FC2ブログ

SPORTOURS(スポーツアーズ)情報掲示板

スポーツは明日を生きるエネルギー。感動できる「場面」を提供します。
iPhone Xの駆動時間、特定条件ではiPhone8 Plusより2時間短い?


2017年に登場したiPhoneは、iPhone8/8 Plus、iPhone Xの3種類です。このうち、デザイン面で旧モデルと大きく変わらないiPhone8/8 Plusは、iPhone Xの好調な売れ行きに押し負けてしまっていると言われています。しかし、バッテリーの駆動時間でiPhoneを選ぶのであれば、iPhone8/8 Plusという選択肢は検討する価値があるでしょう。

iPhone Xだけが短いという結果に

Appleは、iPhone Xのバッテリー駆動時間を最大21時間とし、iPhone8 Plusと変わりがないことを公式サイトで示しています。

しかし、ニュースサイトCNETが、2017年に登場したiPhone8/8 Plus、iPhone Xのバッテリー駆動時間を計測したところ、iPhone Xの駆動時間が3種類のiPhoneの中で一番短いことが判明しました。

測定方法はシンプルで、バッテリーを満タンに充電した状態から、外部のオーディオアクセサリに接続し、半分の明るさの画面で動画を再生するというものです。

いかにも実生活でのスマートフォンの使われ方を再現したテストですが、測定の結果、iPhone Xの駆動時間はiPhone8/8 Plusよりも約2時間ほど短いという結果になりました。


iPhone8:13.5時間
iPhone8 Plus:13.75時間
iPhone X:11.45時間

iPhone XとiPhone8 Plusにディスプレイサイズでそれほど差があるわけでもなく、搭載されているバッテリーもiPhone8 Plusの2,691mAhに対し、iPhone Xは2,716mAhと容量で上回っています。それなのに、なぜiPhone Xだけがこれほど短いのでしょうか。

省エネのはずのOLEDも原因?

iPhone Xだけが短くなった理由について、CNETは、TrueDepthカメラのほか、有機EL(OLED)ディスプレイが原因なのではないかと推測しています。

OLEDは旧来の液晶ディスプレイ(LCD)に比べて省電力であるとされていますが、発光の強弱で色を表現しているため、黒など暗い背景の時でなければ、電力を消費することには変わりないというわけです。

なお、iPhone8 Plusに比べてiPhone Xが短いという検証結果が出たのは今回が初めてではなく、以前にもニュースサイトPhoneArenaが2時間ほどの違いがあるというデータを公開しています。


Source:CNET




























ピットロード スカイウェーブシリーズ 1/700 現用米国海軍機セット 1 プラモデル S21
スポンサーサイト



【2017/12/24 06:57】 | What's New Apple | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<防水型も登場米年末商戦で注目のAIスピーカー VentureBeat | ホーム | 「自ら学ぶコンピューター」時代の不安と期待 VentureBeat>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sportours2008.blog120.fc2.com/tb.php/7470-ad79bc8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |