FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
サニブラウン2度の10秒06 陸上日本選手権

男子100メートル準決勝 10秒06をマークしたサニブラウン・ハキーム(23日、ヤンマースタジアム長居)=共同

 陸上の世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権第1日は23日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、男子の100メートルは18歳のサニブラウン・ハキーム(東京陸協)が予選3組、準決勝2組で日本歴代6位の10秒06を2度マークして24日の決勝に進んだ。参加標準記録も突破した。

 2連覇を狙うケンブリッジ飛鳥(ナイキ)は予選を10秒08で通過し、準決勝1組では10秒10の1着。同組の桐生祥秀(東洋大)は10秒14の2着で通過した。多田修平(関学大)は準決勝2組で10秒10の2着、山県亮太(セイコーホールディングス)は10秒31の4着で決勝に進出した。

 棒高跳びは山本聖途(トヨタ自動車)が5メートル60で4年ぶり3度目の優勝を果たし、代表に決まった。

 1万メートルは女子で松田瑞生(ダイハツ)が31分39秒41で初優勝し、初の代表入りが決まった。昨年覇者の鈴木亜由子(日本郵政グループ)が2位に続いた。男子は大迫傑(ナイキ・オレゴンプロジェクト)が28分35秒47で2連覇した。

 女子100メートル市川華菜(ミズノ)、福島千里(札幌陸協)らが予選を通過し、決勝に進んだ。

 男子の400メートル予選では北川貴理(順大)、400メートル障害予選では小西勇太(住友電工)前野景(ドーム)鍜治木崚(城西大)が参加標準記録を破った。〔共同〕

























スポンサーサイト



【2017/06/24 05:59】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<万能AIへ一歩? 米グーグルが機械学習の新モデル | ホーム | 新iMac ProはTouch IDが利用可能?macOSのコードから判明>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/7018-7e119078
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |