SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
Apple、LGと協力して「折り曲げ可能」なiPhoneを開発か


Appleが、韓国のLG Displayと共同で折り曲げ可能なiPhoneの開発に取り組んでおり、2020年の発売を目指している模様です。

LG、2020年より折り曲げ可能OLEDを製造

The Bellによれば、LG Displayは新型iPhone向けとして、折り曲げ可能な有機EL(OLED)スクリーンを開発するタスクフォースを設立したとのことです。またLG Innotekも新iPhoneへの供給を目的とした、専用のRFプリント基板(RFPCB)開発部門を立ち上げたようです。

折り曲げ可能なOLEDの製造開始は2020年となる予定です。競合するSamsungは、2018年中には折りたためるGalaxyを発売すると認めていることを考えると、Appleは2年遅れで同様の機能を持つiPhoneの発表を見込んでいることになります。

LGは2~3年前に折り曲げ可能なOLEDパネルの試作品を完成、以降その耐久性を向上させるとともに、生産の歩留まりを上げてきていると報じられています。

LGと関係深めるApple、工場への出資も

11月3日発売のiPhone Xが搭載するOLEDスクリーンはSamsungが100%供給しており、来年発表される次期iPhoneについても、OLEDは同社が引き続き独占供給すると見られています。

しかしAppleは、価格交渉などの点で不利になるSamsungとの独占契約を終わらせるために、LG Displayとの関係を強化しているといわれています。

Appleは以前より、京畿道坡州にあるLGのOLED製造工場「E6」への出資を検討していると報じられています。The Investorによれば、AppleとLGは基本案では合意しているもの、詳細をまだ詰めている最中とのことです。

Source:The Investor
























スポンサーサイト
【2017/10/12 06:07】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ボクシング八重樫、現役続行を表明 初の4階級制覇挑戦 | ホーム | 社員の行動を分析 「働き方改革」AIが指南>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/7272-c1888c44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |