55】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<井上尚弥が9月米国進出へ、7月にはキャンプ入り | ホーム | 内村V9、個人総合40連勝 体操NHK杯、白井2位>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/6909-574bde53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |