SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
正力賞にソフトバンク・サファテ外国人選手では初受賞
今年のプロ野球の発展に最も貢献した監督、選手に贈られる「正力松太郎賞」の選考委員会が9日、東京都内で行われ、ソフトバンクの2年ぶりの日本一に貢献したデニス・サファテ投手が満場一致で選ばれた。抑え投手としては1998年の横浜(現DeNA)の佐々木主浩投手以来、2人目。2005年にロッテのバレンタイン監督が選出されているが、外国人選手の受賞は初めて。

サファテは球団を通じ「日本の野球の歴史に自分の名前が残り、とても光栄です。日々の努力が実り、歴代の受賞者の皆さんの仲間に入れたことに感激しています」とコメントした。ソフトバンクの守護神としてシーズン54セーブのプロ野球新記録を樹立。日本シリーズでは日本一を決めた第6戦で九回から3イニングを無失点と力投するなど、1勝2セーブをマークして最高殊勲選手(MVP)に選ばれた。

選考委員会の座長を務めた王貞治委員は「記録も作ったし、日本シリーズでのインパクトの強さもある。5年後、10年後に今季を振り返っても、頭に浮かぶのは彼の力投ではないか」と説明した。選考委員は王氏のほか、杉下茂、中西太、山本浩二(以上野球評論家)、門田隆将(ノンフィクション作家)の4氏。〔共同〕






“”

“”

“”

“”


“”
“”

“”

“”

“”

“”




スポンサーサイト
【2017/11/10 06:45】 | SPORTOURS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「Face ID」搭載の狭額縁「iPad」が2018年に登場か──Bloomberg報道 | ホーム | 井岡一翔が世界タイトル返上、大みそかの出場もなし>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/7332-1d4a4e30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |