SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
マイクロチップ HomeKit対応開発キット: アップルのHomeKitをサポートするWi-Fiソフトウェア開発キット
マイクロチップがアップル「HomeKit」をサポートするWi-Fiソフトウェア開発キットを発表した。ARM Cortex-M4ベースのマイクロコントローラー「CEC1702」と、802.11b/g/n認証済みのWi-Fiモジュール「WINC1510」で構成される。



 マイクロチップ(Microchip Technology)は2017年5月19日、アップル(Apple)の「HomeKit」をサポートするWi-Fiソフトウェア開発キットを発表した。ハードウェア暗号化エンジンを内蔵したARM Cortex-M4ベースのマイクロコントローラー「CEC1702」と、802.11b/g/n認証済みのWi-Fiモジュール「WINC1510」で構成される。

 同キットでは、ハードウェアベースのセキュリティエンジンにより、演算時間を高速化できる。ペアリングの場合、セットアップが0.95秒、ベリファイが0.1秒未満で完了するため、HomeKitコマンドの実行時間が大幅に短縮される。これにより、システム応答時間が高速化し、例えば玄関ドアなども瞬時の解錠が可能になるという。

 また、動作時間の短縮によってシステムの消費電力が低減し、Bluetooth Low Energy(BLE)を用いたシステムと同程度の消費電力で、ペアリングなどのクリティカルコマンドが実行できる。

 さらに、マイコン内蔵のハードウェア暗号化エンジンにより、高度なセキュリティ機能を備えた。例えば、セキュアブートでハードウェアベースのRoot of Trust(信用の起点)を確立し、セキュリティの侵害を抑えることができる。他に、使いやすい暗号化/認証/秘密鍵などのセキュリティ機能も装備した。

 同社では、CEC1702/グラフィックLCD/microBUS互換拡張ヘッダなどを実装した開発ボード「SecureIoT1702」も提供している。


開発ボード「SecureIoT1702」のブロックダイヤグラム(クリックで拡大) 出典:マイクロチップ


























スポンサーサイト
【2017/06/14 06:22】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<日本、イラクと引き分け サッカーW杯出場に王手 | ホーム | iPhone8はOLEDディスプレイ理由で出荷に遅延?それでも売れると著名アナリスト>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/6989-fb5ded79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |