FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
医師数の地域格差2倍、徳島が最多2016年末時点
人口10万人当たりの都道府県別の医師数の地域差が、2016年末時点で最大約2倍だったことが14日、厚生労働省の調査で分かった。人口増減の差が地域によって大きいことや、医師がどこでも開業できる「自由開業」などが要因とみられる。14年からやや改善したとはいえ、地域差がある実態が改めて浮き彫りとなった。厚労省は医師派遣などの対策をまとめ、医療法や医師法の改正案を来年の通常国会に提出する方針。

厚労省が発表したのは「医師・歯科医師・薬剤師調査」で、2年ごとに実施している。医師数は31万9480人(前回比2.7%増)で過去最多を更新した。

調査によると、都道府県別の人口10万人当たりの医師数で最も多かったのは徳島県(315.9人)。これに対し、最も少なかったのは埼玉県(160.1人)で、両県の地域差は1.97倍だった。14年は2.02倍だった。

厚労省は要因を分析していないが、全国の医師数は増えているものの都市部の人口増加に追い付かず、地域格差が大きくなっているとみられる。

医師数の地域差があると、特定の地域で医療が受けにくくなる恐れもある。厚労省は一定規模の病院で院長になるための基準の一つとして医師不足地域での勤務経験を有することを求める。さらに、大学病院などから医師派遣などの偏在対策を勧める計画策定も都道府県に義務付ける方針という。

厚労省の担当者は「住民が医療を受けられなくなる事態を防ぐため、解消する対策をまとめ、実行していきたい」としている。

日経新聞























ピットロード スカイウェーブシリーズ 1/700 現用米国海軍機セット 1 プラモデル S21

スポンサーサイト
【2017/12/15 06:55】 | クリニック人事コンサルティング情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<年末商戦2017 : 米国消費の牽引役、ミレニアル世代の人気商品は? | ホーム | マイクロソフト、検索と音声認識より「賢く」 AI関連の新サービスを発表>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/7436-01289d21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。