SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
松山、世界ランキングも史上最高の2位に


男子ゴルフの全米オープン選手権でホールアウト後、1980年の同選手権で2位の青木功(右)から健闘をたたえられる松山英樹。メジャーの日本勢最高に並ぶ2位に入った(18日、米ウィスコンシン州エリンのエリンヒルズ)=共同

 【エリン(米ウィスコンシン州)=共同】男子ゴルフの松山英樹(25)が18日、米ウィスコンシン州エリンのエリンヒルズ(パー72)で行われた全米オープン選手権で、メジャーの日本勢最高に並ぶ2位に入った。1980年の同選手権でジャック・ニクラウス(米国)と激闘を演じた青木功に順位で肩を並べた。世界ランキングでは4位から、自身の日本勢史上最高を更新する2位に浮上した。

 14位から最終ラウンドに臨んだ松山は8バーディー、2ボギーでこの日最高の66をマークして上位を猛追。通算12アンダーの276で競技を終えた。後続のブルックス・ケプカ(米国)が終盤に伸ばしたため栄冠には届かなかったが、117回の歴史と伝統を誇る最高峰の舞台で底力を示した。

 東北福祉大時代の2011年に日本初のベストアマチュアに輝いたマスターズ・トーナメントから19度目となるメジャー挑戦で自己最高成績を収め、日本男子の悲願となっている栄冠へさらに期待が高まった。

























スポンサーサイト
【2017/06/19 05:52】 | Lets’ゴルフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<シーサケットと再戦のロマゴン「勝って次は井上と」 | ホーム | 手描きで絵文字を検索 グーグルが入力アプリにAI>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/7004-87715fb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |